• ホーム
  • 男女
  • 熟年離婚をやめさせる「本」教えてください!!

熟年離婚をやめさせる「本」教えてください!!

レス23
(トピ主4
お気に入り33

恋愛・結婚・離婚

きみこ

32歳子供なし専業主婦です。
1月に父方の祖父が他界しました、それまでの4年間祖父の面倒は私の両親が見てきました。(ちなみに父は次男です)

その祖父の死を境に母が何の面倒もお見舞いにも来なかった姑と義兄夫妻に対し激怒し、葬儀の後大乱闘が勃発し、意見をキチンと言ってこなかった父に不満の矛先を変え熟年離婚をしたい。と言い出しました。

残念なことに両親には老後の蓄えがなく、別れた所で二人とも生きていけないのは目に見えているのです。

一旦は仲直りして、二人で是からも頑張る!と宣言したのですが、母が先日また30年間の姑・舅・義兄夫婦からの仕打の愚痴を父に言ってしまった事で今度は父が限界を迎え・・・もう一緒には暮らせない。と言い出した始末です。

私と独立している妹から見てもお互いに本当にキライになって別れるのではなくなんだかお互いの気持ちを分ってくれない相手に対して不満を募らせ大騒ぎしている幼稚なケンカに見えるので、何か両親の目が覚めるような「本」を探しているのですが。なかなか見つかりません。

ご存知の方がいらっしゃいましたらご紹介下さい。
宜しくお願いいたします。

ユーザーID:2870978241

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 本を捜すよりも

    単なる夫婦げんかだと思うので、しばらくは本よりは放っておいた方がよろしいかと。30年間そうやってたんだろうから、結局別れないと思いますが。

    ユーザーID:8035952772

  • 60歳のラブレター

    有名な本ですが。

    確か毎年、葉書一枚文のラブレターを公募して一冊の本にまとめられているものです。

    どの夫婦にも、波瀾万丈なドラマがあって、紆余曲折を経て、それでも今、君といる。

    そんなラブレターも多く掲載されています。

    最後の別れの儀式にと、実際に書いてもらっても良いのではないでしょうか。

    書いてゆく過程で人生振り返って、思い改めることもあるのではないでしょうか。

    ユーザーID:7718761732

  • 本では解決しない

    たぶんご両親の問題は本では解決しないと思います。

    お母様はとにかく不満をすべて吐き出したいのです。
    でも、男と言うのは、本当に器が小さくて、女の不満、愚痴を受け止める容量が無い。

    言いたいこと言わせてあげて、聞いてあげて、お前に苦労させて悪かった。
    と言えば済む事なのですが、それが出来ない。

    許容範囲を超える不満を言われると、パニックになって、その人と一緒にやっていくことに恐怖を感じるようになってしまう。

    男と女は女が我慢しないとうまくいかないものなのです。

    女はとにかく「わかってほしい、わかってほしい。」と言い続けますが、
    男はわかりたくない、わからない。なのです。

    これを何とかしようとしても無理と思います。

    女が思ってることを全部ぶちまけたら、男は破壊されます。
    悔しいですが、男にわかってもらうことを期待しては駄目です。

    それにしても、お母様はよく頑張ったと思います。
    不本意な事だったかもしれませんが、よくやりきったと思います。
    そのことをせめて娘としてお母さんを褒めてあげてください。
    感謝してあげてください。

    ユーザーID:4387229147

  • 続きです

    姑さん舅さんにもう愛情が無くなっていたのでしょう。
    夫婦でも愛情が無くなると、本当に残酷ですからね。病気でも放置です。

    お母様はそんな姿を見かねてお世話したのでしょう。

    夫がわかってくれなくても、舅さんはわかっていたと思いますよ。

    ここは本云々よりも、娘さんが二人の気持ちの代弁者として間に入って、なんとか取り持ってあげて欲しいですね。

    これからの社会はみんで寄り添って生きて行かないとなかなか大変な世の中になっています。

    感情で別れてしまっても、結局苦労します。

    どうか両親に対する愛情で説得して仲直りさせてあげてください。

    ユーザーID:4387229147

  • ご両親は読んでくれるのかな?

