• ホーム
  • 話題
  • 「人というものを知った」体験を教えてください。

「人というものを知った」体験を教えてください。

レス20
(トピ主0
お気に入り57

生活・身近な話題

鳥の前足

こんにちは。トピックを開いてくださって有難うございます。
波瀾万丈とは言えない私の人生ですが、2年前に発言小町を読んで以来、色んな人生の疑似体験をさせてもらっています。
数少ない私の実体験ですが、書かせて下さい。

昔の彼(外国人)が浮気をしまして(そのあたりの顛末云々へのコメントはもう過去のことなのでご遠慮下さい…)白人の浮気相手から電話がかかってきました。電話をとった私に英語で罵声を浴びせる彼女。これは録音せねば!と留守電テープで録音。「このイェローモンキー!」という発言が…。彼に聞かせました。ショックを受けた様子の彼は相手に話したらしいです。そして彼が言った言葉が『彼女は貴女が最初に自分のことを『ホワイトピッグと呼んだ。だから言い返したのだと言っている。本当にそう言ったの?』でした。あきれ返った私はその言葉を半分信じているであろう彼にも呆れてしまい、何も反論できず思わず溜息つきました。
今思えば黙っている私を見て彼は私を疑ったかもしれません。
この時、人って色々なんだな、と実感した次第です。
もうずいぶん昔のことなので今皆さんに相談したいわけではありません。

皆さんにも過去の経験で『こんなことあって人というものを再認識した。」ということございませんか?

ここで書いて発散しませんか。

私は誰にも言えずずっと溜めてましたがここに書いて発散させて頂きます。

読んで頂いてありがとうございました。

ユーザーID:3640277209

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • パートさん

    私が20代正社員で働いていた頃、年上の育児中のパートさんと組んでいて、あまり負担をかけてはいけないと思い、何かあると、かばったり、規程時間内に終れるよう仕事量も気にかけて調整したりしてました。

    私には微笑んで『ありがとうございます』なんていいながら、陰では『お嬢がまたでしゃばった』と言っていたそうです。『お嬢』呼ばわれされているとはショックやら腹がたつやら情けないやら。

    それからは、関わる人の微笑みの裏側を読んでしまうようになりました。

    ユーザーID:5316377097

  • 人間とは

    初めて就職した時、『○○さんの縁故と言う事ですぐに健康保険と厚生年金にも入れるよ』と社長・・・嘘でした。
    人は裏切るものであり  嘘をつくものであり  悪意を抱くものである この世に人間が存在する限り 悪人が消えてなくなる事は永久にない
     そして大抵の場合  悪人と言うものは 善人の仮面を つけている

    ユーザーID:2562352735

  • ささやかながら2つ

    その1
    友人同士でテストの点数を打ち明けあってたとき。
    100点が取れて嬉しかったこともあり、聞かれるままに答えました。
    次の瞬間、仲間から「え〜。壁の穴って自慢しぃだ」「むかつく〜」
    えええええええ?聞かれたから答えたのにぃ。
    100点の人他に居るのに?(すごいね〜って言われていました)
    同じ事しても、日ごろの行いやグループ内の立ち位置一つで、
    評価が逆転すると学んだ小五の時。

    その2
    電車から降りたとき、なにやら大騒ぎ。
    どうやらホームと電車の隙間に子どもが落ちてしまった模様。
    しかもホームはゆるやなカーブがかかった長ーーーーい構造。
    素晴らしい速さで伝言リレーで駅員さんへ発信、
    同時に勇気ある通りすがりのサラリーマンが救出に。
    救出後は皆何事も無かったように解散。
    なんか、人って素晴らしい、と感動した大学1年生。

    ユーザーID:5562115425

  • ハイエナ

    ふとしたことで、昔の知り合いに夫が重病で余命いくばくもないことを話してしまいました。
    その知り合いが、やはり昔の他の知り合いに話してしまい、あげくの果てに詳しく話を聞きたいからって、皆に呼び出されましたよ。
    人の不幸は蜜の味。もう、うれしくて仕方なかったんでしょうね。まるでハイエナだと思いました。
    夫の傍にいなければならないから、と呼び出しはお断りしましたが、反省しました。やたらの人にこういう話はするものではないと。

    ユーザーID:4439564811

  • 旅先で

    地元の方々でにぎわう
    銭湯風の温泉施設に立寄りました。

    湯船にゆったり浸かっていると
    たったっと歩いていた小さい女の子が
    すっっってーーーーん!

