雨の日は「江戸しぐさ」でい

レス20
(トピ主0
お気に入り15

男性から発信するトピ

たんた・たん

子供の頃、傘をさして人とすれ違うとき
「傘を傾けなさいっ」って親に何回も言われました。
大人になってそれを江戸しぐさって呼ばれることを知りました。
江戸しぐさは他にもたくさんあることも知りました。

ほんの少しの気遣いでお互い気持ちよく歩けると思いますが
江戸しぐさも死語になりつつあるんですかね…。

今日の江戸しぐさ確率は50%以下でした。
なんか悲しいです。

独り言です。

ユーザーID:5568726759

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 江戸しぐさ?

    なんで「江戸しぐさ」などと呼ぶのでしょうか。
    その程度のことは、日本全国どこででもしている、いや、していたことだと思いますが・・・。

    ユーザーID:8490284394

  • なんだか

    トピ読んでて、着物姿の女性が人に気を使ってスっと傘を
    傾ける情景が浮かんできました。
    風情あるなー、なんて。

    蛇の目傘だと更に良し。

    ユーザーID:3156689637

  • 傘かしげ

    たった今、TVでやってました江戸しぐさ。
    傘を傾けてぶつからないようにするのを【傘かしげ】って言う
    んですね。

    粋だね!

    ユーザーID:6905879906

  • 風流ですな

    江戸しぐさ、いいですね。

    私は公立小学校で司書をしております。

    昨年度入れた本の中に、「江戸しぐさから思いやりを学ぼう(3冊セット)」という本があります。

    傘かしげ、こぶし腰うかせ、うかつあやまり、お心肥やし…。

    「江戸しぐさから学ぼう」で検索してみてください。

    公立図書館にもあると思います。

    江戸時代って、そんなに昔じゃないんだ、と感じます。

    ユーザーID:9507865673

  • 素敵です

    美しい言葉に、美しい行動。
    『他にもたくさん』 とおっしゃっていらしたので、
    少しだけ、調べてみました。
    他のしぐさも、美しいことばかり。
    教えていただいた、『江戸しぐさ』が
    無意識に出来るような人間でありたいです。

    綺麗な日本語を、ありがとうございました。
    仕事の疲れが、無くなりました。

    ユーザーID:9315107675

  • もっと広がるといいな。


    江戸しぐさ、良いですよね。

    確かに道を歩いていると、半々位でしょうか?
    傘を傾けるだけで、お互い気持ちよくなるし、
    もっと広がるといいですね。

    横ですが、
    他にも、素敵な江戸しぐさ、
    ご存知の方がいたら教えてください。

    ユーザーID:5668001515

  • 私もやってます

    狭い道を傘を差してすれ違う時、反対側に傾けることですよね?
    私が知っている「江戸しぐさ」はこれだけですが、自然とやっています。
    相手もしてくれると、とても気持ちいいですよね。
    でもしてもらえず、自分の肩に相手の傘の水滴がぼたぼたと落ちて来た事があり、その時はちょっと悲しかったです。

    ユーザーID:2621307770

  • 最近の傾向(謎)

    自分から気遣いという・・江戸しぐさは、行われないことのほうが、多いですよね。

    雨の日の傘に限らず・・例を上げるときりが無いですが・・。

    なんか・・最近は・・ハートの無い世の中になってしまってる・・・。

    ユーザーID:8125465166

  • してますよ。

    下町育ちの私(50代女性)にはしごく当たり前のしぐさ、動作です。

    電車などでも、人が通るときは荷物を寄せたり、足を出さないのも。
    でも、たまには電車内で詰めあったり、譲り合ったりする光景も見かけます。ほのぼのします。
    (自分も高齢の方、妊婦さん、小さい子連れママさんに出くわしたときは座っていたら譲りますヨ。介護の仕事をしたときからよりスムーズにできるようになりました。)

