ヨルダンに行ったことありますか!?

レス36
(トピ主12
お気に入り28

旅行・国内外の地域情報

HC

こんにちは。9月から12月半ばまでヨルダンに留学予定の大学生です。国際関係学と中東学を専攻しています。いろいろな情報が見つかるネットではありますが、小町でもヨルダンについてお聞きしたくトピを立てました。特に知りたいのは以下の項目です。

1気候や服装
2観光(特に歴史的、文化的なところ)やお勧めの買い物場所、交通機関の経済的な利用法
3ヨルダンと日本の文化的差異についての注意点
4その他知っていてほしいこと(ありましたら)

1については実際同じ時期に行った方にお聞きしたいです。平均気温は東京とあまり変わらないそうですが、乾燥しているので体感温度は違ってくると思います。特に日中の気温差が激しそうなので、9月でも夜は寒いのか気になります。

2は、特に博物館や遺跡のことを教えていただきたいです。ぺトラ遺跡にはプログラムに含まれているので必ず行きます。あとは死海とアカバも個人的に行こうと思っています。美術館には興味がなく、発掘品が展示されている博物館や、人々の文化や生活が見れたり体験できたりする場所にも行きたいです。
買い物は、高いブランド品には興味なく、現地の人が日常的に使っている服や小道具がほしいです。
それと、正直裕福ではないのと、ヨルダンは物価が高いと聞いたのとでなるべく安く楽しめることがあったらうれしいです。

3は、ヨルダン人のお宅にホームステイする予定なので、日本人が日常的にやってしまいそうなことで彼らが嫌がることについて、です。失礼かもしれませんが、失敗談がありましたらおしえてください。

よろしくお願いします。
ちなみに、私の将来の夢は中東と日本の文化交流促進です。

ユーザーID:5856568810

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ヨルダン、いいところですね

    昔エジプトに留学していて、その当時何回かヨルダンに行きました。今は日本人外国人の友達が仕事で滞在しているなー。

    1.気候について。アンマン滞在であるなら、都市型なので、9月はまださほど寒さは感じないと思います。ただ、12月になると、特に家の中が冷えると思いますよ。石材中心なんで、深々と冷えるんですよね。現在原油も割高みたいで、結構暖房を使わないこともあるかも。厚手のルームソックスや肌着などを持って行った方がいいかもしれないですね。

    2.現在、国王婦人の音頭とりで、ベドウィンやパレスチナの伝統工芸でおしゃれなものが結構出ているみたいです。ただ、そんなにお安くないみたいですけど、品物は良いそうなので、記念に何か買うのはいいかもしれないですね。

    3.は続きに書きますね。

    ユーザーID:5881255668

  • 滞在したことがありますが・・・

    将来の夢が「中東と日本の文化交流促進」とのことなので、
    先入観はトピ主さんの目を曇らせてしまうのではないかと危惧します。
    出発前に頭でっかちな情報をたくさん仕入れていくことよりも
    ご自分で現地でいろいろ体験してみることの方が大事かと思います。

    お金をかけたくないのであれば、街をひたすら歩き回るだけでも刺激になるのではないでしょうか?近隣諸国にも足をのばすのであれば物価が非常に高いイスラエルよりもまず聖書時代を思わせるシリアなんかもおすすめです。金銭的に問題はあるかもしれませんが、せっかくの機会ですので貴重な体験をたくさんしてきてくださいね。

    遺跡、個人的にはジュラシュが好きでした。

    ユーザーID:0791821592

  • ヨルダンいいところですねー続き

    続きます。

    3.ヨルダンもエジプトなどと一緒で、家庭によって宗教レベルが大分違います。イスラムだけじゃなくてキリスト教徒もいるし。とりあえず、そのホームステイ先のご家庭がどの程度の宗教レベルなのかは、はっきり聞いたほうがいいかも。ゆるい御宅だったら、着るものも大して気を使わなくておいいし、熱心な御宅だったら、やっぱり女の子はあんまりぴたぴたのジーンズなんかははかない方がいいだろうし。

    4.その他ですが。
    時には一人になりたい・・・という気持ちを理解できないアラブ人は多いので、家ではなかなか一人きりで部屋に閉じこもっていられず(笑)、ホームステイは疲れることはあると思います。疲れてしまったら、マックやケンタ、ホテルのカフェなどで、1人の時間を持つことも、中東での生活を長続きさせるコツです。こういうところだったら、外国人女性が一人で入っても、そんなにおかしくないので。

