勝ち組って、何を指すのでしょう?

レス78
(トピ主2
お気に入り75

家族・友人・人間関係

nana

レス

レス数78

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 負け組に興味なし

    負け組には興味がありません。

    私のいう負け組とは、人と比べて一生懸命勝ち組になろうとしてる人たち。

    どの組織にもいますよ。人と比べて優位に立とうという人。

    それが家柄、学歴などの条件である場合もあれば、能力や人柄の場合もありますが、だいたい比べられることじたい、今の状況でしかなくて、将来はわからないので、無意味なことです。

    目の前のことに全力でこなしていくしかできませんし、それが将来どう生きてくるかは神のみぞ知る、という感じです。


    私は学歴も職歴もありますし、勝ち組といわれるような環境にあるのですが、この環境に甘えて勝ち組気分に浸っていると、子供にひずみが出てきたり、無駄な時間を過ごすことになるように思いますので、環境に感謝しつつも、新しい未来を切り開くべく日々試行錯誤しているところです。

    ユーザーID:1263021730

  • 小金はあるけど勝ち組ではない属性です

    独身会社員です
    勝ち組、負け犬のようなメディア的に注目浴びた言葉をなんのてらいもなく「自分が勝ち」という文脈で使っちゃう時点で、知性の面で「この人勝ってない・・」と思ってしまいます
    まあ、皮肉はともかくとして。
    社会的に尊敬を受けるような職業で、高収入な人と縁あってめぐり合い、
    お互いに魅力を感じて結婚をなさった皆さんなわけで、世の中不景気で経済的に苦しいという意見も多い中で、私たち幸せだよね、ありがたいよね
    という感覚は、ごく普通だと思います。
    ただそこで「だから自分たちは勝った」と言ってしまうと・・・
    ご自分たちは「夫の収入が高い」「結婚している」からそれ以外の人に「勝った」つもりなのかもしれないけれど、勝手に「負け」の定義に入れられた側からは「・・・別に負けたつもりないんですけど」と言いたくなるとこもあるかなと思います
    私は、自分と同じような属性の友人達とたまに豪快に飲み食いしたりした際に「我々もある意味勝ち組だよね(半分以上やけくそ)」的な文脈でたまにこの用語を使います
    こういう単語、「勝ち組(笑)」的に使用するのが正しいのではないかと勝手に思っています

    ユーザーID:8332478624

  • 説明しよう!

    「勝ち組」
     :自分を他人と比較して「上である」ことに価値があると考える人達の中で、自分が勝ち組だと勝手に考えているグループのこと。本当に「上であるかどうか」は関係ない。

    「負け組」
     :自分を他人と比較して「上である」ことに価値があると考える人達の中で、自分の生活に不満を感じているグループのこと。本当に「下であるかどうか」は関係ない。

    ユーザーID:9273749422

  • 人生の勝ち組とは

    勝ち負けって言うのは相対的なものです。
    何か基準を決めて、さらにその基準に照らし合わせて優劣を比較する必要があります。

    では、基準を何にするか?ですが、
    ここのレスを見ても判る通り、人によって基準は様々です。
    それは人間の大脳が発達しすぎたためでもあります。

    一方で地球上の全ての生物に共通する
    唯一絶対的な競争の基準が存在します。

    それは、どれだけ多くの子孫(自分の遺伝子)を残こせたか、です。
    人間も生物である以上、この基準に従っており、
    現在、人類が繁栄している理由でもあります。

    この基準から判定すると長生きして子孫を多く残した者が勝ちです。

    そう言う意味では、
    10代で出来ちゃった結婚して
    その後も貧乏人の子沢山を地で行き、
    さらに女癖が悪くて外にも子供を作り、
    その子供達も親と同じような人生を送って早くに子供を作り、
    気が付けば40歳を前にして孫が何人もいた・・・
    って人は、生物学的には間違いなく勝ち組です。

    と、まぁ色々書きましたが
    私個人としては、過去を振り返って
    「そんなに悪い人生ではなかったな」
    と思えたら、その時点では負けてはいないと思っています。

    ユーザーID:9010260092

  • 幸せと思えたら勝ち組

    勝ち組って言葉自体あまり好きになれませんが、結局は自分が今幸せだなあって感じられたら、それが勝ち組って事だと思います。私は結婚して、そんなに裕福ではないけど、夫婦仲良しだし、幸せだなって思うから勝ち組なのかな。 価値観は人それぞれだから、その人が何に幸せを感じるかですよね。

