自死した友人の事について

レス49
(トピ主5
お気に入り84

家族・友人・人間関係

ひまわり

今から10年以上も前ですが、友人が自殺しました。高校時代の友人で、互いに進学で別の地域に一人暮らしを始め、たまに電話で近況報告をするような関係でした。
互いにアルバイトを始め連絡の頻度も減ったのですが、彼女はバイト先で今で言うストーカー行為を受け始めたようでたまに相談の電話がありました。そのうち休学して地元に帰ってきているのだという連絡がありました。とっても辛い事が起き、体調も崩してしまったようでした。詮索はせずに、私はこちらでの生活の事や新しく出来た友達の話など、彼女は最近の様子や田舎の状況等を報告しあいました。

電話は夜かかってくる事が多く、いつも楽しかったので長電話になっていました。時々彼女から「ひまわりちゃんはいいなぁ。大学楽しそうだね。友達も沢山いるもんね。私なんかに付き合ってくれていいの?いつも電話してごめんね」と言われたりしました。嫌味な感じではなく本当に謙虚な人だったし休学してからは特に自信がなさそうにしていたので「どうして謝るの?楽しいからいつでも電話かけてきてよ!」ととにかく明るく接していました。

そんなやり取りが続く中、ある日珍しくお昼前に電話がかかって来ました。一人暮らしで怠惰な生活をしていたので電話で起こされ時計を見たらそろそろ午後の授業に出る支度が必要でした。…私はその時正直(今長電話になったらやっかいだな。それにもう少し寝ていたいし。最近は彼女も明るくなってきたし夜にでもかけ直そうかな)と思い「あーごめん。今から学校行く時間なの」と言いました。彼女は「あ、ごめんね、ごめんね。大した用事じゃないの。じゃあ」と言ってその日の深夜に命を絶ちました。

結婚や出産、その他ふとした時に罪悪感に苛まれます。私が幸せになる資格があるの?と。同時にただの残された友人という立場に酔ってるだけじゃないの?とも。どうしたら乗り越えられるでしょうか?

ユーザーID:9247900106

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数49

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 貴女が悪いわけではないでしょう

    貴女はよくその友人に接してあげられたと思いますよ。
    このように十年以上経っても罪悪感が消えないと言うのがその証拠でしょう。
    自殺は一種の精神病です。
    精神科医でさえ患者の自殺を100%阻止できないのに、まして友人とはいえ素人が自死を止められるものではありません。
    ご友人はせいいっぱいその短い人生を生きられたものと思います。
    もしも気になるなら、友人のご実家に行き、ご霊前をお参りされればいかがでしょうか。
    ご遺族も喜ばれるかと思いますが。

    ユーザーID:6710739587

  • お辛いですね。

    人の死って突然やって来るし、歳を重ねればそれだけ直面する機会も増えますよね。
    亡くなった方と親しければ親しいほど「もっとこうしてあげれば良かった」と後悔も残るし。

    でも本文を読ませて頂くと、ご友人はとても謙虚な方でとてもトピ主さんを恨む様な方には見えません。

    結婚、出産、トピ主さんの人生はトピ主さんしか歩めないので自信を持って歩んで行かれていいと思います。

    絶命された日にもし長電話して話をしていてもご友人の方が快方に向かったなんてわからないし、時々思い出されるだけで十分供養になると思いますよ。

    ユーザーID:7738994300

  • 私も良く似ています。

    思いがけず、良く似ていたのでコメントします。
    私も4年前、突然・・・親友が自死しました。
    お互いに結婚して、出産の直後でした。

    私の夫の転勤で遠く離れていてもメールで
    連絡をとりあっていました。
    いつも、育児が終わったら再就職はどうしようか?
    なんて話し合っていました。

    私が里帰りして最後にあったとき
    バタバタして、じっくり話を聞いてあげられず
    ありきたりな、お祝いの言葉だけで
    帰っていった彼女。
    そして、数日後に。

    何年たっても、彼女の話をもっと
    聞いていればよかったと後悔する日々です。
    自分自身も母親になって
    先に子供を亡くしてしまった彼女の母親の
    悲しみを思うと堪らなくなり、
    命日が近づくと 彼女の好きな花をおくり、
    時どき、彼女の母親と手紙やメールで
    彼女の事を語り合ったりしています。

