今“がん”と闘っている人はいますか?

レス43
(トピ主0
お気に入り142

心や体の悩み

くるみおじさん

43歳の男性です。妻と2人の子供がいます。

昨年の3月に肺がん四期と診断されました。
実は告知された時はなぜか達観したところがあり、全くショックはなく、運命なら仕方がないと思っていました。
告知を受けてすぐに自分の葬儀の段取りをしたくらいです。

ただ最近夕方になると言いようのない不安感に襲われる感じがするのです。お腹の中がモヤモヤっとするような。
“死”に対する恐れが出てきたのかもしれません。
今イレッサを服用しつつ、玄米菜食など民間療法を行っています。

みなさんの中でご自分が“がん”の方いらっしゃいますか?

募ってみても仕方ないかもしれませんが、一人じゃないと実感することで、心の平穏が取り戻せたならと思っています。

また民間療法でお奨めのものがあったら教えてください。

ユーザーID:1162303668

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数43

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 意思の強い方ですね。

    治せますよ!安保徹先生の本をお読みください。彼を知り、己を知らば、百戦危うからず、です。まずよく知ることです。肺ガンは一般的に予後がよくないといわれていますが、それは今の医学のやり方では、ということです。
    他の方法が沢山あります。安保先生の本にもいろいろあります。
    一番大切なのは、ご自身の免疫システムです。免疫システムが正常に働くようにライフスタイルを整えることです。
    私の周りには回復し、現役ばりばりで働いている人が沢山おります。
    きちんと治る方法論を学ばれてください。きっと治ります。

    ユーザーID:5286148438

  • さるのこしかけ!

    民間療法でおすすめのもの、ですが、知人は「さるのこしかけ」がいいとのこと。
    今はインターネットでも販売していますが、あれを煎じて飲むことで、末期の状態だった叔母さまが完治されたそうです。
    万能とは思いませんが、一度お試しになってはいかがでしょう?


    どうぞお大事に!

    ユーザーID:8118956857

  • まだまだ出来る事はありますよ!

    私は卵巣ガン3期で予後も悪く、卵巣ガンの中でもタチの悪い種類でした。
    5年も生きれればいいでしょう・・・と医師に宣告されましたが、手術後色々な民間療法を取り入れ5年目に入った今も再発せず元気に過ごしています。
    一番はやはり「気持ち」だと思います。「これで治るんだ」と強く思うと細胞も変化します。
    免疫力はアップします。とにかく体を温め血液を綺麗にしガンが住みにくい環境を作ることです。

    私の取り組み
    1 人参ジュース 1日1.5リットルは飲む
    2 玄米菜食(できるだけ無農薬)
    3 半身浴で汗がでるまで入る
    4 化学調味料は取らない
    5 コーヒー浣腸
    6 カイロでいつも肝臓・腎臓・患部を温める
    7 びわの葉療法(リトリール・びわの葉茶・びわの葉のこんにゃく湿布)
    8 ビタミンCの錠剤 1日1000mg以上とる
    9 マルチビタミンも欠かさずとる
    10 安保先生の爪モミ療法

    大事なのはマイナスな情報は一切無視する事です
    同じ病気の方が亡くなったケースを知っても暗くなるだけです
    元気になった人からの情報だけ得るようにしました
    一緒に頑張りましょう

    ユーザーID:0460921475

  • 出来ることはたくさんあります!

    乳がん2期です。
    たちが良いと言われる乳がんですが、私のタイプは予後不良で案の定、半年で再発しました。

    それからは安保先生の食事療法と高濃度ビタミンC点滴、菊のお茶などを試しています。

    免疫を上げるのが一番ですよ!
    頑張りましょうね。

    ユーザーID:5616342628

  • おすすめの本です

    すでにご存知だとは思いますが…。

    [今あるがんが消えていく食事] 済陽高穂著(マキノ出版)です。

    エビ●ス錠を1日2回10粒ずつ飲む、お肉は半年はやめてみる、野菜ジュースを大量に摂る、などなどです。

    最近はレシピ集も出たようです。

    ユーザーID:7549325650

  • 書き忘れました…

    「アガリクスが効く」という話は聞いたことがあるかと思います。

    実際にがん細胞に働きかけるのですが、アガリクスの中のほんの一部分しか効果がなく、一般に出回っているものは高価ですが、効き目のない部位を使っているという話を聞きました。