    女の子は大泣き。
    でも近くにいた一人の年配の女性が
    抱き起しました。
    他の方も心配して声をかけてます。
    少し離れた場所にいたお母さんもかけより
    その子もだいぶ落着いた様子。

    ところが同じくすぐ近くにいた年配の女性、
    こちらは女の子の横を
    怖い顔かつ無言、大股で通り過ぎ出口へ・・・・・

    よかった、女の子は大したことないわねと思っていたら
    (この時点で恥ずかしながら私、まだ湯船の中)
    1〜2分後、先ほど出て行った年配の女性が
    先ほどと同じ怖い顔かつ大股で戻ってきましたよ
    「デッキブラシ」片手に!
    そしてすごい勢いで女の子が転んだ場所の
    床掃除を始めたのです。
    「ここが滑るからあかんねん」
    「他の子も滑ったらいかん」
    みたいなことを言いながら。

    「ああ、こんなおばちゃんになりたい」
      と、思いました。

    ユーザーID:4948479862

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • いじめっ子は永遠にいじめっ子

    学生時代のサークル仲間。ともすれば「あの子キライ、この子キライ」で始まる。そんな彼女がとある瞬間から男子みんなに総スカンを食らうことに。それでちょっとおとなしくなったかと思いきや、途中から新しい女子メンバー数人が入ってくるや、彼女達を上手く取り入って、また勢力挽回。で、今まで何かと仲良くしてた子を標的に、女子全員取り入れイジメ攻撃。彼女は自分がいじめられて、精神的に追い込まれもしたのに、いじめられる側の気持ちってのをちっとも学ばなかったんだなーと実感。

    ユーザーID:5572475404

  • 軒を借りて母屋を取ってやった

    親切心からお世話をしたら、タイトルのような言葉を言われました。
    確かに状況はその通りでしたが「それは人間としてだめでしょう」と思いました。
    良い人ばかりに囲まれて生活していましたので、こういうことができる人が居るのを初めて知りました。

    ユーザーID:5163308228

  • いろんな人がいるからね〜

    集合住宅で・・・まだ子どもが幼児だった頃、一緒に子どもを遊ばせたり(集合住宅の敷地内に遊び場あり)していました。
    だけどその中の一人のママは「市営住宅みたい」(市営住宅にお住まいの方ごめんなさい)と陰で言っていたのを知りました。
    その人は陰のリーダー(当時気がつかなかった私も私かな?)で、徐々に私は子育てママからは仲間はずれでした。
    何故だかは謎。その人は引っ越し(その後教えてくれた人がいました)。大人になっても、そういう人いるのね。
    子どもの学校のママで・・・社交的で情報通、教育熱心かと思っていたママ。
    だけど、自分の都合で情報操作、自分の子だけひいきしてもらいたがる(ひいきしない先生だとその先生の陰口)
    自分を自分の子どもだけをよく見られたいだけの人、それを陰でする人・・・うまいんだ。
    世の中いろんな人がいて深く関わりあうと疲れます。良い人もいるんだけどね。

    ユーザーID:7903251070

  • 同僚の女性

    1年前、職場に一人の派遣社員の男性が配属されました。
    ある女性社員と組んでウェブを担当する事になり。

    その派遣の男性は私に好意を持ってくれたらしく、程なく二人で食事に行ったりプライベートで逢う様になりました。
    彼と組んでいる女性社員が、仲の良い私達の様子を見て、ある日彼に
    「とまとさんと貴方はどういう関係なの?」と聞いたそうです。
    そんな事言われる筋合いじゃないと動揺した彼は「とまとさんに仕事の相談に乗って貰っている」と言った所、その女性社員は
    「そうなの。でもとまとさんは正社員じゃないからね」と。
    確かにその頃私はフリーランス契約で働いていました。
    でも10年のキャリアを持つ私を差別する空気はありません(その上キャリアの年数は彼女の方が下です)。

    この話を私が聞いているのを、彼女は知りません。
    現在も屈託なく私に仲良く話し掛ける彼女をどうしてやろうか、未だに思案してるという訳です。

    ユーザーID:1664812721

  • 美人はやっぱり自分が特別?

    学生の頃に親友だと思っていた人のこと。

    彼女はとてもきれいで、おもしろくて、思いやりがあって
    今思えば、私も彼女に恋していた人の1人。

    私が好きになった人をよくよく観察しているうちに好きになったとのこと。

    私がある日彼に告白をしたと報告をした直後
    彼に「私も好き」と言いに行ったと。
    彼は彼女を選びました。

    まあ、それはやむを得ない。
    彼女を選ぶのはしょうがない、だって魅力的だもの、と
    自分の立ち位置を改めて思い知らされたとともに

    彼女がしてたこと

    私以外のすべての人に彼とつきあっていると報告しまくり
    あげくに
    「ふわんふわんが彼を好きだったから私たちがつきあってること秘密にして」と
    くちを封じていたこと

