「悪魔の花嫁」について語りませんか?

レス179
お気に入り302
トピ主のみ54

微茄子

話題

マンガ『悪魔の花嫁』。去年やっと「最終章」が発売になったと思ったらまた休止(苦笑)

最終章で久々にみたデイモスはなんかちょっと可愛い感じになってましたね。
しかも子供の雑誌の付録に載ってた呪文で呼び出されて「付録?(汗)」と言ってるあたりがなんとも丸くなったもんです(笑
(※実際は秘薬で呼び出されたのが理由ですが。(と、本人は言っている))

西洋人のヴィーナスに瓜二つの美奈子がなぜ日本人なのかはさておき
でも昔の連載時のあの小気味のいい切れ味とテンポの一話完結時代の方がやっぱり好きです。
単行本は実家にありますが、また読みたいです。

皆さんの好きな話、ツッコミたい所、なんでも結構です。お話ししませんか?

私は
【好きな話】
資産家の老婆を世話する在宅看護師が遺産目当てに虐待を続けて遺言を書かされる。
でもお手伝いの女の子がデイモスと契約し、資産家の息子を生き返らせ看護師と結婚させるが階段から落ちて看護師は寝たきりに。
お手伝いさんは「私がお世話します。・・・奥様の時と同じように(ニヤッ)」という話。
悪魔の花嫁らしいどんでん返しでした。

【切ない話】
蝶の葬列・・だったかな?那智と蝶子の話。あと30秒毒入りジュースを飲むのが遅ければ
2人は幸せに暮らせたのに、と何とも切ないです。

【ツッコミ所】
クリーニング屋の女の子が舞台衣装を拝借して着ている話。
「ほら今、姉が生き返った!」と作り話で脅された美奈子が怯えて屋敷を飛び出して
パニック状態の美奈子はグイッと腕をつかまれる。「キャーッ!!」
それはデイモスだった。そこで美奈子の一言。

「なんだ、デイモスなの。ホッ」

その人、悪魔ですよ?慣れって怖いですね(笑)

あと、ヴィーナスで美奈子(び・な・す)って夜露死苦(よろしく)みたいな感じですね。

ユーザーID:2285577601

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数179

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「最終章」って

    見た瞬間、ついに決着がつくのかーなんて読んでみれば。。。。ガクリ。

    連載が再開されただけでもヨシとしよう。と自分に言い聞かせてます。

    この漫画を読むようになって、人の怖さと弱さを知りました。
    絵がきれいだから尚更残酷さが際立つのでしょうかね。

    好きな話。というより、覚えてるのが何回か登場してる天使。
    どこが天使なんじゃい!って。
    死神から美奈子を守ったり、心をもった人形を弔ったりするデイモスのほうが、よっぽど優しく見えます

    追伸。私も付録で登場したトコ、笑いました。

    ユーザーID:8627819500

  • 懐かしいー

    私も読んでましたよ、「悪魔の花嫁」
    あんまり美人なのも大変だなあー、と漫画ながらも思ったもんです。
    私の好きな話は、「泣き黒子」のあるお姉さんを持ったスターが、美奈子に恋して、でもそのお姉さんに反対され、逆上したお姉さんともみ合っているうちに、階段に刺さっていたカミソリにお姉さんの首がザックリ!!
    ヒャー、怖すぎる!
    で、弟もカミソリで。
    という展開。
    どんなにいい男が近づいても恋は実らない美奈子。
    だって、ディモスいるからねえ。
    ディモスもかなりいい男なんだよね。
    ディモスの手をとったらどうなるのかな?
    ヴーナスと入れ替わるだけなのかしら?

