余命宣告。娘にしてあげられること。

レス206
(トピ主10
お気に入り1,468

心や体の悩み

ふるふる

こんにちは。読んでいただいてありがとうございます。
29歳のふるふるです。
家族構成は、主人と5歳の娘です。
私は先月末、進行性の癌と診断され、余命数か月の宣告を受けました。
現在は通院と病院に短期入院での治療が主ですが、近い将来、身動きが取れなくなることはわかっています。
今のうちに、少しでも動けるうちに、娘に何か残してあげたい、と思いは募るのですが、頭の中が整理出来ていなくて、いいアイディアが思い浮かびません。
些細なことでも結構です。
アドバイスお願い致します。
とりあえず今は将来の娘に手紙を書いています。
あとは毎日精一杯、笑顔で接するようにしています。
寂しがりやで感受性の強い娘のために、母はこれだけあなたを愛していたのよ、と何か証を残したいです。
あまり時間がありません。お知恵を貸してください。
よろしくお願い致します。

ユーザーID:0481968947

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数206

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ビデオレター

    お子様が小さいのに、とても辛い状況ですね。
    4歳だと、まだ、お子様が小さくて、記憶も曖昧だったりしますよね。
    手紙ももちろん、大事ですが、姿、声が見える、ビデオレターはいかがですか?

    苦しい心境だと思いますが・・・。

    ユーザーID:1324415566

  • 他人事と思えません

    体調はいかがですか。
    いま どんなお気持ちで毎日をお過ごしかと
    胸がふさがれるようです。
    私は 乳がん患者です。
    切除手術を受けた時、長男七歳、長女四歳、
    次男は二歳になったばかりでした。
    ふるふるさん、お嬢さんにかたちあるもの、ないもの、
    たくさんのものをできるだけ残してあげたいという気持ち
    とてもよくわかります。
    わたしもおなじです。
    心配でたまらないんです。
    私がいれば 子供たちのすべてを受け入れてあげられる、
    例えば
    ボタンのひとつでもつけてやれる、授業参観だって絶対行くし、
    私が両親に愛されたように子供たちを愛して…

    いろいろな考えが頭をよぎります。

    ユーザーID:8230260848

  • 応援しています

    20代の時に主人を癌で亡くしました。
    その時に私のお腹には赤ちゃんがいました。
    主人はまだ見ぬ我が子にあてて、ビデオレターを残してくれました。(治療の様子、普段の生活、大きくなった子にあててのメッセージなど)
    ふるふるさんには娘さんがいらっしゃるんですね。
    お手紙はとてもいいと思います。女の子でしたら、ふるふるさん手作りの巾着や、小さなキーホルダーにつけるような小物はいかがでしょう?
    娘さんの年齢にかかわらず、ずっともっていてもらえるのではないでしょうか。毎日娘さんとたくさんスキンシップして下さいね。
    ふるふるさんのぬくもりが、ずっと娘さんの身体に残るでしょう。
    ご自身がお辛いときは、我慢せず、ご主人に思い切り甘えて下さいね。
    陰ながら応援しています。いい案が浮かばなくてごめんなさい。

    ユーザーID:3335669590

  • 胸が痛いです

    35歳で、3歳の娘がいます。
    トピを読んで、胸が痛くなりました。
    お辛いでしょうに、前向きにお嬢さんのためを思って考え、
    行動しようとするお姿に尊敬の念を覚えます。

    さて、少し前にとても流行った映画&ドラマで「いま、会いにゆきます」
    というのがありました。
    夫と少年を残して先立つ妻とのお話ですが、妻がケーキ屋さんに行って、
    事情を話し、息子君が20歳になるまで毎年お誕生日にケーキが届くように
    手配するシーンがありました。ラストシーンはお母さんを想いながら
    大きくなった息子君とお父さんがケーキを食べている…

    引越しをしないという条件がつきますが、ご検討ください。

    あと、映像も残してあげたらいいなあと思います。
    写真と動き話しをする映像とは雲泥の差だと思います。

    ユーザーID:2461645614

  • ふるふるさんへ

    すみません、私もたいしたことを思いつかないのですが‥‥

    ふるふるさんの「手紙を書く」とてもいいと思います。本人の筆跡が残るので。写真やビデオレターもいいですよね。

    手紙の内容も、娘さんが思春期を迎えたときに参考になるような内容を残してあげるのも良いかと思います。お母さんが思春期のときどんな気持ちでいたか、体の変化にどう対応したか、など。お父さんでは答えられない部分もあるので。そういった内容の手紙は、たとえば12歳になったら渡すようにだんなさんに託すといいと思います。

    あとは、娘さんが近い将来入る小学校で使う、体操着入れや手提げ、給食のランチマットなどを、どのようなものを使っているのか調べて、今のうちに手作りしておく、とか?

    私事ですが、私は去年小学生の娘を白血病で亡くしました。見送るのも辛かったですが、先にいくのもどんなに辛いことでしょう。読んでいて涙が出ました。

    私の娘は、楽しい体験をさせたら奇跡のような回復をしてくれたことがあります。ふるふるさんもご家族と楽しい時間をたくさん過ごされますようお祈り申し上げます。

    ユーザーID:4573811463

  • もし自分なら

    もし自分がそうなった場合を考えてみました。
    そして、思ったのは娘が成人するまで毎年誕生日に送るビデオレターを撮る事です。
    これを旦那さんに預けて、毎年誕生日に渡して貰う。

    そう思った出来事があります。
    小さい頃母親を亡くした息子が書いた文章を掲示板で見た事があります。
    その子は、中学生の時に凄く荒れていたそうです。
    ある日、家で1つのビデオテープを見つけて何気なく見ると、
    亡くなった母親がその息子の成人の日の為に撮ったビデオレターだったそうです。
    それを見た息子は号泣して、それからは更生して真面目になったとありました。
    ビデオテープを見た事は父親には言わず、成人の日に父親から渡されたみたいです。

    これを見た時に素敵な事だなと思いました。
    もしよかったら、参考にして下さい。

    ユーザーID:1593407007

  • お辛いですね

    はじめまして、ふるふるさん。
    私も現在がん闘病中、5歳になる娘の母です。

    私も手紙を書こうと思っています。
    それぞれ進級時に分けて中学なら思春期の娘へ。
    高校なら異性の話題なども。
    大学については進路について。
    就職時には働くことの話。
    結婚についてはパパと結婚を決めた時の話。
    出産の時は、お腹にあなたがいてどれだけ幸せだったか、生まれてくるのが待ち遠しかったかなど。
    子育て中のアドバイスなど。

    写真やビデオなども子供を抱っこしたりして一緒にいっぱい写ってます。
    たくさん出かけて笑顔の思い出いっぱい作ってます。

    毎日考えすぎて辛い日々を送っていることと思います。
    笑顔は体の免疫力を上げてくれるそうです!
    家族のためにも頑張りましょうね。
    応援してます。

    また何か思いついたら書き込みしますね!

    ユーザーID:1960036223

  • ごめんなさい。

     こんにちは。私のような人間が、あなた様にレスをしてもいいものか迷いましたが、同じ娘を持つ母としてレスさせていただきます。
     お辛い心境ですね。私は今年娘を出産しました。子供って不思議ですね。あまり子供が好きなタイプではなかったのに、自分の子供って今まで感じたことがなかった感情を教えてくれました。無条件で愛おしく、守らなくては、と。子供を残し、余命宣告されたふるふるさん、あなたの気持ちを自分に置き換えるととても人事のように思えません。
    以前、2歳の子供を残し、癌で他界されたお母さんがテレビの特集で取り上げられていました。彼女は同じく手紙を書いていましたが、数々の項目に沿って書いてありました。例えば、父親だけでは教えきれないような、初潮、恋愛のこと、男と女の違いについて、赤裸々な表現もありましたが母として誰も教えてくれないような内容で、私も万が一の際はこのような指導書を残そうと思ったものです。もちろんその中にはどれだけ母が娘を愛しているか、誕生日ごとの「○才になったあなたへ」という手紙を20歳まで書いておられました。残された時間が少しでも長くありますように祈っております。

    ユーザーID:0450460415

  • 少しでも長く娘さんといられるよう祈っています

    お体の具合はいかがですか?
    私の母は余命宣告を受けてから、何とその10倍もの時間を生きましたよ。
    ちょうど私の子(母にとっての初孫)が産まれたばかりで、母の「少しでも長く孫と一緒にいたい」という強い思いが命の時間を長くしたのだと思っています。
    まさに「病は気から」だと実感しました。
    ふるふるさんも気持ちを強く持てば、そう簡単に負けたりなんかしませんから。
    私の母のように医者をビックリさせちゃいましょ!頑張って!

    私が思い浮かんだ案です。
    (1)娘さんの好きな食べ物のレシピ
    娘さんが自分で料理が出来るようになった時に役立つのではないでしょうか。
    お母さんの味を再現できますしね。

    (2)節目に渡すプレゼント
    例えば・・・
    中学入学時に→ボールペンとシャープペンシルのセットや、ブックマーカーなど。
    成人の日に→真珠のネックレス  
    など、流行に左右されない物。

    あとは、体調の良い時に一杯おでかけして、家族写真を沢山残してあげましょ。

    ふるふるさんが少しでも長く娘さんと一緒にいられるよう祈っています。

    ユーザーID:9630024999

  • ビデオレター

    なんと言ったらいいのか、言葉も見つかりませんが…。

    お手紙もいいですが、毎年のお誕生日用にビデオレターはどうですか?
    話しているお母さんの姿…貴重だと思います。
    後は余裕があればですが、娘さんが嫁ぐ時のためのお金を用意するとか。
    これはお母さんがお嫁入りのためにって残してくれたお金だよと
    ご主人から渡してもらえるように。

    一日でも長く娘さんと触れ合えますようお祈りしてます。

    ユーザーID:7488914648

  • 治療と思い出と休養と

     まずは、進行性のがんということ。がんの治療を最優先させてください。治療しだいでは、延命も、そして完治とてありえないわけではないのです。医者のいうことが全てではありません。
     あきらめたら、そこで終わりです。思い出も大切ですが、娘さんにとっては、生きているお母さんがいることが一番良いのです。娘さんのためにも、治療を一番優先してください。
     そして、その上で思い出作りをされてください。「どこかに行く」とか「何かをする」とかではなく、毎日を楽しく過ごされる。それで良いと思います。「楽しい」という感情は、それだけで免疫力を高めるそうです。
     きつくなったら、休養を。無理せず気負わず、旦那さんにでもご両親にでも、ご自分の感情を伝えてください。「ストレス」が一番の敵です。
     そして何よりも、自分にご自愛を。自分を大切にしてください。

    ユーザーID:6178510154

  • トピを読んでいて

    とても心が苦しくなりました…。
    ご自身のことを受け止めることだけだってどれほど辛く大変なことだろうと…。

    そんな中で「親の強さ」を感じさせられました。

    わたしは娘さんと二人でのスナップ写真や、ご主人を交えてご家族の写真をたくさんたくさん撮ってほしいと思います。
    可能ならビデオとかも。

    こんな風にお母さんはいつも一緒にいてたくさんの笑顔をくれた!という証をたくさんたくさん作ってほしいと思います。

    ふるふるさんができるだけ平安な気持ちで毎日を送られますよう願ってやみません…。

    ユーザーID:5892842493

  • ビデオレター

    幼いお嬢様を残して旅立たなくてはならなくなってしまったとのこと。
    心中お察し申し上げます。

    さてお嬢様に何か残してあげたいとのことですが、
    手紙だけではなく人生の節目に見せるビデオレターはいかがでしょうか?

    以前放送されていた「週刊ストーリーランド」というテレビ番組で
    同じように幼い娘を残すことになってしまった母親がビデオレターを残す、
    という話がありそれが最近ネットで話題になりました。
    確か「天国からのビデオレター」というタイトルです。
    テレビの受け売りでありきたりといわれればその通りなのですが、
    動く映像と声が聞こえるというのは大きいと思います。

    それでは残された時間がふるふるさんとご家族にとってかけがえのないものとなるようお祈り申し上げます。

    ユーザーID:9815706806

  • 残してあげて。

    是非ビデオレターをお勧めします。

    金銭的に無理ならせめて声を残してあげてください。

    目に見える 声を聞かせてあげる 少ない機会ですが

    大切なお子さんに貴重なお母さんの愛を

    ユーザーID:9701522784

  • 写真を。

    ご自身が大変時期に、しっかりと現実を受け止め、お嬢さんの為に精一杯の事をなさっている姿勢に頭が下がります。

    部外者の私が言える事は殆どないですが、やはりお嬢さんの心の支えになるものは「言葉(お手紙を書かれてるので、いいと思います)」と「思い出」だと思うのです。

    もしお時間がとれるようでしたら、お嬢さんが大好きな料理やお菓子のレシピや、伝えたい料理など。

    それと、家族みんな&トピ主さんのアップの写真を何枚か撮ってはいかがでしょうか。
    オシャレして写真館などで撮っても素敵ですし、普段着の姿もきっと思い出して懐かしくなると思います。

    そうそう、もう書かれたかもしれませんが、お手紙には女の子特有の初潮を迎えた時や、恋をした頃、結婚をした時のお嬢さまへの物と、その時々のご主人への言葉(大人なので、簡単で良いと思います)もあると、ご主人にも力になると思います。

    でも、くれぐれもご無理なさいませんように。
    トピ主さんと一緒に過ごす時間が、お嬢さまにとっては何よりも一番でしょうから。

    何も出来ない私ですが、少しでも長い時間を御家族と共に過ごされる事を祈っています。

    ユーザーID:4159838599

  • 娘の立場です。

    心中お察しいたします。

    私は結婚前に母を亡くしました。
    しかし、小学生の頃から母は不調で入退院を繰り返していました。
    その経験から、書き込ませてもらいます。

    お子さんの、お好きな「おかあさんの味」のレシピや写真、
    是非残してあげてください。
    そして、一緒に作った思い出も、是非記録してあげてください。
    お嬢さんが大人になったとき、また、その過程で、きっとお母さんとのふれあいの思い出が、その味が、力になってくれると思います。

    そして、これは実の母にしか書けないこと。
    お母さんが大人になったときの体の変化、生理の状態、妊娠の経過、産後(悪露など)の様子、を、ぜひ残してあげてください。
    母のいない結婚式はかなしかったけど、母のいない出産のほうがつらかった。
    なかなか他人には聞けないことだし、また、親子なのできっと似た部分があると思うのです。

    ぜひお嬢さんとステキな時間を過ごしてください。
    そして、負けないで!

    ユーザーID:5283694022

  • お辛いですね

    心中御察し致します。

    私も11歳の時に父を亡くしました。現在33歳です。11歳ですから記憶も思い出もありますが、父の声だけが思い出せません。
    なのでビデオレターがいいと思います。
    娘さんの一年ごとのお誕生日にメッセージを残されてはどうでしょうか?

    ユーザーID:2099520540

  • 誕生日カード

    私も、娘を持つ母です。
    とても、他人事とは思えません。
    将来への手紙と重なるかもしれませんが、誕生日カードはいかがでしょうか?
    出来れば、お嬢さんが成人された以降の分も・・・。
    ご主人に託して、毎年渡してもらえば、お嬢さんはいつまでもお母さんを身近に感じられるのではないでしょうか?
    お体を大切にされてください。

    ユーザーID:7042419927

  • 不謹慎に聞こえるかもしれませんが

    体調は如何ですか?
    お子さんに何か残せるならということですが
    「下着(スポーツブラやスリップ付きブラ)」は如何でしょうか?
    ふるふるさんのお子さんはお嬢さんと言う事ですので
    大きくなった時に母親が用意してやれる物を
    今のうちに用意しておいてあげられるのは如何でしょう。
    手紙もそえて「11歳くらいになった娘さん」に旦那様から渡してもらう。

    理由は違いますが離婚で母がいなかったので思春期は
    「ブラ買うからお金頂戴」とは言えず前かがみにして歩いてて
    クラスメートの女子達にゴリラのまねをされました。
    担任が見かねてブラを買ってくれました。
    (養母が買ってくれなかったので)
    一緒に思いのこもった手紙を書いたりビデオレターも良いと思います。

    ユーザーID:5469061261

  • 私だったら、ですが。

    心中お察しします。
    私は、情けない事に、一度死のうと思った事があります。
    そんなつまらない人間が、こんな素敵なお母さんに意見するのも
    どうかと思いましたが、死のうと思った時に、二人の小さな子供達に
    残そうと思ったものの一つに、バースデーカードがありました。
    毎年、誕生日にご主人から渡して貰うようにして、カードを送られては
    どうですか?
    私は、20歳になるまでの二人の子供に毎年送ろうと思っていました。

    それから、娘さんとも、ですがご主人ともかけがえのない時間を
    お過ごし下さい。
    お体、くれぐれもお大事に。

    ユーザーID:4671756200

  • おもいつくままに、、

    この状況でも気丈に振る舞えるあなたの文章を読み
    一人の母親として涙が止まりませんでした。

    同じ小さい子供を持つ母親として、子供に残せるものを考えてみました。

    手紙は、状況に合わせて。
    (学校でいじめられたら読む手紙)、(初潮のとき読む手紙)
     (好きな人ができた時読む手紙)、(結婚するとき読む手紙)など。

    そしてお母さんの手作りレシピ。
    今お嬢さんが大好きなお料理のレシピを書いておきます。
    ご主人の好物も書いておけば娘さんが大きくなったとき
    作ってくれるかもしれません。

    あとは、、、お母さんの優しい笑顔の写真でしょうか。

    また思いついたら投稿します。
    ご自愛ください。

    ユーザーID:9880380882

  • 涙が出ました。

    私は今妊娠中なのですがトピ主様の母としての想いを見て涙が出ました。

    以前テレビで、余命宣告を受けられたお母さんが娘さんの為にビデオテープやカセットテープにメッセージを残されているのを見たことがあります。またその方は手紙も沢山書かれていましたが、娘さんが思春期になる頃に悩むであろうお父さんには相談出来ない様々なことを想定してアドバイスやお母さんの考えも残されていました。

    いい考えが思い浮かばず申し訳ありません。また何か思いついたらレスさせて頂きます。

    ユーザーID:7008952175

  • おつらいですね

    母の友人の話です。

    トピ主さんと似た状況で、当時はホームビデオも普及していない時代でした。
    彼女は娘のため、箪笥の引き出しに、年齢ごとの洋服をぎっしり揃えたそうです。
    2歳の夏はこれ、冬はこれ、3歳の夏はこれ・・・という風に。

    流行や将来の体型の問題もありますから、あまり先のものはどうかと思いますが、
    ベーシックなものをいくつか用意してあげればいいと思います。

    トピ主さんに奇跡が起こりますように。心から祈っています。

    ユーザーID:0398143133

  • 写真

    なんといっていいか言葉が出ません。

    私もビデオレターがいいと思いますが、
    それに加えて、小さなアルバムはどうですか?
    お嬢さんと二人で、ご主人も加えて3人で、
    お嬢さんだけでも…。
    大きくなったお嬢さんが、つらいことがあった時、
    さみしくなった時、
    気軽にすぐ開ける小さなアルバムがあると
    お母さんがすぐそばにいてくれるような
    気がするんじゃないでしょうか。

    何もできませんが、遠くでただ祈ってます。
    無理はなさらないよう。

    ユーザーID:0552175299

  • マミーズマニュアルをつくる

    悔しいですね。私は5歳の娘を癌でなくしました。
    悲しすぎるので本文だけかきます。
    トピ主さまと同じ状況で御主人にお嬢様の育児マニュアルをつくってあげた方がおります。
    具体的には、小学校にあがったらそろえてあげるもの、10歳をすぎたらバスルームに鍵をつけてあげる事、普段着を買う場所、中学生になったら、、、高校生になったら、、、
    と年齢にしたがって父親には気がつきにくい事をまとめていらっしゃいました。

    奇跡を信じながら、覚悟をもって強い気持ちで一日でも長く、お嬢様との日々を大切にしてください。私もいっしょに祈っていますよ。

    ユーザーID:3939418320

  • 涙がでました

    おつらいですね。私も5才の子供がいます。幼子を置いていかなければならない気持ち…痛いほどわかります。

    パトリシアさんのレスに賛成です。思春期を迎えたお嬢さんにブラジャーや生理用品を買って、とはなかなか言い出せないでしょう。一式揃えて旦那様かトピ主さんのお母さんに託してはいかかでしょう?