    バレたときに「ふわんふわんに渡したくなかった」と言われたこと

    おーい
    本当に私のこと思ってるなら
    皆に言うのやめて心に秘めておけよ!
    思いきり「ふわんふわんは格下」っつってるようなもんだぜ!
    と憤慨したっけな。
    恋って自分本位でいいのかなと悩みましたよ。

    今の自分の人格形成に大きな影を落とした経験です。

    ユーザーID:3406001684

  • 浮気をする彼

    元彼(当時27歳)は、お金持ちで、なかなかのハンサム。
    9歳年下の私に夢中な様子。
    当時、未だ高校生だった私の学校へは車でお迎え、私のバイト先にも毎日顔を出し
    夜は、一緒にディナーして、ドライヴしたり、いつも一緒。
    付き合ってからも、会う度に高価なプレゼント攻撃。
    そんな彼と付き合って1年半。
    いつもいつも私の傍に居て、目をハートにしてた筈なのに...
    私の他に、浮気の女性が5人も居ました。
    「一体何時の間に???」と、信じられず、驚きました。
    あれだけ私の傍に張り付いて居ながら、いつ浮気出来たと言うのか!?
    一瞬、思い切り男性不信に陥りそうになりました。
    「マメな男は浮気する」って、本当の話だったんですね。
    別れ話をした時にも、シラを切り通しましたよ、彼。
    そんな彼を見て(一体、この人は誰なんだろう...)と、気持ちが悪くなりました。
    プロポーズされ、指輪も頂いて居たのですが、即、別れました。
    周囲の皆(女性)は「何故、別れちゃったの?勿体無い〜!」と言いつつ
    目が嬉しそうに見えたのも、怖かったです。
    バブル時代の思い出です。

    ユーザーID:5683505579

  • それあなたが言いますかと思った

    28歳の時、同棲していた同い年の恋人に、23歳の新恋人ができ
    別れて欲しいといわれました。
    彼とは7年の付き合い。積み重ねてきたものもあるし
    それをふまえて思いやりあえると思っていたので
    そして後悔したくなかったので、自分はまだ一緒にやり直したいとすがりました。
    その時の彼の一言

    「自分だけ辛いと思ってないよね」

    もう、びっくりしました。1000年の恋もさめます。私に相手の女を思いやれと言ったらしいのです。
    おかげでふっきれました。これって彼の優しさだったのかな。

    いや、厚顔無恥とはこのこと。私もその程度の女だった。
    恥知らずの勝つ人生。生きるって厳しい。
    マンションの敷金戻ってきたやつ清算しなくていいと言ったら
    本当に全額がめてた。自分で言ったことだからいいけど。
    7年間。長かった。幸せな時期もあった。でもすべて台無しになった。
    無感覚で生きよう。そう思った体験です。

    ユーザーID:3264458654

  • コンプレックスは人をゆがめる

    コンプレックスを持った人と付き合っていましたが、あることをきっかけにその人は豹変しました。友達だと思って付き合っていましたが、彼女の本性をまざまざと見ることになり、(あーやっぱりなあ)と思ってしまいました。

    やっぱり自分と同じかそれ以上の友達としか本音を見せて付き合わないようにしなくちゃなあとしみじみ思いました。

    コンプレックスや嫉妬は、その人のありかたをゆがめるなあと思います。
    そういう人には会話ひとつ気をつかいますねえ。

    やっぱり一流の人っていうのは、こちらがどうあろうと、(学歴が良くてもお金があっても)もちろん嫉妬なんてしませんので、何を言ってもかわいがってくれるし、笑っていられます。

    レベルが下の人っていうのはやっぱり付き合いづらい。。。。

    ユーザーID:2741426128

  • 末子妊娠時

    末子を妊娠した時、祝福してくれる人が多かったですが、
    3人目であること、2番目から5才あいていることからでしょうか。

    ママ友「堕ろす?私は2回中絶したことあるよ。大丈夫よ(なぐさめ?)」
    義母「産むのはちゅん太郎さんなんだから、好きにしたらいいけど…(言葉を濁す)」
    実母「病院早い方がいいよ」(私:まだ行っても心臓見えないから来月行く)
       「子供達どうするの?」(私:1番目が幼稚園に行っている間に2番目連れていくけど?)
       「昔は1泊入院だったけど最近は日帰りなのね、でも2番目連れて行って大丈夫?」

    経済状態とか家庭環境とか無理な訳ではないのにこの言葉。
    激しく落ち込みました。

    人の親でありながら堕胎を普通の事だと思っている人が少なからず存在するのだ、と勉強させて頂きました。
    義母実母、末子が産まれた日の午後一番にやって来て、上記を発した同じ口で「よくやった。(長男だった)」
    これもまた普通の事なのです。