    ユーザーID:8597713425

  • タイトルにつられてやって参りました

    こんにちは。「悪魔の花嫁」大好きでした。
    子供の頃は気づかなかったけど、デイモスってセクシーですね。

    さてトピ主さんお書きの話、どれもよく覚えています。
    私の今でも思い出せる話はというと。
    「怖い話」
    生きた女性が考古学者の夫の手でミイラにされてしまうのです。
    ミイラと対面した美奈子が、ミイラの指のスカラベを発見して、奥様だと気づくのですが、今思い出しても恐ろしい…

    「切ない話」
    美奈子のふりをしたビーナスが、「そのつづらの中の蛾はビーナス。私を愛しているならその蛾を焼いて」とデイモスに言うのです。
    デイモスは持っていたたいまつを、つづらではなく自分の胸へ…
    その後ビーナスの「愛する人の心を試した自分が悲しい」みたいなセリフがありました。とにかく切ない。

    ツッコミ所は、結構美奈子って惚れっぽいよね…って所です。
    惚れた人が不幸になって、「もう誰にも恋しないわ」って感じで駆けていくラストを「何度も」見た気がします。
    皆さんの他のレス、楽しみです。

    ユーザーID:2334390697

  • 好きです。

    トピ主さんがあげてらっしゃる話も大好きです。
    話も絵も大好きなので、嫌いな話はないかもしれません。

    好きな話の一つは美奈子が「月光のネラ」(だったかな?)の肖像画の吸血鬼に殺されそうになるところをデイモスが助ける話です。(結構デイモスは美奈子を助けていますよね?)

    切ない話の一つは妹ビーナスが兄デイモスの愛を疑って能面をつけた美奈子になりすまし、「籠の蝶(=ビーナス)を殺して」と迫る話。ビーナスの切ない気持がたまりません。

    突っ込みどころは、「ここどこ?日本って設定?」って思う時と、「あれ?美奈子いくつ?」って思うときです。
    まぁ、いいんですがね。

    ユーザーID:4581842427

  • 絵が好きでした

    HNが面白いですね!

    まんがから遠ざかって何十年ですが、久しぶりに読みたくなりました。

    うろ覚えですが、蝶のあざが転生の証拠になっている女性の話が好きでした。

    あぁ、大人買いして全巻読みたいな。何巻あるんでしょうか?

    ユーザーID:3529558714

  • 懐かしい!

    新刊がでていたんですね、早速探しに行ってみます。

    私の記憶に強烈に残っているのは、杉油をのまされ続けて
    生きながらミイラにされちゃった話です。

    トピ主さんの好きな話、階段で突然ホネになっちゃう話、私も好きです。

    実家に確か残ってたかな、また全巻読みたくなっちゃいました。

    ユーザーID:7404113384

  • 懐かしい

    36歳主婦です。

    自身では所有しておらず、学童保育に置いてあったコミックスを読みふけりましたねぇ

    覚えているのは、凄く太ったお手伝いさんがその家の奥様を殺害、その後ダイエットでやせて綺麗になり、屋敷の主となっていた恋人と結婚、奥様に成りすます、という話がありましたね。

    あと、たまにあった神話時代のお話とか好きでした。
    爪をオシロイバナで赤く染める少女の話。神話時代は恋人に殺されてしまい現世に転生。兄妹として生まれ変わったが再び兄に殺されてオシロイバナの根元に埋められる。美奈子の足元に埋まってたような。

    美奈子はモテモテでしたね。どんな男の子も美奈子好きになって不幸になる。
    最新のものは本屋さんで立ち読みしました。

    ふいに、読みたくなります。

    ユーザーID:8213935736

  • 猫の生まれ変わり

    貧しい男性の飼い猫を見殺しにした資産家夫婦の元に、その猫が同じドクロのあざを持つ娘として生まれ変わる話が好きでした。

    その娘は無駄遣いばっかりして、ついにはその夫婦の財産を食い潰すのですが、無駄遣いばかりする我が娘は、その猫の生まれ変わりかもね、と夫と笑っています。

    あとは意図的に太った女性が恋人と共謀して、ある女性を殺害し、またたくまに元のスリムな体に戻る話も好きでした。
    あの痩せ方を教えてほしい!

