非婚化の原因は?

レス244
(トピ主0
お気に入り272

恋愛・結婚・離婚

ドリー

レス

レス数244

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 法律婚には枷が強過ぎ

    法律婚と事実婚の差が縮んでるヨーロッパと違い、
    日本の法律婚の枷が強過ぎなのが、原因にもなってると思います。

    まず、同姓の強制。これは、本来、夫婦のどちらの姓でも良いはずですが、ほとんどの女性が改姓してますね。
    一人っ子などが増える現在、結婚後も改姓をしたくない、と男女ともにあるようです。

    子供の差 法律婚で産まれた嫡出子と、事実婚などで産まれた非嫡出子との差が歴然と残っている。
    一番大きいのが、親の死後の相続権ですね。嫡出子の相続の半分しか、非嫡出子の権利がないんです。
    この差を無くせば、非嫡出子の出生が増える。

    フランスのように、少子化対策を取り入れれば、いいかと。
    日本だって、もともとはもっと、大らかな国だったんですから、
    結婚しなくても、産んで育てられば、良いわけで・・・。

    つまり、無理して結婚する事はないんです。

    ユーザーID:5589989635

  • 単純な真理

    「一人口では食えぬが二人口なら食える」などという戯言ではなく、

    「一人口では食えるが二人口なら食えぬ」

    という、至極当たり前のことに男が気付いたからではないでしょうか。
    高々男の安月給で、専業主婦がランチだエステだと蕩尽すれば、結果どうなるかは目に見えてますし。
    (で、蕩尽しつくして「離活」などされては目も当てられない)

    ユーザーID:2491577028

  • 非婚でもいいのではないかと思います

    昔はイヤでも結婚しないと女性は生きてゆけなかったけれど、最近は何とか一人で暮らしていけますしね。

    わざわざ、頼りない男、面倒臭い男、DV男、ルーズな男とは結婚をしたくはないのではないでしょうか?ホンネを言えば遺伝子も残したくない。

    離婚の手続きが大変という点もあると思います。

    かくいう男性も、女性に命令され、お金を搾り取られ、一生自由を剥奪され、えらそーな口を叩かれ、家庭でもガマンをして、そうまでして結婚はしたくない、と思っているのかもしれません。

    昔の責任感<愛情、の時代なので、愛情があれば結婚しなくってもよいし、愛情がなくなれば、別れる関係が肌に合うのかもしれません。
    (子供が出来れば別だけれど)

    私は既婚者ですが...。田舎なので、独身でいると色々と支障が出るし、幸い良い夫に恵まれています。

    私は結婚制度は必要だと思う方ですが、中には全然魅力的でない夫婦もかなりいるので、ああいうドロドロとした形よりも、愛情重視した形の方が良いのかもしれない、と思う事もあります。

    結婚=永遠を見直す制度が必要なのではないかと思います。

    ユーザーID:8812656318

  • 僕らの半生 1

    バブル華やかなりし頃、「アッシー」「メッシー」「ミツグ君」の男を抱えてさらに「本命」がいる
    という、女性は複数の男性と付き合うのが普通な恋愛資本主義が幅を利かせる時代に僕らは学生時代を過ごした。

    女性はまさに女王様だった。

    TVや雑誌各種メディアから流される刺激的な情報。
    横プリのクリスマスの予約は一年前から、プレゼントはティファニー、10万20万当たり前。
    ディスコで女性が霰もない姿で踊り、女王様に傅くように仕える男性。
    成田離婚も話題になった。超派手な結婚式を挙げて新婚旅行から帰ってくると
    女性からの三行半。

    10代の少年の頃、こういう情報の渦に晒されながら僕らは育った。
    同時に、「結婚するまでは貞節を守る」という躾も受けたけど。
    メディアの中の女性からは「貞節」なんて感じなかった。

    僕らが社会に出る頃、バブルは弾けていた。
    そして女王様も姿を消していた。

    社会人になって生活は裕福ってわけじゃなかった。
    バブルの大量入社組が上に控えていて出世もままならない。
    【ガラスの天井】が僕らを抑える。

    つづく

    ユーザーID:2881754314

  • まとめ

    さて・・・就職氷河期の男性視点の場合はこんな感じでしょうか?
    おそらく女性には「首を傾げる」状況なのでしょうが、男性が見る
    情報媒体はニュースが中心になります。もちろん雑誌等も
    そうなんですが子供の頃から「幸せな結婚」を連想させるものは何一つ無いんです。