    心安らかに過ごされますように。

    ユーザーID:3094339122

  • レスします

    泣いてしまいました。

    そうですね、ビデオレターがいいですよね。
    メッセージだけでなく、他愛のない話、好きな俳優、好きだった映画、感動した本、大好きだった童話、あなたのお母さんはどういう人だったとか、小さい頃飼っていた犬の話とか、初恋の話、お父さんと知り合ったきっかけそんなこともたくさん、話してあげてくださいませ。

    ユーザーID:6451051593

  • 私なら

    ビデオに肉声と姿を残します。

    成人式、結婚式、入学式へのお祝いの言葉、辛いときの励ましの言葉など…

    あとは、再婚する可能性の為に、そのことについても何か遺してあげても、いいのでは。と。

    ユーザーID:2498498037

  • 生前葬がありますが・・

    人間いつかは死を迎えます。
    生きているうちに身近な人への感謝の気持ちで生前葬をする方も増えました。
    死んでしまったあとでは何も伝えることが出来ません。

    ユーザーID:6921869576

  • 形に残るもの。

    25歳主婦です。2つ年下の夫は、小学生の頃にお母様を癌で亡くしています。
    夫には妹と弟がおり、弟はお母様の記憶もほとんど無いようです。

    夫は、お母様が闘病中にくれた誕生日カードなどをずっと大切に持っています。
    ビデオで形に残るメッセージなどもあります。
    それをみて、お会いしたことの無い私もどんなお母様か分かって、大好きになりました。
    娘さんや、将来の娘さんの家族に是非形の残るものを残してあげて欲しいです。

    亡くなることを前提にお話するのは悲しいですが、頑張ってください。

    ユーザーID:3910043894

  • 好きな歌を

    ふるふるさんは素晴らしい女性ですね。
    そんなお母様をもった娘さんは幸せです。

    ふるふるさんは好きな歌はありますか?
    5歳の時に覚えた歌は一生忘れません。一緒に歌って教えてあげるのはどうでしょうか?できればご主人様も一緒に。

    音楽も、ふるふるさんの娘さんへの愛情のように、永遠ですから。

    ユーザーID:6402482073

  • 体調はいかがですか?

    私も幼いふたりの子の母。読んでいて胸が詰まる思いです。
    私の母は、私が20代の頃に亡くなったんですが
    母の得意だった料理のレシピを書き残しておいてもらったら良かった、と思っています。
    母の味、正直今でも恋しくて仕方ありません。
    そのレシピを見て、旦那様などがお料理されて「母の味」をずっと覚えていてもらう。
    そして、大きくなって自分で料理する時に、母直伝のレシピノートで同じ味を作る。
    娘さんにとって最高の贈り物だと思います。

    あとは、みなさんも書かれていますが、ビデオや手紙でしょうか。
    育児日記のようなものもあれば、将来娘さんが母親になった時に役立つと思います。
    自分の時はどうだったの?と聞けないのは辛いですので、
    そのようなものが残っていれば、自分の時はこうだったのか、と分かるのと
    母に自分ががこんなに愛されていたというのが分かり、いいと思います。

    長々と書いてきましたが、一番言いたいこと。
    トピ主さんに奇跡が起きますように!

    ユーザーID:4689033734

  • いまあいにゆきます。

    私も幼い女の子の母です。
    お気持ちは想像をはるかに超えることでしょう。
    どうかどうかお体ご自愛くださいませ。

    レスタイトルのDVDご覧になったことありますか?
    トピを拝見して真っ先に思い出しました。

    家の近くのケーキ屋さんに行き、
    お母さんはケーキを18歳まで注文します。(20歳かもしれません)
    ケーキ屋さんから毎年バースデーケーキがお子様に届くというシーンがあります。
    想像するととても素敵なことのように思いました。
    ちょっと不思議なストーリーではありますが、母親の愛を感じる映画ではありました。

    お手紙、ビデオ、写真、お洋服の準備。。。いろいろありますね。

    私の娘も4歳になり、だいぶ話が解るようになってきました。
    幼児だからまだ早すぎると思わずに、ふるふるさんが日常の何気ない不思議なことや、意見、感じ方などをお母さんの意見を伝えていってはいかがでしょうか?

    お母さんはこういう人だった、こんな風に言っていた、という記憶に残るような気がします。

    たくさん抱きしめて、たくさん褒めて、たくさん愛している、と伝えてください。

    ユーザーID:4740957787

  • 辛いアドバイスですが…させていただきます。

    日記はどうでしょうか?
    たった数行でも、数文字も毎日。トピ主さんの字で。言葉で。

    昔のその日の事、今日のその日の事。そして未来のその日の事。
    たまには撮った写真も添えて。

    ご主人、娘さん、家族や友人に『ありがとう!』『幸せにね!』という、明るい言葉を
    たくさん書き残してあげてください。

    ビデオレターは娘さんへたった1枚だけ撮影してはいかがですか?そしてまだ身体が自由な内に、
    ご主人と一緒に最愛の娘さんへの結婚する日に贈るプレゼントを探し、それを結婚式の日に渡して
    もらえるよう、託してはいかがですか?
     
    ただ、まだトピ主さんは生きています。
    生き続け得ている限り、諦めないでください。
     

    ユーザーID:0934214265

  • ふるふるさんへ

    何人かの方が既に書かれていますが、私も「母の味」というのを
    レシピの形で残して差し上げるのはどうだろうと思いました。

    新聞や雑誌等を見て作っていたものがあれば、スクラップ帳の
    ような形も良いと思いますし、もしも書くことが好きならば絵や
    写真を添えてご自身で書いてみるというのはどうでしょう?

    もしかしたら、ご主人がお料理が多少出来る方なら、お嬢さんが
    大きくなられる前には、一緒に作ってくださるかもしれませんし、
    お嬢さんが大きくなったらお嬢さん自身がそれを見て作れるように。


    お身体お大事に、お嬢さんとご主人と一日でも長くご一緒にいら
    れることを心よりお祈りしております。

    ユーザーID:3309867261

  • ブログなんてどうでしょうか。

    娘さんにしてあげられる最善のことは、少しでも長く生きていただくことだと思います…。
    治療がんばってください!

    とりあえず、ブログを始めるというのはどうでしょうか。
    日々成長していく娘さんがどんなに愛しいか、日記に書いたり、写真を載せたり。

    コメントしてもらうことで、トピ主さんと他の人のやり取りを見ることもできます。

    ユーザーID:0588591485

  • 手紙を書く

    娘さんが二十歳になるまでの誕生日・就職・結婚・出産などを迎た時に娘さんへ何か伝えたいことがあれば手紙で残し、トピ主さまのご兄弟かご両親へ託すのはどうでしょうか?
    思いつくプレゼントもあれば一緒に購入しておくのもいいと思います。
    日記などを書いていらっしゃるならそれに思いを記すのもいいと思います。
    そして旦那さまには娘さんの好物のレシピや、思春期に起こるであろう出来事や起こったときの対処法や女の子はこんなことがあるからというのも書いて渡しておくこともいいと思います。
    ビデオレターなどもいいと思いますが、今は見れても将来的に見れなくなる可能性があるので、確実に思いを伝えるのは手紙かなと思います。
    もしも手紙を書きたいことができたけど書けなくなった時にビデオなどで思いを残すのもいいと思います。
    あとは家族3人一緒の写真をたくさん撮ることでしょうか?
    少しでも長く娘さんと一緒に過ごす時間があることを祈っています。

    ユーザーID:0887452543

  • 声が聞きたいです

    私は8歳のときに母をなくしました。
    思い出すことと言えば、出かけたこと、怒られたこと…そして
    病院のベッドに横たわる弱った母の姿です。

    父が8ミリやカメラが趣味だった為、写真や映像は残っています。
    が、声はあやふやです。
    なので、できれば「ビデオレター」がいいと思います。
    なるべく元気で笑顔の。
    私も笑わせようと、病院のベッドに横たわる母におどけて色んな話をしました。
    後日、それが原因で祖母から嫌われてしまい、写真一枚ももらえない状況になったのですが・・・・(病気で辛いのにふざけるなんて不謹慎と)

    母の真意はわかりません。なので、自身の気持ちを娘さんに伝えて欲しいと思います。
    私は少なからず、辛い状況で笑ってくれた母が大好きですし、
    一生懸命笑わせようと頑張る娘(私)に対して、母は怒っていないと思います。っていうか、思いたいです。

    ユーザーID:0617373405

  • 気持ち、すごくわかります...

    私も2ヶ月前に肝癌の疑いで余命数ヶ月かもしれないと言われ、11歳になったばかりの娘をおもい、いろいろと考え準備をしていました。
    最終検査の結果、良性であろうということになり(腫瘍が複数で全部は100%確認できてない)経過をみているところです。
    その時に私なりに考え、やっていた事を参考になればと思い書いてみることにしました。
    *娘の誕生日にカードとプレゼントを用意する。
    *宝石箱とお化粧道具セット(これは女の子なら必ず使う日が来ますよね)
    *ビデオで娘の好物といつも作ってあげていた定番の料理を説明しながら作って撮り、レシピブックを作る。
    *ビデオで自分が子供だったときのこと、学校のこと、友人関係、初めて月のお客さん(初潮)が来たときのこと、初めてのボーイフレンド、結婚、妊娠、出産のときのことを話し、封筒にカードと一緒にその出来事がきた時に渡せるようにDVDにおとしておく。
    *ボイスレコーダーで、いつも歌っていた歌、かけてあげていた言葉を録音し、いつでも聞けるようにしておく。
    *たくさん抱きしめて「大好きよ」と言ってあげる。

    でも、自分のための普通の時間も大事にね。

    ユーザーID:0404644004

  • トピックを立てましたふるふるです。

    今開いてみて、皆様からの温かいお返事にとても嬉しくなり、また励まされました。
    様々な立場の方からのアドバイス、心から嬉しかったです。本当にありがとうございます。
    それから、お母さまやお子さまを亡くされた方、私が言うのもおかしいですが、御冥福をお祈りします。
    どうか亡くなった方たちの魂が安らかに眠られていますように。

    本来ならば個別にお返事を書かなければいけないのですが、簡単にお返事を書きます失礼をお許しください。
    ビデオレターやマミーズマニュアル、バースデーカード、素敵です!体力の続く限りやってみます。
    家族写真も、可能な限り撮るつもりです。

    アドバイスの多かった思春期から結婚、出産までを含めた人生の節目節目に渡す手紙も、素晴らしいですね。頑張って書くつもりです。
    思い切ってここで相談してよかったです。こんな状況なのに今、私すごく嬉しいんです。本当にありがとうございます。

    ユーザーID:0481968947

  • 私が買ったもの

    読んでいて涙がでました。

    私は娘が6歳のとき子宮がんの疑いがありました。
    病理検査のため組織を切り取ったその帰り道。
    「次に来たときにはそのまま入院になるかもしれない。もしかしたら
    そのまま帰れないかもしれない・・・」
    という思いが頭の中いっぱいになり、両手いっぱいに生理用品とブラや
    ショーツなど年頃になったら使う下着を買って帰ってきました。

    ご主人に姉妹はいますか?
    うちの夫は男兄弟だけだったので義母には思春期以降のフォローは
    無理かもしれないと思っての買い物でした。

    トピ主さん、気持ちを強く持ってくださいね。

    ユーザーID:6456478639

  • ゆりちかへ―ママからの伝言

    トピ主さま。
    同じ子を持つ母として、何と申し上げたら良いのか
    言葉がみつかりません。
    以前深夜のドキュメント番組で
    「ゆりちかへ―ママからの伝言」という本を出版された女性が
    トピ主さまと重なります。

    もしかしたら、何か参考になるかも解りません。
    一日も長くお嬢様と過ごされるよう願っております。

    ユーザーID:5570996693

  • ふるふるです。2

    追記です。
    皆様からのアドバイス以外に、今私が残せるものは
    ○主人と結婚する前から書いていた日記(今も書いている)
    ○妊娠がわかった日からずっと非公開で書いていたブログ(妊娠、出産、育児のみ細かく記録してある自分メモのようなもの。。を全部プリントアウトしました)
    ○次の娘の誕生日に渡すつもりで作ったくまのぬいぐるみ(かなりへたです) 
    それから、今日は主人が、ICレコーダーを買ってきてくれました。
    時間のある時に、思いついたことをちょこちょこと吹き込んでみるつもりです。
    まだまだ他に何かよいアドバイスがありましたら、よろしくお願い致します。
    娘が寝静まってからしか出来ないので、本当にどこまで出来るかわかりませんが、娘に何か残してあげたいという気持ちが、不思議と悲しみを緩和させてくれているような気がしています。           

    皆様、本当にありがとうございます。最期の時が訪れるまで、私頑張ります。

    ユーザーID:0481968947

  • あきらめてはいけません

    私は手術の後、転移性とわかり落ち込みました。
    抗がん剤は体を痛めるので使いませんでした、普通に暮らしたかったから。

    野菜スープを試してみてください。

    大根、大根葉、ごぼう各1/4本、人参1/2本、干しシイタケ(出来れば天日干し)1枚(すべて皮はむかない)
    大根葉が手に入りにくいならなくてもいいが、他の野菜はいれないこと。

    以上の材料を乱切りにして鍋に入れ3倍量の水でことこと40分煮込む。
    上澄み液を1回に150から200cc飲む。1日500ccから始めて様子をみる。
    2週間くらいで毒素(蕁麻疹)がでるので、それが引くまで3,4日は止める。
    そして再開、ここから効果が出始める。

    半信半疑で始めたが再発はなかった。
    抵抗力もついて風邪も引かなくなった。
    根菜類には免疫をつける働きがある。
    手術の出来ない友人にも勧めたら、半年でガンが消えた、ほんとよ。
    医師も「何で?」と首をかしげた。。
    時間がないなら少しずつ量を増やしていけばいい。
    腎臓病以外なら飲めます。
    メタボも解消。

    私はこうして今も生きています。
    癌と戦わず自然のままに。

    ユーザーID:0342287915

  • 涙がでました。他の方とは違うものですが良ければ・・・

    私にも二歳の娘がいるので、本当にふるふるさんのお気持ちを考えると胸がしめつけられます。

    私も皆さんと同じようにビデオレターなどを思いつきましたが、もし私だったら何を残すか、何を残してほしいかと考え書かせていただきます。

    もしお家にスペースがあるのなら、娘さん用のドレッサーやベッドなどはどうかなと思いました。お母さんからの贈り物として一生大切にできると思います。ぜひ一緒に選んであげてください。ベッドなどだとお引越しの時など困るかもしれないので、小さいチェストのようなものでもいいかもしれないと思いました。でもベッドだど、なんとなくお母さんに包まれている感じがするかもしれません。本当は毛布や布団を最初思いつきましたが、保存が難しいかなと思いました。あとはパジャマを思いつきました。季節ごと・サイズ事用意してもらえたら私なら嬉しいと思います。眠っている時お母さんと一緒だと思える気がします。大人サイズも可能なら残してあげれたらいかがでしょうか。旦那さんに天気のいい日にたまに干してもらうようにて・・。あとは枕や出来れば手作りのお守りやぬいぐるみもいいかなと思いました。

    ユーザーID:3269871102

  • TVで見たんですけど・・・

    お体はいかがですか?

    以前にTVで見たんですけどお手紙というか
    ノートに書き綴っていた方がいらっしゃいました。

    http://www.ntv.co.jp/omoii-tv/today/090225.html

    「ゆりちかへ」という本になったそうです。
    本を読んだ方々がゆりちゃんに励ましのお手紙など寄せられていると
    紹介されてました。

    ユーザーID:7037891774

  • お守り

    たとえ一緒に過ごす時間が少なくとも、あなたが込めた愛情は必ず子供さんに伝わっているし、
    これからも支えになると思います。

    あなたがどれだけ娘さんを愛していたのか、手紙に託すのはいかがでしょうか。
    人は、無償の愛を感じることで強くなれます。

    目の前にいなくとも、あなたの無償の愛は、彼女を一生支え続けるでしょう。
    その証となる手紙やお守りをお渡しされてはいかがでしょうか。

    それと、最後に。
    あなた自身が、どんな人となりなのか。
    彼女が大人になったら、きっと知りたがると思います。

    その時のために、トピ主さんが好きなこと、好きな言葉、趣味、
    好きな食べ物、好きな洋服ブランド、好きな髪型、好きな映画、好きな小説、etc...

    言葉を残してあげて欲しいと思います。
    ご自愛ください。

    ユーザーID:4046681068

  • そのままのあなたで

    かつて、仲の良かった友人がまだ幼い娘と息子を遺して逝きました。
    相応に手紙やビデオレターなどを残したようです。
    私宛にも子供達を案じる手紙を何通かくれましたので、これは将来然るべきタイミングで彼女らに贈るつもりで大事に保管しています。
    でもね。彼女が子供達に残した大きなギフトは物だけではありません。

    今無事に中学生に成長した子供達のはじけるような笑顔や、素直なふるまいや思慮深い表情全てに彼女が息づいています。
    子供達に会うと、その仕草や表情の中に本当にいつも友人のことを思い出してハッとさせられるのです。

    病に臥せっても子供達の前では最後まで明るく優しいお母さんでした。
    そして素直で思慮深い人でした。

    トピを読ませていただき感じたことは、貴女は十分思いやりのあるステキなお母様です。
    ですからそのままのあなたでよいのです。
    気持ちの整理がつかずとも、素晴らしい形になるものがないままでも、お嬢様の細胞のひとつひとつが貴女からのかけがえのない愛の証です。

    ここまで書きましたが、どうかトピ主さんに奇跡が起こりますように。
    心より祈ります。

    ユーザーID:1202616581

  • 以前テレビで見ましたが

    心身共にお辛いでしょうね。キセキを祈っております。


    以前テレビで見たのですが、子供へのビデオレターがありました。
    けじめの年ごとのメッセージ。もしトピ主さんに気力があれば…が前提の話ですが。

    私が子供だったら、手紙ももちろん嬉しいけど、お母さんの笑顔が見たい。声が聞きたいです。

    ユーザーID:2053174094

  • ビデオレター

    皆さんと同じで、まずビデオレターが浮かびます。
    そしてお嬢さんに語りかける内容だけでなく、お嬢さんをぎゅーっと抱きしめ、キスし、頬を寄せ、手を握り、髪をなでる様子なども、いっぱいいっぱい残してあげてください。
    また、手作りがお好きなら、手提げ袋や髪飾りなど、時間の許す限り作って差し上げてはいかがでしょう。
    お母様のぬくもりを、ダイレクトに感じ取れるのではないかと思います。

    でも、まずはご体調を最優先で。
    別の方もおっしゃる通り、医者の言うことがすべてではありません。
    余命宣告なども絶対ではありません。
    知人に医師がいますが、余命半年と診断し、。本人の希望で自宅に帰した患者さんが1年後に来院、驚いて診察したらガンが消えていた、という事があったそうです。
    どうか望みを捨てず、お嬢さんのために一日でも長く生きてください。
    何もできませんが、心からお祈りしております。

    ユーザーID:9390799070

  • 母の死後に私が感じたことを書きます

    何かしらのヒントになれば良いのですが…。

    ●母の味を再現したい

    ●母が行きたかった国は判ったけど、その国の何を見たかったのか、どんな気持ちで憧れていたのかが判らない

    ●好きだった映画や本の感想を聞いてみたかった

    ●母は幸せだったのだろうか?

    ●いっぱい笑顔にしてあげたかった

    ●親不孝をわびたかった

    酷かもしれませんが…
    もしも、環境が変わって養父母ができたりしたときに、お嬢さんが「人を恨まないよう」「感謝を忘れないよう」何かしらを残してあげてください。
    感謝を忘れない人間は、皆に愛されます。
    万が一、貴女が残した形見を無くしても、お嬢さんの体そのものが形見であることを伝えてあげて下さい。

    ちなみに私の宝物は、幸せそうに私を抱きかかえている「笑顔の母の写真」です。
    何枚もコピーし、飾っているものが風化しても大丈夫なように備えています。

    3〜4歳の頃、母といっしょに白玉団子を作ったことや、お風呂の入り方を教わったこと、姉妹ごっこ(母が姉の役)をした記憶、しっかり残っています。

    お母さんへ
    私のことを考えてくれていたことが判っただけで、私は幸せです。

    ユーザーID:4506574238

  • 名前シール

    私なんかが何とレスして良いのか分かりませんが、娘さんへの愛に胸が詰まります。

    小学校を卒業するまでには、いろんなものに名前を書きこむことが多いので、名前シールはどうでしょうか?

