レギュラーになれない息子(少年野球)

レス65
お気に入り62

マリン

子供

小学6年生の息子が1年前に地域の少年野球チームに入りました。
元々運動が苦手なのですが友達に誘われ、真面目に通っていたのですが、やはりどうしても上達せず、6年生は他に5、6人いるのですが、いつも一人だけ下級生の入ったばかりの子と一緒に練習をしたり、座って練習の様子を見る様に言われたり、試合にももちろん出られません。
あまり愚痴を言わない息子なのですが、昨日涙をうかべながら初めて「野球に行きたくない」と言って上記の事を打ち明けました。

実力の世界なので、それは仕方のない事だと思います。上手な子とうちの子を一緒に練習をさせる訳にいかないのも当然の事と思います。

ただ、野球に行く度に惨めな思いをしている息子が不憫でなりません。
辞めてもいいよと言ったのですが、友達に怒られるからと言って辞めようとはしません。
こんな小さなうちから、挫折感を味あわせてしまい、最初から野球に行かさなければ良かったとも思ってしまいます。
私は見守るしかないのでしょうか。
我が家は母子家庭で私が野球の相手をする事も出来ません。

ユーザーID:3216642377

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数65

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 楽しめる競技との出会いを待つ・・

    ・・というのは、いかがでしょう?

    せっかく始めたスポーツ(他の習い事も含め)を辞めるには決心がいりますよね。

    でも、息子さんなりに努力はされたと思います。

    例えば、球技はダメでも陸上など、黙々と走る競技に向くお子さんもいます。走るのが苦手でも槍投げなどで大きな大会に出場する子もいます。

    まだ、小学生ですし、息子の友達は、少年団、中学部活、高校部活・・すべて別な競技をやっている子もいます。器用な子なら、それぞれでレギュラーになりますし、その時々、違う競技を楽しんでスポーツライフを満喫する人もいます。

    アスリートを目指すのでなければ、多彩なスポーツを経験しておく方が、将来楽しみが増すかも?例えば、職場や、将来の住まいの側には、どんな体育施設があるか、わかりません。

    プールがあれば、水泳を。コートがあればテニスを・・と、その場に応じた楽しみを持てる人になるかもしれません。

    野球は男子の集団競技としては、人気で、人格優れた子も多く魅力ですが、強くするには、親も休日返上で応援必須です。

    トピ主さんにも負担なくできる競技が見つかるといいですね。

    ユーザーID:9191832915

  • 違う競技じゃダメ?

    何か違うスポーツを勧めてみても良いのでは?
    水泳や陸上、武道・・・
    スポーツでなくても、音楽や芸術関係は?(書道とか)
    野球を辞めるかどうかは保留にして
    別の何かを体験させてあげても良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:6772543384

  • 無理しすぎていないか見極めてあげて下さい

    私は中学生になった時、運動音痴を克服するようにという親の勧めもあり、バレー部に入部しました。自分なりに真面目に取り組んだつもりでしたが、全く上達せず、息子さんとそっくりな状態になりました。どんくさい私は顧問、外部の委託コーチ、上級生からも完全に邪魔者扱い。

    1年間悩み続け、最終的に泣きながら「もう辞めたい」と訴えました。
    学校の規則で、部活動を辞める際には理由を原稿用紙4枚以上の作文にして全部員の前で読み上げなくてはならなかったのですが、あれは辛かった…。
    その後、文科系の部活に再入部し、楽しく過ごしました。友達にも「憑き物が落ちたように明るくなった。良かった」と言われました。現在も相変わらずどんくさいですが、それなりに幸せです。

    息子さんのチーム内での状況を知っているはずの友達が「辞めると怒る」というのが「せっかくだからもう少し一緒に頑張ろう」なら良いのですが、野球の実力のせいで変な上下関係が形成されていて、逆らえなかったりすると問題ですよね。自分の辛さを押し殺してまで友達に気を使って無理をしなくていいと言い聞かせてあげてください。

    ユーザーID:6220800266

  • 続けることの偉大さ1

    心中お察しいたします。
    母としてどれほど切ない思いをされているか…。読みながら涙が出てしまいました。

    私もシンママで、息子は小3から野球をはじめ、現在中3です。

    息子はもともと運動能力の高い子でしたが、まともに「使える選手」となるには2年ほどかかったと思います。
    野球は、練習しなければならない内容が多岐にわたります。とても複雑な競技です。そんなにすぐに上達はしないんです。
    もともとの運動能力の差というものもあるかな・・・と思います。
    同じくらいからはじめた子でも、小学校から中学3年まで。一度も正選手になれなかった子も大勢います。

