• ホーム
  • 働く
  • 自己愛性人格障害者の被害に遭った方、教えてください。

自己愛性人格障害者の被害に遭った方、教えてください。

レス507
(トピ主14
お気に入り1,480

キャリア・職場

ウマ

レス

レス数507

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 社会が対応すべきこと(3)

    (2)から続きます。

    「自己愛被害を知る」講習会では、以下の内容を含んで欲しいです。
    A. 被害者の苦しみの被害の根幹は、人を信じられなくなってしまった被害者自身の混乱と葛藤だということ

    B.加害者は二面性を使って情報操作をするので、周囲がその罠に惑わされて無意識のうちに加害者側になっていないか注意すべきと
    警告する

    C.Bの実践にはどうすればいいのか?具体的ポイント
     例)上司は、部下がAさんの批判を言ってきたら必ずAさん側の言い分を聞くこと。(これは私の弁護士の意見です)
     例)社内の風通しを良くするために、適度なコミュニケーションを増やすこと。
     例)社内の「イジメ」「陥れ攻撃」は、度が過ぎれば犯罪であり、法的手段により加害者を処分して解決した事例を周知させる※。

    D. 被害者を偏見の目で見ないよう注意する。

    ※8月3日号の「プレジデント」参照

    ユーザーID:0498716470

  • 希望の光さまへ

    希望の光様レスをありがとうございます。ずっと悩んでいました。彼女はおかしい、もう付き合いたくない怖いと感じています。不況やこの業界にいたかったので退職を悩んできましたが結局今月で退職します。
    >親密になればなるほど息苦しさを感じるようになるのでは…?
    そのとおりです。辛くなります。妙に聞こえのいい一見正論を繰り返し自分が正しいという結末です。その後自画自賛です。
    >上手にフォローして見守らなきゃいけないんだ
    この言葉も私が思っていたことです。この半年悩み続けた彼女は病気?性格が悪い?私が悪い?見守る?彼女は病気でかわいそう?
    >他人の人生に引きづり込まれずに自分の人生を生きなきゃダメだよ。
    この言葉に涙が出そうです。少し前まで彼女のご機嫌をとってあげようとすらしていたように思います。
    彼女は躁鬱傾向があるようで躁の時機嫌よく私にも周囲にも親切になります。そんな時この半年の私の胸の中のぐちゃぐちゃをどうしてよいのかわかりません。なかったことになんかできないと思ってしまいます。でも他人に引きづりこまれないこと、それが私の責任ですよね。

    ユーザーID:7054882142

  • 2回目です。

    私もこのトピが長く続いて欲しいと願う一人です。

    そして、皆さまの的確な文章表現に感動しています。林檎の紅茶さんの「社会がどう対応すべきか」を当時の上司に読ませたいです。加害者の女性に出会ってしまい、ターゲットにされた事も心の傷ですが、それ以上に、信じていた上司が、いとも簡単に自己愛に操作され、自己愛側に立って物事を判断した事がとても深く心の傷となっています。

    当時このトピを知っていたら・・・。後悔ばかりが募ります。

    ユーザーID:6639141493

  • 他人を欺き他人を陥れ平気で嘘をつく人間がいるという事実

    ハルルさま

    被害者の特徴にて『ちょっと子供っぽい・公私混同しがち・世間知らず』は間違った認識かと。
    むしろそれは加害者の特徴です。
    被害者は「責任感、正義感が強く、私欲はなく公平な目を持っている」方が多い様に感じています。
    それは加害者が自分が勝てない、誤摩化せない、と劣等感を感じる相手だからです。

    友人にアンケートをとったようですが
    被害にも遭っていない人の発言を第一に参考にしているところも違うかな〜と思います。

    林檎の紅茶さんの仰せられる様に
    「他人を欺き、他人を陥れ、平気で嘘をつく人間がいる」という現実を認知することが第一歩であり、被害者の特徴を論点にするのは、被害者自身を責め立てる結果になりかねませんので配慮頂きたいです。このトピを愛読している被害者の皆様は十分に自分自身を省みています。問題は加害者の方にあるのですから誤解なきようお願い致します。

    ユーザーID:5129401144

  • 脱出成功 !!

