国立大学の一期と二期をご存知ですか?

レス44
(トピ主1
お気に入り30

趣味・教育・教養

ひよこ

私が受験生だった頃(かれこれ36年前・・・笑)、国立大学は一期と二期に分かれていました。
一期は、旧帝大を含む総合大学が殆どで、二期は、教育大学や外国語大学など、専門性の高い大学が多かったと思います。

大体は、二期をスベリ止めに受ける場合が多く、受験の申し込みをしても、一期で合格すると、もうそれで受験生を卒業してしまう人が殆どだったと思います。
でも、中には、一期をスベリ止めにして、本命は二期という変わり者(?)もいました。

私の友人は、なんとお茶の水女子大に合格したにも拘らず、大阪外大のイスパニア語学科に入学しました。
他にも、名古屋大学の文学部を辞退した人もいます。
文学と語学の違いでしょうか・・・?

皆さんの受験にまつわる思い出話などありましたら、是非、お聞かせ下さい。

ユーザーID:2126215189

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数44

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 古い話ですね

    そんな時代もありましたね。

    一期校だの、二期校だのといった、くだらないランク分けが無くなっただけ、今の制度のほうがずっと健全ですね。

    それだけです。

    ユーザーID:9182668960

  • 大昔のこと聞いてどうする?

    辛い、しんどい思い出だけ。
    母親をこ○し○てやろうかと思ったことも。
    自分の子供には強制された勉強じゃなく自発的に
    取り組んでほしいと思った。

    ユーザーID:8227640264

  • 私は工学部志望で、結局、私立大学に進学しました。

    浪人すると共通一次が‥‥‥という年次でした。
    東京大学理科I類(一期校)と横浜国立大学工学部(二期校)を受験しましたが、結局、W大理工学部に入学しました。
    高い学費を出してくれた両親に感謝しています。(早い話が、東大からは「来なくていいよ。」って言われてしまったんですけどね。)

    知人は、東京大学理科I類(一期校)と東京医科歯科大学医学部(二期校)の両方に合格し、医科歯科の方に入学しました。
    東大理IIIは、ちょっと自信がなかったんでしょうね。

    ユーザーID:2305431832

  • 返信ありがとうございます。

    お返事がいただけて、とても嬉しく思いました。
    ちょっと懐かしくなったものですから・・・。

    辛い思い出を蘇らせてしまったことに対しては、大変申し訳なく、お詫び致します。

    ユーザーID:2126215189

  • やはり、格差の原因

    私も30数年前、国立大学を受験する時には、1、2期校がありました。
    受験生にとってみれば、国立大学に一年に2度受験できるので、メリットはあった。
    しかも、同じ1期校であっても、受験票だけは、何校でOKであったと思う。
    たとえば、東大、京大の両方に願書を出して、試験当日に、どちらかで受験、他方の
    欠席ということも可能であったと思う。
    しかし、1期校、2期校という意識の上の格差が生じ、やはり、そういう制度は
    なくなってよかったと思う。
    だが、昨今のOA入試とか、前期、後期など、レベルの違う学生が入ることになり、
    センタ−試験とかの2段階方式ではなく、昔ながらの一回だけの勝負(試験)で
    良いと思う。
    『蛍雪時代』や、『ラジオ大学受験講座』など懐かしいモノをある。
    夜の11時頃に、テキストを見ながら、中波ラジオを聞いていた記憶がある。

    ユーザーID:2797533197

  • 懐かしいナー

     国立一期と二期は列車の一等車と二等車のような感じではっきりしていて好きでした。あの頃は、一期をすべって二期で合格する人には優秀な人が多く、二期校も全盛期だったと思います。今は何もかも一緒くたで、よろしくない学生が多い気がします。

    ユーザーID:5115032227

  • ごめんなさい

    一期校への入学が難しかったのですが、二期校通って浪人してやろうと
    思っていました。しかし、ごめんなさい、不遜でした。
    きっちり蹴られました。結果的には浪人して、学部は変えましたが
    第一志望の一期校に入りました。

