• ホーム
  • 学ぶ
  • 国内外問わず、野生動物を目撃した事ある方いますか?

国内外問わず、野生動物を目撃した事ある方いますか?

レス186
(トピ主3
お気に入り62

趣味・教育・教養

アニマル

レス

レス数186

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
181186 / 186
  • 今日見ました。

    アメリカ中西部の田舎の方に住んでいます。

    今朝、母鹿とたぶん生まれて間もない赤ちゃん鹿を見ました。まだ、歩くのがヨタヨタという感じの。母鹿が先に道路を横断し、赤ちゃん鹿が、ためらっているところでした。当然、こちらも車を止め、渡るのを待っていました。

    先週は、カナディアン・ギースの大家族がやはり道路横断していました。親鳥が4羽、ひなが10羽ぐらいいたでしょうか。

    りすはどこにでもいるし、あらいぐま、オポッサム、グラウンドホッグ、スカンク、野うさぎなどいますねえ。カーディナル、ロビン、ブルージェイ、オリオール、きつつきなど野鳥もいっぱいいます。

    ユーザーID:0796026820

  • 都会でも

    都心でもいろいろ確認して楽しんでいます。
    職場は港区の運河そばですが、運河にいつもカルガモがいて、そばの樹林にはむくどりやセキレイがいる。毎冬には運河にキンクロハジロとホシハジロがやってくる。たまにトンビも見る。
    住まいも都内ですが、この前ハクビシンが家の屋上らんかんを歩いていた。
    しかしツバメはめっきり見なくなった。

    ユーザーID:4690503743

  • 一応、東京です。

    調整池の茂みから顔を出していた、たぬきとか、電柱の上にとまって
    いるサギとか、ひよどり、セキレイ、カワセミ、その他名前がわから
    ない野鳥がさまざま。声だけならカッコウ、うぐいす。

    ここまでは、家の近所で、後は会津のおばぁちゃん家の裏山で、
    カモシカと遭遇。3メートル位の距離でした。

    ヤビツ峠では、ガードレールの向こうからオスの鹿がこっちをむいていました。

    たぬきはここいら辺では、すでに野生動物ではありませんね〜。
    交通事故No.1の動物だし、たぬきの為のトンネルなんか作っちゃった
    りしているし。

    ユーザーID:2031986670

  • 見たよー

    カナダで、 ムース、スカンク、ハチドリ、鹿、ビーバー、リス、アシカ?オットセイかも。

    オーストラリアで インコ、オウム(白)、ペリカン(普通に街中にいます)。

    ニュージーランドで、ペンギン、イルカ

    ユーザーID:4756367062

  • うちには毎年5月中旬ともなると

    ウグイスがやって来ます。
    「ホ〜〜〜〜、ホケキョ。ケキョ、ケキョ、ケキョ。」
    いい声で、夏椿の枝から紫陽花の繁みを行ったり来たり。

    おッ。今年ももうそんな時期?という感じです。
    大体10日間ぐらい、ご近所の庭とうちの庭を行き来して
    ふっと気がつくといなくなっています。今年もそう。

    ホトトギスも来ていましたが、止まり木にしていた木が
    無くなってしまったせいか、来なくなりました。
    山の中に住んでいるわけではありません。


    以前勤めていた博物館のガラスに、カワセミがぶつかって
    命を落としてしまいました。窓際に花を飾り立てでした。
    とても可哀そうでした。…鳥とは縁が深いかもしれません。

    レスにありましたイルカ。
    青函連絡船からイルカが見えるのは有名でしたね。今で
    もイルカ、いないかって言われるといます。

    仏ヶ浦を小さな観光船で回った時、船の横にぴったりと
    数頭のイルカが並走、というか泳いでいました。
    感動しました。

    ユーザーID:1729955494

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • アメリカ北東部の住宅地、商業地混在地域に住んでいます

    我家の庭先では日中はリス、シマリスが跳梁。

    トリはスズメ、Bluejayや何種類ものキツツキ、タカ、時には七面鳥が単独またはグループで現れます。

    雨の後にはカモのカップルがきて、水溜りでバチャバチャと水浴びをしています。

    他にもCatbirdと呼ばれる、鳴き声がネコに似ているトリ等。Cardinalという、オスが真っ赤な体色をしているトリもカップルでよく飛んできて、地味な体色のメスに口移しでエサを与えている光景がしばしば見られます。

    夜間はスカンク、オポッサム、アライグマが常連。

    2匹のオポッサムの30分以上にわたる取っ組み合いを見たこともあります。翌日現場を見たら、雪の上に大量の血が見られました。メスや縄張りをめぐる熾烈な闘いだったのでしょう。

    ウサギ、キツネ、コヨーテ、クマ、シカも近くの森や林にいるそうです。郊外にドライブするとウッドチャックや、ビーバーも見られます。

    沢山の生き物を身近に見られるのは嬉しいですが、彼らが人家近くに頻繁に現れるようになったのは、開発で彼らの居住地が奪われている事も大きな理由だそうで、可哀想な事です。

    ユーザーID:3917116761

先頭へ 前へ
181186 / 186

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