彼に鬱であることを伝えるべきか…

レス9
お気に入り5
トピ主のみ5

ポムポム

男女

初めまして。20代後半の女です。交際2年半の彼がいます。
私は軽度の鬱病で、その事をずっと彼に隠しています。
彼と付き合う数ヶ月前から心療内科に通い始め、現在病気はだいぶ落ち着いている状態です。
薬をきちんと飲んでいれば日常生活に何ら差し支えは無く、仕事も普通にしています。
私が鬱である事は、両親と親友、一部の上司しか知りません。

彼に鬱を隠していることにずっと後ろめたく思ってきました。
私のことを、本当のことを知って欲しい。
そう思う反面、彼が事実を知った時にどんな反応をするのか…そう考えるととても怖いです。
そうして話せないまま今に至ります。

彼はとても優しいです。そして誠実です。
仕事の出来も素晴らしく、同僚や上司から厚く信頼されています。
よくおかしな冗談やくだらない話をして笑わせてくれますが、根は真面目な人です。
もし私が鬱だと分かったら、そのことを重く受け止め、今よりさらに優しく
いろいろ気遣ってくれるようになるでしょう。
その気遣いが本当に申し訳なく思ってしまうのです。
私なんかの事で気疲れして欲しくない、彼の重荷にはなりたくないのです。
そして、最終的に共倒れになってしまったら…。
私のせいで彼の人生が狂ってしまったら一体どう謝罪していいのか…。
申し訳なさすぎて言葉が見つかりません。
時々「配偶者の鬱を支えていくのがつらい」というトピを見かけますが、
そういったものを読んでいると、彼にこんなつらい思いをさせてしまうのか…と心苦しくなります。

それだったら、「俺には支えていけない」となって別れた方がまだいいです。
彼のことは本当に大好きですが、私と別れる事で彼が幸せになるのなら…。
しかし、それも覚悟しきれていません。

お付き合いしている人が実は鬱だと分かったら、皆さまならどうしますか?
伝えるべきかとても迷っています…。

ユーザーID:8282143125

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私は伝えました。

    私も軽度の鬱です。 そして、結婚しました。
    結論、伝えた方がいいです。
    恋愛だけではなく、仕事や友情でも同じで、「良くない事ほど早く伝える」という事が大事ですから。
    早かろうが遅かろううが、良くないものは良くない、むしろ早く伝えた方が相手も早く対処もできるし、こちらも悶々と迷う時間が短くてすみます。
    結果を先延ばしにしていても、更に悪い事態を引き起こす事だってあるでしょうし、何より相手が余計に傷つく事が多いです。

    それにあなたは「軽度」で彼と会ったりできるのですから。
    「支えになれ」ではなく、「今までと関係が変わる訳ではなく、ただ時々調子が悪いのには理由があるのだ、ということを『知っていてもらいたい』」という姿勢が大事では。
    肝心なのは、何でも鬱のせいにしないこと。今どき珍しい病気じゃありませんから。

    八つ当たりや体調不良でドタキャン(メールでもいいから、行けない事はちゃんと連絡をしましょう)をしてしまったら、きちんと後で会うか電話で謝り、後にフォローすること。

    出来る事はきちんとやる、病気に負けないんだ、という気持ちがあり、努力している姿勢を見せる事が大事です。

    ユーザーID:6497920731

  • 深刻になりすぎ

    大変不謹慎で申し訳ないのですが、ちょっと笑ってしまいました。悲劇のヒロインになっちゃって、「私が身を引くのが彼の幸せ・・・」とか、そんなに深刻になることじゃないですよ。だって、鬱は治りますもの。
    トピ主がまずするべき事は、「鬱病」を正しく理解することです。現在トピ主は薬できちんと症状をコントロール出来ており、何の問題もないですよね。
    私も鬱病になって5年ほどですが、別に隠してもいないし、恥ずかしくもないです。そもそも何故、隠したのでしょうか?内緒にしよう、っていう意識の方向が良くないと思います。そうやって目を背けて悲劇のヒロインをしていたら治りにくいですよ。
    真面目で几帳面で完璧主義でガンバリ屋ではないですか?実は私もそうなんです。そして責任の所在はどんな場合にも自分だ、とひたすら自分を責める。一番、鬱になりやすい性格らしいです。
    夫と共に「鬱病」をきちんと勉強しました。トピ主の彼も優秀な人らしいですから、きちんと理解して正しい対応をしてくれるでしょう。共倒れなんてしません。心配ないですよ。
    トピ主に魔法の言葉をあげます。「まっいいか」鏡の前で笑顔の練習をしましょう。

    ユーザーID:3143391547

  • 正直に伝えてほしい

     都合が悪いことを隠し続けるのは、決して良いことだとは思いません。付き合ってる男に、借金があったり、隠し子がいたら、ショックを受けませんか?
     個人的には、こういうことと何ら変わらないと思います。
     鬱は症状が人それぞれですし、どう受け止めるかも彼次第です。結果はどうであれ、彼に伝えることを勧めます。
     私は、身内としりあいで、心療内科に通っている相手と結婚して破綻した例を2つのほど知ってます。
     トピ主には酷ですが、私は結婚の際に、相手には、心療内科の通院の有無は問いただしました。破綻した身内のケースが、あまりにひどかったからです。
     一方で、鬱は誰でもなりうる病気。治らない病気でもないし、症状も千差万別で、相手の病気を納得した上で生活している恋人・夫婦もたくさんいると思います。
     隠すことで罪悪感を持つのであれば、話したほうがいいでしょう。話すのが遅くなればなるほど、うまくいかない場合には双方ダメージが大きくなると思います。
     彼が理解してくれることを祈ります。

