少年野球のコーチの暴言

レス116
(トピ主10
お気に入り93

趣味・教育・教養

ぷよぶよ

レス

レス数116

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いましたね、鬼コーチ

    我々の時代(桑田・清原世代)では、まあ普通の光景でしたかね。
    特に強いチームほど「鬼コーチ」は付きものでした。

    率直な感想は「時代が違うよなぁ」ですが。

    でも決して悪いことばかりでもないと思います。
    たとえば精神面。我々野球部の生徒は「乱暴者」「図太い」などと言われたもんですが、これらは鬼コーチに精神面で鍛えられたおかげです。
    そのため社会人一年目から上司の叱責が屁みたいに思え、「大物新人」「かわいげがない」などと言われました。これも鬼コーチのおかげですね。
    また
    上司の叱責=練習中のコーチの暴言
    顧客の叱責=試合中の致命的な失策
    ということが早くから理解できたのも鬼コーチのおかげ。

    そして何より、40超えた今でも草野球ですがレベルの高いプレーを楽しめます。

    でも、子供にとって厳しい試練。
    その当時、野球を楽しめなかったのも事実でしたね。

    ユーザーID:3043148584

  • 有りです。

    あ、いや、そのコーチの行為を決して肯定するわけではありませんが、こういった指導者は少年野球では結構いるタイプです。

    うちの子は現在高校生ですが、小学生の時やはり自分から野球をやりたいと言い出したので入れました。その入ったチームの監督がぷよぶよさんのコーチと全く同じタイプでした。
    うちの場合は言葉だけでなく、平気で平手打ちが飛んできてました。ノックの時なども子供達が泣きながらボールを追っかけていました。
    私自身、野球少年だったので息子が入ることは賛成だったのですが、目の前で自分の子供がたたかれているのを見るのは何とも複雑な気持ちでしたね。

    当時、うちの息子が入っていた野球チームは強豪で全国大会にも何度も出ておりましたが、その厳しすぎる指導が原因で入部する子供も徐々に減り、今では普通のレベルのチームになっています。(その監督は今でも当時と同じ用に厳しい指導をしているようです。)

    こういった方は全くのボランティアでやってくれていて、チームを強くしたい気持ちもわかるのですが、その為に本当に野球をやりたい子が怖くて入れないというのは本末転倒の気がします。

    ユーザーID:3097142441

  • ある意味ではアリでは?

    うちの子が入ってるチームにもいますが、
    同じミスを繰り返す・試合中に注意力散漫になってた・見送り三振はダメと云ってるのにそれをする・要らんミスで走者をアウトにしてしまう 等々ではよくコーチが「帰れ!」「アホか」「何でこんなん取れへんねん」
    逆にいかにもまぐれで取れたり打てたりすると「おーいいバットだね」「さすが高い(ホントは普通の値段)グローブは違うねぇ」とか
    ただうちのコーチは野球はもちろん子どもらのことが大好きなのが滲みでてて、
    また野球のことはコーチが叱るから家ではどんな些細なことでも怒ったりしない、ミスしてもやる気を褒めてやってくれ、と。
    そういう方だから暴言モドキもOKなんです。もちろん子どもらもコーチのこと大好きですよ。
    そうではなくて貶すだけならそれはもちろん有り得ない、と思います。つまり気分屋で怒ってるのか、指導をしてるのか、です。

    ユーザーID:0455045838

  • 有りです。が、

    私達が子供の頃は当たり前にいましたが、今は…


    うちの息子はサッカーをしてますが、1人コーチの方が同じような感じで(手も出す)当時、高学年のリーダー的な子供に手をあげ、その子供が辞めた事をきっかけに、ボロボロとイッキにやめてしまいました。

    それから数年、そのコーチも辞め、現在 ゆる〜いコーチ達のもと子供は又、増えましたがチーム全体ゆるゆるです
    (コチラは監督・コーチ共に指導料をしっかり払ってます)


    結局、保護者からは もっと厳しく!と要望がガンガン出ます。(私は役員2年目です)

