育児は刑罰

レス282
(トピ主37
お気に入り1,042

心や体の悩み

人非人

レス

レス数282

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それぞれの役目、、

    トピ主さんのお幸せを心からお祈りいたします。

    一番大切なのは、自分自身だから無理せずに このまま、いつまでも静かにお幸せに!

    素敵な景色を見て、音を聴いて、においを嗅いで、幸せな記憶を増やしてくださいね。

    50年経ったら、幸せの記憶の方がはるかに多いかも。あせらず、自分の人生を信じて下さいね。

    貴方は、絶対に天使の役目の方ですよ。。。

    でも多分、無垢でナイーブな天使だから、デーモン役の変な人は避けて下さいね。

    では、、

    ユーザーID:4672480481

  • ありがとうございます

    独身ですが、タイトルで内容が気になってしまって一気に読ませていただきました。

    トピ主さま、いかがお過ごしでしょうか。
    少しでも心和やかに過ごすことが出来てらっしゃるのならば、幸いです。


    私はトピ主さまの文章から伺えるような過去は一切無いのですが、
    ずっとずっと母親が苦手で、母親のような親になりたくなくて、
    結婚しても、子供は作らないつもりでいます。

    このトピックスで、ACにまつわる本や逆行催眠など色々な知識を得ることが出来ました。
    母は、若干ヒステリックな部分はありますが、毒親などではないと思います。
    ただ、勝手に私が母とは合わずに、我儘を言っているのです。
    また、毒親でないのだから、私がACであることは無いとは思いますが、
    このトピで薦められている本を、幾つか読んでみようかなぁと、思いました。

    このトピのお陰で、少し前向きに進んでみようかと思います。
    トピ主様、またここに投稿してる皆様、本当に有難う御座いました。


    願わくば、此処にいる皆様に限りない幸せが降り注ぎますように。

    ユーザーID:3005372277

  • 子育ては十人十色では・・・

    その後どうですか?
    おつらいお気持ちお察しします。
    私は3人の子供がいて、仕事をしながら子育てしています。
    お子さんはお一人とのことですが、私は上が女の子下2人が男の子です。
    なぜか上の子には下の2人の男の子ほどの愛情がわきません。
    もしかすると生理的なものや、相性のようなものも関係があるかもしれないでしょうか・・・
    世の中子育てに対しいろいろ言いますが、子育てはひととおりではないのではないでしょうか
    理想と現実の感情のずれに悩んでいるのではないでしょうか?
    こうあるべきを思いきって捨てて、新しい家族の形を考えてみてはどうですか?

    ユーザーID:0765253558

  • 癒しの子育て 抱っこ法

    ざっと過去のレス見ました。

    絶対主様に知って欲しい育児があります。

    抱っこ法です。

    阿部秀雄先生や、ぴっかり先生で有名です

    癒しの子育てネットワーク
    http://homepage2.nifty.com/happyhug/

    ぴっかりさんの子育て相談室
    http://homepage1.nifty.com/pikkari/


    皆さんの紹介されているのもいいんですが、
    抱っこ法は主様とお子さん一緒に癒されたり、子育てに対する考え方です。
    (抱っこセラピーではなく抱っこ法です)



    本を手にとって読んでみてください。
    涙がたくさんでます。
    主様の子ども時代、出産体験が、現在のお子様と主様にどう影響しているのかよくわかります。
    そしてこれからどうしたらいいのか、その答えがあります。

    蛇足ですが、後悔した出産体験を一蹴した精神科医はもっと深く出産や育児について考察されたほうが良いと思います。

    ユーザーID:8906555246

  • トピ主さん、その後いかがですか?

    退行催眠をその後も受けられましたか?