    ユーザーID:0175952826

  • トピ主です1

    レスありがとうございます。
    心に響いて、1人PCの前で涙してしまいました。

    >あかねさん
    そうなんです。本当にその通りです。
    私がうつであることを、ただ「知っていてほしい」だけなのです。
    彼に私の全てを支えてほしいとは思っていません。
    自分で出来る事はもちろん自分の力でやりますし、私も彼を支えていきたいのです。
    ただ、早く伝えなければと思いつつも、彼の反応が怖くてなかなか言い出せずに
    今になってしまい、余計話しづらくなってしまいました。

    >りえさん
    確かに深刻になりすぎていたかもしれません…。お恥ずかしいです。
    私も悲劇のヒロインにはなりたくありません。
    周りに迷惑をかけたくなくて、うつを隠してしまいましたが、
    そういった考え方はいけなかったですね。
    きっと私自身にうつへの偏見があったからなのだと気付かされました。
    彼を信じたいと思います。

    ユーザーID:8282143125

  • トピ主です2

    >?さん
    破綻したケースを知っているからこそ、相手に通院の有無は確認したいですよね。
    当然だと思います。
    そうですね、どう受け止めるかは彼次第ですね。
    いつ言い出そうかずっとタイミングを伺っていたのですが、勇気が持てずに今に至り、
    ますます話せずにいたのですが、遅ければ遅いほどだめですね。


    彼にとって私は「明るく元気な」彼女です。きっとうつとは縁遠い性格だと思っていることでしょう。
    でもそれは、無理して明るくしているわけではなく、彼と一緒に居ると本当に心から楽しいからなのです。
    私がうつだと分かったら、とても驚く事でしょう…。
    しかし、結果はどうあれ、彼に伝えようと思います。やっと決心がつきました。
    こちらに相談して本当に良かったです。心から感謝します。ありがとうございます。

    ユーザーID:8282143125

  • 大丈夫

    ありのままを伝えてください。ここに書き込んだように。無理して元気にしてた訳じゃなくあなたといると本当に楽しい、あなたが大好きだと。

    二年間の心の枷が取れ、鬱が良くなりますように。

    ユーザーID:1755350658

  • 彼に伝えました1

    トピ主です。お返事が遅くなりましてすみません。

    >アンデスさん
    温かいお言葉をありがとうございます。
    時間はかかりましたが、ありのままを伝えることができました。

    実は、彼に話すと決めた直後から色々な事情が重なり、ずっと彼に会うことができませんでした。
    やっと決意できたと思ったら…。本当にタイミング悪かったです。
    そして先日、約一ヶ月ぶりに会いました。
    いつも通りデートを楽しんだ後、夕食を私が作ることになり、
    私はあまり料理が得意ではないのですが、彼に栄養のあるものを食べて欲しいと思い(彼は一人暮らしなので)、更に、久しぶりに会えた嬉しさからつい普段よりも頑張りすぎてしまいました。(大したものを作ったわけではないのですが…)
    そして、作り終えた時にはぐったりと疲れてしまいました。
    自分でも「ちょっと無理してしまったな」と思いました。
    そしてやはり、少しうつ症状が出てしまいました。
    食事を済ませた後、片付けを彼に手伝ってもらい、少し横になって休んでいました。
    具合悪そうにしている私に、熱でもあるんじゃないかと彼は心配してくれてましたが、「実は…」と打ち明けました。

    続きます。

    ユーザーID:8282143125

  • 彼に伝えました2

    続きです。

    彼はとても驚いていましたが、私の話を静かに聞いてくれました。病気のこと、薬のこと…。全部話しました。そして、今までずっとうつを隠してきた事を謝りました。
    すると彼は、「今までうつの事を言い出せないような状況にしてしまった俺も悪かった」と言いました。
    でもそれは「私が勝手に隠してきただけで、○○(彼)は何も悪い事してない。だから自分を責めないで」と強く伝えました。
    彼は全く悪くないのに、私がずっと秘密にしてしまったことで彼に罪悪感を持たせてしまった…。もっと早く言えば良かったと心底思いました。
    彼は「完璧な人間なんていないんだから、多かれ少なかれ誰でも悲観的な気持ちになることはある。それが病気として表面に出てくるか出ないかだけなのだから、そんなに気にする事ない」「今すぐに治るものじゃないから、ゆっくり付き合っていくしかないよね。薬も少しずつ減っていくといいね。」と言ってくれました。
    本当に本当に嬉しかったです。

    すみません、また続きます。

    ユーザーID:8282143125

  • 彼に伝えました3

    続きです。これで最後です。

    その後は、いつもと変わらずくだらない冗談や私に対するツッコミなどをおもしろ可笑しく言ってきました。
    そんな態度にも彼の優しさが感じられて…。この人が私の彼で本当に良かったと思いました。
    そして、時間は掛かると思いますが、うつを治そう、治るんだ!と深く心に刻みました。

    彼と一緒に、前を向いてゆっくりと治療を続けていきます。
    打ち明ける勇気を下さった小町の皆さま、本当に本当にありがとうございました。

    ユーザーID:8282143125

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