    私は成人してから母を亡くしました。
    小学校時代の体操着入れの巾着に、私の名前を油性ペンで手書きしたアイロンシールが貼ってあり、未だにそれを大事に使っています。
    母が書いてくれた私の名前、本当に特別な品です。

    娘さんがこれから使うすべての物を買い揃えておくのは難しい事ですが、アイロンシール(布製品用)や紙のラベルシール(ノート、教科書など用)、に手書きで名前を書いた物を沢山用意しておくのはいかがでしょうか。

    もし巾着などの手作りの品を作られるようでしたら、少し厚めの布を選んで柔らかい接着芯で補強するなど、長年の使用に耐えられるような作りにする事をお勧めします。

    どうぞ、どうぞ、ご自愛なさって下さい。奇跡が起こることを遠くから祈ってます。

    ユーザーID:3036960109

  • 愛した想いを残す

    これから厳しい治療もありお辛いでしょうが、毎日日記をおつけになってください。辛い治療・不安・思い出・娘への思い・そしてご自身の両親や兄弟への思い、感謝・後悔・昔の恋愛の事・好きだった本や音楽のこと・嫁いでからのこと等、日々感じることを正直に綴って欲しいと思います。娘へのメッセージではなく貴女自身の日記を残して下さい。娘さんもこれから先いろんな事があるでしょう・・・辛いとき、病んだとき、誰かに憎しみを抱いたとき、誰かを愛して苦しんだ時、そんな時、1人の女性として生きた母の残した日記を読めば生きる力が湧き上るのでないでしょうか。
    そして皆様が仰るようなビデオレターや節目節目の手紙、得意な料理のレシピ・誕生日のケーキ等を残してあげて欲しいと思います。そして女の子ですから18歳や20歳の女性としての節目には大人の女性としてのプレゼントを用意してはどうでしょうか?真珠とか、手鏡とか、ハイヒールや口紅(サイズが合わないとか劣化しても良いのです)「似合う女性になって欲しい」という思いを込めて。

    ご主人も第二の人生があるかもしれません。ご実家・義理実家にも残した事を書面でお伝え下さい。

    ユーザーID:9767159452

  • 奇跡を願いつつレスします

    ビデオレター、バースデイカード、手紙、マスコットなどの手作り小物――
    優しいアイデアが沢山書き込まれていますので、私はそれ以外…日常生活の中で何か残せないかと考えてみました。
    トピ主さんの身体的な条件が許すのであれば、娘さんと一緒にお料理をなさっては如何でしょうか。
    洋菓子やカレーライスなど、匂いの強いものが良いと思います。
    匂いは記憶に残り易いですし、5歳なら充分に憶えておけます。
    大人になっても忘れないでしょうし、折に触れてお母さんのお菓子やカレーの匂いがリアルに蘇るでしょう。

    私は20代前半のときトピ主と同じように、がんで、余命三ヶ月の宣告を受けました。
    けれど、いま40代です。
    副作用に身体が耐えられないとの医師の判断で抗がん剤治療を途中で止め、僅かな余命を家族の下で過すように言われ退院したあと、信仰も民間療法も未認可の薬も何も無く、自然治癒しました。
    そういうこともあります。
    現実的な可能性の中で娘さんと過ごせる短いだろう時間を見据えつつ、1パーセントであれ希望も捨てずにいてほしいと願っています。

    ユーザーID:5533944288

  • マイ・ライフという映画

    トピ主さん、体調はどうですか?
    私も進行性ではないもののガンだった事があり2度開腹手術をしています。

    「マイ・ライフ」という映画を良かったら見て下さい。
    レンタルで探す時間ももったいないのでツ○ヤディスカスなど1か月無料で自宅でレンタル出来るシステムがお勧めです。

    30代で会社を経営するビジネスマンが末期ガンと診断され、彼は妻のお腹の中にいるまだ見ぬ我が子にメッセージを託そうとビデオレターを残すお話です。

    ビデオが嫌なら声の録音も良いですよ。もちろん手紙も良いと思います。
    好きな音楽、映画、本、明言、レシピも記してあげて。
    どなたかのレスにあるよう毎年のケーキの予約もいいですね。
    誕生日カードと一緒にハンカチを添えるのもどうでしょう。
    キティのハンカチからチェックや水玉、やがてアナスイ、バーバリー、セリーヌへと。
    クリスマスには毎日使えるよう食器とか。お茶碗、お箸、マグカップ。
    文房具もいいですね。
    成人には真珠のネックレス。

    私なら庭に樹を植えるかもしれません。
    ずっと見守っているよって。

    でも医学は進歩してます。
    諦めないで!

    ユーザーID:4397953442

  • 生理用品(ショーツ、ナプキン等)を用意しておいてあげる。

    パトリシアさんのレスを読んで思い出しました。
    私は中2のとき、生理になったのですが、
    しばらく恥ずかしくて誰にも言えませんでした。
    生理用品の使い方は、保健の授業で習いましたから使えましたが、
    ナプキン等、自分で買いに行くことは、
    大学生で一人暮らしするまで、できなかったです。
    (それまで母に買ってきてもらっていました)

    まだまだ先のことなので、用意しておくのは現実的ではないかもしれませんが、
    小学6年生くらいになったら、家の中のどこかに準備しておいたほうが良いと思います。(ご主人様に頼んで)

    毎月の事ですが、ナプキンを買いに行くのも相当の覚悟がいる年齢ですから、
    できれば父親に買って来て貰い、手渡しではなく、トイレのどこかにそっと常備していてもらえると、助かるのではないかと思います。

    本当に心残りな気持ち、無念な気持ち、身を切られるような気持ち、
    よくわかります。
    自分ができることを必死に考えるトピヌシ様を尊敬します。

    ユーザーID:2763596331

  • 日記

    どなたか書いているかもしれませんが.

    毎日の日記は宝物になると思います.
    毎日の大変な事,よかった事,何でも書いてください.

    手書きの手紙と同じで日記もご検討ください.
    もちろん,トピ主さんの体調次第です.

    ユーザーID:8310707915

  • 主人の母は

    少しでもお役に立てればと思いでてきました
    主人の母はやはり小さい時に亡くなっており、主人に手紙と写真を残しました
    写真は「自分が(母が)一番気に入ってる特別な一枚」 手紙は結婚する際に開けるもので義父母の馴れ初めと主人の子供の頃の話、それと自分が旦那さんにどれだけ大切にされてきたかという事が書いてありました、だからあなたも相手を大切にする才能を持ってると書いてありました
    義妹達には手紙と下着、ナプキンとその使い方 アクセサリー類(パールネックレスセットとダイヤのピアスだったと思った)あとはその頃流行っていたリボンとかシュシュとか あと病室で作ったらしいですが無地ハンカチに小さな蜂とかスプーンとか刺繍してあるものが大量にありました、今は炊飯器カバーなどに姿を変えて義妹は使っています
    義妹はアクセサリーを母の形見として大事に持って嫁に行きました

    母親の愛って時代を超えて深いですね

    ユーザーID:8152319119

  • untitle

    体調如何ですか?貴女の気持ち、ご主人の気持ち、お嬢様の気持ちを考えると胸が張り裂けそうです。
    皆様ありますようにまだ動けるのであれば、年頃によっての手紙や小包。ご主人にはノートに年頃のお嬢様との接し方の注意点などまとめては?
    今のうちに沢山写真を撮って、フィルムをプレゼントするのも良いかもしれません。
    あとは、不謹慎かも知れませんが、お母様が身をもって命の尊さ・人を愛する気持ちを精一杯伝えてあげて下さい。


    どうか一分一秒でもご家族と穏やかに過ごされますように心から祈っています。

    ユーザーID:1925918265

  • 追伸

    もしお嬢様がご結婚、お子様が生まれた時などに

    赤ちゃんのあやし方のポイント
    離乳食
    オススメの民間療法
    知恵袋
    夫婦喧嘩の時に読む手紙
    不安な時に読む手紙


    もどうでしょうか。
    ごめんなさい、この位しか今は浮かびません。
    ご自愛下さいね。

    ユーザーID:1925918265

  • おもいでカプセル便

    同じ子供がいる者として
    とても辛く胸が痛みました。
    お体大事になさって、そしてたくさんの思い出を娘さんと・・・。

    この思い出カプセル便は
    3、5、10、20年後に未来の家族などへ手紙のタイムカプセルになって、郵便局から届くシステムです。
    どうぞのぞいてみてくださいね。
    http://maruoka-fumi.jp/omoidecapsule.html

    ユーザーID:7761693528

  • はじめまして

     私にも4歳の娘がおります。
    読みながら胸が締め付けられました。
    他の皆さんが素敵な案をたくさん出されていますね。
    私の提案ですが、「手形をとる」のはいかがですか?
    お嬢さんと一緒にです。一枚の色紙、または画用紙に
    お2人で手形を並べて、というのはいかがでしょう?
    もちろん各自お好きな色で。絵の具でいいと思います。
    そして壁に飾っておくのはどうでしょうか?
    そうしたら、これからお嬢さんはご自分の手をお母さん
    の手に重ね合わせられます。きっといろいろなことを
    思うでしょう。まだお母さんに比べたら小さいなあ・・・、
    少し大きくなったかな?ああ、お母さんと同じくらいに
    なった・・・・など。
    成長するにつれ、母の手を見ることで、重ね合わせる
    ことでお嬢さんが感ずるものはたくさんあると思います。
    手軽にできるし、どうですか? 
     
     お会いしたこともないけれど、パソコンの画面からで
    本当に失礼いたしますが、どうか治療が良い方向に進み
    ますように。心から祈っています。

     

    ユーザーID:9380958034

  • 私の友人

    涙が出ました、娘さんとの良い時間が持てることをお祈りします
    同じ状況の友人の話です
    小学1年生の一人息子に、友達がたくさん出来るように努めていました
    今その男の子は5年生ですが、男女を問わずたくさんの友達に恵まれています
    御家族の療養で心がめげる時期も子供にはあったかと思いますが、変わらない友達の存在は大きかったはず・・・・
    ●自宅にいつでも友達が呼べる環境にしていました
    ●最新ゲーム機をたくさん買い揃え(賛否両論かもしれませんが、いろいろな友達が遊びに来てくれます)
    ●女の子同士がやる誕生日プレゼント交換にも仲間入り
    ●旅行のたびにちょっとしたお土産をお友達に買ってきてくれたり
    ●ホームパーティー等を企画してくれ家族ぐるみでお付き合いさせていただきました

    心から応援しております。

    ユーザーID:2365890220

  • ビデオレター。

    私の主人は小学校低学年の時にお母さんを進行性の癌で亡くしていますが、「母親の声が思い出せないのが辛い」と以前ふと口にしたのを覚えています。
    顔は写真で思い出せるけど、声だけはどうしても思い出せない‥と。

    普段の何気ない生活の一部でもいいと思います、映像で残してあげてください。

    ユーザーID:1655105777

  • 娘の立場から (1)

    私の母は私が14歳の時に他界しました。
    私を出産し3ヵ月後に病気が発覚し以来14年入退院を繰り返してました。
    その間5年間だけ通院のみの時期があったのですがその時に母がしてくれた
    ことは未だに心の中に残っています。

    幼稚園や学校などの用品はすべて手作りでおやつも手作り
    まだ小さかった私に手料理(簡単なもののみ)を教えてくれました。
    自分がいずれはいなくなり私が家事をこなさなくてはいけないことを
    母は見越していたのだと思います(祖父母は遠方のため)。

    当時はまだビデオなんていうものはなかったのですが
    私宛の手紙が亡くなった後に見つかりました。
    亡くなる数年前に書いたものです。
    (亡くなる2年前から寝たきりになったのでその前に書いたもの)

    そして両親から言われていたのは母が長くは生きられないこと。
    いきなりいなくなっても混乱するだろうからとのことで
    このことはずっと言われていました。
    亡くなった時、すんなり受け入れられたのもそのおかげかもしれません。

    とはいっても、娘さんはまだ小さいのでそれをするのは微妙ですよね。

    ユーザーID:0318460557

  • 娘の立場から (2)

    村上たかし著の「ぱじ」という漫画をご存知ですか?

    主人公のももちゃんは1歳の時にご両親とも亡くなり
    (お母さんは病気で亡くなりました)母方の祖父に引き取られます。

    その中で、余命宣告を受けたお母さんはももちゃんのために
    ビデオレターやお誕生日の時のプレゼント・カードなどを残して
    誕生日が来るたびにおじいちゃんがももちゃんに渡してあげるんです。
    小学校に入る前の最後の誕生日には、ももちゃんの名前の書いてある
    学用品(鉛筆、筆箱、上履きなど)がプレゼントの箱から出てくるんです。
    上履きなんて5年も経っているからゴムが変色しちゃってるんですけどね。
    でも、ももちゃんからしてみればお母さんから貰った唯一のものです。

    この漫画を読んでいて母が私に残したものを思い出し
    どういう思いで手作りをし料理を教えたのかが分かりました。
    子供を産んでからは胸に痛いほど突き刺さりました。

    機会があれば一度読んでみるのもいいかもしれないです。

    お子さんがまだまだ小さいのでいろいろとあるとは思いますが
    娘さんと楽しい時間が過ごせますように。

    ユーザーID:0318460557

  • レスさせて下さい。

    私は幼少の頃、母を癌で亡くしました。余命を告知せずに最期を迎えましたので、形に残された物は写真しかありませんでした。幼少の頃なので、時間が経つごとに記憶が失われてきます。手紙もとても素敵です。ビデオレターもとても良いと思います。私が出産・子育てを経験した中で強く思ったのは、幼少の頃の自分の様子を憶えてる人がいないのです。父も兄も、あいまいにしか憶えてないのです。ふるふるさんが妊娠した時から、現在に至るお子様の詳しい成長記録を残してあげるのはどうでしょう?例えば、妊娠中つわりが酷かったけど、これなら食べることができたとか(親子は体質は似るので)。生まれた時はよく泣く子だったよとか。既往歴・予防接種。その成長記録が、お子様の出産・子育ての時、とても力強い味方になると思います。
    お体無理なさらないでくださいね。

    ユーザーID:5569281554

  • 無駄になることを願います

    ふるふるさんの置かれている状況を考えると、何も言葉が出ません。
    元気の出るようなことが言えないのに、レスを付けてごめんなさい。
    最近母を亡くした経験から、子の立場から、また違う視点でのレスをさせてください。

    タイトルがダイレクトすぎてツライのですが、「死ぬまでにしたい10のこと」という洋画があります。
    フィクションだし、外国のものだから、あんまり参考にならないかもしれません。でも、子供のことを想う母の気持ちは世界中同じだと思いました。

    私は母の手が好きだったので、母が元気な時に立体手型を取りたかった(ビデオや写真は平面なので)のですが、姉に「気持ち悪い」と言われたこともあり、取ることは断念しました。
    やっぱり取っておきたかったなと、今でも少し心残りですが、私の声は母にそっくりなので、それで満足しようと思っています。

    先のことは誰にもわかりません。「準備しすぎー」「無駄になっちゃったなー」と、笑い話になる日が来ることを祈っています。
    無理しないでくださいね。

    ユーザーID:3149562464

  • 誕生日カード

    毎年、成人するまで作ってあげるんです。
    一年毎に渡してもらって。お体大事に諦めずに生きてください。

    ユーザーID:5546856868

  • タイムカプセル

    私も乳癌闘病中です。お気持ち痛いほどわかります。

    手紙や品物を預かって、指定の日に配達してくれるサービスがあります。
    預かる期間によって価格が変わってきますが、20年後なども可能なようです。
    活用してみてはいかがでしょうか?
    「タイムカプセル」「未来便」などで検索してみてください。

    娘さん、毎日ぎゅうっと抱きしめてあげてくださいね。
    お母さんのぬくもりを忘れないように・・・

    ユーザーID:8971586956

  • 私は4歳のときに。

    いてもたってもいられずに初めてレスします。

    私は30年前に4歳のときに母を癌で亡くしました。記憶はまったくないです。育ててくれた祖母もアルツハイマーで後半は聞くこともできませんでした。

    今は8歳の男の子を育ていますが、自分が子供の立場で、と考えてみたときに母の姿を見たい、と思い続けていました。夢でもいいからと長年祈り続けて、6〜7年前に初めて母が夢に出てきたときは、泣いている自分に気づいて目が覚めました。

    他の方もたくさん書かれていますが、できることなら名前を呼んであげるだけでもいいのでビデオレター残してあげてください。いなくなって2〜3年は覚えています。でも忘れていきます。悲しいけれど思い出せなくなります。声だけでもいいので、残してあげてほしいです。

    後は、同じようなお母さんが出した本を読んだことがあるのですが、初潮や恋のこと、自分を大切にすること、育児のこと、思いつくままに書いて残してあげてほしいです。ご自分とご主人のことも絶対に残してあげてください。生理用品などやプレゼントも残されていたらなおさらお子さんはあなたの愛情に気づきます。

    あなたに奇跡がおきますように。祈っています。

    ユーザーID:3302197429

  • 結婚式用のビデオレター

    皆さんがすでにビデオレターのアイデアは出されていますが、ぜひ、娘さんの結婚式用のビデオレターを作ってはいかかでしょうか。
    現在の状況でお嬢さんが結婚に行く姿を思うだけでお辛いと思いますが・・。

    私は結婚式場で働いているので、あればとても良いと思ったまでですので、どうかお気を悪くなさらないでください。

    ビタミンCの点滴が癌に効く、というのを記事でみたことがあります。自費での治療になりますが、ご参考まで。

    少しでも長くお嬢さんと過ごせますようお祈りしています。

    ユーザーID:3732643267

  • 1日を大切に

    ふるふるさんへ

    もう一度、他の病院へ検査しませんか? 同じ結果ならそれをしっかり受け止めて、1日1回でもいいから娘さんを抱きしめてあげて下さい。ありのままの自分を娘さんに見せてあげて下さい。

    時間があまりないというけれど、でも、時間を娘さんや家族のために沢山作ってあげるのがあなたです。写真を沢山撮ったり、絵に描いたり、娘さんと家族の楽しい時間を1日でも長く続けて下さい。頑張ってとは言いません。

    無理をせずに、周りに甘えて下さい。それも1つのアドバイスです。

    ユーザーID:3461985441

  • ふるふるさん

    ごめんなさい。なんて言葉をかければいいのか・・・
    どんな言葉も慰めにはならない気がして。

    私は2歳の時に癌で父を亡くしました。
    物心つかない内の別れだったので、父との記憶は何も残ってません。

    そんな私から残して欲しいと思うのは写真とビデオ(動画)です。
    写真は家の中でも公園でも。
    とにかく一緒に居る姿を納めてください。
    ふるふるさんが台所に立ってる姿など日常的な写真も見たいです。
    あとは絶対に動画を残してください。
    ビデオレターだけではなく、一緒に公園で遊んでる姿など。
    とにかく何でもいいから、娘さんが大きくなった時にお母さんはこんな顔でこんな声なんだと分かるように。

    あと元気な内に一緒に旅行に行ってあげてください。
    いっぱい本を読んであげてください。
    いっぱいお喋りしてあげてください。

    私の父は写真の中にしかいません。
    父の声が聞きたい、父の動いてる姿が見たい・・・
    それは私の子供の頃からの望みです。

    ふるふるさん、最後まで諦めず頑張ってください。
    応援してます。

    追伸:ご主人へのラブレターも忘れずに。。。

    ユーザーID:8201086767

  • ハワイの伝統療法【ホ・オポノポノ】

    トピ主様こんにちは。
    非科学的だと非難されるのを承知でご紹介します。

    【ホ・オポノポノ】というハワイの伝統療法をご存知でしょうか?
    ただ
     ●ありがとう
     ●ごめんなさい
     ●許して下さい
     ●愛しています
    この4つの言葉を心の中で繰り返し唱えるだけで、あらゆる問題が解決すると今大変話題になっています。
    もちろん、トピ主様の様な症状を完治させる事も可能だそうです。
    決して宗教ではありませんし、副作用もありません。
    お金も殆ど掛りません。(もし本を購入した場合に掛かる程度です)
    もし良かったら試してみられませんか?