    私が出来るのは、彼女のステキだった思い出を
    彼女の子供に伝える事だと思っています。

    回答にならなくてすみません。

    ユーザーID:2919198817

  • 気にすることはない

    トピ主さん、つらい経験をされましたね。
    実は私も同じような経験があり、トピ主さんの気持ちもわかります。
    一時期は鬱状態にもなりました。

    今振り返って思えるのは「過ぎた時間はどうすることもできない」ってこと。
    もう10年以上も前のことならなおさら、気にすることはないと思います。

    トピ主さんは、全く悪くありません。
    また何かの力になれたのか、というと、それもわかならないのです。
    今となっては
    ご友人が自分決めた決行した結果を、認め受けれるだけだと思います。

    私も、今でもたまに思い出しますが、
    「私をこんな気持ちにさせやがって」とちょっと腹を立てられるくらいになり
    友人のことは懐かしい思い出の一つとすることができました。

    具体的な方法でなくてごめんなさいね。

    ユーザーID:8148915251

  • 資格なんてないんじゃないかな

    幸せになっていい資格なんてないんじゃないかな。
    幸せになる権利ならあるけど。

    それに、トピ主さんの、幸せも不幸も、彼女のせいじゃないはずですよね。
    何でもかんでも彼女のせいにしたら彼女も迷惑ですよ。

    でも、供養だけは忘れないでほしいです。

    ユーザーID:5072250972

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 今の貴女にできることを考えてみました。

    お友達は命を絶つことを決めて、最後に貴女の声を聞きたかったのですね。
    お友達は、たとえ少しであっても、貴女の声を聞くことができたのですね。

    お友達のために、今の貴女にできることは2つだと思います。
    まず1つは、お友達のことをたくさん思い出してあげることだと思います。
    思い出すことが、お友達の供養になると思うからです。
    2つめは、お友達の分も、貴女が幸せになることだと思います。
    貴女が幸せになることは、お友達の魂を救うことにもなると思います。

    お友達の供養にもなると信じて、貴女は幸せになってくださいね。

    ユーザーID:2454364003

  • それが寿命

    心の病気で命が寿命を迎えたのです。トピ主さんのせいじゃありません。
    体の病気で亡くなるのと同じだと思って下さい。
    体が生きていく強さを失うと死を迎えるのと同様に、心が生きていく強さを失って死を迎えたのです。

    ご友人はトピ主さんのおかげでかなり延命されたと思います。夜に長電話できる相手がいて、ご友人は大変救われたはずです。

    罪悪感なんて必要ないし、友人の分も生きようと言う気負いも不要です。ご友人の事を、普通に友達として楽しい事を思い出すのが供養かと思います。

    病気が原因だったんです。
    絶対にトピ主さんのせいではないですよ。

    ユーザーID:5787171051

  • あなたのせいではないです

    私も、20代始めに10代からの友人を自死で亡くしました。

    やはりすごく繊細な人で、私はよく悩み相談に乗ったり、気の合いそう友人やグループを紹介したりしていました。

    ある日、突然友人が亡くなった、という連絡があり、事故という可能性があったにも関わらず、まさか自殺?ととっさに思った自分がいました。

    私も自分を責めました。もっと、自分が力になっていたら、このような事までは防げたかもしれない‥と。

    スピリチュアル系の本などを読んで、最もらしい言葉を目にしても、自分の気持ちを楽にしたいが為に逃れようとしてるだけに感じたりもして。。

    これは、話の方向性がズレてしまうかもしれませんが、とある霊能者さんと話をした時に「自殺した人があちらの世界で喜んでいるケースがある」と聞いた事があるんです。その方も戸惑われてましたが、中には、そういう魂もあるみたいで‥と。

    その世界の事や真実はわかりませんが‥。友人は、短くても精一杯生きた時間だったのかもしれない‥と、そのお話以降思うようになりました。

    そして、二度と同じ後悔を繰り返さないよう、今目の前にいる人達を大切にして過ごしていますよ。

    ユーザーID:8266484516

  • 辛くなりますね。

    遺された者は、
    「私がちゃんと電話に対応していれば」
    「何が悪かったのか」
    ずっと自問自答していくことになります。
    絶対に結論は出ないのに。
    本当に辛いですよね。