    でも、長い間、わが子とチームメイトを見て来て、痛いほど感じたことは、
    「同じ苦難を乗り越える」という事の尊さです。これはお金で買えるものではありません。
    レギュラー、補欠にかかわらず、同じ目標に向かって努力することにより生まれる連帯感。そして、仲間意識。これは大変尊いものでした。
    バットひきやボール拾いだって、チームの中でとても大切な役目です。
    最後まで続けること。最後まで続けたことは、息子さんにとって大きな財産になります。

    ユーザーID:5617369421

  • 続けることの大切さ2

    心ある監督ならば、最後の試合には、補欠選手をわずかでも試合に出してくれます。
    最後の一瞬でも、試合に参加することで今までのすべてが報われます。
    たとえそれが三振でも。一生の思い出になります。

    そして、同じチームの保護者は、子供たちをみな自分の子のように愛しく思えてくるものです。
    私も、ずいぶんチームのお父さん方にフォローしていただけたと思っています。
    そして私も、レギュラーでない子が一生懸命応援している姿や、その子たちの礼儀正しさや、献身的な行動にいつも感動し、そんな子たちが最後の試合で打席に立った時などは、わが子を見るような気持ちで涙をぬぐいながら見たものです。

    続ける ということは尊いことです。
    野球部のお母さんというのは、とても大変なものでしたが、今ではやってよかったと心から思います。学んだことはとても大きかったし、得た仲間もとても素晴らしかったです。
    辛いことや苦しいことがある分だけ、達成感や感動もあるのです。
    レギュラーが勝てるのは、レギュラーの力だけではありません。
    せっかくはじめたのです。辛い事はあって当たり前です。どうか励ましてあげてください。

    ユーザーID:5617369421

  • 続ける事のたいせつさ3

    長くてすみません。

    幸い、息子さんはお友達に誘われたとのこと。やめるなと言ってくれる友達がいらっしゃるのですよね?
    私もシンママで息子の練習の相手はしてあげることができませんでした。
    息子は、夜は家で素振りをし、外壁に向かってキャッチボールをし、
    休日に時間ができると、先輩の家に行って野球の真似ごとをして上達していきました。
    下半身を鍛えることも大切で、ランニングに行ったりもしていました。
    その誘ってくれたお友達と、キャッチボールなどで一緒に練習してみるというのは無理でしょうか?
    その子もやめるなと言ってくれているのだから、きっと、相手をしてくれると思いますけれど…。お互いに練習になるし…。

    息子はそこまでして、はじめて正選手を勝ち取り、今では野球が自慢の息子になりました。

    息子もはじめて試合に出た時には、ひどいものでしたよ。

    あと、女手ひとつなので大変だとは思いますが、
    お母さんが、つらくても、練習や試合を頻繁に見に行き、わが子の姿を見てあげることが大切だと思います。
    そして他の保護者との付き合いも大切にするといいです。

    ユーザーID:5617369421

  • 手の届く目標を設定しましょう

    トピ主さんがおっしゃるとおり、
    レギュラーになるのは難しいかもしれません。

    もう少し手の届く目標を作ってみたらどうでしょうか。
    たとえば、「守備練習ではエラーをしない」、「バッティング練習では1回はヒットを打つ」など、
    息子さんにとって実現可能そうな目標です。

    そして、それができた場合には、すこし大げさにほめてあげるという作戦はどうでしょうか。
    たいしたことではなくても、ほめられるとやる気が出るものです。

    >辞めてもいいよと言ったのですが、友達に怒られるからと言って辞めようとはしません。
    >こんな小さなうちから、挫折感を味あわせてしまい、最初から野球に行かさなければ良かったとも思ってしまいます。

    本人がやらないとい、のであれば別ですが、
    小さいといってももう6年生ですから、
    できないからといってすべてをやめてしまうのではなく、
    小さなことでもよいので、達成感を味わえるようにしてあげてください。

    ユーザーID:9223286729

  • 世の中はすべて競争です

    >こんな小さなうちから、挫折感を味あわせてしまい

    努力してもかなわないものがあることを知るのもよい経験です。

    言い方を変えれば、お子さんの才能が発揮される別のものがあるということです。

    ユーザーID:4205753993

  • 野球が好きなんでしょうか?

