ADDの診断を受けること(37歳子育て中)

レス4
(トピ主0
お気に入り33

心や体の悩み

しゅん

37歳女性、2児の母です。
私自身のことですが、ADDの傾向が強いと思います。
日々平凡にそれなりに楽しく過ごしていますが、心の内ではこんな自分に悩み、落ち込み、つらいと感じる毎日です。

自分にADD傾向があることは漠然と自覚していましたが、最近つらく感じることが少し増えてきました。(産後というのも関係しているかもしれません)
ここのところ、病院にいこうか迷っています。
診断を受けることで何か変わるのでしょうか。
程度(段階?)を診てもらえるのでしょうか。
ドクターに自分の様子をきちんと説明するのは難しいと思っています。
(相手が友人でも、言いたいことを上手に伝えるのが苦手です)
でもこのつらさが少しでも楽になれるなら、、、また子育てしていく上で自分の状況を知っておくことはプラスになるのか、、、。

ご経験のある方、ご専門の方等々、どなたかアドバイスやエピソードをいただけるとうれしいです。
エイメンの診断では不注意型でした(非常に納得です)。

ユーザーID:9848414522

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も納得。

    トピを見て、エイメンの診断してきました。
    私もやはり、不注意型ですね。

    私がADDやADHDの言葉を知ったのは、子供が生まれてからです。
    子供がそうなのかな?と調べていくうちに、実は自分がADDであろうと気づいたんです。

    病院で診断を受けようかなと思った時期もありましたが、止めました。
    もしクロと診断されたとして、何かプラスになるか考えたとき
    気安めにしかならないだろうと思ったからです。

    以前私たち親子がADDかも?とご近所のママに相談したら、その後避けられるようになってしまったなんて事もありました。

    幼稚園に入るときは、自分と同じように苦労して大変なのではと心配でたまりませんでした。
    でも園長先生が、「お子さんがお母さんと同じ症状であっても、お母さんの子供時代とは違います。
    お母さんという一番の理解者がすぐ側にいますからね」と言ってくださったので、肩の荷がおりました。

    私程度のADDなら、気をつけていれば、生活する上で致命的なミスはないので
    今後も診断は受けないと思います。

    辛いときもあるけど、前向きに頑張りたいです。

    ユーザーID:8481244984

  • 私もそうですが…

    夫に言われました。
    「診断受けてどうするの?自分で『ADDだからこういうところを気を付けよう』ってやっていくしかないだろ?ADDを免罪符にするなよ」って。

    トピ主さんはこれを聞いてどう思いますか?

    私は最初カチン!ときて『あなたに私の気持ちがわかってたまるか』と思ってたんです。
    でもたしかに夫が言っているとおりで。

    40歳も近いのに今さら診断を受けて、それで例えば勤め先が決まるでしょうか?
    まわりの人たちに「私はADDと診断されてますので…」といちいち自分の説明をするわけではなし。

    本とかインターネットで自分の生活や生き方が楽になる術を学ぶというのはすごく有益だと思います。
    でも診断は必要ないかもしれません。
    診断が必要なのは就職する頃の年齢の若者までかなという気がします。

    ご自身の安心感を得るという意味での診断は…いいかもしれませんが。
    ちなみに私はADDとアスペルガーの傾向を持っています。
    不器用で、まとまりがない性格なのに、役員やパートを掛け持ち(諸事情で仕方なく)しています。
    とても苦しいけど…やってやれないことはありません。

    ユーザーID:4152445367

  • 私は診断済です

    同じハンドルで、「私ADDだから」とすぐ言う彼女
     http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0512/239305.htm
    にも書き込みをしています。(現在、一番最後の書き込みです)

    私が診断を受け、薬物治療をはじめたのは、自分で生育環境を分析し、親子問題に対処しても殆ど何も変わらず、これ以上ひとりで努力してもしきれないところまで自分の中で煮詰まってしまったためです。

    エイメン本は(正確には複数あてはまりますが)最も顕著だったのが過集中で、SPECTの結果からも裏付けられました。夫にも症状が合っていると言われました。

    大人のADHDに対処してくれるところは、ごくわずかです。下手に子供専門機関に行くと、不愉快な思いをするだけという事もあります。診断を受けることを決断されたら、あせらずに良いところを見つけて下さい。

    なお、私は鬱病でも処方される薬を飲んでいます。あくまでもADD治療のためですが、ADDの人は今まで苦労してきた事で鬱病を
    併発していることも少なくないそうです。この薬のためか、気分が安定して楽になりました。ご参考までに。

    ユーザーID:3876333693

  • 経験者です。

    トピ主さん

    私も約10年前に診断を受け、治療を始めました。
    私の場合はADDの薬を最初処方されましたが、体に合わず、当時の担当医師が「(ADDの薬は)まれに合わない人もいるので」という理由で、その後ウツ病に効く薬に切り替え、症状が軽くなるにつれ、また薬も替えて3年後には治療が終わりました。

    私は診断を受け、治療したことは大変よかったと思います。
    薬物療法と行動療法、両方の側面からの治療でした。
    行動療法に当たるのが、ネットなどに書いてある生活をしていく上での術で、それはそれでヒントになるのでしょう。
    専門家による行動療法は、自分一人ではなかなか進捗や進歩がわからないことも「できていますよ」とか「ここはこう変えてみましょうか?」など客観的に指示をしてくれるので、わかりやすかったです。

    自分は大したことがないと思っていても、思いのほかヒドかったり、逆にひどいんだろうと思っていたら、軽症だったり。
    自分の症状はわかっていても、それに対しての診断は自分ではできないと思います。
    専門家の診断を受けることで安心できるなら、おススメします。

    ユーザーID:2545343094

レス求!トピ一覧