    厳しくコーチがいた世代から知ってる保護者、コーチは複雑です。

    ユーザーID:6535194233

  • 有りか無しかと言われれば有りですね

    結局、指導の仕方は監督やコーチの方針によって決まるものだと思いますよ。
    私が子供のころもそういうちょっと言葉遣いが悪く厳しいが、指導熱心なコーチとかいましたね。それで問題になることはなかったように記憶しています。
    個人的な感想を言えば、「人権」とかいうほどの話でもない気がします。

    トピ主さんのいう罵詈雑言も、「試合でチームが勝てるように」、「少しでもチームが強くなるように」という思いから出ているのであれば、私は有りだよ思いますよ。ただそれをトピ主さんが受け入れられるかどうかは別問題。そのやり方が嫌なら所属するチームを変えるとかされるしか無いのではないでしょうか。

    ユーザーID:2373438629

  • ありです。

    今、現在社会人野球している息子の母です。小・中・高と鬼のようなスパルタ指導者でした。
    暴言、暴力は当たり前でしたね。同級生の子は殴られて鼓膜破れた子もいました。
    今はそこまですると親御さんたちも黙ってはいないでしょうから少ないのでは?
    ただ息子は会社でも運動部経験者は我慢強いとはよく言ってますね。少々理不尽な扱い受けてもあの頃の野球生活に比べたら〜と全然平気みたいです。
    忍耐力はつきますよ。そして仲間との連帯感もうまれます。コーチの愚痴・悪口で盛り上がります。
    よく仲間がうちに来てみんなで『あいつ(コーチ)むかつく〜殴ってやりて〜』とか笑いながらよく話していましたから。
    高校は厳しいけれど男っ気のあるいい指導者の方でしたね。
    人生、自分の周りに居心地のいい人ばかりじゃないって学ぶいいチャンスです。
    こんな人、あんな人もいるよって見守ってあげてください。プロ・アマ問わず野球選手は必ず大なり小なりみんな怖い指導者に一度はあたってます。
    それを乗り越えた子供が野球を続けているのだと思います。

    ユーザーID:8739223338

  • 体育会系です。

    いました。そんなコーチが。

    「バカ野郎!ふざけんなよ!」「この役立たずがやめちまえ!」
    そんなの毎日言われてました。慣れちゃうとそんなこと気になりません。
    コーチの指導についていけば勝てましたから。それに言葉が悪くても私はコーチのことが好きでした。

    >余りにもの暴言罵倒
    ・・そうですかね??トピさんは部活してましたか?お嬢様なのかな?

    言葉の悪いコーチにむかって「子供の人権」を振りかざすのってどうなのかな。

    だからちょっとしたことで不登校になったり精神的に弱い子が増えてしまってるんだと思う。

    つらそうな野球に見えても強いチームへと指導できるならコーチとしての資質はありです。
    鬼のような形相で教えてくれる大人なんて今のご時世なかなかいません。
    私はそういう熱心さもありだと思ってます。

    ひ弱っ子にしたいならどうぞさっさと辞めておうちの中で大事に育ててください。

    ユーザーID:5469717291

  • 死ぬ気でやれ!

    ある名門高校野球部の有名監督の口癖だったそうです。
    「死ぬ気でやれ!」
    その監督が引退した時、教え子だった野球選手たちがコメントしてました。
    選手Aは
    「死ぬ気でやって今ここで野球をできてる自分がいます。」
    選手Bは
    「別にここで打たれても命まではとられないんですよね。
     そう思ったら開き直って思い切ったプレーができるようになりました。」
    選手A、Bともにプロ野球選手で、同じ監督の教育を受けた人です。
    同じ教育を受けてもそれぞれ異なる解釈をして、一線で活躍している。
    人って自然に人から言われたことを自分なりに解釈して消化してます。
    コーチの暴言を聞いた息子さんもきっと自分なりに解釈して消化します。
    その結果、野球を辞める道を選んだとしても、それはそれでアリだと思いますよ。
    コーチも考えがあってやっていること。
    正しいとか、正しくないとか議論がしても意味がありません。
    息子さんの意思に任せるのがいいと思います。
    ちなみに、私は暴言タイプのコーチは大嫌いです。