    もし、よろしければ、体験談をお聞かせください。

    先のトピ主さんの前世らしき風景の中の、あなたを棄てたお母さんと兄弟が、今のあなたのお子さんたちだった、という話に、強い衝撃を受けました。

    勝手な解釈を許してくださいね。

    トピ主さんは、今世、前世で自分を棄てた人たちを許す、ってことを学んで、
    今世のお子さんたちは、前世で棄てたあなたに、今世で許してもらうことを学ぶんだ、と思いました。

    だから、あらま、お子さんたちは、トピ主さんにとびきりの親孝行をするんだわ、と素直に想像しましたよ。

    私は今、海外暮らしで、催眠療法の特訓中です。
    出身は化学畑。全くといっていいほど、この分野に知識がなかった、というより、興味がなかったのですが、ある時偶然に退行催眠を受けてしまい、人生が180度変わってしまいました。
    夫や息子、義父母、両親、親戚、友人との関係も、本当に、偶然の生き合わせではないことを今、実感してます。

    私の暮らす国では医師による催眠療法は一般的で、料金も保険でカバーです。
    日本も早くそうなったらいいですね。

    ユーザーID:4329149781

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • みんな空の下

    何度かレスをしたことがあるタイヨウです。
    9月22日以降の皆様のレスに感動し元気をもらえました。
    最近色々あって悩む日々。「気になりだしたら止まらない」この性格大嫌い!
    だけどこれも「あたしなんだ!」と思い前を向いて頑張らなきゃって思います。

    >風と水さま。
    私もその言葉を胸に生きていきます。励ましてもらいました。


    トピ主さんと皆さんに絢香さんの「みんな空の下♪」を聴いて欲しいです。
    涙が出るんです。彼女の書く詩はとてもいいです。素直でまっすぐで・・


    余計なお世話かもしれませんが、どなたか「イグアナの娘」をお勧めされてましたね。
    昔のドラマですが某動画サイトで観れます。途中ですが観てます。

    ユーザーID:1514172500

  • 人としての成長6

    「乗り越えられない過去はない」この言葉は私は神様からのプレゼントだと
    思っています。
    トピ主様にも心からこの言葉を送りたいです。
    そしてトピ主様を人非人様とはお呼びしたくはありません。
    (人生の)チャレンジャー様と呼ばせてください。
    お互い人生道半ばですね。今後も試練が無いとは言い切れませんが
    私はこの言葉を胸に前を向いて人生閉じるその日まで歩き切りたいと思っています。

    自分のことばかりで、すみません。

    ユーザーID:8693981876

  • 人としての成長5

    いろんなことが辛すぎて朦朧とした頭で「もう子供をつれてウチを出よう」と思った瞬間、3歳前になっていた娘が突然振り向き、
    「私、お空からこのお母さんとお父さんがいいなぁ思って、ずっと見てたんよ」と言いました。
    多少は話も出来ましたが、こんなにはっきり文章的なことは言えてなかったので、本当に驚いたとともに、まだこの家族で頑張らなければいけないのねと素直に思えました。
    そして呆然としていた私の耳にある言葉だけがはっきり聞こえてきました。
    それはテレビに流れたドラマのコマーシャルの中の台詞の一部でした。
    その時はテレビの音もまったく聞こえていないほど自分の内面にはまり込んでいたときだったのですが、
    まるで切り取られたようにそこだけがはっきり聞こえました
    「乗り越えられない過去はないんだ」と。
    前の夫に愛されなかった自分、今の夫との関係、全てのものを乗り越えて行けとの応援に聞こえました。

    ユーザーID:8693981876

  • 人としての成長4

    子供が二歳になり、正常な発達の証である反抗が出てきだしてから、
    私のいらいらは爆発してしまいました。
    二歳児の可愛い我侭が我慢できずに足蹴にしてしまったのです。
    慌てて「切れなくなる薬を下さい」と心療内科に駆け込みました。
    病院で先生に状況を説明しているうちに、「2歳の可愛い娘に対して鬼になるくらいなら、義母に対して鬼になろう」と思い至り、私だけ絶縁しました。
    それ以後息子である主人が対応していましたが、余りの酷さに主人も絶縁してしまいました。
    それが又私の心を苦しめました。
    母一人子一人なのにこれでいいのか、でも義母との接触を継続すると自分が壊れそうで怖かった。そして子供にそのしわ寄せがいくのが一番恐ろしかったのです。子供だけはこのドロドロした状況に引き込みたくなかったのです。
    主人もあれこれ悩んで鬱々としている私を見ていると辛かったのでしょう。
    お互い余り相談も出来ない冷えた関係になっていきました。

