夫との接し方に悩んでいます

レス8
(トピ主3
お気に入り13

家族・友人・人間関係

ララ

昨年春に結婚した30代半ばの女性です。夫のことで相談があります。

夫は大学院の博士過程で研究をしておりましたが、結婚して数ヶ月後からあまり通学しなくなりました。
実験が性格的に合わないのと、結婚して生活費がかかるようになり早く働きたいという理由で
(それまでは宿舎で月5000円の家賃)、今年3月に大学院を退学しました。
そう決断するまでには、体調を崩したり、精神的に不安定で、心療内科に行ってうつの傾向があると
診断されるほどでしたが、辞めてからは安定した様子でした。

早速、就職希望先が見つかり、履歴書とエッセイを作成し、面接に行きました。
しかし採用にはならず、本人も性格が合わなそうな上司だったので採用されなくてよかったと
言っていますが、それからは探すこともせず、何もしない日々を過ごしています。

生活費は夫が定職に就くまでは折半することにしていましたが、夫の貯金は半年前に底を尽き、以来私が生活を
ほぼ全て支えている状態です。私はフリーランスで仕事をしているため収入が安定せず、2人分を養えるほどの稼ぎは
ありません。大した額ではありませんが貯金があるものの、病気になった時などのことを考えてあまり手をつけたくありません。
よって一刻も早く夫に職を見つけてほしいのですが、先のような状況です。

夫も私も研究することがうつの原因になっていると考え、研究から離れれば状況がよくなると思っていました。しかし、一時的には
よくなりましたが、不採用が決まってから私が経済的に辛い状況を訴えたり、誰にも相談することができなくて苦しくて泣いたりすると、
夫は寝込んでしまいます。

夫とは性格や価値観がとても合うのですが、このような辛い生活を送っていることが悔しくてなりません。
現状を改善できる具体的な方法がありましたら、アドバイス願います。

ユーザーID:0942861853

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 金の切れ目は縁の切れ目

     どんなに愛とか恋とか言ってみても、所詮生活が破綻するのは金です。金がなければ人間は生きていけない生き物となってしまいました。そうでないというなら、山村にでも引っ越して、自給自足をするしかないですよね。都会に住んでいる以上、金がなければ生きていけないのです。
     従って、自分の信念を曲げてでも金を稼がなければなりません。それが現代社会です。
     夫とよく話し合ってください。一緒にいるほうがよいのか、別れた方が楽なのか。

    ユーザーID:4836419530

  • のんびりしすぎ。

    のんびりすぎ。。。

    30代既婚で今夏、博士課程を修了して就職予定の者です。

    旦那さん、結婚してから、研究をさぼり始め、大学院を中退、
    しかも中退してから職探し、応募したのは1件だけですか。。。
    いくらなんでも、のんびりしすぎです。
    夫婦で性格や価値観が合うということは、
    トピ主さんものんびりタイプなんでしょうね。
    立ち止まっているから精神的にも不安定になりやすいのでは?

    今必要なのは、行動のペースを上げることだと思います。
    例えば、一日一件仕事に応募する。
    最初は採用されなくてもいいじゃないですか。
    経験や練習と思って応募してみればいいと思います。

    ユーザーID:9984746944

  • この世の中

    自分に合った(職種、人間関係、収入)仕事をしているひと それに満足しいるひとなんて存在するのでしょうか。

    何かを得る為に何かを犠牲にして日々生活をしているのがごく普通の生き方です。その為に精神的肉体的に病んでしまってはならないとは思いますが 皆その際のところでなんとか踏ん張っているのが現実です。

    自分で自分に線を引くのは勝手ですが そのことによって大切な人を犠牲してることに気付かないのは 家族を築く人間として不適当だと思いますね。

    結婚生活を白紙に戻す等の根本的な見直しが必要かと。

    ユーザーID:2555209293

  • 夫は病気のようです

    皆様、ご意見、ありがとうございました。
    とても常識的な判断だと思います。私も皆様のような考え方が
    普通のことと思っておりました。

    「似た境遇だったの人」さんが言うように、私は少しはのんびりして
    いるかも(明らかに夏休みの宿題を7月中に終わらせるタイプでは
    なかった)しれませんが、通学しなくなった夫には早く博士号を
    取得して仕事に就いてほしいと思い、その旨伝えてはいました。

    でも寝込む日が続き、目つきが明らかにおかしい。以前、心療内科で
    処方された薬を飲むと、いつもの表情に戻る。はやり、うつ病である
    ことがよく分かりました。

