現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

少年野球のコーチの暴言

ぷよぶよ
2009年6月5日 22:34

2年の息子が野球に興味を持ち少年野球チームに入りたいと言いだしました。地元の小学校の野球チームに体験入部しました。母親の当番や煩わしい事も有る事も知っておりました。でも初めて息子が自分から入りたいと強く希望した事も有り、私も当番等頑張ろうと思い入部させました。
土日祭日と朝から夕方まで練習が続きますが、今までゲーム三昧の息子が文句も言わず、ビックリするほど真面目に頑張っている姿に、入れてよかったと思いました。
ただ、一人のコーチが現れるまでは・・・そのコーチはふらっと突然来て指導をしてくれます。大変な技術と指導力をお持ちの方で、現在は子供さんがチームを離れても、気にかけて来て下さる熱心な方だそうです。現監督もコーチも大変尊敬されている様子が分かります。
ただ、コーチのあまりにもの暴言罵倒に驚かされました。普段は大人しい方なのですが、バットを持つと人が変わられるみたいで、「なんでこんな球を取れないんだ〜馬鹿かアホか役立たず」「お前は打てない守れない良い所が無い野球辞めろグランドから出ろ」「ミスしやがってボール当てるぞ」と本当に当てるし。
子供達がミスしないようにと萎縮してミスを繰り返すそしてコーチが怒り罵倒する。そのコーチが居ると居ないでは空気が全然違うのです。確かに指導は正論なんですが、その後に鬼の様な形相で「馬鹿か・アホか・帰れ・辞めろ」が続きます。
楽しくなく、むしろ辛そうな野球なんです。2年の息子は入ったばかりで洗礼を受けておりませんが、いつかはと思うと不安になります。常々、息子には人を傷つける様な言葉は言ってはいけないと教えているのに、私も息子も、ただ驚いております。厳しい注意・指導は分かっての入部でしたが、余りにもの暴言罵倒に恐ろしくなります。
子供にも人権って有りますよね、少年野球には、こういうの有りなんですか。野球を嫌いにならないか心配です。

ユーザーID:0441541473  


お気に入り登録数:93
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しいレス順
レス数:116本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
暴言癖の監督と母代表者がご夫婦だと困りますね
谷口キャプテン
2009年8月22日 21:58

自分の息子が所属するチームはA・B・Cの3チームにクラス分けしいるのですが。監督とお母さんの代表格の方がご夫婦で監督の暴言にもの申せる雰囲気に無いというか当たり前になっている集団ですね(マルチ商法みたいです)。
先日、監督がノックの返球が悪い子供に対して“オラ〜ッ!真ん中に投げとって言ったろ〜っ”て叱ってました。自分の見解ですが、真ん中に投げと言われてすぐに出来たらみんなプロ級じゃないかと思ったりもしています。こんな事もありました。CチームはTボール野球なので止まったボールを打って始めるリーグなのですが、ある選手の兄が高校野球選手で夏休みに応援コーチに来てくれました。最後の練習試合の時に弟がセカンドランナーで、兄が敵陣のショートポジションでした。バッターの打球は三遊間に飛び兄ワンバウンドでナイスキャッチ、弟はサードに向かって右側を通ろうとしながら左側へフェイント(兄のグローブ側から素手側)、その瞬間兄の右ストレートが弟の右目付近に炸裂! 弟は泣き出してその場に泣き崩れ動きません。監督(父)と母が近づいて一言“いつまでも泣いてろ!”ですって。スポーツマンシップって無くなったんですか?

ユーザーID:4843291486
今時でない
ann
2009年7月26日 7:36

ちょっと古いタイプの指導じゃないですか?
体育系は今でもそのようなタイプの指導者って多いんだなぁとビックリ。

罵声を浴びせずに指導するやり方を単に知らないのでは?
厳しさは必要だと思いますが、失礼ながらあんまり頭のよい指導者でないと思います。

ユーザーID:2916271195
6月22日のトピ主レスを読んで・・・
mmmm
2009年7月2日 13:50

>ここで語れない程の最悪な週末(数人が耐えきれず辞めても
 おかしく無い状態)が有った、翌週から
 元コーチが微妙に変わられました。

DVの夫を持つ妻がトピ立てして
「たまたま今 彼 機嫌がいいんです。
だからもう少し我慢してみようかと思います」

こういうレスで報告したら
「そうなんだ。よかったね。今後もきっともうDVなんかしないよ」と
楽観的なレスが集まるとでも思いますか?