     このトピや、皆さんのレスを夢中になって読みました。自己愛性〜と言う言葉も初めて聞きました。私被害者です。それが原因で健康を害し、1ケ月ほど前に退職しました。退職する前は、自分の対人関係の能力不足、要領の悪さ、自分は弱い人間だもっと強くならなくては・・・・。などと自分に非や原因があるように感じてしまい、迷路に迷いこんで、相当悩んでいました。退職後も、「辛いことから逃げ出した弱い自分」と言う自己嫌悪感に怯えていました。でも、ここを読んで目が覚めたような新鮮でうれしい気持ちになれました。

    心が晴れました。

     私の場合、加害者は社長だったので、退職するしかなかったのですが、結果的に加害者から離れ、自分の心身の健全性を守ることができました。といっても体調不良・頻脈・動機・軽い鬱などはありましたが、深刻な状態になる前に退職しました。ギリギリ間に合ったというところです。(よかった〜。危ないところだった。)

     現在は、静養中・充電中ですが、体調も大分良くなってきたので、そろそろ就職活動をはじめようと思っています。不況の中、再就職も厳しい道のりと思いますが、頑張るぞ。

    ユーザーID:3751855385

  • 横です。図書館にあると思います

    『良心をもたない人たち』は図書館にあると思います。
    その図書館になくても、ネットワークで結ばれている図書館から
    本を調達してもらえます。

    また、職場の近くにも図書館やその分室がある可能性があります。
    その地域で働いていることを証明するもの(社員証や保険証)があれば、
    すぐに貸出しカードを作ってもらえます。
    駅の近くの図書館の分室ならば、夜の8時頃まで利用できる場合も
    あります。

    本の返却に関しても、駅構内に返却ポストが設置されている場合が多い
    と思いますので、どんどん利用してください。

    「敵」を知るのは大切なことですよね!

    ユーザーID:5868287765

  • ハルルさんのお気持ち分かります

    色んな方のレスを読んでいて参考になりますし、考えさせられる事がたくさんあります。
    今回中でもハルルさんのレスに深く深くうなずきました。
    被害者になりやすい人の特徴『ちょっと子供っぽい・公私混同しがち・世間知らず』認めたくないけれど、そうだと思います。ご友人からの言葉、私自信も言われた事あります。
    加害者側は普通世間から相手にされないような人物なんですよね。まぁ少し話しただけでもまともに話は通じないですし、そこで既に皆さんは線を引いているのでしょうね。加害者になる人は嘘を頻繁につきますし他人を振り回します。そういう加害者と居ると被害者側はいつも頭の中で?と思いながらそれでも尚離れらず、傷は深くなっていく。
    その原因はやはり育った環境だと思います。親が自己愛であったり境界性であったりすると、親は物心ついたばかりの子供をも振り回しながら生活をします。こんな親によって育てられると子は個性がなくなり、常に大騒ぎしている困ったちゃんな親の顔色を見ながら成長するのです。だから親と似たような加害者の姿や行動を見て吸い寄せられるように自ら被害者になっている所もあるように思います。

    ユーザーID:5890374564

  • 自己愛とは違うかもしれません

    >被害者D様
    そうですね、自己愛とはちょっと違う病的な性格の人のようにも思います。
    ただ希望の光様がいってくださったように、他人の人生にひきずりこまれないようにしようと思います。自己愛という人々もいるんだということがこのトピでよくわかりました。これからもこのトピを拝見していこうと思います。

    ユーザーID:7183292108

  • 今被害にあっています(※4)

    今被害にあっています(※3)のつづきです。

    ハルル様のレスで被害者の特徴として
    『ちょっと子供っぽい・公私混同しがち・世間知らず』
    とあり、自分に当てはまると感じてました。

    私の場合は相手が本当に自己愛性人格障害なのかは疑問ですが、今にして思えばそういう相手との付き合い方を間違えたのです。
    本当は好きでもない(どちらかといえば嫌いである)のに
    愛想良く対応することが嫌だったのです。
    それはひどく残酷なことだと思っていたからです。
    この点が自分の「ちょっと子供っぽい・公私混同しがち・世間知らず」なところなのだと思います。

