• ホーム
  • 子供
  • 海外駐在経験の(住込お手伝いさんを雇った経験のある)方へ質問

海外駐在経験の(住込お手伝いさんを雇った経験のある)方へ質問

レス25
(トピ主3
お気に入り42

妊娠・出産・育児

ぷよん

今度、アジアの某国へ海外駐在することになりました。事情によりやむを得ず単身子連れ赴任です。昼間は私は仕事、子供は日系の幼稚園通いですが、当然、親戚も友人も近くに居ない、事実上シングル親状態になりますので、必要に迫られて、できれば家事や育児などをお手伝いしてくださる現地の住み込みの方の雇用を検討しております。

でも、当然のことながら、日本ではそのような経験はありません。

もしも海外駐在経験のある方で、住み込みのお手伝いさんにお願いした経験がある方がいらっしゃいましたら、以下、雇用の際に留意すべきいくつかの点について教えてください。

(1)住み込みとは言っても、当然「24時間営業」ではないので、実際のところ、どのくらいの拘束をしてもよいものなのか、例えば、我が家の場合は、平日は特に朝と夕方から夜に掛けて、人の手が必要となりますが、そのような状況のなかで、仕事の時間配分を決めて、例えば1日8時間以内といった制限を設けるのか。或いは、住み込みでお願いするのでもっと臨機応変にできるようにお願いするのがよいのか。それから、昼間に家主が留守の場合は、暇な時もあるでしょうから、その時は家のなかで(言葉は少々悪いですが)「遊ばせておいて」よいものなのか。また、週休はどのくらい設けるべきものなのか。

(2)食事を作ってもらう場合、一緒に食べるのか、別々か。同じものを食べてもらうのか、自身の食事は別に作ってもらうのか。また、住み込みの部屋はどの程度のものを用意すべきなのか。(余談かもしれませんが、以前、香港の友人の住み込みの家政婦さんが、キッチンの横の溝のようなところで寝泊まりしていると聞いてびっくりしました)。

(3)その他、衛生面や文化の違い、セキュリティー等で気をつけるべきこと。

…以上、個人的な経験で結構ですので教えてくださると助かります。

ユーザーID:4340035045

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • babysitter

    お手伝いさんではなくて、日本人の学生にベビーシッターとして一緒に住んでもらったことがあります。もし、大都市で、日本人の学生さんなどがいれば、言葉や生活習慣の面で、格安ハウスメイトとしてベビーシッターをかわりにやってもらうのも妙案ですよ。

    ユーザーID:4936906892

  • 本が書けるかも・・

    アジアではありませんが、経験があります。この事については本が書けるくらい色々なことがあり、大変勉強になりました。アドバイスを始めたらきりがありませんが、お尋ねの件から。

    1)労働時間●時間というより、普段は毎日やることを決めていました。食事の支度の手伝いと片付け、掃除、洗濯、アイロンかけ、子どもの世話など。そのうえで夫の帰りが遅い時は先に休んでもらったり、パーティーを開く時は最後まで働いてもらう代わりに特別手当を払ったりと、臨機応変に。

    日中留守にして「遊ばせたくない」時は、エキストラな用事をお願いして行ったりもしますが(窓を磨いてとか、カーテン洗ってとか)、住み込みとなると自分の衣類の洗濯や、朝が早ければお昼寝など、お手伝いさんのための時間も必要です。部屋はたいてい洗濯室の奥にメイド部屋がついていることが多いので、心配いらないでしょう。

    2)食事は、ご家族が何を召し上がるのか、その食習慣をお手伝いさんが受け入れられるか(作るのも食べるのも)によって変わってきます。続きます。

    ユーザーID:0012196694

  • 本が書けるかも・・・2

    続きます。

    3)衛生観念は日本と全く感覚の違うことが多いので、最初に厳しくルールを決めた方がいいですよ。後々まで守られるかどうかはわかりませんが。
    文化が違えば常識も違うのです。

    部屋に鍵をかけることについて、日本的な考えでは「相手を疑っているようで失礼」と思われがちですが、私は強くお勧めします。入ることのできる領域がハッキリしていれば、物の紛失などがあったとき責任の所在もはっきりしますから。

