非婚化の原因は?

レス244
(トピ主0
お気に入り272

恋愛・結婚・離婚

ドリー

非婚化の原因について、世間では若者の収入低下や
コミュニケーション能力の低下などが言われていますが、
私はむしろ自由恋愛の広がりが理由なのではないかと思います。

というのも、「婚前交渉」などという言葉があった昔とは違い、
今は恋愛しても結婚を周囲から強制されることは少ないです。
それならばモテる男女は、結婚という制度に押し込められることなく
恋愛を楽しみ、欲求を満たすことが出来るし、また相手にも選り好みができるようになります。
また一人暮らしの利便の向上や女性の年収の増加もあって結婚が必須ではなく、
結婚したいと思わせるような欲求が昔よりもずっと希薄になってきたのではないでしょうか。

逆にモテない男女にとっては、非恋愛結婚の仕組みがほぼ崩壊したことで、
結婚にいたるための入り口のハードルが高く結婚に至らない状況も見受けられます。

もちろん結婚「しない」と「できない」の境目はとても曖昧で、
例えば若い頃はモテた人でも、恋愛を楽しむばかりで容姿以外を磨かず歳を取り、
気付いた頃には加齢で魅力が衰え「結婚できない」人となってしまったり、
逆に奥手で恋愛には向かなくとも良き家庭人となるであろう人も、
相談所やお見合いでは条件がいい人であっても、それが恥ずかしいものだとの思いから
「結婚しない」という選択を取っている人もいると思います。

もちろん時計の針を戻すことは出来ないし、もはや窮屈だった昔に
戻ることもできなければ戻りたいとも思わないのですが、
このまま非婚化の流れは止めることができないものなのでしょうか?
これについて、皆さんのご意見を伺えたらと思ってます。

ユーザーID:9436464225

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数244

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 理由は複合的なんでしょうが

    書かれていることは、とてもよく分かります。

    例えば、明治や大正の頃の結婚。文豪とか詩人とか、現在に名が残っていても、はっきり言って結婚には不適格と言うか社会的にも不適格に近いような人達でさえ、結婚していたじゃないですか。親のすすめで結婚とかって。いや、本人も相手の女性も、よく結婚したなって思うんですよ。
    苦労するのは目に見えている、実際奥さんは苦労しどうし。
    それでも、結婚することが普通と言うより、当たり前と言うより、何の疑問ももたずにするものだったんですね。
    現在ならばそんな人でも大恋愛でもして、この人一生支えてゆく、とかの覚悟があれば別ですが、お見合いで、苦労するのが分かっていて結婚するような奇特な人はいません。

    今とはまったく価値と言うより結婚に対する思想が違ったのでしょう。

    もともと、結婚という制度が、その当時の思想にそって出来上がったもので、現在の状況とはまったく合わなくなっているというのが、非婚化の原因の一端ではあるのかなと思います。

    ユーザーID:4824099030

  • なぜ止めたいのでしょうか?

    私はモテない男ですが、結婚をしたいという気持ちはなく、
    むしろ非婚化が推進されて結婚しないというのがごく普通の選択に
    なることを望んでいます。

    >このまま非婚化の流れは止めることができないものなのでしょうか?

    トピ主さんはなぜ止めたいのでしょうか?
    結婚したい人が結婚しやすくなる社会に、ということなら結構なのですが、
    結婚しない人の存在はまかりならん、ということなら横暴だと思います。

    ユーザーID:1257097726

  • 良い着眼点だと思います

    トピ主さんは女性なのでしょうか?女性だとしたら珍しい着眼点ですね。
    主張されていることはもっともですし、私も同意見です。
    「若者の収入が低い」ことや「女性が安心して働けない社会だから」「出産育児の環境が悪い」などを
    非婚化の原因にあげている人が多いですが、それは小さな問題だと思います。
    自由に恋愛していれば誰と付き合っても自由ですが、結婚してしまえば「不倫」ですからね。
    「恋愛遍歴のある女性」を「経験を積んだ大人の女性」と肯定的にとらえる男性は少ないです。
    私は過去の恋愛を語る女性を「不潔な人」と思いますし、なぜわざわざそんな話をするか理解できませんね。
    離婚でもすれば一生「養育費生活」が待っているし、男性にとって結婚は高リスクな高い買い物ですよ。
    「夫と結婚したのであって家と結婚したわけではない」と考える女性はここでもよく見られます。
    家族制度が崩壊してきているので、わざわざ結婚して相手の親族の面倒を見る羽目になるより、同棲でいいだろうと。

    まあ、世の男性にkomachiを読んでもらえば、非婚化は更に進みますって。

    ユーザーID:3022498059

  • そう単純でもない

    トピ主さんは、自由恋愛に理由があるとお考えのようですが、それではちょっと説明できない部分もあると思います。

    非婚化と同時に進んでいる、いわゆる「草食化」です。
    これは男性に特に顕著な現象ですが、結婚どころか恋愛、女性と関わること自体を忌避する行為です。
    この原因は、恋愛や結婚などから得られる幸せや喜びが、たいして大きくないということ、もしくは、他のことから得られる幸せや喜びのほうが、相対的に大きいこと、がわかったからだと思います。
    人間にはいろいろな欲求がありますが、女性に向かう欲求が、他のことに向かう欲求に勝てなくなってしまったということでしょうね。

    こうなってくると問題の解決はとても難しいです。
    自由恋愛とか奥手だとかいう問題ではなく、ただ単に自分の幸せを考えて行動しているだけですからね。
    それでも、現実問題、男性ひとりで生きていくことが困難になれば、結婚という選択肢を選ばざるをえないようになるでしょう。
    ですが、例えば、非正規雇用の問題も、実は非正規雇用に従事する人の大半は女性なわけで、大半の男性には関係ありません。
    今のままで解決する方法はないと思います。

    ユーザーID:3432577394

  • 非婚の流れ止めなきゃ行けないもの?

    そもそも非婚化はなぜ問題ですか?

    結婚出来ない人がかわいそうだから?
    少子化になるから?
    だとしたら、非婚=少子化 の構図になりますが、子供は結婚しなくても作れます。

    未婚で子供を産むことが、おかしくない世の中。
    結婚「するべき」「しなくちゃ」に縛られない世の中。

    こっちの方が生きやすいと思います。

    ユーザーID:1772636572

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 非婚化が必ずしも悪いこととは思いません

    非婚化の一因はトピ主さんの説が正解と思います。
    しかし私は非婚化が必ずしも悪いこととは思いません。
    経済を自由にすれば経済格差が生まれるのと同じように、結婚を自由にすれば結婚格差が生まれるのです。
    現代日本は歴史的にそういう時期に来ているだけで、自然な流れと言えると思います。

    江戸時代の江戸では地方から仕事を求めて来る男が多く、一説によると男女差10対1の時代もあったとか。
    つまり江戸に住む大多数の男性は結婚できなかったわけです。
    日本で誰もが結婚するようになったのは、つい近年になってからの傾向ではないでしょうか。

    また少子化問題は、子どもが少ないこと自体が問題なのではなく、これまでの社会制度の維持が困難になることが問題なのではないでしょうか。
    そもそも、この社会制度だってせいぜい数十年の歴史しかありません。
    日本の歴史始まって以来の人口爆発期に成立した制度を、未来永劫維持すること自体が元々無理なのです。
    つまり、現状に合わせて弾力的に社会制度を運用すれば良いだけだと思いますが。

    ユーザーID:5228464840

  • 非婚化の原因?(笑)

    それぞれに理由があって、原因なんて結局判らないのでは?
    ちなみに私も43歳の独身女です。

    両親は恋愛結婚で母が病死するまで仲が良かったです。
    幼稚園時代から私自身、結婚やおままごとやお人形遊びにも興味が無く、卒園アルバムの将来の夢の欄にも「会社員」と書かれてます。いつか、友人たちのように結婚したいとか、子供が欲しいを思うものかな〜と子供の頃は考えていたけれど、成人しても異性に対して知人以上の感情が持てず、かといって同性にも友人以上の感情が持てず、独身のまま現在に至ります。
    弟も彼女と別れた後は独身のままで、65歳の父が婚活の結果昨年再婚しました。
    親戚は遠い県外にいて年下の従姉妹達も次々結婚してるけど、趣味の合う友人達は都会に住み、身近には結婚してラブラブな人も居ないし、結婚に興味が湧かないってのは現在進行形です。結婚の条件がそろっても、興味の無い者が多ければ非婚化につながりますよね。

    ユーザーID:2199592780

  • 結婚を『不快な拘束』と感じるから

    総務省の未婚率データで確認してみた。
    80年まで漸増だったのがそれを境に急増に転じています。
    ちょうど私が結婚した頃だ。
    私の世代の前後で何が変わってしまったのか。

    (巧い言葉が浮かびませんが、)
    先人に対する畏怖感や社会の秩序感(のようなもの)かな。

    祖父の世代は 明治生まれ。現在では死語ですが『士族』と云う言葉も日常で使われていました。
    己は連綿と続いてきた世代交代の流れの中にいる、と云う感覚が僅かにでも残っていたように想う。
    なんとなく、親が私に与えてくれたものを子に託すのが尋常だと思っていた。
    社会に対する意識ももっと淳朴だった。
    例えば成田闘争。農民を権力の圧制から救うのが正義だと信じる若者が集まったのは何故か。
    公より個を尊重する現在の若者は、自己犠牲で人に尽くそうなんて考えないだろう。
    そんな面倒なことより、高級車やゲームや株投機に没頭していたいと云う人が多いのではないか。
    結婚は或る意味『忍耐』。自分を殺さないといけない事もある。
    義務より権利を優先にする人や個人の自由至上主義にとっては
    結婚は『不快な拘束』と感じるのだろう。

    ユーザーID:8754776562

  • そうですね〜

    私(男)は現在結婚する気はありません。

    本気で好きになった女性がいないだけの可能性もありますが
    その理由は結婚をメリット・デメリットで考えた場合に
    デメリットの方が多いと感じるからです。
    (炊事・選択・掃除は苦にならず全て自分でやりますし。)

    昔ほど結婚を重視する世の中でもありませんし
    自由&気軽に生活できるってのもあるのかもしれませんね。

    私は元々なので関係ないかと思いますが
    「小町」を世の中の男性がもっと見るようになれば
    結婚しない男性が増えるんじゃないかぁ〜(苦笑

    これからは待つだけじゃなく女性から積極的に誘ってみてください。

    ユーザーID:4910602730

  • 結婚の必要性

    トピ主の考える原因も一因としては十分にあり得ることだと思います。
    ただ、そもそも今の結婚制度自体が男性には受け入れられなくなっているので、非婚化は止まらないし、止める必要もないとは思いますが。

    今の結婚制度は子供を望まない限り男性にメリットはなく、精神的・経済的負担が増えるのみ、ということは現時問題事実です。「好きな人と一緒にいられる」等の精神論も、草食化傾向で以前ほど意味をなさないことは明らか。
    収入が減ったと言っても、非正規雇用の大半は女性。男性が自分ひとり生活するには何の苦もありません。

    つまり、男性にとって結婚や女性と付き合うことはデメリットが大きく、結婚しない、女性と付き合わない方がはるかにデメリットが小さいんです。また、単純に女性と付き合う以上に楽しく、遣り甲斐のあることもいくらでもあります。
    ここを解決できない限り、非婚化も草食化も止まりません。

    これからの時代、結婚したい人は「婚活」と平行して「結婚できなかった場合の準備」も進める時代なのかもしれません。
    個人的には、男性の非婚化抑止はもう手遅れだと思います。

    ユーザーID:7406104322

  • はっきりさせて!

    女43歳、独身です。結婚願望ありで、まだあきらめてません。

    未婚率が上がり、初婚の年齢も上がり、離婚も増えてバツイチも増え、
    同じ町内や、隣村など身近な縁故筋で、結婚話が進む時代では無くなった今日この頃。

    わかんないんです。どの人が結婚していて、どの人が独身なのか!

    仕事で出会ったステキなあの人が、実は結婚していると確認するまでに要したロストタイム。

    そりゃもうマメにアプローチしてくる男に、じゃあと思ったところに妻あり判明。

    とか、きっと今日も日本のどこかで、結婚を願う男女の貴重な時間が無駄に浪費されているのです。

    お願いです。

    「結婚している男女は、左手の薬指にちょっとやそっとじゃはずれない結婚指輪をしなくてはならない」という法律を制定して下さい。

    不倫を疑う奥様方、ご主人の結婚指輪はガッチリはまっていますか?

    こちらもホトホト大変なのです。ご協力よろしくお願い申し上げます。

    ユーザーID:1760336712

  • 今の結婚という制約の進化先

    私は非婚化、別にいいと思います。
    今の結婚の状態が皆受け入れられないからこそ、
    非婚化しているんだから。

    日本もフランスのように、生まれてくる子供の半分は未婚の子供、
    という流れになり、それでもさして困らない生活になってくれたらイイナと思いますね。

    つまり、親が一人でも、同性同士でも、異性同士でも、
    平等になってしまえばいい訳です。
    そうすれば結婚と言う制約にとどまらず、
    子供は生まれる社会になり、国の維持は出来て行くと。

    私は結婚して子供もいますが、
    今でも何故生まれた時の苗字を使えないんだろうと不満だし、
    籍も外れ、知らない一族に組み込まれ、
    この制度がなんだか不思議な気がしてなりません。

    非婚も未婚も結婚も皆オールオッケーな世の中になって欲しいです。

    ユーザーID:7738035496

  • 欲がない

    相手を想う気持ちや一緒にいたいという欲求が
    廃れていったために結婚を選択しない方々が
    増えているのではないでしょうか。

    一言で言えば、欲が無い。

    ユーザーID:3477176604

  • 原因はいろいろと

    以前に読んだ、社会学者の山田昌弘氏(この分野では有名な方ですね)の著作では、恋愛が自由になった事と、若者の貧困とパラサイトシングルを許容する状況の両方が揃っている事(単に貧困だけならばむしろ結婚は促進される「一人口では食えぬが二人口なら食える」)が挙げられていたように記憶しています。詳しくは、氏の著作を参照して下さい。

    また最近、白河桃子女史が「恋愛するのがめんどくさいと感じている女性」の増加を指摘しています。結婚する意欲はあるようなのですが、恋愛の延長上に結婚があることが多い以上、結局非婚化ということになるでしょう。女史は男性について言及することには関心が薄いようなので女性についてしか言及していませんが、私の見るところ男性もまた然りではないかと思います。

    他人の受け売りだけでは寂しいので付け加えると、情報が大量に出回るようになって、「知ってはいけない異性の本音」に簡単に触れることができるようになったのも大きいのかなと思います。「知らぬが仏見ぬが花」とはよく言ったものです。その点では、この大手小町も「犯人」の一人なのかもしれません。

    ユーザーID:9364958847

  • かなりさんに大賛成!!!

    非婚化の流れを止める・止めないの議論は意味なし。
    結婚したい人が結婚できれば結婚率は上がるわけだし、
    結婚したくない人が無理やり結婚させられることもないわけですよね。
    結婚したくない人は、結婚しろというプレッシャーから解放され
    結婚したい人は、結婚のチャンスを高めるためにも
    自分がどのポジションを取っているかを示す印を付けませんか?
    結婚している人は左手の薬指に指輪をするだけでなく、
    ステディーな人がいる場合、右手の薬指に指輪
    結婚したくない人は人差し指に指輪
    結婚したい人は小指に指輪
    どっちでもよいひとは中指に指輪
    表示したくない人は指輪をしない
    など。
    いかがでしょう???
    宝飾屋団体がキャンペーンやらないかしら。
    彼らのもうけにつながるし。

    私(女)は人差し指です。
    富もリスクも人とシェアしたくないので

    ユーザーID:1384763597

  • 「結婚」に価値がなくなったから

    自分で稼げる女性と家事ができる男性が増えたから。
    一昔前のように、独身であることが恥ずかしいとか社会的信用がないとかという感覚が
    なくなり、無理やりにでも子供を結婚させる親がいなくなったから。
    様々な理由で結婚そのものに価値がなくなり、
    結婚をメリット・デメリットで考える人が増えたから。

    個人的な意見としては、非婚化に特に問題はないと思っています。
    生き方の選択肢が増えたのは逆にいいことなのではとも感じています。

    ユーザーID:5608629936

  • 変なイメージの拡大

    様々なトピックにて以下のような意見が散見されます。

    >私が思う男性の優しさ=自己犠牲の精神です。
    >好きな女性の為に気を遣い、お金を使い、労力を使う。
    >そういう人とお付き合いすると幸せですよ。

    このような意見を見てて、男性にも感情があるのに、
    女性の為に気を遣い、お金を使い、労力を使うって作業を平然と要求する相手は、
    男性も一緒に心底楽しんでいると信じて疑わないのだろうかと考えてしまいます。

    「デート代の御礼は彼女の笑顔〜、手作り料理〜」のような意見もよく見ますが、
    ある程度平等教育を受けた現代の男性だって、にこにこした笑顔や、
    相手への深い愛情や、夫婦二人分位の家事能力は標準装備していますから、
    これらは女性特有の優しさと言うのも違和感があります。

    こういった考えの女性が一定数必ず「実在する」ことが、
    インターネットにより広まってしまったことで、
    自分の一生を賭けてまで自己犠牲を発揮することが、
    バカらしくなってしまった層はいると思ってます。

    もちろん変なイメージの拡大に関して述べているので、
    大部分の女性が違うことは大前提にあります。

    ユーザーID:1101984158

  • もはや、したい人がするというレベルの制度になっている

    ひとことでいうと、人類の模索だと思います。

    先進諸国でも結婚に疑問をもつ人は大勢出てきているので、自由恋愛は関係ないと思います。非婚化で困るのはお役所だけで、個人としては生存のためのやむをえない行為にすぎません。

    かつて、子孫を大勢残すのが生物として強者の道でした。が、年功序列の経済発展時代は終わりました。大勢の子供に教育費をかけられる人はごくわずかです。子育てに失敗したら、無職やニートを抱えて一家共倒れの危険もあります。競争社会では不信が根づき、振り込め詐欺だ、慰謝料だ、長生きすれば医療費も年金も重みます。不安だらけなのです。そこで、ひたすら保守に回り、自分単体の生活を維持する、という新しいサバイバルを実践する人が出てきたのです。

    その証拠に、裕福な独身者は大勢います。彼らは恋人は複数欲しがるけど、全員に子供を産ませる甲斐性はありません。

    極めつけはインターネットの発達です。結婚ネガティブキャンペーンや、性情報がたっぷりあふれている、恐ろしい箱です。

    ところで、草食男子というのは笑い事ではありません。中性的な男性が生き残りに有利だから増えたのです。

    ユーザーID:1341903384

  • 自由に選べるからこそ、選べなくなった

    お見合いなどで親が結婚相手を引き合わせていた古き時代は、選択の余地はありません。結婚相手の候補はこの世で一人であり、嫌なところがあろうが、受け入れるしかありませんでした。

    ところが、現代は自由に結婚相手を選べます。そうすると、相手に何か嫌なところがあれば、他にもっといい人がいるのではないか、理想の相手がいるのではないかという潜在意識が働きます。これを繰り返していると、ずっと結婚できません。気が付いたときには・・ということです。自由に選べるからこそ、選べなくなったのです。あくまでも非婚化の理由の一つに過ぎませんが。

    ユーザーID:9816509477

  • 男が結婚したがらないから。そしてその理由は・・

    文明、社会制度は、女性の社会進出を促すために、ひたすら女性の家庭での役割を軽くしてきました。

    電化製品、介護制度、老人ホーム、クリーニング、惣菜、冷凍食品等々。

    そうすると、男性にとって、「主婦」はいらなくなってくる。
    むしろ一緒に家計を支えてくれる人がいい。
    しかし、依然として(あるいは以前にもまして)「主婦」を希望する女性が多い。そこにミスマッチがあるわけです。

    電化製品や冷凍食品を駆使してで料理を仕上げ、時間はあるけど、夫の親の介護はしない、男も家事を手伝え、しっかり稼いで来いって、「主婦」と結婚しても「経済的」メリットは薄い。

    そうすると、男にとって、よほど「精神的」メリット、すなわち、純粋にこの人を幸せにしたい、と思えない限りなかなか結婚に踏み切れない。

    昔は、大なり小なり、「経済的」メリットが男女互いにあるから、結婚してた。
    「経済的」メリットが男にとってなくなったから、なかなか男が結婚したがらなくなった。

    こんなところかな。

    ユーザーID:4839071744

  • どうなんでしょうね?

    本当に若者の収入低下が原因であれば、特に親元にいない人たちであれば一人では生きていけないため、少なくとも共同生活の相手を探すとは思うのですが。
    むしろ、豊かな生活が原因かと。
    職を選ばず、浪費をしなければ、普通にメタボになれる程度には栄養は取れますからね。

    あと、恋愛できないというよりは、心の奥底ではしたくなかったりするんだと思います。
    面倒だから勉強したくないという人がいるように、面倒だからもてる努力をしたくない人だっているでしょうしね。

    ただ、個人にとって最適な選択と思われる非婚化とその副産物である少子化が、世代の集団としての発言力を低下させ、ひいては自分の世代もしくは全体にとって不利な政策が行われるという合成の誤謬を招いていることは、ある意味滑稽な気がしないでもないですけどね。

    ユーザーID:2770586617

  • 非婚化万歳

    私は非婚化の流れが特に悪いものだとは思っていません。価値観が多様化し、人が個人単位で有意義に生きていける時代の流れだと思います。恋愛や出産は多いに価値があると思いますが、法律的に他人同士を生涯に渡って縛り付けることには無理があると思います。

    少子化にしてもそもそも増えすぎた人口を訂正する為のものかもしれません。結婚や家族のあり方は太古から現在まで様々な変化を遂げてきましたので、これからもよいものを求めて人の価値観は変化していくでしょう。

    ユーザーID:0361833098

  • もはや多くの選択肢の中の1つでしかない。

    きっと、結婚が「他とは比べ物にならないほど、絶対的に価値のあること」ではなくなってしまったのではないでしょうか。

    結婚はしょーもないもの、と言いたいのではありません。

    そうではなく、結婚と同等に並ぶほど価値のあることが増えたのだと思います。
    具体的には、仕事であったり、今の暮らしであったり…。
    「何よりも結婚!」ではなくなったんだと思います。

    だとすると、非婚化の流れはすぐには止められないと思います(止めるべきかどうかはさておき)。
    結婚に新たな価値が見出せないと、結婚は「選んでも選ばなくてもいい、1つの選択肢」のままだと思います。

    ユーザーID:4641852791

  • 結婚したい相手像が変わったとか?

    日本に住んでいないので非婚化の深刻さは知る由もないのですが、
    かってはクリスマスケーキとして「在庫一掃超特売セール」に
    出されそうになって、逃げ出した世代です。

    私のいるところは北米でもそれほどの大都市ではありませんが、
    国際結婚して移住してきたり、同棲期間が配偶者としての永住権
    申請資格ができる期間に達するのを待っている若い日本人が
    かなりの数います。

    ということは、日本人が結婚しなくなったのではなくて、相手に
    よっては積極的に結婚を考える人が大勢いると言うことのように
    思えます。現に、憧れの日本女性と結婚したいという男性も世界に
    わんさといるようですし、いっそのこと入国管理法の大幅改正で、
    そういう男性を「お婿さん」として日本に輸入したら、ちょっとは
    非婚率低減に貢献することになるのではないかと、まあ、半分は
    冗談ですが、半分は本気で考えたりしています。

    ユーザーID:4335548721

  • 無理して結婚しなかったからこその数字

    昔は相手の魅力の有無に関係なく結婚していた。
    今は魅力のない相手との結婚はまれになっている。その差分が非婚化。

    昔は早婚だったから相手の粗が出る前に結婚してた。
    男なら出世レースの結果が見える前、女なら容姿が衰える前。
    晩婚になると粗が顕在化するからまた結婚しない理由が増える。

    ユーザーID:2118174078

  • んー

    私のまわりにはなんでこの人結婚していないんだろうと思う素敵な人がいます。中には真面目で気立てのよい方いますよ〜。しかもきれいで頭もいい。

    昔まだお見合いや親の決めたいいなずけって頃には、ご近所のお世話おばさんなりが家としての格であったり、収入など生活のレベルであったりがある程度釣り合うもの同士の縁談を持ってきたと思います。
    ところがこれが崩れて、どの女性も生活力というか経済力のある男性を望む中で、女性でも一人でやっていけるだけの収入もある方、男性で収入のあまりない方が残っても
    これでは釣り合いがとれる筈もなく・・・・
    こう書くと反感かいそうですが考え方や暮らし方も生活レベルの違いからくるものもあると思うんですよね。

    いっその事女性が養ってもありを認めるような社会であったら、それでもこの人の人柄が好きだからっていう結婚も増えるかもしれない。

    必要だったんではないですかね〜。お見合いおばさん(おじさんもいた)。

    ユーザーID:1735536223

  • 生活に余裕があれば結婚は必須ではないのでは?