    ユーザーID:7549325650

  • お気持ちわかります

    トピ主様、とても精神力のある方だと思いました。

    私でなく、今、父が肺がんと闘っています。
    身内も少なく、父ひとり、子ひとりの家庭なので毎日病院へ
    行きたわいない話をしています。

    抗がん剤と民間療法をしています。
    さすがに食欲もなく最近とても辛そうなので、私も辛いのですが
    少しでも生きていてほしいと思う気持ちを強く持って日々頑張って
    います。

    民間療法は、ほんとうにたくさんのものがありますよね。

    ちなみに父は、シーフコイダンを飲用しています。
    ガンが消えた! ガンが小さくなった!等、紹介されてはいますが、
    それはどうかと思いますが、抗がん剤の副作用が減少したのは
    間違いないと思います。
    先生も驚かれていました。

    それから、確かにガンもCTでは無くなってる、または小さく
    なっているという状態でした。

    これは、抗がん剤のおかげだとは思いますが、父はフコイダンのおかげと
    勝手に思い込んでいます。

    でも、この信じる気持ちは大切だと思うのです。

    お辛いとは思いますがどうか、頑張っていただきたいと思います。

    ユーザーID:9522213507

  • 母がガンです

    平成12年の夏に腸間膜に悪性リンパ腫と診断され、摘出した細胞の大きさも
    赤ちゃんの顔くらいあったので、病院でも1〜2年の命かもしれないといわれました。

    しかし臨床治験のリーダーの先生を探し出し国立がんセンターに転院し、積極的に民間療法も
    取り入れたところ、現在は自己申告しないと病人とは思われないほど元気に仕事をしながら過ごしています。

    今まで取り入れた民間療法を紹介しておきます。
    1東洋医学日本成人病予防協会  「田七人参茶」 
    2「ライファゴールド」
    3「たひぼ茶」
    4高額なので最終手段に取っておいていますが「天仙液」
     ⇒中国からの個人輸入ですが今年度の健康博覧会に出展していましたよ
    5(株)ゆうき 「発酵田七人参エキス」
    6そして今服用しているのは 高橋剛商会「バランスα」です。
     ネットで毎月20名様限定で¥4500相当のサンプルがもらえます。
     味は玄米茶のような感じで大変飲みやすく、臨床に使っている病院もあるそうです。

    ユーザーID:0375366662

  • びわエキスの温灸

    前立腺癌だった父が施術していました。痛みが随分緩和されたようで、モルヒネを一切使用しませんでした。(過去形ですが、お赦し下さい)
    父は身体の中の癌に、心の中で話しかけていると言っていました。「お前たち、俺を殺すなよ。俺を殺すことはお前たちも死ぬと言うことだ。一緒に生きたいだろう?」と。
    癌よ、お前も生きろ!と私も言いたい!主さん、どうか諦めずに!

    ユーザーID:7484571432

  • 粒子線

    転移していなければ粒子線(重粒子線?…すみませんハッキリ覚えてなくて…)の治療ができると思います。
    皆さんが書いていらっしゃること、出来ることは全部やってください。
    どうしようもない気持ちになったら、また書き込みしてくださいね、みんな応援しています!

    ユーザーID:2723412403

  • トピ主さんより少し年上です

    トピ主さんと同年のときにガンの診断がくだりました。現在は家でごく普通に暮らしていますが私のガンは不治です。化学療法も繰り返しています。いまのままで他の病気で死ぬ可能性もありますが、このガンが悪化して死んでしまう可能性もあります。いつまで生きられるか解らないという厄介な立場です。

    トピ主さんの不安感、とてもよくわかります。私にも似たような感覚がありました。おなかの中がすうっと冷えるような、頭のなかが一時的に空っぽになるような嫌な感覚です。

    あるとき五時間の化学療法を受けながら、「こんなことしていつまで生きられるんだろうな」って思ってました。そしたら突然「こうやって一生懸命治療にはげんでいても帰り道にバスにはねられて死んじゃったら立つ瀬が無いな」ってふざけたような考えが頭に浮かんだんです。笑っちゃいましたよ。

    あれが自分の転機だったんでしょうか、今では「この病気で死ななくても何か他の理由で死ぬのは間違いないんだから、今を楽しまないともったいない」って思うようになりました。体調のよい時をみはからって世界中旅行をしまくってます。

    ユーザーID:4823554707

  • 民間療法は....