    留学、有意義に過ごせるといいですね。

    ユーザーID:5881255668

  • 少し離れますが

    こんにちは。
    ヨルダンに行ったこともない人間で、トピ主さんの質問とも少し離れてしまいますが。。。

    お時間があれば、澤田隆治という方の書いた「世界史の中の六日間」を読んでみては、いかがでしょうか。
    第三次中東戦争(1967年6月)の頃、日本航空の支店長として(ヨルダンのお隣の)レバノンに駐在していた著者の体験録です。
    中東の歴史は複雑過ぎて、私にはイメージしにくかったのですが、レバノン及び、それを取り巻くイスラエル、パレスチナ、エジプト、シリア、ヨルダンなどの立ち位置や生活レベルでの実感が、伝わってきたので、個人的には、常に戦争の不安とも隣り合わせている、この辺りの地域の生活感覚が、多少ともイメージができ、中東を知る一助になった本でした。

    トピ主さんは、もっと中東の事情にもお詳しいかとは思いますが。。。

    ユーザーID:0022277465

  • さっそくありがとうございます。

    とるめんたさん、るうさん、bbuさん、ありがとうございます。

    とるめんたさん
    4つすべてにお答えいただきありがとうございます。出発時期は暑いですが冬物をしっかり用意しなければなりませんね。私は女ですがあまり肌に密着する服は好きではないのでそこは大丈夫だと思います。けれど服装はとても大事だと思っているので参考になりました。
    アラブの方はとても親切でそういうのに混ざりたいとも思いますが、一人になるのも好きなのでアドバイス助かります。

    るうさん
    先入観は確かに危険ですよね。日本のことですが、以前期待しすぎてがっかりしたことがあるので気をつけます。散歩は大好きなので実践します。プログラム中はヨルダンの外に簡単に行けないのですが、できたらプログラム後に行きたいと思います。ありがとうございました。

    bbuさん
    こんにちは。本を勧めてくださりありがとうございます。専攻に関する本は多々あり、どれを読めばいいのか悩むときがあるのでとても助かります。実体験を記した本は良いですよね。9月までに見てみようと思います。


    書き忘れましたが、特に食文化の交流に興味があります。

    ユーザーID:5856568810

  • 死海とサマータイム

    6年くらい前に行きました。
    死海に入るときは、現地流なら服のままか、水着の上に服を着ていた方がいいかと
    思います。プライベートビーチを使って入るなら水着でも大丈夫です。
    私は水着も持っていなかったのでそのまま入りましたが、まったく沈みませんでした。

    9月から12月半ばならラマダーンの断食を経験するのでは?
    私はこの時期にイスラム圏を旅行したことはありませんが、どんな雰囲気なんでしょうね。
    ホームステイ先のマザーは食事を作ってくれるのでしょうか?

    ユーザーID:6689468006

  • ありがとうございます

    死海のほとりさん、ありがとうございます。
    主題が主題だけにあまりレスはないだろうと思っていたので、1つでも新しい返信があるととてもうれしいです。

    死海は服のままで入ってもいいんですね。それでも浮けるなんて想像以上です。うっかり水が口に入ってしまわないか心配です。それにしても、死海にプライベートビーチがあるなんて驚きです。
    この時期を留学に選んだのはラマダーンを体験してみたかったから、というのもあるので、できるだけホストファミリーと同じような生活をしてみたいと思います。大変でしょうが、ラマダーンは貧困で苦難している方々が如何に苦しんでいるかを理解するため、と聞いたことがあるので、これもいい経験になると思います。しかし水もとってはいけないとなると大変でしょうね。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:5856568810

  • 去年行きました

    ヨルダンに近い国に住んでいました。
    私が行ったのは6月末でしたので、
    ちょっと違うかもしれませんが。
    10月ごろから雨期になると思います。

    ペトラ、死海、ジュラッシュ、バプティズムサイトに行きました。
    昼間は日差しが強く、日が沈むと肌寒いくらい涼しくなってました。
    ヨルダンでも死海やペトラは世界中から観光客が来ますので、
    有名なホテルもありますよ。
    モーベンピックホテルはペトラにもありますが、死海のそれは特におすすめ。
    アラブとは思えないリゾート気分が味わえます。