    他の方々もコメントしてらっしゃいますが、経済力がないというのは非婚化の主因じゃないでしょうね。
    私は地方出身ですが、地元に残った知り合いは結婚している率がかなり高いです。そして低学歴・低収入の方が早く結婚しています。
    一人では食えなくても二人なら食えるか、人生のオプション(キャリアに徹するとか道楽するとか)が少ないからじゃないかと思ってます。

    就職で大消費地に出てからの友人・知人は男女ともにほとんどが正社員で、いわゆるサラリーマン世帯の平均年収を上回る収入を得ています。
    でも、みんな「現時点では」結婚する気はさらさらないです。30を過ぎても婚活している人はいません。
    生活に余裕があり、生活スタイルの選択肢も多いため結婚が必須のものではなくなって「ずっと一緒に暮らしたいと思う相手が現れたら考えようかな」と考えてる人が多いんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:3198847153

  • 幸せな人達はひっそり生息しています

    インターネットの発達に伴い、
    色々な異性の本音、結婚の現実を知るようになった。
    その結果、リスクばかりの結婚などする気も起きないのだ
    ・・というご意見がありますね。

    勿論、そういう側面もあるのかもしれませんが
    実は男女ともに結婚して幸せという人達も沢山いるのですよ。
    ただ、そういった幸せな人達は特にアピールなどはせずひっそり生息しています。(自慢してると捉えられたらいけませんから・・)

    ネットの情報はともすると物事のマイナス点を強調しがちである・・
    ということは、頭の片隅に入れておいたほうが良いかもしれません。

    あまり頭でっかちにならず
    出会えた奇跡に感謝しながら、互いに誠意をもって暮らしていけたら
    結婚生活も素敵ですよ。

    ちょっと横でしたが、
    小学校時代の同級生と結婚して銀婚式を迎えた夫婦の意見でした。

    ユーザーID:8987195840

  • 義務から自由意志へ

     もともと、結婚は自由が制限されるなどの理由で、よほど好きな(または、自分にとって相当のメリットがある)相手との(恋愛)結婚でもなければ、したくないものではないかと思います。

     かつて家制度があり、またはその残影があったころは、本人の意思と関係ないところで結婚相手候補が決められ、家の維持のための義務として結婚させられていたのではと思います。

     現在では、そのような考えも薄まり、結婚が個人の自由となってきたように思います。
     「この結婚が自分にとって不都合でも、しなければならない」……から、「この結婚が自分にとって不都合なら、しなくてもよい」……となれば、不都合な結婚をしない人が増えるのは当然だと思います。

     それが非婚化だと思いました。

    ユーザーID:7158083832

  • 互いのワガママも原因ではないでしょうか?

    よくテレビで女性が年収600万とか1000万という条件をだしてます。

    そういうのを聞くと一気に結婚する気がなくなりますね。

    もちろん相手がいない状態なので、数字上の条件だけが一人歩きしてしまうんでしょうけど。

    逆に男性は女性の条件を聞いて、若くてきれいで家庭的な人がいいと、
    同じように無茶な条件を言い出すのではないでしょうか?

    ユーザーID:2569176286

  • 法律婚には枷が強過ぎ

    法律婚と事実婚の差が縮んでるヨーロッパと違い、
    日本の法律婚の枷が強過ぎなのが、原因にもなってると思います。

    まず、同姓の強制。これは、本来、夫婦のどちらの姓でも良いはずですが、ほとんどの女性が改姓してますね。
    一人っ子などが増える現在、結婚後も改姓をしたくない、と男女ともにあるようです。

    子供の差 法律婚で産まれた嫡出子と、事実婚などで産まれた非嫡出子との差が歴然と残っている。
    一番大きいのが、親の死後の相続権ですね。嫡出子の相続の半分しか、非嫡出子の権利がないんです。
    この差を無くせば、非嫡出子の出生が増える。

    フランスのように、少子化対策を取り入れれば、いいかと。
    日本だって、もともとはもっと、大らかな国だったんですから、
    結婚しなくても、産んで育てられば、良いわけで・・・。

    つまり、無理して結婚する事はないんです。

    ユーザーID:5589989635

  • 単純な真理

    「一人口では食えぬが二人口なら食える」などという戯言ではなく、

    「一人口では食えるが二人口なら食えぬ」

    という、至極当たり前のことに男が気付いたからではないでしょうか。
    高々男の安月給で、専業主婦がランチだエステだと蕩尽すれば、結果どうなるかは目に見えてますし。
    (で、蕩尽しつくして「離活」などされては目も当てられない)

    ユーザーID:2491577028

  • 非婚でもいいのではないかと思います

    昔はイヤでも結婚しないと女性は生きてゆけなかったけれど、最近は何とか一人で暮らしていけますしね。

    わざわざ、頼りない男、面倒臭い男、DV男、ルーズな男とは結婚をしたくはないのではないでしょうか?ホンネを言えば遺伝子も残したくない。

    離婚の手続きが大変という点もあると思います。

    かくいう男性も、女性に命令され、お金を搾り取られ、一生自由を剥奪され、えらそーな口を叩かれ、家庭でもガマンをして、そうまでして結婚はしたくない、と思っているのかもしれません。

    昔の責任感<愛情、の時代なので、愛情があれば結婚しなくってもよいし、愛情がなくなれば、別れる関係が肌に合うのかもしれません。
    (子供が出来れば別だけれど)

    私は既婚者ですが...。田舎なので、独身でいると色々と支障が出るし、幸い良い夫に恵まれています。

    私は結婚制度は必要だと思う方ですが、中には全然魅力的でない夫婦もかなりいるので、ああいうドロドロとした形よりも、愛情重視した形の方が良いのかもしれない、と思う事もあります。

    結婚=永遠を見直す制度が必要なのではないかと思います。

    ユーザーID:8812656318

  • 僕らの半生 1

    バブル華やかなりし頃、「アッシー」「メッシー」「ミツグ君」の男を抱えてさらに「本命」がいる
    という、女性は複数の男性と付き合うのが普通な恋愛資本主義が幅を利かせる時代に僕らは学生時代を過ごした。

    女性はまさに女王様だった。

    TVや雑誌各種メディアから流される刺激的な情報。
    横プリのクリスマスの予約は一年前から、プレゼントはティファニー、10万20万当たり前。
    ディスコで女性が霰もない姿で踊り、女王様に傅くように仕える男性。
    成田離婚も話題になった。超派手な結婚式を挙げて新婚旅行から帰ってくると
    女性からの三行半。

    10代の少年の頃、こういう情報の渦に晒されながら僕らは育った。
    同時に、「結婚するまでは貞節を守る」という躾も受けたけど。
    メディアの中の女性からは「貞節」なんて感じなかった。

    僕らが社会に出る頃、バブルは弾けていた。
    そして女王様も姿を消していた。

    社会人になって生活は裕福ってわけじゃなかった。
    バブルの大量入社組が上に控えていて出世もままならない。
    【ガラスの天井】が僕らを抑える。

    つづく

    ユーザーID:2881754314

  • まとめ

    さて・・・就職氷河期の男性視点の場合はこんな感じでしょうか?
    おそらく女性には「首を傾げる」状況なのでしょうが、男性が見る
    情報媒体はニュースが中心になります。もちろん雑誌等も
    そうなんですが子供の頃から「幸せな結婚」を連想させるものは何一つ無いんです。

    男性は結婚情報誌も、少女漫画も、恋愛ドラマも基本的には見ません。
    男性が接する結婚に関する情報は「悲観的なものばかり」だったりします。
    そういう環境の中、女性は子供の頃から「一部特定の男性」に集中します。

    まぁ男性も基本同じなんですが、そんなわけで男性の過半数は女性と付き合う経験の無いまま
    社会人になります。つまりメディアで刷り込まれた女性像が「矯正」されないまま
    最低の結婚イメージと女性像を抱いたまま結婚の年ごろをすり抜けていきます。草食男子として。

    非婚の原因は若年層の経済力低下等複合的なものなんでしょうが
    その中で精神的な原因は上記であると思っています。まぁ完全な的外れではないと。

    このバブル後世代が通過した後非婚問題は若干改善されるんではないでしょうか?

    ユーザーID:2881754314

  • 残念ですけど

    >昔はイヤでも結婚しないと女性は生きてゆけなかったけれど、最近は何とか一人で暮らしていけますしね。
    >わざわざ、頼りない男、面倒臭い男、DV男、ルーズな男とは結婚をしたくはないのではないでしょうか?

    女性の非正規雇用率、親との同居率を見る限り、一人で暮らしていけない人が大勢いるようです。結婚願望も女性は依然高く、男性に結婚してもらわなくては生活の苦しい人が大半である証拠です。
    というか、「非婚化」は男性に顕著な現象であって、女性にはほとんど見られないんですけど。女性は結婚したいんですよ。

    私も非婚を止める必要はないと思います。止めることも出来ないと思いますが。
    25〜34歳の男性でも15%弱は非正規雇用。恐らく女性は彼らを結婚対象外とするでしょう。そこに結婚する気のない男性が恐らく20%前後(20歳の4人に1人は非婚らしいので)。物理的にも3割強が非婚となり、さらに縁に恵まれない等考えると、男女とも実に4割近くの人が一生独身となってもおかしくはなさそうです。
    ここまできたら、もう止められないでしょう。個人の生き方を尊重する時代だと思います。

    ユーザーID:2729920635

  • 情報化社会の産物

    男女共に一人暮らしの経済基盤を持つ人が圧倒的に増えている・結婚に対する社会的プレッシャーが低くなった のが大きいと私は思っています。あと、日本の教育システムに、異性との交際を教える文化(例:アメリカのプロム・ヨーロッパでのダンス教育など)がないこともあると思います。恋愛そのものが、日本では根付いていない文化なんでしょうね。
    そのほかに、ひかりさんがおっしゃるように、情報化社会の影響も大きいのではと思いました。

    例えば、えとさんやまさおさんの意見は、まさに情報化時代の産物だな〜と。

    >よくテレビで女性が年収600万とか1000万という条件をだしてます。そういうのを聞くと一気に結婚する気がなくなりますね。

    >つまりメディアで刷り込まれた女性像が「矯正」されないまま最低の結婚イメージと女性像を抱いたまま結婚の年ごろをすり抜けていきます。

    こういうふうにメディアの流すイメージを鵜呑みにして、異性を捉える人が増えてるのが、非婚化を加速してるんだな思いました。
    ほんと、あまり構えず、思い込みにとらわれず、気軽に異性を捉えた方がいいと思いますよ☆

    ユーザーID:1452514733

  • 非婚化も悪いことではない

    独身主義ではないのですが…。
    非婚化も悪いことではないですよ。
    良いパートナーに恵まれ幸せな人生を歩むのは素晴らしいことですが、
    ちょっと昔までは女性が一人では大変生きづらく、結婚が生活手段でもあったと思います。
    で、ドリーさん、考えてみてください。
    1日中、気の合わない考え方の分からない人ととの生活するってこと。
    これは、男でも逃げたくなりますよ。
    (これはよくある男女のもつれの殺人事件の動機でもありますよね。
    女性から結婚を迫られ、男が女性を殺したって、よくあるやつ。
    相手をこの世から抹消するほど、イヤなものなんですよ。)
    女性の社会進出も進み、一人で生きるのもそう難しくない時代になりましたし、結婚生活に魅力を感じず、独身を選ぶ女性もいます。
    自分も独身生活にあまり不便はありません。
    (不便は、既婚者の子供の話題についていけないくらい。)
    気の合う人との生活は望みますけど、いくらルックスが良くても気の合わない人の生活は無理ですね。
    考え方は人それぞれですが、
    「結婚で幸せになれないなら、一人でいる方が気楽でいい。」
    これが大方の人の本音でしょ。

    ユーザーID:6624238208

  • 人生いろいろ

    そんなの人それぞれでしょう?

    統計をとって、この世代はどうだとか、こっちの世代はどうだとかその世代を一括りにして結論づけないと気がすまないのがわが国の特徴ですからね。

    人生いろいろ、男もいろいろ、女だっていろいろ…ですよ。

    ユーザーID:4238616095

  • 相手に依存する必要がなければ問題ない

    人間なので精神的・肉体的つながりが欲しいと思うのも普通ですが、男性・女性にかかわらず、精神的・経済的に他人に依存する必要がなければ、相手のことを非難する必要はないと思います。

    ここは自由の国なので無理して結婚する必要がないからです。
    ただそれだけのことです。

    自分が1億円の価値があると思うなら、1億円払ってくれる人が出てくるまで待てば言い訳です。誰も自分を買ってくれないからといって、周りの買わない人間を非難したところで始まらないでしょう。

    ユーザーID:5028568400

  • 知りすぎた世代(1)

    遅ればせながら、参加させていただきます。

    私は、非婚化の原因といいますか、キッカケの1つは
    「情報化」だと考えています。とはいっても、
    マスコミによる商行為としての情報提供ではなく、
    ネットを中心とした情報垂れ流しです。

    知人の1人に、25歳の男性がいます(私は40歳です)。
    基本的に趣味が合うためいつも長話になるのですが、
    毎度ビックリするのが彼の知識量の多さ。

    ヲタク趣味からファッション、政治経済まで何でもござれ。
    私の子供時代に流行ったものまで、私より詳しいのです。
    しかも、本人曰く「見たことはないんですけどね」。

    この違和感、伝わりますか?

    『ガンダム』の登場人物からストーリー、哲学・思想、
    制作スタッフの名前からファンの特徴まで「知っている」。
    でも、「『ガンダム』を見たことはない」のです。

    女性に関しても同様。話を聴いている限り、
    どうやら「彼女いない歴=年齢」っぽいのですが、
    女性の思考や言動の傾向といったものについて
    もの凄く詳しいのです。しかも、とってもシニカル。
    付き合う前から「お腹いっぱい」という感じです。

    (すみません、続きます)

    ユーザーID:5013603585

  • 個人行動と集団行動のジレンマ

     非婚化の要因は沢山あると思いますが、トピ主さんが仰っている内容が最も大きいと思います。また、非婚化を嘆くお気持ちも分かります。なぜならば、個人レベルでは多様な生き方を自由に選択できる事は素晴らしいですが、集団レベルでは様々な社会問題を引き起こすことが予想されるからです。
    非婚化は少子化に結びつき、逆三角形の人口構造に拍車をかけ年金破綻や国際競争力低下を招く恐れがありますし、経済格差拡大に拍車をかけるものと予想されます。

    個人の都合が集団の弊害になる一つのケースだと思います(他に同種の身近な問題では、個人消費の冷え込みがマクロ経済停滞の主要因になっています)。
    しかし、現在は非婚化を達観していても、将来もし深刻な社会問題に繋がるようでしたら、結婚した方が得(非婚は損)というように社会制度が変わるものと推測しています。

    例えば将来、高税率になり子供の多い夫婦に際だった優遇措置(教育費の負担軽減や税金控除等)が適用される結果、税金を通じた未婚者から既婚者への所得移転が顕著になるものと考えています。私も独身派ですが、非婚が居心地よいという現状が将来も保障されるとは限らないと考えています。

    ユーザーID:6918785782

  • 知りすぎた世代(2)

    (なぜか後半だけ漏れたので再送します)

    ネット発達前は「情報■マスコミ」みたいなところがあり、
    良くも悪くも内容がコントロール(制限)されていました。
    だからこそ異性に対する興味が尽きる事もなく、
    『ヤングア○ルト情報源』なんて本も売れていました。

    でも今は、そんな本より詳細でリアルな情報が山ほどあります。
    結婚生活に関する話も、そこいら中に溢れています。
    嘘も多いでしょうが、本物もまた多いです。
    このため、彼らは「知りすぎている」のではないでしょうか。

    要は「頭でっかち」なわけですが、
    もし、こういう人物が(特に男性に)多いのだとしたら、
    異性(女性)に対する夢も希望も育ちようがなく、
    「結婚についてはもう分かった。自分はいいや」
    となっても、私は驚きません(もう充分に驚いたので)。

    生まれた時からこのような環境にあった10代・20代や、
    知的な成長期に情報化に接した30代などが、
    社会制度の不備(不利)と多すぎる知識のために
    非婚に向かうのではないかと思うのですが、いかがでしょう?

    長々と失礼しました。

    ユーザーID:5013603585

  • 俗説のウソ

    >非婚化は少子化に結びつき、逆三角形の人口構造に拍車をかけ年金破綻や
    >国際競争力低下を招く恐れがありますし、経済格差拡大に拍車をかけるもの
    >と予想されます。

    少子化が問題なのは「自転車操業」でなおかつ「団塊世代を中心とした
    上の世代ほど得をする」日本社会保障システムにあります。

    各自の現役世代を蓄えさせて社会保障に充てれば、少子化はマイナスどころか
    少子化が進めば進むほど売り手市場になって現役世代はリッチになるでしょう。

    >結婚した方が得(非婚は損)というように社会制度が変わるものと推測しています。

    現在でも税制や年金3号被保険者などの制度があり「結婚は非常に得」
    です。
    しかし、男性にとって結婚はその得以上の負担があり、女性はその結婚の
    得以上の利益を期待して不満に考えます。
    これは結婚をいくら得にしても、男性はそれ以上の損をするようにされ、
    女性はそれ以上の得を期待するようになるので、永遠に「結婚したほうが
    得だから結婚する」というモチベーションは主流にならないと思います。

    ユーザーID:9651648162

  • 違和感が

    >要は「頭でっかち」なわけですが、

    海江田四郎さんの知人の方の考える女性像は、歪んでいたり
    偏見だと考えるのですか?
    そうでないのなら、女性に対する無知が解消された状態がなぜ
    「頭でっかち」なのでしょうか?
    戦争をしたことがないのに軍事マニアの人や、殺人をしたことがないのに
    推理小説ファンは「頭でっかち」なのでしょうか?

    >非婚に向かうのではないかと思うのですが、いかがでしょう?

    結婚は能動的にしないとできないことなのに、「非婚に向かう」と
    いうのはいかにも結婚が自然で当然なことといった偏見を感じます。
    普通に表現するなら「結婚から遠ざかる」ではないでしょうか。

    何か「こうあるべき」から外れた人を批評しているようです。

    ユーザーID:9651648162

  • 追加コメント

     私のレスに対してもレスが投稿されたので、追加してコメント致します。少子化が引き起こす問題は複数あると考えています。その内のひとつは確かに、歪んだ日本社会保障システムを正すことで解決できるかもしれません。しかし経済力に対してのダメージは大きいと推測しています。需要側と供給側でのマイナス要因としてです。まず需要側としてですが、GDPは一人当たりの所得の総和ですから、人口が減少するということはGDP成長率が鈍化する方向にバイアスがかかります。これに対して内需依存型の企業は出店数を従来より減らすなどの計画を既に打ち出しています。また供給側についてですが、専門的になりますが、マクロ経済学の内生的成長理論では経済成長と人口増加率を密接に結びつけています。マネジメントの泰斗である故ドラッカー氏は晩年に書いた著書(明日を支配するもの)の中で、今後の先進国経済の大きな問題の一つが少子化による人口構造の変化だと指摘しました。特に先進国の中でも日本が最も深刻(出生率が最も低いからではなく)だと指摘しました。今後、より大きな政治問題になるものと推測しています。

    ユーザーID:6918785782

  • 親にとっても変わってきた

    こんにちは、子供の誕生は親にとって最高に幸せです。
    あっというまに楽しい子育て期間は過ぎたように感じます。
    そして、大学入学、就職。そこから先の結婚、できれば孫を見るが、いままでの親?の希望だったのだと思います。
    でも、最近話していると、親も変わってきたように思えます。自分たちの失敗の経験でしょうか。あまり結婚、結婚といわないですね。
    うちの子供にお墓のことを言ったら笑われました。守らないといけないような家でもないしと。子供の幸せを願っている親です。結婚しない人生もあっていいと思います。政治家の方、独身にも既婚者にも優しい社会を目指してください。

    ユーザーID:4131359859

  • Libelluleさんと同じ国だと思いますが

    私も北米在住ですがLibelluleさんと恐らく同じ国かと。
    事実婚として移民申請する日本人女性が多いとおっしゃっているのだと思いますが、正直な所、「彼氏」と一緒にいたいからビザの為にその資格を満たして申請する人の方が多いように感じますね。
    しかし法的に結婚されている日本人は子供も産んでいますよね。
    恐らく日本に住む日本人よりも子供を持っている世帯/子供の数が多いのではないか?
    と。これは他の国で結婚して生活している日本人女性にも言えるなあと感じています。
    「相手によっては積極的に結婚を考える人が大勢いる」というのは私も同感です。
    特に海外を生活拠点とする日本人には多いのではないかと
    私もその1人で私達は日本では事実婚でして、こちらで家庭を築きたいと考え日本人の夫を連れて移民しました。私の周囲にもそういう日本人夫婦が数組います

    >家族制度が崩壊してきているので、わざわざ結婚して相手の親族の面倒を見る羽目になるより、同棲でいいだろうと。

    結婚って相手の親の面倒を見る事ではないですからね。夫の親の面倒を見ることを要求するけど、妻の親の面倒は知らん顔という相手と結婚する必要はないでしょう。

    ユーザーID:0517636120

  • もうすぐ40歳です。

    今まで結婚とか子供を持ちたいって思ったことないです。(子供のころから)
    両親がうまく行ってなかったのもありますが、ドラマなどの幸せな家庭みたいなのは、ドラマだから・・・って思ってました。
    幸い自分ひとりで生きていくのに困らない収入があるので、余計そうかも。
    自分より収入の低い男性と結婚して、ろくに家事もしない子育てもしないって自分が大変な思いまでしてまで、結婚する価値(費用対効果)のある人というかそこまでささげられる人に出会えるとも考えにくい(20代のころもなかったのに)。
    たぶんこのまま未婚でしょうね。

    ユーザーID:7525380669

  • トピ主さんの言うとおり

    トピ主さんのおっしゃる通りかと思います。
    すごく簡潔に現状をまとめられていて、感動しました。

    非婚化の流れは止められないと思います。
    今結婚している人たちの半分ぐらいは、昔の常識に縛られているところがあると思います。
    つまり、女は、結婚して、子供を産むのが幸せ、のような。
    しかし、こんな古い常識さえ、次の世代には消えてしまうかもしれません。
    だったら、どんな時に結婚に踏み切るのか。
    子供が欲しくなった時、あるいは、できちゃった時、なんでしょうかね。
    子供の魅力をどんどん発信したら、非婚化は止められるかも!?しれません。

    ユーザーID:7132559895

  • 結婚はゴールでないから、カナ

    三十路サラリーマンさんに同意です。
    「ずっと一緒に暮らしたいと思う相手が現れたら考えようかな」という人が多いんでしょうね。

    私もそうです。
    男性の平均程度には稼いでるけど、結婚=幸せ とは別に思っていないし、いい人がいたら結婚するし、いい人がいなければ別にこのままでもいいや、と思ってます。
    「結婚したい」のではなく、「結婚したいなと思える相手に逢って人生を共にしたい」のです。

    結婚はゴールや、幸せのための必要十分条件ではないって知っている人が多いんでしょうね。


    余談ですが、小町男性がよく書いているような、デメリットしかもたらさない女性は小町以外のどこにいるのかいつも謎です。
    私の回りの既婚男性は、幸せそうなんですよねぇ。
    独身でも結婚願望の強い男性ばかりだし、女性もキャリアアップに励む女性ばかりだし。
    正直、ひがんだ男性が流している都市伝説じゃないかとさえ思ってしまいます。

    ユーザーID:7824296171

  • 何で上から目線なんだトピ主は

    人の結婚妬むほど人間腐ってませんが、一番腐ってるのは他人様の結婚についてああだこうだ言うここにいる人達だ。
    結婚しようがしなかろうがモテようがモテなかろうがそんなの小さい問題で、一番の問題は結婚=幸せという感じが想像出来ないというか、感じる事が出来ないのが問題で。そうなった原因はいろいろあると思うが、単純に好きな人あるいはこの人ならという純粋な気持ちより、結局見栄とか他人より良く見せたいとかそんなつまんない駆け引きばっかに嫌気が差してる人が多いって事でしょう。純粋さより打算が勝ってしまった結婚や恋愛に興味がなくなる人が増えるのも、ある意味当然と思いますけど。

    ユーザーID:2465171844

  • 贅沢?

    非婚化の要因は沢山有り、ここにも沢山書かれてますが

    私の周りの非婚の男女を見ていると
    男女とわず贅沢と言うか、身の程知らずというか
    高望みで結婚できない人が多いです。
    不謹慎な例えで申し訳ありませんが

    50点の女性は60〜70点の男性との結婚を望み
    50点の男性を相手にしません。

    しかし、その60点の男性は
    70〜80点の女性との結婚を望むため
    その50点の女性を相手にしません。

    彼ら、彼女らから
    「あんなのに妥協してまで結婚したくない」
    というのをよく聞きますが、私から見れば
    お似合いのレベルなんですけどね。

    みんながみんな上しか見てないから
    だれも目線を合わせることが出来ない。
    下を見たっていいし、せめて横を見れば
    十分結婚できるのに上ばかり見てる
    そんな非婚女性が多いと思います。

    ユーザーID:0959744390

  • 非婚化をとめる案は今は無いけど

    徐々に上げ止まりにはなります。どの世代でも一定数結婚する訳ですから。

    私は異性の相手を見つけて、子孫を残す努力について疑問は無いし
    共に生きる伴侶を見つけたいと言う願望は、ごく自然だと思います。

    今の独身の方々は結婚に前向きだと思いますよ。
    不安は多いと思いますが
    上の世代が相当抑えて来た出生率を戻すんですから。
    大いに反面教師にしたら良いと思います。

    独身女性は、男性の条件については常識の範囲で妥協せず
    自分なりの観点で、なるべく早く相手を見つければ
    良いのではないでしょうか。

    トピ主さんのモテるモテないと言う区分けによる詳しい分析は
    正しいと思いますが、大都市圏の今の中年世代においてだと思います。
    私を含めこの世代は、加えて20代での生計の見通しが非婚化に影響しました。
    今後は、引き続き努力するか、生涯独身に備えるしか有りません。

    子供を育て易い社会については
    国の委員会程度の案だけでは、若い世代の不安は解消できないと思うし
    特に現状の、子供に教育を受けさせる問題について
    なるべく早い解決を望みます。

    ユーザーID:8516510171

  • 少子化は全く問題ではない

    >しかし経済力に対してのダメージは大きいと推測しています。

    私はこれを間違いと考えます。

    >人口が減少するということはGDP成長率が鈍化する方向にバイアスが
    >かかります。

    それはその通りですが、国民の豊かさを示す指標は「1人あたりGDP」
    のはずです。
    故意にミスリードしようとしている可能性を疑います。

    少子化が政治問題となることは私も否定しませんが、それともって
    「少子化=悪」とすることは、政治屋と同じ論理で動いていると
    断じぜざるをえません。

    なにせ少子化が問題であることは公理でそれの対策と称せば政治屋の
    手柄となるのですから。

    ユーザーID:9651648162

  • 結婚する理由は?

    法律婚を選ばない理由を聞かれてるんでしょうけど、
    ではなんで法律婚するんでしょうね?

    婚姻制度なんて国が個人を管理したいだけなのにね。

    ただただ「疑問にも思わずあたりまえに結婚する」時代が終わっただけなような気がします。

    ところで非婚化は止めなければならないことでしょうか?
    少子化の問題?