    ユーザーID:5904854288

  • 「あの人、独身でしょ」

    祖父が亡くなったとき、たくさんの親戚の人たちと会いました。
    その中に、ある年配の女性の人がいました。
    綺麗な方で、キビキビした感じの方でした。

    妹(既婚)がその人を見て、ニヤニヤ笑いながら
    「あの人、独身でしょ」と言いました。

    聞かれた母が、そうだと答えると
    「やっぱりね。キツそうな感じだったから」とニヤニヤしました。

    ああ、そういうふうに考える子だったんだなと
    そして、私の前でそう言える子だったんだな、と
    (私は相手の有責で離婚して、独身でした)

    私は何も言いませんでしたが
    とてもがっかりしました。

    ユーザーID:5347734520

  • 私も人が「もの」だという事を初めて知りました

    私もあんなことやこんなことがあって愕然としたことや
    怒り狂ったことは山ほどあります。
    でも深呼吸をして少し冷静になればそういうことを自分でも
    知らず知らずのうちにやっていることもあるのではないのかな。
    と思ったりする自分もいるわけです。そうすると、まぁ良いか!
    てな事になって、怒りも静まります。
    ところで今回は「人がものである」という考え方もあることに
    新鮮な驚きを感じました。

    ユーザーID:0068149615

  • 最近知り合った方ですが

    不運続きで、生活が行き詰まっている方なんですが、私は普通に接してました。
    でも、やっぱり生活に潤いがないと心まで荒んでいくんだなあと。

    詳しく書けませんが。

    ユーザーID:4540149108

  • 嘘は真実よりも強し

    現在あがっている「自己愛性人格障害〜」トピともかぶりますが、
    「真実」は「悪意のある上手な嘘」には絶対にかなわない。
    「先に嘘をついたもん勝ち」。
    ということを学びました。

    嘘をついて他人を操作することに命をかけてる人の嘘って
    ほんとにすごい威力があるんですよね。
    周囲の人がどんどん洗脳されていくのを目の当たりにして、
    もう人は信じまい・・・と思いました。

    嘘つながりで言えば、
    女性の嘘に騙される男性の多いこと。(男性の方すみません)
    男性にもてる=男性をだます演技が上手い
    という真実を知ったときの虚無感・・・。

    陰ではその女性に「あいつキモイ」「大嫌い」とか言われてるのに、
    その女性に「あなたのこと大好き☆オーラ」を出されて惚れてしまう男性の何と多いこと。
    学生のときならまだしも、いい年した大人になっても騙される男性が多いことにはショック。

    しかも裏表の激しい女性に限って、男性には「性格がいい」「優しい」「人の悪口を言わない」「裏表がない(!)」と大評判。

    人ってなんなんだろう・・・とつくづく思います。

    ユーザーID:4590470582

  • 「わたしが結婚してやった」って?

    昔、とても結婚したがっている女友達がいました。

    彼女はある男性と出会い、ものすごい勢いで彼を追いかけ始めました。

    彼は今でいう「草食系」でマザコン、しかも無職の男性でしたが、
    彼女はとにかく結婚できるなら、どんな相手でも構わない、と言って、
    出会ってから約5年後に、とうとう逃げ切れないところまで彼を追い詰め、結婚へとこぎつけました。

    ところが、結婚してみると彼女の人生は灰色でした。

    結婚してから3年後、彼女は事情を知る私や他の女友達の前で、
    自分の不幸な結婚生活を呪いながら、「わたしは本当は結婚なんてしたくなかった。
    今のダンナがあんまりしつこく口説くから、仕方ないから結婚してやったのに、
    わたしばかりこんなに酷い目に合うなんて!」と豪語したのです。

    彼女は自分にとって都合の悪い記憶をまったく別のものに塗り替えてしまったようです。

    意外なことに、他にも彼女のような主婦をたまに見かけます。

    人間の記憶って、あてにならないものだと思い知らされました。

    人間の脳内で何が起きているのかを考えると怖くなります。

    ユーザーID:2035709364

  • 私の友達が

    同級生のお兄さんと結婚することになりました。お見合いでしたが、友達は、結婚を決める前に、その同級生と親友のA子に相談。A子は「ものすごくいいお家で、お金持ち。決めなさい。」とものすごくすすめました。その言葉もあって、友達は、結婚。しかし、結婚してみたら、莫大な借金が判明。友達は、そのだんなさんから、1000万円以上のお金を取られてしまいました。それでも、借金がなくならないそうです。友達は、とても後悔しています。A子はというと「私たち、あんな奴やめた方がよいって言っていたよね。」私「すすめたでしょう」A子「私、そんなこと言っていない」です。自分に都合の悪いことは、すべて、消してるんですね。ほんと、人間見たです。

    ユーザーID:1668784927

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