    『みんな好きで一緒になった』小南 奈美子著 ポプラ社

    いい本だと思います。

    ユーザーID:2952097710

  • 本は思い浮かばないですが、、、。

    ご両親の事で娘さんの貴方が心配の様子に何とかアドバイスできないかと考えました。多分私はご両親と同じくらいの年齢なので、何となくお母さんの気持ちが分かるのです。何かをきっかけに今まで我慢してた事が一気に爆発する、、、。いくら頭では分かっててもご主人の顔を見たら長年の恨みつらみのシーンが思い出されるのではないでしょうか。熟年離婚は一時流行のようにマスコミなどで取り上げられましたが、やはり経済的にも精神的にも不利益の方が多いと分かり今は”卒婚"と言う言葉が流行ってるみたいです。一度お父さんとお母さん少し冷静になって離れて暮らすとか、経済的に無理なら貴方達姉妹で温泉旅行とかプレゼントされたらどうでしょうか?
    兄弟姉妹が多いのは、昔は助け合って良かったでしょうが、現代のように長生きして80歳、90歳まで生きれる時代だと親の世話で兄弟姉妹が上手く行かなくなるんですね。。ご両親の幸せを祈ってます。

    ユーザーID:2620646681

  • 苦労してきたのでしょう

    お母さんの気が済むように、黙って好きなように
    させてあげてください。

    30年もの長い間の苦悩が噴出してしまった今
    お母さんの気持ちを静めることは
    誰にも出来ないと思います。

    トピ主さんは、親思いの優しい娘さんだと
    思いますが、まずお母さんの心に
    寄り添ってみてください。

    辛かったこと、苦しかったこと
    我慢してきたこと
    いっぱい聞いてあげてください。

    お母さんの心が落ち着くのは
    そこからですよ。

    小町でもよくトピが立っていますよね。
    「嫁」として本当に苦労されてきたのだと思います。

    わかってあげることから始めませんか。

    ユーザーID:6865256920

  • 本なんていらない

    それよりも、できるだけお母さんの愚痴を聞いてさしあげたら?
    その上で、
    もうお母さんは自由の身なんですから、今までの労をねぎらって、
    妹さんと3人で温泉旅行でもどんどん連れ出してあげるなどして。

    お父さんには仕事でもボランティアでもなんでもいいので外に出てもらうようにして。
    一日中むきあってるから衝突が起きるんです。
    西洋のことわざに、「ヒマな心には悪魔が住み着く」っていうのがあります。
    私のオススメは、お母さんに小型の犬とか猫などをプレゼントすることです。ペットセラピーという言葉がありますが、お父さんとのギスギスした関係の、良い潤滑油になってくれると思います。

    ユーザーID:7100747953

  • お礼 トピ主です 1

    岸辺様 暫く放って置いたほうがと思い半年放っておいたのですが、何か気付きの物があればと思いご相談させて頂いた次第です。

    ゆりーか様 60歳のラブレター確か8巻ほど出ている物ですよね。有難うございます。早速本屋を覗いてみます。

    さとこ様 全くその通りなのです。私も既婚者なので母の気持ち男性の器の小ささは多少理解が出来るのです。が、先ほども申したように両親に何か気付いて欲しい一身でご相談させて頂いたのです。カウンセラーも探しましたが、両親が行く気ゼロなので何の効果もないとカウンセラーに言われましたので。
    母には週2回片道2時間かけて励ましに行き、父にも小言を良っているのですが。。。。
    仰るとおり、祖父祖母は私の父が結婚したときから家庭内別居をしておりましたので、姑は万々歳のようで、そこに母がブチキレタ次第です。
    舅は母に大変感謝をしておりましたが、遺言書には私の両親ではなく義兄夫婦に財産を譲るとあったので、さらに打ちのめされているのです。

    ユーザーID:2870978241

  • お礼 トピ主です 2

    ちぃ様 「みんな好きで一緒になった」ですね!ありがとうございます。

    アラカン様 母や父と同年代との事有難うございます。母が爆発後直ぐ母は妹の家に10日間ほど滞在し、母の帰宅と同時に父が我が家に10日間下りました。それから2月に二人で仲直りの温泉旅行2週間を姉妹でプレゼントしたのです。それから半年近くたって又同じとこの繰り返し・・となると私も夫が要る手前、又妹は一人暮らしで非常に忙しく働いているため手に負えない状況なのです。

    misuzu様 母の気が済むように辛抱強くですね・・・「嫁」としては私も若干ですが苦労しておりますので理解は出来るのですが、私から見た母は3人姉妹の三女で私から見ても未だに非常に子供じみている末っ子なのです。加えて父も兄と6歳離れて甘やかされて育てられた我侭な末っ子なのです。
    ちなみに父は62、母は55とあらゆる物の捕らえ方でも戦後物の無かった時代に育った父と東京オリンピック世代に育った母では考え方が違い過ぎて困っております。