いやもぅ どうでもいいんですけどね。
ああいえばこういうで、結局 そこに通わせ続けるのはトピ主さんな
わけだし、だれもそれ以上は何もいえませんよ(呆)

その監督がかつてバットで腕を骨折させたというのは
“一瞬 カ〜っとなったら、誰かが止めに入る間もなく
 もうその人が持ってるバットが子供の腕をへし折ってる”
ってことですよね。

はは。すごい。ここにあと何年通わせるんですか。
ここ、“少年野球”ですよね?

ただただびっくりです。
判断力のない大人ばかりの中で、子供が逃げ出せない状態が。

ユーザーID:3930875528
野球ではありませんが
ガンバルニャン
2009年7月1日 14:22

野球ではなく、あるマイナースポーツですが、指導者の人柄のおかげで、うちの子(始めたのは小1の頃)はできないことと向き合い乗り越える力をつけることができました。練習そのものはハードでしたが、遊びの要素も取り入れ、工夫をこらしと教える努力を怠らない方でした。もちろん、暴言などありません。

指導者の人柄は大事だなあと感じました。指導者の方は「練習すれば上手くなる。けれども楽しくなくては続かない」と。楽しいとは楽という意味ではなく、厳しさを自分自身が納得して乗り越える中で生まれる充実感でもあるでしょうし、それは色々な意味をもつと思います。

ユーザーID:1113023407
相変らず・・
Z
2009年6月26日 6:30

大なり小なりどこのチームでもある問題ですね。

砂いじりや集中してないことで危険が及ぶ時に怒鳴りつけることはあります。
ただ技術的、体力的なこと、連携やうっかりミス、声だしの強要等をひつこく怒鳴り暴言を吐く指導者は最低ですね。指導者によっては怒鳴るけどその後のフォローが良いからまぁ信頼してるなんて言う方もいますがそれも間違いです。うまく教えられないことを別の畑で誤魔化してるに過ぎません。一番楽で短絡的な手段が”怒鳴る”です。そして自分のイラつきの発散手段も暴言罵倒による”怒鳴る”です。子供達が萎縮するのは当然で自らが野球でこうしようああしようという意欲を削ぐ結果にしかならないというのに。

うちのチームも低学年はかなり酷いです。30、29,28番がそれぞれが怒鳴ります。本人達は1日中怒鳴ってるつもりはないのだと思いますが、子供達からしてみれば四六時中怒鳴られてると感じてます。そして例えば28番の教えを30番がひっくり返して怒鳴ります。逆もまた然り。教え方がバラバラなんですね。

ちなみに市内一練習してるチームだと思いますが仲良くやってる近隣チームより弱いです。そして負けても子供達のせいです。

ユーザーID:0978600227
失敗そて非難されるのを恐れると
ゴール
2009年6月23日 16:50

ある番組のスポーツコーナーにて。
WC予選で、なぜ日本人選手はゴールに向かわないのかという意見が出て
(シュートせずにほかの選手にパスしてしまう)
「失敗したときに非難されるのを恐れているからではないか」という意見がありました。

10歳にも満たないうちから、ミスして怒鳴られていたら、ゴールに向かう気持ちなんて身につくわけないですよね。
「ゴールに向かったことを褒める」そんな指導方法が当たり前にならないと、日本が世界でよい成績を残す日なんてこないかもしれませんね。

ユーザーID:6936976269
有りなわけないでしょ。
桑田
2009年6月23日 3:22

根性論の妄想にかられた人ばかりでびっくりです。
よほど温いチームにいて多少の罵声や恫喝はOKと言われてるんでしょうか?よくいますよね。うちの子を厳しく指導してくださいってパターン。この子には厳しさも必要なんだ・・と思ってる親。それはそれでありでしょう。他人様の躾や育て方をとやかく言う気はありません。
ただ、こういった親の考えが勘違いした指導者を増長させてるんです。
支持してくれてる親もいる・・と。



熱心だから、ボランティだからありがたいなんて考えてる親は宗教に妄信してるようで気味が悪いです。子供を萎縮させるだけに何のメリットがあるのか論理的に説明されてる人は1人もいないじゃないですか。有りですと意見してる人はそういう時代を経験しても潰れなかった自分を誇りたいだけでしょう。そして言われたことが”ありがたかった”と訳わからず自虐的に評価することで自分を肯定したいだけでしょう。無責任すぎますよ。