    男性は結婚情報誌も、少女漫画も、恋愛ドラマも基本的には見ません。
    男性が接する結婚に関する情報は「悲観的なものばかり」だったりします。
    そういう環境の中、女性は子供の頃から「一部特定の男性」に集中します。

    まぁ男性も基本同じなんですが、そんなわけで男性の過半数は女性と付き合う経験の無いまま
    社会人になります。つまりメディアで刷り込まれた女性像が「矯正」されないまま
    最低の結婚イメージと女性像を抱いたまま結婚の年ごろをすり抜けていきます。草食男子として。

    非婚の原因は若年層の経済力低下等複合的なものなんでしょうが
    その中で精神的な原因は上記であると思っています。まぁ完全な的外れではないと。

    このバブル後世代が通過した後非婚問題は若干改善されるんではないでしょうか?

    ユーザーID:2881754314

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 残念ですけど

    >昔はイヤでも結婚しないと女性は生きてゆけなかったけれど、最近は何とか一人で暮らしていけますしね。
    >わざわざ、頼りない男、面倒臭い男、DV男、ルーズな男とは結婚をしたくはないのではないでしょうか?

    女性の非正規雇用率、親との同居率を見る限り、一人で暮らしていけない人が大勢いるようです。結婚願望も女性は依然高く、男性に結婚してもらわなくては生活の苦しい人が大半である証拠です。
    というか、「非婚化」は男性に顕著な現象であって、女性にはほとんど見られないんですけど。女性は結婚したいんですよ。

    私も非婚を止める必要はないと思います。止めることも出来ないと思いますが。
    25〜34歳の男性でも15%弱は非正規雇用。恐らく女性は彼らを結婚対象外とするでしょう。そこに結婚する気のない男性が恐らく20%前後(20歳の4人に1人は非婚らしいので)。物理的にも3割強が非婚となり、さらに縁に恵まれない等考えると、男女とも実に4割近くの人が一生独身となってもおかしくはなさそうです。
    ここまできたら、もう止められないでしょう。個人の生き方を尊重する時代だと思います。

    ユーザーID:2729920635

  • 情報化社会の産物

    男女共に一人暮らしの経済基盤を持つ人が圧倒的に増えている・結婚に対する社会的プレッシャーが低くなった のが大きいと私は思っています。あと、日本の教育システムに、異性との交際を教える文化(例:アメリカのプロム・ヨーロッパでのダンス教育など)がないこともあると思います。恋愛そのものが、日本では根付いていない文化なんでしょうね。
    そのほかに、ひかりさんがおっしゃるように、情報化社会の影響も大きいのではと思いました。

    例えば、えとさんやまさおさんの意見は、まさに情報化時代の産物だな〜と。

    >よくテレビで女性が年収600万とか1000万という条件をだしてます。そういうのを聞くと一気に結婚する気がなくなりますね。

    >つまりメディアで刷り込まれた女性像が「矯正」されないまま最低の結婚イメージと女性像を抱いたまま結婚の年ごろをすり抜けていきます。

    こういうふうにメディアの流すイメージを鵜呑みにして、異性を捉える人が増えてるのが、非婚化を加速してるんだな思いました。
    ほんと、あまり構えず、思い込みにとらわれず、気軽に異性を捉えた方がいいと思いますよ☆