    当方男性。40代。

    3年前に横行結腸癌が見つかりました。
    腹膜を刺激して腹水にもがん細胞が見つかり手術不能。
    「抗癌剤が効かなければ余命1ヶ月」と言われ、その状態で歩いているのが不思議なくらいだ...と医者に言われました。

    2年間、抗癌剤治療を受け、脱毛・吐き気・倦怠感と全て体験しました。幸いに抗癌剤がバカ効きしまして、去年手術、現在のところ再発はありません。

    私は民間療法は何もしませんでした。
    理由は「科学的に効能が立証されていないから」

    臨床結果で効能が立証されている抗癌剤でさえ、その効き具合は十人十色です。「あの人に効いたから自分に効く」とは言えないのが抗癌剤。効能が立証されている薬でもこの状態です。

    私が今実行している事は
    1.ストレスを溜めない
    2.タバコの本数を半分に減らす
    3.酒の量も半分に減らす
    このくらいかな?

    酒もタバコも本当はいけないんでしょうが、手術後に主治医に言われました。
    「癌だからと言って、アレはダメこれもダメでは逆にストレスが溜まって長続きしない。タバコも止めろと言うのが正解だろうがケースバイケースで」

    お陰で今の自分があります。

    ユーザーID:2984065732

  • 私胃がんです1

    一昨年24歳で胃がん発覚、末期じゃないけど初期でもない状態で、手術してみて、結果3期ギリギリ手前の2期でした。
    同じ境遇の人を探したくなる気持ち、わかります。
    私も同じように探して、出会った友人がいました。
    彼女はとことん調べて、良いとされるありとあらゆる事を試し、口癖のように「効果があると信じてするんや」て言ってました。
    彼女は21歳にして末期胃がん、奇跡的に手術ができ、29歳まで生きました。(昨年亡くなりました)
    そりゃあ強くて優しい人でした。

    ユーザーID:3624975956

  • 私胃がんです2

    私もどうせ生きるなら笑わなきゃと思ってましたから、周りにはビックリされるくらい前向きでしたね。
    でももし、末期と言われたら笑えてたのか…と思う事もあります。
    だから彼女もトピ主様もすごい強くて素敵だなって思います。
    彼女は「私は今みたいに強くなるまでに時間かかったけど、あんたはすぐに笑ってる、強いなぁ」って言ってくれました(かないませんてば〜)
    でもやっぱり末期と言われても笑ってたかな?
    ただでさえ病気で悲しませてるのに、私が笑わんでどないする?ってきっと思ってたでしょう。
    発覚した時も、父と彼氏が落ち込んで、私がなぐさめていたくらいです(笑)
    私が信じているのは、笑顔でいる事はがんに効果がある、です。
    一人じゃないですよ!

    ユーザーID:3624975956

  • 参考までに・・

    がん保険で有名なあひるの会社のHP見られましたか?
    そのサイトの右側下のほうにある 生きる.comをクリックしてみてください。
    心の持ち方 患者さんの体験談を知ることができます。
    儲け主義でなく 患者さんのためにいかに役にたてるかを考えてる会社だと感じます。
    もうご覧になってましたら ごめんなさい。

    ユーザーID:7792640319

  • 夫が今

    夫が肺癌の告知を受けて今年の秋で4年目を迎えます。
    夫は喫煙したことがありません、皮肉な運命を思います。
    ステージ4に近いこと、癌の発生場所など考慮して手術はしていません。
    告知を受けた当初は二人でかなり落ち込みました。
    始めのChemoトリートメントはかなり辛いものがありましたが
    今のChemoは副作用もうちばで殆ど普通の暮らしをしています。
    アメリカ在住で、こちらの癌研に通っていますが、
    Chemoは地元に近い病院で可能なので助かっています。

    夫はとてもポジテイブな性格なので助かっている部分が大きいです。
    民間療法もアメリカではあまり詳しい情報がないのと、
    夫はいやなものはたとえ効力があっても口にいれないタイプですので
    とりいれていません。