    ポーの黒猫のオマージュも好きでした。

    ユーザーID:9189651123

  • 早くつづきを〜

    子供のころ読んで、美奈子の住んでる家のでかさにびっくりしてました。
    親の職業は出てこなかったと思うのですが、20畳ぐらいありそうな部屋の中にベッドや机のほかに丸テーブルと椅子!普通の高校生の部屋には丸テーブルなんてないでしょう。
    そして窓の外には広いバルコニー。ベランダではなくバルコニー。
    あんな大きな家に住めて、かわいくて、勉強もそこそこ出来て(大学に進学してますよね?)怖いものなし!と思っちゃいます。最近はデイモス見ても怖がってないですし。

    ユーザーID:4028852157

  • なんと!!

    連載再開したのですか!!

    昔、あしべゆうほさんと池田悦子さんの間で揉めたとかで未完になったと聞いたことがあったので(真偽不明です)
    もう、どうなるか読めないんだなぁと思っていました。

    今手元にないのでわからないのですが、
    当時のコミックスの表紙が10巻くらいからかな、とても綺麗な絵で大好きでした。
    印象に残った話は、はじめのほうので
    エジプト古代遺跡が舞台で、お手伝いの女の子が女王蟻の化身の国王に
    足の親指に卵を植え付けられてしまう話です。
    当時小学生でしたが、もう蟻が怖くて怖くて。
    蟻がいそうなところは、靴の中で指をぎゅっとまげて歩いてました。

    ユーザーID:5927181834

  • ファンでした

    子供の頃デイモスが夢に出てくるほど好きでした。
    ギリシャ神話にからんでいるところや美奈子のセレブっぽい生活にも憧れていました。
    伊藤かずえさんが美奈子の声を演じたサントラも買いましたよ。

    私が好きな話は、美奈子が一人暮らしのおばあさんを尋ねていって地下に閉じ込められる話です。
    美奈子が死んだらヴィーナスが体を乗っ取るという最初の計画通りになるのに、
    やっぱり美奈子を見殺しにはできないな、しゃあないな〜とデイモスが助けに行くというラストでした。
    ヴィーナスと美奈子の間で葛藤するデイモスと、ヴィーナスの気持ちを思うと切なかったです。

    子供ながらつっこんだのはデイモスが
    「くしくも名前まで同じ美奈子(ヴィナス)」というセリフで
    当て字かい!と思ったのを覚えています。

    どんな話でもいいから最終回を作ってくれないと心残りで死ねないです(笑)

    ユーザーID:4159771414

  • 読みたくなりました。

    悪魔の花嫁。好きですね

    私はストーリーはどちらかと言えば苦手。

    でもディモスとヴィーナスと美奈子の関係に惹かれます。
    ディモスが愛しているのは美奈子の方じゃないの?と思わせるところが
    憎いです。
    読者はヴィーナスに感情移入して胸を焦がし、また美奈子になって幸せ感に
    浸れます。
    話の最後に、登場するヴィーナスが哀れで・・好きです。

    アリが人間の姿になっていて、卵を産みつけられていて、というストーリが印象的でした。

    ユーザーID:2431580602

  • なつかしーい!!!!

    ああ,思わず職場のモニタを見ながら心の中で叫んでしまいました。
    (↑あの,仕事は?)

    大好きでした,悪魔の花嫁。
    でもあんなに好きだったのに,そういえばラストを知らなかった。
    まだ完結してなかったんですね。

    少女漫画らしい絵柄と恐ろしいお話のギャップ,
    そしてデイモンのハンサムっぷりと
    ときどき見せる優しさに子供心にドキドキしたものです。

    へー,そうなんだー!この漫画で初めて知った知識もいくつかありました。

    1.蘭の育種をする温室では,わざとクモに巣を張らせる。
    (たしかこのお話では蘭の肥料が人を焼いた灰・・・でしたっけ?)
    2.ドライヤーのスイッチを入れたまま放置しちゃダメ,絶対。
    (↑この美奈子のウッカリのせいで館が焼失,殺人者の壮大なトリックが水の泡になった覚えが。)
    おかげさまでいまだにドライヤーのスイッチ,気をつけてます。

    好きだったお話は,砂漠で永遠の命を持ったまま生きながらえる老婆の話。
    確かギリシャあたりが舞台で,黒髪の綺麗な女の人が豹みたいなガラの織物をまとって叫ぶシーンが印象に残ってます。具体的にどんな話しだったっけ・・・覚えているひと教えてください!