    ところで外大とか教育大は大都市の話で、地方はそうでもなかった
    のでは?言葉は悪いですがいわゆる駅弁大学です。
    教育学部は多数あったと思います。学部数も多くないので、文理学部なんか
    も多かったのではなかったでしょうか?他には法文学部とか。

    ユーザーID:8368324751

  • 懐かしいな

    二期校にもえらく競争率が高くて試験も難しいところがありました。東京医科歯科大学はその代表でした。一期校の医学部にうかって、それでも折角受験料を払ったしやっぱり受験してみるかと受けたんですが落ちてしまいました。大学の場所はいいけど何でこんなに難しいの〜と思いました。その次の年は共通一次が始まって一期、二期という区分は無くなりましたね。あの区分の根拠は何だったんでしょう。

    ユーザーID:0518083381

  • 一期・二期の頃は一回だけの勝負

    祖父と父と夫が一期校です。弟は共通一次で旧一期校へ。
    一期校同士、何かと昔話をしていますね。昔は良かった。なんてね。
    知人が国立でも「あの人は、二期校だからね」なんて。ちょっとエゲツナイ。

    母は学士会館で挙式・披露宴。
    私もお料理が美味しいと勧められましたが、7月1日に会社を休んでまで並ぶのが面倒だったので別の所へ。

    あれって、変ですよね。挙式する所で、さりげなく学歴をアピールする。
    知らない人は知らないんですよね。

    ユーザーID:0381520948

  • 三期校もあったよ

    私の受験した年、工学系の新設校が二期校の登録に間に合わなかったか何かで二期校試験のあとに入学試験がありました。
    一、二期に落ちた友人が合格して浪人生活を免れました。

    あと希望の一期校に合格しながら、わざわざ二期校を受験した友人がいました。
    一人の合格者のチャンスを潰すみたいで嫌な感じでしたが、それとは別に一期校でも入学したら補欠組が結構いました。
    一期より二期のほうがレベルの高い大学もたくさんありましたね。
    遠い昔話です。

    ユーザーID:9948399805

  • つつましかった時代の思い出

    第一子の兄が二浪の末、下宿して私学にいっていたので、
    自分は現役で国立に行くしかないと思っていました。
    私学は受けず、一期校で少し高望みをして落ち、
    二期校の外語大に無事はいりました。
    そのときはお金がないけど、二度チャンスがあってよかったな、
    という感じ。
    今思うと、理系が苦手で文系科目が突出していたので、
    私学ならどこでも行けたはず(科目数が少ないから)、
    奨学金とバイトで凌いで早慶でも行ったほうが、
    将来的によかったかも、と思います。
    そのころの、生真面目な自分が少しいじらしい。
    同じ子どもでも、男の子と女の子に教育の差をつけて当たり前だった
    時代の話です。
    トピ主さんの、「なんと」お茶大捨てて大阪外大に行った、という人の話は
    外大卒業生に対して、少し失礼かな、と思います。
    本人の志望という点はもちろん、
    偏差値的にもどっちが高かったか、わからないですよ。

    ユーザーID:9101318958

  • 二期校最後の年でした

    二期校最後の年に 残念ながら一期校を落ちて 泣く泣く二期校に入学しました。

    今でも悔しくて 残念で、

    一期校の時の 分かっていたのにケアレスミスで点が取れなかった

    数学の1問を覚えていますよ。

    ユーザーID:9451710967

  • なつかしい

     私が受験した1978年(昭和53年)が国立大学が1期校、2期校に分けられていた最後の年で次年度より共通1次試験が開始されました。当時より担任の教師はこの共通1次は受験生に負担をかけるのみで良い受験制度ではないと言っていたのを思い出します。私は今でもこの共通1次(今ではセンター試験)制度には反対です。
     ちなみに私は現役で地方(地元)の国立1期校に合格し街の1開業医としてなんとかやっています。ちなみに私のいとこは、1期校は東大理科2類に落ち、2期校の地元国立大に合格し現在勤務医、義理弟(年齢は1つ上)は現役で東大理科3類のみ受験し合格、現在私立医科大の旬教授。

    ユーザーID:7474726383

  • ご自分はどうなのですか?