    うそでも表面的にはもう少し上手く対応すれば
    こんなに長い間ひどい嫌がらせに苦しむことはなかったかもしれません。(もっと小さな嫌がらせをときどき受けることはあったとしても。)
    そしてその他の人との関係もぎくしゃくし、職場の空気まで辛いものにならなくて済んだのではないかと思います。

    つらい毎日ですが、どんな形であれ、いつか終わりは来るはずです。その時を信じて自分を大事に日々を過ごそうと思います。

    ユーザーID:1783397779

  • 続きです

    私の場合は父親がそうです。昔から父親との関係はどうにも上手く保てず苦手です。
    ある時にふと気が付いたら自分の周りに居た男性の加害者のタイプが父親に大変似ていたのです。
    気が付いた時は本当に恐ろしかったですね。
    それと同時に、これから父親ときちんと一線引いて暮らさなければ、何時までも私は被害者側なんだと思うようになりました。もう振り回されるのはたくさんです。親は親、子供にだって子供の人生を生きる権利があります。

    私も被害にあう方が全て当てはまるとは思いませんが、私はハルルさんのお気持ち良く分かりますし同じタイプのように感じました。
    皆に「もっと自分を大切にしたら」と言われても常に他人の顔色ばかり見ていたので、それが何かも良く分からない。常に他人に振り回されていたのだから、急に本当の自己像なんてボヤけて見えてきませんし。

    どなたかが書かれていた、ありのままの自分を認める事をし、そんな自分を大切にしてたら自然に自ら被害者になるような事はしなくなると思いたいです。

    ユーザーID:5890374564

  • このトピ続いてください。

    何回もお世話になります。

    今、まさに被害に遭っているので、自分を見失ってしまっています。
    今日は、上司の番頭さんに訴えた事が私のヒステリーぐらいにしか受け止めてもらえてなくて
    とてもがっかりしています。その上、自分でも直接二代目にも言ってしまいましたが、
    何言ってんのこの人ぐらいにしか受け止めて貰えず、今までは、『営業VS二代目』だったのが
    ここにきて『二代目・営業VS私』の構造になってしまいました。

    職場では、全く理解してもらえず、孤立してしまいました。

    全く経験がない人には、理解してもらえないのは、当然なのかもしれません。
    しかし、こう受け止められているとさすがに落ち込んでしまいました。

    ここでレスを読んだり、レスさせていただき、本当に助かっています。
    共感が一番の薬です。

    会社の社風は、好きなので会社は、退職したくないです。
    時間が解決してくれるものなのでしょうか・・・。

    ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

    ユーザーID:9239443077

  • 私が実際に出会った自己愛とその対応

    悪意ある攻撃に反応して、感情的な行動をとってしまったのが失敗でした。
    私は危険人物に仕立て上げられ、周囲は私との接触を断つようになりました。
    職場はまるで悪意の巣窟でした。逃げても行動を監視されました。
    直接手を出さずに、取り巻きを使って、気持ち悪い暗示を送ってくるのです。
    まるでストーカーです。

    ある文献によると、狼は牙という武器の使用に抑制が働く動物だそうです。
    相手が服従の姿勢をみせるとそれ以上の攻撃を加えません。情けを知っているのです。

    一方ノロジカは角という武器の使用に抑制がないそうです。
    一頭のノロジカが親しげに近づいて来るとします。
    同種のノロジカなら危険を察知し、逃げるしか手段がないことを知っています。
    しかし、ノロジカの習性を知らぬ人はそれが攻撃であるとは知らず、事の重大さに気づきません。
    いよいよ距離が近くなったところで攻撃が始まるのです。

    自己愛性人格障害者は、人間の持つ残酷な武器の使用に抑制がききません。
    良心という共通言語が通じない異種の生物なのです。
    話せば分かるという幻想は無意味です。全力で逃げるしかありません。

    ユーザーID:2820551919

  • 私が実際に出会った自己愛とその対応(続き)