    少子化が問題なら「結婚が当たり前、当然」って思ってるトピ主さんのような人のアタマを軟らかくして、シングルでも子供産みましょう!国が援助します〜って世の中になれば少しは増えるかもよ。

    ユーザーID:0226912798

  • 少子化はともかく非婚化はいいんじゃない?

    「結婚」という制度が前時代的な制度なのかもしれません。
    昔は、家事も大変だったので、裕福な家以外は男性が外で働き、女性が家事一般を引き受けましたが、今は家事もかなり自動化された上、一般家庭でもアウトソーシングできることが増えました。(外食、幼稚園、テンポラリーの家事代行など)

    一昔前は特殊な能力や環境を持たない女性が自活するのは困難で、「一生働きたいなら公務員か看護師等の資格職でないと」等と言われましたが、今は一般事務でも定年まで働ける職場は多いと思います。
    さらに、私のように独身の中年も増え、独身者の肩身が狭い思いも薄れました。

    トピ主さんが指摘されているように、恋愛の自由化も非婚の一因でしょう。
    要するに非婚のデメリットがどんどん減っているので、相対的に結婚のメリットが小さくなっているのです。
    私自身も生涯寄り添って生きて行けるパートナーは欲しいなあとは思いますが、それは結婚という形態でなくても良いと思っています。(子供ができたら考えますが)

    価値観の多様化もあり、原因は複合的なものだと思います。

    ユーザーID:8865633909

  • んー。

    海江田四郎さんのレスになるほどなー、と感心しました。

    情報過多も確かに一因だと思います。
    個人主義も一因。
    めんどくさいことは避けたい。
    身内が困っていたら助けたい気持ちはあるけど、自分の生活に不都合が出るようなら嫌。
    相手が自分を思ってしてくれたことでもおせっかいは不快だしそういう人とは付き合いたくない。

    結婚もいい人がいたらしてみたいけど、条件に合わないようなら大変そうだしいいかなー、みたいな。
    なにかにつけて冷めていて、苦労も努力も経験不足だしそういう響きも重くていや。でも知識はある、みたいな。
    結婚もこの人と結婚したら自分に何してくれるだろう?が大事で、自分は何をしてあげられるだろう、の発想はなし。
    自由恋愛世代っていうのも一因かも。
    結婚前に複数の恋人がいたわけで、昔のように男性は(女性は)結婚相手しか知らないわけではないから、いろいろ比べて
    しまったり、昔は大黒柱ということでそれだけで尊敬の対象で、家計も男が握っていたりして存在感大だったけど、
    今は女性の社会進出のせいか、あまりに対等になってしまって。
    難しい時代ですね。

    ユーザーID:0449689640

  • 男女雇用機会均等法

    ・女性が仕事の面白さを知った
    ・女性の収入が上がった(男性の収入が減った)
    ・女性が結婚しなくても恥ずかしくなくなった

    昔のように、男性の方が圧倒的に収入が高く、女性は養ってもらわないと生きて行けない社会になれば、今日の晩婚化は解消されると思います。
    (条件うんぬんと言っている女性も、さすがに妥協しますから…)

    ユーザーID:0647313812

  • 子どもでいる幸せ

    今の30代くらいは、子どもの時から、子ども部屋を与えられている世代です。
    子どもには子ども部屋があるのに、働いて家計を支えるお父さんには、私室がなく家にいる時はTV前か、寝室しか居場所がない。
    働くお父さんの小遣いは安く、子どもは社会人になれば、月数万を家に入れるだけで、全額小遣い。

    結婚して親業やるより、子どものままでいる方が、ラクだし得です。責任もないしね。

    ユーザーID:1163767932

  • 理屈じゃないんだけどね〜

    非売品さん
    知識と経験はまるっきり『別物』ですよ
    経験のない知識なんてある意味『無知』よりたちが悪いんですよね〜
    本人は知っているという『プライド』は有りますが、実際にやらせると『出来ない』んですよ
    で、本人も知っているけど出来ないのが判っているからやらない(恥をかきたくない)となる
    それが『頭でっかち』です
    例えば、マニュアル車の運転はクラッチを踏んでギアを入れ、
    クラッチを徐々に戻しながらアクセルをふかして、動き出したらクラッチを完全に戻す
    と『知識』としては知っていてもそれですぐに運転できますか?

    それ以前に「海江田四郎」さんは
    自分が経験する前に『酸いも甘いも』『知識』として知ってしまう為に経験する事を避けてしまう
    と言いたいのだと思うのですがどうでしょうか?

    それから、非婚化に関しては
    損・得(特に金銭面)で考えるのが当たり前になったからだと思います。
    時間やお金の面で損得を考えたら結婚は明らかに損しかしません。そこに子供が加われば尚更です。

    それ以外の何かを得られるかは『本人次第』です。私は色々得られました。

    ユーザーID:3092166080

  • 新しい時代になる

    これから独身は増えますよ。男性の低収入の問題だけではないと思います。高収入の人も独身が増えてます。
    そのなかでまた時代が変わり、考え方も変わってきます。
    ただ、結婚して子供をもちたいと純粋に思っている人には、何か支援してもいいと思います。官僚に無駄な税金をつかっているくらいだったらそっちの方がまともです。

    ユーザーID:4131359859

  • Mmさんと同意見です

     色々な理由があるとは思いますが、つまりは現行の日本の結婚制度が現状に適さない点が多いからでしょうね。なおかつ、結婚しないで子供を持つことへの様々な枷が大きいゆえに少子化ってところでしょうか。先進国で出生率が高いところは、非嫡出子の割合が半数前後かそれ以上です。出生率だけを上げたいなら、まずここからですかね。

     私からすると、今の日本の結婚ってモテないけれど世話をして欲しい男と働きたくない女には有利で、働き続けたい女には様々な局面で不利になるようにできてるような。出産・子育てをしたいとなると特に。
     女性が働かずに専業主婦でいたほうが有利な結婚→女性の経済的自立を阻む→離婚が難しくなる、夫の横暴にも耐えざるを得ないetc・・・という感じ。こうなると高学歴女性の教育も社会的な還元という点において非常に効率が悪い。
     
     無理に結婚する必要はないけれど、もう少し多様性があったほうがハードルも低くなり、「したいけど・・」という人たちの後押しにはなりそうかも。
     

    ユーザーID:5204585089

  • 非婚社会でもなんでもないのでは?

    そねさんの言葉を借りますと、
    >25〜34歳の男が15%弱は非正規雇用。
    そこに非正規でなくとも、かなりの低スペックの男も合わせて切り捨てます。
    その上で、特別したいと思ってない女の数も考慮すると
    微妙に出来ない女が増えたかな?くらいの数じゃないですか?
    トピ立てるほどの問題なのでしょうか?
    誤差程度ほんのちょっと結婚できない女が増えただけで、大騒ぎするんですね。
    ※誤解の無いように一つだけ、僕も切り捨てられる側に入ってます。

    ユーザーID:8848768856

  • 自分の場合は〜

    若い頃にモテた記憶も華やかな恋愛経験もありません。
    表面的には一生懸命で元気な人と思われがちですが
    思春期にイジメられたせいなのか
    実は根暗で自信がなく投げやりなんですよね。

    客観的に自分をみても
    すべてにおいて魅力がないんですよ。
    自分と結婚したいと思わない。
    そして今は一人で生きていこうって思ってます。
    幼い頃は20歳くらいで結婚している筈だったんですが(笑)

    こういうのも非婚化の理由の一つでしょうか。

    すべてのレスを拝見できていないので愚問だったらスイマセンが
    トピ主さん自身はどうなんですか?
    失礼しました。

    ユーザーID:7168056279

  • 結婚しても それほど良いことが無い という現実がある

    結婚しても良いと思える相手がいたとして、
    結婚するもしないも 当人どおしの意思ですが
    結婚しても実際問題 良いことなんか想像できないんですよ。

    だから、専業主婦志向が出てきたり、草食系男子が増えたりするんですよ。
    なんか、違うような気もしますが、子供がいれば、老後の面倒を看てくれることですか?
    子供には、お金かかりますし、将来年取った親の面倒なんか看やしませんよ。
    子供は、いない方が ずーとお金は貯まりますよ。
    お金貯めておいた方が良いという選択肢もありますよ。

    本当に、結婚すると どんな良いことが在るんですか?
    教えて欲しいです。

    ユーザーID:3186924427

  • 女性に対する思いと、結婚は直結しない。

    非婚化は、別に問題ないと思います・・・
    人は本来自由なのですから「こうあるべき」というものはないのです。
    社会への影響・・・と言ったって、人は社会を維持するためにいるわけでないのですから。

    >もし、こういう人物が(特に男性に)多いのだとしたら、
    異性(女性)に対する夢も希望も育ちようがなく、
    「結婚についてはもう分かった。自分はいいや」
    となっても、私は驚きません(もう充分に驚いたので)。

    女性に対する思いと、結婚は直結しないでしょう?
    まずは、恋愛をしたいと思うのでは?

    彼が女性に対して異常に知識を持っているのは、リアルな女性を知らないからです。
    知らないことが彼のコンプレックスだから「ぼくは女性を知らないわけではない。」
    と、知識で自分を武装しているのです。
    大いに興味があるのですが、それを表に出るのは彼のプライドに関わるのでしょう。
    「オンナなんて・・・」と彼のプライドがシニカルに語らせるのでは?

    彼が恋愛経験がない原因は情報の多さではなく、彼自身の恐れにあるんじゃないかと思います。
    彼だって、ホントは女性が大好きだと思うんですが。

    ユーザーID:8210185963

  • 縁の変化

    私は夫のDVで離婚しましたので、男性が恐い。

    昔の写真の見合い結婚などの人は、男女共に生きる条件が厳しいので互いに助け合おうと言う謙虚さがあったのかもしれないと思っています。
    移民の人の写真だけで結婚している話などはそうですね。協力しないと一人で野垂れ死ぬかもしれない。男性も遠くから一人でやってくる女性に思いやりを持てた。
    そうでない話は隠れているのかもしれませんが。

    今は一人でも生きていけるし生きる困難さが違いますから、人の人生への謙虚さが少なくなって、簡単に暴力的になれるかなと思います。私の夫がそうでした。
    昔は昔で、お嫁さんが苛められて井戸に身を投げるなんてのもあるので決め付けはできませんが。そう考えると昔の悪い話は隠れていて、今の方が表に出やすい部分と、今も隠れている部分とで、非婚化はできているようにも思いますので、ここでレスしても限界があるとも思います。
    軽い理由ばかりではないと思いましたので、ふと思いついて出てきました。

    どちらにせよ人の生き様を簡単に評価しないで欲しいなと思います。

    ユーザーID:5363170239

  • バカらしくなる

    スイカの中心部分は甘くて美味しいです。
    私は大好きです。

    種の部分や皮の部分は美味しくないです。皮の部分はむしろ漬け物の材料です。
    さて,スイカを食べようと喜んでいたら,種と皮しかなかった。
    それはスイカを食べたと言えるのでしょうか?

    スイカを食べたのはどっかの誰かなんですからスイカはどっかの誰かに責任取って貰えば良いと思います。
    自分で食べたのなら喜んでお代を払います。
    食べるところのないスイカを食べるという行為はなんだか馬鹿げているようにも思えます。

    ユーザーID:9743788346

  • 時代の変化でしょうか…

    プリンさんのレスに概ね同意するのですが、
    以下の点は認識を少し改められた方がいいかもしれません。

    >まずは、恋愛をしたいと思うのでは?
    >彼だって、ホントは女性が大好きだと思うんですが。

    この点についてはもう昨今成り立たなくなってきているのではないでしょうか?
    所謂草食系男子と言われる方の一部には、恋愛に全く興味がない方がいらっしゃいますからね。

    あと
    >彼が女性に対して異常に知識を持っているのは、リアルな女性を知らないからです。

    実際に経験する事はいい事だとは思うのですが、最近の恋愛、結婚に関しては、トラブルを経験してしまった時点で既に手遅れになっている場合が多くなっているのが問題でしょうか?
    ここ小町でも離婚のトピが数多くありますが、同じ数だけの男性も離婚で悩む事になるわけで、過失が同程度の場合、現在の法制度だと平均して男性の方がダメージを多く受けるわけです。(子供がいた場合は更に顕著です)
     なんでもかんでも経験しろというのは、少しかわいそうな気がします。

    ユーザーID:5268033021

  • 国民の意識の変化

    社会情勢などで意識の変革によって「結婚しなくてもいい・子供も産まなくていい」と多くの人が思うようになったからです。

    戦前は「産めよ増やせよ」で結婚しなければ、また子供を産まなければ「非国民」扱いでした。
    その流れで昭和時代は「結婚はするもの・子供は産むもの」という意識がありました。結婚しなかったり子供を産まなかったりすると周りからおかしな目で見られる風潮がありました。
    現在はそういうことがないということです。なければわざわざ苦労する結婚なんかしたくないでしょう。

    ユーザーID:4569085804

  • 違うと思う

    それは今の若い人たち(結婚年齢の人たち?)にとって、結婚が重いもの、未来に希望がもてないものになっているからだと思います。
    特に子供を持った場合です。
    扶養家族の人生に対して責任を負えるほど色んな意味で余裕がない。

    昔の人は異性をあてがわれて結婚した?という考えは間違っていると思いますね。
    大恋愛しなくても、人並みに結婚し家庭を持つだけで、昔の人は夢を抱き張り切って生活することが出来た。
    貧乏な家の人だって打ち掛けを着て結婚式をしました。

    頑張れば頑張るほど収入が増え、家の備品も増え、生活が向上したのが昔。
    頑張っても頑張っても収入が増えず、ものも買えず、買えないから欲しがらない・・・のが今。

    未来に夢を抱けない人が結婚するとは思えませんねぇ。
    今より悪くなるくらいなら、現状維持の方がよっぽどマシと思うんじゃないですか?

    ユーザーID:2845767763

  • 自由かな

    未婚増えてますね。やっぱり自由で何も束縛なく自分のことだけ考えていられるって楽ですよね。それで彼氏でも彼女でもいたら結婚なんてしなくてもいいのでは。周りの結婚してる夫婦をみても、今の不況だと結婚しても苦労が多そうだし! 子供がほしいとかなければ結婚は必要ないのではって思っちゃいます。

    ユーザーID:6886021802

  • 補足(2)

     先に投稿した人口減少と経済との関係について、意図的にミスリードしているように受け取られたため弁解しますと、人口減少を問題とする理由は、経済に与える影響を次のように考えているためです。複数ありますが、GDPのみについて私の考えを説明します。GDPは個人の所得の総和と共に企業の生産規模としての側面があります(表裏一体)。人口減少は国内のマーケットに対して縮小する方向に作用する可能性が高く、内需型の企業の多くは売上増加率の鈍化もしくは減少に陥る事が懸念されます。売上増加が困難な場合、他の重要な指標であるROEやEPSの増加率に悪影響を及ぼします。すると、国内外の投資化は日本国内の企業への投資に対して消極的になり、企業は高利率で事業資金を借りる必要に陥り、更に企業収益を圧迫します。内需型の多くの企業が売上増加と収益に苦しめば、その企業の雇用者の賃金が増加することは期待できないと思います。まとめると、国内マーケットの縮小−>内需型企業の売上の伸び悩み−>その企業の雇用者の賃金の伸び悩みという過程により、総体としてのGDPは一人当たりのGDPに対しても影響を及ぼすと思っています。

    ユーザーID:6918785782

  • 自分を守るため?

    >所謂草食系男子と言われる方の一部には、恋愛に全く興味がない方がいらっしゃいますからね。

    いや、最初から興味がなかったわけじゃないと思うんですよね。
    女の子とのコミュニケーションがわからないままオトナになった、
    あるいはとても傷付いた過去があって恋愛に奥手になったり・・・

    それで、拒絶や傷付くことが怖くて、恋愛以外に興味を持てるものを探した、
    あえて恋愛に興味がないほうへ自分を持っていったのでは?
    自分を守るためにそう仕向けたのでは?
    と、思えるのですが・・・


    >なんでもかんでも経験しろというのは、少しかわいそうな気がします。

    私は、苦い経験をしろと言ってるわけではないのです。
    恋愛は経験しないとよさがわからないと思うんです。
    私は女性ですが、やはり男性と接することで自分の中の女らしさが目覚めます。
    それは、すばらしいエネルギーです。

    男性も、女性と接することで自分の中の男らしさが目覚め、
    エネルギーを感じるってことはないのでしょうか?
    デメリットだけ見つめてそれを否定するのは、コンプレックスの裏返しだと思ったのです。

    ユーザーID:8210185963

  • いろいろあるでしょうが

    1.価値観の多様化(結婚はあくまで個人の問題で、してもしなく
    てもいいと思える社会になってきた)

    2.男女間の意識の差(統計でもありましたが、若い世代ほど
    専業主婦を望む女性が多く、専業主婦を望まない男性が多い。逆に
    上の世代になると、仕事をしたい女性に対して、それを望まない
    男性が多い。ギャップがある)

    3.日本の将来に期待できない(これからの惨状を思うと、子供
    なんかつくってられない)

    ただ、結婚せず、子供を作らない=楽だ、いつまでも子供でいたいんだと決めつけるその単純な思考回路はどうかと思いますね。
    視野が狭い人ですね。

    ユーザーID:9245908678

  • 非婚化、少子化は、経済に必ず影響する。

    結婚や子供に関することは、当事者同士の自由意思を尊重するべきであって、
    国の政策で、ああしろ、こうしろ言うべき問題ではないと思っていますが、
    それでも、クオンタムさんご指摘の社会保障や経済成長への影響を軽視し、
    「非婚化、少子化、何等問題なし」と言い切るのは短絡的すぎると思います。

    これからますます増えるであろう老齢世代を見捨ててよいのであれば、
    少子化が進めば進むほど、現役世代はリッチになるかもしれませんけど、
    そんなことできるわけありませんよね(笑)

    また、家庭を持つと、住居費、教育費等、家庭ならではの消費活動があるので、
    家庭を持つ人が減少すれば、つまり非婚化が進めば、経済に影響するのは必然です。

    私見ですけど、今後の国の政策として、
    「税による未婚者から既婚者」「年金による現役世代から老齢世代」への所得移転よりも、
    「税、社会保障による富裕層から貧困層」への所得移転を進めた方がよいと思います。
    しかし、やりすぎると共産主義になってしまいますから、これまた難しいところですね。

    ユーザーID:6249069271

  • マイナスの情報がバンバンはいってくるよね>小町とか

    恋愛とか出産と言う話でなく、単に「法律上の正式な婚姻」という意味だけに絞って、しない理由を考えると、やっぱり情報過多ってあると思います。

    ぶっちゃけ、ハズレくじを引くのが怖いです。

    ハズレくじっていうのは、小町でよくみる(いちいちリンク貼りませんが)夫親族が非常識だった、夫友達が超下品だった、いっしょに生活するようになったらDVが発覚した。
    夫側からすれば、実は妻親がビンボーで仕送りが必要だった、料理も掃除も裁縫もできないオンナだった。

    などなど、自分の周囲の常識ではありえない人がいる、ってことを情報として聞いちゃうから、ホントにこの人で大丈夫?って二の足を踏んじゃうってことはあると思います。

    ユーザーID:4839112775

  • 女性側は意識ないのね

    >それで、拒絶や傷付くことが怖くて、

    「拒絶や傷つく」だけなら、まだ頑張ろうという人は残るんです。
    現実には、興味がない男性からのアプローチは「女性に対する
    迷惑行為」として断罪されます。

    >自分を守るためにそう仕向けたのでは?

    女性側が罰を与えておいて、さも男性側が自発的にひっこんだみたいな
    他人事で言われるのは気分悪いです。

    >男性も、女性と接することで自分の中の男らしさが目覚め、
    >エネルギーを感じるってことはないのでしょうか?

    「女性から好意の対象となる男性は」そうです。
    男性の女性の好みはかなりばらけていますが、女性の好意は
    特定の一部の男性に集中します。
    そして、男女逆の場合と異なり、そうでない男性からのアプローチは
    原則「迷惑行為」とされ、迷惑行為とされないためにはこうしろと
    いう非常に高いハードルが設定されます。

    それを見て恋愛市場から降りてしまうのは、男性側に非があるの
    でしょうか?

    ユーザーID:9651648162

  • 非婚化の流れを止めたいってことは結婚したいから?

    簡単ですよ。
    「めんどくさい」から。

    恋愛がめんどくさいんですよ。そりゃ女が好きな恋愛好きの男も居ますよ。
    デートして、女の子に好かれる為企画したり、甲斐甲斐しくメール電話世話したり。
    でも、昔ほど多くないんですよ。
    デートしたら「男が奢るのは当たり前。割り勘はケチ」
    誕生日やイベント日は「予約して食事連れてくのが当たり前。プレゼント安物はあり得ない」
    私の機嫌を取れ。私の都合に合わせろ。私を楽しくさせろ。
    女はわがままで自分勝手ですからね(ちなみに私も女ですよ)

    これも落とすまでのプロセスに努力が必要で、彼女彼氏の関係になってからも彼女の機嫌取りが必要で
    金も非常にかかる。
    恋愛にガツガツしてた男友達は、そのプロセスが楽しいからいいって言ってたけど。
    めんどくさいでしょ。私でもめんどくさいです。

    女性に興味はあっても、↑を考えると、めんどくさいから女はいらないんだそうです。
    女って金かかるからね〜。1人なら趣味にいくらでも注ぎ込めるし。

    >窮屈だった昔に戻ることもできなければ戻りたいとも思わない

    のは、男も一緒なんですよ。

    ユーザーID:6949705524

  • 非婚化 つづき

    ついでに結婚について。

    今の結婚制度が既に破綻してるんだと思う。
    昔は離婚なんて少数の人のすることだったのが当たり前になり、もし離婚となった場合
    どんな原因であれ男は不利。
    母だからという理由だけで親権を取られ、慰謝料養育費払わされ、子供にも自由に会えない。

    今の結婚制度は、そもそも男が家族を養って、女が子供を産み教育し家の事をして〜が当たり前だった頃の制度だから、
    もう破綻してるんじゃないかな。
    家族を養う為に働いてるのに、育児(はいいとしても)家事も当たり前に要求されて、出来ない場合は離婚なんてケースも。
    男の人が結婚したい、と思わない人が増えてる。若い人ほど特に。

    女の人も働くようにはなったけど、一生食い扶持を稼げてる人はマレで、男の人に養って貰わないと生きていけない人が多数が現実。
    偉そうに書いてる私も、夫に養って貰って生きてるし。
    未婚の子持ちが生きやすい社会になれば、少子化なんて問題にならないし、
    結婚ありきじゃなく、結婚しなくても養われなくても生きていける社会にする方が先決でしょ。

    非婚化はますます増えるよ。間違いなく。

    ユーザーID:6949705524

  • 非婚化後の流れ

    現実には海江田四郎さんのような方がいくらけしからんと言おうが
    非婚化は着実に進みます。

    そして、その後に来るのは「子供の選別」だと考えます。

    今よりも子供を設けることが女性主体となり、将来孫の期待に薄い
    男児よりも女児を選択するようになります。
    今でも現実に男女産み分けでは女児希望が9割を占める産婦人科が
    あるといいます。

    そして200年、300年後には日本では男性が1%とかそういう時代が
    来ると予想します。
    女性が一生の間に1人ちょっと子供を産めば人口が維持できるわけで、
    そういう社会の成熟の仕方もアリなんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:9651648162

  • 選ぶのは自分です。

    >そうでない男性からのアプローチは
    原則「迷惑行為」とされ、迷惑行為とされないためにはこうしろと
    いう非常に高いハードルが設定されます。

    では、女性に問題があるというのでしょうか。
    もし、そう考えるとすれば、他人の意識を変えることはできないので、
    この問題は永遠に解決できないことになってしまいます。


    >それを見て恋愛市場から降りてしまうのは、男性側に非があるのでしょうか?

    恋愛市場から降りようが降りるまいが、それは自分が選んだことです。
    選ぶのは自由だし、どっちが悪いという話ではないと思います。

    挑戦するか、しないか。どっちでもいいんです。
    メリットを見て選ぶか、デメリットを見て選ぶか。
    (どんなものも、両方持ち合わせてますからね)
    それに、正解も間違いもないと思います。
    自分が、自由に選べるのです。

    そして、自分が選んだものが自分の人生を創ってるんです。
    私はそう思ってます。

    ユーザーID:8210185963

  • 結婚に興味がないのと、異性に興味がないのは違うよ

    別に結婚しなくても男女一緒にいることはできるし、生活を共にすることもできます。子どもも持てます。一生添い遂げることもできます。

    でも、「女性と付き合うなんて面倒くさい」という人、金ばっかりかかるし、気も使うし、自分に対する要求水準は高いしという方に質問です。

    自分の周りにいる人間、好きですか? 