    ユーザーID:1452514733

  • 非婚化も悪いことではない

    独身主義ではないのですが…。
    非婚化も悪いことではないですよ。
    良いパートナーに恵まれ幸せな人生を歩むのは素晴らしいことですが、
    ちょっと昔までは女性が一人では大変生きづらく、結婚が生活手段でもあったと思います。
    で、ドリーさん、考えてみてください。
    1日中、気の合わない考え方の分からない人ととの生活するってこと。
    これは、男でも逃げたくなりますよ。
    (これはよくある男女のもつれの殺人事件の動機でもありますよね。
    女性から結婚を迫られ、男が女性を殺したって、よくあるやつ。
    相手をこの世から抹消するほど、イヤなものなんですよ。)
    女性の社会進出も進み、一人で生きるのもそう難しくない時代になりましたし、結婚生活に魅力を感じず、独身を選ぶ女性もいます。
    自分も独身生活にあまり不便はありません。
    (不便は、既婚者の子供の話題についていけないくらい。)
    気の合う人との生活は望みますけど、いくらルックスが良くても気の合わない人の生活は無理ですね。
    考え方は人それぞれですが、
    「結婚で幸せになれないなら、一人でいる方が気楽でいい。」
    これが大方の人の本音でしょ。

    ユーザーID:6624238208

  • 人生いろいろ

    そんなの人それぞれでしょう?

    統計をとって、この世代はどうだとか、こっちの世代はどうだとかその世代を一括りにして結論づけないと気がすまないのがわが国の特徴ですからね。

    人生いろいろ、男もいろいろ、女だっていろいろ…ですよ。

    ユーザーID:4238616095

  • 相手に依存する必要がなければ問題ない

    人間なので精神的・肉体的つながりが欲しいと思うのも普通ですが、男性・女性にかかわらず、精神的・経済的に他人に依存する必要がなければ、相手のことを非難する必要はないと思います。

    ここは自由の国なので無理して結婚する必要がないからです。
    ただそれだけのことです。

    自分が1億円の価値があると思うなら、1億円払ってくれる人が出てくるまで待てば言い訳です。誰も自分を買ってくれないからといって、周りの買わない人間を非難したところで始まらないでしょう。

    ユーザーID:5028568400

  • 知りすぎた世代(1)

    遅ればせながら、参加させていただきます。

    私は、非婚化の原因といいますか、キッカケの1つは
    「情報化」だと考えています。とはいっても、
    マスコミによる商行為としての情報提供ではなく、
    ネットを中心とした情報垂れ流しです。

    知人の1人に、25歳の男性がいます(私は40歳です)。
    基本的に趣味が合うためいつも長話になるのですが、
    毎度ビックリするのが彼の知識量の多さ。

    ヲタク趣味からファッション、政治経済まで何でもござれ。
    私の子供時代に流行ったものまで、私より詳しいのです。
    しかも、本人曰く「見たことはないんですけどね」。

    この違和感、伝わりますか?

    『ガンダム』の登場人物からストーリー、哲学・思想、
    制作スタッフの名前からファンの特徴まで「知っている」。
    でも、「『ガンダム』を見たことはない」のです。

    女性に関しても同様。話を聴いている限り、
    どうやら「彼女いない歴=年齢」っぽいのですが、
    女性の思考や言動の傾向といったものについて
    もの凄く詳しいのです。しかも、とってもシニカル。
    付き合う前から「お腹いっぱい」という感じです。

    (すみません、続きます)

    ユーザーID:5013603585

  • 個人行動と集団行動のジレンマ

     非婚化の要因は沢山あると思いますが、トピ主さんが仰っている内容が最も大きいと思います。また、非婚化を嘆くお気持ちも分かります。なぜならば、個人レベルでは多様な生き方を自由に選択できる事は素晴らしいですが、集団レベルでは様々な社会問題を引き起こすことが予想されるからです。
    非婚化は少子化に結びつき、逆三角形の人口構造に拍車をかけ年金破綻や国際競争力低下を招く恐れがありますし、経済格差拡大に拍車をかけるものと予想されます。

    個人の都合が集団の弊害になる一つのケースだと思います(他に同種の身近な問題では、個人消費の冷え込みがマクロ経済停滞の主要因になっています)。
    しかし、現在は非婚化を達観していても、将来もし深刻な社会問題に繋がるようでしたら、結婚した方が得(非婚は損)というように社会制度が変わるものと推測しています。

    例えば将来、高税率になり子供の多い夫婦に際だった優遇措置(教育費の負担軽減や税金控除等)が適用される結果、税金を通じた未婚者から既婚者への所得移転が顕著になるものと考えています。私も独身派ですが、非婚が居心地よいという現状が将来も保障されるとは限らないと考えています。