    出来ましたら、

    【ハワイに伝わる癒しの秘法】
    著者:イハレアカラ・ヒューレン
    出版社: 徳間書店
    1,575円

    【豊かに成功するホ・オポノポノ】
    著者:イハレアカラ・ヒューレン
    出版社: ソフトバンククリエイティブ
    1,500円

    のうち、どちらかだけでも読んで理論を理解した上で実行された方が、より効果的かと思います。
    ホ・オポノポノに関する本は幾つか出ていますが、これらが比較的読みやすいと思います。


    完治される事を心からお祈りしています。

    ユーザーID:0371175965

  • 30歳 胃癌患者です

    お気持ちお察しいたします。
    息子が1歳3ヶ月のときに胃癌がみつかりました。
    しばらく放心状態な日々で、気づいた時には「身辺整理をしないと」とアチコチ手をつけてました。

    私はシングルマザーです(私は手術をし、今後は経過観察です)
    余命宣告、おつらいですね。しかし医師からの余命宣告とはあってないようなもの。
    それに負けずにいてください。

    私も癌発覚時は息子になにが遺せるかを考えました。
    でも頭がいっぱいになり簡単なことでも浮かばなかったことを思いだします。
    私は母を癌で亡くしてますが、自分がほしかったものと考えた時に、
    ・ビデオレター
    ・母の声
    ・母の日常の生活風景
    ・日記(日常的なことから何でもOK)
    ・写真(個人・一緒のもの両方)
    とかです。

    今、とにかく一緒にいられることが望ましいとも思います。

    ユーザーID:3930247871

  • お辛いですね

    なんて言ったらいいのか・・・

    体調はいかがでしょうか。

    ふるふるさんは素晴らしい女性であり、お母様ですね。

    同じ女性として感動しました。

    ふるふるさんが好きなもの、お気に入りのものを
    たくさんお嬢さんのために残すといいと思います。

    きっとお母さんはどんな人だったのだろう、
    何が好きだったのだろうと考える日が来ると思いますので、
    音楽や映画や本やお料理のレシピ、
    愛用していたお化粧品や香水なども。
    あぁお母さんはこういう人だったんだなぁと
    想いを馳せれるものを。

    日記などはとてもいいですね。
    ふるふるさんの考え方や気持ちの変化などが読み取れて
    お嬢さんのためになると思います。

    今ここですごく嬉しいとおっしゃるあなたの気持ちが嬉しいです。
    あなたのような女性に憧れます。

    どうか一日でも長くお嬢様とご主人と過ごせますように。

    ユーザーID:7797863497

  • もうひとつ、思い出したこと

    私が娘に用意していたもうひとつの物を思い出したので書いておきますね。
    ほかにも触れている方々がいらっしゃいましたが、将来初潮がきたときにとかわいいバッグに生理用品とショーツを用意していたのですが、これと一緒に娘の好きそうなピンクのふわふわのカバー付きのゴム湯たんぽを買っておきました。
    イギリスに住んでいるのですが、こちらでは冬の寒い日にはゴム製の湯たんぽを日常的に使っているんです。その他にも生理痛でつらいときに、これを抱えたり腰の後ろにおいて寝たりすると随分楽になるんです。
    先ほどパソコンで検索してみましたら日本でも「ゴム湯たんぽ」で出てきました。
    おなかが痛いときなどに手でさすって暖めてやるかわりに、この湯たんぽのぬくもりで楽になったら..と思って。

    でも、前のレスにも書きましたが時間が無いと思って焦ってしまい、残っている時間で娘や主人にできるだけのことをしておかなければと突然今までの自分の普通の時間がなくなり、途中で息が切れてしまった経験があるので、ふるふるさんには「いなくなってしまう準備」で頑張り過ぎず「これからも生きる希望」も持ち続けて欲しいです。

    ユーザーID:0404644004

  • 川村カオリさん

    歌手の川村カオリさんが癌の余命宣告を受けた後、出されたMY SWEET HOMEという本はご自身のお嬢様にあてたお手紙、未来への伝言、手紙とお嬢様への愛にあふれた内容となっています。ぜひ、お手にとって見てください

    私も幼い娘を持つ母親です。貴方の痛みを自分の事のように感じます。安らかな楽しいご家族の時間が続きますように お祈りしています

    ユーザーID:1461832677

  • 私が考える事

    私は、二十代で母を癌で亡くしました。

    他人からすれば普通の女性ですが私にとっては、
    母の存在は大人に成っても偉大でした。

    そんな息子から意見ですが、参考になればと思いレスします。

    1.母の存在を沢山残してください。例えば、日持ちがする漬物を沢山漬けるとかレシピを残すとか
    2.貴方の幸せそうな写真をいっぱい撮って下さい。
    3.貴方が愛用していた化粧道具を娘さんに残してやってください。
    4.ビデオレターで化粧の仕方を教えてあげてください。

    まだまだ沢山ありますが、要は貴方の意思を残してあげて下さい。

    授業参観の時は、結婚式の時は、入学式の時は、高校受験の合格発表は、
    この写真を持って行ってねとかをしては如何でしょうか?

    貴方が母と当たり前にしていた事を思い浮かべれば自ずと見えてくると思います。
    その時に娘さんが、貴方を常に感じられる様な物を残してあげて下さい。

    そうすれば、必ず、娘さんに貴方の温もりが伝わるはずです。

    娘さんのお母さんは貴方一人だけなんですからくよくよしている暇はありませんよ。
    貴方のやる事は沢山ある。

    ユーザーID:7611459170

  • 植樹

    お庭があるなら樹を植えられてみたらどうでしょうか。
    娘さんの成長を見守ってくれますよ。

    花をつける樹だったら、娘さんの目を楽しませてくれます。
    実をつける樹だったら、娘さんのお腹の足しになります。

    ユーザーID:0588591485

  • 無理をしないで

    ビデオレターや手形、手紙、名前シールなどいいと思います。

    後、可能かどうかはわかりませんが、
    髪の毛で、針山を作成してあげる
    (髪の油で針がさびないため、昔はよく作られたそうです)

    絵本を読んだ声を録音しておく。
    声を録音できる目覚ましを買って、録音しておく
    (毎日それでおきてもらう)
    トピさんの好きな音楽を1枚のSD?などに作ってもらう
    (これは夫に)
    辛いことを言いますが、もしかすると再婚して新しいママができるだろうときに、よんでもらう手紙を用意しておく

    トピさんの好きな本や映画など、好きなものを書いておく
    トピさんの生まれた体重のぬいぐるみをプレゼントする


    ただ、いろいろ手をかけすぎて、トピさんが疲れてしまうことも
    心配しますので根をつめすぎないようにしてください

    ユーザーID:3088677798

  • 手紙

    本当に、レスが役に立たないことを願うばかりです。

    娘さんと、娘さんに関わる(であろう)人たちに手紙をかかれてはいかがでしょうか。

    ・娘さん
    ・旦那さん
    ・おばあちゃん
    ・おじいちゃん
    ・娘さんの未来の旦那さん

    そして、本当に本当に書きたくないんですが…。

    ・娘さんの新しいママ
    ・旦那さんの新しい奥様

    どうか、トピ主さんが治りますように!!!
    他の方のレスにもあるとおり、可能性があるなら色々なことにチャレンジしてみてくださいね。

    ユーザーID:0588591485

  • 手紙を

    ふるふる様の投稿を拝見し、亡き母を思い出し涙してしまいました。
    とても優しいお母様ですね。

    私は母を白血病で亡くしました。当時、私はまだ1歳でしたので、母の声も思い出も記憶にありません。私に残されたものは数枚の写真だけでした。

    私が母に残してほしかったのは「手紙」です。
    成人式や結婚式、そして出産。このような節目を迎えるたびに「母が生きていたら、私にどんな言葉をかけてくれたのだろう」と思いました。

    私は今、1歳の娘を育てています。初めての育児に戸惑うことの連続です。そんなとき「母が生きていたら、経験を元に色々と教えてもらえたかもな」と思ってしまいます。

    娘さんが人生の節目を迎えるときに読める手紙を、ぜひ残して差し上げて欲しいと思います。

    ユーザーID:4542305075

  • 本当に胸が痛みます

    辛いですね。トピ主さんが1日でも1分でも長くお子さんのそばで笑顔でいられるよう、心から願っています。

    わたしもビデオレターが良いと思います。
    昔、映画であったのですが、毎年の誕生日、入学、卒業、結婚、就職と節目にあわせたビデオレターを残してあげるというものです。
    結婚のときは家事のコツとか、就職ではあいさつの仕方とか、親として教えてあげられることをビデオに残してあげてください。
    これからも大人になるまで育ててあげるつもりで、映像をたくさん残してあげてくださいね。応援してます。
    何もできませんが、同じ子を持つ親として愛を送りたいです。

    ユーザーID:1118513474

  • あきらめないで ! !

    ふるふるさん 体調はいかがですか。

    世の中には 癌で余命宣告をされた方でも
    たくさんの人が生きていらっしゃいます。
    実は私の姉も癌で何度も手術をして余命宣告をされましたが
    今は癌もほとんど消えて仕事ができるほど回復しました。
    医者は奇跡だと言っています。
    ぜったいにあきらめないで下さい。

    人間の身体は食べたり飲んだりしたも物でできています。
    口に入れた物で身体はかわるそうです。

    ユーザーID:1921242221

  • 生きて来た証

    お辛いでしょうに…
    とても勇気のある方ですね。

    父が亡くなって、思ったのですが、
    私は父の生きて来た歴史を詳しくは知らないままです。
    父の生まれてからの人生の歩みを、知りたかったです。
    生前に、ノートでもいいから、お父さんの生きて来た歴史みたいなのを、
    一度書いて置いてくれないかなぁ?と、お願いした時もあったのですが、
    突然逝ってしまい、この願いは叶わなくなりました。
    父はかなり苦労したらしいですが、細かい内容は家族も知りません。
    母もおおまかにしか知らないようです。
    生き様を綴るというのは大げさかもしれませんが、ご主人との出会いや、結婚、出産、
    娘を授かった嬉しさを記録に残すのはどうでしょうか?

    ビデオレターも声と映像が残せるなんて、とても良いです。
    娘さんの誕生日ごとに手紙を書いておくのも良いと思います。
    あとこれは無理かもしれませんが、旅行はどうでしょうか?
    遠方ですとお辛いかもしれないので、移動時間が短くてゆっくり過ごせる場所があれば、
    楽しい思い出になると思います。

    どうかお身体をご自愛下さい。
    そして少しでもあなたの心痛が軽減されますように、お祈りしています。

    ユーザーID:0665797043

  • 時計、アクセサリー、着物

    私も小さな娘がおります。

    永年の使用に耐えられる時計。
    ずっと身につけていられるアクセサリー。
    成人式用の着物。

    状態が良ければ、この先何年も何年もお嬢さんの手元に残りませんか?

    そのほか、ランドセルや机などの就学用品はいかがでしょうか?

    ユーザーID:8181913918

  • お母さんのにおい

    タイトルの通りですが、お母さんのにおいのするものが欲しかったです。
    私は小学校高学年で母を亡くしましたが、そんな年になっても母のにおいが段々と薄れていくのがさびしかったです。
    薄れていくのはしょうがないのですが、やはりお母さんのにおいのするものに悲しいとき、さびしいときなぐさめられました。
    お子さんは5歳ごのこと、まだまだお母さんのぬくもりが欲しいだろうし、お母さんのにおいをかいで安心したい時もあると思います。
    トピ主さんのお気に入りの香水などでもいいのかもしれませんが、私が一番安心できたのはそういう香りではなく、お母さんそのもののにおいでした。

    少しでも長くご家族と一緒の時間をすごされることをお祈りしています。

    ユーザーID:5011753555

  • 固定カメラで日常風景のビデオ

     3人目自宅出産の際にビデオを撮ろうと思いましたが、夫も戦力なのでカメラマンがいませんでした。そこで、部屋の隅に固定カメラを設置し、回しっ放しで録画できるようにしました。 本番の出産前に、練習ということで試しにビデオを回してみたのですが、そこにはいつもと変わらぬ家族の食事風景が録画されました。 子供たちのふざけている様子、叱る私の様子、いつも通り食事をする夫の様子。 前夜の鍋の残りにうどんを加えただけのごく簡単な昼食でしたが、家族の大好きな定番のメニューです。 練習用だったにもかかわらず、夫にも子供たちにも大好きな映像となり繰り返し見ています。 小さかった子供たち、若かった自分たち、ごちゃごちゃした狭いアパートで、当時は大変に思えた暮らしも、今では心暖まる思い出となっています。
     改めて構えて撮るビデオレターもいいですが、家族全員の映っている何気ない風景も、とても貴重で心暖まります。 何気ない家族の風景はお勧めです。 固定カメラで、ぜひ家族全員の映っている風景を撮ってみてください。
     あまり無理をなさらず、ご主人様、娘さんとともに、素敵な時間が過ごせますように。

    ユーザーID:0324726087

  • 自分史を書いてください

    もし私があなたなら、娘に自分史を書いて残すでしょう。自分が生まれた年から年代別にできるだけ思いつく限りの情報を書き出します。

    住んでいた住所、お世話になった人、その当時夢中になったもの、感銘を受けた本や映画、よく聴いた曲、病歴、行きつけの店、経験した習い事、好きだった服、大切だった物、学校の成績、旅行した場所などなど……。

    自分の両親や親戚のことを家系図で詳しく書いたり、信頼できる友人の説明を連絡先とともに書いて残すのもいいかもしれません。

    将来娘さんがなにかで困ったときのアドバイスなら、あなた以外の人からも聞くことができるはず。ただ、母であるあなたの情報はあなたがいちばんよく知っていて、確実な真実はあなたにしか語れません。

    自分史の書き方ならネット検索すればいろいろ出てきます。それを参考になさってもいいかもしれませんし、自分で自分にインタビューするような感覚で書き残してもいいのではないでしょうか。

    娘さんが成長し、自分の母がどんな人だったのか知りたくなった時、自分の歳に母がどんなことをしてどんなふうに考えていたのか、その自分史が役に立つのではと思います。

    ユーザーID:1509766123

  • お母さんの写真

    ふるふる様がお洒落をして美しく着飾った写真を娘さんにプレゼントしてあげてください。
    娘さんが成人したとき、私のお母さんはこんなに美しかったって自慢できるくらい、女優がおで。。。ここまで書いて涙が止ワらなくなりました。ごめんなさい。

    ユーザーID:1272798541

  • 出てるかもしれませんが

    心身ともに大変かと思いますが家族の時間を大切にしてくださいね。

    出てるのは除きましたが

    母の味レシピをまずは旦那様に伝受してみては?
    年齢ごとに読ませたい本のリスト

    成人式、結婚式のビデオレター

    娘さんにドレスを着せて正装で家族写真。実は七五三で着せてとったら嫁にだした気分に勝手になりビデオレターにそれを持ちながら映るといい話ができそうかなと…

    女性としてのマナーも書いておくのもいいでしょう。
    お金かかるけど二十歳のお祝いのアクセサリーを形として残すのもいいですね。
    飼えるなら娘さんが寂しがらないようにペットを一緒に飼うとか。

    人に優しくを伝えていくのもいいですね。

    人は忘れる動物です。
    でも大切な思い出は一生続きます。
    娘さんに悲しみは忘れ楽しく大切な思い出が残りますように…

    ユーザーID:6144576829

  • 梅酒はいかかですか

    ふるふるさまの気丈な様子に お嬢様への深い愛情を感じます。

    私の知人に子供が生まれた年に梅酒を作り、二十歳のお祝いに飲むつもりと話した人がおります。

    お嬢様の二十歳の記念の日に ふるふるさまの思いを込めた梅酒でお祝いして差し上げたらいかかでしょうか。

    ふるふるさま ご家族の皆様に笑顔の時間がたくさんありますことを
    心よりお祈りしております。

    ユーザーID:8201588800

  • エンディングノート

     エンディングノート、書いてあげてください。

     http://nalc.jp/Ending/Ennde1.htm

     母親が亡くなったとき、あとあとの書類上の整理に翻弄されて、余計に辛かったです。もっと準備していてくれたら、こんなにも疲れなかったと。

     ふるふるさん、いっぱいできること、ありますよ。

    ユーザーID:3854903345

  • 昨夜母の夢を見ました。

    今私はもう50を過ぎ、母は20年前に亡くなりました。東京に嫁いだ為、あっという間の入院(1週間)や死に目には会えず、幼い我が子を連れ事故で途中遅れた新幹線で戻り、実家で無言の対面となりました。
    トピ主さんから見れば充分親子関係は築け、思い出も沢山あるはずなのですが、夢で私は母に『聞きたかった事があると』言っていました。
    夢の中の母や父は亡くなった当時の姿でした。しかし結局聞けませんでした。そして久しぶりに泣けました。
    何が知りたかったのか思い出せませんが、毎日の暮らしの中でふっと考えたこと、母だったらどうしたのかな?....っていう他愛もない事柄ではないのかなと思います。言い出したらキリのないことですよね。
    でも、何でもいいと思います。花を見て思うことや旅行の話、料理の味付け、癖など日記に書いてあげてください。
    DNAが反応してきっと母と娘が繋がりいつまでも交流してくれます。昨夜の私と母の様に。

    ユーザーID:0355603568

  • はじめまして

    ご参考になると良いのですが。

    サポートブック活動というものがあるのですが
    前回URLを記載したせいか削除扱いになってしまいました。

    広島 サポートブック で検索してみてください。 

    今、色々な輪が広がっているようです。 
     

    ユーザーID:5527351508

  • むしろ何も遺さない

    娘さんは5歳ということですので、
    もうはっきりと記憶に残る年齢でしょうか。

    レスをされてる皆さんとはだいぶ考えが異なりますし、
    表現はきついかもしれませんが、
    残された家族の「再出発」のために、
    あえて何も遺さないという選択肢はありませんか。

    おつらいでしょうが、
    今すぐにでもトピ主さんが家を出て、
    家族と離れた生活を送ることによって、
    あなたの記憶を娘さんから早めに完全に消し去った方が、
    今後、仮に新しいお母さんができた場合に
    明るく過ごせるのではないでしょうか。

    こういう選択肢はどうですかということで
    あえて書かせていただきました。

    ユーザーID:2484921535

  • 以前テレビで見ましたが

    実話でなくドラマの話ですみません。

    小学校低学年くらいのお嬢さんが、お母さんから渡されたというノートをいつも大切に持ち歩いていて
    「ママが○○しなさいって言ってる(ノートに書いてある)から」と言っていたのが印象に残っています。
    「人には優しく」とか「お友達と仲良くね」とかそんな感じの言葉だったと思います。

    今は思いつかないかもしれませんが、これからお嬢さんに教えてあげたいなと思うことを
    ノートに書いて差し上げれるのはどうでしょう?
    思春期になり、パパでは言えないようなこともあるかもしれません。
    そんなときにママからの言葉があったらうれしいと思います。

    「○歳のあなたへ」みたいな感じはいかがでしょうか?

    あと、みなさん挙げていらっしゃいますが、ビデオは私もいいと思います。
    さみしいときに、テレビからでもお母さんから語りかけてくれたらうれしいと思います。

    と思います、ばかりですみません。

    ユーザーID:2489854654

  • 応援し続けてます

    体調はいかがですか?

    私は看護師です。

    医療者としてふと思ったことがあります。

    ふるふるさんの罹っている病が遺伝性のあるものではないかという点です。

    乳がんや卵巣がん、家族性大腸ポリポーシスからくる大腸がん等。

    もしそうならば旦那さまや他の家族の方や手紙でもそのことを娘さんに知らせてあげて欲しいのです。なぜならば検診で早期発見早期治療が出来るから病だから。娘さんにしてあげれる大事な一つであると思うので。

    臨床で家族から情報を得られず、同じ病で亡くなっていく患者さまを見る事が多々あり、今回のレスに至りました。

    お辛い時に申し訳ありません。

    心よりふるふるさんを応援し続けます。

    ユーザーID:0174972607

  • 命ある今を大切に

    この世に生を受け生かされてる「今」
    あたりまえじゃないんですよね。
    それでもいつかこの世とのお別れは来る。
    諦めるのは早いけれど、余命あるなしに関係なく、一日を大切に。

    「死ぬ前にしたい10のこと」

    映画です。よかったらご覧になってみてください。

    ユーザーID:6831114528

  • 手紙

    成人になるまででいいですから、毎年の誕生日に宛てて手紙はどうですか?
    成人式を迎える年には、オルゴールやネックレスのプレゼントを付けて…
    そして、結婚式を迎える娘さんへの手紙
    初めて出産する娘さんへの手紙
    貴女の年齢になった娘さんへの手紙
    考えただけで胸が痛みます。
    今までの写真もアルバムにして、コメントを残してあげてはどうですか?

    ユーザーID:1000779434

  • ご主人に...

