第二外国語のない大学

レス20
(トピ主0
お気に入り14

恋愛・結婚・離婚

amiami

アラフォー婚活中の負け犬OLです。

ネットのお見合いで知り合った男性と数回お会いしました。
その方のプロフィールは大卒となっていました。

感じの良い方なのでそのままお付き合いを続けようと考えていましたが...

たまたま会話のなかで「大学では第二外国語何でした?」と尋ねましたらその方からは「自分の通っていた大学では第二外国語がなかった」との答えが返ってきました。

私自身はフランス語を選択していたのですが、大学時代に第二外国語を取っていないという人にあったことがないのでびっくりしてしまいました。

第二外国語がない大学って日本に存在するんでしょうか?

どなたか教育制度に詳しい方教え頂けますでしょうか。

ユーザーID:9763911742

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 友人の娘さん

    友人の娘さんが4年制共学の東京の大学を卒業したのですが
    そこも第二外国語がなかったそうです。

    私もビックリしました。

    ユーザーID:0673673011

  • ありますよ

    同じ会社の子でいました
    英語の単位を余分に取れば、よいそうです
    ちなみに私の学校も、英語の単位を余分にとればよかったような気がします

    ユーザーID:4972153330

  • ありませんでした

    私は文学部でしたが、第2外国語はありませんでした。
    英語、フランス語、ドイツ語、中国語などから1科目選択します。
    私は英語のみ履修しました。フランス語のみ、中国語のみという人もいました。何科目履修しても良いので複数履修する人もいました。
    一流大学ではありませんが、有名大学です。

    ユーザーID:6023605988

  • 美大は第1外国語だけでした。

    美大は第1外国語だけでした。
    それもすごくおざなり。
    多分体育大学も同じだと思います。

    反対に音大は第三外国語迄みっちりあると聞いた事があります。
    声楽なんかだと原語で唄う訳ですからね。
    音楽をやるのにイタリア語とかドイツ語とかは留学するしないに関わらず一定以上のレベルを目指すのにどうしても必要だからじゃないでしょうか。
    歌曲はイタリア語やドイツ語で書かれているのが多いし、オケにしても楽譜についてる専門用語がイタリア語じゃないですか。
    その他、海外での音楽活動や、外国人との競演を視野に入れると、英語は絶対必要でしょうしね。

    逆に美術とか体育とかは同じ実技系でも言葉をあまり必要としませんからね。
    共同製作やチーム競技でなかったら余計にね。
    楽譜に相当する様なものもないですし。
    留学するにしても事前に大して言葉を習得する事も無く行き当たりばったりで行くのが多いです。

    ユーザーID:8464880111

  • そんな大学

    はい、ありました。(過去型なのは現在は違うかもしれないからです)
    私の卒業した公立大学には、外国語の単位取得の上限がありませんでした。
    最低1つの外国語を取るのは必須でしたが、2つでも3つでも本人の努力で取ることが可能でした。
    英、独、仏の3ヵ国語だけでしたが、3つの言葉を勉強したいと云う学生の意欲を第1、第2という制限をかけて削いでしまわない為に、と云う大学側の親心でした。
    その親心を逆手に取って(?)、1つの外国語だけを学んで卒業する人もいました。
    だから、第2外国語を取らずに卒業できる大学もありました。

    ユーザーID:7405702351

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • あります

    今春大学を卒業した娘ですが、東京四谷にあるJ大学の理工学部では第二外国語の選択はありませんでした。国際色豊かな大学なので、入学当初びっくりし、がっかりしたものです。
    専門科目が多いため、と説明をうけたそうです。

    ユーザーID:0525412503

  • 今はほとんどの学部で必修科目ではない

    第二外国語は昔は教養教育としておかれているのが普通でしたね。大学に行けば英語以外の外国語を勉強出来ることにある種のロマンを感じたものです。
    ですが、いわゆる一般教養は無駄だという旧文部省の見解と、英語以外の外国語は役に立たないという世間の風潮に押され、第二外国語は各大学で次々に廃止、あるいは必修からはずされています。
    その後、教養教育の重要性は再認識されていますが、第二外国語はかやの外ですね。かろうじて、中国語やスペイン語、ポルトガル語などが、それらを母国語とする外国人が日本に増えているという理由で注目されています。フランス語やドイツ語は役に立たないからいらんということなのでしょう。
    トピ主さんと同じ世代の方でも、学部によっては第二外国語がない、あるいは必修ではないということもあると思います。

    ユーザーID:7972472440

  • 境界は1991年

     いわゆる「大学設置基準の大綱化」の結果、第2外国語の必修が外されました。その結果、必須単位を減らしたり、卒業要件から外したりすることも、大学の判断でできるようになりました。1991年以降の入学であれば、「そもそも開講していない大学・学部」があっても不思議ではありません。

     専門外のため、統計的なデータは持ち合わせていないので、比率などはよく分かりません。国立大学の場合は、単位数を減らしても、ある程度は必修として課しているところが、今でも多いと思います。

    ユーザーID:7360735448

  • 元同僚

    英文科卒の元同僚は、第二外国語がなかったと言ってました。

    英語を徹底的に学んだそうです。

    あ、女子大ですけどね。

    ユーザーID:5777016842

  • 第2外国語も英語選択

    40代半ばなんですが昔の知り合いたちと、「第2外国語も英語を選択した」と言う会話をした覚えがあります。その人は関西圏の人だったと記憶しているのだけれど、どこの大学だったかな?肝心なことを忘れてしまった・・。
    ただその時周りにいた別の男子が「マージャンに便利だから中国語。数だけ言えるし」とか「先輩ノートが出回って充実しているからドイツ語」とか「やっぱ漢字の国中国だ。読めなくてもなんか意味わかるじゃん」とか面白い会話の流れで、なんてつまらないやつなんだ?!と印象に残ったので。
    こんな選択ができる学校だったら外国語を2つ勉強していない学士も存在可能かなと思いました。

    ユーザーID:6129858430

  • 大学のカリキュラムには決まりはないのでは?