    人間自体があまり好きじゃないのでは?
    大切なのは自分だけになってはいませんか。

    紙切れ一枚の結婚より、そっちの方が深刻だと思います。

    ユーザーID:4991714725

  • 振れすぎた振り子は逆方向に大きく振れる

    非婚化少子化たけなわですが、そういつまでも続かないでしょう。

    非婚化や少子化が社会に影響与えないわけがない。
    でも大抵の凡夫たちは自分の尻に火が着くまで深刻に考えない。
    それまでは何を言っても無駄。

    まぁ、放って置けばよろしい。
    非婚化少子化が本当に問題ないかどうか、あと20年も経てば自ずと答えが出ます。

    ユーザーID:4450175140

  • 社会の影響

    非婚傾向が強まれば、まず男女間で生活レベルの格差が広がるでしょうね。

    個人レベルの生活で言えば、男性は結婚しなくても困らない。いくら不景気と言えど、非正規雇用の大半は女性だし、給与が下がっても一人生活するのに困ることはありません。

    一生自分一人で稼いで生活できるごくごく一部の女性を除き、それ以外の女性は、男性の経済力に頼らなくては自分一人食べていくにも苦しいのが現実。そういった女性が男性に養ってもらえず、今の「ワーキングプア」のように増殖していきます。

    今は男性の求める結婚の条件も「経済力」なので、正規雇用の女性ほど結婚しやすく、非正規雇用の女性ほど結婚しにくいという悪循環に陥るでしょう。

    ただ、そのときになって女性の尻に火がついたところで、男性が助けてくれることはないと思いますけどね。「男性の非婚化」と言えば聞こえはいいけど、要は「女性に愛想を尽かした」だけでしょう。権利意識ばかり膨らみ、義務を放棄する女性に対して、「もう養いません」という男性の無言の反論です。

    女性はもう少し危機感を持った方がいいと思いますが、余計なお世話なんでしょうね。

    ユーザーID:0058677604

  • 非婚化少子化の影響ねえ・・・

    >まぁ、放って置けばよろしい。
    >非婚化少子化が本当に問題ないかどうか、あと20年も経てば自ずと答えが出ます。

    お説真に御尤も。
    このご時世に敢えて結婚に踏み切ったものが勝つか、非婚を選んで貯蓄に励んだものが勝つか、四半世紀以内には決着が付くでしょう。

    まあ、労働力が足りなければ海外から確保(移民)すれば足りるでしょうし、日本円がそれまでに効果を持たなくなるようなら金・プラチナ・外貨で貯めておいた資産が武器になるでしょう。
    (恋愛・結婚を放棄すれば、金が貯まること貯まること・・・年額150万程度積み立ててますし、利息・配当収入で年50〜100万円程度なら余裕で。せいぜい一戸建て一軒買える程度の貯蓄ですけど)

    ユーザーID:2491577028

  • 原因は割とどうでもいい

    プリンさん、あなたがおっしゃるような理由で恋愛に興味がなくなった男性も数多くいらっしゃると思います。でも結果として今現在恋愛への興味をなくしているのですから、原因が分かったところで何の解決にもなりませんし、そういう方のことを「恋愛がしたいはずだ」「女の子が好きなはずだ」と女性視点で決めつけられても、やはり説得力はないと思います。

    エネルギー云々に関しては、感じる男性もいるでしょうが、「セクハラ」「ストーカー」「デートDV」などという言葉で押さえつけられた男性は感じにくいかもしれませんね。

    デメリットだけを見つめて…に関しては、一応メリット、デメリットの両方見てると思いますよ。
    小町を含むネット上、テレビ、本や雑誌、あと自分の周りの狭い範囲だけを見ても、経験せずともデメリットの方が多いと分かってしまいます。
    逆に女性視点で恋愛を見るとメリットの方が上回る場合が多いのでしょう。ですから恋愛に積極的になれるんじゃないですか?

    ユーザーID:5268033021

  • ちょっと横気味ですが…スイカ理論面白いですね!

    基本的に、誰にでもスイカを食べる権利はあると思うのです。

    食い散らかされたスイカの皮が落ちているという事は、それを食べた人がいる訳で。

    その人は食べ頃のスイカを見つける知恵や、もぎ取るパワーがありますが、でも食い逃げ&食べ残しの皮は平気でその辺に捨てるのでしょうね。

    そうやって散々畑でスイカを味見しまくって、最終的には食べ頃直前のスイカを買って、持ち帰り家でゆっくり食べるのかな?

    味見しまくりでお腹いっぱいになって、スイカはもういいやって人も居るでしょうね。
    もちろん一つだけスイカを買って帰り、大事に食べる人も居る。
    青いスイカを予約し、食べ頃になるまで気長に待つ人も居る。
    元々スイカが嫌いな人も居る。

    さてスイカにありつけなかった人は…
    ●スイカを食べる事を諦める
    ●捨ててある皮を拾って漬物にして食べる
    ●畑は諦めてスーパーに行き、カットされたスイカを買ってちょっぴり食べて満足する
    …そんな感じですかね?

    捨てられた皮は漬物として商品化してもいいかもしれません。
    皮のみでスイカ並の値段を付け続けていると、放置されて土に還ってしまいますからね。
    畑荒らしには要注意!

    ユーザーID:1349509759

  • 非婚化だと

    >非モテ男さん 既婚ウーマンさん

    まず、子供を生まない人が増えると人口のバランスが悪くなる。
    そうすると年金やら介護やら大変なことになるのでは?
    今のところ家族単位で子育て、介護、税金などを負担させようとする体制ですから

    今の体勢のまま非婚で子供を生む=女性が一人で産み育てる
    だと女性だけ大変な社会になりそうですね。
    妊娠・子育てしてたら大した仕事にも就けないでしょうから貧乏で大変!
    そこに親の介護が入ったら地獄ですね。

    それなら子供を生まない非婚女性も増えるでしょう。

    方や男性は時間も給料も自由に使いたい放題。
    女性が産み育てた子供立ちが成人して人口も安定するので年金も安定。
    男に生まれたら超ラッキーな一生でしょうね。
    お金があれば親を老人ホームにポイっとできるからね。

    ユーザーID:9960308305

  • もともと、皆が皆結婚という制度に向いているわけではない

    興味深いトピですね。
    皆さんの意見、「ほほう」とうなりつつ拝見しています。

    かくいう私は、30才で結婚しました。ちなみに女性です。
    スイカ理論でいうと、食い散らかされた皮の部分に属するほうの人間だと思います。
    まあ、漬物にして食べよう、と思ってくれた男性がいたので結婚してみました。

    前から思っていたのですが、タイトルの通りです。
    人間っていろいろなタイプがいて、実は結婚してうまくやっていける人ってそんなに多くないと思うんですよ。
    一人の相手と長く生活して行こうと思ったら、我慢とか、遠慮とか配慮とか色々必要ですよね。
    でも、なかなかそれができる人は多くない。

    でも私たちの親の世代やその前の世代は、結婚に向いてようが向いてなかろうがとりあえず結婚はしていた。
    世間体もあったろうし、経済的な理由もあったでしょう。何より、「結婚は普通するもの」と多くの人が思い込んでいたと思います。
    今はその思い込みがなくなってしまった。別に結婚しなくたって、恥ずかしいことでもないし。
    で、結婚に向かない、興味が無い、あるいはそういうタイプだと自覚している人は必然的に結婚しなくなった・・・と考えています。

    ユーザーID:6012618573

  • 非婚化ねぇ・・・

     いろいろ社会的な背景はあるとはおもう。

     ただ単純に 「自己中」 が増えただけでは。

     精神年齢の低い子供のままの図体と年齢だけが大人になっている人が増えたのかと。

     

    ユーザーID:9187122692

  • もう養いません?

    >権利意識ばかり膨らみ、義務を放棄する女性に対して、「もう養いません」という男性の無言の反論です。

    最近こう言う意見を言う男性多いですね。「もう養いません」と言ってる人は、おそらく未婚の男性ですよね。養ったことなんてないんでしょ?専業主婦を養っている中高年の男性が言うのならわかるけど、未婚の人に、こんなこと言う資格はありません。

    ユーザーID:9168802892

  • 勝ち負けにこだわるから

    私自身が結婚しなかったのは、仕事が忙しすぎたからです。大学からずっと、余暇は疲れ切って寝るか、外出しても1人でブラブラして人疲れを癒すような過ごし方ばかりで、交友関係広げようといった余力はありませんでした。実際、二回ほど過労で体調を崩しました。
    仕事を辞めるほどではないのですが、時間的にギリギリの生活だとね。なんか青春磨耗した感がありますね。
    …とすると、根本は、体力不足のせい、かもしれませんね。
    異性にもてやすい美貌や立ち振舞いを得られるかに関しては、私は、美容やコミニュケーション力に気を遣い、日夜情報収集とケアを怠らない暇と心の余裕があるか、だと思いますけど。結婚できないのは、もてないほうだからと思う人ほど、エステとかやったらいいと思う。何かを得るには、金と時間と我慢が必要だよ。

    ユーザーID:4315558398

  • 離婚も多いのに?

    非婚化を止める必要が見えないなぁ

    バツ2とかバツ3とかの人いるじゃないですか
    何度も結婚する人だっているじゃない

    誰が困るの?

    少女マンガじゃあるまいし結婚したから幸せじゃないからね
    自由を欲しがった結果ですもん

    食べさせて欲しい人もいるし
    介護して欲しい人もいるし
    結婚が保険じゃ嫌かな

    ユーザーID:9279833485

  • せっかくよいトピなのに

    もう(これまでの男性のように無条件には)養いませんよ、ってことでしょ?
    東南の風さんも最近の非婚化を感じているからこのトピに来てるんじゃないんですか?
    天空の城ポニョさんはちゃんと理由を書いて書き込んでいるんだから、
    気に入らない意見だからって揚げ足取りをする暇があったら、
    ちゃんと考えてみたらどうですか?

    思考停止は女性にとってマイナスですよ。

    ユーザーID:1919410501

  • 本質を考えましょう

    >「もう養いません」と言ってる人は、おそらく未婚の男性ですよね。養ったことなんてないんでしょ?

    でも現実問題、独身女性には自分ひとりの収入では生活が苦しく、結婚して男性の経済力を頼りたい非正規雇用の人が大半であることは事実です。

    養ってもらいたい女性と、養う気がない男性の図式であることに変わりはありません。言葉尻を捕らえた揚げ足取りではなく、背景も含めた本質で考えませんか?

    女性の経済力は、マスコミやメディアが騒ぐほど強くなっていません。ほんの一握りの成功者をまるでそれが女性の主流であるかのように錯覚させているだけ。もちろん、鵜呑みにした女性にお金を使わせるためです。

    非婚化がここまで進んだ現在、既に男性に頼りたくても頼れず、経済的に苦しい生活を強いられている女性はたくさんいるんですよ。それが今後益々顕著になることは間違いありません。

    専業主婦を養っている中高年の男性が言っても何の意味もありません。未婚男性がそういう意識であることが問題なのです。

    ユーザーID:1913014040

  • 変わるもんですね。

    こんにちは。

    結婚とは男女双方が合意しなければ成立しないんですけど、非婚化については男性側のみに原因があるようなレスが多いですね。
    このトピだけでなく、恋愛に興味がない男性や、結婚を考えない男性がいると「責任感がない」「自己中心的な考え」「男性の草食化」みたいな言葉が並びます。

    でも、つい最近までは「結婚しない女性、結婚できない男性」とか言ってませんでした?
    この言葉が正しいのであれば、非婚化の理由とされる上記の言葉は、あまり意味を成さなくなります。

    「女性が結婚してやってもよいレベルまで、男性のスペックが到達していない」
    「男性は、女性に選ばれる立場であるのに謙虚さが足りない」

    などの理由の方がしっくりくるような気がします。

    ユーザーID:3114875429

  • 自由が不自由

    になってる部分もあると思いました。
    自由を求めて逆に不自由を感じるって事が
    我侭な私には多いので(笑)

    自由はとても素晴らしいことだと思います。
    自由と我侭は紙一重?
    なんて思う事もあるこの頃です。

    ユーザーID:7650751712

  • 私はそれでやめました

    >「女性が結婚してやってもよいレベルまで、男性のスペックが到達していない」
    >「男性は、女性に選ばれる立場であるのに謙虚さが足りない」

    私は女性からのこういうメッセージを見て「じゃいいや、頭下げて
    まで結婚してもらわなくていいし」と努力を放棄することにしました。
    女性からは「結婚しない」のではなく「できない」んだろと評される
    でしょうが、それで構わないです。

    したくないことができなくて何の問題があるでしょうか。

    ユーザーID:9651648162

  • 身の程知らずが増えたに一票

    なんか凄い事言っている方がチラホラいますが
    世の中にはスペックの良い男女も、悪い男女もいるんですよ。

    学歴だけを例に上げると、
    短大卒の女性から見たら日大の男性も高スペック
    東大卒の女性から見たら日大卒は低スペック

    自分のレベルに対して相対的なものでしょ。

    男性のレベルが下がったからとか
    女性のレベルが下がったからとか
    そんなのはありえませんよ。

    そこでハーフピザ2人前さんの説に一票

    >みんながみんな上しか見てないから
    だれも目線を合わせることが出来ない。
    下を見たっていいし、せめて横を見れば
    十分結婚できるのに上ばかり見てる

    但し
    >そんな非婚女性が多いと思います
    は間違い。男性もそうだからね!
    大した条件もないのに10歳以上も若い女性を求めるとか
    夢見るおじちゃんも多いよね

    ユーザーID:9960308305

  • 単なる煽りかもしれませんが

    >でも、つい最近までは「結婚しない女性、結婚できない男性」とか言ってませんでした?
    >この言葉が正しいのであれば、非婚化の理由とされる上記の言葉は、あまり意味を成さなくなります。

    白河桃子氏の著書のタイトルですね。
    少し前までそのような論調でネット上に色々書いてましたね。読んでいると目眩がしてきますが…白河氏って自分で色々書いていますが結婚してましたっけ?
    それはさておき、さくらさんはなぜこの主張を正しいと定義できるのでしょうか?
    白河氏の主張が正しかったとしたら、なぜ男性は結婚をしなくなり、女性は婚活に必死なのでしょうか?婚活はメディアが勝手に煽ってるだけだとは思いますが、結婚相談所などで男性会員が極端に減少しているという話も聞きますね。

    >「男性は、女性に選ばれる立場であるのに謙虚さが足りない」
    では女性が男性にプロポーズすればいいのではないでしょうか?
    さくらさんの主張ですとこれだけで非婚化は解決ですね。

    ユーザーID:5268033021

  • その傲慢さにも原因の一端があるのでは?

    > 「女性が結婚してやってもよいレベルまで、男性のスペックが到達していない」
    > 「男性は、女性に選ばれる立場であるのに謙虚さが足りない」

    なんでそんな上から目線なんですか?
    毎度おなじみ「男女逆なら」ですが、
    もし仮に男性側からこんなコトを言われたらどう思いますか?

    「男性が結婚してやっても良いレベルまで女性のスペックが到達していない」
    「女性は男性に養われる立場であるのに謙虚さが足りない」

    本気でこんなこと小町で発言したら蜂の巣突いた様な大騒ぎになりますよね?
    このような女性側の傲慢な発言がネット上に頻出することにも
    男性側の結婚意識を下げる一因があると思います。
    (私は男性なので女性側の原因に関しては存じません。)

    ユーザーID:2855030987

  • いい時代

    政府の統計によると
    男女ともに結婚願望は減少傾向にありますが、男性の下がり幅のほうが女性のそれより大きいです。

    それをふまえると
    「男性が結婚してやってもよいレベルまで、女性のスペックが到達していない」
    「女性は、男性に選ばれる立場であるのに謙虚さが足りない」
    のほうが正しいのかもしれません。


    >最近こう言う意見を言う男性多いですね。「もう養いません」と言ってる人は、おそらく未婚の男性ですよね。養ったことなんてないんでしょ?
    はい、今までもこれからも一方的に養うつもりは全くありません。何か問題でもあるのですか?
    生活力のない子供ではあるまいし、どうして大の大人を養わなくてはならないのでしょう。
    お互いが支えあうのならアリだとおもいますけどね。

    ユーザーID:6899169641

  • 感覚的な意見になりますが

    30代後半で独身の女です
    正社員勤務で経済力あり、まさに少し前に流行った「負け犬」の境遇です
    特に独身主義なわけでもないのですが、そもそもあまり恋愛方面得意でなかった上に、仕事が忙しくてそちら方面に時間も労力も割かなかったため
    当然の帰結ではありますが、結婚まで至らず今日まで来ました
    私としては、ひとりの生活もきままで好きではありますが、
    誰かと一緒に歩く人生もまた素敵だな、という思いはあります
    ただ現実問題として、自分と同世代で、同じようなバックグラウンドを持つ
    男性(自分が「一緒に人生を歩む人」として想像できるような相手)の
    割と多数が望むような「妻像」と、私の思う「人生のパートナー像」の
    間にはギャップがある、ということを感じてもいます
    このトピにもたくさん登場している「夫が妻を経済的にささえる」という
    旧来の姿の夫婦像に違和感を感じている比較的若年層と思われる男性の意見や、身の周りの同世代負け犬女性を見ていると、「2人で1セット」ではなく「一人と一人」といった形の夫婦の姿が色々な面で当然になってくると
    非婚化の流れも少しは変わるのではないかと思います

    ユーザーID:9894040192

  • 結婚について

    私も結婚について、ぜひ意見させてください。

    私は今年35歳で、プロポーズされた相手がいますが、
    決断できず、いろんな言い訳をして今に至ります。

    特に現在住んでいるフランスでは、
    PACSという制度があります。
    いわゆる同棲婚証明みたいなものですが、
    ほぼ結婚に近く、財産分与や離婚等が比較的
    簡単なので、多くの方に受け入れられています。

    どうしてみんなそれを選ぶのかなと考えたときに、
    ある方に助言されたことで、少しすっきりしました。
    要するに、結婚は社会とカップルの契約で、
    PACSは個人と個人の契約だと。
    つまり、今の社会は個人主義傾向ですし、
    すべて損得感情で物事を考えてしまうので、
    いた仕方ないかなと。そういう社会になったのも、
    私たちに責任があるわけですし、そう望んだ
    から今の非婚率があるのでしょう。つまり
    今の社会では良い選択なのでしょう。

    それでも私はいずれ結婚したいです。
    本当の社会と向き合ってみたいです。
    たとえそれが小さな家庭だとしても、
    それが単なる制度にすぎないとしても。
    でも、まだ自信がない。言い訳ばかり。
    要は、勇気がないと思う今日この頃です。

    ユーザーID:7061048506

  • いろいろとありますけれど

    お見合いが「断れるようになった。」というのも大きいでしょうね。戦後だと「男(数が少ないから)なら誰でもいいと思え。」と言われ女性が断るのは無理だったですし、私の母親世代だと(昭和40年以前?いつぐらいまでかは不明)、お見合いで双方の両親(本人ではない)が結婚を決めたなんて話、何件も聞いています。けれど、現在だと、男女双方から「お断り」できますよね。恋愛結婚は、縁がなければそれまでですし、お見合いでも確実に結婚にいたらないとなると、結婚数が減っていくの当然な気がします。

    ユーザーID:2090018805

  • 仮説です 1

    こんにちは。二度目のレスです。

    昨今いわれる非婚化や男性の草食化は、色々な報道等を見る限り30代から下の世代で顕著にみられる印象を受けました。
    ここでふと思ったんですが、この世代って思春期に徹底した男女平等教育やジェンダーフリー教育を受けているんですよね。

    学校では「男の子が黒いランドセル、女の子が赤いランドセルというのはジェンダーの押しつけで差別につながる」
    桃太郎の話も「おじいさんが山へしば刈り、おばあさんが川へ洗濯へ行くいうのはジェンダーの押しつけで差別につながる」
    「男女」という言葉さえも「男の字が前に来ることが男性優位だ」として、「女男」という言葉にして「みんな」と読むべきだ・・・。

    私も同世代ですが、上記のような授業が普通にありましたね。
    だからこの世代というのは、「男はこうあるべき、女はこうあるべき」や「男の仕事、女の仕事」という概念があまりないんですよ。

    そういう教育で培われた感覚と、現実の、社会や女性全体の風潮が自分の中でマッチせずに、大いなる矛盾として感じてしまうのではないでしょうか。

    続きます。

    ユーザーID:3114875429

  • 仮説です 2 続き

    続きです。

    文化的な性差の感覚が希薄な世代の男性が、恋愛や結婚に至る過程で「男女平等」が当たり前と考えたとしても、

    「デートは男性がリードし、男性が全額支払い、常にレディーファーストを心がけるべき」
    「女性へのアプローチ、プロポーズは男性からスマートに行なうべき」
    「結婚して妻が専業主婦であっても、家事の半分は夫がするべき」

    というような社会や女性全体の風潮があれば、はっきり言って男性にとっては「???」になるでしょう。
    女性に対して反感を覚えるというよりも、習っていない事がテストの問題に出された感覚に近いと思います。

    女性の権利を守り、不利益を改善するはずだった男女平等という考えは素晴らしいと思います。
    しかし、男女平等になれば、男性の不利益も改善される。その過程で女性が既得権を失うこともあるでしょう。
    その既得権を失いたくないが為に、必死に抵抗し上記のような風潮を作り出している。

    いわゆる草食系男子の目には、そう映っているのかも知れません。
    だから、冷静になったのでしょう。

    女性の既得権、ワガママの為の人身御供になるつもりはない、と。

    ユーザーID:3114875429

  • 豊かならひとりもいいけれど

    親の資産もない、ずっと健康で働けるかも分からない。
    30年後、日本はすっかり活力を失って世界での存在感も低下、オリンピックでもメダルは激減、治安も悪化して、公共サービスは最低レベル…
    そんな社会で、多すぎる高齢者のひとりとして、下の世代からお荷物扱いされる自分を想像したとき、やっぱり、自分の家族がどうしても欲しいと思いました。

    分不相応な要求でない経済力と人柄とフィーリングに絞って7年前に29歳で婚活。容姿や同居やその他の条件は不問。似た者どうしで、誠実で家族思いの主人と出会えて本当によかった。

    今更どうやっても私たちの老後の時点でのアンバランスはもう取り返しはつかない。「少子化問題なし」という同世代が、30年後に同じご意見かどうか、その時にぜひ伺ってみたいものです。

    家族がいたって安泰とは限らないなんて重々承知。でも人間関係はお金では買えない、自分で築くしかない。それはどんなときも、仮に不慮の事態で失われても、自分の支えになってくれると私は思うから。

    私のような人が増えてきたから、真剣に婚活する人が非婚化の一方で増えてきているのではないかとも思います。

    ユーザーID:7250313980

  • トピ主さんのおっしゃるとおりだと思います。

    経済面について補足すると、単に若者の低収入というだけでなく、右肩上がりの社会でなくなって、年功序列や終身雇用もどんどん崩れてきていますから、先が見えないというのがあるでしょうね。
    ましてや、結婚後は妻子を養い子供には相応の教育を受けさせて…、というなら尚更でしょう。

    横ですが、プリンさんのご指摘は鋭く、おっしゃるとおりだと思います。
    私も、「彼女いない歴=年齢」の独身男性ですが、
    恋愛も結婚も、
    「一人の女性と一人の男性が、お互いを独占する関係が基本」
    「そして当然ながら、その相手は誰でもいいわけではない」
    ですから、恋愛や結婚から遠ざかる、あるいは縁のない人が現在の日本のような成熟社会において一定の割合を占めるのは必然だと思います。
    もちろん、より多くの男女が恋愛や結婚に向かうエネルギーを持てば良いとは思いますが、人には自尊感情、精神の複雑さ弱さがあり、それも当然個人差がありますので…。
    片想いや妄想恋愛でも、ドキドキすることで人生は豊かになると思いますし、自分自身のことで精一杯だったりするので、無理しなくてもいいのでは、という気がします。

    ユーザーID:6258327199

  • コストパフォーマンス?

    40代非婚女です。
    スイカ、ちょっと試食はしてみましたが、自分の一生を投げ打ってまで欲しい、とは、
    思いませんでしたね〜。束縛されるのは嫌ですし、相手に対する責任もありますし。
    スイカ以外にも、人生楽しみありますし、退屈はしていないです。
    とは言え、一生を投げ打っても良い!って思えるような美味しいスイカにめぐり合えたのだったら、結婚しても良いとは思うんですけれどね。でも、積極的に探しにいくほどではないです。
    スイカがなければ、生きていけない(精神的にも経済的にも)と言う訳でなければ、よほどおいしい魅力的なスイカに出会ってビックリしなければ、結婚はしないのではないでしょうか。

    ユーザーID:7873132945

  • 非婚も既婚も

    苦労や我慢することがどちらかというと面倒で、
    無理してまで〜しなくても…みたいな考え、忍耐力が乏しい時代になって、
    便利なものばかり求める、又は手にする今の時代の流れも原因だし、

    人間が産まれて初めて所属する集団と言えば家族で、昔は三世代、四世代もいるのが普通で、その輪の中で思い遣りや愛情や逆に、大人数いる事でのしがらみ等を当たり前の様に経験できていたのに、
    今はお互いがお互いの暮らしを生きるのが精一杯の、希薄な家族で育った世代が世の中心なのも原因ではないでしょうか。

    ユーザーID:5858242404

  • 大歓迎

    >はい、今までもこれからも一方的に養うつもりは全くありません。何か問題でもあるのですか?

    ありますよ。「もう〜しません」と言うのは、今までそれをしてきた人間が言う言葉です。それをしていない人間には言う資格はありません。でも大歓迎です。もてない男性からすれば、競争相手が減るからです。例えば、男性の半分が「養うつもりはない」と言えば、残りの男性にとって、女性はよりどりみどりです。あと女性を養える、経済的に強い遺伝子が残るので、日本人のレベルを下げることはありません。
    ちなみに私は男性です。

    ユーザーID:9168802892

  • 女性優位から男性優位への変化

    昔は社会的地位を確立するために結婚が必須であったため、
    男性はなんとか結婚してくれる女性を見つけなければなりませんでした。
    そのため長らく女性優位が続いていたのですが、
    現在は結婚が必須では無くなったため、
    良い女性がいなければ結婚しないという選択肢ができてしまい、男性優位へと変化しました。
    ここで女性が頑張って『男性にとって』良い女性になる努力をすれば良いのですが、
    『女性にとって』良い女性になるという間違った方向へ努力をしたり、
    また男性優位になったことに気づかずに努力を怠った女性は結婚できなくなってしまいました。
    これが非婚化の要因のひとつであると考えます。
    『婚活』という言葉ができたのもこの流れによるものだと思われます

    また種々雑多な娯楽が世に溢れ、恋愛に対する優先度が相対的に下がってしまったというのも
    非婚化の理由のひとつでしょう。
    お金があれば様々な娯楽を手にすることができます。
    その中でも最も無駄にお金のかかる『女性』を選ぶ人が減ってきたとも考えられます。

    ユーザーID:7017006236

  • マスコミの情報操作

    も、原因のひとつかと思います。

    結婚に限らず、たいしたこともないような内容や事実のほんの一端だけを

    大々的に誇張、繰り返し報道し、あたかもそれが現在の社会の常識・状態のように

    伝達してますよね。

    結婚って、してみるといい部分も多いのに、そういった部分ってなかなか

    触れられず、目にする・耳にするのは不倫・離婚・嫁姑問題ばかり。

    そういうものを好んでしまう野次馬根性もいけないのですが

    「結婚=価値のないもの」の刷り込みが多すぎるように思います。

    ユーザーID:8582971246

  • 真逆にとられてしまいました。

    こんにちは。
    レスの順番が多少前後するかもしれません。

    私の最初のレスのタイトルは「変るもんですね」です。
    「結婚しない女性、結婚できない男性」に始まり、「婚活」や「非婚化」、挙句の果てには「草食系男子」ですよ。

    女性を持ち上げ、女性受けする提灯記事を垂れ流すメディアへ向けた皮肉のつもりだったんですが、文章が稚拙だったために、
    真逆の意味にとられた方が多かったですね。失礼しました。

    >それはさておき、さくらさんはなぜこの主張を正しいと定義できるのでしょうか?