    息子は少年サッカーに入ってます。年中からサッカーを始めて(習い事)、その後、地元チームに所属。チームのポリシーが、楽しめるサッカーなので、大事な試合以外はなるべく交代で、全員出られます。幼稚園時代の仲間を誘いましたが、仲間はみんなレギュラー、息子は補欠。暫く複雑な気持ちでした。
    が、チームの考えで試合には出して貰っていたので、最近伸びてきました。

    お子さんの動機が友人に誘われたとの事ですが、野球は好きなんでしょうか?

    あと残りわずかですが、野球が好きならチームカラーの合う所に変わるのも1つの手かもしれませんね。

    ユーザーID:5259899973

  • 他のスポーツは?

    元々運動が苦手なうえに、小5になってからの入団は正直ハンデだと思います。
    よっぽど上手で上達する子ならレギュラーになれるでしょうが…
    本人が嫌なら他のスポーツに転向させてあげてはいかがでしょう。
    息子さんには水泳や剣道など自分のペースで出来る運動が向いているのではと思います。

    友達に怒られるとのことですが、野球を続けることでマイナス面のほうが大きいと感じたなら
    後々お友達とトラブルにならないよう、コーチやキャプテンの親御さんに相談してから
    辞めさせるのも手かもしれません(息子さんの退団をきちんと話してもらう)
    あとはお子さんの気持ちでしょうか。

    ユーザーID:2824340731

  • やりたい事じゃないなら、やめさせたほうが

    息子さんは、やりたいといってはじめたのでしょうか?
    それとも、「行かせた」のでしょうか?
    息子さんは、「惨めな思いをした」といっているのでしょうか?
    レギュラーになれないから「惨め」と思うのは大人ですよ。
    楽しんで行っていたら、それで良いと思うし、やめたいといっているのを無理にいかせる必要も無いと思います。
    ただ、1回やそこら「行きたくない」といったところで、本心かどうか分かりませんし、別の理由があるかもしれません。本当に行きたくないのか、やめて良いのかきちんと話を聞いて、本気でやめたいと思っているならやめさせたほうが良いでしょう。
    人とは違うことを知る事も成長になるだろうし、どうがんばってもかなわないこともあるのだという現実も知ることで、成長するきっかけになります。
    絶対に何かスポーツをやらないといけないことも無いですし、そこは気楽に考えて、どうしたいのか真剣に息子さんと話をされるのが良いと思います。

    ユーザーID:8491620350

  • うちはサッカーですが

    6年男児です。
    うちも友達に誘われて4年からサッカーをしてますが、息子さんと同じ状態です。

    他の高学年の子供のボールは強くて私も怖いのですが、下手だから息子のボールなら、何とか相手が出来るので、一緒に広場でボール蹴ったり、図書館で基礎上達の本を借りてきて

    2人で 見ながら ああでもない、こうでもない。と下手なりに私もやってます。

    失礼な言い方になりますが、あまり上手くないお子さんとならキャッチボールしたりなら母親でも出来るし野球の本はサッカーより沢山ありましたよ。
    (本で見て、やってみても…上手くなってない息子ですが気持ちの問題)

    監督、コーチに改善点を聞くのも良いかも。

    と、こんなふうに書いてますが勿論、野球を辞める選択もあると思いますが、友達が理由なのは とても私は気になりましたが…

    普段からの上下関係なのでしょうが何だか、そういう部分もうちの子供と似ているので、他人事と思えません。

    ユーザーID:6128881664

  • 挫折はチャンス

    挫折を知ることはかわいそう、というお母さんの考えを改めませんか?
    6年生ですよね。逆にその経験がありがたいくらいの気持ちでいてあげてほしいです。
    思い通りの人生はありえないし息子さんがこれから生きていく中で乗り越えなくてはいけないとき挫折を知っていてなおかつそれに対しどういうふうに乗り切ったかはとっても大切な経験になります。

    まず悔しくても今頑張ってることいっぱい認めてあげてください。
    親が辞めさすとかかわいそうとか思う必要ないです。

    ただ何もせず見守るだけではいけないですよね。
    子どもに判断させ、続けると決めたんだったらいっぱい褒めてあげて!
    息子さんは一人だけ下級生と練習とかしているというので自信自分のことを皆より劣るとか思ってませんか?
    そうじゃないんだってしっかり教えてあげないと。それが大人の役割です。