    ユーザーID:2654990443

  • 精神面?そうですねぇ

    確かにスポーツの現場では往々にしてありますよね。
    小学生のチームということで、洗礼を受けるには早いかな?という気もしますが、中学生や高校生ならば当たり前の光景だと思います。

    メリハリがある厳しさで、褒めるときはきちんと褒めるというのであれば、そういう場を体験すると言うのは後々子どもにとっても良い経験になるのではないでしょうか。

    が、それはそれとして、ちょっと横なのですが、
    我が家の裏はグランドなのです。
    週末になると少年野球や少年サッカーのチームが毎週のように試合や練習を行っているのですが、そのコーチ陣もかなりの厳しさなのです。

    窓を開けていて「アホ!!」「何やってんだ!!」「やめちまえ!!」なんて声が聞こえるのは、近隣の住人としては冒頭のような事情を考慮しても不快極まりないです。

    週末は窓を開ける度に罵声ですから。
    今は、クレームをつけるとしたらどのように?
    と考えています。

    ユーザーID:9946354790

  • 昨日

    こんにちは。

    昨日、息子(6年生)のサッカーの試合を観に行き、対戦相手の指導者で同じようなタイプを見かけました。

    試合中は、終始、どなる、がなる、審判に抗議する…、一番驚いたのはベンチで地面につばを吐いたことです。
    私自身は指導者のプロではないので良くは分かりませんが、こういう指導もあり・・・と思います。
    子供達は試合中よく頑張っていましたし。
    でも、はたして子供達は楽しいのか…と疑問は残りました。
    チームとしてはかなりのレベルで、勝ち進んでいくことは間違いないチームです。
    子供達は勝つ喜びは、味わっていると思います。
    でも、心のそこから指導者を信頼し、仲間を信頼するチームになっているのか・・・部外者の為、なんともいえませんが。

    勝つことはとても大切です。
    勝つからこそ頑張れる、そして結果を出し、自分自身の自信になる。仲間・指導者を信頼する気持ちが芽生える。
    信頼関係があるから、仲間のミスもフォローし、前向きに声を掛け合えます。負けても次に進めます。

    何より一番大切なのは、子供が楽しく出来ているかです。
    そのあたりを、見極めてあげてくださいね。

    ユーザーID:2956033189

  • 子どもは強いですよ。

    子どもさんは頑張ってるんですよね。
    お母さんがあの人がいるから・・と悲観的になるのはどうなんでしよう。

    その方は自分の子どもはいないのに教えにきてるんですよね。
    罵倒、さえするのは子どもたちに上達させたい一心ですよね。
    決して子どもが憎いわけでないですよね。

    監督、コーチは大変です。他人の子どもを教える自分はボランティア、いろんな保護者がいてご苦労は計り知れません。

    自分の方針と違うと戸惑うのはわかります。
    でも子ども時代、ちやほやされることだけでいいのかな。
    時には理不尽だったり、むかつくほど叱咤されたり、を経験し乗り越える。
    それ、必要と思いませんか?

    せっかく野球してるなら心も強くなったほうがいいですよね。
    コーチの言葉にお母さんがびびらずに、子どもにとって貴重な財産になるよう導いていくことはできませんか。

