職場での旧姓希望について

レス23
(トピ主0
お気に入り28

キャリア・職場

なみ

先日婚姻届を提出しました。
旧姓を希望して働きたいという旨を会社に伝えたところ、手続き上旧姓使用禁止と言われました。

実際、以前勤めていた職場では、どちらを使用するのも自由で、旧姓で仕事をしている女性や婿養子の男性もいらっしゃったので、まさかそんな返事がくるとは思いも寄らずびっくりしています。

離婚に関しても考えると、時代錯誤甚だしいというか・・・。

会社側は、何の手続きのために禁止事項にしているのかわかりませんが、これを機に旧姓使用も認めてもらえないか働きかけてゆきたいと思っています。

ただ、事務的手続き対して全く知識がないので、旧姓を使用することで起こる事務的負担がどれくらいなのかわかりません。

何かよいアドバイスお持ちでしたらいただけると助かります。

ユーザーID:8269887156

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 会社が面倒なだけ。

    どの位の大きさの会社かにもよりますが、会社が諸々面倒なだけだと思います。
    私の会社はかなり大きい会社で、旧姓を希望すれば旧姓も使えます。

    しかし、旧姓は通称のようなものなので、会社の書類関係は全て正しい氏名になるため、関わる人全てが氏名と、旧姓を把握していなければなりません。

    長い目で考えて面倒なだけではないでしょうか?正直私も面倒だなと感じることと、そこまで旧姓に拘ることへは疑問を感じます。
    ちなみに私は結婚し、会社では新しい氏名に切り替えました、、というか、氏名が変わったのだから、当然変えただけです。

    そこまで旧姓に拘る理由は何でしょう?

    ユーザーID:8623169334

  • そんなことに労力を費やすことにどんな意味が?

    会社でそう決まっていることを、自分が気に入らないからって変えようとする意味って何ですか?

    以前お勤めになっていた会社は自由だったのかもしれませんが、今の会社はそれが認められていない、ただそれだけのことではありませんか?

    悪い慣習ならば改める必要があるでしょうけれど、旧姓を認めるかどうかは「良い」「悪い」の問題ではないので、会社がそれで動いているのなら敢えて波風たてる必要はないのでは?と思います。

    そんなことしても「面倒くさい人」と思われるのが関の山のような気がしますけどね。

    と言いつつ私は旧姓使用です。よかった、そういう会社で。もちろん旧姓使用が認められない会社だったらそれに従ったのですがねぇ。まだそういう会社にあたったことがないんですよねー。

    ユーザーID:3256142912

  • ダンナ様がトピ主さんの姓になればいいじゃない

    実際自分が労務担当になって、
    書類を1つ1つ整備することを訴えてはいかがですか。

    でも、手っ取り早いのは
    ダンナ様にトピ主さんの姓になってもらうことだと
    思います。

    このご時世、余計(といっては語弊がありますが)な仕事を
    増やすよりも。

    ユーザーID:2809685917

  • まあまあ、落ち着いて

    幸いなことに私の職場では旧姓を使用することができます。

    でも、公的な名前はあくまでも新姓であり、
    税金や給与振込口座などは、すべて新姓で処理されます。
    これ以外にも人事評価など給与につながることもあるでしょう。
    二つの名前があると、会社の事務方にはそれなりに、ややこしさというか、不便はあるわけです。

    一方、私は仕事上、外国人とのMailだけのやり取りなどが多いため、旧姓で通すことのほうが混乱がない、というメリットがあります。

    これを、事務方が理解してくれているので、事務方側で不便を負担してくれています。
    私はこれは、あくまでも事務方の厚意であると、理解しています。

    当然の権利のように、時代錯誤だとか息巻かないほうがよいと思います。

    ユーザーID:7581018380

  • 組合が有れば

    労働組合が有るなら、そこに相談かなぁ。

    私の会社も、基本的には旧姓使えますけど、本当はメンドクサイらしいです。旧姓使うなら、給与振込みする銀行口座を名義変更しないでと言われた事が有ります。
    実際、年末調整など、税務署や関係役所とやり取りする時に大変なのよ〜と言われました。住民票の登録と、社内の登録が違うと、証明する等、色々有るそうですよ。
    インフラ管理部門も、難色を示してました。
    可能な会社は、その辻褄がキッチリ合うように、整備したのでしょう。

    まず、色々社内手続きを調べて、全ての調整をされる必要が有ると思いますよ。会社って、全ての辻褄が合わないと、動かないのです。
    だから、組合が動いてくれないと、結構大変かもしれません。
    頑張って〜!