    そのほか、セキュリティに関しては長期に留守をする予定などを前々から知らせないこと。門番や運転手さんなど他の使用人と結託して、旅行から帰ったら家の中が空っぽ・・という事件を聞いたことがあります。

    家庭の中で人を使うのって本当に難しいです。自分の思うように働けるのは自分しかいない、と痛感しています。節度を持った関係を保ち、光らせるべきところで目を光らせある程度は目をつぶって、言うべきことは言って。どうしても駄目な時は、思い切って次を探すことも必要です。

    信頼できる方が見つかりますように。

    ユーザーID:0012196694

  • 住み込みは

    (1)
    基本雇用主が寝るまで。
    新生児がいる家庭では夜の授乳はメイドがやってたりします。
    うちは、子供が小さかった頃は子供が寝て、家の中を再点検してから勝手に寝ていました。今は子供が大きいので、夕食のかたづけ、犬の散歩が終わったら寝ています。
    昼間暇な時遊ばせておくのは仕方ないですね。
    何をしておくべきかきちんと指示をしておいた方がいいです。
    休みはその国によって決まっているはずです。祭日も全てが休みなのではなく、労働局が指定する祭日のみがメイドの休みになります。
    主婦の代わりなので、夜も働く代わり、昼間ちょっと楽をさせても仕方ないのでは?

    (2)食事は、一緒のところと、食事手当てを上げて別にしている家庭があります。うちは絶対一緒には食べません。彼女達も嫌がります。
    東南アジア駐在の家庭なら、メイド部屋があるところが多いのではないでしょうか?部屋が少ない家庭では、子供とシェアという所もあるようですが・・・・・

    (3)気をつけることなど山ほどありますが、衛生面は、感覚が違うので、手洗いや消毒、野菜の洗浄に関しては最初にガッツリ教え込むことです。
    続きます

    ユーザーID:3142209211

  • 某国ですか1

    アジアでも国により事情が全然違うので、赴任される国をはっきりさせた方が正確な情報が得られると思いますが

    私のいる所(タイ・バンコク)では、

    外国からの駐在員は粗お手伝いさんを雇っています。(サービスアパートとホテル住まい以外の人は)
    最近の傾向は、通いが多く、住込みの方は少ないです

    マンションにも依りますが、メイド部屋のある所も多いです
    (うちは通いですが、メイド部屋もあります、4畳くらいで、シャワー、トイレも付いてます
     入口も専用の扉です、こっち側から鍵を掛けるとメイド部屋からは室内に入ってこれません)

    休みは、日曜日と土曜日を休みにするかは、契約内容によると思います

    仕事時間と仕事内容は相談になります、料理までしてくれる人は中々いないかも知れません
    朝と晩で昼間自由時間でのOKだと思います
    (融通はききますので、突然のことは臨機応変で大丈夫でしょう)

    ユーザーID:6555863687

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 続き

    メイドのいる生活は、便利な反面ストレスも大きいです。

    一番大切なのは線引きをすること。
    最初のうちに自分の希望をはっきり、具体的に明確にしておくべきです。

    自分から仕事を見つけてやる、という人は少ないので、細かく指示を出していかないといけません。
    小さい子を見ていながら、携帯等に夢中になって事故を起こすメイドさんも多いので、特にお子さんに関する指示は(こういう言葉を使わない、とか時間厳守とか)しつこい位しておいた方がいいです。

    一度雇うと簡単に首には出来ませんから、最初が肝心です。
    いい人が見つかるといいですね。

    ユーザーID:3142209211

  • 某国ですか2

    続きです

    食事は作ってもらっても別々で食べるようです
    メイドさんの食事は、有るもので作って食べてもらうのと、食費を給料分で渡すのとがあるようです

    衛生面では、日本人と比べると無頓着です
    初めに教育する必要があります
    前に駐在員のメイドをしていた人を雇っても、トピ主さんの納得の行くように仕事の仕方を変えてもらう必要があります

    文化面はその国によって違いますので
    トピ主さんの赴任される国の情報をネットでも使って調べてください

    セキュリティーですが、国によっては、メイドさんが手引きして強盗を引き込むところもありますので、信用の置ける人を雇ってください
    また、現地の賃金は安いです、安易に現金を置かないようにしましょう

    人間ですので、魔が差すこともあります

    メイドさんは現地語しかしゃべれない方が多いです(英語のダメ)
    現地に日本人会があれば、そこで照会もしてくれると思います

    ごちゃごちゃですが、分かりましたでしょうか?