    バプティズムサイトは、イエスキリストが洗礼を受けた地で、
    行きにくい所にありますが、見応えがあります。
    川の向こうにはイスラエルの国旗がはためいているのが見えましたよ。

    ジュラッシュは、とても大きいです。
    同じローマの遺跡ならシリアのパルミラのほうがさらに巨大ですが。

    食事は一般的なアラブ料理ですね。
    ホブス(パン)は近隣の国に比べてふっくらしていました。
    私は観光地にしか行かなかったせいか物価は結構高いと思いました。

    楽しい留学になるといいですね!

    ユーザーID:6575614260

  • 一昨年の情報です。

    11月下旬から12月上旬ですが、参考になれば。

    1.北部(アンマン、死海)→日中は半袖か長袖+カーディガンで丁度良く、朝晩に外を歩くならコート類が必要でした。
    ペトラ→日中は半袖で丁度良い日もあります。雨が降ることもあり、その場合は結構冷えます。
    アカバ→外のプールで泳げるくらい暖かかったです。日中は半袖、朝晩はカーディガン羽織れば十分という程度。

    2.買い物をしていないのと、交通手段にレンタカーを使ったためコメント無しです。

    3.うーん、難しいですね。

    4.アンマン〜ペトラは車で約3時間ですが、その間に大きな町やサービスエリアなどは皆無で、トイレを借りる場合は少々勇気が要ります(逆に地元の生活感は体験できると思います)。また、アンマンから南下すればするほど、歩いている女性の姿は極端に少なくなり、頭部スカーフはもちろん、顔面にもスカーフをしている人が大半です。この状況から私は結局ガマンし、死ぬ思いをしましたので、気をつけて下さい。

    続きます。

    ユーザーID:9203647176

  • 続きです。

    4.色々とご存知だと思いますが、その他もろもろ。
    ・南部については観光客であっても、スカーフをしていた方が好奇の目にさらされることが多少減る。(私も頭部は被っていた)
    ・ガソリンスタンドのトイレでも当然紙がないので、水に溶ける紙を持参すると便利。あと、男女の区別が無くて驚いた(女性が使用しない前提の模様?)。
    ・アカバ特別区に入った途端、資本主義の香りでいっぱい。地元の人でもスカーフをしている人の方が少なく、服装も非常にカジュアル。安い中華や普通のパン屋なんかもあり。イスラエル、エジプトがすぐそこに見えます。
    ・死海も特別区扱いなので、エリア立ち入り時に検問あり。
    ・アンマン市内から死海にかけては、武装した兵士や戦車を目にすることが多い。最初は驚くがすぐ慣れる。
    ・何れの検問でも日本人と分かると、一様にwelcome to Jordan!と歓迎された(とても親日)。
    ・死海のお土産は、やはり塩関連の製品(バスソルトやハンドクリームなど)が多い。シリアの石鹸を置いてあることも。
    ・アンマン市内は交通マナーが非常に悪いので、道路の横断には注意。

    では楽しんで!

    ユーザーID:9203647176

  • ありがとうございます。

    アラビーさん、ジョルダンさん、ありがとうございます。返事が遅れて失礼しました。

    アラビーさん
    観光地としてのヨルダンも見てみたいので、ホテルは安心そうでよかったです。ジュラッシュのことを知ったとき、円形闘技場や古代ギリシアの劇場のように見えて、ああいうものもヨルダンにあるのかと少し驚きました。
    紹介してくださったところ全てに行けるかはわかりませんが、できたら行きたいと思います。
    本場のアラビア料理は食べた経験がないので楽しみです。ありがとうございました。留学を楽しめるよう頑張ります!


    ジョルダンさん
    細かく丁寧に説明下さりありがとうございます。
    やはり昼夜の気温差は激しそうですね。滞在する場所はアンマンですが、アカバとはやや気候が違うようで、観光に行った時に体調を崩さないように気をつけます。
    トイレについての情報は見落としやすく、けれどもとても大切ですので助かりました。
    スカーフは着けてみたいので、どんとこい、という気持ちです。
    親日なのはとても嬉しいです。政府系援助かNGOが活躍しているのでしょうか。
    大変なこともあるとは思いますが、楽しんできます。

    ユーザーID:2171964708

  • まだまだ諦めません!