    もし私が自殺に追い込まれとしたら、彼の良心は痛んだでしょうか。
    否。やはり自分が正しかったのだ、当然の報いだと勝利の笑みをたたえ、
    涼しい顔をして次のターゲットを探すことでしょう。

    この状況の中、私は物事への執着を解き放ち、無関心に徹することにしました。
    評価されなくていい、コミュニケーションがとれない変な人でよし、
    誰かに助けてもらおうなんて期待しない、解雇されてもまあよし。
    何とかしようとするほど、かえって状況が悪化してしまうのです。
    私がのほほんとしているのを見ると、加害者はつまらなそうにしていました。

    悪意ある攻撃と傍観者の視線に耐えることは、簡単なことではありません。
    私はこれをきっかけに、自分にとって何が大切か考えるようになりました。
    それは心身の健康、自尊心、穏やかな生活、愛する家族や友人たちとの心の交流。
    誰にもそれを奪うことはできない。攻撃の最中、大切なものだけを思い浮かべ、
    遠くを見据えると、私の心は自由になりました。
    まもなく物事は不思議と良い方向に向かいました。

    ユーザーID:2820551919

  • >ためいきさん

    マーサ・スタウト「良心を持たない人達 25人に一人という恐怖」 アマゾンで買えますよ。
    前にも書きましたが、ロバート・D・ヘア 「社内の知的確信犯を捜し出せ」もおすすめです。

    モラハラ関係で
    マリー=フランス イルゴエンヌ「モラル・ハラスメントが人も会社もダメにする」「こころの暴力 夫婦という密室でー支配されないための11章」もお奨めです。

    ユーザーID:0498716470

  • 脱出に成功した しろです。

     前の投稿は言葉不足で、脱出に成功した事を喜んでいるだけと思われそうなので、補足させてください。

     自己愛〜の言葉も意味も知らなかった私は、加害者からの陰湿な攻撃の原因は、自分に悪いところがあるのかと思い悩んでいました。また、何をどうすれば良いのかわからず、苦しんでいました。精神安定剤を服用しながら仕事を続けてる毎日でした。

     ですが、ここを読んで、自分は典型的な被害者になっていたんだと確認できました。「私は悪くない。」と確信できた事がうれしかったです。

     加害者への対応はいくつかあるようですが、私の場合は勇気を出して、退職の道を選びました。これも、決して間違ってはいない、むしろ正解だったと思えるようになりました。これも、皆さんのレスを読んだお陰です。

     自分が幸せになることで、加害者を見下してやろうと言う意見には、激しく同意します。健全な動機ではありませんが、今の私にとっては、何よりの原動力です。

     苦しんでいる皆さん、戦っている皆さん、くれぐれも、自分の体と心を犠牲にしないで下さい。(私は危機一髪でしたので。) 

    ユーザーID:3751855385

  • 被害継続中

    同僚のおじさんがまさにそうです。
    納期をかなりオーバーした仕事をしているのですが、大げさに忙しい忙しいと念仏のように唱えてます。
    自分の能力と努力不足が原因なのにそれには見向きもしないんですよね。

    あと口癖は「でも」「だって」。
    言い訳から始まります。

    仕事をしなくて、経営にも係ってくるので会社に相談したんですが、
    もともとお金しか見てないから、別に仕事をしてくれる人がいる現状で満足してるし、
    自分が注意とかして面倒くさいことなりたくないしで見てみぬふり。

    1日も早く会社を辞められるようにがんばろうと思ってます。
    自分の文章が支離滅裂だったかな?