    ユーザーID:6918785782

  • 知りすぎた世代(2)

    (なぜか後半だけ漏れたので再送します)

    ネット発達前は「情報■マスコミ」みたいなところがあり、
    良くも悪くも内容がコントロール(制限)されていました。
    だからこそ異性に対する興味が尽きる事もなく、
    『ヤングア○ルト情報源』なんて本も売れていました。

    でも今は、そんな本より詳細でリアルな情報が山ほどあります。
    結婚生活に関する話も、そこいら中に溢れています。
    嘘も多いでしょうが、本物もまた多いです。
    このため、彼らは「知りすぎている」のではないでしょうか。

    要は「頭でっかち」なわけですが、
    もし、こういう人物が(特に男性に)多いのだとしたら、
    異性(女性)に対する夢も希望も育ちようがなく、
    「結婚についてはもう分かった。自分はいいや」
    となっても、私は驚きません(もう充分に驚いたので)。

    生まれた時からこのような環境にあった10代・20代や、
    知的な成長期に情報化に接した30代などが、
    社会制度の不備(不利)と多すぎる知識のために
    非婚に向かうのではないかと思うのですが、いかがでしょう?

    長々と失礼しました。

    ユーザーID:5013603585

  • 俗説のウソ

    >非婚化は少子化に結びつき、逆三角形の人口構造に拍車をかけ年金破綻や
    >国際競争力低下を招く恐れがありますし、経済格差拡大に拍車をかけるもの
    >と予想されます。

    少子化が問題なのは「自転車操業」でなおかつ「団塊世代を中心とした
    上の世代ほど得をする」日本社会保障システムにあります。

    各自の現役世代を蓄えさせて社会保障に充てれば、少子化はマイナスどころか
    少子化が進めば進むほど売り手市場になって現役世代はリッチになるでしょう。

    >結婚した方が得(非婚は損)というように社会制度が変わるものと推測しています。

    現在でも税制や年金3号被保険者などの制度があり「結婚は非常に得」
    です。
    しかし、男性にとって結婚はその得以上の負担があり、女性はその結婚の
    得以上の利益を期待して不満に考えます。
    これは結婚をいくら得にしても、男性はそれ以上の損をするようにされ、
    女性はそれ以上の得を期待するようになるので、永遠に「結婚したほうが
    得だから結婚する」というモチベーションは主流にならないと思います。

    ユーザーID:9651648162

  • 違和感が

    >要は「頭でっかち」なわけですが、

    海江田四郎さんの知人の方の考える女性像は、歪んでいたり
    偏見だと考えるのですか?
    そうでないのなら、女性に対する無知が解消された状態がなぜ
    「頭でっかち」なのでしょうか?
    戦争をしたことがないのに軍事マニアの人や、殺人をしたことがないのに
    推理小説ファンは「頭でっかち」なのでしょうか?

    >非婚に向かうのではないかと思うのですが、いかがでしょう?

    結婚は能動的にしないとできないことなのに、「非婚に向かう」と
    いうのはいかにも結婚が自然で当然なことといった偏見を感じます。
    普通に表現するなら「結婚から遠ざかる」ではないでしょうか。

    何か「こうあるべき」から外れた人を批評しているようです。

    ユーザーID:9651648162

  • 追加コメント

     私のレスに対してもレスが投稿されたので、追加してコメント致します。少子化が引き起こす問題は複数あると考えています。その内のひとつは確かに、歪んだ日本社会保障システムを正すことで解決できるかもしれません。しかし経済力に対してのダメージは大きいと推測しています。需要側と供給側でのマイナス要因としてです。まず需要側としてですが、GDPは一人当たりの所得の総和ですから、人口が減少するということはGDP成長率が鈍化する方向にバイアスがかかります。これに対して内需依存型の企業は出店数を従来より減らすなどの計画を既に打ち出しています。また供給側についてですが、専門的になりますが、マクロ経済学の内生的成長理論では経済成長と人口増加率を密接に結びつけています。マネジメントの泰斗である故ドラッカー氏は晩年に書いた著書(明日を支配するもの)の中で、今後の先進国経済の大きな問題の一つが少子化による人口構造の変化だと指摘しました。特に先進国の中でも日本が最も深刻(出生率が最も低いからではなく)だと指摘しました。今後、より大きな政治問題になるものと推測しています。