    ユーザーID:8693981876

  • 人としての成長3

    離婚して暫くして今の主人と出会いました。何もいらない、その身一つで来てくれといわれ結婚しました。
    主人はとても優しい人でしたが、義母がとても難しい人でした。
    母一人子一人だったので主人に対する執着が凄く、また自分の思い通りに事が運ばないと何時間でも何度でも電話をかけてくるような人でした。
    子供を授かり、出産までは順調だったのですが、予定日を過ぎて胎盤剥離になり、
    緊急帝王切開をし、ありがたいことに奇跡的に母子ともに命は助かりました。
    でも、義母は前日死にかけて、まだ子供も助かるかはっきりしていない状態の私の枕元に来て、「息子が朝食を食べなかった、普段どんな生活をしてるのか?あんたたちは自分(義母)を蔑ろにするのか」と責めました。
    子供も集中治療室にある別の病院に入院していたので退院してやっと会えたのです。
    そんな義母だったので私は徐々にノイローゼ気味になりました。

    ユーザーID:8693981876

  • 人としての成長2

    1を書いたもののタイトル忘れちゃいました。間違ってたらすみません。
    商売人の家の次女として生まれ、虐待されることは無かったですが、
    両親も忙しいのが子供心に分かっていたので、あまり親を当てにしてない子供でした。

    大人になり一度目の結婚をしましたが、結婚二年目に相手に「子供は要らない」と言われました。
    考えてもいなかったことでした。結婚したら欲しい気持ちがでるかもと思っていたけど、やっぱり無理とのことでした。
    それでも元夫をとても愛していたので、子供を持たない人生でも良いと思い、
    後悔しない決心をして「それでも良い」と告げました。
    そうしたら、「お前には何の非も無いけれど、お前と一緒にいるのが辛い」といわれました。
    愛してる人から自分の存在を否定され、その愛してる人を自分が存在することで苦しめてる事実に、私は愕然としました。
    でも自分の存在が愛する人を苦しめるのならば、それは自分にとっても本意ではないので、
    辛い寂しとしても後悔はしない、相手を恨まない、結論を出したのは自分だと決心し離婚しました。

    ユーザーID:8693981876

  • 人間としての成長1

    今日初めて拝見し、人間とは短時間にこれほどまでに成長できるものかと驚きとともに感動しました。
    私も今11歳になる娘を育てており、その娘との関係に今悩んでいたので
    このトピが目に留まりました。
    皆さんの体験をこの場でシェアしていただいた事感謝します。
    お礼というわけではないですが、私のお話もさせていただきたいのです。
    トピ主様は退行催眠を受けられたので、もしかしたら私の体験も何かのヒントになればと思い書かせていただきます。

    ユーザーID:8693981876

  • 私も帝王切開で生みました。

    帝王切開長男を出産した入院中、生んだという意識が希薄で、そのことを夫に伝えた記憶があります。このトピを読んで思い出しました。
    現在こどもは8歳です。愛しています。でも、たまに子どもにママに愛されてる?と聞いてしまいます。ずっとこころの奥底に母になった実感がないことの負い目や不安があったからかもしれないと思いました。
    帝王切開での出産に限らず、みないろいろな不安があると思います。
    育児に終わりはありまえせん。こどもはいくつになっても愛されるべき存在です。でも、手はかからなくなっていきます。
    たぶん、がんばりすぎているのではないですか。嫌いでは世話はできません。旦那様の態度の方が気になります。