    ユーザーID:8344282000

  • 「悪魔の花嫁」好きです。古本屋で見かけると必ず立ち読みします。
    好きな話というより、印象に残ってるのは、うろ覚えですが少女が悪魔との契約を結び願いを叶えるというものです。
    確か少女は砂を握りこの砂粒と同じだけの寿命をと願うのですが、永遠の若さを寿命と一緒に願わなかったため老いさらばえた醜い姿で死ぬことも許されず何千年もいき続けるという話です。
    絶対気がついてるのに、寿命だけで若さを与えないなんて、さすがは悪魔だと当時思ったものです。(笑)

    ユーザーID:7414839779

  • そ、そうだったの…

    タイトルに惹かれてやって来て、やっとわかりました。

    >「くしくも名前まで同じ美奈子(ヴィナス)」というセリフで
    >当て字かい!と思ったのを覚えています。

    鈴さん、ありがとうございます! ずっと謎だったんです。
    『美奈子』って美の女神みたいな意味になるのって?(汗 アホ全開です…)

    ま、それはさておき。
    この作品のおかげてギリシア神話に興味を持ったり、ドガの「踊り子」という
    絵画があるらしいと知ったり、年末には第九を聞くという文化があることを
    知ったりした田舎の小学生〜でした。

    私も細かい物語は忘れていますが、親指に蟻の卵を産み付けられた(埋め込まれた?)話は
    ものすごく印象に残っています。
    で、これが後々寄生虫関係の本を読みあさるきっかけのような気がします…。


    お面の下張りには和紙(使い回しの手紙等)が使われているとか、
    淡路島の人形浄瑠璃とか、いろいろと雑学も豊富だったような気がしますね。

    ユーザーID:3407942119

  • 大好きです!

    中学生の時すごく流行ってました。
    大好きなマンガです。
    クールセクシーなデイモスに惚れてました(笑)

    トピ主さんがあげている資産家老婆の話は私も好きです。
    あれはスカッとしますね。
    「イジワル看護婦ざまーみろ」って感じ!

    その他印象に残っているのは(うろ覚えな部分もありますが)、
    フランスの貧しい娘がマリーアントワネットと入れ代わる話。
    意地悪な継母と姉に冷たく扱われている女の子が、
    流し雛を使って復讐する話。
    ブサイクな女の子が病弱な(?)美少年に恋をする話。
    醜い腹話術人形(実は人間)の話。
    耳たぶをコレクションしている女性の話。
    生きたままミイラにされてしまう女性の話も怖かったですね。

    それにしても美奈子は知り合いが多すぎませんか?
    どこにでも顔を出しますよね。
    あと、目の見えない人と顔に傷のある女性が多すぎ(笑)

    最終章は読んでませんが、まだ未完なんですね。
    一体最後はどうなるんでしょう。
    デイモスが美奈子とヴィーナスのどちらを選んだとしても、
    また、どちらも選べなかったとしても、切ない結末になりそう・・・。
    まさか美奈子の夢オチとかないですよね(笑)

    ユーザーID:6736798215

  • 蟻の卵、最強!