    ユーザーID:8914335151

  • 本人も周りもメンドクサイ

    まず最初に結論。
    旧姓の使用のメリットが、デメリットを超えなければ会社は動かないです。

    前提として、社会保険に所得税・住民税の源泉徴収に係る部分は戸籍名を用いることになります。
    (旧姓では役所が受付けてくれないため)

    人事・労務管理システムが旧姓使用に対応していなければ。

    給与明細は戸籍名となります。

    まず最初に問題になるのが、有給・慶弔などの休暇申請書や、仮払申請書、交通費申請書など。
    要するに給与明細に書かれている項目に関しての申請ですね。

    旧姓で書かれると、手作業にて戸籍名へ変換して処理する必要が有ります。
    トピ主さん一人だけならば大した手間ではありませんが、確実に負荷が増えます。
    これが100人になれば結構大変です。

    旧姓・戸籍名対応表をどうやって管理するの?という問題もあります。

    (1)ここは諦めて戸籍名を使用することになります。

    稟議書や請求書発行、備品購入といった各種申請。
    旧姓・戸籍名どちらを使いますか?

    同一人物から異なる名前で申請書が上がってくると、上司の負荷が増えます。

    (2)やっぱり諦めて申請書類はすべて戸籍名で統一です。

    つづく。

    ユーザーID:2571264046

  • つづき

    そうしたら、残るところは一体何でしょう?

    A)同僚・上司・部下からの呼び名
    B)取引先からの呼び名
    C)メールの署名
    D)メールアドレス
    E)論文・セミナー講師等、個人名を対外的に公開しているもの

    A、Bに関しては、自分ではどうすることもできません。
    会社がいくら「戸籍名を使え」とトピ主さんに言ったところで、「新姓を覚えるのが面倒臭いから」と、旧姓で呼ばれると言うのもよくあるお話。
    取引先に強制することもできませんし。

    問題となるのはDとEですね。
    メールアドレスを変えるのは簡単でも、周知徹底するのは結構手間です。
    各人にアドレス帳の名前を変えて貰うのは大変なわけで。

    ある程度個人名にバリューが有る場合、それを失いかねないのは確かに痛いですね。

    普通の一般社員では、「旧姓の継続使用」は会社にとってデメリットばかりでメリットが殆ど無いんですよ。

    1と2で諦めずに納得させられますか?

    個人的には。
    法的な話では、「夫婦別姓」よりも、「新しい姓で戸籍作成できる」ようにしてくれた方が嬉しいですね。
    夫、もしくは妻の姓どちらかから選択ってツマンナイよ…。

    ユーザーID:2571264046

  • 前例ないならそりゃ大変

    今まで「姓、名、ふりがな」で済んでいた名簿類が、「姓1、姓2、名、ふりがな1、ふりがな2」にしないといけないので、名簿類は手直ししないといけないし、書類、要件によって姓1と姓2どっち使うか決めとかないといけません。
    コンピュータシステムを使っているなら、改訂をかけて、開発に数ヶ月、開発費用数百万の手間がかかるかもしれません。
    名簿はエクセルのみで細々とやってますって感じなら、事務員さんが二つの名前を覚えるだけで済みそうですけど。

    ユーザーID:0304102404

  • 名前の使い分けをされると面倒だから

    総務からすれば名前は個人を表すものなので、いくつも使い分けられると面倒だからじゃないですか。
    呼び方まで統一するという話ではなく、社内の書類上の話だと思います。
    そこから先の呼称は現場責任者の権限で決めてもらって結構ですけどね。

    まあ、良い案ということですが、やはり会社の方針を変えるには
    労働組合等の団体交渉か、もしくはトップダウンのどちらかでしょうか。
    そこまでしてまで旧姓を使いたいとは私は思わないと思いますが。

    ユーザーID:0682484084

  • 知事でも公的文書は新姓だった

    旧姓禁止とは厳しいですね。柔軟に考えて頂きたいですね。
    旧姓を通称として継続使用するのは、営業職等で旧姓が広く通用している場合はメリットがありますね。
    ただ、公的な文書では本名である新姓を使わねばならず、結局旧姓新姓取り混ぜて使うことになり事務方が大変に面倒なことになります。会社がそれを嫌がる気持ちも分かります。
    そういうわけで、業務上のメリットがそれ程なく、ポリシーだけで旧姓使用するのは、迷惑になるかもしれません。