    これも上記と同様に、そんなことはないと分った上での皮肉です。

    私も同じ女性として感じていることは、女性の本音を巧みにオブラートに包み、
    男性からの反発を受けないようにしつつ、男性側にのみ非があるように世論を誘導する特定のメディアや、
    それを鵜呑みにする女性が一定数存在するということです。

    あえて、刺激的な言葉で書いたのは、そういうメディアや女性の本音を想像したらこうだろうなと思ったからです。

    一言で言ってしまうと「男性は、女性にとって都合がいい存在であるべき」ですね。

    ユーザーID:3114875429

  • 理解してよ

    nasuさんへ

    何度言われたら解るんですか。いつになったら解るんですか。

    誰も、一生を投げ打ってもらいたいなんて全然まったく皆目思っていないし、投げ打たれるなんて迷惑極まりないんですよ。
    ありがた迷惑なんかではないですよ。迷惑迷惑なんですよ。いや、迷惑迷惑迷惑かな。

    何が悲しくて、人の人生を投げ打たれないといけないのでしょうかね。
    まぁ、普通の人はサッと身をかわすのでしょうけど、ドジな人が当たってしまうのでしょうね。

    気の毒に。

    ユーザーID:9204491032

  • 恋愛結婚がスタンダードになったから

    恋愛と結婚って条件が違う部分もありますよね。
    この両方をそろえるのは難しいと思います。

    私は既婚者や年配者から「絶対に良い夫、父親になる。早く結婚しなさい」と言われます。
    しかし、結婚するには恋愛力が必要で、それがない私には結婚以前に彼女すらできません。

    最近、結婚を意識した女性から声をかけられますが、コンプレックスから応じる気にもなれず……
    (彼氏としては魅力ないけど、結婚には向いてるからみたいに、都合のいい男扱いされてると思えて仕方ないのです)

    一部の恋愛強者の男性が女性を独占しているので、恋愛から至る結婚の数が減って当然ではないでしょうか。

    ユーザーID:0445898827

  • めんどくさい

    >「男性が結婚してやっても良いレベルまで女性のスペックが到達していない」
    >「女性は男性に養われる立場であるのに謙虚さが足りない」

    なんだか、女性が耐え忍ぶ時代への復古願望ありありですね。
    「こんな飯食えるか!」、とか「女は口答えするな!」とか言いそう。

    まぁ、言えないし、言える相手もいないからネットで吼えてるのかも知れないけど。

    非婚化の原因は、
    『国家重視から個人重視への転換、あるいは家、結婚、性、政治、宗教、職業等々からなる諸制度からの個人の解放と自由の実現という目標に向かっての価値の転換』
    とやらじゃないかな。

    参考URL
    http://www.culturestudies.com/memdir/text/dankai/dankai.html

    ユーザーID:8982395570

  • えっと

    結婚はしたいけれど、
    こどもは正直要らない
    (出来たら責任もつつもりだけれど
    積極的に欲しくはない)
    身ですから今更子ども産め介護はどうするって
    結婚には踏み切れません。
    十分税金も納めていますし、
    世界を見れば人口は減っていないし、って思いますけれど。

    ユーザーID:5534506360

  • そもそも「非婚化≠少子化」では

    非婚化が今ほどではなかった時代でも「DINKS」という言葉は存在していたわけだし、
    何人かの方がおっしゃってるけど「非嫡出子の扱い」という問題もある。
    もともとトピ主さんは「少子化」についてはまったく触れておらず、トピの趣旨からいえば
    「非婚化」と「少子化」は分けて考えるべきでは。

    (ちなみに私は「スイカ理論」で言えば「スーパーで買って食べる」タイプ。
    畑から1個まるごと家に持って帰ったところで食べきれないし置き場所もない…)

    ユーザーID:4363692893

  • スイカの美味しい季節

    暑くなってくるとスイカが美味しくなってくるのでわくわくします。

    さて,nasu様
    スイカの例えは,男女逆は成立しません。
    でも,敢えてわからない振りをして使ってみてるんですよね。

    男性はスイカではないのです。男女の置き換えは無意味な現実逃避です。

    気持ちは痛いほどよくわかりますが,男女の間には埋められない認識の差があると言うことも受け入れる必要があるでしょう。

    経済的な要因,社会的な変化も非婚化の一要因でしょう。

    しかし感情面での要因もまた大きな要因の一つだと言うことをそろそろ真剣に考えるべきかと思います。

    ユーザーID:9743788346

  • 東南の風さん

    45歳男、専業主婦と子供二人を養っています。一方的に私の給与の使途を決められ搾取され、同時に家事や育児を強制されてきました。子供たちはともかく、妻はもう養いたくありません。でも子供たちの母親でもあるし、離婚に必要なエネルギーとさらに分捕られる資産を考えるとそうおいそれと「養いません」とは言えません。

    その分、せめて未婚の若い男性が自分と同じ落とし穴に落ちることのないよう、ネットでもリアルでも結婚の真実(メリット・デメリットとも)を伝え、それを理解した若い未婚男性が「養わない」と声高に訴えることのできない我々の心の叫びを代弁してくれているのです。

    それでも彼らに「資格がない」と言えますか?
    ならば、誰に代弁してもらえばよいのですか?

    ユーザーID:5666174201

  • めんどくさいには同意

    もで子さんへ
    >なんだか、女性が耐え忍ぶ時代への復古願望ありありですね。「こんな飯食えるか!」、とか「女は口答えするな!」とか言いそう。
    皮肉のつもりで男女逆にしただけなんですけど。少し前のレスを参照してください。
    結論には賛成です。

    東南の風さんへ
    >ありますよ。「もう〜しません」と言うのは、今までそれをしてきた人間が言う言葉です。
    私は「もう〜しません」という用法は使っていませんが・・・
    個人ではなく男性全体の意思がそのように、時代の流れとともに変化していった、と言いたいのではないでしょうか?
    そのように読み取れます。いずれにせよ本筋とは関係ありませんね。
    それと、女性は養われるものと決め付けるのは女性に対して失礼に当たりますよ。

    ユーザーID:6899169641

  • なるほど・・・

    この手のトピって必ず男女の罵り合いが始まりますね。どちらが先に喧嘩を売ったかはどうでもいいです。
    男女ともに異性に対する敬意に欠け、都合の悪いことは相手のせい。
    そんな中で非婚化が進まなければ、そちらの方が驚きです。

    そして、自分たちだってさんざん新人類とか呼ばれてきたことを忘れて、若い世代を攻撃する団塊の世代の人たち。
    そこから感情的な反発以外の何が生まれるんでしょう。
    今の若者は、団塊の世代から教育を受け、団塊の世代の背中を見て育ってきたんですけどね。

    実生活では「女が悪い」「男が悪い」「近ごろの若いもんは」なんて不毛なやり取りは見受けられないんですけどね・・・たまたまいい人たちに囲まれていることに感謝します。

    ユーザーID:3198847153

  • 男女とも相手に依存しようとするからでは?

    最近の小町のさまざまなトピを見て、加えて実体験から
    「男女とも相手に依存しようとするから、依存される側が結婚を嫌がる」
    のが原因ではないでしょうか。

    男性全体、女性全体が悪いのでもなく
    結婚することで相手にメリットを与えることの出来ない男女が
    結婚相手に依存する事が非婚化の原因だと思います。

    A.女性は男性の経済力に依存しようとするが、男性は経済力のない女性は避ける。
    (よっぽど収入があって専業主婦でもOKな人は別)
    B.男性は自分の収入だけでは不安なので女性にも働いて欲しいが、
    家事は女性任せにしたい、あるいは家事能力が低いので
    安定した収入の女性はこのような男性を避ける。
    C.結婚生活は妥協点を見つける事の連続だと思うが
    男女ともパートナーと話し合ってお互いの妥協点を見つけることが
    下手な人が一定数いる。

    結果、A〜Cの各バージョンで依存する側が依存される側に積極的になるがゆえに
    依存される側(Cでは毎回妥協させられる側)になる人が
    独身主義になっていくのだと思います。

    私も依存される側なので「どなた様に限らずお断り」状態です。

    ユーザーID:5312667679

  • 自由&便利になったから?(スイカ続き)

    前回は新品or皮の極論になってしまいましたが、実際の処「ちょっと欠けてるけど、食べてみたら結構気に入ったので持ち帰る事にした」というパターンが大多数なんだろうなぁと思います。

    昔は「新品のスイカを一人一つ」というのが当然な風潮で、畑を管理する農家の人も居ました。
    「アンタにはこのスイカね!」「アンタにはこれ!」と振り分け仕切ってていてくれたので、多少人やスイカがボーッとしてようが上手く行ってたのでしょうね。

    自由な風潮になり農家の人が居ない今、味見も自由で畑荒らしが横行したり、肝心のスイカも自らコロコロ転がって隣の畑や街に行ってみたり…。

    そんな畑で気に入ったスイカを探し出してもぎ取るには、ただスイカを与えられていた昔に比べれば知恵や労力が必要だろうし、スイカも目に留まるようにアピールする努力が必要になるのは当然ですよね。

    便利になったという面ではスーパーやネットの普及ですね。
    始めから畑に行かないでスーパーに行く人、スーパーすら億劫でネットで「スイカの画像やイラスト」を見て満足する人なんかも増えたんだと思います。
    畑に行かないのもまた自由ですしね。

    ユーザーID:1349509759

  • 今の状況は

    かつての「男は外で働き、女は家事・育児」の役割分担や「家制度」の崩壊により、女性は「結婚後の生き方を自由に選べる権利」を手に入れ、男性には旧来通り「働いて家族を養う義務」を課し続けた。
    女性の希望を受け入れてきた男性は、女性の望むように家事も出来るようになり、大黒柱の義務も放棄しなかった。
    ここまでは女性の望み通り。

    マスコミもそんな風潮に合わせてターゲットを女性に絞り、「女性は強く・自立した」と煽り、それに気を良くした女性は限度なく権利意識と要求を高める一方。そんな女性にウンザリしてきたあるとき、男性は気付きます。家事なんて全然大変じゃないし、結婚する必要もないのでは、と。
    結婚することで一生妻を養う負担に見合う見返りがあるかと考えると、明らかに「ない」。

    やっと異変に気付いた女性が恐る恐る蓋を開けてみると、経済的に自立できている女性なんて実はごくごく一部のみ。大半は男性に依存しなければ生活できないことに気付いた女性が今になって「婚活」で焦りだし・・・

    というのが今の状況だと思います。私が男性なら、間違いなくこのように思います。当然の結果なのではないでしょうか。

    ユーザーID:8848534116

  • 結局こうなのよ

    > なんだか、女性が耐え忍ぶ時代への復古願望ありありですね。
    > 「こんな飯食えるか!」、とか「女は口答えするな!」とか言いそう。


    「もし仮に」と前置きして男性が傲慢な態度を取ったらどうなるかを示しただけなんですけどね。
    なんでこんな解釈をされたのか理解に苦しみます。


    > まぁ、言えないし、言える相手もいないからネットで吼えてるのかも知れないけど。

    で、御自身が相手を見下してこんな発言ですか。


    結局小町って男側の意見を表明すると

    「ちっちゃい男ね、プッ」
    「細かいこといってるからモテないのよ、ププッ」
    「どうせ相手もいないんでしょ プププッ」

    という相手を嘲笑う投稿が返ってくるんですよ。
    こんな投稿を見た男性が果たして
    「結婚して幸せになりてー!!」と思うのでしょうか?

    ユーザーID:2855030987

  • >今の状況は

    >私が男性なら、間違いなくこのように思います。

    いかにも男性が主張しそうなシナリオですが、私は少し違う考えを
    持っています。

    男性が恋愛・結婚強者と弱者に分かれたように、女性も確実に
    結婚強者と弱者に分かれつつあるのだと思います。

    男性の恋愛・結婚強者は容姿であったり経済力であるのに対して、
    女性の場合はメンタルにあると思います。

    「私はこんな相手しか出会えないの」「他の人は幸せそうな結婚
    しているのに何で私だけ」のように、自分の幸せのハードルを
    高く上げ、自分が努力せず相手に与えないことによって自分の
    値段をテストするというメンタルを身につけてしまった女性が、
    幸せ感受能力が低くなってしまって結婚できなくなるのだと
    思います。

    私はとっくに恋愛・結婚弱者としてはじきだされ、そこに適応して
    生きているので、幸せな結婚をした人には及ばないでしょうが
    不幸ではありません。

    でも、女性は困るのは自分自身じゃないでしょうか。

    ユーザーID:9651648162

  • 結婚する必要がないから

    結婚する必要がないから結婚しないだけでしょ。
    理由なんて個人ごとにちがうんだからいちいちあげていったら切り無いよ。

    ユーザーID:4459732003

  • 恋愛(結婚)には才能が必要だから

    主さんの意見わかるわ。

    最近になって婚活や見合いって言葉をよく聞くようになったけど、
    ほんの1,2年前までは(現在も?)「お見合いってダサい!結婚は恋愛じゃなきゃ!」って風潮で、
    兎にも角にも、恋愛しなきゃおかしい!恋愛しなきゃ結婚できない!みたいな情報に踊らされ
    みんな必死に恋愛したわけで・・。
    その結果、結婚できた人たちこそが「恋愛結婚の才能のあった人たち」だと思う。
    (その他、多少の努力・縁・運・環境・タイミングなどが重なるわけですが)
    わたしは才能なかったので、未だ独身です。常々恋愛って難しいなーって思ってます。
    ちなみに、結婚はしたいけど、心の奥底で男性は怖いと思っている部分もあります。
    人生の成績表なんてものがあったら、私の「恋愛・結婚」欄は間違いなく「E評価(最低)」です。

    見当違いだったらすみません。

    ユーザーID:2968481049

  • 失礼しました。

    カフェオレさんへ
    >皮肉のつもりで男女逆にしただけなんですけど。少し前のレスを参照してください。

    すみませんでした。


    トピとは関係ないかも知れないんですけど、今後、恋愛強者ではないと結婚できなくなるとすると、自然と恋愛強者の遺伝子が増えることになりますよね。その結果、日本人は情熱的な民族になっていくんですかねぇ。(ラテン寄り?)

    というか、これは進化の一部なんですかねぇ。

    ユーザーID:8982395570

  • 勘違い

    自分のことを勘違いする人が増えて非婚化が進んでいるのではないでしょうか?
    「自分はできる人間だから、もっと素晴らしい異性と結ばれるべきだ。」と勘違いした者同士では、いくら接点があっても結婚とはなりませんよね。
    まずは己を知ることからかと。

    ユーザーID:5659404858

  • そんなに結婚したいですかね?

    個人的にはたまきさんの意見と同様です。

    >マスコミもそんな風潮に合わせてターゲットを女性に絞り、「女性は強く・自立した」と煽り、
    >それに気を良くした女性は限度なく権利意識と要求を高める一方。
    >そんな女性にウンザリしてきたあるとき、男性は気付きます。

    男性は、強く自立した女性がただの「傲慢な人」に見えてきたんだと思います。それがそのまま結婚観に繋がり、「結婚する『気』が失せる」といった状況かと。男性が女性に求婚することすら失せ、男性側は結婚という『夢』を捨てる。実際結婚しなくても飯は食えるし、生活には困らない。性欲に関しても、どうにかできる状況にはなっている。恋愛しなくても何とかなる状況なわけです。そういう全ての状況を鑑みても、結婚する『メリット』が全くないといえる。

    非婚化の原因?それは、各々薄々感じてるんじゃないですか?
    この不景気の土壇場になって、あたふたする方がおかしいかと。

    ユーザーID:7520857275

  • 「結婚したい」と言うより

    女性の雇用形態と収入を見る限り、「結婚してもらえなくては困る」女性が圧倒的多数だと思います。

    それが分かっているから、女性は「結婚したがらない男性」の存在が面白くなくて許せないのでしょう。でも理屈では反論できないから、こざたんさんの言うような相手を嘲笑う感情的中傷しか出来ないのです。本人にしてみれば、必死に考えた末の反論なのでしょうけど。

    男性視点で言えば、恐らく「強く自立した女性」なんてほとんどいた例がないのでは。自称、または同性評価で言う「強く自立した女性」は、男性から見れば最初からただの「傲慢な人」です。力や権利を得ても自分の利益にしか使えないし、男性にされたら許せないことを率先してするんだから。

    >非婚化の原因?それは、各々薄々感じてるんじゃないですか?
    >この不景気の土壇場になって、あたふたする方がおかしいかと。

    全く同意です。薄々感じていても、これも認めたくないんでしょうね。現実逃避と責任転嫁は女性の得意技ですから。
    そんなことしてる間に、現実は確実に動いているんですけどね。

    ユーザーID:5399961336

  • 簡潔に

    昭和の時代と比べて
    家事ができる男性が増え、稼げる女性が増えたからです。

    ユーザーID:6899169641

  • 私が独身の頃はいった会社(30年前)

    私は、30年前に事務で入社しました。入ってみたらびっくり。
    みんな結婚しているか、彼女がいるか。話題も子供のことも多く、話についていけませんでした。(マスオさんも多かったような)
    クリスマス前には、いろんな食事会に参加する私を、うらやましいと言いながら、家庭で奥様の手料理を食べながら、幼稚園の子供が作ったクリスマスツリー(紙やりぼん)、毎日は食べれないようなケーキ。
    楽しい笑顔。そんな生活もいいなと思って、すぐ結婚を決めました。
    今の独身はどうなのでしょうか。私のときのような独身の華やかな食事会もないようだし、結婚の自慢話は会社でしないというような雰囲気があります。一般的な話題 あたりさわりのない話題。早く結婚したほうがいいなんてことは誰も言いません。でも新しい時代です。みんな形を作っていくのではないでしょうか。私はマイナスとは思っていません。

    ユーザーID:4131359859

  • 各々の事由によるのでパターン化は困難かと

    男性だけの責任でもなければ女性だけの責任でもないでしょうね。
    一つの対策案だけで解決する問題ではないでしょう。
    このまま静かに人口をゆるやかに減少していくのはそれほど悪いことではないと思います。



    私は非婚派です。
    異性に対しては特に悪い感情も経験もありませんが、結婚という選択肢はありえません。

    「出来ないだけだろう?」と言われればその通りです。
    行う意思がないのですから、出来る筈がありません。

    ユーザーID:4808857658

  • もっと冒険を

    10年くらい前に結婚しました。
    年収が300万ありませんでした。250万って言った方が正しいくらい。
    私も私の親も「結婚なんてできぬ」と言いましたが、妻の主張と、「娘が言うなら」と折れた妻の両親に押し切られました。

    だから、経済的な問題で結婚できない・・・のは、一理あるでしょうが、すべてではない気がします。

    10年で、妻は専業主婦、年収は当時の4倍くらいになっています。娘も2人います。妻は「私、勝ち組」と笑っています。
    10年経った今なら、学歴・年収とも皆さんの査定に通ったのですが、もう結婚しちゃってます。

    「すべて整ってから結婚する」のもいいですけど、「何もないけど、2人で頑張る」ってのもありです。
    (妻の両親は、最悪の事態を想定して、部屋をそのままにしていたそうですけど・・・当然だよね)

    「非婚化」の原因は、「完璧主義」だと思います。
    きちんとするのは、間違いなく正しいです。尊敬します。
    でも、「結婚したい相手がいる」・・・ちょっと冒険してみたらいいのにと思います。

    「この無責任男!」と叱られれば、「はい、すみません」しかないですけど。

    ユーザーID:8378124597

  • はぁ…。

    デズモンドさん。

    >女性は「結婚したがらない男性」の存在が面白くなくて許せないのでしょう。
    >でも理屈では反論できないから、こざたんさんの言うような相手を嘲笑う感情的中傷しか出来ないのです。
    >本人にしてみれば、必死に考えた末の反論なのでしょうけど。

    結婚したがらない男性の存在はどうでもいいと思っています。個人の自由ですから。掲示板などで「誰がなんと言おうとも僕は絶対に結婚しないもんね」と言っている人は仲間を増やしたいのか、こんな僕にしたのはお前たちだ!と責めたいのか良く分かりませんが。

    >現実逃避と責任転嫁は女性の得意技ですから。

    これは、相手個人ではなく女性全般を嘲笑う感情的中傷だから良いのですか?
    このように、女性全般を軽んじたり、軽蔑したりする記述があるので、こういう書き込みをする人は、どんな女性に育てられ、どんな女性と付き合ってきたんだろうか、と考えてしまうわけです。

    こういう考え方は、ここに書き込みをされる方だけではなく、現代の男性一般の考え方だと、私の認識を改める必要がありそうですね。

    ユーザーID:8982395570

  • 生活が便利になった、というのはあると思います。

    バブル世代(笑)の45歳既婚男性です。

    どちらかといえば、家事が出来る男性が増えた、というよりは
    社会的インフラの整備と大型小売店の営業時間延長で
    (男女問わず)単身者の生活不便が取り除かれたからだと思います。

    ほんの20年前、平成初年ごろ
    小生の自宅近所(東京近郊住宅地)では
    20時過ぎると開いている食品スーパーがなくて
    コンビニ弁当しか食料が手に入らない有様でした。
    そのため、控えめに残業しても帰ってくると20時とか21時が普通だった
    当時の若手勤め人の男性にとっては
    週末のまとめ買いなしでは自炊もままならない状態でした。
    公共料金・税金等の払い、役所その他の手続きでも
    コンビニ払いは現在ほどいろんなものに設定されておらず、
    役所の土曜日窓口もなかったため
    平日昼間に窓口に行くしかない用事が現在よりかなり多かったと記憶しています。

    こういった生活面の「面倒」の減少が
    そのまま結婚インセンティブの低下につながっているんでは
    ないでしょうか?

    ユーザーID:7991461710

  • 便利で快適すぎる。

    人の心理としては、しなくても快適で便利な生活が送れるのなら必要に迫られるまでしないでしょう。昔の女性は成人したら恋愛もしないまま親元から嫁ぐ以外将来の道がなかったんです。相手をよく見極めてなんて状態ではない。これが正常だとは思えません。嫁なんていらない男の人も普通にいたと思いますよ。非婚の人が増えたのではなく、自然に近くなったのでは?と思っています。世の中全て男女カップルに必ずなる状態なんて考えたらそれも気持ち悪いなと。
    一人で、自分の収入で余裕で暮らせる、コンビニやネット販売などある訳だし。うちの夫は包丁を握ることがないし、米も炊かない人ですが、10年以上一人暮らししてました。
    親や上司や親戚のおじさんおばさんなんかがお見合いを持ってくるなんて事も少なくなったし。「結婚考えないと〜」なんて気になりにくい状態ですよね。

    ユーザーID:4367099689

  • もてなかった男が結婚したくない理由1

    私も含めて学生時代の仲間の多くが30代半ばになっても独身です。
    「結婚できなくても、子どもは欲しい」なんてことを良く話していますが、自分の意思と能力だけで出産できないのが男性の弱い所です。

    最近感じるのは、女性と縁の無いまま社会に出てしまうと、仕事も堅実で論理的常識的な考え方のできる、いわゆる「良き家庭人」になりそうなタイプの男ほど結婚を敬遠するようになる、ということです。
    思うにこれって、自由恋愛社会の影響なんでしょうね。

    「彼氏いない歴=年齢」の女性より、「彼女いない歴=年齢」の男性の方が多いと感じませんか?
    学生時代〜20代前半くらいの恋愛を見ると、イケメンや金持ち、ノリの良い奴など、ごく一部の「モテる男性」が、次々と女の子と付き合っています。
    しかし、私たち「モテない男性」グループは女性から相手にしてもらえず、恋愛の機会が無く、 孤独に耐えながら勉強や仕事の下積みに頑張ってきました。

    ユーザーID:0610210321

  • もてない男が結婚したくない理由2

    女性が結婚や出産を意識する年代になった時、モテる男性は一人の女性としか結婚できません。また、責任の発生する結婚よりも、自由恋愛を続けることを選ぶ男性もいるでしょうね。

    モテる男性と結婚できなかった女性はどうするか? 
    自由恋愛を楽しんできた女性は、恋愛経験が乏しい男性に魅力を感じない方も多いでしょう。

    あるいは、将来を意識してモテない男性にアプローチをかけてくださる女性もいますが、 こっちも能天気じゃありません。
    地位ができて小金が貯まると、男も警戒心が強くなります。
    近寄ってきた女性に対しても「どうせ金目当ての妥協だろ?」なんて考えてしまいます。
    男は一人でいる間にいろんな趣味も持ちますから、それを邪魔されたくもないですしね。

    正直言って、自分が一人で頑張って築いた財産を、その間他の男と遊び歩いていたような 女性に使いたくありません。
    器が小さいと言われるでしょうが、これが本音です。

    ユーザーID:2534946945

  • 義務ではなくなったから

    に尽きると思いますよ。

    結婚が当然の時代には、嫌々結婚する人口が何割か(3,4割?)いたけれど、それがいなくなっただけの話かと。

    ユーザーID:3163207646

  • じゃ、今がチャンスなんじゃないんですか?

    匿名で、さん。

    >正直言って、自分が一人で頑張って築いた財産を、その間他の男と遊び歩いていたような 女性に使いたくありません。

    今、20代の若く穢れない乙女も婚活してるみたいですよ。
    ほら、不況で就職が難しいし。
    (企業にもっと積極的に女性を雇ってもらえるように私も仕事をがんばろう!)