    新刊出てたんですね。早速チェックします。
    蟻の卵、皆さんあげてますね〜。鉄の靴を履かされるんですよね。
    蘭の話も覚えています。美奈子の探偵気取りの衣装が印象的で。

    私が怖いのは「ほたるにえ」
    記憶喪失の青年は実は村の風習から逃げ出してきたのだった…
    「真っ黒い手紙」のトピを見るたびに思い出してしまいます。

    設定が秀逸なので完結しないのが良いと思ってたんですけどね。

    ユーザーID:3015185602

  • まだ終わってないんですか

    80年代のコミックは大抵読みましたが「悪魔の花嫁」は絵がきれいだったので「王家の紋章」よりは気に入っていました。ヒロインの美奈子は読みようによっては「ビーナス」なんですよね。懐かしいです。ビーナスは金星、ディモスは火星の衛星なんだけど何だってこの二人が恋仲になるのか名前の付け方に疑問を持ったものです。特に気に入っていたのが科学の力で永遠の美と命が手に入ると言っていた美奈子の同級生がディモスに人形にされてしまうストーリーでした。

    ユーザーID:2604223361

  • まだ継続してたんですかっ

    デイモス 大好きでした 初めて読んだのは小3の時ですね 成人になってから五巻くらいまで買いましたが…

    一番好きなストーリーは同棲中のカップルで、苦学生の彼を助けるためにキャバレー勤めをして彼を支える彼女(ビーナス?)
    建築のコンペに入選した彼はあっさりクライアントのお嬢様(美奈子?)と婚約し、彼女をポイ捨て
    彼女は自ら部屋に火を放ち火傷を負う。 我に返った彼は彼女の元に戻ってくる… というものでした
     
    あとドガの絵とか、マリーアントワネットとか、詳しく思い出せないですが…

    あー実家に帰ってまとめて読みたいっっ

    ユーザーID:4907935641

  • すみません

    トピ主さんの最後の一文、なぜだか読み飛ばしていました。

    >あと、ヴィーナスで美奈子(び・な・す)って夜露死苦(よろしく)みたいな感じですね。


    …皆さん、気がついておられたんですね、ヴィーナスと美奈子、どこがどう一緒なのか。
    ほんま、アホ全開ですみません…。

    ユーザーID:7233378398

  • トピ主です

    古いマンガなのでレスが1つもつかないかもしれない・・・と思っていましたが
    たくさんレスいただいて嬉しいです。

    ツンドラ気候様
    どんぐり天使ですよね。「嘘の方がいい事もあるのに」とデイモスに言わせるほど。
    よっぽどデイモスの方が優しいかも(笑)

    クリップ様
    その話はぼんやりとしか思い出せませんが、カミソリの部分を読んでそのシーンだけ思い出しました!
    ゾゾゾゾー!って感じですよね!

    子ヤギのしっぽ様
    ミイラにされる話ですよね。あれは怖いっす(汗)そして確かに美奈子は惚れっぽ過ぎますね。
    「もう恋なんて」と誓いながらもイケメンばかりが寄ってくるのは弱いかも(笑)

    かなめかなと様
    肖像画の吸血鬼、ありましたね!最後には肖像画の絵も変わってるって話でしたっけ?
    美奈子いくつ?には同感です。最初セーラー服だったので高校生?と思ってたらその内私服登校に。そして今は大学生ぽい?不思議です。

    もんち様
    猫→人間→蝶々って転生していく話ですね。あれも印象強いですね。
    現在単行本は17巻+最終章1巻ですね。文庫本も出てるみたいですよ。私も読みたいです。

    ユーザーID:2285577601

  • 悪魔の花嫁で得た知識

    momoさんの「蘭、ドライヤー知識」、不惑の花嫁さんの「ドガの踊り子、年末の第九、お面の下張り、人形浄瑠璃知識」は私も悪魔の花嫁で知りました!
    他には「薔薇の木の下の秘密は守られる(アンダーザローズ)」、「チキンレース(?)」とか。

    話としては、売れ残りのハイミス(事務員、お嬢様等)、明暗を分けた女2人(養子先の違う双子、スポンサーを横取りしたされたバレリーナ等)、捨てられた女(下積みを支えた男がアイドルになる、山中で助けた男が都会に戻る等)系のストーリーが好きでしたね。