    改めまして、今までレスを下さったとるめんたさん、るうさん、bbuさん、死海のほとりさん、アラビーさん、ジョルダンさん、ありがとうございます。

    下のほうに埋もれてしまったので掘り出します。
    親日とは聞いていたものの、とあるところで、日本を心の奥ではあまり好いていないヨルダン人もいると聞いたので、いろいろな体験をお聞きできればと思います。

    他の観光地のトピよりレスが少ないのは覚悟の上です。というか、5人以上もの方にレス頂けることも思っていませんでした。
    でも、まだまだ諦めませんよ!
    それと、アラビア語を学べるいいサイトをご存知でしたら教えてください。

    情報お待ちしてます。

    ユーザーID:5856568810

  • 私もホームステイします

    タイムリーなトピを見つけました。私も10月に個人でヨルダンに行き2週間ほどホームステイします。
    HCさんはどのようにヨルダンへ行かれますか?
    私は東南アジアでも用事があるのでバンコクからロイヤルヨルダン航空でアンマンまで飛びます。私はアラビア語は全く駄目ですがステイ先のファミリーが両親、姉妹兄弟みんなが英語を話せるので心配ないよと言われました(本当は英語だけでも不安なのですが。ホストファミリーからの昨日のメールによると「10月はそれほど暑くも寒くもなくちょうどいい気候だよ。

    アンマンは最高気温でも20度台で雨は少し短い時間降る程度。厚い服は要らないけど念のためにlight jacketがあればいいよ。」とのことでした。
    ステイ先では娘さんと一緒の部屋で生活します。
    ホストファミリーからは私の訪問をみんなで楽しみに待っていると温かい言葉をいただき私も再会をとても楽しみにしています。お互いヨルダンでのホームステイでいい体験が出来るといいですね。アンマンでひとりでうろうろしている変な日本人のオバさんがいたら私かもしれません、声をかけてみてくださいね。

    ユーザーID:1694074620

  • じゃあもうひとつ

    私はヨルダン近郊の、アラブ色の強くない国にいましたので、
    ヨルダンに行ったときは、かなり閉鎖的な印象を受けました。
    まあ田舎っていうことなのかなーと理解していましたが。

    またヨルダンに限らずですが、アラブ人は好奇心旺盛でフレンドリーな人が多いので、アジア人がからかいの対象になることもしばしばです。
    私もいろいろ経験しましたが、悪気のないかんじが多かったので、
    一番いいのは気にしないことだと思いました。
    アラブでは米国人が人気ありませんが、日本には好印象の人が多いと思います。
    ヨルダン旅行中にとあるお土産屋で、日本人だと言ったら、
    「これ知ってるか?」と、何語だかわからないアジアっぽい言語のそれは不思議な歌を聴かされたことがあります(笑)
    わからないというと「わからないのかー!」と何故か大笑い。。。
    日本人とは全然違うけど、お茶目な人々だと思いますよ。

    ユーザーID:6575614260

  • 自分で質問する

    トピ主さんは大学で中東を専攻していらっしゃるせいか、このトピの流れから事前のお勉強ばかり熱心にしている印象を受けますが、私の気のせいでしょうか?

    アラビア語は書き言葉と方言の差が大きく、特にヨルダン方言に限定した教材は開発されていません。周辺アラブ国の方言なら若干の教材がありますから、書き言葉とそれらを自分の頭の中で調整することにより、ヨルダン方言を理解することになりますが、この技術はかなり上級編です。出発間近の貴方では、はっきり言って無理。それより、専攻なのにこれまで書き言葉を勉強してこなかったのは、非常に大きな学習上の欠陥。

    アラブ人は議論好き。「自分たちはこうやる(こう考える)のに、なぜあなたたちは違うのか?」と質問すると、何時間でも話が弾みます。逆にあなたも沢山質問を受けます。通り抜けただけの旅行者がたまたま経験したに過ぎないエピソードをここで集めるのではなく、わからないことは現地で自分の力で質疑応答する。首都ですら小さな町ですから、安い店くらい自分で探せなくてどうしますか。