    ユーザーID:8888596144

  • 続きです その2

    長い事人格障害による被害に悩み苦しみ、メンタルクリニックにて医師に言われた言葉は「全ての人に対して、イイ人である必要はないんだよ。」でした。
    カウンセリングを受けて行く内に、加害者になった人物の言葉や行動に疑問を持ったり憤りを感じたりしながらも振り回され続け、ふと気がついたら、ターゲットにされ無視などのモラハラを受けていた事が分りました。加害者に言われた言葉で「イイ人だと思って信じていたのに」と言うのが度々ありました。
    私の場合は自分が未熟だったために、自ら加害者を引き寄せたり加害者に近づいたりしていたようです。もうそれが分ったので、「イイ人」やめました。そしたらずいぶんとスッキリしました。
    最近はこの人ヤバイ…と言う感じが割と早い段階で分るようになり、逃げ足も前より速くなってきました。どんな状態であれ、加害者が悪いのです。
    自分にどんな背景があろうとも、まずは加害者から逃げて心身の健康を取り戻す事が一番大事だと思います。

    これはあくまで私の場合で、他の被害にあわれている方が当てはまる訳ではありませんので、これを読んで気分を害された方が居られたらすみません。

    ユーザーID:5890374564

  • 良心をもたない人たち

    以前お勧めしておいて、残念なのですが。
    出版社でも欠品のようですね、オークション品くらいしかなさそうです。
    古本屋さんはどうでしょうか。

    http://www.soshisha.com/book_search/detail/1_1472.html

    このトピを拝見して分かる通り、こんな本を必要とされている方が本当に多いのでしょう。

    ユーザーID:0550984873

  • 被害者です・・・自分で言うのもなんですが。

    被害者になりやすい人の特徴『ちょっと子供っぽい・公私混同しがち・世間知らず』
    と、自身が当てはまると言っている方がおられるようですが
    私の場合はむしろ間逆です(被害者です)
    「しっかりしている」
    「信頼がおける」
    「媚びずに自分を持っている」
    と言われます。
    そして
    様々な経験をしてきていますので世間はかなり知っています。
    中学生の頃から「大学生かのようにしっかりしている」とも言われたことがあります。

    教員の経験も在り保護者から信頼もされていました。
    人の顔色は気にしません。媚びないというのが私のモットーです。
    親にも振り回されて育っていません。

    子供を自由にさせてくれる両親でした。感謝しています。
    けれども被害に遭いましたよ。

    ユーザーID:9475744706

  • >林檎の紅茶さんへ

    わざわざお知らせいただいて、ありがとうございました。

    早速アマゾンで検索し、注文しました。
    実は今日も別の本屋に行き、探してきたのですがありませんでした…(笑)

    アマゾンで検索すると、関連した本も色々と紹介されるんですね。
    林檎の紅茶さんお勧めの「社内の知的確信犯を探し出せ」もありました。
    機会があったら読んでみたいです。

    ユーザーID:0763331478

  • 経験者の立場から

    現在進行中で苦しんでおられる方やPTSDに苦しんでおられる方に1つだけ申し上げたい事は、「あなたは決して悪くない」という事です。

    あなたはただ優秀で善良だっただけです。
    あなたは優秀だったから自己愛のターゲットにされたのです。
    あなたは善良だったから、それをまともに受け止めて、苦しんでしまったのです。
    悪いのは勿論自己愛の方です。

    まず彼らから出来るだけ離れる事を考えるべきです。
    そして自らを癒してください。

    叫びたい気持ちもあるでしょう。
    ストレス発散を考えるのもいいし、直接的に裁判を起こしたり、精神科医にかかる事も有効だと思います。
    あるいは、芸術や文学、学問といったものに触れるのも有効だったりします。

    ただ忘れて欲しくないのは、その存在が悪なのは自己愛の方であって、あなたの方ではないという事です。
    それを忘れないという意味で、自分をしっかり持ってください。
    第三者は、尽きるところ関係ないのです。
    仮に誰にも理解されなかったとしても、あなたが正しい事はあなた自身がよく分かっているはずです。

    ユーザーID:5792739327

  • DSM-IV 精神疾患の診断基準より抜粋

    <自己愛性人格障害>

    誇大性(空想または行動における)賞賛されたいという欲求、共感の欠如の広観な様式で、成人期早期に始まり、種々の状況で明らかになる。以下のうち5つ(またはそれ以上)で示される

    1)自己の重要性に関する誇大な感覚。
    2)限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらりれている。
    3)自分が"特別"であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達に(または施設で)しか理解されない、または関係があるべきだ、と信じている。
    4)過剰な賞賛を求める。
    5)特権意識、つまり、特別有利な取り計らい、または自分の期待に自動的に従うことを理由なく期待する。
    6)対人関係で相手を不当に利用する、つまり、自分自身の目的を達成するために他人を利用する。
    7)共感の欠如。他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。
    8)しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。
    9)尊大で傲慢な行動、または態度。