    うちの子の監督もすごいです。
    でも子どもって強い!甘えん坊の息子が何でも食らいついていくようになり驚くほど精神的にたくましくなりましたよ。

    親は子どもの潜在的な精神力や向上力を信じ、見守っていくだけでいいと思います。

    ユーザーID:5740326516

  • やはり「有り」ですね・・・・

    やはり「有り」ですよね。解ってるのですが聞いてしまいました。
    私自身も中学・高校とソフトボール部経験が有ります。
    女子校だから迫力には欠けるかもしれませんが、私の人生の中で一生懸命に汗をかいて怒鳴られて勝利を目指して頑張ってた自分が確かにおりました。ただ中学・高校の私と小学2年の息子との違いは大いに感じるのです。野球に興味を持ち第一歩を踏み出した息子が野球から色んな事を学び感じ取る前に「下手くそ」「いらんことして」「頭わるいな」「理解できないなら来るな」と言われている先輩を見てどう感じるか、野球が上手に為りたい前に、鬼コーチに叱責されるのが嫌だから頑張るのって違うような気がします。
    今日試合が有り負けてしまいました。「お前らアホか情けない試合して昼飯抜きじゃあ」とマジで昼飯抜きになりました。試合でデッドボールを受け痛がってる選手、スライディングで足を痛めた選手に「痛いなら換える帰れ馬鹿」と怒鳴ってました。
    わあ〜すいません母としてはついていけません。勿論、子供の前でコーチ避難しないし、凄いよねあのコーチと言っておりますが・・・何が正しくて間違いなの判らなくなっている自分がいます。

    ユーザーID:0441541473

  • 人権って・・・・

    野球でもサッカーでも、鬼コーチと言われる人なんてゴロゴロいますよ。
    スポーツ以外でもいますしね。
    うちの子供はクラシックバレエ、剣道、音楽と習い事をしていますが、どの先生もかなりゲキを飛ばしますよ?
    バレエにいたっては、泣きながらお稽古する事もあります。
    子供たちは先生が大好きですし、先生も子どもたちが大好きです。
    それがとても良くわかるので、どの親も信頼してお任せしています。
    親の前であろうとも、遠慮なくビシビシと指導されますよ。

    トピ主さんのところのコーチもそうなんじゃないですか?
    普段はおとなしい方なんでしょう?バットを持つと人が変わったようになるんですよね?
    それだけ熱心で一生懸命に指導されてるんだと思いますよ。
    もちろん、暴力などはあってはいけないと思いますが「アホか、帰れ」などは驚くほどの言葉とは思えませんが(そこに愛があっての指導という前提ですが)
    他のチームの見学をされてはどうですか?
    中学時代の野球部のコーチは、鬼コーチと呼ばれてましたが、普段は「仏の○○」というあだ名でした。
    家でおとなしく読書でもしていたほうがよくないですか?

    ユーザーID:8363043665

  • 昔も今も良くないと思う

    小学校3年からリトルまで、その後社会人になってから会社やクラブ(実業団じゃ有りません)で野球をしてきました。
    確かに、鬼コーチはどこにでも居ますが、こと少年野球に限定すれば、その指導は行きすぎであまり役に立たないと感じています。
    草レベルで子供を見た経験も有りますが、小学校時分であれば野球に対する興味を持続してもらう、基礎体力の向上も含め走る、投げる、捕る、打つの基本を、見本を見せつつ身につけさせれば良いと思います。

    私の経験したリトルは少しだけ強くて、遠くから通う子も居ました。基本以上の「技術」を学ぶ場として、指導のレベルが高かった(だから偉いじゃ有りませんよ)のですが、好きでやってても必ずしもエンジョイできる野球じゃ有りませんでした。
    当時、世界大会に出たチームと試合した事が有るのですが、練習や選手のレベルの高さは、自分達と同じ子供だとは思えなかった記憶が有ります。

    学生の部活等では当たり前なのかも知れません。その点では、見方が違うのかもしれません。でも、野球だけではないのですが、「シゴキ」的な練習は、どこからが暴力なのか線引きが難しいので、好ましくないと思いますよ。