    職場でも(狭い所)、自分の後ろを通る時は、イスを引くなど。

    逆の立場になって考えることや、大げさでなく自然なものですよね。
    きちきちの世の中ですから、そんなことくらいしたいものです。

    ユーザーID:7774003707

  • 「粋」を勉強中です

    都心に住むわたしは、通勤時、駅の方から来る多くの通勤の人達とすれ違います。
    「傘かしげ」を心掛けてはいるのですが、余りにも傘をぶつけて来る人が多く、「逆・傘かしげ」をせざるを得ない事もしばしばです。

    「粋」を愛する心って、余裕が無いと無理だと思います。だから、現代はそれが薄れてきているのではないでしょうか?心がかさつくような、ささくれ立つような事があまりにも多いです。
    5年ほど前から、「粋」を意識するようになりました。「粋な女」って、しっとりとしたイメージ。「粋な男」は、瑞々しいイメージ。
    どちらも、砂漠化している世の中とは、対極にあります。

    ところで、SHさん、何故と尋ねられる前に、せっかくPCを立ち上げているのですから、お調べになってみてから、レスをされては如何ですか?
    「その程度のこと」とおっしゃいますが、その程度のことができていない人が大半の世の中ですよね?ですから、昨今は「その程度のこと」などでは無いのですよ。
    無粋なお方ねぇ・・・。

    今朝、道ですれ違う時に、傘かしげをして下さったのは、もしかしたら「たんた・たん」さんだったのでしょうか?

    ユーザーID:6501441156

  • している人もいますよ

    少し前に、アニメーションでいくつかの江戸しぐさを紹介するCMがありましたね。

    確かに都会の忙しい朝・夕は心の余裕もないでしょうが、
    意外と見かける光景も多いですよ。

    特に傘かしげや肩引きは、最近の若い人の「パーソナルスペース確保」の感覚とあいまってか、
    する人が割合多いように思います。

    あまり周りにカリカリせずに、自分だけでも実行したいものですね。

    ユーザーID:7482632738

  • 私も独り言です...

    すこし前の世では皆が当たり前にできていたことに、わざわざ「江戸しぐさ」なんて名称をつけなきゃならなくなった。
    世知辛い世の中になったもんですなあ。

    ユーザーID:5326686737

  • 時泥棒でした(汗)

    「傘かしげ、肩引き、時泥棒、うかつあやまり、七三の道、こぶし腰浮かせ」
    この六つが主な江戸しぐさらしいです。
    言葉を知る前からやっていたので、あのCMを見た時、へぇ〜私って江戸っ子じゃん(笑)と思いました。

    ただし待ち合わせの時の遅刻はちょくちょくしていたので時泥棒だけはクリア出来ていませんでした。

    ユーザーID:5610590341

  • 正直なかなかできません

    都内での人通りの多い道ではむずかしいです。両脇、前後人でいっぱいです。傘を傾けた時雨水がザッっと流れてしまってはかえって周りに迷惑になる場合もあります。

    すれ違う際、傘を幾分か高く(またはやや低く)するなどしてお互いの傘がぶつからない様にするのが精一杯です。でもこれも江戸しぐさに似た現代のマナーだと思っています。

    昔のように車も少なく、歩道も広ければ傘を傾けられる余裕があったのでしょう。

    ユーザーID:8514564887

  • 私も独り言。

    江戸しぐさの江戸は、「地域」の江戸ではなくて
    「時代」の江戸では……?