    ユーザーID:6918785782

  • 親にとっても変わってきた

    こんにちは、子供の誕生は親にとって最高に幸せです。
    あっというまに楽しい子育て期間は過ぎたように感じます。
    そして、大学入学、就職。そこから先の結婚、できれば孫を見るが、いままでの親?の希望だったのだと思います。
    でも、最近話していると、親も変わってきたように思えます。自分たちの失敗の経験でしょうか。あまり結婚、結婚といわないですね。
    うちの子供にお墓のことを言ったら笑われました。守らないといけないような家でもないしと。子供の幸せを願っている親です。結婚しない人生もあっていいと思います。政治家の方、独身にも既婚者にも優しい社会を目指してください。

    ユーザーID:4131359859

  • Libelluleさんと同じ国だと思いますが

    私も北米在住ですがLibelluleさんと恐らく同じ国かと。
    事実婚として移民申請する日本人女性が多いとおっしゃっているのだと思いますが、正直な所、「彼氏」と一緒にいたいからビザの為にその資格を満たして申請する人の方が多いように感じますね。
    しかし法的に結婚されている日本人は子供も産んでいますよね。
    恐らく日本に住む日本人よりも子供を持っている世帯/子供の数が多いのではないか?
    と。これは他の国で結婚して生活している日本人女性にも言えるなあと感じています。
    「相手によっては積極的に結婚を考える人が大勢いる」というのは私も同感です。
    特に海外を生活拠点とする日本人には多いのではないかと
    私もその1人で私達は日本では事実婚でして、こちらで家庭を築きたいと考え日本人の夫を連れて移民しました。私の周囲にもそういう日本人夫婦が数組います

    >家族制度が崩壊してきているので、わざわざ結婚して相手の親族の面倒を見る羽目になるより、同棲でいいだろうと。

    結婚って相手の親の面倒を見る事ではないですからね。夫の親の面倒を見ることを要求するけど、妻の親の面倒は知らん顔という相手と結婚する必要はないでしょう。

    ユーザーID:0517636120

  • もうすぐ40歳です。

    今まで結婚とか子供を持ちたいって思ったことないです。(子供のころから)
    両親がうまく行ってなかったのもありますが、ドラマなどの幸せな家庭みたいなのは、ドラマだから・・・って思ってました。
    幸い自分ひとりで生きていくのに困らない収入があるので、余計そうかも。
    自分より収入の低い男性と結婚して、ろくに家事もしない子育てもしないって自分が大変な思いまでしてまで、結婚する価値(費用対効果)のある人というかそこまでささげられる人に出会えるとも考えにくい(20代のころもなかったのに)。
    たぶんこのまま未婚でしょうね。

    ユーザーID:7525380669

  • トピ主さんの言うとおり

    トピ主さんのおっしゃる通りかと思います。
    すごく簡潔に現状をまとめられていて、感動しました。

    非婚化の流れは止められないと思います。
    今結婚している人たちの半分ぐらいは、昔の常識に縛られているところがあると思います。
    つまり、女は、結婚して、子供を産むのが幸せ、のような。
    しかし、こんな古い常識さえ、次の世代には消えてしまうかもしれません。
    だったら、どんな時に結婚に踏み切るのか。
    子供が欲しくなった時、あるいは、できちゃった時、なんでしょうかね。
    子供の魅力をどんどん発信したら、非婚化は止められるかも!?しれません。

    ユーザーID:7132559895

  • 結婚はゴールでないから、カナ

    三十路サラリーマンさんに同意です。
    「ずっと一緒に暮らしたいと思う相手が現れたら考えようかな」という人が多いんでしょうね。

    私もそうです。
    男性の平均程度には稼いでるけど、結婚=幸せ とは別に思っていないし、いい人がいたら結婚するし、いい人がいなければ別にこのままでもいいや、と思ってます。
    「結婚したい」のではなく、「結婚したいなと思える相手に逢って人生を共にしたい」のです。