ユーザーID:7456099875
本当に本当に…
ぷよぶよ(トピ主)
2009年6月22日 21:48

本当に有難うございました。

我が家、初の体育会系の息子でして、思うことは沢山ありました。
多分、私が過保護なんでしょうが…。やはり、子供可愛くて納得出来ない事は確かにございますが、それを子供が望んでいるのか、否かは冷静に考えて行こうと思ってます。

主人とも話しておりますが、ここ数週間、元コーチも変わられた感じが有ります。ここで語れない程の最悪な週末(数人が耐えきれず辞めてもおかしく無い状態)が有った、翌週から元コーチが微妙に変わられました。注意する時に、子供目線で語りかける様な感じで注意する様になったのです。子供にしては前週まての怖さが有るので、それはそれで、どうしていいものかと言う感じですがね。でも、この週末、子供達に笑顔が有りました。

何かが有ったのでしょうね。

「発言小町」でレスする事で色んな事を知りました。
皆様の貴重なレス本当に本当に有難うございます。
少年野球を全く知らなかったから、勉強になりました。
また違う少年野球レス(出来たらレス立てずに済む平穏な日々を過ごしたいですが)たてましたら宜しく。

自慢レス出来たら嬉しいですね。

ユーザーID:0441541473
がんばれっ!
まっすぐ
2009年6月21日 20:32

主さん、悩みながらもご結論だされたようです。
お子さんも野球が本当に好きなようですしいい結果になるといいですね。

レスを読んでみて、賛否どちらもなるほどと思う所がありました。ただ、暴力や暴言がよくないとレスされている文章のほうが逆に極端で攻撃的な印象が…。万が一暴言の悪い影響はあるかもしれませんが、あまり脅すのもどうかと。スパルタ式スポーツをやっても想像力ある作家やクリエイターになった方は沢山いますしね。

私の経験では、体育会系学生を企業が採るのは何も軍隊のようにしたいからではなく、ただでさえ義務を果たさず権利ばかり主張する新入社員が増えている中で、体育会系の学生は「仕事ができるようになるまで我慢して習う悔しかったら努力する」というかつては普通の日本人の多くが持っていた忍耐力と身の丈を知るという感覚がある確率が高いからです。
 自主性、のびのび大いに結構。今それは学校でも家庭でも教育できます。ただスポーツは実力次第の厳しさ、勝利の喜び、そして必死に努力しても負けることもあるという経験が他にはない素晴しさだと思います。厳しいすぎるのも問題ですが、まずはお子さんにエールを!

ユーザーID:0307558785
不祥事は当たり前?
key
2009年6月19日 22:11

○○大学のラグビー部、△△大学のボクシング部、、、。

いずれも全国大会優勝××回の名門強豪。
部員が卑劣な犯罪行為で存続の危機に!

20年前までは、結果さえ出せば許された事が、現在は通用しない。

少年野球も同じです。
いくら良い成績を残せても・大会で優勝できても、暴力行為は認められません。
子どもは、監督・コーチの自己満足の道具ではないのです。

ユーザーID:0010916324
念の為・・・
ぷよぶよ(トピ主)
2009年6月19日 21:15

骨折事件は数年前の事、それも元監督が総監督時代の事です。
骨折事件の事を知ったのは勿論、入部後、元監督が来られる様になっての事です。私も、どうして新聞沙汰に為らなかったのか不思議でしたが、経緯等聞いて納得しました。本当に崇拝しているコーチ・保護者にとっては神がかり的なんです。

私も数年前には確かに元監督が凄かった(色んな意味で)事は知っておりましたが、それは過去の事で、新しい監督の元に野球を知りたい、覚えたい、楽しみたいを旗印に集まった内の一人でした。正直、現監督に「話が違います」と言いたい気分でも有りますが、それすら口に出せない雰囲気なんです。

皆様からの意見を読まさせて頂き、夫婦で本当に色々と考えましたが、やはり、先ずは子供の気持ち優先となりました。昨日、子供の国語のノートを見てた時に、「僕の夢は野球選手です。練習は疲れるし、なんだか悲しくなる事がありますが、うまくなりたいから練習がんばります。」と書かれてありました。

この子は本当に野球が好きなんだと思い、皆様からの貴重な意見も頭に入れて陰ながら応援するつもりです。

本当に本当に有難うございました。

ユーザーID:0441541473
momoさん始め、チームを変われと言う方へ
sakino
2009年6月18日 9:59

トピにあるように
>地元の小学校の野球チームに体験入部しました。
この「小学校の」という言葉が意味するのは何か?