    気をつけていることは抗酸性の食物やサプリメントを利用しています。
    フレッシュな野菜、フルーツ、
    肉類や糖類は避けたほうがいいと聞いていますが
    食べる楽しみを全く排除するのはかえってストレスになると思います。

    日本でも癌の患者さん、家族が話し合えるサイトあると思います。
    ご参考になるかどうか・・・

    ユーザーID:4214870124

  • こんにちは

    こんにちは。

    私は胃ガン闘病中です。スキルスでstage2aなので、術後の化学療法中です。トピ主様はstage4なんですね。胸中を思うと私がレスすることにも申し訳ないような気持ちにもなります。なにかお役に立てばと思い、書き込みしました。

    日中は笑って過ごしていますが、明け方などに目覚めると死への不安を感じます。まだ小さい子共達を残していくことに対するすまなさと、悲しさで胸が一杯になります。

    腹を括って達観することも闘病には大事とも思います。でも、民間療法をきちんと試されているのは生きていたいからですよね。生きようという、前向きな気持ちが免疫力のアップにすごく大事なんだそうです。

    体調が良いときは、好きなことをして、思いっきり笑ってください。笑うことも(逆に泣くことも)NK細胞をおもいきり活性化するそうです。
    私が心がけているのは免疫力をあげる果物(v.c)を多くとる、体を温めることでしょうか。

    効くか効かないか、まだ術後5年経過していないのでわかりませんが、なにもせずにしんでたまるか。と思います。一緒に闘病しましょう!

    ユーザーID:5353103225

  • トピ主です。

    みなさん書き込みありがとうございます。

    書いて頂いた本は全部読みます!
    書いて頂いた民間療法の全部は無理ですが、出来ることは取り入れていきます。効果があることを信じて。

    あとなによりも気持ちですね。
    ちょっと凹み気味だったのですが、みなさんに勇気づけられたので大丈夫です。

    考えたのですが、がん宣告されるまでは”今が幸せ”だとか思ったことなかったんですよね。当たり前の日常だったから。
    病気になってから、今こうしていられるのはすごく幸せなことだなと実感することが多いです。ただ今が幸せだ感じるほど、余計不安に気持ちになってしまうんですよね。このまま続けばいいのにって。

    ふと不安になってしまうのは防ぎようありませんが、「絶対治してやるんだ!」という気持ちを強く持って、いつも笑顔でいたいと思います。
    あと”今の幸せを十分感じること”と”家族への感謝”を忘れずにいたいと思います。

    頑張るぞー!!みんなも頑張ろう!!

    ユーザーID:3271598113

  • 関係なくて済みません

     私はガンではないですが、宣告されてもおそらくトピ主さん同様、自身の寿命について達観すると思います。
     私が中学生という多感な時に、祖母が肝臓ガンで鬼籍に入ったことも影響しているのかもしれません。
     トピ主さんは、おそらく死生観が確立されているのだと思います。
     不安に思うようになったのは、その死生観に最近になって他の要素が加わったからではないですか?
     思い残すことの無いよう、今一度何かが変わったことはなかったか思い返してみては?

    ユーザーID:5641262917

  • 私の場合は・・・

    5年前にステージ1の乳がんになり、手術直後から「フコイダン」というモズクの抽出液を飲んでおります。手術の傷痕が痛むことも、放射線治療の副作用も一切なく、肉体的苦痛というものがありませんでした。
    その後も再発、転移することなく元気に過ごしております。この「フコイダン」にはガン細胞を自滅に追い込む「アポトーシス作用」というものがあるそうです。ただし、「フコイダン」にも色々な種類がありますが、低分子の物でないと体内に吸収しづらいとのことです。
    私が元気いられるのはこの「フコイダン」のお陰と思っております。トピ主さんも是非飲まれることをお勧めいたします。

    ユーザーID:5672190483

  • 私のお薦めの本

    私が尊敬していた柳原和子さんの本をお薦めします。

    『NHK がんサポートキャンペーン がんを生き抜く 実践プログラム』
    定価:1680円
    著者:NHK がんサポートキャンペーン事務局
    発行:日本放送出版協会
    ISBN:4141876305

    『告知されたその日から始める 私のがん養生ごはん』
    定価:1680円
    著者:柳原和子
    発行:主婦と生活社
    ISBN:4391126273