    あと、美奈子と知り合う男性は皆美奈子を好きになるのに、子供ながらヤキモチを焼きました。

    大学受験で全部処分してしまったのを大後悔してるので、大人買い迷ってます。

    ユーザーID:2409786985

  • トピ主です。

    ろじーた様
    そうなんですよ、実は私も偶然知って急いでネットで取り寄せました。去年の6月頃に出てたそうです。
    ミイラの話、人気ですね。やっぱり印象が強いんですね〜。私も今度実家に戻った時にもう一度全巻読み直したいです。

    輝様
    ありましたね。子供心に「コーヒーにたっぷりの生クリームを入れてのおかわりはいかが?」というの見て
    「うぉ〜!それ美味しそう!」と思いました。当時はまだ子供でダイエットには無縁でしたからね・・・(笑)
    おしろい花の話、ラストの土から手が出た1シーンが怖かったです。あれで種子の袋に触れただけで種が飛び散ると知りました。

    オリンポス様
    ポーの黒猫の話、ありましたね!結局殺してしまって「黒猫」のように壁に死体を埋めたけど、塗っても塗っても影が浮き出るというやつですね?
    「悪魔がくれた素敵なドレス。私、こんなにキレイだったの?」「でも、これを脱いだらまたあの奴隷のような生活が・・・」と。違ったかなー
    素敵なお見立てですが、どこであのドレス買って来たんですかね、デイモスってば。

    ユーザーID:2285577601

  • トピ主です。

    はむたろう様
    私も思ってました。なんてゴーヂャスな家具が多い家なんだろうと。窓も大きいですよね。美奈子はパジャマでなくネグリジェだし。
    美奈子って金持ちのお嬢様なんですかね。学校も私立ぽいですよね。もうデイモスにも慣れちゃったみたいだし。
    美奈子の学校の健康診断でレントゲン車に乗ってたデイモスを見て「キャーッ!エッチ!」みたいな事言ってませんでした?(笑

    DUO様
    私も原作者と揉めたというのは聞きました。なんにせよ読者は長年読んできたのだから結末がどうなるのかは教えて欲しいですよねー
    女王蟻の化身に足の親指に卵を植え付けられてしまう話、あれは子供心にも怖かったです。
    親指を見るたびにゾワワワーッとしてました。

    鈴様
    そう言えば本の巻末に作者のレポートが載ってたような気もします。伊藤かずえさんが美奈子!どういう感じなんでしょうね。聞いてみたいです。
    地下に閉じ込められる話、セールスマンって危険な仕事だと思いました(笑)
    そして「最終回を作ってくれないと心残りで死ねない」には激しく同意です。

    ユーザーID:2285577601

  • トピ主です。

    非無子様
    だんだん美奈子に惹かれているデイモス。でも妹も・・・みたいな感じですよね。
    16巻(かな?)でつづらに入った蝶々(ヴィーナスの化身)を焼けずに、火を自分の胸に押し当て「焼かれるのは自分だ」みたいなシーンありましたね。
    デイモスもだんだん自分の気持ちがわからなくなってきちゃったんでしょうね。せつないっす。

    momo様
    お仕事お疲れ様です(笑)蘭の話ではシンデレラが灰かぶり姫という意味だと知りました。
    ドライヤーは確か美奈子ではなく田舎から出てきた新人タレントのイモねーちゃん(死語)で、お土産のクルミを割るため蜀台を破壊し
    「ナウでヤングなシティぽい髪型(死語)」にしようと勝手にドライヤーを使って火事にしたという困ったちゃんだったと(笑)
    私もmomoさんと同じくこれでドライヤーには気をつけようと思いました!同じですね。いや、悪魔の花嫁って勉強になりますね〜