    つまり、こんな時代でなければ、なかなか婚活市場に出ないような女性も婚活してるってことですよ。
    もっと言うと、ちょっと前の出会い系サイトや、結婚相談所では考えられないようなランクの女性がいるってことですよ。

    逆に、今を逃したら本当に一生結婚できなくなるかもしれないですよ。

    あ、余計なお世話でしたね。

    ユーザーID:8982395570

  • 自然の理

    「結婚したくない男」が増えると、その分だけ「結婚したいけど出来ない女」が増えるのは自然の理です。
    したがって非婚化の原因を追求するなら、

    「なぜ男が結婚したがらなくなったのか」

    その理由を考えることは必須事項となります。
    「結婚したがらない男性の存在はどうでもいい」という意見が見られましたが、それでは非婚化の原因を解明することを初めから放棄している、としか言いようがありません。

    私自身は既婚ですが、けっこう高齢での結婚でした。
    独身時代、私は決してモテる方ではありませんでしたが、それでも恋愛に至ったり、言い寄ってくる女性はいたものです。
    私がその女性達と結婚に至らなかった理由、それは
    「彼女は私に何をしてくれるのか?」
    という自問に、「何もなさそう」という自答しか浮かばなかったからです。
    私以上に稼げるでもなく、私以上に飯を作るのが好きでもなさそう、そして何より私より優しくなさそう、思いやりもなさそう。

    男と女を入れ替えたら、これら男の非婚化への流れの原因は、女性にも理解できると思いますが。

    ユーザーID:7454017390

  • 真面目なおつきあい

    匿名でさんのレスを読んで非常にもったいないな〜という気がしました。

    あ、私は3人子持ちの既婚40代女です。

    匿名でさんが堅実で常識的で浮ついていないのと同じように、女性の中にも真面目で堅実な、男性とのおつきあいも得意でないタイプの女性もいるんですよ。(おつきあい経験が少ない…ということは、人目を引くようなタイプでないことは想像できますが)

    結婚はごくごく普通のことのなのに、人より優れた容姿や技能、押しの強さがないとできないなんて、おかしいですよね。誰もが羨む「勝ち組」の結婚ならば難しいでしょうけど。

    その日にあったいろいろなことを語り合えるパートナーもいいもんですよ。男性同士で話すのとは、また、ちょっと違うと思います。

    非婚化の原因のひとつは、ごく普通の男女の出会いのチャンスが少なくなったことも一因なのではないか、と個人的には思っています。

    匿名でさん。どうですか?一歩前に踏み出てみませんか?

    ユーザーID:6764202672

  • 男性に不利な契約だから

    31歳独身男性です。将来的には結婚したいと思うので、非婚化推進派かどうかは微妙なとこですが。

    まず、私がどんな人か
    ・東大卒、業界で使える資格あり、英語力あり、安定して少なくとも1000万は定年まで稼げそう(必要があればもっと稼げますが、物欲ないので給料安くてもラクな方がいいです)
    ・地方出身、次男
    ・家事は一通りこなせます
    ・イケメンではないですが、平均以上の外見だと皆さんおっしゃいます
    ・話が上手です
    ・最近、24−5の女性に迫られてちと当惑気味です

    さて、恋愛関係ではムリで結婚しないと手に入らないものを考えると、それは子どもだけです。男女間の永遠の愛とか要りません。半年くらい盛り上がれば次に行きたいのが本音です。
    結婚って、ありえないくらい男性不利の契約です。妻の浮気が原因で別れても親権とられるし。つかえない主婦に総計1億くらい必要らしいし。

    でも、結婚しないと子どもが得られないんですよ。悲しい。という訳で、子どもに責任取れる年齢の極限までは逃げるつもりです!

    ユーザーID:3774524328

  • 何を必死に・・・

    >結婚したがらない男性の存在はどうでもいいと思っています

    あなたのことなんて知りません。
    どうでも良くない人が相手を嘲笑う感情的中傷をしてるんですよ。
    仲間なんて誰も意識してません。自然と同じ考えの男性個人が増えているのが非婚化です。女性なんて責めて何の意味があるんですか。

    >相手個人ではなく女性全般を嘲笑う感情的中傷だから良いのですか?

    感情的中傷などしていません。客観的事実です。

    >どんな女性に育てられ、どんな女性と付き合ってきたんだろうか

    平気で責任転嫁する人や、原因を無視して結果だけであてを非難する女性こそどんな躾や教育を受けてきたのか考えさせられます。

    >現代の男性一般の考え方だと、私の認識を改める必要がありそうですね。

    そんなこと知りません。勝手に思っててください。
    ただ、非婚化の一因としては必ず挙げられることなので、そう考える男性は少なくはないでしょうけど。

    で、あなたは何がしたいんですか?

    ユーザーID:5399961336

  • 何に使うのでしょうか

    集計とか、するんでしょうか?

    いろんな人がいるのね、とは思いましたが、
    「楽したいから専業主婦です」
    という人がこのトピに書き込みするとは思えないので、
    専業主婦の実態把握という意味では無意味な感じがします。

    何に使うのかはっきりしないと、自分の生活は明かせません。

    ユーザーID:2797638350

  • 悪いことなの?

    こんにちは。
    トピのテーマである非婚化ですが、小町の別トピや社会の風潮から察するに、
    「草食系男子などの言葉に代表されるように、男性が恋愛や結婚を避ける傾向がある」との前提でレスします。

    結論から言ってしまうと「そんなに悪いことかしら」ですね。
    ちょっと前まではメディアも「結婚しない女性、結婚できない男性」と報道してましたしね。

    「恋愛なんかしない。私は仕事が恋人」
    「結婚なんか考えられない。仕事や趣味、習い事をしているほうが充実してる」

    私に周りにも、このように考える女性もいましたし、一つの生き方として尊敬できます。
    多くの女性もメディアも「女性の新しいライフスタイル」や「男に媚びない、かっこいい自立した女性」などと好意的に捉えていた記憶があります。間違っても「草食系女子」なんて言葉は出てきませんでした。

    しかし、同じことを男性がすると、どうして次のように叩かれるのでしょうか。

    「責任とろうとしない」「男として器が小さい」「自己中心的な考え」「女性を幸せにしようという気概がない」

    結婚しない男性に対する小町の意見は辛らつです。

    ユーザーID:3114875429

  • そうなんだよね

    さくらさんに同意です。
    一体何なのでしょうね、この女性の性別による態度の違いは。

    小町女性が最大限の評価と拍手喝采を送る、結婚願望のない自称「男性と対等以上に仕事が出来る」女性が非婚の道を選ぶのも、一般男性が非婚の道を選ぶのも同じことです。生活スタイルも全く同じ。

    統計を見る限り、非正規雇用だったり収入が低かったりで結婚に活路を見出そうとしている女性も大勢いますが、そんなもの自己責任です。男性の非婚化によってそういった女性の多くが救われなくとも、男性には関係のないこと。性別に関係なく、自分の人生に責任を取れるのは自分だけです。

    夫は議論好きさん

    >結婚はごくごく普通のことのなのに

    もう男性にとっては普通のことではないんですよ。だからこそ今の非婚化社会なんです。
    結婚は男性にとってメリットがなく、デメリットばかりであることに気付いた非婚男性が「その日のことを語り合えるパートナー」程度で結婚に価値を見出すと思いますか?一生養うだけの価値があるとは誰も思わないでしょう。

    ユーザーID:1431649618

  • 確かにそうですね。

    >結婚しない男性に対する小町の意見は辛らつです。

    それは、結婚しない男性が述べる意見が、女性蔑視のものが多いからではないでしょうか。

    >「責任とろうとしない」「男として器が小さい」「自己中心的な考え」「女性を幸せにしようという気概がない」

    これは確かにひどいですね。
    結婚する・しないは個人の自由なのに。
    何で男女同じことをしていて女性ばかり援護されるのか。

    私は「"婚活"に政策支援を 小渕担当相のPTが提言へ」という記事を見てびっくりしました。
    国を挙げて女性の婚活を応援するようです。

    ほっといてほしい。

    ユーザーID:7074310485

  • 叩かれる理由

    >しかし、同じことを男性がすると、どうして次のように叩かれるのでしょうか。

    「女性が結婚しなくなっても男は困らないが、男が結婚しなくなると
    女性が困る」なによりの証拠です。

    >結婚しない男性に対する小町の意見は辛らつです。

    男にとって「結婚しない選択」が間違いでないことの裏付けですね。
    現実世界では「出会いがなくて」と言っておけばいいのですから
    痛くも痒くもないです。

    ユーザーID:9651648162

  • 前に流行った言葉で

    「亭主元気で留守がいい」って言葉がありますよね。
    「亭主元気で」=キャッシュディスペンサーにいけば現金が出てくる
    「留守がいい」=家に帰ってくるな
    恋愛結婚するならともかく、普通に見合い結婚だとこの流れになると
    多くの男性が気づいたのではないでしょうか?
    男性が家族のために夜遅くまで働く=女性から見ると単なるキャッシュディスペンサー化

    男性が長時間働くことによる家庭内での存在感の希薄化により、家庭内での居場所がなくなり、その愚痴を聞いた年下男性は結婚に希望が持てなくなった
    その結果が非婚化であり、草食化ではないでしょうか?

    ユーザーID:6131585123

  • どっちにしろ男のせいにしないでくれ

    結婚しないのも恋愛しあにのもそういうものに対する憧れがないからです
    結婚も恋愛もどっちにしろ女性の好みに付き合わなきゃいけないという事知りましたんで。そうなると男としては面白くともなんともないんで自ずと遠ざかってるという感じじゃないですか?
    マスコミもTVも女の要望ばっかでいい加減にしろという感じが世の男の中にふつふつとあると思います。

    ユーザーID:2465171844

  • 素直に考えて

    私が男性だったら、結婚なんてしたくないなあ。

    だって、女性の私が仕事をやめても、夫からも世間からも何も言われないけど(多少叩かれる?)
    夫が仕事を(自主的に)やめたら完全変人扱いでしょう。
    だいいち私がいるから、やめるのは無理でしょう。

    余程やりがいのある仕事でない限り、
    働きたくない気持ちは男女変わりないのにね。

    不公平なんだと思いますよ。

    ユーザーID:0353835628

  • 本当に

    アナキンさん

    >>結婚はごくごく普通のことのなのに

    >もう男性にとっては普通のことではないんですよ。だからこそ今の非婚化社会なんです。
    結婚は男性にとってメリットがなく、デメリットばかりであることに気付いた非婚男性が「その日のことを語り合えるパートナー」程度で結婚に価値を見出すと思いますか?一生養うだけの価値があるとは誰も思わないでしょう。

    我が家は3人の子供がいる上私は専業主婦ですから、外食すれば4人分、
    旅行なんてしようものなら、移動費から宿泊代まで、常に夫は奢り続けている訳です。私も仕事をしていた時期がありますから、同じ状況なら「やってらんないよ。」と思ってしまうでしょう。けれど、彼はもくもくと仕事を続けています。特段、不満があるわけでもなく、今日あった仕事のことを楽しそうに話しています。私は私で、今日あったことの報告と、子供がやらかした事件を語ります。

    一生というとすごいことのように聞こえますが、結局は一日一日の積み重ねです。今日をどう生きたいか…ということなんでしょう。

    ユーザーID:6764202672

  • あくまで僕の場合の話ですが

    結婚したいと、本気で思ったことがありません。

    子供嫌いではないので、街やテレビで小さなお子さんを見ると、ペットを見るように近い感覚で「かわいいな。自分も子供が欲しいな」と一瞬思うことは多々ありますが、
    良く考えてみれば「子供を育てる」ということが、どれほど大変なことか。
    それを思うと「やっぱり子供なんか要らない」という結論に達します。

    子供が要らない、そのうえ、家事については家電製品の発達や、一人暮らしのための社会的基盤や商売が成長してきていますから、「奥さん」の存在価値は確実に落ちています。

    夫婦生活を維持させる苦労をしてまで「奥さん」が欲しいか?と言われれば、答えは簡単「奥さんなんか要らない」です。

    以上。

    ユーザーID:6106741403

  • なるほど・・・

    42歳離婚歴有りで、現在12歳下の妻がいます。

    草食男子の話を聞き、なるほどそれでなのか!と思っています。
    まずは、妻と結婚したのが2年前なのですが、今は20歳の恋人がおり、31歳既婚で娘がいる女性とダブル不倫もしています。

    私のように背も高くなく、学歴もさほど良くない男でも、とりあえず一部上場企業にバブル入社しているのが原因かと考えていたのですが、どうやら本来の競争相手がみんなリタイアしてくれているからこのようなデフレ状態なんですね。

    私のような肉食男子も居りますので、ここは法を改正して一夫多妻制にしてしまえば、いいでしょう。

    それはさておき、問題点はやはり結婚にメリットが無いからだと思われます。
    学生時代からずっと女性にかけてきた金は莫大ですから。
    今のご時世では若い人には到底出来ない事だと思います。
    私も、ついついピロートークで「結婚しようか?」と言ってしまわなければ今の妻と結婚しなかったかもしれません。

    女性の敵である私ですが、ある意味、3人の女性の精神的、経済的アシストをしている訳ですから、これからは女性の本当の味方であると言えるかもしれませんね。

    ユーザーID:8711979966

  • 結婚=出産の図式に疲れた

    だから結婚をしません。
    やはり女性はこうあるべき!という考えはありますし…
    私は仕事をしたいし、両親の介護くらい自分でしたいので。

    ユーザーID:3139100882

  • 結婚自体が嗜好品化している 1

    こんにちは。

    >それは、結婚しない男性が述べる意見が、女性蔑視のものが多いからではないでしょうか。

    非婚男性の意見なんですが、小町や社会の風潮、実際に非婚男性から聞きましたところ、

    「結婚自体に興味がない」
    「男にとってメリットがなく、デメリットしかない」
    「自分が食っていくのに精一杯で結婚なんかする余裕がない」

    みたいな感じの意見が多いような印象です。私は特に女性蔑視とは思わないんですが、
    蓮様はどのような意見が女性蔑視だとお考えですか。


    上記の意見や、皆様のレスを拝見していますと、
    結婚が「人生の一大イベント」から、「ライフスタイルの一つ」になりつつあるんだなと思いました。
    まさに、結婚の嗜好品化です。タバコを吸うか、吸わないか、みたいな感覚ですね。

    結婚するもよし、結婚しないもよし。
    人生において選択肢が増えるということは歓迎すべきことだと思います。

    ユーザーID:3114875429

  • 結婚自体が嗜好品化している 2

    こんにちは。続きです。

    先程、結婚が嗜好品化しているとの見解をタバコを例に出して述べました。
    私はタバコを吸いません。吸いたいとも思いませんし、喫煙自体が体に悪いと考えています。

    「勇気を出して吸ってみたら」「一服もいいもんだよ」「軽くてニコチンやタールの少ないタバコもあるよ」

    例えば、こんなことを言われても、吸ってみようなんて微塵も思いません。むしろウザいです。
    「吸わないのは私の自由です。ほっといて下さい」と思いますね。


    これと同じで、非婚男性に、肯定的な結婚観をぶつけてもかみ合わないのではないでしょうか。

    「勇気を出して結婚してみたら」「パートナーがいるってのもいいもんだよ」
    「思っているよりデメリットなんてないし、メリットも多いよ」

    などと言われても、彼らが結婚に興味を持つとも思えませんし、むしろ結婚に対する嫌悪感は増すかもしれません。
    タバコ嫌いの私がタバコを勧められる以上のウザさを感じるかもしれません。

    「結婚しないのは俺の自由だ。ほっといてくれ」

    彼らにとっては、これが結論でしょう。

    ユーザーID:3114875429

  • いろいろな本音

    子供が欲しいとか、誰かと暮らしたい、結婚したほうが何かと楽と思えない人が増えてる
    からだと思う。
    独身でいるよりも、いいことが少なく見えてしまうのでは?
    共働き・家事分担、育児分担が希望の人が増えてるとは言え、皆がそんな何でもできるわけじゃなし。
    男も女も高望では。それじゃ男も女も有能(?)な人しか結婚できないでしょう。

    妻子を一生養うことが負担と言う以外にも、仕事から帰宅したら一息つきたいのに、家事や育児も待っている
    それができないと無能扱いされる。休日もゆっくりできない。
    妻だけを養うのが負担とか、共働きで家事分担を無意味に思う。それなら同居する必要はない。
    マイペースに一人暮らしのほうがいい。

    専業主婦の選択肢があるなら結婚するのはメリットがあるが、共働きで家事分担、育児分担なら一人でマイペースな
    生活のほうがいい。
    結婚することが仕事の妨げになったり、することが増えて負担になる場合、一人のほうがいいなど・・

    そこに昔ほど独身が珍しくなくなってきているし、一人で生活することにそれほど困らないようにもなっているのが手伝っている
    と思います。

    ユーザーID:9458302123

  • さくらさんへ

    女性を軽視していると感じたのは、
    「不良債権」
    「現実逃避と責任転嫁は女性の得意技」
    「タカリ屋の女性は、ゴキブリと同様にしか見えません」

    などですかね。過剰反応でしょうか。
    でも、女性も相当色々書いてます。
    読んでいて疲れました…。もうこういうトピ見たくない。

    ところで、質問です。

    タバコの例え、とても分かりやすかったです。

    >「結婚しないのは俺の自由だ。ほっといてくれ」
    >彼らにとっては、これが結論でしょう。

    上記が非婚化男性の現状についての結論かもしれませんが、このトピの主題:「非婚化の原因は?」についてはどうお考えですか?

    6月12日のレスの通りと思っていいですか?

    ユーザーID:1851009745

  • 男が非婚化するのは当然

    結婚したところで、いつ離活しかけてくるかわかったものじゃないから。
    寝首を掻かれない(離婚されない、慰謝料取られない)ようにするには、危険要因を遠ざける(非婚化)のは至極妥当な対応でしょうし。。

    ユーザーID:2491577028

  • 非婚化の理由

    非婚化の理由は、ゲーム理論で考えれば答えが出ます。各個人が思考する
    最適な生き方が世の中に繁栄されているだけです。
    非婚化を主導しているのが男性なら男性が結婚にメリットを感じにくくなっているのでしょう。

    少子化など、今後起こりうる問題を理由に非婚化をせめても、この状況はある程度続きます。将来的に非婚化か進んだことを社会は反省するかもしれませんが、現実的に生きている人間はそこまでなかなか考えが回りません。

    過去、人間が殺し合い、領土や資源を奪いあっていたわけです。
    今になっては反省すべき行動ですが。

    私見ですが、結婚してもいいですが結婚しない方が幸せかもって思う今日この頃です。
    一般論でいうと経済的理由が大きいと思いますが
    結婚しないで困るのは女性の方が男性より多数でと思います。

    ユーザーID:5216508957

  • タバコというよりペットかな

    例えはタバコよりもペットのほうが適切なのではないか、と思います。

    ペットを飼ってる人が飼ってない人に、
    「ペットのある生活は幸せ。この幸せを味わないのはもったいない」
    「ベットを飼うと人間が豊かになる」
    「ベットを飼ってない人は人間性が貧しい」
    「ペットを飼うことデメリットがメリットより多かったらこれだけ
     多くの人がペットを飼ってるはずがない…」

    これはうんざりですよね。
    非婚派の人に結婚を勧めてる人は、上記の例えと自分を比べて自分を
    見つめなおしてくれたらと望みます。

    ユーザーID:9651648162

  • 男性の非婚化の一因

    テレビや雑誌やネットに出てくる婚活女性の姿にうんざりしているのだと思います。

    例えば、自称カジテツの高卒アラフォー女性が相手に求めるのは、年収2000万以上、年下、次男、旧帝大卒。
    そして自分は専業主婦希望で生活の為に働くなんてあり得ないと言い切る。
    更に、専業だけど家事は手が荒れるから嫌、旦那の稼いだ金でブランド品を買いまくり、エステに海外旅行にと、兎に角享楽的に生きたい、子供は金がかかるし面倒くさいから不要と宣う。
    こういう極端な女性ばかりがクローズアップされ、男性はある種のマインドコントロール状態に陥り、普通のまともな女性もいるはずなのに、それを見失ってしまうのだと推測します。

    ユーザーID:2299691394

  • リスク回避の方向性

    こんにちは。

    蓮様のレス拝見しました。男女共に、お互い忌憚のない意見を言うのはいいと思いますが、
    読んでいて気分の悪くなるのは駄目ですね。

    >このトピの主題:「非婚化の原因は?」についてはどうお考えですか?
    >6月12日のレスの通りと思っていいですか?

    男性の結婚観と女性の結婚観が乖離してきたことに加え、
    男性が「非婚」を、リスク回避の手段として実際に取り始めた事が大きいと思います。

    「結婚とは生活です」「最低でも正社員、最低でも年収○百万」

    小町でもよく見るように、女性は、結婚について現実的な思考をして、
    相手に一定の条件を課すことにより、リスク回避をしてきたのだと思います。
    結婚相手に求める「三低」の中の「低リスク」ですね。

    「リスク>リターン」「デメリット>メリット」

    皆様のレスにもありますように、ここにきて男性も現実的な思考を始めたんでしょう。
    そのリスク回避の手段が、たまたま「非婚」であったというだけではないでしょうか。

    男女どちらが悪いとかの議論ではなく、未来が見えない現代おいての自然な感覚なんだと思います。

    ユーザーID:3114875429

  • ゲーム理論

    その通りだと思います。

    ゲームは与えられたルールの中。
    ゲームのやりすぎで人生も与えられたルールでしか考えられなくなっている。
    メリット・デメリットに拘るのも一つの現れ。

    それにしても結婚をペット飼うのと一緒にするなよ。
    もっと自分で考えな。自分のことだよ!

    ユーザーID:0213449667

  • 女性蔑視というけれど

    >女性を軽視していると感じたのは、
    >「不良債権」
    >「現実逃避と責任転嫁は女性の得意技」
    >「タカリ屋の女性は、ゴキブリと同様にしか見えません」

    >などですかね。過剰反応でしょうか。

    女性が不快感を感じるのは、確かに当然でしょう。

    で、何で女性が不快感を感じるのは何でですか?
    謂れ無き言いがかりと感じたからですか?事実を指摘されたからですか?

    男性としては、女性の各所でされる発言・書き込み(インターネット上など)見ると、『事実』としか見えませんが。

    ユーザーID:2491577028

  • 納得しました。

    >男女どちらが悪いとかの議論ではなく、未来が見えない現代おいての自然な感覚なんだと思います。

    さくらさん、ご回答ありがとうございました。

    私も男女どちらかが悪いという結論を導き出そうとするのは不毛なことだと思います。

    ユーザーID:0955340650

  • 非婚化を止める必要はない

    非婚化で問題になるのは、少子化だと思いますが、
    シングルマザーに対する援助が充分に行われれば、結婚は必ずしも必要ないのではないでしょうか。
    男性は(女性もですが)一夫一婦制に向く人と向かない人がいるので、
    子育てを結婚という不安定なものに頼るよりは、国からの援助に頼るほうが
    金銭的にも精神的にも安定できると思います。

    「婚活支援」などと言いますが、
    結婚しても子供を作るとは限らないので、
    支援は「非婚化」ではなく「少子化」にポイントを絞ったほうがいいのに、と思います。

    ユーザーID:7517533396

  • 以前と比較して周りからの圧力が減少したことが理由

    トピ主さんの御指摘の理由なんて非婚化への作用としては僅かですよ。

    以前なら男女とも30歳すぎで独身でいたらそれこそ見合いだ何だって圧力が掛かっていましたから。
    結局、現在の状況が普通なのであってこれまでは世間の圧力が皆婚を実現していただけなのですよ。
    それでも私の会社なんて田舎の中小企業だから30歳すぎて独身の男なんて私しかいないから、都会の会社と比較すればやはり結婚への圧力は高いしなんでいつまで結婚しないのだと言われますよ。

    ところでトピ主さんの「結婚しない」「結婚できない」という考え方には目から鱗という感じですね。
    結婚なんて意識したことのない私にはその差はどうしても理解できない(頭悪いね)けど、なるほど、独身の方にも「結婚しない」「子結婚できない」の二種類があるなんて考えると面白いですね。こんな考え方している方他にいるのかなあ、いないとすれば素晴らしい新発見かも。

    非婚化はともかく少子化を食い止めるには一夫多妻制なんてどうかな。お金持ちなら何人も奥さんや子供を養うことできそうだし、かつて徳川家の将軍様なんて50人くらい子供がいたりしたでしょ。

    ユーザーID:2328547464

  • ゲーム理論とは

    ゲーム理論(ゲームりろん)とは、20世紀半ばに確立された数学の一分野である。

    目的を持つ複数の主体が、一定の制約条件下で戦略を持ちそれぞれの目的達成に向けて行動する状況での、個々の主体や集団としての振る舞いについて研究する学問である。
    (wikipediaより)

    >ゲームのやりすぎで人生も与えられたルールでしか考えられなくなっている。
    >メリット・デメリットに拘るのも一つの現れ。

    ゲーム理論のイロハも知らずに他人を罵倒する、その無知こそ恥じたら如何でしょうか?
    そういった無知蒙昧な輩が結婚・恋愛を語るからこそ、多少なりとも思考能力を持つ連中がそれらを敬遠したくなる(草食系男子なる連中)のも、至極当然の成行きではないでしょうか。

    ユーザーID:2365661669

  • 確かに、結婚とペット飼うのを一緒にするのは誤りでした

    >それにしても結婚をペット飼うのと一緒にするなよ。
    >もっと自分で考えな。自分のことだよ!