    やってはいけないこと:座るとき足を組む。足の裏を人に向ける。
    推奨:地方ではスカーフをかぶる。

    ユーザーID:3255530235

  • にんじんさん

    トピ主様。
    自分の目で見て、経験して
    ヨルダンの良い所たくさん見てきてください。

    にんじんさんのレスですが
    スノビッシュな表現に
    読んでて、嫌な気分になりました。

    異文化を
    学びたい人が居て
    少しでも知りたい事を聞くのは
    悪い事ではないですよ。

    あなたも、若い時から
    何でも知ってたわけではないでしょうし。
    もう少し、良い表現が出来たんではないでしょうか??

    ユーザーID:0433489335

  • ヨルダン在住ではありませんが1

    アンマンを拠点に中東、北アフリカを飛び回っている者です。この2年間はヨルダンに50%、他のアラブ諸国に50%程度の割合ですが、イラク絡みの仕事の関係もありヨルダンでは専らアンマンに滞在しています (年に1〜2回東京からの出張者の随行を兼ねて、死海、ぺトラに行く程度)。因みに、今はマグレブの小国に滞在中。

    1.気候はアンマンであれば、日本より若干涼しい程度。特に真夏は湿度が低いのとアンマンの標高が高いので過ごしやすく(砂漠は別ですが)、湾岸方面から避暑を兼ねて家族連れの観光客が押し寄せてきます。勿論、日本人、韓国人、中国人の中高年のグループツアー客も多く見かけます。9月以降は、日本と同じ感じで温度が下がります。12月半ばにもなるとセーターは欠かせなくなりますが、雪が降るほどではありません。1昨年の冬(年明け)には大雪が降り、アンマン市内の多くの坂道が通行止めになった程でした。服装は、アンマンであれば女性でもそれほど心配する必要はありません。欧米系の観光客にはタンクトップ姿もチラホラ。ヨルダン人も外国人の服装には概して寛容な人が多いと思います。

    (続きます)

    ユーザーID:6971403691

  • ヨルダン在住ではありませんが2

    2.3ヶ月程度のヨルダン滞在であれば、観光は地球の歩き方やロンプラで紹介されているところを巡れば充分でしょう。公共交通はタクシーかバスしかありません。アンマン市内のタクシーは安いし (但し、女性一人の夕方以降の使用は若干ご注意を)、長距離バスも安いです。買い物はアンマン程度の小都市には全く相応しくない超大型のショッピングモールが3つあり (メッカモール、シティーモール、コズモ)、日用品はこれで全て事足ります。最近、日本の100円ショップがアンマンに進出したそうです (但し、100円ならぬ2JDショップ)。一般的に物価はエジプト、シリアよりは高めで湾岸よりは少し安い程度。

    3.一般論に過ぎませんが、ヨルダン人はエジプト人のようにスレてないし、マグレブ系のようにヨーロッパの影響も少ないし、湾岸系のように横柄でもないし(要は田舎物??)、人と接していて居心地が良い気がします。たまにアンマンに戻るとホッとするのはこのせいかもしれません。

    ユーザーID:6971403691

  • ヨルダン在住ではありませんが3

    4.ヨルダン人の話すアラビア語は、パレスチナ程ではないものの、書き言葉 (フスハー) に近く、エジプト人、イラク人、マグレブ系、湾岸系のアラブ人が話すアラビア語よりは遥かに聞き取りやすいです。但し、これからアラビア語を勉強するのなら遅過ぎるので、文字と数字と挨拶言葉の丸暗記程度に留め、あとは現地の生活を楽しむことに没頭することをお勧めします。かく言う私もアラビア語との付き合いは恥ずかしい程長いのですが、未だにアルジャジーラのニュースを聴いても半分ぐらいしか判りませんし、アラビア語の新聞を読むのに辞書は手放せませんし、商談は専ら英語 (かマグレブであればフランス語) で済ませています。普段外国人に接しているヨルダン人であれば、アラビア語で理解しあうことは端から期待していない筈です。

    ユーザーID:6971403691

  • わたしも現地でいっぱい質問しように賛成!