    義務教育と違って、大学のカリキュラムはその大学で自由にできるのでは?

    第二外国語を必修単位としないところが増えているという記事を読んだ事はあります。単位をとりやすくする為でしょうね。
    でもその記事を読んだのはわりと最近なので、アラフォー世代だと珍しいような気もします。

    調べたいのならば、大学名を聞いて○○大学ではどうか?というほうが調べやすいでしょう。

    ユーザーID:4711591805

  • カテゴライズ?

    大阪市立大経済卒ですが、私は英語のみでした。
    友人は同じ大学の商学ですが、語学は仏語以外取ってません。

    随分前に卒業したので、記憶が定かではないのですが、
    厳密に第一、第二とカテゴリーがあったのかどうか…

    経済は規定単位分は英語必修でしたが、商学は何でもよかったのです。
    両学部とも語学は般教の一つであり、規定単位以上は別の言語科目との併用で数えても
    続けて同じ言語でも、般教の中の外国語クリアーとなるって記憶しているだけで…
    だから、聞かれれば「第二も英語」と答えているだけなのです。
    別の友人は英語・仏語・ハングルを取っていました。
    どれが第二外国語なのでしょうか?(笑)一定数以上の外国語は一般教養にカウントされていましたが。

    つまり、第二外国語が無かったのではなく、厳密な区別名称が無かったのでは?
    それとも学歴詐称を疑ってらっしゃる?
    でも、いくらなんでもいずれバレるのに?

    ユーザーID:1844096307

  • 国際基督教大学

    89年卒業です。
    第二外国語は必修ではありませんでした。

    当時は入社試験を受ける際に提出する履歴書には、大抵第二外国語を記入する欄がありました。

    そこを埋めるために自主的に英語以外のクラスを取った記憶があります。

    そんな変な?大学、我が母校だけだと思い込んでいたので、仲間がこんなにいて、妙にうれしいです。

    トピ主さん、ありがとう。

    ユーザーID:3944340168

  • 昭和38年生まれ

    昭和38年生まれで、都内の文化系総合大学法学部卒です。
    私の選択したコースは、第二外国語もゼミも必修ではありませんでしたよ。

    ユーザーID:4120437266

  • 私の出身大学もです

    東京にある理科大ですが、
    英語は必修だったのですがそれ以外は一般教養の中の一科目という認識で必須ではなかったです。
    でも私は語学が好きだったのでドイツ語を履修しましたけど。

    ユーザーID:7716367994

  • 上智の理系

    第2外国語は必須じゃありませんでした。
    結局履修しないまま卒業しちゃいました。
    上智って外国語に強いって思われているのですが、
    文系と理系じゃ全然違うんですよ。

    ユーザーID:5823693416

  • うちの学校も

    女子大なので関係ないもしれません…

    都内のそこそこの偏差値の女子大生ですが、わたしの大学は第二外国語は必修ではありません
    取りたければ取るという感じです
    また、第二外国語の単位に上限はないので、2つ以上取る学生もいるみたいです

    ちなみに国際交流関係の学部なんですけれどね…
    意外ですよね
    わたしも入学するまで第二外国語は必修だと思っていたのでびっくりでした

    ユーザーID:3660887222

  • 英語のみ

    私は理系学部でしたが、第二外国語は必修ではありませんでした。
    ちなみに20代半ばです。

    フランス語とかドイツ語とか大学っぽくて興味あったけど、
    一般教養の科目だった上に、年間を通して2単位しか取れないので、
    他の科目を取りました。
    というか、他の科目の方が興味あった。
    心理学とかですね。
    あとは、専門の勉強につながる科目を受講しました。

    ユーザーID:6231924937

  • ありませんでした

    30代後半、関東の国立大卒業です。
    文系学部でしたが、第二外国語は必修ではありませんでした。
    中国語だけで卒業しました。
    お相手の方の学歴を疑っていらっしゃるのでしょうか?
    自分の知っていること=常識ではないですよ。

    ユーザーID:2172882045

  • あります

    大学教員さんのおっしゃる通りです。私も国立大学の教員です。

    ・ドイツ語やフランス語をちょっとやっても、ほとんどの学生がすぐ忘れて役に立たないので、その時間に英語をやらせよう。
    ・第2外国語でポルトガル語や中国語や韓国/朝鮮語なども選択できるよう充実させよう。
    ・教養主義を簡単に捨ててはいけない。
    など色々な議論があります。
    それに加え、もし独仏などをやめたら、いまいる独仏語の教員をどうするかという問題もあります。

    そんなわけで、私の大学では第2外国語の種類を増やす方向に動きましたが、外国語の全部の時間を英語に専念させるという大学も増えて来ました。英語の教育法も多様になってきたので、それも悪くないと個人的には思っています。

    ユーザーID:1035993251

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