地方のそれほど野球が盛んでない地域では野球チーム=小学校の部活となります。
つまり、野球をやりたい子供は自分の通う小学校の部活に入ることが普通です。
都会や野球の盛んな場所では、小学校の部活以外にも地域にクラブチームがいくつもあり、ここが駄目ならあそこ、あそこが駄目でもこっちにというように自由にチームを選べますが、選択肢がない地域もあることを認識して欲しいと思います。

そうした地域でチームを変えるということは、自分の通う小学校の部活を辞めて近隣の小学校の部活に入ることを意味します。
しかし、そういったことは現実的ではありません。

トピ主さんは途中のレスで
>そして他のチームへの入部という選択肢はありません。中学の野球部まては続けるか辞めるかなんです。
と言っているのが分かりませんか。

そこを理解せず、一方的に、チームを変えたら解決みたいなレスで、勝手にトピ主さんに怒るのは、ずれています。

ユーザーID:6246226575
指導者=人格者ではないって事ですね。
くく先生
2009年6月18日 6:56

野球が上手いだけで、人間的に立派かって言うとそうでもないんでしょうね。
言葉は人格を表しますから、汚い言葉の人はそれなりの人なんだと私は思います。

コーチと言っても「野球が上手いただの人」なので、学校の先生のようなことを求めるのは間違いかも。
人格を考えるならお子さんの意志を尊重して、辞めたくなったら、辞めさせればいいし続けたきゃ続けるでしょう。

ユーザーID:4914418177
優先すべきは、子供の気持ちか安全か
みやじ
2009年6月18日 3:46

暴言を吐き暴力を振るう指導者がいるチームに、無理して居続ける必要ないと思いますが…
多分先方も、トピ主さんのお子さんが辞めても気にしないでしょうし、
お子さんの為にもっと楽しめるチームを探してあげたら良いのでは?
そうできない理由って、「子供が辞めるって言わないから」だけでしょうか?
だとしたらトピ主さんのお考えが、ちょっと理解できないかもです。

結局、お子さんの気持ちとお子さんの安全、どっちを優先するかって事だと思います。
私なら子供の安全を優先しますね。
暴言だけならまだ考える余地ありますが、暴力は頂けません。
「骨折くらいで」と考えるなら、そのままでも良いと思いますよ。
私はそんな風には思えませんが。

ユーザーID:7198584895
野球ではありませんが携帯からの書き込み
二年女児ママ
2009年6月17日 12:27

同じく二年生の女児を持つママです。

野球ではありませんが、娘は一年生からミニバスチームに入っています。

娘のバスケのコーチも怒鳴ったりとか普通にあります。
別のチームの監督はうちのチームとは比例にならない位に怒鳴ってる方もいますよ。


でも公式試合に勝ち、強くなる為には当たり前のような気もします。

近くの公立中のバスケ部は全国レベルの強豪チーム。

そこでバスケをしたいから皆、必死です。

お遊びでしたいなら別のチームに移動すれば良い事ではないでしょうか?

チームカラーってあると思います。

ユーザーID:7160187476
当然の事では…ありません!長州男さんへ
きゅう。
2009年6月17日 11:45

私は非体育会系出身です。だからと言う訳ではありませんが当然というか当たり前の事だとは全く思えません。
あなたはスポーツを何も判っていません。

元来スポーツというものは自分自身の無力さを認識しそれを乗り越える為に一生懸命に練習し鍛錬するという事ではなく、体を動かす事にゲーム性ややり甲斐を伴って、楽しむものです。
筋力や根性を鍛えるということは否定はしませんが、二次的なものだと思います。

楽しさを知った上で向上心を持って練習を重ねる事こそが、スポーツの楽しみです。

自分がそう教えられたからといって、不必要なスパルタ主義を持ち込まないで下さい。
「子供にも人権が有る」というのは当たり前の事で、それを敢えて否定する事で(無理に苦しませて)壁を作ったりしているヒマがあったら、スポーツの本当の楽しさを伝える事に心を向けて下さい。
どうか子供達をストレス発散の標的にはしないで下さい。