    私が被害にあっている自己愛は上記全てがピッタリとあてはまります。

    ユーザーID:7700865404

  • 思い出すに

    どなたかも書いていましたが、私も自分の人を見る目にある程度自信があり、又人への興味があったような気がします。
    しかし自己愛は、決して我々のような素人が相手にするべき相手ではありません。
    そこは早めに降参して、彼らと距離を置くことこそ唯一の勝者であると思います。
    彼らの対応はプロに任せましょう(プロだって困難を極めるんじゃないだろうか)。

    ただ、自己愛を経験して、追い詰められている人に対して深い共感を持てるようになったような気はします。
    実際我々は、徹底的に追い詰められましたからね、自己愛に。

    そういう、人に対する深い理解が得られたというのが、我々被害者の唯一の財産でしょうか。

    慰めにもならないか。

    ユーザーID:5792739327

  • >かるめやきさま

    かるめやきさまの
    >私の場合は自分が未熟だったために、自ら加害者を引き寄せたり加害者に近づいたりしていたようです。
    この部分わかります。私が嫌な思いをしていた先輩は自己愛っぽいと思っていただけかもしれませんが、この部分私にもとてもわかるような気がしました。どんな場合であれ理不尽な人の理不尽な攻撃には早く逃げて心を穏やかに保つことが大切なんじゃないかと私も思いました。

    ユーザーID:7011770809

  • 被害者の特徴

    被害者の特徴ですが、誰でも被害者になる可能性があり、また、加害者の手先になってしまう可能性があります。そして、事態を把握しないまま、
    人生をすごしていく人が多いです。
    今まで仲良くしていた人に、なぜか急に失礼な物言いをされた、
    とか、いつの間にか誰とも口をきいてもらえなくなった、という経験は
    ありませんか。
    あの人にこんなことを言われたのは、自分のここが悪かったせいかも、と
    悶々と悩むと思いますが、表面上、紳士的に接してきた自己愛が
    情報操作をしてすべてを仕組んでいる、というケースは多いです。

    ユーザーID:9399901305

  • 責める文になってたらすみませんでした…

    夏の泉さま
    失礼な書き方をしてしまってごめんなさい。
    あくまで自分の場合は、と強く書くべきでした…

    私はもし自己愛と被害に合うひとがいたら、絶対被害側の味方を
    すると思うし、自己愛の方が変、と言うのは確信しています。
    内省している皆さんを責めるような文になっていたらすみません…

    私が自己愛に慣れちゃってる面があるからかもしれません(オヤ)
    せめて現実には良い事や良い人で溢れていて欲しいと思って 人には
    優しく接して来たつもりです

    ちょっとだけやっぱりもっと自分がはっきり拒否できれば良かったなあ、
    と思いました…。他の同僚はできてたので…

    でもこれを今後に生かせれば、もっとしっかりした大人の女性に
    近づけると思うし、その時は自己愛なんか何よ!と言いたいです。

    それと、私の中、高校では陰湿なイジメがはやってて、先生が怒っても
    『ふざけてただけ』『本当は仲良い』『あいつ虚言癖ある』とか嘘ついて
    ました。あれって自己愛のミニ版?と思います。
    だからますます慣れちゃってるのかな…

    気持ちわかると言ってくれた方、びっくり&ちょっと安心いたしました。

    トピ主さま長々とすみませんでした。

    ユーザーID:8023509958

  • そうだったのか。。。

    自己愛、読んでたらまさにどんぴしゃ。

    数年前、ターゲットになり結局会社は辞めました。
    職場環境もよくなかったので結果としてはよかったかと思うのですが、変なトラウマになってしまいました。

    当時は、自分が悪いのかな=、とか今までの常識と違う、そういう社会もあるのか・・・

    結局は、自己愛の人が好きな人と、私が好きな人が一緒だったりしたのもあってなかなか接点が離れなくなってしまいました。

    上司も巻き込んで嫌がらせをされて、私のやった仕事の横取りされつつ果てはその上司(のちに自己愛が、結婚した。その好きな人とは別の人。)から成果横取りなどで精神的にギブアップしてしまいました。。