    ユーザーID:9170105324

  • 自分とは違う・・・・・

    私も父が地方公務員、母はずっとパートしてました。大学こそ出してもらいましたが、生活は質素そのもの。
    高校迄は地方暮らしの為、普通の家庭かなあと思って育ちましたが、大学で東京出て唖然としましたね。

    私はトピさんが不思議に思うのですが、今迄、生きてた過程で、暮らしの違いっていうか、
    見てきませんでしたか?今頃(結婚する頃)になって、資産や兄弟、経歴の差にあれこれ言ってるトピさんは
    かなり何もしてこなかったと思います。


    私は自分の環境で自分でお金を生み出さなくてはいけない・・と大学時には常々思ってましたよ。
    同じ大学友人の中には、資産家のお嬢さん等いましたけど、
    自分とは最初から違うと思っていたので、いいなあとは思いましたけど、その人達に対して悔しいって感情は
    なかったです。
    高給夫をみつければ、すべて勝ち組と思っていたのが浅はかです。
    資産、経歴に悔しがってるとは子供ですね。自分の立場を考えましょう。

    そして、自信がないと人の意見やまわりばかり気にするようになります。肌で感じた経験が少なすぎるのだと
    思います。

    ユーザーID:4899786440

  • あえて書きます

     トピさんが、そう感じているのは、実家や兄弟の職業、自分の過去の経歴にコンプレックスがあるからですか?

    そして,そういった夫を持った事だけで、勝ち組と勘違いしてしまうトピさんも考え方が軽薄です。

    夫の職は勝ち組で勝ち組の仲間入りは出来たものの、実家、兄弟、自分の過去は負け組に感じて、悔しかったって事ですね。

    試験の合格を目指しても、事態は変わらないはずです。
    金、地位、学歴は持っていても邪魔にならないし、高いステータスに
    行けば行く程、これを当たり前に持ってる人の割合は増えているのは事実
    ですよ。

    その中でコンプレックスを持ってしまうのなら、辞めれば良いだけです。

    私はトピさんが、自信の持てる事を何もしてこなかった事に原因があるように感じます。

    高給取とされてる職の方、奥様は子供の頃から資産、教養、様々な経験を
    何代とされてきた方が多いです。
    でも、そういった方でも高卒だろうが、認められる人はいます。
    自分を持って努力してきた人です。

    私もスポーツ選手、長年の女優さん等の発言には、感心させられます。

    ユーザーID:4695140515

  • 私は『勝ち組』です

    30代前半、子供1人(私立幼稚園)、土地70坪庭付き一戸建、専業主婦。
    インテリアは北欧物が好きです。

    と書けば裕福な『勝ち組』ですか!?
    細かく書けば、年収500万以下、(関西なので梅田を中心に考えると)中心部から電車で1時間の郊外。
    公立幼稚園が近くにないので補助の出る私学に入れてます。
    車は国産中古の7人乗り。海外旅行の余裕はありません。旅行はキャンプ、会社の保養所を利用、ETC割引で車で東京も行きました。
    基本的に節約生活で、スーパーの特売を狙って買い物をしています。
    服もバーゲンやアウトレット、ユニクロも大活躍です。
    私自身の学歴は私立女子短大です。キャリアはないです。

    こう書くと『勝ち組』ではないですよね。
    でも節約しつつ、そこそこ好きなことをしたり、DIYでインテリアを改造したり、手作りの服(これは節約ではなく趣味です)を着た娘が喜んでくれたり、(ママ友と呼ぶ必要の無い程気の合う)友達とみんなでお茶したり、家族ぐるみで出かけたりと楽しく、ストレスフリーな毎日を送ってます。

    なので私は自分自身は『勝ち組』だと思ってます。自分自身の価値観が勝ち負けを決めるのでしょう

    ユーザーID:1910308859

  • ・・・

    人生に勝ち組も負け組もありません。
    強いて言えば、「幸せ」な人が勝ち組で、「幸せでない」人が負け組です。

    もし 幸せというものが、低所得<高所得、低地位<高地位、低学歴<高学歴、であるとしか、考えられない人がいるなら、その人は、負け組です。

    「幸せ」は自分の心が満たされることです。
    ささやかなことであっても、自分が得たもので満足できる心を持った人が「幸せ」=勝ち組なのです。

    ユーザーID:4089005056

  • 自分で努力して得た結果が、社会的に比較して上位に居る事。

    子供を産んだら?
    彼女達にしたら正しいと思います。
    夫の職業や収入、出生に寄りかかって自分の価値が高いと思う女性達の安定を守るのは実子しかありません。
    中世の王族や貴族同士の結婚と同じ。庶子を産んで初めて女の居場所が決定する。