    自殺する人は心の病だと聞きます。
    だからあなたの所為ではありません。

    気にするなとは言いませんがご友人あなたを
    見守っているのだと考えを変えて今後の人生を
    歩んでいかれたらいいかなと思います。
    逆にそう思わないと辛すぎます。

    ユーザーID:9875469865

  • レスありがとうございます

    私と長電話したからと言って結果が変わったかどうかはわからないんです。彼女は「とても辛い事」があって学校を休学して実家に帰ってきている事に対して引け目を感じているようでした。いつも「私なんかと友達でいてくれてありがとう。」と確認していました。他の親しかった友人たちとは連絡取っているのか聞いても「皆忙しそうだから申し訳なくって…。無理やり付き合せるのは悪いもの」と言ってました。そんな極度に自信が持てない状態だったのに最後の電話は「学校があるからゴメンネ」。彼女は「とうとうひまわりにも見捨てられた」と思ったんじゃないだろうか。私がいつでも電話してと言ったのに、あの時「ああ、またか」と一瞬思ってしまった。きっと見透かされたんだ。あの時の私は決して全力じゃなかった…。でも私に本当に救えたのか? いつもその思考のループに陥るんです。

    ユーザーID:9247900106

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 懺悔します。

    続きです。もうひとつ懺悔があるんです。私はお通夜とお葬式以来彼女の実家に立ち寄っていません。お墓参りすらしていないんです。
    お通夜で私の記帳した住所(当時の下宿先で観光地)を見たお父様が「遠いのによく来てくれた。○○に友達がいる。夏休みに家に誘ってくれているから旅行に行くんだと楽しみにしてたのに、こんな事になってすみません。仲良くしてくださってありがとう」と言われました。軽い気持ちで誘ったのに。私だけが頼みの綱だったかもしれないのに。私のせいかもしれないのにと思うとご両親の顔が見れませんでした。罪悪感で立っていられない程でした。

    平凡で小心な私には辛過ぎる出来事で、せめて普段忘れて過ごすようにしてきました。思い出してしまうと答えの出ない事を永遠に考え続けてしまうのです。自分が傷つきたくないから、親御さんに葬式以来顔も見せなかったのに今更だと思われるのではないか、そう思うとお墓参りにも行けませんでした。なるべく忘れて過ごしたい。自分の事で精一杯なんです。

    本当に卑怯な人間だと思います。取り留めのない文章ですみません。誰にも醜い気持ちを吐き出せなくてここに書いてしまいました。

    ユーザーID:9247900106

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • きっと

    友人はもう自死を決めておられたのではないでしょうか?
    それで最後にあなたにお別れを言いたかった。
    でも普通最後に、
    「私は今から死にます。ありがとうね。さようなら」
    とは言いません。
    最後に、お世話になった、やさしくしてくれたあなたの声を聞きたかったのだと思います。
    これは最後の彼女のわがままで甘えです。
    あなたは悪くありません。
    どうにも出来なかったのです。
    彼女の人生ですし彼女は決めていたのだろうし。
    あなたがすべき事は自分を責める事より彼女を思い出すくらいです。
    それとあなたが変わらない事かもしれません。
    彼女は自分の最後を決めて最後の電話をあなたにかけただけです。

    私の夫は誕生日に友人が自死しました。
    前日呼び出されて話をした次の日でした。
    相当悩みました。カウンセリングにも行きました。
    でも結論は他の友人が言った
    「生まれる日を選べないのだから死ぬ日くらい選びたいよね」
    という言葉でした。
    今でも夫は苦しんでますが見守るくらいしか出来ません。

    ユーザーID:8673572750

  • ひまわりさんが幸せになること

     非常にお気持ちの優しい方ですね。ズバリ言わせて頂くと、ひまわりさんがお幸せになることがご友人の供養になります。貴女がご不幸になったり、あまりくよくよしたりするとむしろご友人の魂にはよくありません。お墓参りなども地理的に難しければ、時々思い出して差し上げれば良いのです。是非今のままで自身を持って生きていってくださいね。