    ユーザーID:6555863687

  • 何人を雇うのかでも違うけど

    何人でお考えですか?
    何をしてもらいますか?子供の世話だけ?家事も含みますか?

    中国の例ですが、当時、幼稚園児と小学生の二人がいた時に現地人の住み込みを雇っていました。衣食住込みで6万円ぐらいでした。
    1)基本的に子供が起きている時間を勤務時間とし、子供の世話と食事作りを含む、家事全般をしてもらっていました。
      通常休みは週1ですが、国慶節や旧正月などは2週間ぐらい暇を出していました(賞与付)。
      日中は家で子供を見てもらいながら家事もしてもらうので、家を解放し、就寝時はお手伝い用の部屋に行き、母屋(と言うのかな?)側に鍵をかけて、彼女が入ってこれないようにしていました。
      貴重品等は金庫を購入してしまっていました。

    2)食事は大人とは一緒に食べませんが、私の作った物が口に合わない限り同じものを食べていました。(彼女は私たちの嫌いな料理は作らない)
      日中子供だけなら、食べさせてもらうため一緒に食べていました。
      
    住み込みなら安全も考えてそれ用の物件にしましょう。部屋は2畳ほどで不憫に思いますが、ルームメイトではないのでその辺りはシビアにしないといけないと思います。

    ユーザーID:1669920641

  • ご参考までに我が家の例を

    新しい土地でいろいろご心配ですよね。ご参考までに我が家の状況をご紹介します。場所は中華圏、メイドさんはフィリピン人です。

    (1)その場所でのローカルルールに従ったほうがいいでしょう。法定の場合もありますが、通常は週1でしょうか。うちでは朝6時起床後20時までは基本的に仕事時間、手が空けばキッチン内や脇の自室で休んでいてもOKとしています。

    (2)同じ物を食べていますが、自分で別に買うのもある程度OK(お金は当方負担)。但しキッチンで別に食べてもらっています。なお、「余談」の例はアジア圏では極めて一般的です。

    (3)貴重品やまとまった現金は金庫に。買物等の現金支出は週1チェック。


    重要なのは1金銭面、衛生面も含めて最初にルールを決め、2満足したときには褒め、問題があればその場で指摘、3何事も100%任せきりにしない、4仲良くなっても言葉遣いを含め雇用者としてのけじめはつける、でしょうか。

    日本的感覚では厳しいかもしれません。しかし彼らは独自コミュニティでローカルルールに通じており、極端な好待遇(当然悪い待遇も)は結局トラブルの種になることが多いです。

    ユーザーID:3922749835

  • 国によると思いますが、


    こんにちは。私はインドネシアに4年間住んでおりましたが、
    国によって事情が違うと思います。
    予定国のコミュニティにてご質問されるのが一番かと思います。

    参考にまで、インドネシアにでは、

    1)の
    >仕事の時間配分を決めて、例えば1日8時間以内といった制限を設ける
    これは無いですね。
    基本的に朝は6時くらいから、夜は私達の晩御飯の後片付けが終わるまででした。遅くとも20:00.過ぎてしまうときは遅くまでありがとうと感謝を告げる。

    2)食事を作ってもらう場合
    一緒に食べることはまず無いです。
    ここは重要だとおもいますが、しっかりと分ける。あくまでもご飯を作ることが仕事なので、食材をあげたりとかも良くないと思います。勝手に冷蔵庫の中のものとかを使うようになってしまいます。

    3)その他、衛生面や文化の違い、セキュリティー等で気をつけるべきこと

    国によると思います。

    参考にならないことばかりで、すみません。
    ポイントは住み込みのお手伝いさんとの境界線をきちんと引くことだと思います。

    ユーザーID:6526116857

  • 中国都市部ですが・・・

    ぽるんさんの月6万円にビックリ!
    うちは住み込みではありませんが近くに別に借りてあげて込みで月1万8千円です。(紹介所の紹介)
    8時〜18時、週1休み、賞与は年2〜3回、1回3千円/回程度。