    結婚はゴールや、幸せのための必要十分条件ではないって知っている人が多いんでしょうね。


    余談ですが、小町男性がよく書いているような、デメリットしかもたらさない女性は小町以外のどこにいるのかいつも謎です。
    私の回りの既婚男性は、幸せそうなんですよねぇ。
    独身でも結婚願望の強い男性ばかりだし、女性もキャリアアップに励む女性ばかりだし。
    正直、ひがんだ男性が流している都市伝説じゃないかとさえ思ってしまいます。

    ユーザーID:7824296171

  • 何で上から目線なんだトピ主は

    人の結婚妬むほど人間腐ってませんが、一番腐ってるのは他人様の結婚についてああだこうだ言うここにいる人達だ。
    結婚しようがしなかろうがモテようがモテなかろうがそんなの小さい問題で、一番の問題は結婚=幸せという感じが想像出来ないというか、感じる事が出来ないのが問題で。そうなった原因はいろいろあると思うが、単純に好きな人あるいはこの人ならという純粋な気持ちより、結局見栄とか他人より良く見せたいとかそんなつまんない駆け引きばっかに嫌気が差してる人が多いって事でしょう。純粋さより打算が勝ってしまった結婚や恋愛に興味がなくなる人が増えるのも、ある意味当然と思いますけど。

    ユーザーID:2465171844

  • 贅沢?

    非婚化の要因は沢山有り、ここにも沢山書かれてますが

    私の周りの非婚の男女を見ていると
    男女とわず贅沢と言うか、身の程知らずというか
    高望みで結婚できない人が多いです。
    不謹慎な例えで申し訳ありませんが

    50点の女性は60〜70点の男性との結婚を望み
    50点の男性を相手にしません。

    しかし、その60点の男性は
    70〜80点の女性との結婚を望むため
    その50点の女性を相手にしません。

    彼ら、彼女らから
    「あんなのに妥協してまで結婚したくない」
    というのをよく聞きますが、私から見れば
    お似合いのレベルなんですけどね。

    みんながみんな上しか見てないから
    だれも目線を合わせることが出来ない。
    下を見たっていいし、せめて横を見れば
    十分結婚できるのに上ばかり見てる
    そんな非婚女性が多いと思います。

    ユーザーID:0959744390

  • 非婚化をとめる案は今は無いけど

    徐々に上げ止まりにはなります。どの世代でも一定数結婚する訳ですから。

    私は異性の相手を見つけて、子孫を残す努力について疑問は無いし
    共に生きる伴侶を見つけたいと言う願望は、ごく自然だと思います。

    今の独身の方々は結婚に前向きだと思いますよ。
    不安は多いと思いますが
    上の世代が相当抑えて来た出生率を戻すんですから。
    大いに反面教師にしたら良いと思います。

    独身女性は、男性の条件については常識の範囲で妥協せず
    自分なりの観点で、なるべく早く相手を見つければ
    良いのではないでしょうか。

    トピ主さんのモテるモテないと言う区分けによる詳しい分析は
    正しいと思いますが、大都市圏の今の中年世代においてだと思います。
    私を含めこの世代は、加えて20代での生計の見通しが非婚化に影響しました。
    今後は、引き続き努力するか、生涯独身に備えるしか有りません。

    子供を育て易い社会については
    国の委員会程度の案だけでは、若い世代の不安は解消できないと思うし
    特に現状の、子供に教育を受けさせる問題について
    なるべく早い解決を望みます。

    ユーザーID:8516510171

  • 少子化は全く問題ではない

    >しかし経済力に対してのダメージは大きいと推測しています。

    私はこれを間違いと考えます。

    >人口が減少するということはGDP成長率が鈍化する方向にバイアスが
    >かかります。

    それはその通りですが、国民の豊かさを示す指標は「1人あたりGDP」
    のはずです。
    故意にミスリードしようとしている可能性を疑います。

    少子化が政治問題となることは私も否定しませんが、それともって
    「少子化=悪」とすることは、政治屋と同じ論理で動いていると
    断じぜざるをえません。

    なにせ少子化が問題であることは公理でそれの対策と称せば政治屋の
    手柄となるのですから。

    ユーザーID:9651648162

  • 結婚する理由は?