    ユーザーID:4130614028

  • あなたは卑怯なんかじゃありません

    友人の自死というのはとても辛いものです。
    事故死などとは違い、自死を選んだことで周囲にも傷跡が大きく残ります。

    トピ主さんはこれからも生きていかなくゃいけないし、自分を保つ事で精一杯、忘れて過ごしたいと思うのは、ごく自然な感情だと思います。

    もう10年も苦しんだのです。友人からの呪縛から逃れて下さい。自分を責めないで下さい。友人の実家に顔を出さなくても、心で手をあわせればいいと思います。
    私も友人を亡くして10年近く経ちますが、後ろを振り向かないように心がけています。前を向いて生きるしかないんだから。

    ユーザーID:4254785063

  • 向き合う時がある

    私も友人を自死で失いました。トピ主さんの後悔とてもよくわかります。でもそれは、トピ主さんが今からでも、お友達にああもしてあげたかった、こうもしてあげたかったという気持ちがあるから、起こる後悔なんですよ。

    自分のことで精一杯だから忘れていたいと思っても、今こうしてトピックを立てている、それは今向き合うべきときが来たからじゃないかと思います。
    友人の死という現実を拒絶し、悲しみ、自分を責め、それだけでいっぱいいっぱいの時もあります。忘れようとする時もあるし本当に忘れてしまう時もあります。でもそういうときを経てこそ、きちんと向き合う準備ができることもあるんです。

    答えの出ないことを延々と考えてしまうというの、とてもよくわかります。でもぐるんぐるん考えてたって、別にかまわないんですよ。そうして何年後かに、正しい答えではないかもしれないけれど自分なりの落ち着きどころを見つけられることもあります。

    お友達のことを最優先に考えていないからと自分を責めることはありません。ゆっくり時間をかけてちょっとずつ思い出すのでもいいです。そういうのがトピ主さん自身の心のリハビリにもなりますよ。

    ユーザーID:5603171300

  • 二度目になります

    最新レス拝見しました。
    読ませて頂いての状況で私が感じた事を書きますね。

    お友達はあなたのおかげで、とても救われていたと思います。唯一の支えだったかもしれません。ですが、死を選んだ事とあなたがとった行動を直接結びつけるのは間違いだと、断定して言えます。

    先に書き込んだ私の友人が亡くなった時、友人を知る兄は「惜しいけど‥弱かったんだね。」と言いました。

    なんて冷たい事を言うんだろう?と驚きました。だけど、今ではその言葉の意味もわかります。

    もし生きていたとしても、先の時間に何が起こるのかはわかりません。そしてその時にあなたは必ず、常にその人のそばにいて期待に応える事はできたでしょうか?

    本当の信頼関係とは、まずは自立があり、そして支え合ってゆくことだな‥と、様々な時間を経て痛感します。それは家族や恋人関係でも同じです。

    お友達は頑張っていたけれど、一人で立つ術を見つけられなかった。。だけど、あなたの存在を喜んでいたと思いますよ。

    ご自身を責めないで下さい。無理はなさらなくていいと思います。ただ出来れば、楽しく過ごした時間は忘れずに、祈り続けてあげて欲しいと思います。

    ユーザーID:8266484516

  • 彼女は感謝しています

    >最近は彼女も明るくなってきたし

    これはすでに彼女が自殺を決意していたからだと思います。本当に辛いときには自殺もできません。最後にトピ主さんの声が聞けて、彼女は感謝していたと思います。

    トピ主さんの10年の負の思いを断ち切るには、行けることならお墓参りをしてあげるといいでしょうね。

    ユーザーID:2150816100

  • きつい事書きますが

    ちょっときついことを書くから覚悟してください。
    電話があった日に「今から学校なんだ」と言われて
    「見放された」とは思わないでしょう。
    万が一思ってもあなたのせいじゃないです。
    いつものように夜だったら可能性があったと思いますか?
    でも朝、例えば電話があって何かを感じて学校に行かずに
    電話に付き合ったとしても自死を先延ばしにしただけ
    だと思います。他人のために全力にならなくて良いのです。
    あなたが「死ね」とか言ったなら悩んでください。
    あなたはそうではなかったしむしろ良い友人だった。
    でも他人が人を変えるなんて出来ないのです。
    「自死」は難しい。プロだって防げないのです。
    彼女のお父さんがあなたを責めてくれたなら
    自分を責めるだけでなく相手を恨む事も出来たかもしれないのにね。
    (あなたはそういうタイプでは無いでしょうけど)