    私の妻は昨年がんで亡くなりました。小中高の3人の男の子を遺して旅立つことを余儀なくされた妻の心情を思うと、今でもやるせない気持ちになります。
    私は、妻の病気が発現してから、特に亡くなる前の数ヶ月は、どんな些細なことでも、妻とたくさん話し合い、励ましあってきました。そのことがあり、本当の意味で「夫婦」になれたと思っています。子どもたちもお母さんに何でも話していました。今、私の心の中にはいつも妻がいます。
    ご主人もお仕事のうえ看病は大変な生活だと思いますが、どうか奥様を大切にしてあげてください。そしてトピ主様、最後まで希望を失わずに、病気に打ち克たれることを祈っております。

    ユーザーID:1698369768

  • あなたのご両親のこと

    どんな風に、大きくなって、どんな会話を母は、その母としていたのか?
    どんなエピソードがあったのか?結婚が決まってから、どんな風に過ごしたか、些細なことですが、気になります。

    ユーザーID:6751377051

  • 手紙を下さい

    私は母を知りません。お母さんの字が読みたいです。日記でも良いです。お母さんのことを知りたいと思います。

    ユーザーID:6291904554

  • 絶対に治すと信じて

    まず、簡単にあきらめてはいけません。余命宣告がナンボのもんですか。
    娘さんにはまだあなたが必要です。だから何としても生きなければいけません。それが大前提です。

    とはいうものの、手ごわい病魔であることは間違いありません。できるだけのことを、娘さんにしておいてあげたいというその気持ち、よく判ります。何を残してあげるのが、娘さんのためになるでしょうか。

    ・写真館で家族写真、娘さんと2ショットの写真を撮ってもらう。
    ・成人した、結婚した、母親になった娘さんへの手紙を書く。ふるふるさんが、娘さんを産んでどれだけ幸せだったか、どんな希望を持って名前をつけたか、娘さんの子供時代はどんな子供だったかなど、幸せな内容の手紙を書く。
    ・ビデオレターは、DVDで1枚あればいいかも。娘さんが、あまり引きずりすぎるのも良くないと思います。

    いや、やっぱりあなたが1日でも長く娘さんのそばにいてあげることが何より大切です。闘ってください!

    ユーザーID:0234871874

  • うたを一緒に

    一昔前になりますが、親友が幼い娘さん二人を残して旅立ちました。

    娘さんと一緒に歌を歌っているところをビデオ撮影されていました。
    時にはご主人も一緒に、みんなで楽しく娘さんの好きな歌
    娘さんが歌えなくても、昔からある童謡や子守唄、それから当時流行りの歌まで色々と。

    やさしく語りかける声もいいですが、ちょっと寂しい時、お友達とケンカしてつらい時など
    プロみたいに上手くなくても、ちょっと音程はずれた自分の小さい頃の歌声とともに
    お母さんの残してくれた歌声を聴くと癒されると、その娘さん達は言ってました。

    どうぞ、一日でも長く笑顔でいられますように。
    できましたら奇跡が起こりますように、お祈り申し上げます

    ユーザーID:5495003772

  • 私は5歳のとき、父を胃がんで亡くしました。

    5歳まででしたが、優しかった大好きな父との思い出
    覚えているものです。

    私は現在30代です。
    5歳当時はビデオカメラが我が家にはありませんでしたので
    父との日常会話を録音したカセットが1本だけ残っています。

    一生大切にしようと思っています。

    皆さんがおっしゃってるように、ビデオレターはとっても良いですね。
    動いている姿が残るのはうらやましいです。

    あと、個人的な希望ですが、
    私は自分の父自身のこと、
    大人になってからのエピソードを母から少し聞くことができるぐらいで
    小さい頃にどうだったとか、どんな事を考えていたとか
    私は知りません。

    なので、ふるふるさん自身の言葉で
    ふるふるさんがどんな風に育ってきて、どんな経験をしてきたのかなど
    手紙というか、振り返った日記というか
    そういうのが残っていれば、娘さんはふるふるさんの事をいっぱい知ることができて、そこから影響を受けることもできるのではないでしょうか。

    ご家族でたくさん楽しい日が過ごせることを祈っています。

    ユーザーID:5708810319

  • 癒やし

    お体お大事になさってください。

    私の身内ですが、30年前に、進行がんだし、もう手の施しようがないと言われましたが、今に至っています。奇跡の療法や健康法があったわけでなく、若い頃にスポーツをしていたわけでもなく、一般的な手術と薬だけです。
    医学は10年をめどにめざましく進歩していると言われています。
    私の身内の医学より3倍は進んでいると思われます。
    どうか・・今の健やかな日々を続きますよう、遠い空から祈っております。

    ふるふるさん、もし、ご自身が独身だったらと考えますと、ご主人とお嬢さんの存在がどんなに癒やしになることでしょう。
    娘さんを抱きしめるたびに、命が1時間・・一日・・一週間・・と延びることを祈っております。

    残すものは・・・みなさんと同じようなものを考えました。

    私が亡き父の形見にもっているのは、私が父に贈ったお守りです。
    何かあるごとに抱きしめています。もしよろしければ、手作りですとか由来のある神社のですとか・・大きくなって受験の時なんかいいと思いました。

    ユーザーID:3258581759

  • 映画「ニライカナイからの手紙」ネタバレあり。

    私は成人するころでしたが母を癌でなくしていて、あれから随分経ちますが悲しみが癒えることはありません。自分が成長していく時々で、今だったら母とどんな会話ができるのだろうかと想像しております。

    タイトルにあげた映画ですが、以下ネタバレがあります。主演の少女(蒼井優さん)の母親はなにか理由があって東京へ行ったきりになっています。少女は毎年誕生日になると育ててくれているお爺さんから、母親から預かった手紙を受け取ります。手紙の内容は少女の成長に合わせて書かれたものです。14歳の誕生日の手紙には20歳になったら東京で会おうとあるのですが、待ち合わせ場所にはお爺さんがいて事実を打ち明けられます。「母親は東京で病気療養をしていたが、すでに他界している。手紙はまとめて託されたものだ」というものでした。

    私が切に願うことは、母親と会話をしたいということです。お嬢さまの毎年の誕生日に、思春期など成長に合わせた内容での手紙というのはいかがでしょうか。また女の子ということで、初潮を迎える頃に生理についてどう対応したらいいか、という手紙も心強いと思います。

    ユーザーID:3597821057

  • はじめまして。

    私にも子供がいます。なんといっていいかわからずにいるのに、書き込みをさせていただきます。

    以前ドラマで永作さとみさんが若年性アルツハイマーか何かの病気で記憶のあるうちにわが子に何かを残していくというストーリーがあったと記憶します。

    衣装ケースにその年に必要であろう子供のものと手紙をしまっていくような記憶があり、私にも何かあったらこのようにしようと思ってました。

    入学式の洋服やランドセル、筆箱に鉛筆。その時期の洋服・・・・。1年ごとに準備してたような気がします。

    ビデオレターも1年ごとにあったと思うのは私の勘違いかも知れませんが、どうでしょうか。たくさん写真も撮ってビデオも撮って、目覚ましにも自分の声を入れたり出来る限りぬくもりを残したいと私なら思います。出産する我が子の年齢までビデオレター残すと思います。

    5歳なら記憶に残ります。ありのままのお母さんの姿を・・・覚えていてほしいと願います。

    ユーザーID:9108044737

  • 大丈夫でしょうか三姉妹のママです

    皆さんおっしゃっているように

    ●ビデオレター

    ●ママのレシピ 

    ●写真

    ●あとご主人にも娘が初潮を迎えた時その準備など教えておいた方がいいかもしれません

    ●幼稚園の場合はお弁当もあります、作るのがパパの場合パパにアドバイスを小学校でも役立つので (遠足 社会化見学等) 

    ●ブラのような下着の事など おばあちゃんなども協力してくれる家庭環境でしょうか?

    なんだかあせって書いてしまいすみません。
    前テレビで観たんですけどその方は2才の娘さんを置いて旅立たなくてはならない状況になってしまい、その娘さんのために本を書いたと思います。

    年頃になって女の子達が悩みそうな事柄についての、アドバイスのような感じだったと思います。
    本にしなくてもノートに残しても伝わると思います。
    お子さんがめげそうになった時に、ページをめくればママに会えるかと思うのですが どうでしょうか。

    体の方も大変かと思います、どうぞ無理をしないでお子さんとそしてご主人との時間を大切に過ごしてください。
    こんな事しか書けずすみません。

    ユーザーID:3859495470

  • 家族のビデオ

    みなさんお勧めのビデオレターなのですが、ご家族全員が映っているものも良いと思います。
    私事ですが、父が亡くなったときに「私と一緒に映っているビデオや写真が少ないなぁ」と思いました。
    娘さんと一緒に笑っているビデオ(写真)、ご家族3人で過ごしている何気ない日常、お友だちや親戚の方々とのパーティー等々、「ごくありふれた幸せな日々」を残してみてはいかがでしょう。

    ふるふるさんに奇跡が起こりますように。
    心からお祈り申し上げます。

    ユーザーID:2411706769

  • ヤナオーダさんへ

    家をでてっ・・てあまりにひどいですね。

    もしあなたが結婚していて、お子さんがいてご主人が余命宣言されて同じような行動をしたらどうですか。そうしてほしいでしょうか。

    あえて書く意見なら、もっとよく考えてからにしてあげてほしいです。

    ユーザーID:3269871102

  • ぜひ ご一緒に映って

    小3の次男の友人の母が、一人娘の小学校入学直前に亡くなりました。
    彼女のことを思い出してしまいました。


    ビデオレターもそうですが、子供さんと一緒にビデオに映られてはいかがでしょうか?
    どうってコトない日常でかまわないと思います。
    子供さんと話してる様子・・・遊んでる様子など。

    あと、他の方も書かれてますが 生理用品等々男親ではわかり辛い女性特有のモノも
    用意されてるといいのではないでしょうか?
    次男の友達のご家庭も、お父さんが育ててらっしゃるので 女の子特有のコトが
    これから難しいな・・・と思われてるようです。
    もちろん、私たち周りの母達が気がつけば助言するようにしてますけど・・・

    もし、お友達に信頼できる方がいらしたら お願いしておかれるのも良いのではないでしょうか?


    1日も長く娘さんと過ごせる日が続くことをお祈りしております。

    ユーザーID:2210327404

  • どうか、どうか・・・聞いて下さい。

    私は主人の後妻です。
    子供達は長男小2、長女幼児の時に母親を亡くしました。
    私のような立場の者がレスをする事、もしかしたらトピ主さんを傷つけてしまうかも・・・と思いながらレスさせて頂きます。
    お子さんは、ちゃんと覚えています。大好きだった「お母さん」のこと。
    私の娘は、もう小学5年生になりました。息子は中学2年です。
    息子の中学の入学式の日、真新しい制服に身を包む息子を見て「先妻さんはさぞこの姿を見たかっただろう・・・」と、泣けて泣けて仕方ありませんでした。
    長女は、今でも「亡くなったお母さんの思い出」を語ります。
    楽しかった事、嬉しかった事。彼女の宝物のように、語ります。
    私は、そんな長女の言葉を笑顔で聞きます。
    たとえこの先、長女が成長していって忘れてしまったとしても、私だけは絶対に覚えています。
    私に「息子と娘を与えて下さった貴女」のこと。
    本人たちが忘れてしまっても、いつか私が語って聞かせます。「あなた達のお母さんは、とても素晴らしい人だったんだよ」と。
    ありのまま、貴女の姿、生き様をお子さんに見せてやって下さい。
    必ず、その遺志を受け継ぐ人はいます。

    ユーザーID:1786914161

  • 実用的に

    料理のレシピ集なんていうのはどうでしょう。自分のお体のことだけでも精神的に辛いときだと思いますから、事務的な作業としてこつこつできそうなものの方がいいかもしれませんね。
    オリジナルレシピに限らず切り抜きでもなんでも、自ら集められたものなら、大切なものになると思いますよ。

    ユーザーID:6859719829

  • 諦めないで下さい。

    マクロビオテックと言うものをご存知でしょうか?
    私も持病を抱え、色々調べた時にたどり着いた食事療法です。
    友人の親戚は癌を患い、マクロを取り入れたところ
    進行はストップしたそうです。

    余命宣告は100%正しいとは限りません。
    生きる可能性を捨てないで下さい。
    あなたの癌の進行が少しでも遅くなり、癌そのものが小さくなることを祈っています。

    ユーザーID:3533812107

  • 負けないで。

    病気に負けないで下さい☆
    同じ年代の子供がいます。
    涙が出ました…
    お料理のレシピと写真☆
    後はお嬢様にとびっきり可愛いお嬢様の似顔絵風なキャラ弁!
    作る工程や作る時の様子もビデオに収めて下さい☆
    病気に負けないで!
    強い気持ちを持って下さいね☆

    ユーザーID:0577930103

  • お辛いですね

    私も母を亡くしてから、一生懸命探したのは、「母の声」が録音されているものでした。
    残念なことに、1つも見つかりませんでした。
    実家を建て替える際、古いものを全部処分してしまったため、母の声が録音されているテープも捨ててしまったからです。

    ビデオレターはとてもいいと思います。
    お母さんとしてのトピ主さんの動く姿と声が記録されます。

    あと、このようなことを書いていいのか、ですが。
    ガンは高熱に弱いです。
    いわゆる微熱がずっと続く結核患者に、ガンの発症率が格段に少ないことや、
    温熱治療でガン細胞が縮小するということを聞いたことがあります。
    私も初期ガン(大腸)を温熱治療で小さくし、ポリープとして摘出しました。
    ガンができた部位によりますが、もしかしたら効果があるかもしれません。ただし、東洋医学の治療になります。

    ユーザーID:1660835002

  • 負けないで!

    とても悲しいトピに思わずレスさせていただきました。

    娘さんが1番喜ぶのは、お母様の命でしょう。
    100%無理なのですか?
    何か方法はありませんか?

    お役に立つかわかりませんが・・・。
    ガンにはプロポリスが良いと聞きました。
    お医者様に相談なさってみて下さい。

    トピ主様が元気になることを心よりお祈り致します。

    ユーザーID:3618392022

  • 人事とは思えません。

    ふるふるさんの強い愛と決意を心からサポートします。皆さんがとても素敵なアドバイスをされていますので、私は、ご質問の趣旨からは外れますが、余計なお世話を覚悟で出てきました。

    私は、1年8ヶ月前に末期がんで3ヶ月から1年の余命宣告を受けました。すべてを覚悟して準備していましたが、ドクターたちの予想を裏切り(!)、現在、がんの兆候はなく普通の生活ができるようになっています。

    私は、緩和治療のみを受けるつもりで、代替医療と体内をアルカリ性に保つための「食事療法」を実践しました。基本的に、マクロビオティックの食事をしていました。

    その頃ふと知り合った方から、東城百合子さんの「家庭でできる自然療法」という本をいただきました。この本はいろいろな実話も入っていて、分かりやすく書かれています。

    すべてのがんが同じような反応をするとは限らないとは思いましたが、お知らせしないではいられませんでした。

    余命宣告は、統計のようなものだと思うので、それが誰にでも100%あてはまるとは限らないと、自分自身の経験から深く心に刻みました。心から応援しています。

    セラ

    ユーザーID:5694042021

  • 普通な毎日

    五歳の娘さん、可愛いですね。ママと過ごす何気ない毎日が思い出になるでしょうね。それで充分かもしれませんよ。娘さんとホットケーキを作りパパに食べて貰う…
    気張らないでね…
    娘さんはママのことは忘れない…絶対に!大丈夫

    ユーザーID:3161813105

  • 御自愛ください。

    トピ主さんの健康回復を心からお祈り申し上げます。

    どなたか家族の再出発のために何も残さない方が良いと書かれていましたが、
    私は大反対です。
    私は父方の祖母を知りません。
    父方の祖父はその後再婚しています。
    しかし父にとっては大事な母であった祖母のことは写真で知っていました。
    ピアノが大好きだったことも良く聞かされていました。
    そして今、私は曲がりなりにもピアノを使った職業についています。
    結婚式の日、父は祖母の形見のダイヤの指輪を私にくれました。
    祖母の遺言だそうです。
    ”もしいつか孫娘ができ、その子が結婚するときにこの指輪をあげておくれ。” と。
    会ったことのない祖母がとても身近に感じられました。

    会ったことのない祖母でさえこれです。
    ましてや5歳のお嬢さん、5年間の歳月をすでに一緒に生きておられるのです。
    何も残さないでなんて残酷すぎます。

    ユーザーID:9255767533

  • かやさんに同意です

     体調 如何ですか?
    かやさんのコメント、私も同じです。

    「僕のアニキは神様とお話ができます」というブログでいろんな方のコメントに答えてくださっていますが 私も毎日励みになります。
    でも半年待ちとの事 事情を話してコメントされてはいかがでしょうか
    あとその方たちが「生きる証を探そう」というCDをだされているのです。どの歌も心のなかにストレートに入ってきます お嬢さんも小学校高学年になられてから聴かれるととっても心に響くかとおもいます。
    ブログのブックマークの所で3兄弟ユニット 一途
    をクリックされるとでてきます。その時メッセージを希望されるとあなたにピッタリな応援メッセージがいただけるとおもいます。

     ご主人やご両親にすごーく甘えて力をかりながらいつも明るいお母さんでいてください。

    ユーザーID:4692266807

  • まずはふるふるさん自身が悲しまないこと

    亡くなった親が、どれ程自分の家庭を心配しながら死んで行ったのか?
    それを遺族に考えさせてしまうと、遺族は余計悲しくなります。

    手紙でもビデオレターでも結構ですが、要は「私の人生は満たされていた。短かったけれども、一生懸命だったし、悔いはない」旨のものを残しましょう。

    「なんで私だけが?」「なんで私の人生ってこんなに短かったの?」と、ふるふるさんが苦しむ手紙やビデオレターは遺族にとって重荷になります。

    私がふるふるさんの立場だったら、「短い時間だったけど、お父さんやあなた(娘さん)と過ごした時間に、私の人生は全うされた。こんな人生を送れて私はなんて幸福なんだろう」って相手に伝えます。

    宗教学的には、死後の世界でも死者の意思は継続する解釈がありますが、この世であなたの死を悲しむのは、あなたでなくて遺族です。

    あなたが、夫や娘さんのことを思うなら、あなたのこれまでの短い人生の中で意義のあったことを残してあげて下さい。
    「こんなに早く死にたくなかった」という文面は遺族を悲しませるだけです。

    あなたの健康については、最後まであきらめてはいけません。

    ユーザーID:2673594494

  • 医者の言葉がすべてではないと思います

    2009年6月5日 22:01の奇跡さん、2009年6月5日 15:30のむぅみんさんに賛成です。
    生きる事にフォーカスしてください。

    ベジタリアン(菜食)、マクロビオティック、ゲルソン療法、ナチュラル・ハイジーンなど調べてみてください。
    情報はネット上に沢山あります。食事の内容を変えるのは個人の自由で、特に菜食になどは高額な健康食品でなく身の回りで買い物できる物で賄えます。
    しっかりやれば癌は無くなると断言するサイトがあるので、試してみてもいいのでは?
    宗教や思想でなく、しっかりデータが出ているそうで「The Chine Study」で、
    アメリカの栄養学や医学も繁華しつつあるようです。
    乳製品も卵も、肉魚だけでなく肉汁すら摂らない人もいて、精製された砂糖や白米、加工食品や添加物のある物などを食べない人もいます。
    癌に栄養を与えず、免疫力を高める食事、前向きな言動、方法は沢山あります。

    ただひたすら笑ってばかりになる映画を観続けたら癌が無くなったという実験結果もあります。

    ジャーナリストの船瀬俊介さんについて調べてください。
    生きて奇跡を起こしてください。奇跡信じます。

    ユーザーID:9585395310

  • 育児日記

    娘さんが将来お子さんを産む時に、参考になるようなものがあれば良いと思います。

    娘さんを妊娠してどんな感じだったか。体の変化はどうだったか、悪阻は食べ悪阻なのか吐き・匂い悪阻等々、陣痛はどうだったか、出産時間はこうだった等。いつ歯が見えてきて、どのくらいミルクを飲んで、どんな事でふるふるさんが悩んで、どんな事で喜んで、病気の時はこうしてきた等。

    あとはレシピノート。娘さんの特に好きなもの、ふるふるさんの好きなもの、ご主人の好きなものを書いておきます。

    余命宣告、お辛いでしょうね。
    私の伯母も舅も半年と宣告された後も長く長く生きていました。無理はなさらず、お大事になさってください。

    ユーザーID:6369943030

  • 絵本をよんであげたらいかがでしょう

     かみさまからのおくりもの  ひぐちみちこ  こぐま社

    あかちゃんがうまれたときかみさまはひとりひとりにおくりものをくださいます。5人のあかちゃんにそれぞれくださったのは、よくわらう、、ちからもち、、うただすき、よくたべる、やさしい、でした。かわいい絵をみながらお子さんが、生まれてきてくれた喜びをやさしく語りかけてあげられたらと思います。


     わすれられないおくりもの  スーザン バーレイ 評論社

    年老いたあなぐまさんが、遠い世界に旅立ってしまったあと。残された仲間たちのお話です。
     
     涙でよめないかもしれません。この本を薦めていいのか悩んでいます。
    でも、、すぐれた絵本には素晴らしい力があります。大好きなお母さんと読んだ本は娘さんの心の糧になってくれると思います。ふるふるさんが今まで感銘を受けた本などもぜひ贈られてはと思います。

     あやとりや折り紙なども一緒に楽しんだりできると思います。

    ふるふるさんの一日は、ただ漠然と生きている人の何倍も価値があると思いますよ。

    ユーザーID:7703589965

  • 想い出を

    >娘が寝静まってからしか出来ないので、本当にどこまで出来るかわかりませんが

    私は7歳で癌のために父を失いました(現在すでに58歳です)。
    父の写真、日記、手帳など、様々なものが残されていますが、一番ほしかったものは「父と一緒だった時の想い出」です。

    今は会えなくとも、確かに自分と一緒に遊んでくれた親の思い出があれば、その記憶を頼りに生きていけるものです。

    どうか、娘さんにたくさんの想い出を残してあげて下さい。一緒に絵を書いたり、お料理をしたり、遊んだり…、そんな日常的なことで充分だと思います。そして、その一緒のシーンをこそビデオに残して下さい。

    確かに親と過ごした時間があった、この自分を親は抱きしめてくれた、言葉を交わし、笑いあった…、そのことがきっと娘さんを立派に育ててくれることでしょう。想い出の品々があるなら、それも一緒にビデオに収めた上で、来るべき時に娘さんに渡してあげて下さい。それによって、その品物が確かに母親からのものであることが伝わることでしょう。そして、長い時を経たとしても、きっと母親のぬくもりを、その品物を通して感じてくれることと思います。

    ユーザーID:4350529600

  • ふるふるさん・かずさんへ

    ふるふるさんの思いに涙。

    かずさんのやさしさに涙涙です。


    お母さんてなんてありがたいんだろうと思いました。

    ふるふるさんの病気の平癒を祈ります!