歪な大人が作った間違った師弟関係の中で、子供の自主性を踏みつぶす事は止めて下さい。必然性の無い苦しい練習を無理にさせて悦に入るのは止めて下さい。

それが子供にとって一番大切な事ではないでしょうか。

ユーザーID:1198413133
暴言は知能の発達を阻害する2
ポジティブコーチング
2009年6月17日 1:29

(続きです)
人生で生きていくうえで、自分で考えて(もちろん人のアドバイスを得ながら)、自分で自分の人生を選んでいく、という経験を積むことが大事だとお考えなら、暴言に耐性をつけるのではなく、それをおかしいと感じ取れる感覚を身につけさせてあげることが重要ではないでしょうか。
 あくまで私の意見ですが、トピ主さんの判断は、一見子どもを尊重しているようですが、子どもにはいろいろな経験や知識がなくて適切な判断ができないということも踏まえ、親がいい方向に導いてあげる責任があると思います。お子さんに、あのような暴言を受け続けると脳が萎縮するかもしれないけど、それでもいい?と話してもいいと思います。勝手ながら、お子様を大事に思うなら、もう一度考えいただき、すぐに行動に移したほうがいいと思います。つまり、子どもを辞めるように説得するか、意見を同じにする保護者の皆さんと新しいチームを作る、などです。
 子どもが辞めるというのを、待っているようですが、お子さんのために、行動をできるだけ早く起こしたほうがいいと、私は思います。

ユーザーID:2250334818
暴言は知能の発達を阻害する1
ポジティブコーチング
2009年6月17日 1:26

 まだ、暴言を使った指導を肯定する人がいるので、しつこいですが、こんなデータもあるということで。
 「暴言」「発達」というキーワードで検索するとヒットすると思いますが、熊本大学の友田明美さんという研究者は一連の研究で、暴言は脳を物理的に萎縮させたり、言語性知能の発達を阻害するという調査結果をまとめています。他方で、褒めることの脳へのプラスの影響もいろいろ研究があるようなので、調べてみてください。
 暴言はこれからの人生で、耐えることを教えてくれると考えている方もいますが、もしかすると、そういう方は、褒められて認められてきたら、もっといい人生があったかもしれないじゃないですか。耐えることが状況を悪化させることだってあるはずです。
 上のレスですでに何人かの方が書いていたと思いますが、暴言に耐える、というのは思考をやめ、暴言を吐く者の意に従うだけの存在になることです。確かに、社員を機械の部品や消耗品としか考えないような会社には、そういう人材が必要かもしれません。しかし、働く個人の側から見れば、そんな生き方を長く続けていけるほど人間はタフにはできていないでしょう。

ユーザーID:2250334818
バットで骨折りとは
50男
2009年6月17日 0:28

バットで叩いて子供に骨折させるのが本当というお話と伺いました。
これはここで議論している厳しい教育論の一線を超えていると思います。

そもそも、バットは野球の道具であり、人を叩く道具ではありません。
それをコーチがやること自体、人間教育からはずれています。

ユーザーID:1470624173
監督の奥さんに・・・
ぐらっつ
2009年6月16日 23:28

監督・・ではないですが、その奥さんの暴言を書きます。

野球に詳しくなく、道具は教えてもらいそろえましたが、グローブはじいじに貰っていたのがあったので買いなおさなかったのです。遅く入部したし、卒業まで実働1年半くらいでしたので。(そんな種類があるとは・・よく考えればわかることですが・・・)
うちの子は左利き。じいじが買ってくれたには右利き用でした。

周りの人は、左利きなのに右利き使ってるって気づいてたそうです。
でも、誰からも(コーチからも指摘されず)引退した後に監督の奥さんにこの発言をされて知りました。

「どうして左利きなのに、右利きつかってたの?みんな言ってたよ。・・・親に買ってって言えなかったんだね〜さすが母子家庭の子!我慢するね〜!」


うちは離婚していますが、金銭的に困った事は一度もありません。本当に知らなかっただけです。教えてくれれば買ったのに・・。

私の年齢が一番下で、離婚しているのですごく異様な目で見られているとは感じていました。(監督・コーチにも)みんな夫婦仲がよく裕福な雰囲気な人ばかりだったから。

ユーザーID:6643176746
 
現在位置は
です