    ご自分の話ではないのですよね。友人なら、なぜそちらを選んだのか聞けばよかったのでは?
    そういう人がいたってレベルじゃないのですか?

    例に挙げてる大学の選択、特にびっくりしません。
    外大にやりたい専攻があったのでしょう。
    偏差値だって上だったかもしれません。
    場所も全然違うし・・。

    トピ主は学校のブランドしか興味ないのでしょうか・・。

    ユーザーID:2356680665

  • 同窓会みたい!!

     このトピは同窓会みたいで懐かしいです。
    私の1年下の人から共1です。
    私は理数系科目苦手で高2で早くもこれらを放棄しました。
    どなたかも書いておられましたが、確かにあの頃は「女の子はほどほどのレベルの学校でよい」という時代でした。
    夫は旧1期校理学部卒。今は受験勉強とかけ離れて多忙な管理職。息子は私の出身高校と同じ地域でライバル視されていた高校を卒業して去年めでたく旧2期校(理系)に入学。元気に下宿生活送ってます。私大進学を覚悟していましたが、国立入ってくれて私は息子の学費&仕送りに追われることなく
    有閑マダム(?)です。
    ああ!! ますます色褪せていく私の大学卒業證書(笑)

    ユーザーID:8053463850

  • 授業料千円

    懐かしいですね。僕は、家が貧しかったので私立は無理でした。
    国立は1期と2期に願書を出して、運良く1期に通りました。
    入学金は1万円、授業料月額千円の最後の学年です。

    春休みにバイトをして入学金を払い、授業料も全部自分で
    払いました。家庭教師のバイトなどをして、教科書を買い、
    それ以外のかなりの金額は母に渡していました。
    クラブ活動もやっていましたが、金のかからないクラブ(陸上部)
    だったので、用具費や合宿費なども自分で出していました。

    大学でも、親掛かりで通学している学生は若干肩身が狭いような
    雰囲気もありました。
    貨幣価値が違うので単純な比較はできませんが、大学生に
    なれば大人で、親から独立した一人前の人間だというような
    自負もみんな持っていたように思います。

    ユーザーID:2475429245

  • 共通一次さん

    私は、ちょっと思い出話に花を咲かせたかっただけです。

    あなたの書き込みは、まるでトピ主に喧嘩を売っているようですね。
    とても気分が悪くなりました。

    読売さんも、どうしてこんな書き込みを載せたのか、理解に苦しみます。

    ユーザーID:6598242806

  • 二期校出です

    ほんとに懐かしいですね。私は、共通一次の直前でした。貧乏かつ女に教育は必要なしの家庭でしたから、一期校や私立は問題外で、自宅から通えるいわゆる駅弁大学に入りました。これが学歴コンプレックスの始まりでした。あ〜あ、志望の大学を受験してみたかった。

    その後、自費で大学院は志望のところを出たのでリベンジはかないました。

    ユーザーID:6015034284

  • 大学院進学だと今も残る一期校と二期校の違い。

    大学院に進学すると、今も、一期校と二期校の違いは残っています。

    一期校: 戦前からの大学。”博士課程がある。”
    二期校: 戦後、大学に昇格した大学。”博士課程がない”か、あっても歴史が浅い。

    大学院で研究を志すなら、今も、旧一期校に行かないと駄目です。旧帝大+東工大、筑波、一橋までが、研究職に就ける大学と言われています。早慶や旧二期校で、入試の難易度が高い大学を出ても、国の研究機関や大学教員に就職出来る可能性は殆どゼロです。理由は大学の研究レベルが必ずしも高くはなく、学術研究で認められていないからです。

    民間企業で働くなら、一期校二期校の違いは全く問題ではありません。

    ユーザーID:5279736290

  • 共通一次さんの指摘は正しい(言い方はきついけれど)