    (1)友達の所は住み込みで1年中休みなし、月2万7千円程度。
       要求はどんどん言っていいと思います。 
    (2)食事は一緒でも別々でもあなた次第。一緒に食べるなら取り分け箸を用意しましょう。
       衛生的な食材がいいなら買物はすべて自分で。
    (3)セキュリティは以下に。

    一つは必ず鍵をかける部屋を作る。
    身分証明書のコピーを取り、実家もどこか聞き、近くなら見に行く。
    家族はどこで何やってるか詳しく聞く。
    気に入らなかったり、少しでも疑わしい点があればすぐ解雇する。

    (余談)
    子供が寝付かない為睡眠薬を勝手に飲ませる人がいます。
    父母不在時に言葉があまり話せない子供を連れ出し、外で身寄りのない祖母と孫を装いお金をもらっている人もいました。
    昼は誰もいない為内緒でアルバイトをしている人もいました。

    引き続き何でも聞いてください!



     
     

    ユーザーID:1315778273

  • アジアの国にもよると思いますが。

    私は、シンガポール、香港、現在中国に住んでいます。
    お手伝いさんは、それぞれの国で違います。

    シンガポールと香港の住み込みのお手伝いさんは、フィリピン人が主流です。
    そして中国本土は、フィリピン人のお手伝いさんも居ますが、中国人のお手伝いさんが主流です。

    どの国も束縛時間はあまりきっちりしていないので、今日はもういいわよ。というまで働いてくれます。
    香港とシンガポールは週に一度お休みの契約でしたが、中国は業者を通していないので、適当です。
    ちゃんと仕事を細かく指示して、終わったら部屋に居てもらうか、外出しています。
    食事は、自分で作ってるので一緒に食べません。彼女は彼女の分をつくって食べています。
    外国人アパートだとお手伝いさんの部屋があります。どこも小さくて納戸に小型のトイレがついていて、私は監獄と呼んでいます。
    私はトイレは、そこを使ってもらって、小さい部屋を使ってもらっています。

    セキュリティーは慣れるまで心配です。日本人は人を使いなれないので、お手伝いさんに逆に言いようにあしらわれる場合が多いようです。最初が肝心だと思います。

    ユーザーID:1025014085

  • 皆様に補足(1)

    現在アジア駐在中の妻。上にある諸先輩方のお言葉勉強になります・・・
    まず勤務時間ですが、うちは5時起きで掃除、朝食やお弁当の準備もします。昼は私も出ていることがあるので昼寝なんかもしていると思います。
    午後〜夕方から活気づいてまた夕食の準備片付け。夕食片付けあとが勤務終わりになってます。
    お客さんがきて遅くなった時も、うちは普段昼間が暇なので結構働いてもらってます。お客さんの人数が多い時は多少チップをあげます。

    食事ですが、うちは戸建てで、キッチンの奥にメイド用キッチンとメイド部屋があり、食事は完全に別です。

    そのほかに、
    ◎使用期間
    こちらでは正式雇用前に1か月程度の試用期間を置くのが普通。
    即日解雇できる試用期間中に、あれ?と思うことがあったらやめてもらった方が後が楽。
    とはいえ、最初のうちは気付かないので、赴任国の生活に慣れていて親しくなれそうな人がいたら、遊びにきてもらったりして感想をこっそり教えてもらうのもいいと思います。

    続く

    ユーザーID:4703378124

  • 補足(2)

    ◎使用人の話は日本語で
    3人寄ると使用人の話になりがちですが、その際カタカナ語のメイド、ドライバーなどの言葉は使わず、「使用人」「運転手」と、周囲にいる使用人に何の話か分からないように気を使う。

    ◎弁護士
    もし勤務先に使用人関係のことなどを相談できる契約弁護士さんがいれば、活用。正式雇用前に契約書を見直してもらうのもいいし(会社にある程度のひな型があればベストですが)、解雇の際ももめないように事前に相談するといいです。

    ◎トリビア?
    あくまで私の周りの話ですが、お国柄別「使用人を安く上手に使えるランキング」はインド人が一位、その次に国で使用人を使いなれているような人々と続き日本人欧米人はお給料を吹っかけられやすい感じ。
    私の夢はインド系の方に上手にしつけられた使用人を引き継ぐこと・・・。

    最後に、苦労は尽きませんが、使用人関係がうまく回り始めた時は、アジアの生活悪くない!と思うものです。メイドを雇うような国では、周囲の子供を見守る目が日本よりずっと温かく、子供好きが多いのはうれしいです。
    トピ主さんの今後の生活に幸あれ。

    ユーザーID:4703378124

  • 大ショックです!!