    わたしは、にんじんさんのレスに反感をおぼえませんでした。
    ただ、現地の人とふれあった感覚は文章で伝わりにくいですね。

    シリアほどじゃないですが、ヨルダンの方も、日本の「親切」という常識を超えて親切です。それに日本人と違って、外国人が知らないことで失敗しても、すぐ怒ったりしません。というか、いっぱい質問して理解しようという態度を見せると、とっても喜んでくれます。
    反対に、日本人にありがちの、見えないところで勉強して、失敗しないようにしようという態度は、最悪トラブルのもとになるし、あまり好かれません。特に頭でっかちに思い込みで「アラブ人は」などとひとくくりにすると嫌われます。
    なので、「これなに」程度の片言でも、覚えたらどんどん使って、現地の人にどんどん質問すると、喜んでもらえますよ!

    ユーザーID:7222038490

  • フスハー勉強した?

    度々こんにちは。
    アラビア語ですが、大学ではフスハー(正則アラビア語)も全然勉強していませんか?
    私の経験に限られますが、周囲でフスハーを勉強したことがなく、いきなり方言(エジプトではアーンミーヤと言われていますが)を勉強した人達の多くは、後からフスハーを勉強しようとすると、かなり苦労していました。そして挫折する人も多かったです。
    理由は、方言はあくまで話し言葉であり、文法規則はかなり簡略化されているのに、フスハーは6世紀の文法を保持しているし、書き言葉(読み言葉)なので、文法が方言に比べて複雑だからです。
    私は日本でフスハーを何年かやっていたので、方言を習い始めたら簡単で、割とすぐ会話はできるようになりました。
    今でも、多分そちらに行ったら、会話はエジプト方言で話してしまうと思います(笑)。
    なので、日本にいる間は、フスハーの勉強をしておくのも、無駄ではないですよ。
    フスハーであれば、市販で音源つきのテキストが何冊か出ています。

    ユーザーID:5881255668

  • 同僚女性が襲われかけた

    「女性」と断っているので、どういうことかお判りになると思いますが、社用で赴いたときの話です。

    滞在先はホテルでしたが、宗教上の休日で、現地スタッフとの仕事がオフの日がありました。その日はホテルの近場をウロウロしていたのですが、昼寝をしに戻り、しばらくウトウトしていると、いきり立った同僚(女性)が私の部屋に来るではありませんか。

    なんでも、アラビア語を教えるから、ということで部屋に入り、色々な単語の練習?をするうちに、枕だのベッドだのという言葉になって、どうもあやしいな、という雰囲気になったかと思ったら急にガバッと覆い被さられた、とのことでした。

    私が隣の部屋にいたのが幸いして、声をかけたら、とびだしてきて私の部屋で震えていたのですが、やはり男は男。イスラムの教えはあれど、万国変わらない部分もあるとの認識を新たにしたヨルダン滞在でした。

    ホテルは、まぁ欧州人(特にオーストリア人、ドイツ人)の比率の高いところでしたから、自分の所に近い?アジア人が珍しかったのかも知れません。

    他の外国と同様に注意をしなくては、ということだと思います。

    ユーザーID:8569180201

  • ありがとうございます。

    2ページ目突入! (自分のレスを入れてですが)たくさんのレスありがとうございます。掘り出したかいがありました。
    今回は投稿時間順にレスをしていません。

    玄鳥さん
    現地の方からの情報をありがとうございます。親切丁寧な家族のところに滞在するようでうらやましいです。10月が過ごしやすいというのは滞在にぴったりですね。
    私は実はアメリカの大学に通っており、ヨルダンへ飛ぶのもアメリカからになります。ニューヨークからアンマンへデルタ航空の直通が通っているようなのでそれを使うと思います。
    あまりおしゃれをしていない、眼鏡をかけた日本人(アメリカでは時々中国人に見られます)が歩き回っていたら私かもしれません。お会いできたら幸いです。

    アラビーさん
    再び情報をありがとうございます。
    そういえば友人のアラブ人によくからかわれて、それでトラブルを起こしたことがありました。私が少々下品な内容に耐性がなかったのが原因ですが、あの時はあまり考えずにしていればよかったなあと思います。お土産屋の経験はとても楽しそうですね。日本の丁寧すぎる対応が苦手なので、初対面の客でも気楽に接する人柄がいいなあと思いました。