    私は長女なので両親の事と何甘えてるの!と思うことが多いのですが、理解してあげるよう努力してみます。

    ユーザーID:2870978241

  • ネット書店で検索したら出てくるのでは

    アマゾンやセブンイレブンのネット書店で「熟年離婚」と検索すれば、多分出てきます。

    えーと、私は30代の娘ですが、将来はたぶん義兄のように自分の親が倒れても知らんぷりすると思います(ちなみに私には遠方に嫁いだ妹がひとりいます)。父に虐待されて育てられたので、会うと精神的におかしくなるからです。姑や義兄夫婦が寄り付かなかったのも、なんか理由があるんじゃないですかね。浮気とか舅の親から苛められてたのを庇ってくれなかったとか、ひどい父親だったとか。それを知ってる夫は口出しできなかった。まぁ妻へのフォローはすべきですが。

    お母さんに「今お父さんが倒れたら、お母さんは看病する?おばあちゃんみたいにほっとく?」って聞いてみたらどうかな。姑や義兄の立場になれば、少しは考えが変わるかも。

    ユーザーID:0932042888

  • お礼&お願い トピ主です 3

    えー様 レス有難うございます。理由として考えられるのは祖母と義兄夫婦が学会員で、祖父と私達家族が学会員ではないということで、結局祖父は祖母のいいなりで、遺産を義兄夫婦に渡すよう脅迫しただけです。
    既に、父と母にはお互いに今どちらかが倒れた場合は看病するか確認し、お互い看病するとの事です。

    アマゾン等のネット書店でも勿論探しました。ただ膨大な量なので、同じ経験された方、また感動して、気付きの助けになる「本」をご存知の方に教えて頂きたくトピを立てさせていただきました。

    皆さまのレスは大変有難いのですが、今まで皆さんがレスしてくださった事は全てやり終えておりますので、あくまでも「お薦めの本」のみのレスをお願いいたします。

    ユーザーID:2870978241

  • 本より・・・

     夫婦の溝は深いですし、自分を抑えてきた者がいなくなれば、今までたまっていたものが吹きだまりのように大解放されたんでしょうね。

     両親とも自分の娘達が老後は何とかしてくれると思っていそうなので、本を渡すより
     
     「こんな形で離婚するなら、老後は一切面倒を見ない」と

     妹とタッグを組んで親にぶつかれば、目が覚めるのでは?だれかが味方についてくれると思ってるから、そんな喧嘩するんでしょうしね。

    ユーザーID:9598081117

  • お礼 トピ主です 4

    もい様

    そうかも知れませんね。私の性格が父より、妹の性格が母よりなので、お互いどちらかが味方についてくれると思っているのでしょうね。

    ひとまず、父の日にご紹介いただいた本を渡して様子を見てみようと思います。

    でも本当にこんな形で離婚されちゃ、老後の面倒は本当に面倒になります。
    レス有難うございました。

    ユーザーID:2870978241

  • お役にたつか....

    タイトルだけを見て投稿します。

    60歳、女性です。
    32年前 価値観の違いから離婚しました。
    離婚直後 本の好きな友人から薦められ読んだ本、
    石川達三の「泥にまみれて」でした。

    離婚前に読んでいたら 離婚は避けられたな〜と
    とても残念に思った事がありました。

    もう30年も昔の事ですので、時代が違いますし、
    価値観も変わっていると思いますが、
    少しでも 気持ちの変化があればと思っています。

    ユーザーID:8051506845

  • う〜ん。

    「本」て何ですか?
    トピ主さんがご両親の間を取り持てば良いのではないでしょうか?

    最終的には、ご両親が決める事だと思いますが。

    ユーザーID:3805759774

  • 予行演習

    「残念なことに両親には老後の蓄えがなく、別れた所で二人とも生きていけないのは目に見えているのです。」

    これが事実なら、一度させてみればいいのではないでしょうか?もちろん貯金もわけて。
    「まずは離婚の予行演習として、2年くらい別居してみたら?」って。
    その間にお互いのありがたみがわかれば良し、それぞれ自立して暮す素地が出来たら同居してもうまくいきそうだし、別居で問題無し!と言うことになれば「別れても生きていける」と言うことなので別居継続又は離婚したら?

    ユーザーID:4271616304

  • 横レスですが

    さとこさんのいい分にはほとほと呆れますね

    ただ自分が不満言いまくりたいのを
    男の器のせいにして責任転嫁

    他人に感情をぶつけなければやっていけない小さい人間は
    どちらですか?