    ユーザーID:1562872166

  • 言葉だけなら・・・

    もう20歳を過ぎた息子たちも少年野球をやっていました。
    監督の「ばかやろー!あほう!」などは当たり前でしたが、手は出なかったのでまだ良かったです。

    ですが、あまり上手にならない少年にはそんなにきつくは言ってなかったです。でもレギュラーじゃないので、それはそれで辛いです。

    レギュラーでもそうでなくても、親の当番は同じ。
    当番のときは、息子が試合に出られなくても、親も一日応援に行くので大変です。

    息子もその悔しさを経験して、中学では頑張っていました。

    他のチームでは監督の暴力があり、チームがくずれていったところもありました。

    心配であればこそ、できるだけ練習や試合を見て、息子さんが精神的にダメージを負うようであればフォローしてあげられるようにしてください。

    ただ、就職すれば本当に世の中嫌な人間が多いので、部活は少々ではめげないタフな精神力を養う貴重な場でもあります。

    ユーザーID:0955160514

  • あるらしいですね、でも…

    ちょっと横ですみません。
    我が家は小学校の隣と言っていいほど近くにあります。週末には少年野球チームとサッカーチームが交互のように練習してます。

    野球コーチの指導の口調は乱暴な人が多く、まったくの部外者ではありますが、近隣住民としては、正直「迷惑」と思ってしまうこともあるくらいです。熱血だろうが、子どものためだろうが、傍で聞いているだけなら、たんなる「口の悪い怒鳴り声」ですから。あまり気分のいいものじゃない。

    申し訳ありません、モンスターペアレントならぬ、モンスターご近所さんですが(怒鳴り込むつもりはないですけどね)、こんな視点もあるということで。

    なぜか、サッカーの方が穏やかというか、今風の指導です。

    ユーザーID:6193064893

  • ルーキーズのようなコーチ、本当にいるんですよ。

    ひたすら励まし、勇気をくれてチームをゴロッとかえるコーチって
    本当にいるんですよ。

    みなさん、きっとそういうコーチに出会ったことがないから
    昔ながらの怒鳴りコーチがすばらしいと思ってるんでしょうね。

    そういうコーチの元でやってる子供達のあの一丸となった迫力、
    『自分達で勝ってくるぞ!』という円陣のパワー。

    うちは公立校で、野球ではまったく名前の知れていない進学校ですが、
    今年、コーチがかわり ほんと、ルーキーズのコーチみたいな人が
    仕切ってくれて、息子達の雰囲気がまったくかわりましたよ。

    野球で名の知れた私立校に大差の8点で迎えた最終回。
    誰もが(応援の親も)諦めムードの中、コーチの励ましと
    子供達の団結で8点差を同点までもっていったあの勢い。

    あれが感動っていうのかな…
    息子も『人生のうちで一番感動した!』といってました。
    それは、怒鳴られまくって得たものじゃなかったそうです。
    やればできる!と励ましてくれたおかげだったと。

    そういうコーチに出会ったことがないかたたちが気の毒です…

    ユーザーID:3930875528

  • 嫌いになったならやめればいいだけの話

    子供さんが、そのコーチが嫌いだから、もう行かないって言ったら、辞めさせてあげればいいだけ。
    そのコーチのせいで野球が嫌いになったら、それでいい。

    みんなで仲良くボール遊びレベルであれば、そのコーチはありえませんが、そもそもお金はらってまでやって、親の協力もあたりまえで、監督やコーチがいるレベルの訓練になれば、ある程度仕方ないのでは?

    コーチに怒られるくらいのプレッシャーで、萎縮してたら、試合で9回ウラ同点ツーアウト満塁 のバッターになったとき、はじめて萎縮を覚えて、いい経験になってよかったよかった、ですかね。チームメイトはたまんないよ。

    お子さんたちの同意があれば、その人の出入り禁止を要求してもいいと思うけど、受け入れてるお子さんがいれば、嫌だって子たちが出て行って新チームでもつくるしかない。

    いずれにせよ、チーム全員の子の意見を取りまとめてみてはいかがでしょう。

    ユーザーID:8501143239

  • 暴言は好きじゃない

    >ひ弱っ子にしたいならどうぞさっさと辞めておうちの中で
     大事に育ててください

    >家でおとなしく読書でもしていたほうがよくないですか?