    晩御飯はナマズだよさん、そんなに高い料金だったんですね!>6万円

    中国の鄙びた一直轄地から、大都市の直轄地に引っ越したため、金銭感覚が麻痺していたのかも?です。飲料水価格も約6倍(これは日系にこだわったから。普通だと3倍ぐらいかな?)になったし、お手伝い費も5倍に膨れ上がったのも普通のことかと思っていました。なんたって大都市だし。
    他の日本人や欧州人は週3のお手伝いさん(現地人やフィリピン人)費が約3万円と聞いていたので、そんなもんだと思っていたんですが・・・。きちんとした適正価格でやりくりができず、夫に申し訳ない気持ちで一杯です。

    安全のため、地方からの出稼ぎ人ではなく、現地人を雇ったのが敗因でしょうか?
    何度か、現地の紹介所で1h150円ぐらいで試しに来てもらったりしたんですが田舎からの出稼ぎ人のあまりの衛生観念の違いに驚き、奮発したらこの有様。
    ショックです・・・。夫よ、ごめんなさい。
    ですが、事実を教えてくれてありがとうございます!

    トピ主さん、私のようにならないためにも、しっかり適正価格を見極めてくださいね!

    ユーザーID:4244434557

  • アジアの某国ってどこですか?

    中国の場合、全国平均の初任給で大卒2068元、修士卒3068元、北京でも2699元ですから、普通に考えて中卒のお手伝いさんが住居費食費タダで4000元もらえるのは異常ですよね。

    アジアでは誘拐が多いですし、いきなりお手伝いさんを雇うのは危険がありすぎる気がします。私も単身で子供2人いましたが、雇いませんでした。子供は現地園に通わせていました。日系幼では帰宅も早く、毎日お弁当づくり大変ですよね。中国では8時から17時半まで預かってもらい、朝昼夕の3食付き、延長や宿泊もできます。シンガポール系や香港系なら1日の半分は英語の授業の所もあり、年30万円ちょっとです。習い事も充実しています。

    お子さんが早く帰ってきたら、お手伝いさんとローカルテレビ見るくらいですよ、きっと。それなら私は比較的レベルの高い幼稚園に入れることをお勧めです。

    家事は大変ですが、食事は1人なので食べてから帰ってくればいいし、週1、2くらいでお掃除専門の会社に頼めば安上がりだし、よりピカピカです。自分でするのは洗濯くらいで土日はちょっと忙しい感じですね。

    成功を祈ります!

    ユーザーID:1315778273

  • 義姉妹の話ですが

    私の義姉妹は香港に住んでいて
    それぞれ、住み込みのハウスヘルパーを
    長年雇っています。
    (私どもは他国に住んでいますが)

    ヘルパー達は共にフィリピン出身の人で
    朝6時から夜8時くらいまでと日曜日が
    休みになっているそうです。


    私が見聞きした注意事項も他の方々がおっしゃてる事が
    メインですが・・電話について注意を。。。

    日中いらっしゃらないと言う事であれば
    電話は絶対に国内のみ利用できるようにして
    国際電話を掛ける際には、コード番号を入れる
    或いは暗証番号を確認後通話できるような状態に
    しなければならないと思われます。

    前に香港に住んでいた時に、日本人駐在員の奥さんから
    聞いた事がありますが、何も設定して置かなかったばかりに
    日中出かけている隙に、国際電話(そのハウスヘルパーは
    フィリピン出身だった)を何度も掛けられ
    ものすごい金額の請求が来たそうです。

    他の方も書かれていますが、お住みになる国に
    よっても状況は違うと思います。国名を書かれたほうが
    より具体的なアドバイスが受けられるのでは?