    お墓参りに行かなくていいです。何もしなくて良い。
    あなたが行きたいと思わない限り行かなくて良いと思います。
    忘れても良いです。あなたはこれから生きていくのだから
    辛いなら思い出さなくて良いと思います。
    無理しないで。

    ユーザーID:9742501982

  • お墓参り

    読んでいて胸がチクチクしました・・・。
    ひまわりさんのお気持ちは理解できますが、これ以上、ご自身を責めないでいてください。ひまわりさんは卑怯じゃありませんよ。
    ご友人の影に捉われる形ではなく、そこに後悔やわだかまりもなく、ふとご友人の姿を思い出されるだけで良いのだと思います。

    でも、ひまわりさんが中々そうできないのであれば、お墓参りをすることによって、ひまわりさんご自身の中で、何かけじめみたいなものが生まれ、わだかまりや懺悔の気持ちから解き放されることもあるかも知れません。
    今さら・・・なんて、どうして思う人がいるでしょうか?
    お墓参りは生前のご友人を思い出し供養なさること、ご親族のため、そして同時に「自分のため」であっていいのだと、わたしは思います。
    お墓参り後には何だか落ち着く気持ちが出てくるのは、そういったことだと思うのです。
    お坊さんが法事の席で、生きている方々に対して、わたしは唱えているんですよ・・・と仰いました。その時は意味が分かりませんでしたが、何となく漠然と分かるような気がしてきました。

    ユーザーID:8405582856

  • つらいですね。

    自分のことを書かせてもらいますね。

    私の姉も自死でした。あることで私が彼女を責めて、その直後でした。
    遠方で一人暮らしをしていた私には、夜中に家族から電話で知らされました。
    姉からは、最後の一言もなにもありませんでした。
    私は今でも、姉に自死を決意させたのは私だと思っています。時々、自分を責めます。
    だけど、こう考えたりもするんです。
    姉は、絶望からか投げやりからか、とにかく、死を選びました。
    そうすることが彼女にとって唯一の救いだったからです。
    いま彼女は向こう側で、苦しみから解放されて、やっとゆっくり休んでいるんです。
    自死した魂は楽にはなれないと言う人もいますが、私は信じません。
    姉は、きっといま救われていると信じて、
    そう思うことで、私が救われています。

    ひまわりさんの心に、平穏が訪れますように。

    ユーザーID:6899532209

  • 自殺=イチ抜け

    私も今までに友人を2人自死で亡くしております。
    1人はクラスメイトでした。実習でその人とペアだった私の親友は自分を責め、
    カウンセリングを受けなければならないほどでした。

    もう1人は学校は違えど、仲のよい友人でした。
    彼女の通う学校でいじめに遭っておりました。
    そんなことを知らなかった私は、最後にあった時「元気そうだね」と言い
    (実際明るい表情だったのです)
    「そうなの」と彼女も笑顔でした。
    どうしてその笑顔の裏に気づいてあげられなかったのか。
    私も自分を責め続けました。