    違うでしょ〜!
    どうしてそういう締めになるかなぁ…
    (短絡的な親??)

    野球が好きだから野球をやらせに行ってるんですよ。
    コーチの暴言が嫌だと思っている親はたくさんいますよ。

    現に、うちのチームはどんどん新しい父親がチームの雰囲気を
    よくしていってくれてます。
    古いコーチが“アホバカ”言葉で指導すると、
    そういういいかたしかできないなら俺達が指導します!と
    がんばってくれてます。

    お蔭で子供達は野球が楽しくなり、どんどん勝ち進むチームに
    なっています。(今までは子供達が萎縮して試合も負け続き)
    失敗しても次がある!失敗を生かす!
    失敗を恐れていたら、もっと先で思い切ったプレーができない。
    野球を好きになってくれ!
    それが今のうちチームの若いコーチ陣のやりかたです。

    本当に怒鳴られるのは
    中学高校からで充分でしょ。

    ユーザーID:3504071598

  • あなたしだい

    小学校2年なら自分の感情でしか判断できませんから、きつい言葉をコーチから投げかけられたら
    よほど気の強いお子さんで無い限り辞めたいと言い出すと思います。

    子供相手のスポーツチームは方針がだいたい
    「試合に勝つ」事を重視しているところと
    「礼儀正しく、楽しく、仲良く」のところに分かれる様な気がします。

    あなたは息子さんにどうなって欲しいですか?

    高校野球で甲子園、ゆくゆくはプロ野球選手?
    本人が飽きるまで楽しく野球を続けさせたい?

    前者なら指導力の有る今のチームで続けさせ、お子さんには「野球が上手くなって欲しいから怒るんだよ」と説明して
    コーチの批判悪口は絶対に言わないでいましょう。
    先輩ママさんに子供へのフォローの仕方を聞いてみるのもいいと思います。
    苦しい練習の先に何か得られるものがあるんですよ。

    後者ならチームを変えましょう。
    指導方針の違いやコーチとの相性でチームを変わるのはよくある事では?
    お子さんが強くなりたいと思ったら、またその時に考えればいいと思います。
    但しその時の為に今のチームとは揉めない様に辞める事をお薦めします。

    ユーザーID:2308263581

  • 困りましたね

    親は、明るくそして、寡黙に限る

    まず親が、監督、コーチ、スタッフを信頼せず、子が信頼をおけると思いますか

    このような親の態度を見、聞き、そのまま受け取ったら恐らくご子息はチームについていけなくなるでしょう
    体力的、技術的なことでなく
    野球を嫌いになるとして理由は、親です

    教育の現場すべて同じです

    仲間を大切に思わない、思えない人間になる

    女々しく甘い楽しいだけをやり甲斐、生き甲斐にはできない。小さくとも男ですよ
    苦しさも辛さも渋さも生きている味わいです
    彼の歩む道から親が小石、大石を一々除けていて後の大山どう越えるんですか

    母親のできることは笑顔と洗濯、
    温かいメシを出し、風呂に入れ、宿題させ、安眠させる
    たったこれだけ

    本気で辞めると言ったなら、ただうなずけばいい

    ユーザーID:4120845075

  • 時代は変わるかも

    少年野球は今でもスポ根時代の軍隊式指導が多そうですね。
    これは指導者と子どもたちとの信頼関係があって成り立つものだと思います。そういうチームに従うかやめるかのどちらかです。

    言葉によって子どもたちのモチベーションをあげる、統率する、理解させることができないから、暴言と暴力を使う、あるいは暴言・暴力のほうが手っ取り早いというのもあります。


    これからは暴言・暴力に頼らない時代ではないでしょうか。
    今の時代は若い指導者もメンタル面も含めた指導法を学んでいる人も増えています。

    昔、自分が学生時代の頃は強いチームの指導者の暴言・暴力は普通で当たり前でした。最近の子どものスポーツ(野球ではないですが)を見てると強いチームほど指導者が冷静で暴言をしないことが多くなった気がします。試合時に他所の強いチームの指導者の声かけを耳にする機会があって、ミスに怒鳴りつけるようことはなく、失敗からの切り替えに集中させる言葉かけが絶妙でした。
    勝てないチームほどよく吠えているような・・・。