    法律婚を選ばない理由を聞かれてるんでしょうけど、
    ではなんで法律婚するんでしょうね?

    婚姻制度なんて国が個人を管理したいだけなのにね。

    ただただ「疑問にも思わずあたりまえに結婚する」時代が終わっただけなような気がします。

    ところで非婚化は止めなければならないことでしょうか?
    少子化の問題?

    少子化が問題なら「結婚が当たり前、当然」って思ってるトピ主さんのような人のアタマを軟らかくして、シングルでも子供産みましょう!国が援助します〜って世の中になれば少しは増えるかもよ。

    ユーザーID:0226912798

  • 少子化はともかく非婚化はいいんじゃない?

    「結婚」という制度が前時代的な制度なのかもしれません。
    昔は、家事も大変だったので、裕福な家以外は男性が外で働き、女性が家事一般を引き受けましたが、今は家事もかなり自動化された上、一般家庭でもアウトソーシングできることが増えました。(外食、幼稚園、テンポラリーの家事代行など)

    一昔前は特殊な能力や環境を持たない女性が自活するのは困難で、「一生働きたいなら公務員か看護師等の資格職でないと」等と言われましたが、今は一般事務でも定年まで働ける職場は多いと思います。
    さらに、私のように独身の中年も増え、独身者の肩身が狭い思いも薄れました。

    トピ主さんが指摘されているように、恋愛の自由化も非婚の一因でしょう。
    要するに非婚のデメリットがどんどん減っているので、相対的に結婚のメリットが小さくなっているのです。
    私自身も生涯寄り添って生きて行けるパートナーは欲しいなあとは思いますが、それは結婚という形態でなくても良いと思っています。(子供ができたら考えますが)

    価値観の多様化もあり、原因は複合的なものだと思います。

    ユーザーID:8865633909

  • んー。

    海江田四郎さんのレスになるほどなー、と感心しました。

    情報過多も確かに一因だと思います。
    個人主義も一因。
    めんどくさいことは避けたい。
    身内が困っていたら助けたい気持ちはあるけど、自分の生活に不都合が出るようなら嫌。
    相手が自分を思ってしてくれたことでもおせっかいは不快だしそういう人とは付き合いたくない。

    結婚もいい人がいたらしてみたいけど、条件に合わないようなら大変そうだしいいかなー、みたいな。
    なにかにつけて冷めていて、苦労も努力も経験不足だしそういう響きも重くていや。でも知識はある、みたいな。
    結婚もこの人と結婚したら自分に何してくれるだろう?が大事で、自分は何をしてあげられるだろう、の発想はなし。
    自由恋愛世代っていうのも一因かも。
    結婚前に複数の恋人がいたわけで、昔のように男性は(女性は)結婚相手しか知らないわけではないから、いろいろ比べて
    しまったり、昔は大黒柱ということでそれだけで尊敬の対象で、家計も男が握っていたりして存在感大だったけど、
    今は女性の社会進出のせいか、あまりに対等になってしまって。
    難しい時代ですね。

    ユーザーID:0449689640

  • 男女雇用機会均等法

    ・女性が仕事の面白さを知った
    ・女性の収入が上がった(男性の収入が減った)
    ・女性が結婚しなくても恥ずかしくなくなった

    昔のように、男性の方が圧倒的に収入が高く、女性は養ってもらわないと生きて行けない社会になれば、今日の晩婚化は解消されると思います。
    (条件うんぬんと言っている女性も、さすがに妥協しますから…)

    ユーザーID:0647313812

  • 子どもでいる幸せ

    今の30代くらいは、子どもの時から、子ども部屋を与えられている世代です。
    子どもには子ども部屋があるのに、働いて家計を支えるお父さんには、私室がなく家にいる時はTV前か、寝室しか居場所がない。
    働くお父さんの小遣いは安く、子どもは社会人になれば、月数万を家に入れるだけで、全額小遣い。

    結婚して親業やるより、子どものままでいる方が、ラクだし得です。責任もないしね。

    ユーザーID:1163767932

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