    共通一次さんに反撃しているひよこさんは
    トピ主です、とも(トピ主)とも書いていないけれど
    トピ主さんですか?
    もし、そうなら、わたしのレスの
    「外大卒業生に対して失礼だと思います」に返事をしてください。
    共通一次さん、言い方はきついけれど、言ってることは正しいと思います。
    「思い出話に花を咲かせたかった」とおっしゃっているわりには
    ご自分の体験談はない。ご本人は一期校卒業生なのかしら。二期校は受けてもいないのかしら。
    うっすらと、二期校卒業生を見下している感じがします。
    こんなトピを載せて、読売さんは度量が広いなあ。
    まともに反応して思い出を書いたわたしも度量が広い(笑)。
    共通一次さんに反撃している「ひよこ」さんがトピ主とは別人なら
    トピ主さん、出ていらして、誤解をといてください。

    ユーザーID:9101318958

  • トピの例えが悪いかと

    トピの例えが他のレスと微妙に違うのがわかりますか?
    しかもイスパニア語ですよね。
    東京外大なら納得だったのでしょうか?
    (なんと)の意味がわかりません。
    他人からしたらもったいないと思うのでしょうね。

    ユーザーID:9359843828

  • 昔の外大生さまへのレス

    >トピ主さんですか?

    はい、そうです。

    >もし、そうなら、わたしのレスの「外大卒業生に対して失礼だと思います」に返事をしてください。

    それは、大変失礼致しました。

    >ご自分の体験談はない。ご本人は一期校卒業生なのかしら。二期校は受けてもいないのかしら。

    私は、一期校の受験に失敗して、大学進学をやめて専門学校に入りました。

    >うっすらと、二期校卒業生を見下している感じがします。

    世間的な評価に従っただけです。 特に見下している訳ではありません。

    これで、よろしいでしょうか?

    ユーザーID:6598242806

  • 無くなってよかったのでは?

    トピを読んで、「そんなに変か?」と思いまして。時代の違いでしょうか?
    36年も経ってなお、「一期を蹴って二期に入学した人がいる」と語り継がれるほど、上下関係を生んだなら、この制度は無くなってよかったと思いました。

    この手の話はよくあることで、私学を含めて、他人から見たら、「もったいない」の選択をすることはよくあると思います。
    そこには、本人の希望、大学の教育方針、専門、規模、伝統、親の意見、就職状況(将来性)など、あらゆる要素が含まれますから、
    まさに「価値観の違い」ですよね。

    仰りたいことはわかるのですよ。思い出を語りたいなら、ご本人にイスパニア語を選択した結果、どうだったのか、オチを聞きたいですね。

    ユーザーID:5810773037

  • 大阪大学外国語学部

    ひよこさんへ

    あなたは、年齢から鑑みても、たいそう精神構造の幼い方のようですね。

    それはともかく、あなたが、”なんと”という言葉で見下してらっしゃる、旧国立二期校であった大阪外国語大学は
    現在は、なんと、あなたの大好きな旧国立一期校で、なおかつ旧帝大系の、大阪大学の外国語学部という存在になっています。
    御存知でしたでしょうか。
    いったい、あなたが敬意を表する御茶ノ水女子大学と比べて、どちらのほうが偏差値が高いのでしょうか。

    それとも、「所詮は”大阪”大学じゃないの」って感じなのでしょうかね。

    ユーザーID:7870662692

  • 昔むかし・・・

    私もトピ主さんと同じ年代でしょう。
    何だかんだと言っても、一期校は二期校より上でした。一期校って旧帝大というイメージですね。または政令指定都市のような大都市にある大学。北海道大学、東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、福岡大学、あとは金沢大学ぐらいがさっと思い出されます。二期は「駅弁大学」なんて普通に言われていたことでしたね。

    私は一期は公立大学、二期は地元大学を受けました。授業料が月3千円の頃でしたが、一期も受かりましたがお金がなかったので地元にしました。というか、試験慣れのために一期も受けただけです。今は国立でも年50万円ぐらいとか。とても受験さえできなかったでしょう。親も何も言わない親でした。