    ユーザーID:9637486077

  • あると思います

    我が家も目の前に学校があって
    「裏がグランド」さん同様に、窓を開けると飛び込んでくる罵声に
    思わず う〜〜〜ん・・・って気が滅入る事も…
    ご近所のお子さんの名前が呼ばれてたりもするし(笑)
    でも、そこのお母さんにチラリと聞いたら
    「あれくらい言ってもらわないとダメなのよ、うちは!」
    って、豪快に笑ってましたけど。
    子供のタイプにもよるみたいですが
    そこのお子さんはお母さんが
    「monさんちに、おまえが叱られてるのが聞こえてたよ!」
    ってハッパかけたら、ものすごく頑張るようになったそうです。

    あんまり簡単には言いたくないけど
    やっぱり、受け取る側の個性もあるんじゃないかな、と思います。

    ユーザーID:1776411511

  • 必要らしい

    聞いていて気持ちのいいものじゃないですよね。
    私の夫も一応コーチなんですが、聞いてみたら暴言は好きではないそうです。
    でもそういう人が必要なときもあると言ってました。

    最近は学校でも体罰禁止ということで、教師をなめ、軽くでもはたこうものなら「体罰だ、体罰だ!」なんて言う子供がいます。
    少年野球も同じで、怒らない大人ばかりだとふざけた態度で言うことを聞かない子供も出てきます。
    練習中もあきらかに手を抜いたりなんてこともあるし、はたから見てるだけでは分からないかもしれませんが、やっぱり必要なことなのかも。
    それとただ叱るばかりでなく、別のコーチがフォロー役になっていたりしますし、ちょっと見に行ってるだけじゃ気づかない部分があると思います。

    子供の前でコーチの悪口を言うことだけは避けてくださいね。

    ユーザーID:2753180922

  • 我が家は辞めました

    「厳しい」コーチはありがたいです。でも強くするためには何でもありでしょうか?

    人格を否定するような暴言、気に入らない子には八つ当たりや良いプレーをしても褒める事なくせせら笑い・・・そんなコーチのもとで息子は「僕は使えない人間なんだ」「自分が大嫌い」と言っていました。それなら上手になれ、と親子で練習したりしましたが・・・土日祝すべての時間を使う習い事がそんな状況だったら、子どもはどこで気持ちをリセットするのでしょう。精神的に強くなる、という考えもありますが、実際、厳しいチームで野球やサッカーをやっていた子の中には、陰で友達に圧力をかけたり、上手か下手かが絶対的な価値観だったりする子もいました。(それが世の中を渡っていく強さと言えばそうかもしれませんが)

    何が正解かはわかりません。やり抜く事で得るものももちろんあると思います。でも息子は小学生最後の一年間は、好きなことや新たなことに挑戦してして休日を過ごし、僕もいろんな事ができるんだ!という思いをもって卒業しました。今、部活で始めたスポーツを仲間と楽しんで打ち込んでいます。我が家はこれで良かったと思っています。

    ユーザーID:7565968603

  • スポ根のバカらしさ

    上のいくつかのレスにある通り、さういふ指導で多少の叱責にはびくともしなくなつた人もゐるでせう。しかし、野球が全然楽しめず、のちのちバットやグラブを二度と手にとらなくなつた子供も大勢ゐるでせう。

    近所の中学校の野球部でも、何様のつもりだといひたくなるやうな言葉遣ひで、生徒を罵倒してをります。さういふ昔ながらの日本式野球指導者は大嫌ひです。技術の向上が、罵倒の度合に比例する訳がないからです。そもそも厳しさと、悪口雑言を区別できない輩には呆れかへります。教育者として失格と考へます。あんな連中に「礼儀」が教へられるものですか。教へられるのは目上に対する表向きの服従と陰口と、目下に対する横暴です。