    人として何が大事で何がいけないのか考え直せば必然と答えが出る気がします。

    ユーザーID:0760427076

  • 続きです。

    すみません。もう少しだけ。
    うちの子も野球やってます。1年生からやってるので一応上手なほうでレギュラーです。
    うちのチームにあなたの息子さんと同じような子がいます。
    彼はいつもベンチだし恥ずかしがりやで声も小さいです。
    だけど、いつも休まず来て試合の時もベンチでも一生懸命試合に集中してる(野球とチームの皆が好きなんだと思う)
    下の子達と一緒に練習したりしてますがとっても頑張っています。
    そして指導者が話をするときも一生懸命聞いて指示があればどんなことにもまじめに丁寧に取り組んでいます。
    そんな彼をうちの息子もですが皆とっても尊敬しています。

    息子さんは皆から信頼されてるんではないですか?
    男の子なので面と向かっていわなくても、辞めると友達が怒る、ってことは皆が辞めてほしくないんではないですか。

    少年野球。上手いだけがすべてではないと思う。
    お母さん、ぜひ頑張る息子さん、誇りに思ってあげてください。

    ユーザーID:0760427076

  • 正当な理由

    スポーツは楽しくやるもので、無理してやらなくてもいいのでは?

    彼が、友達に「○○だから、野球ができなくなった」と説明できる正当な理由を考えてあげては如何ですか?

    例えば「お母さんに無理やり英語塾に行けと言われた」とか。あなたが悪役になっても構わない。野球をやめてホトボリが冷めたら英語塾だって止めても構わない。

    他には「整形外科で関節が弱いから野球はやめた方が良い」と言われたとか。

    頑張ってください。

    ユーザーID:6489048397

  • ぬるいですね。

    6年生で1年前というと5年生から始めたということですよね?
    レギュラーの子たちはどうですか?
    3年とか4年とかから始めてるのではないでしょうか?

    母子家庭でお母さんしかいなくてもバッティングの素振りは出来ます。
    タオルを使ったピッチング練習も出来ます。

    スタートが遅かった分、遅れがあるのは仕方がない事。
    それを埋める為の努力はさせたのでしょうか?

    お子さんが辞めようと思っていないのなら、お母さんは出来る限りの
    応援をしてあげるしかないのではないでしょうか?

    うちの息子は中学校の野球部から始めたので
    試合には殆ど出れませんでした。
    でも「辞めたい」とは一言も言わなかったです。
    息子はバッティングも守備も上手じゃなかったのですが
    足だけは速くて、代走くらいしかやらせてもらえなかったけど
    高校に行ってまた野球部を選んでいましたよ。

    監督さんに相談して、自主練メニューを作ってもらっては如何ですか?
    「辞めるのは簡単、努力は今しか出来ない」
    社会に出てからも大切な事です。応援してあげて下さい。

    ユーザーID:9286738671

  • 息子さんの成長を見守りましょう

    私はあるスポーツの指導者をしている女性です。

    息子さん、よく頑張っておられますね。
    トピ主さんは息子さんに「よく頑張ってるね。でも辛くなったらいつでも辞めていいんだよ」と声をかけること、それだけで良いし、それだけで十分親としての役割を果たせると思います。

    野球を始めさせたのが悪かったのか、なんて考える必要はありません。続ける・辞める、後は息子さん自身が考えることです。この考えることこそ、息子さんの心の成長につながると思います。

    それに、友達がいるからという理由で習い事を続けるのは、この年齢ならごく当り前ではないでしょうか。

    どうぞ、息子さんをあたたかく見守られて下さいね。

    ユーザーID:6776228029

  • 親の我慢のしどころでは?

    不憫で見てられないお気持ち、よーーーーーく解かります。
    が!!口を出さない方が良いです。
    ものすごく良い経験だと思います。悔しい事も、挫折感も。
    友達に怒られるからどうしようか、これからじっくり考えると思いますよ。
    彼がどんな結論を出しても「そうなの」だけにするのが一番だと思います。
    「それが良いと思う」と言うのも止めといた方が良いと。
    ひとり親の家庭でもキャッチボール出来ませんか?
    不得意な事をどうやって克服するか、良い経験になりそうですが・・・。

    ユーザーID:0762909497

  • こんな小さなって・・・

    6年生じゃないですか!
    挫折感の一つや二つ、あってもいい年齢ですよ。
    一年間頑張って、だからこそ涙を流すほどの挫折感を味わった事、
    一生の財産になるのではないですか?