    前大阪府知事の太田房江氏でも、許可書などの公的な文書での署名は「齋藤房江」でした。それに伴い、府への各種申請文書の宛名は「太田」「齋藤」どちら?と悩んだことがあります。結局前例で「横山ノック」ではなく「山田勇」で申請していたのを見つけ「齋藤」で出しましたが、職種によっては外部にそういう面倒をかける可能性もあります。

    私の場合は旧姓使用可能でしたが、旧姓がありふれた苗字なので新姓にしました。ただ、海外向けの英語の名刺には旧姓と新姓を書いています。前知事さんの場合で言うと「Fusae Saito Ota」かな。外国人には日本人の名前は覚えにくいらしいので。

    ユーザーID:1302452991

  • 会社としてはやはり面倒なのでしょう

    とくに事務処理がシステム化している場合にあるのが旧姓と本当の姓との両方の情報を持つ仕組みになっていな場合があります。
    従ってそのような場合は事務処理が一人のために煩雑、膨大になってしまうのでしょうね。会社としてはこの不況の中、そんな事にお金をかけたくありません。

    良い悪いは別にしてまだまだレアケースですので、そんな事があるのか?と言われればあるでしょう・・としか言い様がありません。

    あくまでも個人的な感覚ですが、そこまでして旧姓にこだわる感覚がわかりません。他社員の業務上の混乱はさほどありませんよ。

    それほどまでに旧姓にこだわりがあるなら、それを認める会社への転職をお勧めします。

    ユーザーID:1880300608

  • 実績が実績を作る

    私の会社では通姓として旧姓を使用することができます。ただし、ねこさんが書いているように、法律姓との二重管理は避けられません。会社の厚意としてこの手間がかけられるかどうか、もしくは手間をかけてもいいくらい女性社員の社内外に対する影響力が高いか、というところで決まってくるのではないでしょうか。

    この件が仕事をする女性のデメリットになっていることは認めます。ただトピ主さんには大変失礼な書き方になりますが、実績が大してなく社内外に影響力が無いなら、別に新姓で出直したってたいしたことない、と言われる可能性が高いです。なぜなら小手先でどうにかなるレベルではなく、それなりにお金もかかる、総務人事系の仕事の仕組みを変える大きな変更だからです。

    トピ主さんにその影響力があるなら人事部に掛け合ってみればいいし、そうではないならば一念発起してその影響力を身につけるくらいになってほしいです。皮肉ではありません。まだまだこの社会は日本国籍の健常人男性優位で、外国人や障害者、女性には厳しいからです。がんばってください。応援してます。

    ユーザーID:4473049960

  • 素朴な意見

    取引先で、「結婚しましたが旧姓で通しますので」とおっしゃる方が時々おられますが、私の知る限り、結局旧姓と新姓がごちゃごちゃになる人ばかりです。
    いきなりFAX送信状が見慣れない新姓の名前になっているので、じゃあ新姓で通すことになったのかなと思って「新姓さんおられますか」と電話すると「はい、旧姓です」と名乗り、じゃあ旧姓でいいのかなと思って「旧姓さま」とメールを送ると「新姓です」と返信してきたり・・・。どっちなんじゃい!
    そういう人に限って性格がキツイ女性だったりするので(とぴ主さんがそうだというわけじゃないですよ)何か気に食わないほうで呼んだら怒られそうだし、もう、どー呼んだらいいの!と叫びたくなるときがあります。
    今でも「旧姓で通します」とあいさつされると「やめてください」とノドまで出掛かります。

    ユーザーID:8774985863

  • 婚姻届提出前に打診すべきだった

    婚姻届を出す前に、会社に旧姓使用が可能か確認すべきで、旧姓使用不可なら旧姓使用を認めてもらうための下調べや準備が必要だったんですよ。

    私は職場で初めて旧姓使用を申し出たことがあります。制度もなく、前例もなく。
    制度はなかったけどれも、職場裁量で可能ということになり、周囲の理解と協力があったので、実行できました。
    給料など公的な書類は戸籍名、その他は通称として旧姓使用です。