    傘かしげ、肩引き、時泥棒、この辺りは自然にやりますね。
    残りの3つは、どのようなことなのかわかりませんが……。

    ユーザーID:5548381290

  • 逆にびっくり…

    「江戸しぐさ」という言葉を中学の時に英語の教科書で知りました。雨の日に人とすれ違ったらぶつからないよう傘を傾けるなんて誰でもしていることなのに、「傘かしげ」なんて名前までついて日本文化が紹介されていることに逆カルチャーショックでした。

    ユーザーID:7075153626

  • 名前の間違い

    今日バスに乗りました。アメリカのある町です。僕が通路を歩いて空いている席に向かおうとすると、アメリカ人がすうっと足を引っ込めました。

     milkさんのレスを読んでいて、ふとこのことを思い出しました。

     江戸だけ、雨の日だけ、粋でなくては、昔あったが今無くなった、とか限定してしまうのはなんだか見当違いのような気がします。

     小さな心遣いは一定の時代、一定の地域に限られず、いつの世でも、どこにでもある、暖かいものではないでしょうかね。そしてそれが時代や場所にかかわらず健在だということは、とてもいいことだと思います。

    ユーザーID:8995729492

  • 江戸しぐさ詳細 〜あんも様レスより

    「江戸しぐさ」が美しいので調べてみました。
    ---
    【傘かしげ】
     道ですれ違う時に傘と傘がぶつかったり雫がかかったりしないよう
     相手と反対側にスッと傘を傾けることをいいます

    【肩引き】
     肩と肩がぶつからないように右肩を少し引くこと

    【時泥棒】
     突然断りもなく相手の家に押しかけて、相手の時間を奪う行為

    【うかつあやまり】
     自分の不注意を認める所作。
     人混みなどで足を踏まれた際,踏んだ側が謝るだけでなく
     踏まれた側も迂闊さを詫びて相手を気遣う

    【七三の道】
     道路は大勢の人が通るところだから真ん中を威張って歩かないで
     ちょっと譲って脇を歩く。

    【こぶし腰浮かせ】
     江戸時代の乗合船で,先客たちが拳(こぶし)を船底に押しつけて
     体を少しずつ移動して,後から来た客のために空席を作る礼儀作法

    当時の江戸は100万人を越える世界最大級の都市。だからお互いトラブルを起こさないように,知らない人とも平等につき合う意識があった。
    因みに「江戸しぐさ」が出来ないと「田舎から出てきたポッと出」と見られて,スリにねらわれた

    ユーザーID:6547386240

  • 美白より前に。。。

    「たんた・たん」さんに便乗させてもらい、ボヤきを。

    「美白ブーム」発生から早10余年が過ぎ、今も尚夏場の消費要因ではありますが、日傘の用い方は「ちょっとよろしくない」状況ばかり目につきます。

    最近、都内では到る所で「日傘」を差す女性が増殖中です。
    狭い歩道や大勢が歩く場所でも道のど真ん中で堂々と傘を利用されています。

    この方たち、「傘かしげ」どころか、閉じた傘を横持ちで歩くことにも頓着しない。
    幾ら美白に努めても、その「しぐさ」は「ちっとも美しくない」のではありませんか?
    「傘を差す」ことで「パーソナルスペース」が出来るため、周囲の人への気配りなどを意識せずに済ませてしまいやすくなるのかも知れません。

    ご妻女が日傘を利用なされるなら、是非、晴天でも「江戸しぐさ」「七三の道」を励行するよう促していただきたいものです。

    ユーザーID:9406227534

  • いいトピですね

    nanashi様に同感です。

    日傘、大変結構なのですが
    狭い道で周りのことを考えずに差す女性
    本当に多いですよね。
    同じ女性として恥ずかしいです。
    ご自分の事しか考えてらっしゃらないのだろうな、と。

    ちっとも美しくないと私も思います。

    江戸しぐさ、普通のことだと思っておりましたが
    最近は傘を傾けず、ぶつかるように歩く方が多いですね。
    私は小学校で先生からそのように習った記憶があります。
    (授業ではなく、当たり前のように言われたような・・・)

    それどころか、すれ違い様に
    肩で相手の肩を殴るようにして歩く女性にお会いしたこともあります。
    広い道だったのですがね・・・。

    もっと心にゆとりを持った生活がしたいものです。
    そう感じるのは年をとったせいでしょうか。
    何だか悲しいです。

    ユーザーID:5520362391

レス求!トピ一覧