    良識を疑います

    なんですか?男の器って
    女の都合のいい言葉ですよね

    はっきり言います
    器が小さいのはあなたです

    ユーザーID:1129639212

  • 本のアドバイスはできませんが

    父方の祖父ということは、お母様にとっての姑というのは「父方の祖母」という事になりますか?
    お見舞いも世話もしなかった姑を、今後一切何があっても面倒見ないって事で「今後は好きに生きる」という事ではだめでしょうか?
    姑の面倒は、お母様もあなたもしない。
    義兄夫婦にさせればいいのでは?
    あなたのご両親で舅の面倒をみてきたんですから。
    30年も我慢したんですから、もういいでしょう。好きに生きても。

    ユーザーID:7743316942

  • 本よりもトピ主さん自身の言葉で

    大事なのは誤りを誤りと指摘することだと思います。本は特定の読者個人の諸事情に沿って書かれてませんので、もしそこに教訓になり得ることが書いてあっても読み手が気付かなければそれまで。
    なのでトピ主さんが直に語る事の方が大事でしょう。

    でも、トピ主さんにお母様の誤りを指摘できるかは相当疑問です。なぜならさとこさんの意見に以前から同意の様ですから。
    常識ある大人なら「不平不満を全てぶちまけ、自分の為に相手が全て合わせることを当然の様に要求する人」と「その要求を全部は飲みきれない人」のどちらが器が小さく狭量かといったら圧倒的に前者であることはわかるものです。
    相手への我慢はお互い様、耐えてるのも合わせてるのもお互い様なのです。

    そこがわかっていれば「夫は自分みたいに不平不満を爆発してこないから私への不満は無い筈だから私は何も問題なく夫だけが悪く狭量」などと独善的な結論に至ることもなく、一方的な我儘勝手を主張し続けてモンスター化することも回避できるのです。
    お母様に必要なのはそういう「大人として当たり前の理解力、洞察力」です。不平不満への心情的共感は逆効果です。

    ユーザーID:9621317613

  • ふたりっこ

    NHKの朝の連続ドラマの「ふたりっこ」という題だったと思いますが、まな、かなちゃんがでていたドラマです。
    主人公の祖父母が、今のトピ主さんのご両親の状況に似ています。裕福な学校経営者の夫婦でありながら、介護を当然のように妻に押し付けまったく感謝の気持ちがなく、ただ自分の母の死を悲しむ夫。妻は良妻であることにこだわりすぎて、精神的におかしくなるという話です。これは物語の一部ですが、その後夫婦は揉めながら、夫は妻の不満を受け止めて暮らす覚悟をしたと思います。
    すべてを吐き出せばそれで終わるのではなく、長年の不満とストレスで受けた傷を癒すには時間がいるということです。
    どちらかというとトピ主さんが見れば参考になるかもしれません。「済んだことを何時までひつこく言う」と思われるかもしれませんが
    お母さんは誰かに受け止めてもらえないと前に進めないほど疲れてるのでしょう。
    ノベライズがでてるといいのですが、枝葉になるお話なのであまり詳しくでていないかもしれません。

    ユーザーID:7486294349

  • 死ぬときに後悔すること

    もう一点お勧めを忘れてました。「死ぬときに後悔すること」大津秀一、ホスピスの緩和ケアの先生が書かれたものです。
    筆者がまだお若いので驚きましたが多くの死を見取って客観的に多くの方が終末を迎えるときに後悔されることを書かれています。
    離婚の是非に役立つかは不明ですが、ご両親の老後を客観的に見つめるのにいいのではないかと思います。
    トピ主さんのご心痛お察しいたします。ご自分もお体お大事になさってくださいね。

    ユーザーID:7486294349

  • いい本見っけ

    「きみこ」さんの質問に答えられるいい本を見つけました。「離婚の心理学」(2009年)という本です。アマゾンで調べればすぐわかります。この本では、まず、離婚の原因が説明されていて、そのあと、どのようにすれば離婚を防ぐことができるのかが説明されています。ありふれた、個人の意見なのではなく、データに基づいた内容になっていました。途中までは、世間一般に考えられていることや、ネットの書き込みなどにもあるような離婚予防法が書いてありましたが、最後にどんでん返し。離婚しない方法は、そのような方法ではだめなんだという感じで、別の方法を紹介していました(どちらか一方が我慢したりするのもだめだし、無理して、仲良くしようと努力してもダメなんですって)。あまり書きこむと「ネタばれ」になるので、詳しく書きませんが、本屋で立ち読みしてみればいいかもしれません(近所にある普通の本屋さんには置いてませんでしたけど)。内容が盛りだくさんなので、読むのに、少し時間がかかります。時間があれば、どうぞ。

    ユーザーID:4682189003

レス求!トピ一覧