    ユーザーID:1455086163

  • ひとりじゃないよ

    ずっと読んでました。
    ここの皆さんが温かく、貴女の心もとても温かく、読んでいて泣けてきた。
    ひとりじゃないよ、大丈夫…皆さんのメッセージと同じく、
    私も貴女に伝えたくレスしてしまいました。

    子供と一緒に世界を新たに出来るなんて、そんな素晴らしい事を
    誰もが経験出来る事ではないと思う。
    「愛」が無かったのでなく眠ってただけで、
    貴女の中にある「愛」はどんどん増えていくと思う。

    私にも息子(9歳)がいる。
    ちゃんと愛せているだろうか?って、時々不安になる。
    そんな時は、立ち止まって息子に聞く。息子と向き合う。
    感謝されたり、かなりキツいダメ出しをされる時もあるけれど。
    私という母親を「あるがまま」に受け入れてくれているのだな…と、
    幸せだな…と、気が楽になって、また歩き出せる。
    それを繰り返し、私はここまで来ました。

    同じ母親として、貴女が幸せであって欲しいと心底思います。
    息子さんと寄り添い、どうか毎日を笑って過ごせますように。

    ユーザーID:7600927986

  • 優しい気持ちになりました。

    初めてレスします。
    すべて読ませていただいて、涙がじわっとわいてきました。

    私も帝王切開で娘を産みました。
    通常分娩の方をうらやむ気持ちは、やはりあります。
    また今、仕事をしながら子育てをしています。
    疲れて帰ってきて、娘の世話に手を抜いてしまうこともあります。
    一日一緒にいてあげられる専業主婦の方たちがうらやましく、娘に申し訳ない気持ちになることも多いです。


    ですが、このトピックを読ませていただいて、焦らずやっていこうと思いました。
    私は幸い虐待を受けた経験はなく、トピ主さんのお辛さを想像するしかできませんし、場違いなのかもしれません。

    ですが、同じ「親」として、子供と手を取り合って一緒に歩んでいきたいと思います。
    心が温かくなるトピックとレスを、ありがとうございました。

    ユーザーID:0250679377

  • 応援しています!

    最初に・・このトピをたててくださりありがとう、トピ主さん。
    育児=楽しい、というイメージが先行しがちな現代社会の中で
    今幼子を育児中の私には、育児=修行という思いが強く、
    周囲と比べて、孤独感を味わっていました。(今も。)
    私はトピ主さんとは違う理由ですが、
    子どもが産まれた時から体質面のケアなどで苦労の
    育児で、落ち着いたと思ったら今度は別の苦労で
    子どもを産んで、疲労感から突発性難聴、うつ病になり、
    今も精神科でカウンセリングを受けています。
    トピ主さんはお子さんの前では怒らず・・とありましたが
    私は、子どもの前でも感情的になり、泣いたり、怒鳴ったり、
    感情の起伏が激しく、育児を投げ出したいと思うことも
    しばしばです。
    赤ちゃんポストも考えた事も何度かあります。
    そんな私ですが、トピ主さんの前向きな姿から
    私も、まずは自分のメンタル面のケアをしながら
    育児をもう少しがんばってみようと思えるようになりました。
    かげながら、トピ主さんの姿勢に
    自分も学ばされる者として、応援しています!

    ユーザーID:4974308914

  • 教えて下さい

    トピ内容に、ウンウンと思い、以後、よく見ています。

    トピ主さんが、悩んでいたことが、この短時間に劇的に改善された理由は、このトピ立てにより得たレスの数々だけでしょうか。
    そして、本当にこんな短時間?短期間でコロリ変わるものでしょうか。
    また、なぜ、ずっとレスを続けているのでしょうか。

    私自身、育児に疲れて、悩み、なんとかならないかと思っているので、質問しました。

    不快に思われたら、ごめんなさい。

    ユーザーID:3910944706

  • カンガルーケア

    が出来れば、ほんの少しだけでも気持ちが違ったかもしれませんね。

    帝王切開だった事が、愛情をもてない原因の全てでは勿論ありませんが、
    多くの原因の内のわずかのひとつではあったと思います。
    母より先に赤ちゃんを手にした義母さんも、配慮が足りなかったと思います。

    ただでさえ心が敏感なトピ主さんなのに、出産時は本当にお辛い経験をされましたね。

    ユーザーID:5570625957

  • 感動した!