    自死で解決したと思うのはその命を絶った本人のみ、です。
    周りは何も解決せず、そして深い傷をさらに負います。
    誰を責めることもできません。

    どうぞご自分を責めず、全てのこの世の呪縛から解き放たれたご友人の冥福のみ
    お祈りされて下さい。

    ユーザーID:2487876141

  • 多分これが答え

    その電話は声が聞きたかっただけです。
    あなたに人生おんぶしてもらうわけにもいかないのだし、生きるか死ぬか決めるつもりで電話したのではありません。
    死ぬと決めていて、死ぬ前に最後に声を聞いておきたかった。
    だからあなたの「あーごめん。今から学校行く時間なの」といういつもと変わらぬ声を聞いて「あ、ごめんね、ごめんね。大した用事じゃないの。じゃあ」という言葉通り、満足して切ったんだと思います。
    大した用事じゃない、は言葉通りです。
    それが死後もあなたを煩わせてるとしたら、哀しい事です。
    天国のご友人としても罪悪感でいっぱいでしょう。
    お墓参りしてあげたらいいと思います。
    許す立場にいるのはご友人ではなくて、あなたです。
    自分の死が大切な人の人生に影を落とす結果になって、罪悪感をお持ちだと思います。
    勿論、トピ主さんは恨みなどなく今も友情を持っていらっしゃる。
    墓前で、ご友人を許してさしあげて仲直りすれば天国でホッとするでしょう。

    ユーザーID:8051310184

  • 死ぬのは本人の責任

    私はかつて、服毒自殺しようとしました。
    幸い、手遅れにならずに発見され、後遺症が残ることもなく、
    人生に復帰することができました。

    周りの方々にはたいへんな迷惑をかけてしまいました。


    自殺しようと決めたとき、完全に視野が狭まっていて
    その方向性しか頭にありませんでした。
    たとえ誰かに止められたとしても、試みるのはやめなかったと思います。

    自殺しようとする人には、それぞれの事情があるでしょうから
    一概に言い切るのは不遜な気もしますが
    ですが、
    未遂者である私の意見として言わせて下さい。
    死のうとするのは本人が決定したことであって
    周りの人は責任を感じることはありません。

    ユーザーID:8219907528

  • 何故だろう

    トピ主さんととてもよく似た状況で親友を亡くしました。
    彼女が苦しんでいたことも知っていました。
    無視もしていないし受け止めきれないと
    感じたわけではありません。
    でも私はトピ主さんと違って後悔はしませんし、
    自分を卑怯だとも思いません。

    ずっと感じていることは
    彼女が生きていくには限界の時期だった、
    それが彼女の寿命だったということです。

    普通の人なら泣けば忘れるようなことでも
    彼女には耐えられなかった。
    それほどの心の弱さでは、
    そのまま生きていくことは困難です。

    でも彼女のことは今でも大好きで
    街中で似た人を探している自分がいます。
    あまり近くないのですが
    命日の頃にはお墓参りに行きますし、
    ご両親と彼女の話をたくさんします。

    でも、ご両親は私を恨んでいるかもしれません。
    私は冷たい人間かもしれませんね。

    トピ主さんのように辛くなることが彼女への供養に
    つながるのでしょうか。
    私も未だに分かりません。

    ユーザーID:6323162357

  • 鬱病だったんだと思います

    こんにちは、とぴ主さん。私も同じような事があったのででてきました。 とぴ主さんの場合10年以上前との事なので その当時鬱病は今ほど理解されていなかったのではないでしょうか。私の友達も 電話では普通に延々と話せるのに 話をした翌日 自殺しました。

    彼女は鬱病と診断されてから 一年ほど会社を休んでいて ちょうど月曜から復帰すると話をしていた矢先の日曜でした。残された方はショックですよね。一度 彼女が私の住む町へ遊びに来たいから一日くらい仕事有給とってよ、ってお願いされたんですが私はちょうどそのころ忙しくて 週末だけ遊ぼうよって 答えたんです。(もともと同じオフィスで働いていましたが私が引越して まだ同じ会社ですが 違う支店で働きだしたので 飛行機で会いにいく距離です)その事が数年たった今でも心残りです。

    最近は 自分では助けられなかったのは事実だけど 私にはどうにも出来なかったと思えるようになってきました。彼女達のつらさはきっと理解仕切れる日が来ないかもしれないけど 今はきっと安らかだとお思います。いつか トピ主さんの気持ちが楽になりますように。 

    ユーザーID:3508603214

  • ありがとうございます

    トピを立てて、あの頃以来に泣きました。辛くなるので思考を停止していたせいもありますが彼女を思って涙が出るというのではなく、「最後の電話を受け説得出来なかった私」が可哀想で泣いているんじゃないかという自問自答もあったからです。いやらしい涙だと思いました。親しい友人にも話す事はありませんでした。主人には軽く19で友人を亡くしたことがあるんだ、という話をした程度です。「あなたのせいじゃない」と言って欲しくて人に話すようでやっぱりいやらしい自分だと思い、自分の胸に留めておく事だと決めたからです。

