アイキュー、ハチジュウヨン!!(駄)

レス17
(トピ主8
お気に入り6

生活・身近な話題

あざらし

村上春樹さんの「1Q84」が発売されました。(ハルキ嫌いな人、すみません。スルーしてください)
高校時代からファンだった私は大興奮し、さがしまくったんですが、時すでに遅くどこも入荷待ちでした。
知ったのが発売一週間後だったので、予約はしてもらいましたが日々悶々としてます(笑)

このトピをご覧くださった方の中にもう読まれた方はいますか。いらっしゃったら慰めのお言葉を…
また、私のように本屋さんで「あの…、アイキュー84あります?」と聞いてしまって恥ずかしい思いをした方、いらっしゃいませんか?

ユーザーID:0127453111

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 同じく!

    私もそう思っていました!

    そうとしか読めない。。。。
    (ファンではないのですが)

    ユーザーID:3291953386

  • うわぁ

    今の今までそう勘違いしてました。
    トピ主さんありがとうございました

    ユーザーID:5328071281

  • 村上版「アルジャーノン」かと

    あはは。
    私も最初に目にしたとき「IQ84」だと思っちゃいました。そして、『アルジャーノンに花束を』みたいな話なのかと内容すら推測してしまいました。

    まあ実際、村上春樹版『アルジャーノンに花束を』があったらそれはそれで読んでみたいですが。

    ユーザーID:5853822053

  • あざらしです

    ははこさん、せれさん、このようなトピにレスしてくださってありがとうごさいます!お礼を言うのが遅くなってすみません。

    ぱっと見「アイキュー、はちじゅうよん」ですよね。友達に「いちきゅうはちよんでしょ」ってさらっと読まれ、せせら笑いされましたぁ(泣)
    同じように読んだ方がいらっしゃって安心しました!

    各書店で、
    「アイキューはちじゅうよんないですか?」
    と聞きまくってしまい、どのお店の店員さんも、アレですね的な笑顔をうかべ、訂正してくれませんでした(泣)

    本は二日前に入手でき、今読んでますV

    ユーザーID:0127453111

  • あざらしです。読んでみたいです!

    ミルクティさん、レスありがとうございます!私も登場人物のIQが84なのか?!…と想像してました。

    村上版『アルジャーノン』、素敵ですね!!
    あの物語を村上さんに描写させたらどんなになるんだろう、登場人物は?…
    やっぱり猫が所々に出てくるのか?アルジャーノン的なネズミがいたら、ちょっとかわいそう…
    とか勝手に妄想してしまいました(笑)


    本を今日読み終えました!
    これからまた読み返そうと思います♪
    村上作品はこの楽しみがあってお得だなぁと思います(笑)
    私の読解力がないせいかもしれませんが…(汗)

    ユーザーID:0127453111

  • わたしも

    買ったときはアイキュウだと思ってました。そして同じく出遅れました。
    村上春樹新刊激売れとニュースで聞いて慌てて買いに走ったけどどこも二巻のみ…辛うじて中野の書店で一冊一巻があったので購入しました。
    しかしこんなに売れてるのに私の周りで読んでる人一人もいないんです。村上春樹が好きな人も。

    ユーザーID:7340799295

  • あざらしです

    羊女さん、レスありがとうございます!
    二巻だけが残ってるって、ワイドショーで見ました!
    私の住んでるとこは二巻さえ置いてませんでした。とほほ…(田舎だから?)

    一巻が一冊だけあった!ってなんだか運命的ですね!!
    ご捜索、お疲れ様でした!

    あと、私のまわりにも読んでる人、全く見かけないんです。
    みんなコソコソ隠れて読んでるんでしょうか…?(笑)

    村上春樹が好きな人もいません。
    学生の頃、国文学の先生が村上ファンだったなぁ…ってくらいです。
    出たばかりの『海辺のカフカ』で発表をやらされました(冷汗)

    ユーザーID:0127453111

  • 今、読んでます!

    イチキュウハチヨン、Qなだけに、アイキュウ84だと思っちゃいますよね!私も最初はそうだと思っていました。そして、4,5日前に、3軒目の本屋さんでようやく2冊手に入りました。¥1890のハードカバーを2冊一気に買うのは厳しかったけど、2を読みたくなる頃に、2が売り切れでじれったい思いをするのはイヤだったので、まとめて買いました。まだ1を読んでますが、なかなか面白いですよ♪それにしてもこのブーム!村上春樹ファンて多いんだなぁって改めて思いました。

    ユーザーID:2310204473

  • わたしも!

     私も同じです!。
     本屋さんで「あれ、村上春樹の新刊?!」とおもいながらもタイトルで勝手にアルジャーノン的なものを想像しちゃって、「うーん、急がなくてもよいかか」と思ったら、品切れでびっくり。
    今の時代Book1,2あわせて4,000円弱を本に払う人がこんなに多いとは!と正直驚きです。

     でも、3日前に手に入れて読み始めましたが、先日のイスラエルでの講演とあわせて考えると、今までの読み手の感性に任せるタイプの小説から決然と自分の立場を表明するタイプに大きくシフトしていて、もしかして、ものすごい決意でこの小説を発表しているのでは、と感じています。
     
     でもでも、まだまだ「悪」は外側からやってくるものとして書かれているあたりはかわんないなー・・・そこんとこがまだ、軽いかんじするんだけどな。

    ユーザーID:7963383335

  • あざらしです。ありがとうございます!