    トピ主さんの相談内容と、それに対するレスの数々。
    難しいし、深刻だし、八方ふさがりの気分で読んでいましたが、
    その後の劇的な変化の報告に、とても感動しました。

    人非人さん、あなたはスゴイ人ですね。
    自分自身で解決の糸口をつかんだんですね。
    真っ正直に、人に言えないような自分の感情の暗部に向き合って、
    それを見つめなおしたことが、立ち直るきっかけになったのでしょうか…。

    これから、どんどん自分のこと、子どものことも改善していけそうですね。
    その体験をお大事に。

    すっかり立ち直ったら、
    今度は似たような状況で困っている人を助けてあげてください。
    あなたの経験を、本にすれば、きっとその本を読んで
    同じように立ち直る人がでてきます。
    あなたにはそれができそうです。

    ユーザーID:3071260856

  • 質問です

    悩みが消えたような気配がいたします。
    産みの苦しみは無い方が良いです。
    わかりやすくと思ったつもりです。お気にさわったらごめんなさい。

    >わたしは望んだものを別の(今のような)形で既に手に入れていた事に気付きました。

    私の話のどこで何を気づかれたのでしょうか?

    私は今悩んでいます。
    今の仕事は私が望んでなったものではありません。
    結婚してから息子を連れて家に戻れたと同じようにいつの間にかこの仕事についていました。

    今、人を育てて社会人として送り出すと言うような事をしています。
    私は人の為に役に立ちたいと思っていますが、そこまでの大きな事までも考えていなかったのです。
    しかし、それが出来る状況であり、私の現世の目標なのかと思ったりしています。
    あまりに大きな仕事なので怖いのです。
    認めたくないと思っている自分がいます。
    今は目の前の事をがむしゃらに進むしか。
    目の前の道が暗いのか明るいのかすら見えず、進む道はそこしかないので不安です。
    しかし、困ると必ず誰かが助けてくれます。導かれているように思えます。

    ユーザーID:9111510562

  • 思い込みだと思います。

    >せめて「産みの苦しみ」を僅かでも体験していれば、少なくとも子供を産んだという実感だけは得る事ができ、実感さえあればその後に起こる事に対しても「子を産んだ母として」対処できたのではないか。もう一度お産を、産みの苦しみの所からやり直したい、と何度も思いました。実現不可能と知りながら。
     
    それは、主さんの思い込みに過ぎません。
    痛い思いをしたから愛せて、帝王切開だから愛せないなんて事は幻です。
    もし自然分娩だったら、別の言い訳を思いついているハズです。

    産んだから自然に親になるんじゃないんです。親になる努力をして親になっていくんです。
    そのために、色々苦心して、自分を盛り上げて行くんですよ。

    子供に起こっているかに見える出来事は、ちょっと視点を変えてみると、実は全て、自分の為に起こっていますよ。
    子供は鏡として、いつも私に、ありのままの私を好きになる(か、ならないかは自分次第ですが)チャンスをくれます。いつもそういう視点でいないと見過ごす事ばかりですが、それに気が付くと、ほんとすごいですよ。神様と思えるほどです。