    12歳、そろそろお母さんの身長を追い越すのでは?
    いつまでも小さいと思っていたら、世間に笑われますよ。

    ユーザーID:6000201570

  • 厳しい意見ですが・・・

    息子さんがその少年野球に参加した動機も又辞めない理由も「友達が・・・」と云うのが気になります。
    しかもチームに入ったのは1年前との事。他の子達はもう少し早くから通っているのでは?(小学5・6年のみのチームですか?)

    それに、最初のきっかけはどうであれ「野球が好き」→「上手くなりたい」という自らの意思はないのかな?
    練習日以外に、自主練習する等の努力をしてますか?母子家庭でも、休みの日の30分ぐらいキャッチボールの相手できませんか?素振りなら、相手が居なくったってできるしね。

    元々運動神経が良い訳でなければ、それをカバーすべく練習あるのみ。
    器用な子はしょっぱなからそこそこ出来ちゃったりするけど、野球をやってる全ての子がそんな訳ない。
    本当に上手くなりたい子は、毎日練習してます。(近所には、夕方ランニングしてる子と、素振りしてる子がいますよ)
    真面目に「練習(だけ)に通っている」だけでレギュラーになれるほど甘くないと思うけどなぁ。

    今回の件は、いい勉強になるのではないかと思います。
    息子さんが本当にやりたいと思えるものに出会えるといいですね。

    ユーザーID:7787972929

  • 何故レギュラーなの?

    私の息子も補欠でした。
    最初は泣きましたが、補欠でもチームの為に頑張る事を学びました。成人した今もその頃のチームメイトと草野球を楽しんでいます。誰でもどんなものでも上手い下手は在りますけど、今日は応援頑張ったねとか、今日は上手く打てたねとか励まして野球の楽しさを経験させてあげてください。

    ユーザーID:6690069374

  • 分かります、辞めてくれないんですよねえ

    そんなにつらいなら辞めればいいのに、友人に悪いからの方を優先しちゃうんですよね。これぐらいの年齢の子は。
    私としては、辞めても友達は友達だし、辞めてその友達が離れていってしまうのなら、本当の友達じゃなかったんだよとか説得するかなあ。
    まあ、六年生なら、あと少しがまんすればいいかもしれませんが、本人と友人の価値観の違いを教えてあげたいですね。

    ユーザーID:8834470978

  • 何が問題かを把握してください

    お子さんの事、心配ですね。
    運動は特に向き不向きがありますから、お子さんにとってはとてもつらいと思います。少なくとも自分の心にしまわずに、相談をしてくれたと言うことですので、親子のコミュニケーションは出来ているわけですよね。先ずは単純に辞めてもいいよではなく、もう少し詳しく様子を聞かれてみてはいかがでしょうか。
    辞めると友達が怒ると言う事にしても、どういう友達で、どれくらいの付き合いがあって、どのように怒られるのか。上達しないのを友達は分かってくれているのかどうか。 分かっているとすれば、いじめまでは行かないとしても、それに似通ったものとも考えられます。
    いろいろ解決の方法はあると思いますが、「例えば」野球に引き込んだ友達の助けを借りる発想もあります。辞めるのを駄目といっているわけですから、その友達に協力をして貰って、野球が上手くなるように一緒に練習をして貰うように頼むとか。友達ですから、家に呼んであげておやつをご馳走するくらいはOKですよね? その時に運動が苦手な事を説明して、上手くなるように手伝って貰えるかどうかを聞くという手もある訳です。文字数制限でここまでしか書けませんが

    ユーザーID:7488043426

  • 賢明な撤退

    是非やめさせて下さい。好きでもない事を惨めな思いで続けても良い事はありません。心が傷付きとんでもない事になる場合だってあります。そもそも野球を続けたからといって根性・連帯感・スポーツマンシップが身に付くとは限らないんです。運動なら水泳・アーチェリー・空手、文科系なら絵画・彫刻・合唱でも、本人が興味を持てそうなものをとりあえずやらせても良いと思います。お友達の件は 『 どうしても辛くて出来ない 』 と勇気を持って断りましょう。

    ユーザーID:5227021145

  • 賢明な撤退

    是非やめさせて下さい。好きでもない事を惨めな気持ちで続けても良い事は一つもありません、心が傷付くだけです。そもそも野球をやったからと言って根性・連帯感・スポーツマンシップが身に付くとは限りません。運動なら水泳・アーチェリー・空手、文化系なら絵画・彫刻・合唱等、当人が楽しめそうなものを取り敢えずやらせて見ても良いと思います。友人の件は 『 辛いのでどうしてもやめたい 』 と勇気を持って断りましょう。それで離れていく友達なら元々本当の友人ではありません。