    小町を読んでいて自殺や心の病気に関して沢山の意見がありました。きっと自分のように「残された人」がいるだろうと、思い切って書いてみました。
    頂いたレスは思ったとおり「あたなのせいじゃない」というものばかりでした。
    でも読むと、何も考えずに素直に泣けました。可哀想な自分も弱ってしまった彼女の事もすべてひっくるめて泣けました。

    肯定されたかったんだなぁと思いました。

    ユーザーID:9247900106

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • ありがとうございます 2

    心の寿命だったんだと思います。よく聞く話ですが「もう決意はしていて最後に声を聞きたくて電話した」という考えは何故か自分には全く当てはめる事が出来ませんでした。

    「いつかは自殺したかもしれないけれど、私の電話でその日だけでも気分を変えてくれたかも。その電話で旅行の計画を進めていれば思い留まったかも。何に深く傷ついていたのかきちんと聞くべきだった。(遺書もないので家族も誰も理由がわからないのです)」私は一時しのぎでもそれが未来につながると思っていました。

    でも皆さんのレスを読んで「もう決意していたのではないか」という解も受け入れようと思います。本当の事はもう今となってはわかりませんが。

    ssさんのおっしゃるように今が向かい合う時なのかもしれません。

    ユーザーID:9247900106

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 遺された人たちへ

    未遂者です。


    自殺によって近しい人を失った人たちは
    苦しみの暗渠に閉じ込められたような心持ち…なのでしょうか?

    遺された人たちの心のケアについて書かれた本が何冊か出ています。
    アマゾンなどで「自殺」「自死」などで検索してみて下さい。

    家族向けだったり、あるいは若干キリスト教っぽかったりと、
    トピ主さんの状況にぴったりというわけではないかもしれませんが、
    他にも苦しんでいる人が多くいるということを知るだけでも
    何か助けになれないかと思います。

    「グリーフケア」に関するものも参考になるかも。

    解決できそうにない苦しみや悲しみを抱えているとき
    言葉やふるまいで表現できれば
    それは光(出口)への第一歩になるでしょう。

    トピ主さんはここでその第一歩を踏み出したのです。

    ユーザーID:8219907528

  • お墓に行っても誰もいない。

    自分も吐き出したくなって出てきてしまいました。
    恋人だった人が自死して、もうすぐ4年です。
    お墓にはもう1年以上行っていません。お墓参りに行くと、「来てくださってありがとう」と必ず彼のご両親から連絡をいただいていたのに、(お供えの花で気づかれるようです)ここ数年命日にも彼の誕生日にも行っておらず、彼の両親には申し訳なく思ってしまいます。お墓に行かないのは行ってもそこには誰もいなくて、何もないことを思い知らされるから。なんだか結局、形に残るものに彼のよすがはなくて、自分の記憶の中で繰り返し再生されることでしか彼はもう私の前には現われてこないのです。

    まだ4年もたっていないのに、私は新しい恋人ができて、結婚の話もしています。たぶんそのうち新しい家族ができて、ますますお墓参りは行かなくなるでしょう。でも彼を思って心がひきつれない日は来るかどうか分かりません。時々思い出したように泣いたりしています。早く私もお年寄りになって死んでしまいたいなぁ、とちらちら考えます。死なんてよくあること、誰だって死ぬのにこんなに面倒なものだとは思ってませんでした。
    一人語りですみません。便乗してしまいました。

    ユーザーID:5404380635

  • 今でも

    後悔しています。私の場合は、妹が自死しました。妹には子供がいました。私と妹は普通に仲良く、ある日私が妹に電話をし『今から遊びに言っていい?』と聞いたら返事が『当分忙しいから』と言われました。それから何日かして妹からポケベル(12年前)で何回か呼び出しがありましたが、私も仕事で忙しくなり電話できなかったのです。ある日ふと(妹に電話しなきゃな〜)と思っていた次の日に、妹と姪が亡くなったと。私が連絡しなかったばかりに亡くなったと今でも思っています。後悔しています。

    ユーザーID:2814666673

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