    ユーザーID:1606325893

  • えーとさんへ

    レスありがとうございます。

    「良い結果の為の産みの苦しみ」、この言葉に出産時を思い出しドキリとしました。
    わたしの場合、急な破水により緊急開腹手術で出産したため、「産みの苦しみ」つまり陣痛を全く体験しませんでした。目覚めると大きかったはずの腹部が平らで空っぽになっており、自分の胎内から子供が「持ち去られた」後でした。余りの急激な身体的変化について行けず戸惑いました。(この辺の心理状態は個人差が大きいと思います。気にならない人も多いでしょう。)その後に義母によって断りもなく先に子供を抱かれた事で、強く激しい喪失感と落胆に襲われました。せめて「産みの苦しみ」を僅かでも体験していれば、少なくとも子供を産んだという実感だけは得る事ができ、実感さえあればその後に起こる事に対しても「子を産んだ母として」対処できたのではないか。もう一度お産を、産みの苦しみの所からやり直したい、と何度も思いました。実現不可能と知りながら。

    えーとさんの言葉に、わたしは望んだものを別の(今のような)形で既に手に入れていた事に気付きました。
    必ず良い結果につながると信じます。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:1382917130

  • トピ主のコメント(37件)全て見る
  • 2

    私は親と後取りになると言う息子と暮らしています。
    夫の親の後ろに小姑がいるので安心して放置しています。
    あの時は苦しかったのですが、今は産みの苦しみだったのかと思っています。

    トピさまもお辛いでしょうけど、産みの苦しみと思って良い結果になる為にと頑張って今日をお過ごし下さい。
    心優しいトピさん、必ず良い結果が待っています。
    お体お気をつけて、ご自愛下さい。

    ユーザーID:9111510562

  • 初めまして

    前世催眠療法の本を持っています。興味深く読ませていただきました。
    日本に治療するところがあるのですね。私も一度体験したいようなしたくないような気持ちです。

    さて、今のトピさんへの希望になればと思い、レスします。
    結婚してからは辛い毎日でした。
    私は後取り娘で長男に嫁に行きました。小姑と姑と仲がよく私は精神的にかなり参りました。つわりがひどく家事が出来ませんでした。姑から家事が出来ない事をとんでもないと言われました。家事が出来ないので食事がもらえませんでした。つわりでしたから食べても吐いたと思いますが、食べないとお腹の子供が弱ってしまいます。
    それが原因で別居する事が出来ました。家を建てた後に夫が仕事を辞めローンすら返せない状況で実家で店を開きました。息子へは毎日夕食を作りに行っていました。息子は先生とのトラブルで不登校になりました。学校の言い分があまりに先生を大事にしたものだったので、息子は親の家から通える学校へ転校しました。

    ユーザーID:9111510562

  • roll さんへ

    本の紹介ありがとうございます。

    同名のタイトルは、かなり前に確かに聞いたことがあります。見ていませんが、テレビドラマで、世間では話題になったもの、と記憶しています。(ちなみにわたしは、テレビドラマを見る習慣がありません。)

    roll さんのおっしゃっているのはその原作と思われますが、そういう内容の話だったのですか・・・。いかにも長編になりそうな感じがしますが、短編で完結するとは、果たしてどんな結末に仕上がっているのでしょう。ハッピーエンドだといいですが、そうでなければ・・・正直に言って、少々恐い気もします。ただ、その物語がわたしと同じ状況を扱っているものであるのなら、どちらの結末であっても(あるいはどちらとも言えない結末であったとしても)、得るものがあることは確かだと思います。
    古い本とのことで絶版になっていなければ、取り寄せたいと思っています。
    (今までたくさんの方々に紹介して頂いた本やホームページ、やはり少しずつしか見られません。すらすら読める時もあるのですが、具合が悪くなってしまうこともあるので、休み休みゆっくり進めて行きます。)