    ユーザーID:6174692102

  • 上で一度書きましたが・・・

    再度、レスさせてください。

    ヤナオーダさんという方がこの方なりの意見を書かれていますが、私は違うと思います。
    赤ちゃんならともかく、5歳ならしっかりお母さんの記憶ありますよ。
    私はありますもの。幼稚園の時の記憶。
    幼稚園のお弁当の内容も、いっしょに手をつないで買い物に行った事も。

    先のことはわかりません。
    それでいいんです。
    「今」が大切なんです。
    再出発は、誰にもわからないことです。
    でも、母に「愛された」という記憶は、人を強くします。

    母が闘病中に実際にあった話ですが・・・

    行きつけのクリーニング屋さんのおばさんが、母が最近店に来ない事を心配して、色々聞いてくれました。
    入院中だったのでその旨伝えると「そうなの〜お気の毒に。でも病気と寿命は違うから、気をしっかり持ってね。」と励ましてくれました。
    それから数日後、そのお店でお葬式がありました。
    びっくりしてたずねると、そのおばさんが、心筋梗塞で急死されていたのです。

    そのおばさんは、身をもって、「病気と寿命は違う」という事を教えてくれたのだと思っています。

    色んな形の人生があると思います。
    希望をもって、負けないで!!

    ユーザーID:5283694022

  • 真珠はいかがですか?

    私も友人も母から20歳の誕生日や結婚式の日にプレゼントされました。
    やはり感慨深く、特別なものです。

    既存の品をご主人と選んでも良いですが、この様↓なシステムも有るそうです。

    http://www.shikoku.ne.jp/clement-uwajima/paerl/pearl.html

    育ったパールを加工するのも素敵だと思います。
    そしてケース。内布に刺繍(メッセージ)を入れる等をできると思います。

    でもね、トピ主さん。
    ご自身の手で大粒になったパールを選び、大人になったお嬢様に『大切に育ててきた証』を
    是非渡してあげましょう!!!

    おこがましいですが…頑張って生きてください。祈っております。
     

    ユーザーID:7249330164

  • ダイヤモンドになって娘さんのそばに

    トピを読んで涙が出ました。
    今のところ出ていない?案で、ひとつ思い出しましたので書かせて頂きます。
    病気に打ち勝つこと、ずっとご家族と過ごせますことを祈っております。
    万一、いつか天国にいくこととなったら・・・
    以前テレビで見たのですが、遺骨を、ダイヤモンド(だったと思います)に加工してくれる会社があるそうです。遺言で、遺骨(一部)をダイヤモンドのペンダントに加工してくれるようご主人に頼んでおくのです。
    そして娘さんが高校を卒業して大学に入る時にでも、「これからは父親の目も届かなくなるけど、その代わりお母さんがお前をいつも守ってくれるよ」
    と言って渡してもらってはいかがでしょう。
    ちょうどその年頃って、宝石などのアクセサリーも欲しくなる頃ですし、門出ですよね。高校卒業のお祝いのメッセージと共にプレゼントなさったら、一生の宝として大事になさるのではないでしょうか。大学の入学式には、お母さんのダイヤをつけて出席なさるかも知れません。
    もし私が子供に残すとしたら、形を変えてでもそばで見守りたいと思いました。
    娘さん、お母さんの深い愛情を感じるのではないでしょうか。

    ユーザーID:1312516749

  • ふるふるです。3

    こんばんは。
    皆様本当にありがとうございます。
    娘の立場から、主人の立場から、後妻の立場から、本当にたくさんのご意見をいただき、とても助かっています。
    勧めていただいな本やDVDは、可能な限り取り寄せてみるつもりです。
    それから、毎日の我が家での様子を録画するというのも、主人に協力してもらい、今日から始めました。
    手紙やレシピなどは、毎日こつこつと書いています。

    今日は体調がよかったので、三人で買い物に行き、少し早いのですが、娘の机とドレッサーとベッド、ランドセルを注文してきました。
    何も知らない娘の喜びっぷりに、悲しさを忘れてしまうぐらい私も笑っていました。
    と、書くとなんだかお涙頂戴になってしまいますが、こんな一分一秒を大切にしていくつもりです。

    植樹、やりたいと思います。

    実母や義母、実妹が近くにいるので、思春期に差し掛かった時には相談に乗ってあげて欲しいと頼むつもりです。

    お名前シールも頑張って書きます。

    ユーザーID:0481968947

  • 手紙のバリエーション内なんですけど

    こんにちは

    手紙のバリエーション内のことなんですけど、その人は家のあちこちに小さな手紙を隠していました。
    彼の娘たちは、隠された小さな手紙が全部で8通あることだけは知らされていました。
    他界後、娘たちは何かの度に1通ずつ手紙を発見することになりました。
    出会ったといってもいいかもしれません。
    日常のふとしたきっかけや、あるいは大掃除や模様替えの最中に手紙は顔を出しました。
    隠してあった場所に、そして手紙の内容に娘たちはくすりとしました。
    またお父さん見つかったよと言って見せ合っていました。

    いたずら好きな人でしたが、まとまったメッセージは別にちゃんと残してての洒落っ気だったと思います。
    文章を書くのがお好きな方の様に思いましたので、少しでもご参考になれば。

    ユーザーID:2257025973

  • ふるふるです。4

    長くなりすみません。

    主人が再婚する時(娘に新しいお母さんが出来る時)に備えて、私の思いを綴った手紙は、告知されて一番最初に書きました。

    歌ですが、最初に入院して、告知された時に娘に
    ○グリーングリーン
    ○小さな木の実
    を教えました。
    自分が子供時代からすごく好きな歌です。(私も子供の時に父を亡くしているので思い入れがあるのかも)
    一緒に歌って録音できたらと思います。

    毎日笑って過ごしていきたいです。

    まとまらなくてすみません。私のために涙を流して下さった方、一生懸命アイディアを出して下さった方、辛い事をあえて言って下さった方、本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。

    ユーザーID:0481968947

  • 現金を手紙に同封してあげて (ブラや生理用品を買うために)

    以前、私がスーパーのレジでバイトしていたときに、小学校高学年ぐらいの女の子が一人で買い物に来ました。

    おどおどした感じで、生理用ナプキンだけをレジに持ってきて、
    大量の1円玉や10円玉を差し出しました。

    きっと、「生理用品を買うお金をちょうだい」と家族に言えず、今までためたお小遣いを持って来たのでしょう。

    皆さんが提案されている思春期のお嬢さんへの手紙の中に、どうぞ現金を同封してあげてください。
    一人でスーパーに生理用品を買いに行くのも勇気がいると思いますが、お父さんに、「生理用品を買うお金をちょうだい」とお願いするほうが、もっとツライと思いますので。。。

    ユーザーID:4208890174

  • 手形

    娘さんを真ん中にした家族三人の手形…
    そして、その上に『絆』という一文字…
    額に入れて、いつも目に入る所に飾ってはいかがでしょうか?
    娘さんがあなたが恋しくなった時、あなたの助けを求めたい時、
    いつでもあなたの手形の上に娘さんの手が重ねられるように…。
    それと、いつも身に付けられるような形見があるといいかも知れません。

    ごめんなさい、涙か止まらなくなりました。
    少しでも長く娘さんと過ごせますように…。

    ユーザーID:2829521387

  • 写真

    胸が痛いです。
    どうか、一秒でも長くご家族の時間が続きますよう祈っています。

    写真ですが、ご自身が旦那様とお嬢様を撮影するのはどうですか?

    もちろんお嬢様とふるふるさんのお写真も絶対必要なのですが、
    お母さんはこういう眼差しで私を見ていてくれたというのが
    きっとわかると思います。

    普段娘と夫を撮影していて、できた写真を見ると
    自分の気持ちがそこに写っているような気持ちになります。

    逆に夫が撮ってくれたものを見ても夫の気持ちが伝わってきます。

    言葉が見つからないのですが、
    とにかく祈ってます。

    ユーザーID:6504840919

  • うけいさんにプラスで

    うけいさんの書いておられるレシピに、お嬢さんの好みを書いておいてほしいです。

    たとえばカレーにしても『あなたはオ★ジ様カレールウが好きだった。今日のルウは何かな? グリンピースは避けていたけど、今は平気?』とか。
    将来お嬢さんがそのレシピをあけたとき、あなたと対話している気分になるのではないでしょうか。

    それともし可能なら、『梅酒』を漬けてみてはいかがでしょう。(梅干も良いですが、黴る可能性もありますので・・・) 長期保存が出来、管理の手間も要りません。

    一瓶分でも良いです。大人になった時、これがお母さんの味だと、実際に味わえるものを残してあげてください。
    成人おめでとうメッセージと共に。

    ユーザーID:7496042071

  • おもひでカプセル便

    10年後に届く手紙があります。
    娘さんとご主人に、手紙を書いてみたらどうでしょうか。

    「おもひでカプセル便」で検索かけてみてください。

    トピ主さんの娘さんへの深い愛に、涙が止まりません。
    うちの母は余命3カ月宣告されましたが、6年生きてくれました。
    どうか、諦めないでください。
    サメの軟骨はガンに効果があるそうです。

    ユーザーID:5622734744

  • 私にも娘がいます

    7月で5歳になる娘がいます。上には中学生もいるんですが…
    上は男の子ですし… 娘には何か残してあげたいと漠然と思っています。今ご病気のトピ主さんに失礼な発言かもしれませんが 私は突然の病で亡くなってしまった父を自分とかぶらせてしまい もし私も父のようにいなくなったら・・・と考えている部分があります。

    そして 少しですが 先々を見越して買い揃えてあります。まだ5歳なのに 小学校用の鉛筆やら色鉛筆なんかは当たり前に用意してあります。そして年頃になった娘がつけたら可愛いだろうなというネックレス等も準備しました。
    以前読んだ「世界で一番やさしい音楽」という漫画で 主人公スウのご両親が いつか嫁ぐ娘のためにと 屋根裏部屋に可愛いティーカップやらレースやらを用意していたものを ご両親の事故後 スゥが見つけるという話を読んでからこういうことを考えるようになりました。

    トピ主さん 私は貴女と同じ女で母親であることからも貴女の回復を祈りたいです。お互い用意したものが笑い話になるといいですね。

    ユーザーID:2592705813

  • 映画「バースデー・ウェディング」

    ふるふるさん、お身体の具合はいかがでしょうか?お辛い状況ですね…私も一人の母として、ふるふるさんの姿勢に深く頭が下がり、涙が止まりません。

    ふるふるさんは「バースデー・ウェディング」という映画をご存知でしょうか?
    ストーリーは、癌で余命僅かの母が娘(5歳か6歳)の幸せを願い、苦悩しつつビデオレターを作る…という内容です(木村多江さん主演)。
    やがて21歳になった娘・千晴が、結婚式の前夜に母のビデオレターを見る…という場面があるのですが、画面の中の母がこちらに話す後ろでドアが開き「ママ〜」と娘(5歳位の自分)が眠い目をこすりながら入って来て、母があらあらという感じで娘を抱きしめます。
    それを見た千晴の心は、亡き母への追憶と愛情でいっぱいに満たされ…。

    私はこれ程迄に、母の愛情と思いやりが溢れた優しい映画を知りません。
    ふるふるさんの状況と酷似していますので、お薦めするのも辛いのですが…もし良かったらご覧になってみて下さい。
    小町の皆さんにも是非一度観て頂きたい作品です。

    ふるふるさんのお身体が少しでも快方に向かい、やがて奇跡に変わりお元気になられる事を心から願っています。

    ユーザーID:5440142420

  • 酷かもしれませんが、心に留めて欲しい事

    子どもの頃に母を癌で亡くしたものです。
    大体のことは他の方の意見と同じですが、一つ付け加えさせてください。

    残酷かもしれませんが、もしいつか貴方のご主人が再婚なさった時、
    お相手の方を受け入れても良いのだと分かるように伝えてください。
    (節目で読むお手紙などでも大丈夫です。)

    私の父も、母がいなくなった十年後、ある女性と再婚しました。
    色々と衝突もありましたが、素敵な方で、今はとても大好きです。
    母にできなかった分大事にしてあげたいですし、母とできなかったことをしたい気持ちも有ります。

    でも、よく実母に罪悪感を感じてしまいます。

    母との思い出が大事な程、母がどのくらい自分を大事に思っていてくれたか想像できる程、
    何か裏切りのような気持ちになってしまうのです。

    義母と性格的にうまくいかない場合は仕方ないですが、罪悪感があればある程、子どもにとって辛い事になります。

    どんなに義母と仲良くなっても、母のことは忘れないし大好きだと、それを娘の私から伝えたいといつも思います。

    最後に、この意見が無駄になることを願います。

    ユーザーID:5053659682

  • 将来 娘さんが使えるような大切に持てるモノ

    金銭的に余裕が有るならパールのネックレスなど
    これから先に娘さんが持ってゆけれるモノはいかがですか?

    私は23の時に父を亡くしました
    本当なら一緒に行けた場所や一緒に買えた物も有ったんだろうけど、持ってません

    父が私にと買ってくれた絵が一枚あります
    今度 家を建てるのですが その家に飾っていようと思ってます
    具体的な遺品も言葉も写真もほとんど無いので
    それを買った時の父を思い出します

    まだ小さいかもしれませんが一緒に選んで買った思い出は残ります
    高価なもので無くて良いので…

    それか手作りでビーズのアクセサリーなどや小さなバッグなどお子さんと作ってみられたら楽しいですよ?

    ウチの4歳児でも作れたりするので簡単なものからキットを使って作ってみると良いですよ


    ウチは叶いませんでしたが
    安定してる時に家族でどこかに行かれると良いですよ?写真とかビデオとか自然な形で残せるかもしれませんね

    お辛いと思いますがトピさんの100パーセントの笑顔を写真などに残しておいて欲しいです。お子さんが大きくなって辛い時に逢えるので…

    ユーザーID:9241133355

  • 体調はいかがでしょうか。

    二度目ですが、レスさせていただきます。
    ドレッサーや、ベッドやランドセルなど、購入されたとのこと私も嬉しくなってしまいました。娘さんは、びっくりでしょうね。お母さんの選んでくれたドレッサーが娘さんのお部屋にあるなんて、素敵ですね。一度目の私のレスが少しでもやくにたてていたらと思いました。

    もうひとつ思いついたのですが、大き目の家族写真を娘さんのお部屋とリビングなどに飾られるのも素敵かなと思いました。写真は写真屋さんのものでもいいし、気に入った写真でもいいと思います。家族三人が写っている写真を今から飾っておいてあげてほしいと思いました。

    あと20のお誕生日にブローチなんでどうかなと思いました。
    たまに中に写真をいれられるものがありますよね。
    お母さんと娘さんの2ショットの写真が入っていたらどうかなと思いました。

    ユーザーID:3269871102

  • お医者さまは神様ではありません。ですから

    余命数か月との宣告を、そのまま信じてはいけません。

    何人かの肉親を看取った経験から言えますが、生きようという思いの強固なひとは、お医者様が首を捻る程、長らえてくれます。ですから、あっさり諦めてはだめ。

    ところで、あんドーナッツさんがご紹介の本は「The China Study」では……。スペルが一字違うようですが私も読んでみたいと思っている一冊です。内容は、食と病気を核にした中国研究のようです。

    欧米等、先進国では、難治性の病に対して鍼・灸・整体、漢方等「中医学」に高い治療効果がある事に着目し、積極的に取り入れているとのことです。

    そういう私も現代医学にはじかれて、代替医療と一段低く見られている上記の療法に縋ったひとりです。
    寝たきり状態も経験しましたが、今は普通に暮らしています。

    今のふるふるさんに必要なのは、セラさんのように癌から生還されたかたの具体的なお話かと思います。

    食事を見直し、直感に従った療法をしてみては。
    そして、生きることに全力を!!

    どうか「死への準備」が笑い話になりますように。

    ユーザーID:3065824027

  • 娘の立場から

    はじめまして。ずっとトピを読んでいましたがなんと書いていいかわからなかったので今日初めてレスをします。
    皆さんの意見の通り、お母さんの愛情のこもったものをたくさん残してあげてください。
    私は中学の頃、母を亡くしました。思春期で素直になれず、優しく看病してあげることもできませんでした。母は震える字で手紙を書いてくれていました。身体が辛いので1枚でした。それでも愛は十分感じられました。でも私は高校進学の時、思春期の女の子達の微妙な心、進学、人生の方向を決める時、本当に母の助言が欲しいなあ、と思っていました。だからこういう節目の手紙は本当にあるといいと思います。

    シンプルで上質な機械時計を購入されるのはいかがでしょうか?管理さえしっかりすれば何代も使えます。人生の時を一緒に分かち合えるものとして、時計は素敵です。私はずっと一緒にいれるような気持ちになれるものがあれば、本当によかったのになあ、と思っています。ぜひ身につけるものも考慮してください。

    それより…ふるふる様の無限なる心の力で、病気が消えていくことを心よりお祈りしています。

    ユーザーID:8695986582

  • ふるふるです。5

    こんばんは。
    たくさんの書き込みありがとうございます。
    感謝しています。
    とても嬉しい気持ちで読ませていただいています。本当にありがとうございます。

    最悪の事を覚悟した上でこのトピックを立てたのですが
    余命三ヵ月とはいえ、諦めてはいません。
    私も出来るものなら生き延びたいです。
    東洋医学、食事療法、ヒーリング、何でも試してみるつもりです。
    癌は膵臓とリンパに転移しています。
    私も夫も医療従事者です。
    たくさんのケース、たくさんの生死を見守ってきました。
    今回の自分の症状、検査の数値等から、経験上、自然と「あぁ、長くはもたないな」とわかってしまうのが辛いです。が、やはり自分のこととなると縋れるものにならなんでも縋りたい。勝手ですね。

    でも最期の時まで絶対諦めたくないです。

    励ましのお言葉に感謝します。本当に嬉しいです。

    ユーザーID:0481968947

  • 手作りカレンダー

    何年分かのカレンダーを手作りで作成するのはいかがでしょうか。

    一日一言は何年分もあると無理だと思うので、娘さんや、旦那さまの誕生日などにはお祝いのメッセージを書いたりするのも良いかもしれません。

    もし、トピ主さんが絵が得意なようでしたら、一月毎に絵をつけるのも良いかもしれません。(絵は娘さんと一緒に書くのも楽しいかもしれないですね。)

    ユーザーID:0588591485

  • 家族旅行

    家族旅行は考えておられますか?
    やっぱり非日常のことって記憶に残りやすいと思うんです。

    私は6歳くらいに行った伊豆の家族旅行まだ覚えてますよ。
    (フェリーに乗って気持ち悪くなったことも含め…。)

    とにかく、楽しい事をいっぱいして、病気なんて吹き飛ばしてくださいね!

    ユーザーID:0588591485

  • 思い出宝箱

    はじめまして。
    とてもお辛い状況ですね。
    私はとてもとても大切な人を亡くした経験があります。

    その人は、思い出宝箱を作ってくれていました。
    大きな旅行バッグのようなトランクの中に、
    私との思い出の写真や、思い出の品物、思い出の洋服などを詰めて残しておいてくれたのです。

    私は、その宝箱を今でも大切に持っています。
    その宝箱があるから、私も一人でちゃんと生きているようなものです。

    娘さんや旦那さまとの思い出の品を少しずつ集めて、宝箱におさめてみてはいかがでしょうか?