    下の本は今はやりのマクロビオテックともいえる食生活の本です。

    私個人としてはにんにく、マイタケをよく食べ、身体を温めました。
    貧血気味で35度台だった体温は36.5度以上になりました。

    あとは、砂浴に行ったり、腹巻きしたり、足首を温めたりとがん細胞は熱に弱いと聞いたので体温を上げることはがんばりました。

    あとは、気力。
    病は気から。
    だって、病気とわかった瞬間から病人になってしまうんですよ。
    昨日までは体調がわるいかなぐらいに思っていたのに!
    癌って本当にやっかいな奴です。

    抗がん剤は平気ですか?
    イレッサが効くと良いですね。

    ユーザーID:5496807259

  • この本をどうぞ

    「がんになってもあわてない」
    朝日新聞社出版 1300円
    平方 眞 (諏訪中央病院)

    私は患者ではありませんが、日常の生き方を教えてもらいました。

    ユーザーID:8302370347

  • くるみおじさんへ

    この類のトピには 必ず怪しげな民間療法の話が出てきます。

    今の根拠に基づいた医療の 障害になる場合が多いし
    担当の医者によく相談してください。

    貴重な時間と お金の浪費になります。

    昔 NHKアナウンサーが癌になり 有る事情から 現代医療より
    民間治療等を選択し、全身がんに転移された 壮絶な話は有名です。

    病気で弱った心のスキを狙ってくる この類の話には注意です。

    私も癌歴4年で 闘病中です。
    センターの標準治療法は 勿論ですが、
    センターの標準治療法だけが 治療法では有りません。
    色々な大学病院で 他の治療法を研究し
    確立されています。
    インターネットで調べれば判る ありがたい時代です。
    よく担当の医者に相談して 納得のいく治療を受けて下さい。

    ユーザーID:8311889674

  • くるみおじさんへ 2

    >>また民間療法でお奨めのものがあったら教えてください。

    と有りますが、私は民間療法はお勧めしません。
    現代の医療は根拠に基づいた医療ですよ。

    「民間治療」は治癒した根拠がないから民間治療止まりです。
    効くのであれば、とっくに医療の現場に取り入れられているはずです。
    昔 話題に上がった有名な○○ワクチンでさえ色々な機関で検証したが、
    治癒した根拠が認められないので沙汰やみですよ。

    我々患者には貴重な時間を浪費している時間は有りません。
    お互いに良く勉強をして納得のいく治療を受けるように
    頑張りましょう。
    くるみおじさんに幸運を願っています。

    ユーザーID:8311889674

  • ここにもいます!

    私自身が患者です。現在37歳。32歳の時に乳がん3期と4期の間と診断されました。当時子供は9ヶ月、育児休暇があけて職場復帰後10日目のことでした。私は達観できず、かなり取り乱しました。
    欲張りなので、すべてにおいて未練がたっぷり(子供・仕事・自分のこと)でした。

    良かったことは、主治医に恵まれたことです。メソメソする私に「抗がん剤治療中も、仕事は辞めてしまわないで何とか続けること。治療費は自分で稼ぐのよっ。」と毎回厳しいアドバイス・・・。患者の気持ちも知らないで、なんという人だ(怒)。と最初は思いましたが、仕事に行けば病気のことは少しでも忘れられるし気晴らし?になりました。髪の毛も全部抜けましたが、フルウイッグを使っているので、周囲に病気はばれてません(多分・・)子供とお風呂に入るとき、「お母さんのおっぱいなんで一個なの・」と聞かれるのがつらいですが、「病気になったから取っちゃった!」といったら意外と納得してくれましたよ。まだまだ、治る気満々です

    最後にオススメの本 ・「死の宣告」からの生還 岡本裕 著 講談社α文庫 ・「ガン・治る法則」12か条 河竹文夫 三五館

    ユーザーID:0360354731

  • 応援します!