    ありがとうございました。

    ユーザーID:1382917130

  • トピ主のコメント(37件)全て見る
  • ぜひ読んで欲しい漫画

    古い漫画ですが、萩尾望都の「イグアナの娘」を手にとってください。
    文庫本のとても短い短編です。あなたとそっくりな状況の主人公です。

    ユーザーID:2518756827

  • はなさんへ

    レスありがとうございます。

    「子育ては、親の古傷を癒すための最大のチャンス」、
    今までの暗黒の闇のような状況が「チャンス」だったとは・・・。びっくりしましたが、確かに、今なら理解できます。
    忘れることで解決したつもりで実は全く解決できていなかった問題を引きずり出され、今度こそ、本当の解決・本来あるべき健全で望ましい未来へと、導かれる。
    自分の血を分けた子供という存在によって。
    人が子供を産むのは、実はそういう「必要」があってのことなのかもしれない、と思いました。(そうならば、子育てが時につらいことがあると言われるのも納得がいきます。)
    わたしはわたしの中にいる「小さな子供」の存在をまず認め、肯定してあげることから始めるべきなのですね。子供と一緒に自分も小学校からやり直そうと考えたのは、無意識のうちに正解を得て既に実行していたのかもしれません。
    「母は、愛し愛されるはずでありながらそうでないものの象徴」、
    まったく的確な指摘です。わたしはこれから、象徴としての望ましくない「母」を、望ましい実像の「母」にしていかなければいけないのですね。
    子供と一緒に、力を合わせて。

    ユーザーID:1382917130

  • トピ主のコメント(37件)全て見る
  • サナギさん、ポタポタさんへ

    サナギさん、
    わたしが今体験している人生は、「母子の関係を築き直すための人生」というサナギさんの指摘に、ああそうか、そうだったのか、それで・・・と、合点・納得がいきました。そして、それならば夜明けは必ず間違いなく来る、と確信することができました。人生の目標がはっきりと見えたなら、そこに到る道も、おのずと開けてくるはずだからです。(少なくともわたしはそう信じています。)

    ポタポタさん、
    もしあと10年であなたのような心境に到ることができるのなら、今後10年、ポタポタさんを目指してこのまま頑張り続けます。今まで何とか7年、やって来られました。もしあと10年で成果が得られるのなら、むしろ早い、ありがたい、と思うべきでしょう。日本人女性の場合、(あくまで平均ですが)人生は80年以上あるのですから。

    皆さんのレスを繰り返し読むたびに、心の底から、勇気と力と感謝の気持ちが沸いてきます。
    皆さんこそ、わたしの「本当のお母さん」と言っていいくらいです。
    本当にありがとうございます。

    ユーザーID:1382917130

  • トピ主のコメント(37件)全て見る
  • だいじょうぶ

    <我慢の日々にさようなら心を抱きしめると子育てが変わる>と言う本を是非お勧めします。その中で子育てのなかで親自身の苦しさが浮上してくることは珍しく無いと述べられています。子育ての苦しさの根っこを掘っていくと親自身の心の古傷に行き当たる。そして子育てこそ、その古傷を癒す最大のチャンスだと書かれています。あなたの中にいる、もっと愛してと泣いている小さなあなたに気づいてあげることができたなら、大人のあなた自身が、あなたの子供を愛することによって、小さなあなたも愛してあげることができるのではないですか。お子さんがだだをこねたときに一緒に泣いてあげるだけでいいのです。今のままのあなたでいいんだよと言って。

    催眠状態でみたあなたの子供があなたの母だったということ、きっと母という存在はあなたにとって愛されて当然、愛して当然なのにそれができない存在の象徴なのです。

    ユーザーID:8421770451

  • あと10年

    何のお役にもたてませんが。先日18歳の誕生日を迎えた娘の母親です。

    今までの主さんのお話を読む限り、今できることを十分なさってると思います。
    育児は報われるものではなく、成功するとも限らず、何をもって終了するともいえませんが、子供を育てていて今まで足かせだとばかり思っていたのにある日子供を頼りに感じる自分がいて驚きました。

    今では娘の足かせにならないように気をつけています。
    10年、長いですが、私のような気持ちになる日がくるかもしれません。

    ユーザーID:9688795809

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