    そうですね。ペットに対して失礼でした。
    ペットは離活だの熟年離婚だのといった不実はしませんから。

    ユーザーID:2491577028

  • 無題

    >>支援は「非婚化」ではなく「少子化」にポイントを絞ったほうがいいのに、と思います。

     いや、欧州の様に結婚と出産が分離されていないので、子供を作るには結婚するというのが日本ではまだまだ「普通」です。
     統計的にも一組の夫婦が生涯に産む子供の平均数(約2人)は実はこの3〜40年ほとんど変化がありません。婚姻数の減少と出生数の減少と相関関係にあるのは統計的事実で、婚姻外での子供が増えていない以上、この二つは前者が後者と因果関係にもあるとも言えます。
     非婚化を解決せずに少子化を改善するには、一組の夫婦が産む数を5〜6人に増やす多産か、婚姻外での出産を増やすという選択肢になります。どちらも現実的ですかね?前者は各種調査で男女とも、欲しい子供の数は2人が一番多く、多くても3人で、4人以上を希望する人は圧倒的に少数派です。また後者は日本の文化、日本人の思想そのものを根本的に変える必要がありますので、かなり長期にわたる作業になると思われますし、政府が政策として行ったとして押しつけられた国民側がすんなり受け入れるかという問題もあります。

    ユーザーID:3288723148

  • レスに現れているような

    ここで女性をやたら攻撃している方のレスを見ると、少なくともその方たちが幸せなようには見えないのですが。周囲には結婚には向かないからと独身を通されてる男性も女性もいますが、生き生きとしていてマイナスの感情を感じません。結婚している人への目線も優越感やこだわりなどは全く感じないし、こんなことは言わないだろうなあ…。

    女性を罵って非婚の理由とするなら、単に憂さ晴らししていると思われても仕方ないのでは。そういう女性でなかったら結婚してもよいということなら、単にそうではない女性をつかまえることができなかっただけだ、ということになりませんか? 

    すべての結婚に「外れ」のリスクがあるから、というなら、どうぞリスクのない人生を送ってくださいとしか言えません。ただ、そういう人がどんなに自分の「賢さ」を宣伝しても、共感する人はお仲間だけだと思います。

    ユーザーID:0049146912

  • そうですね、それじゃ非婚で

    >すべての結婚に「外れ」のリスクがあるから、というなら、どうぞリスクのない人生を送ってくださいとしか言えません。ただ、そういう人がどんなに自分の「賢さ」を宣伝しても、共感する人はお仲間だけだと思います。

    仰ること真に御尤も。
    確かに共感する人は、価値観を共有する仲間だけでしょう。

    で、「価値観を共有する」人は増えているのが非婚化の原因かと。

    「外れ」のリスクを取るだけの、期待リターンが無い

    と考える人が増えているのでしょう。
    いくら「もてない!」「男として器が小さい!」と煽られたところで、迂闊に乗った場合のデメリットがジャンジャン垂れ流されている現状では、煽りに乗る阿呆もそう居るとも思えませんが。
    (小遣い月1万円だの、熟年離婚礼賛だの)

    ユーザーID:2491577028

  • レスに現れていますね

    幼稚な女性を窘め、まともな女性になるように導いている一部の男性のアドバイスを「罵倒」と受け取るような捻じ曲がった女性はもう矯正不可能です

    この人たちが子供を育てると思うとぞっとしますね。
    ちなみにそのレスに一々反論している女性もギスギスしていると感じませんか?
    私は彼女らの皺が増えそうで心配です。

    ユーザーID:5577035450

  • 結婚すれば子供ができる時代は終わりました

    っhさん、横レスでごめんなさい。

    実は、30代妻の夫婦の出生数が落ちてます。
    http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou13/doukou13.pdf

    第13回出生動向基本調査の平均出生子ども数(2.09人)とは、結婚15〜19年目の夫婦(1986〜1991年に結婚)で、バブル崩壊以降の経済変動の影響を結婚当初からかぶったわけではありません。

    しかし、その付表3を見ると、妻が37.5〜42.5歳での平均子ども数は、1997年調査の2.13人から2005年調査の1.87人と減少しています。

    このまま推移したときに子どもの数を推計すると、1955〜1959年生まれの妻が47.5〜50歳の時点で2.16人なのに対し、1975〜1979年生まれは直上の年代と同じ推移だと50歳の時点で1.55人と、今の7割となります。

    それにこの調査では、1980年以降生まれの妻の夫婦の動向はわかりませんし、今の経済不況→雇用情勢悪化→出産抑制の影響も加味していません。

    結婚すれば子どもが2人生まれる時代は終わりました。悲しいことに。

    ユーザーID:8070438533

  • テレビ番組やネットなどのメディアの情報

    こんにちは。

    ジャスト本音様のレスを拝見して、なるほどなと思いました。

    私は、非婚化や草食系男子の増加は、男性のリスク回避志向が大きいと思っていますが、
    その一因は、テレビやネットなどのメディア情報にあるのかも知れません。

    男性から女性への暴力、暴言はDVとして社会問題化するのに、
    女性から男性への暴力、暴言は「猟奇的な彼女」「鬼嫁」としてバラエティ化。

    夫が弁当を自分で作り、なけなしのお小遣いで働いているのに、
    妻は、豪勢な外食、高級エステ、高額な買い物。

    これらの不公平感を正すのではなく、女性を強者、男性を弱者に定義して、
    男性を笑い物にする意図で、一部のテレビ番組が制作されている感が否めません。

    他に、ジャスト本音様のレスにもありましたように、熟年離婚礼賛、最近では離婚活動(離活)などがあります。

    また、ネットでは「女性の本音」が溢れています。

    利用する側にもメディアリテラシーが求められているとはいえ、これらの情報を見た男性が、
    「結婚で人生バラ色」「積極的に恋愛、結婚しよう」などと考えるとは到底思えません。

    ユーザーID:3114875429

  • ネガティブな情報がすべて?

    伴侶のいない人生も、わが子の顔を見ることのない人生も、私自身は考えたこともなかったので
    ずっと付き合ってきた恋人と疑いなく結婚したクチです。
    でも人の価値観はそれぞれなので、非婚主義もいいと思います。

    ただネガティブ情報だけを一方的に受け入れて、それを基に執拗に非婚の正当性を唱えたくなる心理には
    何があるのかなぁとは思いますね。

    私はなかなか子宝に恵まれなかったのですが、その頃は子どもがらみの事件関係を
    聞く度(いじめとか親が殺されたとか)
    「こんなこともあるんだから子どもいない方がいいかも?」と思おうとしていましたね。
    逆に子の素晴らしさを謳う話は聞きたくなかったです。持たざる自分が辛いから。
    ・・・それと似た心理なのでしょうかね。

    子どもが授かってからは、それまで子の話題など皆無だった、周りの男性陣が
    堰を切ったようにわが子の話を嬉々としてしてくるのに驚いています。
    結婚を後悔をしている人も確かにいるでしょうが、大きな喜びの中にいる人はその何倍・何十倍もいるんですよ。
    ただその立場にない人に対しては敢えて言わないだけです。

    ユーザーID:7306449159

  • 「非婚化」も実際はどこまでなんだろう?

    上位トピの中にどれだけの「釣り」があるかは神のみぞ知るとして、叩きがいのあるトピや、極端なレスほど目立つのは当然のこと。それが周囲の女性と、本当に重なるのですか?

    非婚の男性が増えることそのものはなんとも思ってません。また、非婚の理由を淡々と述べてらっしゃる方には、なるほど、と納得するだけです。もちろん、結婚すれば幸せで、独身が不幸だなんて毛頭思いません。

    ただ、単に女性を責めて非婚の理由にしている方は、どんな人間関係を築いているのか、疑問に思ったのです。
    私が知る独身の方は、男女関わりなく豊かな人間関係を築いています。女性嫌い、人間嫌いが悪いとは思いません。それも生き方のひとつですから。ただ、嫌えば嫌われます。それこそ類友でお仲間はたくさん見つかるでしょうが、そういう人生を本当に望んでいるのですか、と訊きたかったわけです。

    鏡に笑顔を寄せれば笑顔に出会う。シンプルな真実だと思います。理由はどうあれ、人を貶める言葉ばかり使う人には、そういう人しか寄ってこない。

    …すみません、それこそ大きなお世話でしたね。トピの趣旨ともずれていますし、これで終わりにします。

    ユーザーID:0049146912

  • ちょっと変わった視点で

    ゲーム理論と言う話題が出てきたのでせっかくだから便乗してみます。

    経営者のジレンマ
    ・現在10人の経営者が同じ商品を2万円で売っている。
    ・マーケティングの結果1万円に値下げすると
     全体の80%の顧客が値下げした商品を購入すると期待できる。
    ・商品、ブランド力による差異は無く
     価格による競争率だけ発生するものとする。

    この命題だと全員が価格維持をする事が全体の最大利益である事と
    一番最初に抜け駆けした経営者が短期的な最大利益を得る事、
    そして安売りした経営者が7人以上だと安売りしなかった経営者の方が利益を得ると言う結果が見られる訳です。


    何が言いたいかと言うと女性の中で抜け駆けした人は居ませんか?
    抜け駆けした人を見て慌てて安売りに参加した人は居ませんか?
    結婚しなければ出来なかった事が結婚しないでも出来るようになったら、
    結婚する人は減るんじゃないですかね。

    ユーザーID:1174405846

  • 結婚しない選択

    非婚の原因なんて人それぞれだと思いますが、単純に結婚しない選択の方が幸福だと感じているから。ではないでしょうか。

    私自身は30代なかばで相手にプロポーズして(私は女ですが)二児にめぐまれそこそこ幸福に暮らしていると思ってます。でもそれは私の場合だけであって、他の人たちすべてが結婚に幸福を感じるかというと違うと思うんですよね。

    女性にしろ男性にしろ、結婚するということは自分の時間や気持ち、あるいは莫大なお金(一生を見ると莫大ですよね)を相手にかけてもいいかって思えるかって事に尽きると思うんです。そういう必要を見いだせない、となったら非婚もやむなしなのでは?

    私の周囲の非婚男性達はみんなそれぞれ暮らしを謳歌しているみたいで楽しそうなので、特にそう考えてしまうのかもしれないですが……

    ユーザーID:2616559776

  • ???

    非婚化の原因は様々だと思いますが、

    それを知ってどうするのですか?

    知った(つもりになった)結論を、

    どこへ持っていって、どうしようというのでしょうか?



    >このまま非婚化の流れは止めることができないものなのでしょうか?

    何故止めようと思うのですか?

    こういうのって、

    理由がわかったからといって、止められるものなのでしょうか?


    ところで、トピ主さんはご結婚されているのでしょうか?


    質問ばかりですみません。

    ユーザーID:3673645852

  • こういう人も嫌い

    >ただ、単に女性を責めて非婚の理由にしている方は、どんな人間関係を
    >築いているのか、疑問に思ったのです。

    こういうふうに問題を矮小化し「お前らが原因だろ」と決め付ける人こそ
    疑問に思います。

    >ただ、嫌えば嫌われます。

    ここで、いつのまにか非婚派が「先手」に摩り替えられてますね。
    非婚派の人は、女性から攻撃され、女性側が無茶な要求をし、女性側こそ
    正義であると振り回すので、そんなのは嫌だと言ってるだけなのです。

    それに対して言い分ごもっともと言ったら女性側は矛を下げるのですか?
    下げないでしょう?

    >そういう人生を本当に望んでいるのですか、と訊きたかったわけです。

    望むもなにも女性が変わらない以上、安全に生きるにはそうするしか
    ないじゃないですか。

    「ギスギスしてるなあ」さんの発言こそ、非婚側への凄まじい悪意を
    感じます。

    ユーザーID:9651648162

  • 今度こそ最後のつもり

    出てくるつもりはなかったのですが、前回のレスの前半がまるごと削除されていたので。

    >非婚派の人は、女性から攻撃され、女性側が無茶な要求をし

    非婚派の人たちは、実際に知る周囲の多くの女性から、直接攻撃されたり、無茶な要求をされたりしたんですか? それなら理解できますが、小町やマスコミの報道が根拠なのだとしたら…。女性から見ても、自分勝手な女性は自分勝手ですよ。そうでない女性も本当にたくさんいます。

    >望むもなにも女性が変わらない以上、安全に生きるにはそうするしか
    ないじゃないですか。

    女性が変わらないって、何が根拠ですか? そもそもどうして一括りにするんですか?

    女性が要らない、というならそれでいいんです。もし理想の家庭や女性像があるなら、ご自身のために、頑なになるのは勿体無いないと思うのです。
    女性は皆自分勝手だと思っていれば、よい女性がそばにいても、気づくことも、気づいてもらえることもないでしょう。本当にそれでいいのですか?

    悪意と取るならそれでもかまいませんが…。
    伴侶や子供やあたたかい家庭が本心から要らないなら、何も言うことはありません。

    ユーザーID:0049146912

  • 追記:しつこくてすみません

    会社(ソフト制作)の同僚の話です。

    人付き合いの苦手な彼でした。数年は女性との会話を極力避け、仕事も融通の利かなさが目立って、補助的な業務をしていました。

    ある頃から、彼は積極的に女性との会話や会社のリクレーションに参加するようになりました。やがて、女性の同僚の友人を紹介されて結婚。私も式に招待されましたが、モデルさんのような美人ではなくても、笑顔の優しそうな本当に素敵な奥様でしたよ。娘さんも生まれて、奥様は料理上手で、彼のブログは毎日惚気ばかりです。小さな会社ですが、最近管理職に昇進しました。奥様もお子さんがもう少し大きくなったらまた働くとのことです。

    会社の女性は、最初から誰一人彼を笑ったりしませんでした。皆普通に接して、彼の努力を応援していました。それが彼の本当の力だったのだと思います。でも最初の壁を乗り越えるのは、彼曰く本当に大変だったそうです。

    作り話みたいですが、本当です。彼のサイトを私はその前から知っていましたが、文章もリンク先も、ここの一部のレスと似た空気でした。

    彼を知るから、つい余計なお節介してしまいました。トピずれごめんなさい。

    ユーザーID:0049146912

  • かなりさんへ

    では、会った時に「ご結婚されてるのですか?」と聞けば宜しいのでは?この質問を何故先にしないの?不倫をする女性の多くが聞いてないんですよ。私は嫌だから、先に既婚かどうかをきっちり聞きます。なんでと聞かれたら「既婚者には興味ないし、お付き合いもお断りします。」と言います。

    ユーザーID:2546100380

  • そうか

    非売品さんは、とてもとても傷つきやすい方なのでしょうね。

    生身の女性を知らない余り耳年増になって、女性全てがモンスターのように見えているような印象を受けました。
    でも本当に今のご自分(&将来迎えるであろうご自分の姿)に納得されているなら、こんなに何度も
    いかに女性のせいで非婚となったのが致し方ないか、と繰り返し訴えることもないんじゃないかという気もします。

    もし私の友人で(女性で)、交際経験がなく結婚する予定もない人がいるとして(それ自体が悪いわけではないですよ)、
    「男が悪いから私は一人なのだ。男さえ変わってくれたら私は恋する相手を見つけて結婚し、幸せな家庭を持てたのに」
    と本気で考えているとしたら、心底呆れると思います。
    「そんな考えの女性を好いてくれる男性がいると思うのか??・・・」と。

    自分の不遇を他人のせいにして、恨み事を言って生きるのはあまりにも勿体なくないですか?
    非婚なら非婚でいいではないですか。
    どんな生き方でも自分が納得していれば良いのです。
    納得して受け入れられれば、他人が気になることもなくなり、楽になれますよ。

    ユーザーID:9210971384

  • 一言

    小町で女性叩きをしている男性の方に一言。

    執拗に女性を叩くのが、個人的なご趣味かも知れませんが、自分と違う意見を持つ人がこの世の中にいる、という現実を認識してくださいね。
    あななたちのような男性がいるということは良ーく分かりました。
    そして、一切小町女性の言う事を理解しようとせず、頑なに自らの主張を繰り返すだけ、ということも分かりました。
    あなた達がどうすれば小町で女性叩きをやめるのか真剣に考えたこともあったのですが、そもそもそんな気がないことが分かったのでそこは諦めています。(ないですよね?)

    ただ、同じ男性でも、結婚して子供を持つという勇気や気概を持っている人もいるんです。だから俺達の発言=世の中全体の男性の発言ととられるような書き方はやめた方が良いと思いますよ。

    なお、色々なトピに出現し、執拗に男性全体を叩いている女性は小町にはいません。はっきりいってそういう女性は異常です。
    さて、あなた達は自分が正常だと思いますか?
    女性用の掲示板で執拗に女性を叩くことが。

    ユーザーID:0955340650

  • 私もしたくない

    ここの男性たちのレスを読んで、世の中の男性全員がこういう考えなのかと思わざるを得なくなった。正直結婚したら、理屈でけんかしかけてこられると思うと、ずっと一人の方が楽かな?

    ユーザーID:9092367778

  • いいんじゃないですか?

    色んな人生があっていいんじゃないですか?結婚したくない人にしろとは言えないです。かく言う私も子供のいない人生を選択してますので、子供を産めと言われて不愉快になるから、気持ちは分かります。

    但し、もし「こどもがいる人に失望したから産まない」と言えば、(仮にです。真実は違います)子持ちの方から猛攻撃を受けると思いますし、失礼な行為に当たります。ですが、「一部の子持ちを見て失望したので、子供のいない選択をした」と言えば、あまり攻撃されることもありません。

    同様に、男性の方も、女性全体を罵って、結婚したくないと言えば、女性からの猛攻撃は想定内とお分かりだと思います。意図的ではないのでしたら、「一部の小町女性」「一部の非常識な勘違い女性」というような表現方法にすればいいと思いますよ。

    しかしながら、そうしない理由は、女性から攻撃されるのを、想定しての作戦とか思えませんが。それならば0ちゃんねるで討論した方がよっぽど楽しいと思いますよ。それとも0ちゃんねるにはそういう女性はいませんか?まあ、0ちゃんねるで小町に行こうと煽る人がいますから、ここへ来たのでしょうね。

    ユーザーID:7850456786

  • ギスギスしてるかなぁ?

    非婚主義の男性に「なぜ結婚しないのか?」を問うたなら、それら男性視点からの「現代女性が結婚相手として魅力的でない理由」が列挙されること当然です。
    それら当然のことを女性視点で難詰しても意味がないし得ることは皆無でしょう。
    大切なことは「男性には男性の視点があり、自分たち女性の視点をとりあえず捨て去って理解してみる」という新たな目を持つことでしょう。

    男性視点は女性視点とは別、という観念が理解できないから、ギスギスしているように見えるだけです。

    数年前、某女性タレントが「飯炊き女じゃない!」と言って離婚し、多くの女性の共感を得ました。私もそのときは少し共感しましたが、少し後に、偶然にも男性側の「本音」を知り冷水をザブリとかけられるような衝撃を覚えもしました。
    その本音とは…

    「こんなこと思ってる女と結婚するくらいなら、多少ババァでも飯炊き女と結婚した方がずっと幸せだよなぁ」

    この男性側の本音を女性視点で批判しても得ることは皆無です。
    逆に、男性視点で理解しようとすれば、「飯も炊けないババァは論外」という男性側のさらなる本音まで得ることができるのです。

    ユーザーID:6554108058

  • サルベージさんに同感

    『自由に選べるからこそ、選べなくなった』
    一理あり。だと、思います。
    職業も同じ。有効求人倍率0.44とは言っても、職業や条件を選ばなければ、何とか、なるものだと思います。
    結婚も、条件を選ばなければ、なんとかナルものだと思います。
    イコール妥協・・・。
    自分もたいした人間ではナイ癖に、より良い相手を選ぶが余り、知らず知らずのウチに齢を重ね、益々、自分の状況は悪くなり、なのに、相手に求める物は、厳しくなっていく。
    では?
    人間、一人では、生きてゆけません。
    親と金は、いつまでもありません。
    妥協イコール結婚する年頃
    ある程度の妥協で、結婚した方が、相手に対して期待もしないから、長持ちするし、案外、こんな良い所もあったんだぁ。と、うれしかったりするものです。
    1番のメリットは、色々な困難に遭遇もするから、自分が成長出来ます。
    新しい事が体験出来ます。
    1組でも多く、結婚して、日本を盛り上げてほしいです。

    ユーザーID:1266575308

  • 非婚派です。

    >非婚なら非婚でいいではないですか。
    >どんな生き方でも自分が納得していれば良いのです。
    >納得して受け入れられれば、他人が気になることもなくなり、楽になれますよ。

    私自身自分の生き方に納得してますし誰を責めたこともないです。
    だから非婚の原因が何なのかなんて追求はやめましょう。
    婚活しても結婚できないのは時代のせいです。誰が原因でもないんです。受け入れて楽になりましょう。

    ユーザーID:1519633637

  • まじめに結婚を考えている男性にチャンスを

    ギスギスしているなあさんのほっとする書き込みを読んで思ったのですが、
    結婚したくない男性は増えたかもしれませんが、
    普通の会社員で幸せな家庭を築きたいと思う男性も
    いっぱいいますよ。女性も、いまの若い人は謙虚な人もいますよ。
    年収○円以上とかいうのは、一部の方です。
    そんな男性、女性どうし結婚してもらえればいいのでは。

    ユーザーID:4131359859

  • 女性と付き合ってない男性は『不遇』・・・?

    女性と付き合っていない男性、もしくは付き合ったことのない男性、それと結婚していない男性はすべからく『不遇』なのでしょうか?

    女性とまったく縁がなくても、生き生きと楽しそうに人生を生きている男性は、たくさんいると思うのですが・・・。
    それとも、彼らは本当は女性と付き合いたくて、結婚したくて仕方ないのに虚勢を張っているのでしょうか。

    女性と付き合っていない男性は不遇でかわいそうな男性なのだと決め付けることこそ、『視野が狭い』のではないでしょうか。

    ユーザーID:3461960226

  • 収入源

    私は収入低下だと思います。
    今の生活もギリギリなのに、これで人を養えるのか?
    と思うと、結婚する自信もなくなってくるのではないでしょうか。

    逆に熟年してからの結婚が増えてたりするかもしれませんね。どうなんでしょう。

    ユーザーID:2802269746

  • 若い?世代です

    20代前半女性です。
    不仲の両親を見てきたので結婚願望は無いに等しいです。

    男性にとってのデメリットばかり挙げられていますが、女性はどうでしょう?特に共働きの女性にはデメリットしかないです。

    ・共働きでも大部分の家事は妻がしている。夫は良くて「手伝う」程度。

    ・当然のように義理の両親の干渉、同居がある。

    ・周りの圧迫が強く、出産しなくてはいけないので、それまであったキャリアが止まる。 下手したら退職しなくてはいけない。生まなければ非難の嵐。

    ・育児は当然、妻の仕事。夫は「手伝う」だけ。

    ・妻は義理の両親に気を遣って当たり前。父の日も母の日も誕生日も準備しなくちゃいけない。夫はほぼ動かない。

    ・これらを夫に言うと逆ギレ&暴力。もしくは勝手に心が離れて浮気をされる。

    ・義理両親の介護は長男嫁など女性の仕事。

    続きます

    ユーザーID:0636506697

  • 若い?世代です2

    続き

    ・それでも「妻にも稼いで欲しい」、「依存しないで欲しい」と宣う男性。

    未婚女性の方、逃げろー!結婚は男性&男性家族に一生食い物にされますよ!

    上記のような母を見てきたので、わざわざ自分の人生棒に振ってまで結婚なんかしたくないです。

    あんな酷い家はうちだけだったのかな?と思ったけど、小町を見て、どこも同じようななんだなと実感しました。

    ユーザーID:0636506697

  • 働きすぎかな

    個人的には、みなさん遅くまで働いていて、恋愛や、結婚への気力がなかったり・・

    以前は、女性が一般職として働いていたのが、男女ともに総合職
    一般職がなく、派遣さんがいたりと・・

    あとは、結婚しなくても
    家電が発達したり、コンビニがあったりと
    家事に時間がとられなくなったのもあるのかな〜と・・。

    思います

    ユーザーID:3508030804

  • 上から目線だなあ

    >いかに女性のせいで非婚となったのが致し方ないか

    ここが違います。
    「非婚は選択であり権利であると主張し、それを認めない人に抗議している」
    だけです。
    「繰り返し訴えない」と、「ほら非婚の人はかわいそうだ」という人が
    沸いて出てくるので、抗議活動を続けているだけです。

    >心底呆れると思います。

    私はその女性の背景は尊重し、男性全体が悪でなくても、その人の周りには
    悪い男が寄ってきてしまったのだろうという解釈をします。
    呆れて終わり、は傲慢な人だと考えます。

    私は女性と接する努力をするぐらいなら仕事や趣味の仲間を充実させた
    ほうがいいと考えており、私の満足する程度には成功していて、自分では
    人生は不遇ではないと思っています。

    ただ、
    >納得して受け入れられれば、他人が気になることもなくなり、楽になれます
    よ。
    こういう題目のもとに、人の生き方を非難する人が現れたときを除いては。

    ユーザーID:9651648162

  • 女性用の掲示板・・・?

    >女性用の掲示板で執拗に女性を叩くことが。

    ここは別に、女性用の掲示板ではありませんよ。
    女性の利用者が多い、というだけで。

    耳の痛い意見が『叩かれている』としか思えない被害者意識の強い方は、こういった掲示板を利用なさないほうが、精神衛生上、いい暮らしができると思いますよ。

    ユーザーID:3461960226

  • 別に叩いているわけではありません

    ただ、ここが間違っていますよ、と指摘しているだけなのですけど。
    それが正当な批判なら受け入れましょう。

    >執拗に女性を叩くのが、個人的なご趣味かも知れませんが、自分と違う意見を持つ人がこの世の中にいる、という現実を認識してくださいね。

    結婚しない、配偶者に家計を握らせない、異性の食事代を出さない、異性を養うつもりはないという意見を持つ人がいるという現実を認識してくださいね。
    (あえて、配偶者・異性と書いたのは男女が反対のケースも考慮しての事です)

    まさか、男性が女性を叩くのは許されないが、女性が男性を叩くのは許される、と思っているわけではないでしょうね。
    間違っているなら、男女関係なく批判され叩かれる、そういうことです。


    >なお、色々なトピに出現し、執拗に男性全体を叩いている女性は小町にはいません。はっきりいってそういう女性は異常です。

    で、小町にいないというその根拠は?

    ユーザーID:3290112916

  • 男性化!