    ユーザーID:7763088879

  • 単身子連れ・・・ですか

    それではトピ主さんはメイドさんを仕込む時間は無いわけですよね?
    ココにレスをされる駐在経験のある奥様達は働きながら・・では無いので参考にならない部分もあるかも。

    私はタイ・ベトナムに行きましたが専業主婦状態だったのでメイドさんを一から教えたり出来ました。
    だから経験の無い人(スレていない田舎の娘)や同じくメイド経験無しの中年の夫を亡くした人など
    日本語はおろか英語も出来ない人を面接しての人柄から選びました。
    英語が出来る、外国人家庭に雇われていた、子育て経験のある人は大概賃金は高めです。

    しかし例え高めであっても自分が教える時間が少ないのであれば、ある程度は英語を理解し
    外国人に仕えた事のある経験者を雇った方が良いですよ。
    知人は3階立て戸建に3人家族でしたが、子供は3歳児。メイドは姉妹を住み込みさせていました。
    ただメイドさんと過ごす時間が長いせいか日本語は理解してるけど殆ど話さない子になってました。

    ユーザーID:4944612073

  • きりんさんの意見に同意して一言…

    求める回答と違うかと思い、躊躇しましたが…

    私はタイで”駐妻の立場”で生活しました。
    駐在員妻は夫や子供が安全に生活する環境を整えるのが仕事で、現地で雇うメイドはその補助です。
    言葉や文化、食生活や治安状況まで日本とは全く異なります。メイド経験者や英語や日本語が分かる方を雇っても上手くゆくか(言い方が悪いですが”使いこなせるか”)はわかりません。
    私も洗濯機の使い方すら知らない女性を一から教えました。苦労もありましたが、最後は住み込みをお願いして彼女がいなければ生活が成り立たないほどでした。
    しかし、ぷよんさんの立場だと、最初から住み込みはハードルが高いと感じます。先に単身赴任して落ち着いてからお子さんを連れてゆくとか、日本語の幼稚園の預かりや、日本人のシッターさんの利用等も視野に入れたらどうでしょうか?
    住み込みメイドに絞るなら、その国に住んでいる日本人や日本人会で情報をもらうのがいいでしょう。待遇や生活、気質など全く変わると思います。
    何より大切なのはお子さんの安全です。家事や食事はどうにでもなります。常に「子供の命を任せて大丈夫か」を考えて下さい…

    ユーザーID:4589419718

  • トピ主です

    トピ主です。みなさまからたくさんの貴重なアドバイスをお寄せ頂き誠にありがとうございます。

    私の赴任先は中華圏です。東南アジア諸国とは異なり、メイドさんを住み込みで雇う文化がそれほど定着している都市ではないようです。そのため、不動産屋によれば、メイドさん部屋付きの物件は少ないようです。ただし、多くの方がご懸念なさるように、私は昼間は仕事をしているため、メイドさんをトレーニングする機会が少ないのではというご指摘に関しては、その通りかもしれません。なので、みなさまのアドバイスを聞くにつけ、まずは現地で居住を開始してから、状況を見極めた上で、住み込みか、または通いでお願いするかを判断するのが無難なのかもしれない、と思い始めています。いずれにせよ、子供が夕方に家に帰った後は、基本的には私の立ち会いのもとで、ヘルプをお願いしようと思います。やはり、どんな場合でも、子供をメイドさんと二人きりにするのはなるべく避けようと思っています。(つづきます・・・)

    ユーザーID:4340035045

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • トピ主です(つづき)

    以上を踏まえて、もう少し細かな質問を幾つかしてもよろしいでしょうか。(1)食料品などの買い出しをお願いする場合、食材の安全から考えた品質選び等で価値観が異なる場合は、やはり自分で買い出しに行ったほうが無難でしょうか?(2)食事を作ってもらうと決めた場合は、例えば、事前にメディカル・チェックアップ等(例えば、A、B、C型肝炎やギョウ虫検査等)はしてもらいますか?(3)メイドさんが風邪などの病気になってしまった場合はどのように対応しますか?(4)仮にメイドさん部屋付きの物件ではなくても、鍵などに留意すれば、住み込みをお願いすることは可能だと思いますか?以上につき、個人的なご意見をお聞かせください。

    ユーザーID:4340035045

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 家事担当者とシッターさんを別々に雇うのは?