    口汚く罵られて精神を鍛へるのが、野球の目的であるやうな倒錯した思考には反対します。勇気や精神力をつけたかつたら、武道を習つた方がよほどいいのではありませんか。

    野球は、投げて打つて捕つて点をとりあふのがとても愉快な「ゲーム」です。プロを目指すわけでもない大部分の子供が、苦役のやうに取り組むのはあまりにも勿体無く、馬鹿げてゐると考へます。

    ユーザーID:7737385268

  • ルーキーズの監督みたいなコーチ

    そんなコーチに出会えなかった人はかわいそう?
    少年野球は大抵教えるプロでなくボランティア。
    人数あわせで子どもの親がやってるとか、未経験の人も多いし。
    ドラマに出てくるよな素晴らしい指導者人なんて稀です。

    コーチに文句ばっかりの人って自分の子預けて面倒みさせ、
    人のせいばっかり。(私のまわりでは)

    子どもも言い訳ばっかりしそうですね。

    うちのコーチもすごいけど罵倒されいじけるだけの子は上達しないですね。いじける気持ちを覚えるだけ。

    長く指導者されてる人はやはりそれなりに指導力があると思う。

    うちの息子は納得いかなければ食って掛かりますよ。
    帰れ、辞めろといわれても「帰らない!辞めない!」って言い返します。

    何で言い返すか、辞めないか、
    自分は野球とチームが大好きだし、コーチのが野球は知ってるし、
    ただこれだけ。

    ルーキーズみたいなコーチを追い求めるより現実的に今どうするのか
    親はどうこどもに接していくかを追い求めたほうが子どもの為かも。

    他のレスにあったグランドにつばはびっくりです。
    その人は野球人じゃあないですね。

    ユーザーID:5740326516

  • 有り派が多いようですが

    有りと思う方は、桑田真澄さんのブログ、2009年3月10日分を呼んで欲しいです。
    まさに、トピ主さんの話に出てくるような指導者について、そのような指導のあり方に警鐘を鳴らしています。

    ユーザーID:3332277324

  • 子供の反応は・・・・

    入部当時の息子は「レギュラーを目指す頑張る」先輩達がノックを受けるのを見て「早くノックうけたいな」とやる気満々でした。家でも野球の本を真剣に読んで勉強してました。
    レギュラー夢みて、何から何まで野球一色になってました。しかし、この頃は「レギュラーに為らなくて良いかな」「ノック受けるより球拾いやノックの球を渡す役の方が良いかな」と消極的に変わって来ています。どうしてかと聞くと「わからない…」との返事です。

    息子は行くのを渋ったりしていないし、嫌だとも、辞めたいとも言っておりません。ただ入部時に息子の性格では無理だし、せめて一年後に入部したらと思って反対してました。反対を押し切っての入部の事も有り、弱音を吐けないみたいな感じも有ります。体験時には鬼コーチは不在でした。知ってたら入部してなかったと思います。

    以前、鬼コーチが総監督として県大会にも常連の強い時代が有ったそうです。でも年々と入部者が少なくなり総監督を辞めたとの事です。新しい監督が頑張って入部者を集めて久し振りに紅白戦が出来る位に人が集まった途端にふらっと参加しだしたそうです。鬼監督が居なくなったから入部したと言う人もおります。

    ユーザーID:0441541473

  • そういうコーチの多くは

    感情に任せて、怒鳴り散らしている方が多いです。(ちゃんと子供と向き合い敢えてきつい言い方するコーチは残念ながら小数です) ただ好き勝手に怒鳴り散らすコーチが何か問題起こしたら、皆さんで詰問してやりましょう。恐らくそのコーチは人への謝り方(大人としての対応の仕方)も下手だと思います。 話が反れましたが息子さんが心底野球が好きでなければ辞めたほうが良いでしょう。

    ユーザーID:6954237922

レス求!トピ一覧