    あとは、動画で残しておくのがいいと思います。

    ユーザーID:5568956198

  • 直向に

    今晩は、私は長い間超音波検査を担当して来ました。
    検診で。
    検診に来る人々は誰もが自分は健康だと信じきます。
    そんな中にも手遅れな病に侵されている人を
    私は、その本人よりも先に知る立場でした。
    超音波検査を施しその画像を診ているから。
    その方の人生の背景や歩まれてきた過程は
    私には、計り知れません。
    少し前、アメリカで癌になり(最後の授業)と言う講義を
    学生達に行った先生がいましたよね。
    あなたのお子様も成長していく中で
    その節目節目での事を
    想像しながら母から娘への
    ビデオ授業なんてと思い
    メールいたしました。
    厚かましい提案だと思いますが。
    最後に
    一日一日を
    どうか、直向に生きて下さい。

    ユーザーID:3956421750

  • 免疫療法

    ふるふるさん、心中お察し申し上げます。どんなにお辛いかと思うと言葉もありませんが・・・。私も10歳と8歳の子供を持つ身、自分だったらどうするかと考えてみました。

    まずは、やはりガンに対してあきらめないこと。西洋医学は万能ではありません。最先端医療では末期がん患者の「免疫治療」が注目を浴びています。余命宣告から立ち直った患者さんも数多くもいるそうです。試せるものは何でもやってみるべきだと思います。お子さん、そしてご主人の為にも。人の免疫は脳内の物質によるところが大きいので、「ガンに負けない」という強固な意志は、時にがん細胞さえ殺してしまうほどの力を持っています。実際にあった例ですが、脳腫瘍に冒された子供が毎日脳のがん細胞をやっつける絵を描き続けたそうです。すると脳腫瘍が消えてしまったとのこと。これには医師も驚いたそうですが、それくらい人間の意志の力というものは力をもっているということです。奇跡はあるのです。そして起こせるものです。

    その上で、万が一のことを考えて皆さんのおっしゃるアドバイスを実行してみてはいかがでしょうか。ふるふるさんにも奇跡が起こりますように!

    ユーザーID:3785980219

  • 応援しています

    ふるふるさんのトピ、レス、そして皆さんのレスを見て、涙が出て止まりません。
    本当に、辛いですね。でも「お母さん」、強いですね。

    どなたか仰っていた永作博美さん主演の若年性アルツハイマー症を扱ったドラマ、辛いかもしれませんが見てみてください。
    「Pure Soul 〜君が僕を忘れても〜」です。DVDになっています。
    1年ずつ、娘さんがその時々に必要になるであろうものを準備されていたり、毎年誕生日に手紙が届いたり…。
    もし私がその状況だったら、きっとそうするだろうな、と思いましたので…。おこがましくてすみません。
    自分史や、娘さんのその時々に必要なアドバイスのビデオレターなど、皆さんがいい案出して下さってますね。

    でも、余命宣告はあくまで医学上の統計からの話なので、娘さんのためにも旦那さんのためにも絶対あきらめないで下さい!
    抗癌剤も格段に進歩してきていますし、何より気力と希望と愛情は、どんな薬にも勝ります。
    そういう患者さんを沢山見てきました(当方薬剤師です)。
    特効薬は常にあなたとご家族の中にあります。
    ネットの向こうからですが、本当に応援しています。

    ユーザーID:7505855846

  • 父親の立場ですが

    ヤナオーダさんのレスにきついレスがあるようですが、私は考えたことがあります。
    妻の妊娠時に受けた人間ドックで引っ掛かり、再検査で大腸がんの診断でした。
    父親を同じ病気で亡くしているので「同じ運命なんだ」と思いました。
    命の期限を切られたわけではなかったのですが、とにかく子供(息子)に思い出を残すことに専念しました。
    ヤナオーダさんのレスと真逆の選択です。
    診断から3ヶ月後に息子が産まれ、その頃の検診から腫瘍マーカーの数値が下がり始めました。
    仕事は普通にしていました。それまでは友人と飲むのが一番の楽しみだったのですが、子供との時間を最優先に考えてました。
    それ以外考えられなかっただけです。
    寝る時は添い寝、食事も一緒(ミルクの時も居られる時はそばに)、抱っこはなるべく私。週末は一緒にどこへでも行きました。

    今、息子は9歳です。私も半年に一度の検査だけ。
    私が聞いていなかっただけで、命の期限は切られていたことを後から聞きました。
    医学的なことは分かりませんが、こういう人間も居ることをお伝えしたくてレスしました。

    今ではこんな夜更かしもしています。

    ユーザーID:1090339449

  • 笑って撃退!

    2度目です。その後体調はいかがですか?
    笑う事で免疫力を高め、癌を撃退した例が沢山あります。
    もし良かったら小町で集めた、笑えたトピを読んでみて下さい。
    (もし既にご存知、又は面白くなかったらごめんなさい)

    旦那様もお嬢様も、トピ主様に残して欲しい物は何より《命》だと思います。
    トピ主様には《生きる》という選択肢も残されています。
    “絶対大丈夫!!”と信じて乗り越えましょう、応援しています!!

    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2006/0117/074100.htm?o=0&p=1
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/1113/156103.htm?o=0&p=1
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0320/174854.htm?g=01
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0405/177260.htm?g=01
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0217/169580.htm?o=0&p=1

    ユーザーID:0371175965

  • ずっと忘れない

    私の母が往生際さんのような人じゃなくて本当に良かったと思います。

    ユーザーID:8133862388

  • 余命は忘れて、治してください

    昔は美人さん、ふるふるさん、
    「The Chine Study」は間違い、「The China Study」ですね、ごめんなさい。
    この本はまだ翻訳出版されてませんがもうじきグスコー出版から出ます。
    私はその本を書いたColin Campbell 博士が作ったパワーポイントを使って説明してくれた翻訳者のセミナーでお話を聴きました。160人が説明を聴きました。この本の存在を知ってる人は出版を2年前から待ってます。
    翻訳版の出版が遅れてるのですが、日本人ですでに読んでる人がAmazonで詳しくレビューを書いてるのでそのレビューを読んでみてください。
    日本のAmazonで「The China Study」で検索してみてください。

    アメリカのAmazonでのレビュー数は530です。この博士の研究結果によりアメリカの医療、医学生の学ぶ事に変化が起きてますが、日本にそれが伝わるのはいつのことか。アメリカは国を挙げて食事指導をはじめてるので、成果が表れて癌羅漢率が減ってます。日本はまだ増え続けてます。アメリカは予防研究してるのに、日本はまだ早期発見早期治療のレベルです。

    ユーザーID:9585395310

  • 主人が先に逝きました

    何が何でも、子供のために、まだ主人の元へ行けません。
    ふるふるさん、誰でもいつかはあちらに行くのですが、まだ早すぎますね。
    「まだ自分はやる事が残っているので逝けない」と、常に自分に言い聞かせて下さい。

    完治しなくてもいい、癌と仲良く共存してでも生き続けてください。

    ユーザーID:8796065813

  • 生きてください。

    ふるふるさん その後体調はいかがでしょうか?
    2度目のレスです。
    最初のレスで 私の姉が癌から回復したと書きました奇跡です。

    実は私の姉も医療従事者です。
    それなので 癌が大腸から肝臓、リンパ、脳の中にまで転移していたこと
    そして色々な検査の数値等も把握していたので 医師は本人には直接
    余命宣告はしませんでしたが 姉は分かっていたようです。
    姉が大腸癌になった大きな原因は食生活だったようです。
    炭水化物とたんぱく質に偏った食生活をしていたので
    癌発病後からは 三食バランスの良い食事を心がけていました。

    人間の身体の細胞は口から入れた物で毎日新陳代謝を繰り返しています。
    たった二ヶ月で身体の半分の細胞が入れ替わるそうです。
    どうかご自分の以前の食生活を振り返って
    どんな栄養素が足りなかったのかを詳細に調べてみて下さい。
    そして 毎日必要な栄養素を身体に取り入れながら治療を続けて下さい。

    ふるふるさんの一日も早い回復を心から祈っています。 

    ユーザーID:0142812746

  • 心の栄養で癌を無くそう

    病気はホリスティックにという思いを6年ほど前から持ってます。
    病気に心が強く関与しているから、とにかく明るく、自分は健康と信じて感謝する事が1番大事と思ってます。

    2009年6月9日 10:14 の むぅみんさんの「笑って撃退!」に賛成です!
    私もそういうことをもっと具体的に書こうと思ってました。

    お笑い番組や笑える映画などは、人によって笑いのツボが違うかなと思うし、他にも書きたいことが多いので、ここでは、ちょっとだけ書きます。おせっかい、すみません。

    これ、まじな悩みなだけに、大笑いです。笑ってください。
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0603/243553.htm?o=0&p=0
    「禁句」を連呼するセキセイインコ・・・どうしたら?

    「お子様に残す物と作る時間」も大切だけど、「自分が治すために使う時間」もたくさん作って使ってください。

    いつも鏡見て微笑んで、面白い動画、TV、映画観て声出して大笑いして、お嬢様とはスキンシップしてディズニークラシックやプリンセスなど、優しい気持ちで見つめあいたくなっちゃうような作品を観てください。

    ユーザーID:9585395310

  • 大往生さんが母になるとは思いたくない

    大往生さん、あなたもいつか子の母になるのでしょうか、恐ろしいです。
    多くの方の書き込みもふるふるさんの気持ちも当たり前に愛情を分かる人の発言です。

    あなたのような人こそ、人の命や情愛が分からない、生きていても意味の無い人です。
    子どもが病気になっても、何とかしてあげようとは思わない母になるのでしょうか。
    自分が病気になった時、はじめて、どんなに辛い事か分かるようになるのでしょうか。

    1つ1つをチェックしての表示と聞いているので、ふるふるさんの目に触れる前に、
    大往生さんの書き込みを削除してほしいと投稿したのですが、できないようで、
    とても不快です。そうなると、大往生さんを攻撃したくなります。

    子どもがすぐに忘れるって、多くの書き込み見て、そう思ったとしたら、それは、
    大往生さんに、読解力が無さ過ぎです。

    大往生って、すごくいい言葉のはずなのに、その言葉すら汚された思いです。
    こういう冷たい人には、子どもを生んでほしくないですね。

    ふるふるさん、こんな人のいう事は気にすることないです!すぐに忘れてください。
    きっと、これから、大往生さんは、みなさんに叩かれることでしょう。

    ユーザーID:9585395310

  • どうしても治る情報を書き込みたくて、何度もすみません

    「私は治りました、だからあなたも大丈夫」という書き込みが増えますように。
    治りました体験談を小町内で募集したいです。

    『私をいっぱい笑わせてください。』http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0603/243486.htm
    笑えるページを探してみつけました。情報を共有してほしいです。

    そちらにも書いたこと、ここにも書きます。
    『「禁句」を連呼するセキセイインコ・・・どうしたら?』
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0603/243553.htm?o=0&p=0


    ユーザーID:9585395310

  • 癌は熱に弱い、NPO法人がんコントロール協会など

    友達で、スマーティというサウナのような物をご主人に買って貰って医療と平行して温熱療法をして抗がん剤の副作用にかなり耐えることが出来たと話してくれた人がいます。今彼女は完治し、癌のおかげでレイキに出会えたと感謝していて、レイキを仕事にしています。そしてそのスマーティを望むクライアントにしてあげてるようです。エネルギー療法も、効く場合もあるようです。何より心が安定します。

    私は健康オタクっぽく、ブログでもそういうことを書いているので、今日は、
    http://www.npo-gancon.jp/convention15th/index.html
    代替・統合医療コンベンション がんコントロール協会のイベントについて、あなたも書いてくださいと、書き込みをいただきました。西洋医学の医師でも代替医療や食事法を取り入れている人たちも増えていて、成果が出ています。

    ご夫妻で医療従事者とのこと、もしや、代替医療の事例もご存知かも、と期待します。
    西洋医学の限界を目の当たりにされてると思います。自分が癌になると治療を拒む医師も多いそうですね。医療拒否または他の物と併用しても良いと思います。

    ユーザーID:9585395310

  • イメージで癌をなくす、生きることにフォーカスする

    「癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか」 角川文庫 840円 
    著者アンドルー・ワイルは、西洋医学の医師、アメリカの統合医療の第一人者で、タイム誌の「アメリカで最も影響力のある25人」の中でたった一人医師として選ばれた事もあります。
    彼が自分で確認し、実体験した現代西洋医学以外の民間療法の多くの事例を報告しています。中で私が好きなのは「体の中で不調箇所が有れば近くの細胞がこぞって気にかけるイメージ」「良細胞が悪細胞を食べつくすイメージ」「私の中にもう不調箇所は無いとイメージして病巣が無くなった」などです。

    ご自身のために=お子様、ご主人、ご家族のため
    死の準備でなく生きる事へのフォーカス、自分が今を楽しむ事もたまには優先させて、大笑い、馬鹿笑いで免疫を高めて。
    ビタミンやミネラルの摂取で体が喜び、清浄な血液が体をかけ巡り不良箇所をなくしていき、癌細胞が小さくなっった!無くなった!そんな医師とのシーンをイメージしてください。

    「癌のエサ」検索して食べないようにしてください。例えば
    http://www2.ocn.ne.jp/~mutenka/kenkou/ganyobou.htm

    ユーザーID:9585395310

  • 潜在意識に健康を宣言する


    余命宣告されてもそれを自分の潜在意識に宣告しないでほしい、そう思ってるので、
    敢えて、残す物についてでなく、生きることについて、また書かせていただくます。

    本「ザ・シークレット」、DVD「THE SECRET」、CDは日本版はまだ無いですが、お薦めです。DVDはレンタル店にもあるようです。自己啓発系・スピリチュアル系と決め付けないで是非活用してださい。特に「健康」の部分を騙されたと思って親しんでください。

    「ザ・シークレット」翻訳者 佐野美代子さんのブログで、ちょっと大袈裟な作りですがDVDが少し観れます。「私は健康だ」という強い思い込み、信念!活用してください。
    私は知らず知らず健康に関して活用していたようです。信じたもん勝ちと思います。

    ご主人さま、治療費も大変と思います。でもイメージする事はただなので、具体的になってほしい未来をイメージする、治療やふるふるさんが居なくなってしまったあとのイメージでなく元気に年を重ねてるイメージ、そのために、協力してあげてください。

    ユーザーID:9585395310

  • 私がほしかったもの

    母を亡くした私がこれまでの人生で「生きていてくれたら・・」と感じたことを書きたいと思います。

    下着(ブラジャー)を買わなくてはならなくなった時。
    生理用品を買わなくてはならなくなった時。
    結婚する時。
    妊娠した時、出産した時。
    そして、子育てに行き詰まったときです。

    どうすればよいのかわからない、誰に聞けばいいのかもわからない(というか聞けない)ことばかりです。
    ふるふるさんがどうやってそれらを乗り越えてきたのか、「私はこうだったよ」ということを、簡潔でもいいので何かに記しておいてあげると、将来娘さんは心強いと思います。

    私の母は、なんの準備をする間もなく突然逝きました。
    きっと本人もびっくりしたことでしょう。
    母として色々教えてあげようと思っていたこともあったに違いありません。
    私もそれが教わりたかったです。

    ふるふるさんが教えてあげたいこと、書き留めてあげてください。
    あなたが、病を乗り越えられるよう、応援しています!

    ユーザーID:4079387984

  • トピ主さんは

    もしかして、今まで沢山の方にアドバイスされてきた、医療従事者というハンドルネームの方ですか?

    今度は自分自身、強く望みを持って下さい。頑張れ!

    ユーザーID:5857396015

  • 私の父は・・・

    こんにちは。
    ちょうど一年前に、25年来の友人が、ガンで亡くなりました。
    彼女はがんばりました。余命を宣告されてから1年以上がんばって、娘さんにいろんなものを残せたかと思います。
    私の父は、30年ほど前に、3ヶ月の余命宣告を受けました。
    腸にも転移していました。
    そのころ知り合いの方が養蜂をされていて、お見舞いに来るたびに、黒い小さな液体を持ってきていました。
    飲み物い1〜2滴いれて飲むようにいわれていました。
    それはきっとプロポリスだったのかなぁと思いますが、それにどんな効果があるのかは、わかりませんが、あれから転移のガンを3回してますが、75才を超えた今でも、未だ元気にしています。
    生命力は時に医学や科学を超えます。
    この気持ちを強く持ってくださいね。
    遠くから祈ってます。

    ユーザーID:3447119256

  • マクロビオティックで…

    ふるふるさん、マクロビオティックについて調べられましたか? ふるふるさんと同じく癌になり、マクロビオティックの食事で癌が完治された人達がたくさんおられます 病は、血液の汚れが原因と言われていますのでマクロビオティックで血液を綺麗にすれは゛治るのです 癌は熱に弱い為、マクロビオティックをしていると基礎体温が上がります。すなわち癌細胞は死んでしまいます 最初は半信半疑だと思いますが、大丈夫です!必ず治ると信じて娘さんの為に頑張って下さい!

    ユーザーID:2568914399

  • お気持ちお察しします。

    こんばんは。

    まずはお体を大切になさって、すこしでも長くお子さん達と過ごせることを心から祈っています。

    私も進行胃ガン・・・スキルスの患者です。告知を受けたとき、子どもは5歳と3歳でした。余命宣告を受けたわけではありませんが、やはり、万が一を考えて今から子ども達に何が残せるか、真剣に考えました。

    どんなに愛しているか、ということ、あなた達を生むことが出来て幸せだということを、とにかく伝えたいと、残したいと思っています。色んな方法がありますよね。

    育児日記、つけていてよかったと思っています。

    まだ、抗がん剤治療中の身です。多分長くはない寿命だと思っています。ただ、なにかあったときの子の気持ちを思うと、その日のことをどう伝えるのか、伝えるべきなのかわかりません。が、お子さんの記憶に根をはるような、大事な時間を過ごされますように。

    私もあきらめていません。
    できるだけ長く生きられるよう、やってみましょう!

    ユーザーID:9445318223

  • ふるふるさん、アンドーナッツさん、初めまして!

    初めて、ふるふるさんのトピを拝見した時、ショック過ぎてレスをしようと思ったのですが、出来ず仕舞いでした。
    その後、毎晩このトピを読ませてもらってました。
    私はトピ主さんと同い年と言う事も有り勝手ですが親近感みたいな感情に似た感情が沸いてきて気になって、毎晩トピ主さんと娘さんの事考えてました。

    誰かもレスしてた様に、自分いなくなる為の準備とは別に、完治出来ると思って下さいね☆
    私もイメージトレーニングで海外の男の子が癌と闘って完治したと言うテレビを見たことがあります。その子は確かイメージもしつつ、自分の体の中にいる癌をミサイル?か何かで攻撃してる絵とかも描いてたような…。
    是非、娘さんとふるふるさんの体に出来た癌をやっつけると言う絵を描いたりして良くなるようにイメージしてみて下さいね。
    後、アンドーナッツさんの懸命なレスに心を打たれトピ主さんに何も出来ないと思ってた私がこうやってレス出来たのはアンドーナッツさんのお陰です!
    引き続き私も応援したいと思います☆

    ユーザーID:6614043412

  • 娘さんが好きなことは?

    こんにちは、体調いかがですか?