    当然、塾なども一度も行ったことがなく、受験勉強も全然しませんでした。行く気になれば京都大学は行けたと思います。実際、京都大学に受かった同級生も同じ二期校に入りました。その子とトントンの学力でしたから。
    でも京都大学へ行ったから幸せになれたかは分かりませんので、どうでもいいです。そういう人生(運命)だったんです。

    ユーザーID:5077523299

  • 国立二期校推薦辞退して就職

    一期校・二期校懐かしいです。当時(1974年度)工業高校3年だった私は、

    「ただ 単純に 2回に分けているだけだろう」

    と思っていました。私は担任の先生から「名古屋工業大学・工学部・電気工学科」に推薦入学を奨められるも、当時の日本電信電話公社に就職しました。

    私は工業高校生でしたから、就職活動、大学入試、国家試験受験、国家公務員受験、そのほか気象大学校受験などいろいろ受験しましたけれど、最終的には就職を選びました。

    就職は大学進学よりもはるかに困難(健康が絶対条件)でしたが、就職してしまえば同級生が4年間大学へ学費を支払っているあいだ、こちらはお給料いただいて多額の貯金ができます。

    ただ当時の国立大学の授業料は、私の弟が大学に進学しましたけれど1ヶ月8000円でした。あの安さなら進学したほうがよかったかもしれない・・・と後年になって後悔したことも何度かありました。

    「高卒で就職して本当に良かった」と感じるようになったのは入社して10年ぐらいたった頃でした。そのぐらい経つと高卒でも実務経験などから大卒レベル以上になり4年間の差は貴重と感じました。

    ユーザーID:9967184919

  • 昔の思い出話をしようというのに

    そんなにケンカごしでやり取りするようなことでしょうかね。こういう制度はなくなりましたし、他大学に吸収されて存在自体がなくなってしまった大学もあります。そうそう、そんなことがあったね、で済む話です。トピ主さんも子供っぽいケンカを売らずに、レスから透けて見えてくるコンプレックスを内心で笑っていればよいのでは? 

    ユーザーID:2195484520

  • 共通一次さん、昔の外大生さんに同感

    とぴ主さんは、36年も前の
    受験の話をしたいだけなんですよね。
    恐らくは、お子さんが受験生なのかな?

    それなら、「昔の大学受験はどうでしたか?」
    で良かったと思います。
    具体的な学校・学部名はもちろん、
    一期校・二期校も不要だったでしょう。

    身内に、トピ主さんが挙げた
    大学の卒業生がおりますので
    見下されたようで、正直、気分が悪かったです。

    ユーザーID:9931811720

  • トピ主さまへ

    あなた様が”何気なく”書き込まれた例えによって、傷ついた方がいたということですよ。

    私も何気なく喋ったことで人を傷つけることがあります。
    お互い気をつけましょう。

    ユーザーID:6509314321

  • 私は理系ですが

    共通一次世代なので、原則として国公立は1つしか受験できませんでした。
    旧一期校に合格するレベルだと担任に勧められながらも、あえて旧二期校の大学を受けました。

    そちらの方が、専門の細分化された学科が豊富で、より自分の志望分野に合致していたからです。それと旧一期校では修士課程までしかなかったけど、博士課程まであったことも決め手になりました。
    同級生にはそういう理由で入学して来た人が多かったです。

    お茶の水を蹴って大阪外大に入った人も、たぶんイスパニア語のパイオニア的学科があったからではないかと思いました。
    それと共学は男子学生から受ける刺激が全然違いますね。

    私の同級生の弟さんに、東大に受かったけれど、京大に進んだ人もいました。(センター試験世代でA・B日程の2回チャンスがある)
    これも、学風の違いでその人の進みたい分野は、京大理学部の方が研究が進んでいるという理由でした。
    もちろん京大も難関ですから、どちらが高い偏差値という問題じゃなくて、要は大学名より中身を選ぶ人が、一期校・二期校の時代からいたんですね。

    ユーザーID:6467835515

レス求!トピ一覧