    旧姓使用をするにあたってやったことは、次の通りです。
    ・組合の力を借りる。
    →一人では無理でも、組合を通せばあっさり許可がおりた。
    ・他の同業種の職場での旧姓使用状況を調べる。
    →他のところで取り入れているから、うちでも可能だという説得材料になる。
    ・旧姓使用可能な文書と戸籍名が必要な文書の一覧表を作成する。
    →職場の方への周知徹底。書類作成時にどちらの姓を使えばいいか一目で分かる。

    現在、旧姓使用可能な会社は誰かの努力によって可能になったものです。
    トピ主さん、新しい道を切り拓くことができるよう祈っています。

    ユーザーID:8526689863

  • がんばってください

    私は地方公務員で旧姓使用です。職場では私が第一号です。
    お金がからんでくる給料、出張関係は新姓ですが、他はすべて旧姓でいけますよ。
    なれればちっとも難しくも面倒でもないです。
    事務方は最初少々混乱したかもしれないですが、今のところ問題なく処理してくれています。

    トピ主さんの会社は面倒なだけなんだと思います。
    実際その制度がある会社はたくさんあるのですから、やろうと思えばできることなんですよ。
    ただ、新しいことに労力をさきたくない、古い体制なんでしょう。

    私の旧姓はごくありふれたもので、夫の旧姓はかなり難しいです。
    私は旧姓がとても気に入っていて失いたくないんです。それだけです。
    夫への愛情とはまた別なんですよ。

    夫にトピ主さんの名前を名乗ってもらえとか、職場に影響力があるなら、とかいう意見がありますが、自分が嫌なこと(名前を変える)を相手に強要するのも変ですし、私のような単純な理由も立派な理由だと思います。

    日本人は「規則」に異様に従順ですからねえ。
    他の方のレスにもあったように、まず組合に相談してみてはいかがですか?

    ユーザーID:1403904815

  • 実績が実績を作る(追加)

    追加です。

    わが社がなぜ旧姓使用可能となったかですが、もちろん女性社員の実績が高まってきたこと、要望が多くあったことが背景にはあります。しかし直接の原因は人事総務系のソフトを更新したことです。

    昔は自分たちで開発しなければならなかったソフトも、今はパッケージで十分対応可能になっていました。そしてそのパッケージソフトには「旧姓使用オプション」がついていたのです。

    トピ主さんの会社もこういうきっかけで使用が認められるかもしれません。でもそのためにはニーズがあることが会社にわかっていなくてはなりません。労組にでも、人事部にでも要望を出しておくことは重要ではないでしょうか。トピ主さんのニーズには直結しないかもしれませんが、後輩のために会社が動いてくれるきっかけになるかもしれません。

    ユーザーID:4473049960

  • 会社を変えるより

    あなた方夫婦が変わったほうが早いです。

    1、夫さんに改姓してもらう。
    2、あなたが新姓を名乗る。

    会社の体質が古いのではないでしょう。
    男性が改姓しても旧制を名乗らせようとするのですか?

    ユーザーID:8287309116

  • 私の会社の例です

    私の会社の例です。
    基本的に新姓に変わりますが希望する人は勝手に旧姓を使っていて会社も容認している感じです。

    まず人事情報は新姓に変わります。
    でも名刺は旧姓で申請すれば旧姓でつくれます。メールアドレスも変更申請しなければ元のまま。
    職種は技術職で外部のお客様とのやり取りが比較的多い感じですがわざわざ新姓を教えなければ名刺が旧姓だし対外的には旧姓のままです。

    印鑑は両方持っていて使い分けているそうです。
    社内の書類は人事や経理に絡むものがあるのでどうしても新姓で押印になってしまうようです。社外に出す書類に押印する機会はそれほど無いので旧姓の印鑑はあまり使わないそうです。

    こんな感じで会社の事務負担が増えている感じはありません。
    ただ他部署の人や新入社員とかは混乱しているようですが・・・。

    トピ主さんの希望や会社の状況は良くわかりませんが、こんな感じで良いという事ならそれほど難しくないのかなと思います。もちろん周囲が理解が欠かせませんが。

    以上参考になれば。
    頑張って下さい。

    ユーザーID:3341206202

  • 事実婚

    どうしても旧姓で通したかったのでしたら、
    ペーパー離婚届をだし、事実婚にするしかありません。
    それなら、どうどうと旧姓を名乗る事ができます。

    ただ・・・事実婚=内縁関係ですから、
    本来なら勧めるのもはばかるのですが。

    ユーザーID:4324530035

  • 社則は見ましたか?