    父が癌と分かり抗がん剤治療をしましたが結果癌が広がっていました。
    家族はショックで立ち直れそうになかったにも関わらず、父は、山や田畑の整理を始めました(父は農業をしています)
    自分が死んだ後母や私達皆が困らないよう、一気に規模を縮小する手続きをし、

    また、逆に自分が癌克服できたら楽しみで農業を出来る程度は残しました。
    自分の運命がどちらに転んでも悔いのないようにしたかったそうです。
    父は「泣いても笑ってもなるようにしかならん、なら、笑って悔いのないよう過ごすだけだ!」と、私達が逆に励まされました。
    あれから6年、父は再度の抗がん剤治療の後、再発する事なく元気に山や畑で笑っています。

    「病は気から」
    この言葉はあれから信じられます。
    うまく書けませんが、頑張って下さい。心より応援しています。

    ユーザーID:2671306033

  • 民間療法とは迷信のことです

    家族を癌で亡くしたものです。

    やはり、民間療法信者の方々が多数おられますね。
    本人は親切のつもりでしょうが、現実には宣伝に使われているだけで、患者及び家族にとっては迷惑以外の何者でもありません。
    だってそうでしょう?
    病院の標準治療(標準治療はそのときの医療において最善の効果があるとされている治療のこと)以上の効果が民間療法で得られるはずがありません。
    効果がないから民間療法どまりなのですから。
    また、書籍もインチキばかりで反吐がでます。
    癌が消えた?
    癌が小さくなった?
    それは、もとが癌じゃなかったからですよ。
    癌は消えることもなければ、小さくなることもありません。
    できることは進行を遅らせることだけです。
    民間療法という名の迷信に惑わされることなく、医師とよく相談して、進行を遅らせて、充実した人生を送られることを願っています。

    ユーザーID:8487358129

  • だから「信者」なんですね。

    >患者の会で知り合った患者さんの中でもフコイダンを飲まれている方は、抗がん剤投与の副作用が全くない人も多く、
    (中略)
    >いて当然でしょう。市販の風邪薬が人により効き目があったり全く効果がなかったりするのと同様です。
    違います。
    医学的に認められていないレベルの「民間療法」と、医学的に認められている「市販薬」とを同じレベルで論じることが間違いです。
    効果があった、のではなく効果があったと思いたいだけでは?
    その効果は本当に民間療法によるものですか?
    それとも医療による効果ですか?
    その区別すらできない人の話は、ただただ迷惑です。


    >推測ですが、どうもご家族の方が民間療法を試されて効果がなかったことを逆恨みされている方がいらっしゃるようですが
    >だからと言って民間療法の全てを否定し目のカタキにし迷信だと考えるのは暴論です。
    まったく違いますし、これこそ暴論です。
    逆恨みでもなければ、目のカタキにしているものではありません。
    民間療法がなんたるか事実をいっているだけです。
    そんなに民間療法が良いのであれば、なぜ医療現場では使用されないのか、説明してもらえますかね?

    ユーザーID:8487358129

  • くるみおじさんへ 3

    現代の根拠に基づいた医療とは 一つ一つの治療法を 臨床試験をして
    奏効率を出しています。
    奏効率とは がんを縮小させる効果を表す率です。

    先に例に挙げた 『有名な○○ワクチンでさえ色々な機関で検証したが、
    治癒した根拠が認められなかった』とは この奏効率が出なかったのです。
    同じ 結核菌由来のBCGワクチンを 膀胱癌に使用するのは 奏効率が
    出たから 根拠に基づいた医療になったのです。 

    民間療法で 『臨床試験をした』とか『奏効率を出た』とか 聞いた事が
    ありません。

       病気で弱った心のスキを 色々な手で狙ってくる 
       怪しげな 民間治療の話には注意です。

    我々患者には 貴重な時間を浪費しているヒマは有りません。

      これが 私が民間療法はお勧めしない訳です。

    ユーザーID:8311889674

  • 必死になっておられる方がいらっしゃいますが

    民間療法でよくなったと言われるのであれば、明確な数字を出していただけませんか?
    何人の癌患者が何か月フコイダンを飲んで、何人にどのような効果があったかを。

    代替療法を選択するとき、きちんとしたデータを出しているかどうかでまともな療法かどうか判断できます。
    きちんとした数字が出せないもの=怪しい療法と理解するのがいいかと。
    下手にサプリを摂ったがために肝臓や他の臓器を悪くしては元も子とありません。

    きちんとデータを出して免疫療法を行っている病院もありますが、保険適用外で治療を受けることになるのでかなりの費用がかかります。

    ユーザーID:0891428448

レス求!トピ一覧