    その後、トピに書いたように元気になったものの、何もしない日々に。
    最近では、先に書いたような目つきになり、薬を飲むと元に戻ったので、
    はやりうつは治っていないことが分かりました。

    私が生活を支え、私の精神が維持できる限り、夫との生活を続けようと
    思っています。離婚すれば、この辛い状況から抜け出せることは分かって
    いますが、もう少し頑張ってみようかなと。結婚に対する認識の甘さゆえ
    招いた現状です。辛いですがよい勉強です。

    ユーザーID:0942861853

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 鬱の場合の仕事

    うつ病だったのですか。それは大変ですね。。。

    そういう問題はやはり専門家のアドバイスを聞いた方が良いと思いますが、そういう方には大学の研究のような仕事は向かないのかな、という気がしています。私は、実験などのない理論分野をやっていますが、日常のルーチン作業がなく、人と話す機会が少ないですし、行き詰ることも多いので、精神を病む人が多いです。私の同じ学科の友人の一人はうつ症状があり、時折黙り込む人でしたが、「研究はこの病気を悪化させる可能性があるから」という理由で公務員になりました。引きこもりがちの人だから引きこもれる職業に就く、というのは間違った方向性だと思います。

    でも、理解がある奥さんがいることは必ずプラスになっていると思います。何気ない会話をしたり、一緒に何かしたり、日常のルーチンを増やしていくようにするといいかも知れません。

    ユーザーID:1199661919

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 難しいけれど見守ります

    「ぶた」さん、アドバイス、ありがとうございました。

    夫は人と話をするのが好きで、本人も言っていますが、研究者タイプ(特に一人で実験を繰り返す)ではないように思います。
    たとえ博士号を取得しても、その後も研究を続けていくのは性に合わないことをすることになりますから、研究以外の職に就く
    ことは必要なことと思っています。

    うつと分かったら、心療内科に行くしかないと思っているのですが、
    一生薬に頼る生活はしたくない、薬がなくてもセロトニンが分泌される生活に自分でしたいと言い出し、
    今は病院に行くことを拒んでいる状態です。

    私は行動しながら解決していくタイプなので、すぐにこうしたら、ああしたらと言ってしまうのですが、
    分かっているけれどできないという状況の人には辛いことのようで(私も冷静になると分かるのですが)、
    構わないでほしいと言われてしまいます。確かにうつ病の人を抱える家族の心構えが書かれているウェブサイトを見たら、
    私が良かれと思って言っていたことがほとんどNGワードで、涙を流したことがありました。

    あまり構いすぎずに見守っていこうと思います。

    ユーザーID:0942861853

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • ご主人の年齢は?

    うつとのことでよいアドバイスができるかわかりませんが、お役に立てればと思いレスします。

    ご主人様の辞めかたからすると指導教員との関係はあんまり良くなかったのでしょうか?
    ご存知のこととは思いますが、仮に博士号を取得しても安定した職を得ることは難しい現状があります。
    そのことは指導教員側も当然ながら知っているはずで、その場合繋がりがある民間企業などを紹介することが多いです。

    ご主人様の場合、指導教員へ紹介を依頼することはできませんか?
    それがだめな場合でも、大学の就職課やキャリアパスセンターも利用してはどうですか。

    また、ご主人様も30代半ばでしょうか。20代とかであれば公務員なども選択肢になり得ると思います。

    別の選択肢としてトピ主さんが安定的な職につくという手はありませんか?

    ユーザーID:1536348838

  • 夫の問題は私の問題でもあると気付きました

    trialさん、アドバイスをありがとうございました。

    ご指摘の通り、指導教員との関係はあまりよくなかったと聞いています。
    先生のやり方や教育者としての人格に不満があったようです。
    退学を勧めたのも先生からでした。

    最終的に退学の書類を持って行ったときも、進路が決まったら連絡を下さいと
    言われたそうです。先生は少しは気にかけているかもしれませんが、就職先を
    紹介するまでの気持ちはなさそうでした。

    私自身、大学の就職課やキャリアパスセンターのことは知りませんでした。
    夫の体調が落ち着いてきたら、話してみます。

    この先夫の体調が戻らず、生活が苦しくなるようでしたら、私が安定的な職に
    就くことも考えていないわけではありません。私はフリーランスで仕事をして
    2年目。約10年越しの夢を叶えたところで、収入もまだまだですが、
    軌道に乗り始めたところです。できればこの仕事を生涯続けていきたいと
    思っています。

    よって、すぐに安定的な職に就くことは考えていません。しかし問題は、
    私が夫の病気を病気として認めていないことにあるのではと思い始めました。

    ユーザーID:0942861853

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