    ユーザーID:5856568810

  • ありがとうございます。

    カイロのパパさん
    とても丁寧で詳しい情報をありがとうございます。
    イラク関係のお仕事をされているとは、政府関係かNGOにお勤めなのでしょうか。私は将来あの地域で仕事をしたいと思っているので、お仕事は大変だと思いますが少々憧れます。私はアラビア語でマグレブはモロッコだと教わったのですが、小国ということはチュニジアですか。
    私はアンマン滞在なので気候や服装についてとても参考になります。交通手段があまりないのは残念ですが、安いのはいいですね。3を聞くとヨルダン人は最高の人柄を持っているようにに思えます。
    フスハーを中心に勉強したので、ヨルダン方言がそれに近いならありがたいです。

    とるめんたさん
    再び情報をありがとうございます。
    大学でフスハーを中心に、レバノン人の先生がいうにはレバノン方言のアンミーヤを勉強しました。私が聞いたところ、そのフスハーをそのまま喋るとエジプトの言葉になるそうです。ともかく、他の方言は比較的あまり苦労することなく習得できそうですね。ヨルダンのアラビア語は他の方言より簡単だと聞いたので早く慣れるといいと思います。

    ユーザーID:5856568810

  • ありがとうございます。

    にんじんさん
    まず、前回の私のレスが誤解される書き方で失礼しましたが、アラビア語は大学で学びました。フスハーとレバノン方言らしいアンミーヤです。「サイトを教えてください」と書いたのは、クイズ形式で文法を学べたりリスニングを勉強できたりしたらなあ、と思ったからです。

    やってはいけないことで「足の裏を人に向ける」というのは初めて聞きました。どうしてそうなのかご存知でしょうか?

    にんじんさんのご指摘は的を射ています。確かに、まず現地の事をよく調べ計画を練ってから旅行に行く、ということが私の常ですし、現地の人に質問するのもその国のことを学ぶのに大切だと思います。
    今回この場をお借りしたのは、詳しくは今は書けないので控えますが、日本人の意見を聞きたかったからです。ヨルダンは滞在する人よりも旅行で行く方が多いと思うので、その経験も聞くべきに値すると信じています。やれる事は全部やる、聞けることは全部聞く。どれが本当に良いかわからないし、事前の知識のために失敗してもそれもまた経験です。
    このトピは今まで通り続けますが、鋭いご指摘ありがとうございました。肝に銘じます。

    ユーザーID:5856568810

  • ありがとうございます。

    ブーさん
    ありがとうございます。ヨルダンのことをいろいろ経験できるよう積極的に行動したいと思います。特に私は勉強をしすぎるあまりそちらをおろそかにするので気をつけます。

    かっとんさん
    かっとんさんはシリアに滞在されているあるいはされていたのでしょうか。知り合いのシリア人で、いつも声を掛けてくれる熱心なイスラム教徒の人がいるので、その親切さはよくわかります。
    ひとくくりにすることの危険性は知っていますが、失敗しないようにすることは多いので気をつけます。質問たくさんできるよう頑張ります。ありがとうございました。



    私としては、一方のやり方がもう一方より優れているということはないと思いますし、極端なのが一番いけないと思っています。いい塩梅を見つけるのは大変ですが。このトピは「数ある手段のうちのひとつ」です。
    また、今回アラブの友人がいると言いましたが、もちろん彼らにもヨルダンの人はいます。彼らに聞けばいい、と思われる方もいらっしゃるでしょうが、「日本人の」視点からの意見を聞きたくトピを立てました。なので、変わらずみなさんのレスお待ちしています。

    長くなりましたが、以上です。

    ユーザーID:5856568810

  • マンサフ

    HCさん、その後留学の準備はどうですか?