    ユーザーID:5227021145

  • 3人の少年野球母より・・・

    今の時期、いろんな大会があり、
    試合に出れない子は応援で一日終わるという日もあるでしょう。

    トピ主さんの息子さんが入ったチームは強いチームなのかな?
    うちは、ガンガン強いチームなので、上手じゃない子はやっぱり
    レギュラーにはなれません。たとえ小1から始めた子でもです。
    小4からひょっこり始めた運動神経のいい子がレギュラーなんて
    いくらでもあることです。

    うちは背が小さくてパワーがないので、毎日 マメだらけになりながらも
    自主練、してます。 出たいから、レギュラーになりたいからです。
    『小5から始めたし、運動神経も…』という子を
    お情けでレギュラーにしても意味がないと思います。

    子供の世界でも『あいつ努力してるからレギュラーなんだ』と
    思える仲間でないと 一緒に戦えませんよ。

    ただ、野球の楽しさは知ってほしいのでレギュラーにこだわらず
    続けてほしいです。

    >母子家庭で私が野球の相手をする事も出来ません

    いや、ほとんど どこも母親は手出ししませんよ。
    自分で毎日バットを振り、友達を集めて放課後練習するんです。

    ユーザーID:9655121624

  • ・・・

    ・・・実際 打てない 取れない子がレギュラーになって
    試合に出されるほうが 針のむしろですよ・・・。


    >こんな小さなうちから、挫折感を味あわせてしまい

    それは小学校低学年までのセリフでしょ。
    いつまで子供扱い?

    母子家庭なら逆にこういうところで しっかり鍛えてもらったほうが
    彼のためになると思いますよ。

    ユーザーID:2120320318

  • 私なら辞めさせます

    運動音痴に少年野球やらせるなんて地獄ですよ。
    他との差を見せ付けられるだけで、息子さんは他のことにまで自信を失っていくでしょう。
    勉強の苦手な子を無理やり偏差値の高い大学に行かせようと思いますか?
    私の甥っ子は「続けることに意義がある」と少年野球を続けさせられ、4年からレギュラーの弟や友達との差を見せ付けられ、すっかりスレた子になってしまいました。
    好きでもないものを涙をこらえながらする時間があるのなら、他にやりたいこと、得意そうなことを探す時間に充てた方が今後の人生のためになると思います。
    お友達に怒られるのは、お友達たちが息子さんを見て優越感を味わうためでしょう。
    トピ主さんからわかりやすく理由を説明してもいいのでは?

    ユーザーID:0229123974

  • 辞めるのもひとつ

    元運動オンチです。といっても私もすべての運動が苦手なわけではなく、球技のみ苦手です。

    息子さんが興味のあることは何ですか?もし下手でも野球に興味があるなら続けてもいいと思いますが、友達のためにという理由なら辞めさせてもいいのではないかと思います。人間向き不向きがあります。不向きなことを続けていても時間がもったいないと思います。お母さんのサポート加減で挫折にもなるし、自分の適性を知る良いきっかけにもなると思います。

    いくら友達であっても、マラソンは独りで走るもの、自分のペースを守るということを学ぶよいきっかけにしたらいいと思いますよ。

    どうせ同じ時間なら楽しくいきましょう

    ユーザーID:8810222371

  • 野球は好き?

    2度目のレスになります。

    意外に「続けさせてみては」という意見が多くて驚きましたが、一番大事なことを質問し忘れていました。

    息子さんは、元々、野球が好きでしたか?

    チームでの連帯感や、続けることの大切さは、「たとえ下手であっても、野球そのものが大好きでしょうがない」という本人の意思が大前提ですよね。
    だからこそ頑張れるのでしょうし。
    ただ、監督が試合に勝つことだけを重視すると、そのような結束や心温まる交流は生まれにくいと思います。足手まといはバッサリ切り捨てられ、子供達にもその空気は伝わりますから。

    息子さんが、今は弱音を吐いてしまったけど、本来は野球好きで、少しでも上達するよう頑張りたいと思っていれば、参加する意味もあるし学ぶことも多いと思います。
    でも、友達に誘われたからなんとなく入ってみた。野球もそう特別好きじゃない…という場合は、わざわざ傷つきに行っているようなものです。

    息子さんの本音をぜひ引き出して下さい。

    ユーザーID:6220800266

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