    ユーザーID:2285577601

  • トピ主です。

    室内干し様
    確か、理不尽に殺された兄の復讐の為に男に近付いて、男が持つ「弦が切れる前に願い事を言えば叶うという竪琴」を手に入れ
    媚薬と偽り男のマントに薬をつけさせ儀式で男は火だるまに。竪琴の力で助けてと命乞いをする夫婦に「兄は命乞いをする暇もなかった!」と叫ぶ。
    夫婦が死んだ後、竪琴を炎の中に入れ願うけど、若さの事も一緒に願っていなかった!しまった!ってやつですね。さすが悪魔、細かい・・・。
    これを見て「願い事は簡潔かつ完全に漏らさぬように言えるように、普段からまとめておくべきなんだなー」と子供ながらに思いました。

    不惑の花嫁様
    そうなんです。ヴィーナスで美奈子・・・。ダジャレかよ!のようなネーミングですよね。
    私、フランスに行った時にオルセー美術館でドガの踊り子の実物を見たのですが「あ!これ悪魔の花嫁のやつ!」と感動してしまいました。
    本来の目的とズレた見方をしちゃいました(笑)
    結構色々な雑学があって勉強になりますよね。浄瑠璃の人形の口には引っ掛ける部分があるとか。なるほど、です。

    ユーザーID:2285577601

  • momoさま

    >砂漠で永遠の命を持ったまま生きながらえる老婆の話

    「オリンピアの媚薬」というお話ですね。
    私も覚えています。

    ↓こちらであらすじ読めますよ〜〜
    http://www.u-rara.net/12_2.html

    ユーザーID:8974138265

  • 一番好きでした

    少女漫画大好きで漫画で育った私
    中でも悪魔の花嫁は親子で毎月楽しみに読んでました
    好きな話、たくさんありすぎて選べない〜
    ツッコミどころで思い出したのは視覚障害者の少女のために死神とフルート対決のとき
    いきなりメイドコスでお屋敷に浸入する美奈子をみてそりゃないだろって思いました。

    新しいコミックスも去年買いました。
    絵がだいぶあっさりして昔とちょっと変わっちゃったけど
    それでもまだ描いてくれてるって嬉しいです。
    (とはいえクリスタルドラゴンは・・・再開はいつ?)

    確かにデイモスかわいくなってますよね
    筋肉隆々の体は昔と変わらず・・・ですが
    美奈子ってまだ大学生なんですね
    昔は私よりずっと年上だったのに

    ユーザーID:4930465372

  • トピ主です。

    桂様

    耳コレクションしている女性の話ですが、最後にハサミ持って「ねぇ美奈ちゃん、あなたのもちょうだい」「!!」で終わるじゃないですか。
    読んだ当時子供だったんで、そういう話の終わり方の手法があると分からずに『美奈子ピンチ!次週に続く!』だと思っていました。
    ところが『続き』が載ってないもんで「落丁?」と思いました。馬鹿ですね(笑)
    ちなみに桂さんの挙げられた他の話は思い出せるんですが、ブサイクな女の子が美少年に恋する話が思い出せないんです、悔しい〜今すぐ実家帰りたい〜


    >まさか美奈子の夢オチとかないですよね(笑)


    そんな『ハイスクール奇面組』みたいなオチは嫌ですねぇ・・・(笑)

    ユーザーID:2285577601

  • トピ主です。

    eru様
    >蘭の話も覚えています。美奈子の探偵気取りの衣装が印象的で。

    すいません。思わずブッと笑ってしまいました。言われてみれば大正昭和にかけての冒険活劇・探偵物語・・・みたいなレトロ衣装でしたね。
    「ほたるにえ」ありましたね。あの鎖のデザインもちょっと怖い・・・(余談ですがゴキっぽいし)
    あの習慣は怖いです・・・。最後に美奈子に蛍の説明をするお兄さんの顔も怖かった、次回の鎖の持ち主なんでしょうか。
    ついでに「真っ黒い手紙」のトピがいきなり消えた時はなんか怖かったです・・・ぞぞぞ。

    ユーザーID:2285577601

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