    住み込み文化が浸透していないとなると、適任者を探すのも大変なのでは?さらにその人の指導が充分にできないとなると、経験者を雇うしかないですね。こればかりは現地の口コミに頼るしかありません。

    ちなみに、上海に住んでいる知人、北京に住んでいた知人ともに通いのお手伝いさんをお願いしているようです。朝8時頃来て、決められた家事をこなして帰っていくパターン。

    彼女達は専業主婦なので、住み込みである必要はなかったわけですが、お子さんが幼稚園から帰宅した後のことを考えると、午後にも人が必要になるわけですね。ならば、シッターさんを別途雇ったほうが良いのでは?住み込みで誰か1人に何もかも任せるのはリスキーです。

    食材が徐々に無くなっているなんていうのは序の口で、家の中の金品をごっそり、なんてことも。それは通いの家事従事者にも言えるので、知人は金目のものは全て日本に置いていってます。また中近東にいる知人は、高級食器はお手伝いさんが来る前に自分で洗ってしまっているらしいです。

    どうか良い人が見つかりますように。

    ユーザーID:9491403185

  • 2度目です…

    なかなか同じ立場の方がいないようで、個人的な経験から意見をもう少し…

    (1)買い出しは日本人向けのスーパーがあればメモとお金を渡して指示することが可能ですが、ローカルの店や市場だと衛生状態や農薬の心配があります。最初は自分で見極めた方がよいでしょう。
    (2)タイの場合ですが大きな病院ならお手伝いさん向けの健康診断プログラムがありますから必ずして下さい。(ギョウ虫位なら投薬で治ります)
    (3)病気は休んでもらうしかないですよね。お子さんにうつっても困る。ある程度の健康管理(医療費)が必要かもしれません。”健康な人”というのはかなり重要な条件です。ついでですが、ご自分やお子さんが病気の場合のバックアップも必要ですね。
    (4)はなんとも…タイではいわゆる出稼ぎで住み込みを希望する人が多いですし、雇用側も非雇用側も住み分けがしっかりできています。

    ぷよんさん最初はお仕事も生活も慣れるまで大変だと思います(もちろんお子さんも)。無理をしないで通いで(多少高給でも)経験者で残業可能な人を紹介してもらいましょう。それから相性とか信頼できるかなどを見極めてから、鍵を渡すようにされたらよいのでは。

    ユーザーID:4589419718

  • 海外短期留学なんじゃないですか?

    中華圏のお金持ちはメイド住み込みが常識です!
    単に情報不足ですね。

    お金持ちなら奥様がご自分で事業されている方が多く、メイドは必須ですから。
    一般人はメイド雇いませんから、普通の家にメイド部屋がないのは当たり前。

    メイド部屋がないのは借りる部屋がそんなに大きくないからです。
    大きな部屋を借りられないのであれば、3部屋くらいのを借りればいい(4)。1つは自分、1つは子供、1つはメイド。

    (1)買い出しして貰うなら、その国の言葉ができないと。
    (2)検査してもらえばいいけど、紹介所からくる人は既にやってると思う。
    (3)そんな突発的なことには誰も対処できないよ。長引くようなら解雇かな。

    ちょっと?なんですが、あなたは夕方帰ってきて、あなた立会いのもとメイドさんにヘルプしてもらうってどういうこと?夕方に帰ってこれるなら自分でやればいいのに。ようするに兼業主婦でしょ?みんな普通にやってるよ。しかも日本人幼稚園の終わる時間には帰ってこれるってこと?じゃあ普通のパートでしょ?っていうかその程度の仕事でビザ出してくれるの?

    ユーザーID:1315778273

  • ありがとうございます。

    みなさま、私の細かい質問に丁寧にご回答くださって感謝致します。

    すみません、もう少し現地のことを勉強してみます。

    お世話になる予定の幼稚園は、一応のところ午後6時半まで延長保育が可能とのことです。ですから、例えば午後5時過ぎに仕事を終えれば帰宅可能だと思います。あと、仕事から帰宅してからヘルプをお願いすることに関してですが、研究系の仕事をしているので、残業は余り無いのですが、平日・休日を問わず、家に仕事を持ち込むことも多いことから、という趣旨です。こちらの言葉が足りなかったのか、「晩御飯はナマズだよ」さんのことを逆なでしてしまったようで、大変失礼致しました。でも、単身でお子さん2人で海外勤務経験者でいらっしゃるようで、こちらとしては頭が下がりますし、学ぶところが多いです。

    ユーザーID:4340035045

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