    ヨルダンのホストファミリーからメールが届き、HCさんの質問の答えとは関係ないのですが、ちょっと面白かったので一部紹介しますね。

    「ヨルダンでは日本の"刺身"のことは忘れてください。ヨルダンには海が無いので魚は通常冷凍です。生鮮魚が全く手に入らないというわけではありませんがあなたがヨルダンにいる期間は短いので、その間はヨルダンの料理を楽しんでくれることを望みます。イスラムの国なので豚肉は滅多にありませんが羊や牛、その他色々な食肉があります。マンサフというヨルダンの美味しい料理はあなたもきっと好きになってくれると思います。ヨルダンの料理は栄養満点でとても美味しいので、あなたが太って帰ることは間違いないです。」

    太って帰りたくはないのですが美味しさには負けてしまうかもしれません。今回のメールでホストファミリーから私の食事の好き嫌いや宗教上の理由等で食べられないものがあるかどうかも聞かれました。本当に私の訪問を楽しみにしてくれているんだなと、その気持ちだけでとてもありがたく感じます。お互いヨルダンでいろいろな経験が出来るといいですね。

    ユーザーID:5113826700

  • ありがとうございます。

    長らくご無沙汰し、お礼も大変遅れて失礼しました。

    既婚♂さん
    どこの国でもそのような事が起きるのは変わりませんね。同僚さんがご無事でよかったと思います。
    もちろんいつもそうしていますが、十分に注意して、部屋に二人きりになるのは避けるよう気をつけます。
    ありがとうございました。

    玄鳥さん
    再びご返信をどうもありがとうございます。
    私が今住んでいるところでは内陸で魚があまり食べられないので、ヨルダンで食べれなくても、慣れているので大丈夫だと思います。
    私のアラブの友人も、「きっと太るよ」と言っていました……頑張って食欲を抑えようとは思っていますが、食文化交流促進を目指す私は食べ過ぎてもやむなしかと……! (と言い訳して美味しいものたくさん食べる予定です)
    玄鳥さんは何かのプログラムでヨルダンに滞在するのでしょうか? もしご迷惑でなったら、今後のためにプログラム名でも教えていただけたら幸いです。


    また、先日帰国した際に、bbuさんに薦められた本を読んでみました。各国の状況だけでなく個人の考えも載っていて、とても読みやすかったです。改めてbbuさんに御礼申し上げます。

    ユーザーID:5856568810

  • 砂漠ツアー?

    >もしご迷惑でなったら、今後のためにプログラム名でも教えていただけたら幸いです。

    特定のプログラムではありません。ただ外国の方々と関わる機会が多い活動をしているのでいろいろな国へ出かける機会は多いです。ヨルダンのホストファミリーのメンバーとも3ヶ月間関わっていたこともあり全く知らない家庭へ行くわけではないのであまり心配はしていません。先週のメールでは私をどこに案内するかをいろいろ考えてくれているようです。砂漠のナイトツアーは夜空の満天の星が降るようにすばらしいよと言われ、砂漠のツアーってラクダに乗って行くのかなあと一瞬シルクロードのイメージが頭をよぎりました…そんなわけないですよね(笑)。

    「どこか行きたいところはある?」と聞かれたのですが、ヨルダンは初めてなので今回はすべてお任せで2週間の予定を立ててもらっています。送られてきた多くの写真を見るとファミリーパーティーがとても好きな家庭のようなので(料理の量が中途半端でない!)私も絶対太って帰ること間違いありません。出来たら調理を手伝わせてもらってヨルダン料理を覚えたいと思います。

    ユーザーID:1569383078

  • 保湿!

    以前隣国のイスラエルへ行きました。参考にならなかったらごめんなさい。
    行ったのは8月。洗濯物は手絞りでも数時間で乾くほどの日差しと乾燥のため、髪はバサバサ、肌には小じわ(20代なのに)が。ヨルダンも多分乾燥しているところが多いと思われますので、化粧水やヘアケア用品は普段使うより多めに持っていくことをおすすめします。マスクも。帽子は私は白いのでしたが、紫外線防止の黒っぽいのがよかったかも。
    死海の化粧品も沢山売っていましたが、現地の物は香料が強いようです。日本で同じものを見つけて、懐かしくて買ったら香りがだいぶ弱かったです(とんじゃったのか処方がちがうのかは不明)。現地でコスメを買うのも楽しみですね。
    マスクは、夜寝るとき空気が乾燥しすぎて咳が出たとき、マスクを少し湿らせて(息苦しくない程度に)使いました。
    死海、楽しかったです。よく見る観光写真のとおりプカ〜って浮かびます。長袖の服は、湿度が低い土地のため、夏でも苦にならなかったです。
    私もいつかヨルダンへ行ってみたいです。お気をつけて、楽しんできてください。

    ユーザーID:9044855377

レス求!トピ一覧