    公務員をしている友人が、職場での旧姓使用を認めさせるために
    何回か(本人も回数は忘れたそうです(汗))ペーパー離婚して、
    旧姓使用を認めさせました。
    別の友人は会社のID管理が名前ベースになっているので、
    簡単には新姓にすることができないのと、
    特に新姓を使いたいという思いもなかったため、
    ずるずると旧姓を使用しているそうです。

    そんな話を夫としていたら、夫の会社(1,000人以上)は
    社則で旧姓使用が禁止されてるとわかりました。
    トピ主さんは社則は確認しましたか?
    社則を変えるのってエライ手間だと思いますが。
    (というか個人でできることじゃないと思います)
    会社によって規則がちがうのだから、
    旧姓が使えなくてもしょうがないんじゃないですかねぇ。

    ユーザーID:9558276078

  • 可能性を探してみてください

    第一号になるということはとても大変なことだと思います。
    名前は、姓と名で一体であるし、自分にとってとても大切なことなのにね。

    国家公務員の旧姓使用について、URLを貼っておきます。
    一つ目が2001年の官邸談話で、二つ目は各省庁人事担当課長の会議申合せで、これ以降、自治体や大企業での旧姓使用が進みました。

    http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/rireki/2001/07/11_p.html

    http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/siryo/ka04-7.pdf
     
    若くして結婚するならば、新姓に変更することに抵抗はない(=むしろ嬉しい?)のかもしれませんね。人によりますが、30歳過ぎて結婚すると、辛いことに耐えて仕事で頑張ってきた実績ができ、氏名への愛着も強くなるのでは?
     個人の活力を最大限に活かそうとする社会であってほしい。それが新たな産業を生み、経済発展に繋がっていくと思います。せめて住民票で旧姓使用ができたら、全く事態は変わるのになあ、と思います。そうすれば、職場に迷惑をかけなくても済むのに。 

    ユーザーID:0267060949

  • そんな会社がまだあるのですか

    確かに事務の担当者には迷惑がかかることもありますし、周りの方が慣れていなければ最初は混乱することもあるかもしれません。ただ現実を見てみれば、こういう、よく聞かれる旧姓使用拒否の理由は、あまり説得力はないでしょう。事務というのは、立場上建前しか話せない、ということもあります。

    旧姓使用できないと困るという事情を分かりやすく説明すれば、何とかしてくれる可能性はあると思います。事務の言葉を100%、そのまま鵜呑みにする必要はありません。実益を考えれば、事務担当者とけんか腰になるのは、よくありません。「事務量が増やしてしまうのは良く分かります。仕事ももっと頑張りますので、どうか旧姓使用を認めてください」と懇願すれば(演技でいいのです)、多分うまく行く可能性はあると思います。

    相手も人間ですので。勿論、こんなことは頭を下げることではない、と思われるかもしれませんが、そこは処世術として割り切るべきでしょう。ちなみに別の話題にはなりますが、職業にもよるのかもしれませんが、私の周辺は、履歴書も、旧姓と戸籍姓の併記が一般的です。そうしないと逆に混乱しますので。勿論旧姓使用は一般的です。頑張ってください。

    ユーザーID:3486722736

  • 書類は新姓・呼び名は旧姓

    トピ主さんの仰る「旧姓使用」というのは、社内外の人からの呼び名に関してだけでしょうか?
    呼び名だけであれば、今後も変わらず旧姓で呼んでもらえるように周囲の方に伝えておけば
    良いのでは・・・と思います。

    私の勤めていた会社では、書類・システム上は全て「新姓」に書き換えました。
    戸籍上の氏名が変わっているので、給与振込・社会保険等に関わるので、すべての申請ごとは
    「新姓」で通します。

    しかし、呼び名に関しては通称として「旧姓」を使用していました。
    理由は以下のとおりです。

    ・部署は異なるが、夫が同じ社内にいた。しかも新姓(夫の苗字)がちょっと珍しかった。
    ・私が営業部所属で、お客様とのやり取りがあり、新姓を通達するほうが大変。
    (メールアドレス変更も含め)

    という事で、呼び名・メールアドレスはずっと旧姓でした。
    書類・システム上は「新姓」、呼び名は「旧姓」で特に困ったことはないです。
    総務・人事からは新姓で呼ばれたり、書類が回ってきますがその時は新姓で対応します。

    トピ主さんも「呼び名」だけであれば、変えられるのではないでしょうか。

    ユーザーID:8937403941

レス求!トピ一覧