    最初は美人で明るくて、職場に入ったばっかりのときに仲良くしてくれていい人がいてよかった〜と思ったんですけどね。
    回りに取り巻きみたいに同僚を取り込んでいましたが結局ぼちぼちとみんな辞めていきました。

    もう、過去のことですけどね。
    このとぴのおかげでいろいろ理解できました。ありがとうございます。。。

    ユーザーID:5597438030

  • ありがとう 4度目です

    皆様のレスを読み 私の体験をもう少しお話したいです 上手に説明できませんが落ち着きます 数年前 父が集中治療室に約2ヶ月の入院後 一般病棟に移りました ある日妹から電話で父を転院させたいという事です 理由を聞くと病院が汚いからと言うのです 私は医療関係の仕事をしている知人に電話をして 事情を話し知人の意見を聞きましたが 転院して新しい治療を始める 父の担当医が勧める等の事情以外で 汚いから転院というのは すでに数ヶ月入院している父の病状からして現状維持のほうが良いのではないか?との意見でした 妹にはどのように汚いのか?聞いた所 ホコリが溜まっている 私は簡単な拭き掃除用の紙布を買って使い棄てれば良いのではないか?ホコリは朝掃除しても夕方には溜まるから と伝えました
    そうこうしている間に父の容態が急変し 急いで帰国 即病院に走りましたが 翌日 父は奇跡的に回復 お風呂にも入りました
    私は毎日午後からの2時から7時の見舞い時間は父のそばに居ました 夕方 看護師さんが居ない時にベッドの回り テレビの回り ベッドの下をさぁ〜と掃除 つづきます

    ユーザーID:5188796532

  • ありがとう 5度目です

    夕方 さぁ〜と一枚のティッシュペーパーの様な使い捨ての布で掃除をしている私を知った妹が『看護師さんに当てつけの様な事をして 父が不当な扱いを受けたらどうするの?』私は驚きました 
    翌日 看護士長さんの所に謝罪に伺いました 看護士長さんは『掃除が行き届かなくて申し訳ない』お互いに悪気は無いので穏便に意志の伝達が出来ました 

    結果報告を妹にしたら まさか私が看護士長さんところには行くとは思っていなかったようです 妹は半年近い父の入院中 一切の見舞い客を拒否しました 
    葬儀の時 父方の従姉妹から存命中に会いたかったと言われましたが後の祭りでした 皆様は仕事場を中心に自己愛〜の方々との関わりを話されていますが 私のように家族間での問題はないのでしょうか? 

    ユーザーID:5188796532

  • 横ですが、まいまいさんへ

    学校などいわゆる一般社会から隔絶された場所は、自己愛が一番活性化しやすいと思います。
    なぜなら、教師には心理学の知識が多少なりともあり、そこに公務員特有の「事なかれ主義」が絡まって、ひどい先生になると自分が自己愛に対して「敵ではない」と示すために一緒になってターゲットを攻撃し、しかも揉み消しを図ります。
    学校やその他の子供の為の機関は大人は先生だけですので、イザとなると「子供の嘘」と言う事にされます。この場合もちろん教師は自分がターゲットにならないために「見方」を演じるのですが、そうなると、他の親達も自分の子供が「先生に睨まれたら困る」になるので、当然被害者は孤立します。

    自己愛にとってターゲットは常に一人ではないと思います。子供がいて仕事をして・・・ならば職場でも、子供がらみでも自己愛は牙をむいているでしょう。自己愛は優秀ではありません。
    優秀であれば仕事における達成感で自己を満足させられるのです。私が見てきた自己愛は、自分や家族に対する外見に非常にコンプレックスがあり、ある程度の歳なのにこれと言ったスキルもなく、その努力不足を他人に対する攻撃で自己完結してしまうタイプでした。

    ユーザーID:7790583895

レス求!トピ一覧