    女性が男性化したことが原因でしょう。
    無理に男に合わせようと力まなくてもいいと思いますが・・

    ユーザーID:1196412579

  • 悲しい。

    ここに、女性を蔑むようなことを書いている男性の人が、自分の夫や、息子、恋人だったらと思うと、とても悲しくなります。

    ユーザーID:8007013262

  • 結婚への拘束力がないんだと思います。

    男です。

    昔の人は「結婚しなければいけない」「子供は生まなければいけない」だったけど今は「結婚しない人生もアリ」「子供を生まない人生もアリ」なんですよね。

    だからと言って多くの人はやっぱり結婚もしたいし子供も欲しいと思ってはいるのでしょうが、昔のように「絶対しなければいけないこと」ではないですから、良い出会いがない・お金がない・今仕事で時間がない・なんてことであれば安易な気持ちで「先延ばし」できるんですよね。
    「結婚もしたいし子供も欲しいけど、今は時期が悪いし、また今度機会があるときでいいや」って。
    結婚したくない人、出産したくない、という人はやはり少数派だと思います。
    (少数派が悪いわけではないです)

    昔の人だと結婚しなければ何言われるか分かったものじゃないですから、出会いがなくてもお金がなくても時間がなくても、何とかしたのでしょう。
    今の人と昔の人で純結婚願望に差があると思いませんが、昔の人は+α「結婚しないと社会的に異端になる」っていう拘束があったから結婚率が高いのだと思います。

    男女がどうたらこうたら…、って問題ではないように思います。

    ユーザーID:0967560341

  • ライフスタイルが老朽化していると思う

    僕自身40半ばで、今まで結婚を考えたこともありません
    なぜかというと、時代は変わっていって、新しい人生の可能性があるのに、ライフスタイルというのは昔のままなら、一人で誰にも縛られずに自分らしく生きるのだ、と思ってここまで来ました
    たとえば、収入の低下が理由にあがったりしますが、昔は国じゅうがもっと貧乏で、わが子を売ったり間引いた時代もあったわけですから、あまり理由になってないと思います
    ホントに結婚したくて家族がほしくてしょうがなければ、シャカリキになって稼ぐ方法はいくらでもあるわけです

    解決方法としては、結婚し、子育てをしながらでも、充分に自分のライフスタイルを実現できる社会環境の整備、これしかないでしょう
    それは、子育て休暇の充実とか、カイシャがサビ残とかなくし、有給休暇をちゃんととれるようにするとか、ホントに多岐にわたる環境の改善が必要だと思います
    なぜそういう整備がされてこなかったかというと、まだ新しいライフスタイルを模索中だし、そういう模索の努力が必要ということが充分に認知されてないことが原因だと思います

    ユーザーID:7944570826

  • ステルスさん

    男性にのみ和解を求めてらっしゃいますが、その心理は男らしさや男性依存からくるものではありませんか?

    でも、いまの女性は男女平等を逆手にとって、『女らしさ』を一切認めていただけませんよ?我々は反論する機会すら与えられないのでしょうか?

    あなたは見たくないかもしれませんが、私はこうしたダブルスタンダードを使い分けしてのらりくらりと立ち回る女性は、一度とことん論破され、叩かれるべきだと思う。

    そうでなければ、男女論議はいつまで経っても次に進めないし、よりよい関係も築けないと思います。

    ユーザーID:1980134038

  • 疑問

    あらゆるトピで

    「女性叩きをしている小町男性は、何故女性全員を叩くのですか?女性全員が悪人ですか?いい人もいれば悪い人もいますよ。」と質問してるのに、誰一人として回答しないのですか?これを無視してでも、小町女性や世の中の女性全員を敵に回す理由は何ですか?どうしてこの質問に女性叩き専門の男性は逃げてるのですか?

    ユーザーID:7968654916

  • 異性へのネガティブな思い込み

    小町でも、どう見ても女が悪いとしか思えないトピでは当然女性を批判するレスが多いですが、それでも男性を悪者にしたい女性が一部いますよね。同様に、多くの女性が男性擁護レスをしているのに、そういう一部の男性攻撃的なレスを引用して小町全体、ひいては女性全体がそのような意見であるかのように「所詮女は…」的な印象を持ってしまう男性も一部存在します。

    例えばこのトピだとこざたんさんが「結局小町って男側の意見を表明すると(中略)相手を嘲笑う投稿が返ってくるんですよ」と書いていますが、冷静に見ればそのようなレスは小町の中でもごく一部ですが「女はどうせこう思ってるんだろ」というネガティブな思い込み・刷込みのせいで、そのようなレスばかりが印象に残ってしまうのかもしれませんね。どんなに妻に非があっても夫を叩かずにはいられない女性も異性へのネガティブな思い込みが激しいのでしょう。

    ネットが発達して他人の意見を見る機会が増えた結果、異性へのネガティブな意見がポジティブなものより強く印象に残ることが増え、その結果結婚したくなくなる人も多そう。自己中じゃない女性も理解ある男性も現実にはたくさんいるんですがね。

    ユーザーID:5204791292

  • 発見

    >ここは別に、女性用の掲示板ではありませんよ。
    >女性の利用者が多い、というだけで。

    私も今まで、男性初というジャンルがわざわざ用意されているところや、発言「小町」という名前だったので、これ女性のための掲示板だと思ってました。

    だったら名前変えればいいのに…。

    ユーザーID:9509686941

  • いえいえ

    一部の女性が男性化し、一部の男性が女性化したことが問題であリ、尚且つ、男性の一部がが家事をこなせるようになり、女性の一部が経済的に自立できるようになったことでしょう。この一部以外は、結婚願望ありや既婚者であると思われます。

    ユーザーID:3359503841

  • ネガティブ情報に対する女性の対応への疑問

    >ただネガティブ情報だけを一方的に受け入れて、それを基に執拗に非婚の正当性を唱えたくなる心理には
    何があるのかなぁとは思いますね。

    別に否定するだけの理由なり根拠なりがあれば、鵜呑みにする気はないんですがね。
    当の女性から、そういった情報に関してマスメディアに抗議した、という話を、ついぞ見たり聞いたりしたことが無いんですが。

    で、そういった情報(鬼嫁、主婦業を年収に換算すると、熟年離婚等)に賛同する意見や、「だから男は情けない」といった意見は垂れ流し放題。
    よって「女性の総意(少なくとも、多数意見)」と看做すのは、至極妥当かと思いますが。女性による反論が表立って出てくることが無い以上は。

    ユーザーID:2491577028

  • 共働き女性の結婚のメリット

    >男性にとってのデメリットばかり挙げられていますが、女性はどうでしょう?特に共働きの女性にはデメリットしかないです。

    ・男が仕事を失うと、甲斐性なしと罵られ離婚の理由になる
    ・女性が仕事を辞めても、社会的には「専業主婦」ということで否定的に見られない

    失業の際の保険としての機能、十分にメリットだと思いますが。

    ユーザーID:2491577028

  • あくまで男性限定の全体論ですが

    だから結婚しないって言ったのに
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0624/247649.htm?o=0

    あのトピに限りませんが久々に再確認したのですが、やっぱり昔から男性が女性に「責任を取る」と表現する様に、結婚は女性の為の制度なんですよ。これだけ対等な自由恋愛が浸透した今でも「責任を取れ」というレスが多数ですからね。

    で、これだけ自由恋愛や自由結婚が市民権を得て結婚しない選択が浸透した現代で、今更結婚しない事にデメリットを課す訳にもいきませんから、やはり男性にとってのメリットを見出し易い制度に変えるしかないと思います。

    でも積極的に結婚を避けたい人の心を掴む程の驚異的なメリットって何があるだろう?いわゆる「お気楽専業主婦」な生活を保障する事位しか思い付かないなぁ。

    ところでステルスさん、介護や嫁姑、恋愛やデート代、家庭のお金や家事、職場の事等を扱ったトピで男性が女性に対して抱いていた思いを御理解頂けましたでしょうか。

    ユーザーID:6057474148

  • 結婚のデメリット

    結婚すると自由に使えるお金が激減してしまう(手取りの10分の1以下)
    異性との交際が不自由になる
    プライバシーが大幅に制限される
    共同生活にともなう我慢、妥協、不自由を余儀なくされる
    自由になる時間が減る
    自由になる空間が減る
    結婚すると子供や家などで億単位の莫大な金がかかる
    子供の養育費が高騰している(ひとり育てるのに3000万円)
    家庭を持つと、転職や独立などの「挑戦」がしにくく、保守的な生き方になる
    親戚づきあいなどが増え、わずらわしい

    ユーザーID:0956144271

  • また未婚化の原因

    昔ほど結婚しろという重圧がなくなった
    一人暮らしが便利で快適になった(結婚の「必要性」の低下)
    不況で収入の先行きが不透明
    離婚する人が非常に多く、結婚に良いイメージをもてない
    結婚のメリットは主観的なものばかりで、金のかかる「趣味」と変わりない
    公務員や資格職など、ごく一部の女性を除けば、ほとんどの妻は寄生虫
    父権失墜で父親をさげすむ風潮がはびこっている(CMなどマスコミでも)
    身近な既婚男性がケチケチしており、幸福に見えない
    結婚しても老後の問題は何ひとつ解決しない、逆に老後費用の不安が増える
    結婚しても親が4人に増えるだけで親の介護の問題は何も解決しない
    結婚すると親戚づきあいがわずらわしい 盆暮れ正月の貴重な休みが潰れる

    ユーザーID:0956144271

  • 男の人生三大不良債権

    男の人生三大不良債権=家族で住める家のローン、子供、妻
    この3つだけで軽く1億を超えてしまう。
    この3つさえなければ、誰でも比較的容易にゆとりある生活と老後が送れる。
    1億と簡単に言うが、大半のサラリーマンにはかなりの大金
    30歳で結婚して60歳までの30年間で1億払うとして・・・
    1ヶ月あたり約28万円。
    つまり結婚は「毎月28万円の30年ローン」という事になる
    逆に考えると、結婚さえしなければ毎月28万円が浮くことになる。
    1ヶ月でパソコンが買える。
    2ヶ月で56万のものが買える。
    3ヶ月なら84万円も自由にできる

    これが30年も続く 結婚すれば「こづかい」は月たった2万。

    あなたは人生ずっと我慢できるのか?

    ユーザーID:0956144271

  • 本能が薄くなってる

    男性が中性化していな国ではどんな貧乏でリスキーでも
    結婚してガンガン子供作ります。
    子供は病気するし、学校行けないし
    売られたりする子までいるのに・・・。
    この違いは何かといえば、先進国ということで
    選択肢や価値観が多様化したのと同時に、
    両性の中性化が挙げられると思います。
    確か中華圏でも晩婚化が進んでいるんですよね?
    欧米ではシングルマザーもいて未婚化も頭打ちだとか・・・。
    東アジア独特の傾向とすれば環境ホルモンや
    もともと中性化しやすい何かがあるのだと思います。
    日本に来る「パンダ」でさえ生殖能力が落ちるんでしたっけ?

    中華圏では女性の権利も守られていますし、男女平等で
    なおかつ男性の意識も高いと思われますが
    それでも晩婚化が進んでいるとしたら、
    「依存されたくない」という日本人男子のいいわけは
    カムフラージュでだと思うのです。
    責任を負う性じゃなくなっているんでしょう。

    男女とも他人の人生を背負うということでリスキーなものだと思います。
    それを押してでも結婚したのは本能、情熱、文化
    そういうものだと思います。

    ユーザーID:6004226345

  • それは簡単!

    結婚できない人は欠陥があるから。
    分析したってしょうがないでしょう!ダメ人間はダメなんだから!

    ユーザーID:1196412579

  • 確かにひとりは楽しい

    お金を稼げて健康で趣味があって、別にひとりでもさみしくない人(私もすべてあてはまる)なら、男女とも独身生活を超える楽しさはないと思います。それでも結婚する人は、なんらかの理由で、楽しさだけではだめだ、と思った人なんでしょうね。

    千代さんのような考えは、個人の生き方としてはもちろん自由ですが、苦労して一人前の子どもを育てた人に向かってそう公言するとき、恥ずかしさはないんですか? 納税して社会に貢献している? 皆が同じ選択をしたら社会は成り立ちませんが、それでも後ろめたさはありませんか?
     
    個人の楽しさを追求する以外の人生を選んだ人の人生を、「不良債権まみれ」としか評せないなら、厚顔無恥な人だと私は思います。独身という生き方そのものでなく、その考え方がです。

    誰も子育てを強制していない、恩着せがましくするなって? 子を持たない選択をしても、子育てへの理解があり、ともに社会を支えようと思っている方も、たくさんいらっしゃるのでは。

    人間なんて滅びてしまえばいいって? 否定はしませんが、現在快適な生活を楽しんでいる人には言う資格はないと思います。

    ユーザーID:0049146912

  • いまるさん

    >どうしてこの質問に女性叩き専門の男性は逃げてるのですか?

    逃げてるのではなく、答える必要がないと思われているだけだと思います。

    >女性全員が悪人ですか?いい人もいれば悪い人もいますよ。

    当たり前すぎて、そんなもの前提として言うまでもないことです。

    あるテーマに沿っての議論で女性が叩かれている場合、一々「誰に対して」や「どの女性に」を明言しなくては理解できませんか?「女性」がその時々でどの女性を指すか分かりませんか?
    叩かれる理由は常に明確です。自称「コミュニケーション能力が高い」女性なら言わずとも理解できると思いますが。
    そんな疑問が出てくると言うことは、「なぜ叩かれるか原因すら理解できていない」証拠にしかなりません。

    また、「女性は」と一括りにされる事例はおかしなことを言っている女性が非常に多いにもかかわらず、誰も指摘しない。女性同士で自浄作用が働かないのだから、誰も疑問に思っていない=肯定と解釈されても仕方ないのでは?

    実際「女性全員」のことだと思ってるのは、一部の女性だけですよ?少し考えれば分かりませんか?

    ユーザーID:8457758570

  • いいんじゃないですか。

    こんにちは。

    結婚したい人はすればよい。結婚したくない人はしなければよい。

    ただ、それだけです。誰も悪くなく、本人の生き方の問題です。
    結婚も非婚も人生の選択肢の一つに過ぎません。

    結婚について「愛する人と人生を歩むのはすばらしい」「家庭があるというのはいいものだ」という「正論」は、
    もはや男性の結婚の動機としては不十分ではないでしょうか。

    「結婚とは生活です」「最低でも年収はいくら」など、小町でもよく見られるように、
    女性は相手男性に一定の条件を課します。
    「正論」だけではやっていけないのが結婚の「現実」であり、別に悪いことではありません。

    ただ、男性もここにきて「現実」を見るようになりました。
    自分が生きていくのに精一杯、先の見えない現代、非婚も時代の流れなのかなと思います。

    なお、非婚化について厳しいレスがついてますが、
    その厳しいレスの裏側にある「本音」を正直に言ったほうがいいと思います。

    男女ともに、結婚における「正論」は幻想だと看破してます。

    女性の「本音」の方が、非婚男性も耳を傾けるのではないでしょうか。

    ユーザーID:3114875429

  • 男の自分に言わせてもらえば・・・

    非婚化が進んだ原因はひとつではなく、複数あると思う

    まずは社会が変わったこと、昔は結婚していることが『普通』で、独身だと世間から冷たい目で見られたり、会社で昇進できなかったりと
    男性が結婚せざる負えない社会だった。
    しかし今は独身でいても周りに口を出されることはなく、会社は能力主義になり30代、40代の独身の管理職が出てくるようにまでなった。

    次に文明が発達したこと、昔と比べ今は身の回りのことはほとんど電化製品がやってくれるようになり、家事に掛かる負担が大幅に減った。
    これにより今まで女性の仕事だった家事を男一人でも簡単にこなせるようになった。

    次に男性の権限が弱くなったこと、夫が妻との性交を強く求めたらDV加害者になり、夫が妻との性交を拒んでもDV加害者となる。
    また、妻が専業主婦であったとしても、家事育児は分担とか、離婚したら夫の方が高収入でも親権を取られ挙句の果てには高額の慰謝料と
    養育費を払わなければならないとかこれではとても結婚する気にはなれない。

    挙げると切りがないが書ききれないのでこのくらいにします。

    ユーザーID:1271116332

  • 未来像

    生産の省力化とコスト競争により、日本にはどんどん十分な収入を
    得られる仕事はなくなっていきます。

    子供が将来の支えになるどころか、子供自身が食えるかどうか、
    となれば、子供をもうけようという人は減って自然ですし、また
    労働市場の縮小に見合った適正な供給の縮小といえます。

    結婚自体が好きな人はして幸せになればいいですが、子供をもうける
    ために多少妥協や辛抱をしてでも結婚を、という人が結婚から抜け
    落ちているのであれば、非婚化は自然で理にかなった社会現象だと
    思います。

    ユーザーID:9651648162

  • ケビンマスクさんへ

    [一部の]と、前に付けなくても分かりますが、付けるのがマナーですよ。女性たちは「小町男性」ではなく、「女性叩きをしている小町男性」と必ず書いてますよ。

    ですから、「これだから小町の女性は」ではなく、「これだから、勘違いしている小町の女性は」と、面倒でも書かなくては、誤解を招きます。それにしても女性叩きをしている小町男性の全員が、小町女性とひとくくりにしているのは何故でしょうか?やはり噂は真実なのでしょうね。分かりやすい!

    ユーザーID:9531354980

  • ああ面倒

    せっかくアドバイスをしてあげたのに「叩かれた」と勘違いして
    自分ルールをマナーとか常識とか言ってごり押しする人間とは
    男性でも女性でも関わりあいたくないですね。

    こんな嫌な女性サンプルがたくさん生息しているから
    非婚化が進むのでしょう。
    むろん、こんな嫌な女性は少数だと信じたいですが。

    ユーザーID:5577035450

  • いやいやいや

    >女性たちは「小町男性」ではなく、「女性叩きをしている小町男性」と必ず書いてますよ。

    んなわけないから(笑)思いっきり男性を一括りにして誹謗中傷してますって。「批判・反論」じゃなくて「誹謗中傷」ね。

    >女性叩きをしている小町男性の全員が、小町女性とひとくくりにしているのは何故でしょうか?

    言わなくても「どの小町女性」か分かるからでしょ。分からないのは読解力がないか、わざと揚げ足取ってるだけ。

    マナー云々言うなら、女性の思い通りにならないことですぐ感情的に誹謗中傷に逃げることや、言わなくてもいい余計一言(これも中傷)をつけるの止めたら?こっちの方がよっぽど幼稚で情けないです。負け惜しみやイタチの最後っ屁も女性特有だから。

    ユーザーID:0527920954

  • 女性叩きと言いますが

    どの辺までが叩いていることになるのかな?

    ジャスト本音さんや、えとさん、非売品さん、デズモンドさん、こざたんさんあたりは叩いてる認識?
    さくらさんや、紫陽花さん、飛行帽さんはどうなんだろう?

    うねおって奴なんかは、究極的なところで蔑視してると思いますが、女性に対して攻撃的じゃないからOKなのかな?
    #このトピで唯一、人間として軽蔑するので、こいつだけ敬称なしで。

    女性に縁が無い私自身の認識では↓と思ってます。

    ネットを含めて各メディアにより、一定数のモンスターが居ることが明らかになってしまいました。
    実際に遭遇する確率の問題はあるものの、その情報自体に嘘は無いので、男女問わずリスクヘッジを考えるのはある意味当然です。
    とりわけ男性にとってのリスクの高さ(可能性じゃなくダメージの大きさ)を考えると、結婚及びその前段階である恋愛に対して、消極的になる男が増えるのもまた当然でしょう。
    加えて、若い世代であるほど、物理的/経済的に他人を抱え込む余裕が無い状況で、結婚に夢を見ろって方が無理ってもんです。

    ユーザーID:3745211287

  • アドバイスか(苦笑)

    小町の男性の方のアドバイス、私はありがたく読ませていただいてます。
    もう結婚するつもりもないし、子供もいりません。
    本当、日本の若い男性はここまできてるのか。(ま、一応小町男性と限定しておこう。)

    大体男性が女性に驕るのなんて日本だけじゃないじゃん。
    結婚するのだって日本だけじゃないじゃん。

    それを、小町の男性は、全て女性のせいだって言わんばかりだよね。
    非婚化も、自分たちはまったく悪くないんだよね。
    で、女性に対して上から目線でアドバイスしてあげてるんだよね。
    ホント、小町の男性の考え方面白いと思うよ。
    小町好きになるわけだよ。ここは女性の本音がいっぱいだから、ほ〜ら俺の言っているとおりじゃないかぁ、って事なんだろうけど。
    女性の本質なんて、時代や国に関わらず似たりよったりなんじゃないの?
    それを何を分かった気になっているの?

    小町にもいいレスをしている女性、いっぱいいるよ。
    (男性もいいレスをしている人、いっぱいいるよ。)
    もっといい部分も見るようにしようよ。
    結婚しなくていいからさ。

    ユーザーID:6010109026

  • 理想郷

    昔はみんなの抱いていた理想の社会っていうのが同じで、それに向けて一致団結!産めよ増やせよ!って感じだったのかな。

    今の理想郷はみんなばらばらだね。
    自分さえ良ければいい時代なんだろうね。

    もし、男性しかいない世界になったら。
    もし、女性しかいない世界になったら。

    望めば実現する世界だとして、それはどんなものなのか?
    一方の性だけの世界になったとして、倫理的な問題は無視で子孫を増やして国民総生産(?)を増やして、それが楽しい世界なの?

    男性はそれで楽しいのかな。

    ユーザーID:5482758226

  • いまるさんへ

    仰っていることはわかります。
    私が女性に対して違和感を覚えるのは以下のトピの中での女性たちの意見がさほど問題なく受け入れられているということです。
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0603/243552.htm?g=06
    傷つけられたことに対する報復として攻撃するのは共感できないまでも理解することは可能ですが、上記のトピの多くの女性達は別に傷つけられたわけでもない相手に対し酷い言葉を浴びせて平然としているようにみえます。勿論あのような女性が大多数ではないのでしょう(と信じたい…。)
    でも女性から「匿名の掲示板とはいえそんな酷いことをいうものではない」という声がほとんど聞こえないので、結果としてはそういう声が大きく聞こえることになります。
    たぶん同じような行き違いが男性→女性に対しても起こっているのでしょうね。悲しいことです。

    ユーザーID:8852748213

  • 答え

    Q.「女性叩きをしている小町男性は、何故女性全員を叩くのですか?女性全員が悪人ですか?いい人もいれば悪い人もいますよ。」

    A.「女性全員が悪人」と認識して差し支えない程度に、悪質な女性が多いから。

    そうでないなら、マスメディアで「鬼嫁」「熟年離婚」「離活」といった、女性の品性を下げる内容を『ブーム』と称して煽ることに対し、表立って反対表明する女性(女性団体)の意見がマスメディア等で出るはず。
    「子供を産む機械」発言や「私作る人、ボク食べる人」というCMキャッチコピーに対する女性(女性団体)の猛抗議を見れば、女性が『ブーム』に否定的だったならば黙っていられるとも思えない。

    そうなると、

    反論等の意見表明が女性から無い=女性はこれらの『ブーム』に対し(積極性等の程度を考慮しなければ)『全員肯定的である』(少なくとも、ごく少数の例外を除いて)

    と看做すのが当然かと思いますが。

    ユーザーID:2491577028

  • 男女の役割分担が…

    女性の社会進出に伴い、男女の役割が曖昧になってきたことが一番の原因だと思います。

    女性とは、お金を稼ぐよりも家庭に入って家事を完璧にこなし、子供を産み育て、夫を支えるべき。
    男性とは、仕事を第一に考え、炊事洗濯などもってのほか。家族については、背中を見せていればいい存在。

    これは、嘗ての日本における結婚後の男女だと思います。
    このシステムは分かりやすかった。

    しかし、現在、多くの女性は社会的に男性と同等の権利を求め、何につけても「男女平等」。結婚後も、家事の分担を夫に求め、それでいて稼ぎは夫以下。

    男性の非婚化については、独身の今、家事も完璧にできる、子供は嫌い、給料は自分の好きなように配分できるのですから、「結婚のメリットがない」と思うのは至極当然だと思います。

    私は、既婚女性ですが、夫より稼いでいます。
    夫の仕事の方がハードなので、家事は私の方が少し多めに分担しています。
    うまくっているのは、まだ子供がいないからだと思います。
    出産に備えて貯金の毎日ですね。

    ユーザーID:5506955530

  • よく分からない

    >それを、小町の男性は、全て女性のせいだって言わんばかりだよね。

    その前段に「奢らない男性はケチ」「男性が結婚しないのは男が弱く、情けなくなったから」などの、女性に都合の良すぎる誹謗中傷や自己正当化と責任転嫁があるからじゃないの?女性が攻撃してこなければ男性は何も言わないってこと、いい加減理解できませんか?

    男性が女性に驕るのも、結婚するのも、もちろん日本だけではありません。が、女性が自分の要求が通らないことで相手をケチ呼ばわりしたり、男女平等を求めながら「女だから」を都合よく使い分けるのは日本だけでは?その点は明らかに女性の本質が違いますけど。

    大体、なぜ男性が本音を言えば「全て女性のせいだって言わんばかり」になるんですか?女性の本音なんてどれも根拠もなく「男性が悪い」じゃないですか。
    女性は言いたい放題。でも男性が本音を言えば、叩かれたと被害妄想。これじゃあお話になりません。

    >一方の性だけの世界になったとして

    いや、なんないから。そもそも「自分(女性)さえ良ければいい時代」を求めたのは女性では?その結果が男性の非婚化でしょう。何が言いたいのかよく分かりませんね。

    ユーザーID:7463691845

  • 解るような解らないような…

    男性陣の女性蔑視を指摘するさよさんの文章から、そこはかとなく男性蔑視を感じるのは、私の目が歪んでいるからでしょうか?そのせいか仰りたいことが良く解りません。

    独身男である私の目からは、攻撃性や表現のきつさはともかく、彼らの意見自体は一面の真理と思えます。
    さよさん自身も仰っている通り、小町は女性の本音が溢れています。その中には男性には許しがたいものがあること自体もお判りですよね?そのような意見は大抵の場合、男に対する攻撃性に満ちています。センセーショナルな意見ほど目立つ上に、女性からの批判は多くない為、それが女性一般の本音なのかと思うことがあります。この状況では対抗上、一定数の男性が攻撃的になることは仕方が無いと思います。
    その反作用で女性陣がさらに攻撃的になるのも仕方の無いことですから、負のスパイラルは止められないでしょうね。

    その意味で、さよさんが軽蔑の念を持たれることも仕方がありませんし、イヤミの一つも言いたくなるのはわかりますが、個人的な希望としては、建設的意見なのかイヤミなのか、解りやすく書いていただけると、読み取りが楽になり助かります。

    ユーザーID:3745211287

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