    レスありがとうございます!お礼が遅くなりました。

    加納マルタさん、
    本当、二千円近くするハードカバーを、一気に二冊購入って、勇気いりますね!
    でも7年ぶりだと思うと理性がぶっとんじゃいますよね(笑)

    あせらすさん、
    本を読んでから、改めてエルサレムでのコメントを検索して読みました。
    たしかに最近の作品では「何か」(悪でもあり善でもある強大な力?)について読者に語ろうとしてるように思えます。
    でもまだはっきり輪郭がつかめない感じが…ぁあ〜!!気になります(笑)
    早く次の作品が読みたいです(何年後?!)

    ユーザーID:0127453111

  • あ!まちがえました

    エルサレムでのコメントじゃなく、
    イスラエルでのコメントでした(汗)

    ユーザーID:0127453111

  • Book3?

    「1Q84」はあれで終わりなんですかね?
    私はBook3もそのうち出るのではないかと思っているのですが。
    天吾と青豆の生まれ変わりが出会うとか。
    それはともかく、「1Q84」は今までの村上作品、「羊をめぐる冒険」や「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」「ねじ巻き鳥のクロニクル」等を合わせて一つにした感じがしませんか?(「ノルウェイの森」や「国境の南太陽の西」も入ってるかも)
    読んでて既視感を覚えるというか。
    集大成とも言えるけど、村上春樹の想像力の限界も感じる作品でした。
    Book3が出て、この感想が覆されるといいのにな。

    ユーザーID:2693154886

  • あざらしです

    フィヨルドさん、レスありがとうございます!
    お礼が遅くなってすみません。

    私も読んでて、デジャウ゛ュ!?って何度も思いました。
    他の作品でも多少はありましたが、今回は特に強く感じたように思います。
    フィヨルドさんのあげられた作品の他に、「神の子どもたちは〜」も強く感じました。本当に色々な要素が含まれてそうな作品だなぁと思います。

    ラストについては、「世界の終りと〜」みたいにこれで最後。って思っていましたが、Book3、可能性はありますよね!
    もっと先が(奥深くが)知りたいです。

    ユーザーID:0127453111

  • お腹が よじれる

    最初に謝ります。
    ごめんなさい。

    でも おかしい お腹が よじれるほど笑ってしまいました。
    窓 全開で 大きな声で笑ってしまったので 
    きっと 周りのおうちに聞こえてる。

    確かに アイキュウ〜って 見えますよね。
    いや〜 気がつかなかった。

    今さっき ムカッと来る トピを見てしまったので
    ここで 心が解きほぐされました。

    いや〜 マイッタ。

    本の続きですが BOOK3は 
    「あると良いなぁ〜」 とは 思うけど 
    ”続きは読者それぞれの頭の中で〜” でも 
    いいのかな とも 思ってます。

    とにかく 読み終わるのが とても惜しいと思う 作品でした。

    ユーザーID:8769966924

  • ありがとうございます。あざらしです。

    シフォンさん、笑ってくださって(というのも変ですが、)ありがとうございます!
    本屋の店員さんもいっそ、笑いとばしてくれたらどんなに恥ずかしくなかったか(汗)

    前長編のときのように、ホームページがあるのなら、一言申し上げたかったです。

    「読めなかったよ!!村上さん!(泣)」

    言い掛かりも甚だしいですね。
    でもタイトルも物語も、想像力をかきたててくれる面白い作品です!!

    ユーザーID:0127453111

  • IQ・54

    私、中学2年生(1970)のときの知能検査で 指数が「54」だったんですよ。
    それがIQなのかどうか不詳なるも、担任の先生は私の検査成績に大変心配されたことがありました。

    授業後職員室に呼び出され、

    「おい ひよこぴよ君 この成績見ろ 大丈夫か 君」

    後年になって知りましたが発育段階では個々人によって大きな差が現れるもので成人になればよほど病的でなければ心配ないそうです。

    それで40歳のときに検査してみましたら「IQ・180」でした。しかし知能検査は子供の発育段階を検査するのが目的なので成人してから検査しても意味がない とのことでした。

    ところが私は、53歳になってもいまだ知能検査のような問題は非常に苦手です。まず最初に設問の意味を理解するのに苦労します。これでも私は自分の1歳未満の頃を覚えています。

    ユーザーID:4011449405

  • ひよこぴよさん

    レスありがとうございます。全然自分のトピを見てなくて、遅くなってすみません。
    IQ54、新しい本のタイトルかと思いました…(笑)!


    知能検査ってありましたね!小学校入学前にやった気がします。
    私はパズルみたいで楽しかったなぁ、て記憶があります。
    180ってアインシュタイン並じゃないです?!
    大人になったらあてにならないんですか?
    知りませんでした!
    でも私だったら、それだけ出せたら、よっしゃ!!って家族とか友達に自慢しまくっちゃいます(笑)!

    ユーザーID:0127453111

レス求!トピ一覧