    私も、ふるふるさんに元気になってほしいです。何としても生きてください。
    たくさん笑うと、癌細胞は減少するときいたことがあります。旦那さんや、娘さんとたくさん笑われたらいかがでしょうか。

    もちろん回復されるのが1番ですが、
    ご病気の状態は分からないし、準備はしておきたいとのことなので、
    あつかましいですがアドバイスさせていただきます。

    娘さんにお手紙をかいてらっしゃるのですね。
    私は今年20歳なのですが、娘さんも20歳のときに手紙があると、とても嬉しいと思います。

    娘さんは何がお好きですか?お絵かきでしょうか、かけっこでしょうか、音楽でしょうか。
    将来変わってしまうかもしれませんが、お絵かきならふるふるさんが好きな絵の紹介、音楽なら好きな曲の紹介など、
    娘さんが好きなものとふるふるさんの繋がりを書いておくといいと思います。
    それらに将来娘さんが触れることで、お母さんと繋がれるのですから。

    ユーザーID:0959494234

  • ふるふるさんの人生

    ふるふるさん、毎日どんな思いで過ごされてるのかと思うと、同じ5歳の娘を持つ母親として胸が締め付けられる思いです。私はつい最近摘出した腫瘍が実は癌だったことが分かり、夏の間癌治療に専念することになりました。ふるふるさんとは状況がかなり違いますが、そんな私でも、やらなければいけない事・やっておきたい事を考え始めると頭の中がいっぱいになってしまいます。ふるふるさん、あれこれやってしまおうとして、心と体がいっぱいいっぱいになってしまわれませんように。お体を何より大事にされてください。

    今から新しく思い出になるものを作ったり揃えたりしなくても、今までのふるふるさんの人生で大切にされていた物に小さなメッセージをつけて残しておかれるだけでもいいと思います。初めて買ったレコード、好きな映画のパンフレット、若い頃好きだったアイドルのポスター、初めてのお給料で買ったもの、ご主人からのプレゼントなど、ふるふるさんの人生を描くような物をいっぱい箱に詰めて…

    奇跡をお祈りしています。本当に無理なさいませんように。私もふるふるさんのことを思いながら頑張りますね。

    ユーザーID:6166381042

  • 2度目です 三姉妹のママです

    この小町にご主人が子育てに困った時などに、相談に来るのはどうでしょうか?
    今ここに励ましのレスをくれた方達も目にするかと思います

    私も5年間ほぼ毎日覗いていますよ

    娘さんも先の話ですが携帯やPCなどするようになれば参加できますね。

    どうか少しでもふるふるさんの痛みが和らぎますように。

    ユーザーID:3859495470

  • いかがお過ごしですか。

    ふるふるさん、体調はいかがですか。
    お子さんへの愛情に心が打たれました。
    子どもの立場なら何をしてもらいたいかなと考えたとき、残してくれた手作りの物なら何でも嬉しいかなと思いました。
    すでに、いろいろされているようですので、言うまでもないですね。
    あと、お子さんをテーマにした俳句や短歌なども詠んで残しておいてあげるというのはいかがですか。
    短いだけにそこに込められた心情が深く伝わり、一生忘れないのではないかと思いますよ。
    どうか、一日一日を楽しんでくださいね。
    神様が幸せを与えてくれますように・・・。

    ユーザーID:6315344434

  • 昔の話ですが…

    私は3歳の時に実母を胃癌で亡くし、
    その後、父が実母の姉と再婚したので、その養母に育てられました。
    (もう40年以上前の話です。)

    実母は昔の「キャリアウーマン」でしたので、
    私と兄はよく親類や近所の家に預けられていました。
    そのため、実母が亡くなったあと、
    祖父母を始め、親類や近所の人達が、私達を大変心配し、可愛がって下さいました。
    養母も、自分の子どもを祖母宅に置いて、私達と同居してくれました。
    更に、20歳になったとき、私にとっては全く知らない人が、
    私と養母に手作りのブローチをプレゼントして下さいました。
    実母の職場の元同僚の方、でした。
    それには手紙も同封され、私達兄弟の成長がずっと気になっていた、と書かれていました。

    思い起こせば、私があまり寂しさを感じずに成長できたのも、
    亡くなった母親を取り巻く人たちの、
    私達に対する温かい気持ちがあったからだと思います。
    本当に感謝しています。
    私にとっては、これが実母からの「一番の贈り物」です。

    でも、本音は…「実母に育てられたかった」ですよ。
    ふるふるさん!諦めないで!

    ユーザーID:9796929505

  • あきらめないで − お願いです

    生きたいと強く願う力、それが一番の癌に対する免疫になると信じて頂きたいです。どうか娘さんのためにも、お願いです。あきらめモードに入らないで下さい。

    私の母も癌で余命を宣告されました。しかし、丸山ワクチン、マイタケの粉、バナナ、フコイダン(が含まれているトロロ昆布)、抗がん剤治療で何とか今のところ日々調子よく生活しています。

    私はふるふるさんのこと、当然ながら個人的には存じ上げません。でも遠く離れた異国から、ふるふるさんに奇跡的な力が湧き出て、奇跡的に回復することを強く強く願っています。

    ユーザーID:5091666929

  • わたしも

    ふるふるさん、ふるふるさんのお子様に対する愛情、とても分かります。
    今日、初めてふるふるさんのトピックを知り、自分に置き換えてみて、自分だったらどうだろう?と考えました。

    ふるふるさんみたいに愛に溢れた、芯の強い高潔な方の生き方に奮えました。ふるふるさんみたいな信念の強い方だから諦めず病気と戦って、
    生きてほしいです。

    ユーザーID:5212640367

  • 思い出のゼリー

    トピ主さま、お身体いかがですか?「後妻です」とレスした者です。
    先日我が家でこんな事がありました。
    私は料理好きでおやつも手作りしたりするのですがそんな中、娘がポツリと「小さい頃○○お母さん(先妻さん・娘の実母)が、市販の素を使ったゼリーを作ってくれた。あれが食べたい。」と言いました。
    私は市販の素を使った事が無く、娘にどんな色・味だったか出来る限り思い出して貰い、それらしいものを購入して作ってみました。
    娘は「この味だ!懐かしい!」ととても喜んでくれました。
    ハウスで出している、メロンゼリーの素でした。
    先妻さんは料理が不得手で病気もあって子供達は「手作りの味」を知らないのだ、と主人から聞いていたので私は出来る限り手作りして、子供たちもとても喜んでいたのですがそれでも、例え既製品でも「思い出の味」というのは存在するのです。
    娘にとっての「母の思い出の味」はハウスのメロンゼリーだったのです。以来、我が家の定番おやつです。
    ふるふるさん、凝ってなくていい。簡単なもの、むしろ娘さんが自力で再現できるもので、「母の思い出の味」を残してあげて下さい。
    私からの、お願いです。

    ユーザーID:1786914161

  • ふるふるです。6

    こんにちは。

    たくさんのアドバイスありがとうございます。
    この数日間は、こんなことをしていました。

    庭に植樹(桜、ハナミズキ)しました。
    家の犬(バーニーズ・マウンテン・ドッグ)が出産しました。すごく感動しました。親子の姿に癒されています。
    主人と娘と三人で、色紙に手形を取り、飾りました。

    セキセイインコのこっこちゃんに大、大、大爆笑!可愛いですね。癒されます。
    教えてくれた方に感謝。
    今も娘に再生をせがまれています(笑)

    ユーザーID:0481968947

  • ふるふるです。7

    あまりまめにお返事返せなくてごめんなさい。

    担当医の許可が出たので、今日は某鼠ランドに三人で出掛けてきます。暑そうだし体力持つか心配ですが、娘の大好きな場所なので、楽しんできます。

    定番おやつ。娘の大好きなホットケーキや、プリンの作り方を主人に覚えてもらわなければ…

    優しいお母さんで、子供たちも、今は亡き先妻さんもお幸せですね。
    素敵なお人柄に感動です。
    血の繋がりも大切ですが、心の繋がりも大切ですよね。優しいお母さんに、ありがとう。なんか私も嬉しいです。

    個別にお返事返せなくてごめんなさい。

    アンドーナッツ様
    本当に、心から、ありがとう。
    文字でしか伝えられないけど、ありがとう。


    皆様の暖かい気持ちで、励まされています。本当に嬉しいです。

    ありがとう!!

    ユーザーID:0481968947

  • 母の日記

    ふるふるさん。

    私が、一人っ子でまだワガママな大学生だったとき、母が癌になり亡くなりました。
    遺品として母の10年日記がのこされ、でも生前「読んで良いの?」とも訊かなかったし、
    つらくて読めなかったので、ずっと読んでいませんでした。

    今年、13回忌をむかえます。私も結婚し、父も元気で、二人とも幸せに暮らしています。
    やっと、読めるようになったかもしれないと思い、つい最近日記を開きました。

    私のこと、父のこと、母自身の人間としての喜び、悩みや不安が書かれていて、
    大人になった私にすべてが心に染みました。わたしへの不満だって書かれていました。
    これからも、私の人生で困ったことや、つらいことがあったら、その都度、日記を開くでしょう。
    また、母に会いたくなったときも、そうすると思います。

    ふるふるさんのレスを読んで、
    ああ、母の日記を読んでも良かったんだって心から思えました。
    本当に母の言葉は力をくれます。ふるふるさんの日記もきっと、
    これから何があっても娘さんの大きな味方になってくれると思います。

    ユーザーID:1377772247

  • 生きる力は○の理解から

    治療法等は医療従事者のトピ主さんに全てお任せしますね。

    ご自身を残そうと言う思いは痛い程分かります。

    200年後には私も含めおそらく誰もいなくなるはずです。
    死と言う事をお嬢さんに解ってもらう年齢かとも思います。

    死は現象だと思います。
    ひとつであった4つの塩基がバラバラになる現象でいなくなる訳ではないかと。聞いたり話したりの機能は失いますけど存在はしています。
    感受性が強いお嬢さんなら理解できると思います。

    結婚の際にこうだああだと両親祖父母から資料をどっさり渡されたらさばけません。

    以上を読んでどうでしょうか。
    こっこちゃんで笑える、お嬢さんとこうしたいと心は癌に対して憎悪をもやしていますけど焦れば体力の消耗をまねきます。病床からだと携帯が頼りかもしれません。病院の許可を得てPCなんかは使えませんか。PCの明かりのほうが免疫に訴えやすいかもしれないですね。光を皮膚に浴びるのも療法のひとつだと思います。小町をしながら同時に光治療というアイデアはいかがでしょうか。お嬢さんに理解してもらうと同時に治癒効果を上げる方法を模索してもいいかと。

    ユーザーID:0772096617

  • ふるふるさん

    はじめまして!小町はいつも見るだけでしたが、どうしてもレスしたくて初めて書き込みます。

    体調はいかがですか?こちらのトピを拝見して、娘さんやご主人に今出来ることは何だろうと考えると居ても立ってもいられない気分になりました。

    もちろんふるふるさんの病気が治ることが一番ですが、万が一の場合ということで書かせていただきますと、やはり皆さんがおっしゃるようにお母さんの動いている姿が見られて声が聞けるDVD等は必要だと思います。

    私が中学生の時、母が脳梗塞で倒れました。幸い後遺症は残りませんでしたが、入院した直後は母が死んでしまうと思い、何かと反抗していた親不孝を猛烈に後悔する日々・・・

    そんな中で、無意識に集めていたのが母の書いた文字でした。昔学用品に書いてくれた私の名前や書き損じのメモ、何でも家中探しました。
    ご家族にとっては全てが宝物になるでしょうが、写真や映像の他に直筆で書いたものもたくさんのこしてあげて欲しいです。

    だから、以前からつけられているという日記も素晴らしい記念になりますよね。続きます

    ユーザーID:0885460886

  • 続きです

    もしアルバムを作られるのでしたら、写真の横に(全部でなくていいので)カラフルな付箋などを使って手書きのコメントをつけると、写真からも文字からもお母さんのぬくもりが伝わってアルバムをめくる楽しさが倍になると思います。

    例えば、娘さんがはしゃいでいる写真には吹き出しをつけて「楽しいな」とか、ほんの一言でかまわないので、お体に障らない程度で・・・

    だらだら長くてすみません。

    ユーザーID:0885460886

  • 手元に残せるものを

    トピ主さん、体は大丈夫ですか?
    皆さんも書いてる通り、DVDに録画をして残るものが良いと思います。女の子にはいろいろあると思うので、旦那さんに相談できない事をDVDに残してあげたりすると良いと思います。トピ主さんが、どれだけ娘さんの事を思っているか、愛している事をビデオの中に残してあげてください。応援しています。

    ユーザーID:8189428112

  • ふるふるに成り代わりましてお礼申し上げます

    トピ主ふるふるの義姉です。

    皆様方には義妹がお世話になり、ありがとうございました。

    義妹は、15日未明に、急性心不全で急逝しました。

    二度目の入院を控えており、治療にも意欲を燃やしていた矢先のことでした。

    こちらでのトピは、義妹からも聞いており、自分では考えもつかないアイデアや、暖かいアドバイスをいただいたと本人とても喜んでいました。
    本人に成り代わりお礼申し上げます。

    本当なら、もう少し生きれたはずでした。

    愛娘に、何か一つでも多く残してあげようと必死に頑張っていた姿が忘れられません。

    すみません、混乱していて乱文ですが、ひとまずお礼とご報告とさせていただきます。

    ユーザーID:0481968947

  • ディズニーランドよかったですね

    突然の訃報に接し信じられないとただただ驚いています。
    どうかご遺族の皆様もお気持ちを強く持たれてご自愛下さい。
    心よりご冥福をお祈り申し上げます。

    ユーザーID:8536184839

  • 残念です

    まさかこんなに早く娘さんとお別れすることになってしまうとは・・・

    涙が出ました。どうぞ安らかに。

    ユーザーID:6544905847

  • そんな…

    ずっと、祈っていました。
    奇蹟を…ずっと…
    心優しいふるふるさんの書き込みを見て
    願っていました。
    ずっと、ずっと…

    こんなに早く天国へ旅立ってしまうなんて…
    本当なんですか?
    信じられません。

    本当の話ならば、残念でなりません。

    みなさんの心強いアドバイスも
    果たす事が出来なかったのではないでしょうか…

    こんなに早いなんて…
    本当に残念でなりません。

    心よりご冥福をお祈りいたします。

    周りの人がみんな、小さなお嬢さんを
    助けてもらえますように…

    ユーザーID:6563926509

  • 私の母は…

    もう書いてらっしゃるようですが
    やはり手紙はおすすめです。
    動く映像ももちろんですが
    手書きはいいものです。
    母からの言葉は何にもかえがたい
    宝となっています。

    もしハンドメイドなさるなら
    手作りの品はうれしいです。

    ユーザーID:3246998294

  • 残念です。

    あまりの突然の訃報に言葉を失ってしまいました。

    病気と闘いながらも未来に向かって力強く歩んでいる様子がふるふるさんの文章から伺えました。

    心よりご冥福をお祈りします。

    ユーザーID:9815706806

  • 言葉がなくてすみません

    ふるふるさんのお義姉さんへ:

    今朝、このトピを開いてみて驚きました。以前にレスをさせていただいていたのですが、この夏の癌治療中、一緒にがんばりたいと思っていました。顔も本名も何も知らない方でしたが、こんなに頑張っているふるふるさんに元気をもらって私も頑張ろうと励みになっていました。

    家族の皆様も本当に急で… うまくお言葉かけられず申し訳ありません。ふるふるさんのことをぜひお嬢さんにたくさんお話してあげてください。

    本当に驚きました。でも、お亡くなりになる前に、ここでトピを立てられ、新しい心のお友達を作っていかれたのはとても素晴らしいことだったと思います。私もいつまでもふるふるさんのことを心に残しておきたいと思います。ここでレスをした皆さんもふるふるさんのことは忘れずにいらっしゃると思います。

    ユーザーID:6166381042

  • ご冥福をお祈りいたします

    ふるふる様

    どうかご心配なく天国から娘さんを見守り下さい。

    ご家族みなさまどうかふるふるさまの分までお幸せになって下さい。

    あまりにも悲しくそして愛あるトピでした。

    ユーザーID:8093769999

  • ふるふるさん・・・

    突然の事で、さぞかしご無念であった事とお察し申し上げます。
    ここに集う皆さんの、そして私の書き込み、少しでもお役に立てたかな・・・と覗いてみれば。。。。。。なんということでしょう。

    申し上げる言葉もありません。

    でも、きっと、ふるふるさんの「お嬢さんを思う気持ち」
    お嬢さんに伝わっていますよ。
    先日お嬢さんとお買い物されましたよね。
    ふるふるさんと選んだランドセル。
    お嬢さんの背中で6年間、来年から始る小学校の生活を、必ず守ってくれるでしょう。

    立派なお母さんでした。
    お子さん思いの
    本当に立派なお母さんでした。

    ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

    ユーザーID:5283694022

  • ずっと応援していましたが・・・

    突然の訃報にショックを受け、涙出ました。
    まだ生きるチャンスは沢山あり、ご本人もこれから前向きに治療に励もうとされていたそうですが、まさかこんな事に・・・いつか「完治しました」という報告が聞ける日が来る事を心待ちにしていただけに、本当に残念です。
    どうかお嬢様が力強く、ふるふるさんの分も幸せに生きて行かれる事を願わずにはいられません。
    謹んでふるふるさんのご冥福を心よりお祈り致します。

    ふるふるさんのお義姉様も突然の事で大変ショックを受けていらっしゃる事と思いますが、そんな中、ご報告下さいましてどうもありがとうございました。

    ユーザーID:0371175965

  • 早すぎます・・

    なんと言ったらよいのか・・

    まだ時間があるものと思っていました
    体は大変だろうけど、娘さんとご主人様と思い出を作っているだろうと・・

    ご冥福をお祈りいたします。

    ユーザーID:3859495470

  • 奇跡を祈ってました

    本当の事ですか?とお聞きしたいくらい、ショックです。

    ふるふるさんの前向きに生きようとするひたむきさ、小さな娘さんやご主人に対する気遣い
    このトピの文章からも伺えました。

    奇跡が起こりますようにと祈っておりました。
    非常に残念です。

    どうか小さなお嬢さんが、周りの方々に支えられて、幸多き人生を歩まれますよう
    PCのこちら側からで何もできませんが、心の中で応援させて頂きます。

    ふるふるさんのご冥福をお祈り申し上げます。

    ユーザーID:5495003772

  • ご冥福をお祈りいたします

    できることなら、このトピを印刷していつか娘さんに読ませてあげてください。
    お母さんの愛情がたくさんつまったメッセージ、何よりの贈り物になるかと思います。

    急逝されたトピ主さま、残されたご家族の皆さまのお気持ちを思うと言葉になりません…。
    心よりご冥福をお祈りいたします。

    ユーザーID:9745151498

  • 信じられません‥。

    突然の訃報に驚きを隠せません。
    これからお子さんの為に色んな思い出を‥って時の急逝とは‥。
    涙が止まりません。

    ふるふるさんが娘さんを思ってたくさんの愛情を残して逝った事、きっと娘さんに伝わると思います。

    心よりご冥福をお祈りいたします。

    ユーザーID:1655105777

  • 思い出

    初めましてasaと申します。

    3歳の頃にガンで母を亡くした女友達がいます。
    昔からの友達なのでお互い事情も知っておりますので、友達も気兼ねなく私に言ってきます。

    「今日掃除したらお母さんのピアスが見つかって、今つけているの」
    「家の物建て替えの時にほとんど処分してしまったけれど、あ母さんが一度も袖を通さなかった着物と鏡台は私が使うから取ってあるの。」


    あまりにも早くに亡くなった為、残念ながら記憶には残っていないようですが、母の残したものに母を感じているようです。


    皆様が言うビデオレターはとってもいい案だと思います。
    手紙もとってもいいですね。

    体調がいいのなら手作りで残る物を作ったり、手紙を書いている様子をビデオで撮ったり。

    思いがこもっていれば、どこからでも愛は感じられるものだと思います。


    ですが、私としては病気に負けずに言われていた告知なんか過ぎてもピンピンと元気にしていてほしいと思います。

    ユーザーID:3245069641

  • 義姉です、ありがとうございました

    温かいお言葉をたくさん頂戴し、ありがとうございます。

    明るくて素朴で優しくて、わたしにとっても自慢の妹でした。

    このトピも印刷して、いつか彼女の娘に見せてあげたいです。

    インターネットという、希薄に思いがちなこの世界で、顔も知らない方がたに、こんなにも温かいお気持ちを頂戴したということを、彼女の代わりに姪に伝えます。
    感謝いたします。ありがとうございます。

    義妹が余命宣告を受けた後、姪のためにどうしたらよいか、わたし供夫婦と、義妹夫婦、義妹の妹さん夫婦、親たちと、幾度となく話し合いました。

    こちらでのアドバイスもあり、義妹はいろいろなものを用意していました。
    辛いだろうに、いつも笑っていました。
    そんな義妹を、誇りに思います。

    ユーザーID:0481968947

  • 続き

    幸い、義妹の実家も、妹さんの住まいも、両親と同居しているわたしたち夫婦も、みな近所に住んでおり、また、妹さんとわたしたちの子供も同じ年令で
    親戚兼ママ友のようなお付き合いですので
    姪のことはわたしたちが義妹のぶんまで、愛情を以て育てていくつもりです。

    姪は、震えながらもちゃんと遺骨を拾い、母を見送りました。
    小さな体で、精一杯悲しみを受けとめている姿は健気でした。
    義妹が、いつも姪に口癖のように‘笑って笑って!そう素敵!’と言ってました。

    姪の笑顔を絶やさぬよう、残されたわたしたちががんばっていかなくては。
    最後になりますが、闘病中のかた、がんばってください。がんばりましょう。
    生きて、生きて、生き抜いてください!!

    勝手ではございますがこれで、トピを締め括らせていただくことにします。
    皆様の御多幸を、遠い空の下お祈りいたします。
    ありがとうございました。

    ふるふる代理 拝

    ユーザーID:0481968947

レス求!トピ一覧