    そんな人様頼りの人生から、今は随分変わった筈です。
    でも知能が足りず、未だすがる女性が居るのは現実です。

    取りあえずの試験や資格だから悔しい思いをするのです。
    どうしたらいいかと問われれば。
    主婦業が永い女性に具体的にアドバイスするのは酷でしょう。

    ご自分で考えるべきです。
    結婚時全て捨てた権利を拾い直して。

    少なくても自分自身が社会的に評価され、自分の収入と社会的地位が上位になければ私は「勝ち組」とは思いません。
    専業主婦がどんなに大きな顔しても、少し喋れば他人の傘に隠れた生き方は暴露しますから。

    ユーザーID:3143968665

  • へ〜〜〜

    そんなことでいちいち悩むんですね〜〜。

    勝ち負けなんて意識して暮らしてないな〜
    だって、私、幸せですもの!!

    確かに、私は、美人だし、親も裕福だし、学歴も高いし(マーチとかではないですよ!)
    、一流企業でやりたい仕事ついてるし、夫も高所得かつ安定のある職業だし(勤務医妻とかが勝ち組とか言ってると笑えますよ・・)、子ども二人もいて、超かわいいし・・・・

    それに、トピ主さんと違って、周りに変なひとというか低レベルな人がいません。

    類ともという言葉があるので、まあ、そういうことなのかもしれないですけど、
    本当に、そんな世界があるの?とびっくりします。

    ユーザーID:8349205335

  • 悔しいから勉強するの???

    なんか、それっておかしくないですか?

    負けたくないから頑張るって感じですよね。。。

    でも、まあ、向こうは、トピ主さんが、資格をゲットしようと、
    へでもないと思いますけど。。。

    「人生の勝ち組って何ですか?」ってことですけど、
    勝ち負けを意識してる時点で、負け組みだとおもいます。

    ユーザーID:6256362552

  • 勝ちか負けかは、自分自身で、決めること!

    ここにとある女性がいるとします。

    彼女は、看護大を出て、看護師として働いています。
    公務員の夫がいて、子どもは男の子が一人。

    1 「私は医師になりたかったけど学力が足りずなれなかった。
       せめて医師と結婚したかったけど、できなかった。
       子どもも可愛い女の子が欲しかったけど男。
       せめて2人目は女の子が欲しいけどなかなか妊娠しない・・
       やっぱり、女の子がいるママって、将来楽しそうでうらやましい・・
       だから私は負け組」

    2 「私は努力して資格職についてます。
       このご時世、女性でこれだけの給料が取れて失業の心配もまずない。
       しかも夫は公務員。
       公務員男性をゲットできるなんてラッキーでしょ?
       子どもは男の子だから義実家も喜んでいるし、
       男の孫を産んだ私は嫁として大きい顔ができてるし。
       この状況って、勝ち組よね!」

    同じ境遇の女性でも、
    考え方ひとちで勝ち組・負け組と分れて思い込んでしまう。
    どちらだと思うのかは、自分の考え方次第ではないでしょうか?

    ユーザーID:9197111338

  • 残念ですが

    テレビや作家が作った言葉を一般で使う人いますね お金に不自由しない人たちのことです 商品 サービス 快適さすべて手に入ります 私もすごくほしいです でも他人に自慢したりはしません こういう奥様は旦那さんがリストラに遭ったらすぐ離婚でまた高収入の人を必死でつかまえるでしょうお金は万能ですから 今の世の中

    ユーザーID:1272723481

  • 気になったので、再び書き込みします。

    ぽじたーのさんのレス、気になったことがあったので書き込みします。

    私は勝ち組って言葉をお金のあるなしで当初使っていましたが、よくよく考えなおしてそれは間違いと気付きました。
    そのことは前回のレスにものせたつもりだったのですが、(レンゲ荘さんのレスは、ちょっと意味が分かりませんでした。)一般的に、独身で、子供がいない女性は「負け組」ですか?
    私の中で子供のいるなしは、勝ちにも負けにも属していません。
    というのも、子供がいても仕事のない女性というのはどちらかというと負けのように思えるんです。語弊があるので補足しますと、子供がいても子供に依存していたり、結婚していても夫に依存しているというのは私が少し前までお付き合いしていた奥様達が皆そうでした。自分が何なの?と聞かれたら多分答えられないんです。
    夫も子供も自分ではないですよね?夫が立派、子供が立派、で、あなたは?

    結婚していること、子供がいることは世の中のいったい何の評価になるんでしょうか?子供がいて、好きな仕事をバリバリ、という人が私の中で勝ちです。そういう社会の仕組みを作って欲しいな。

    ユーザーID:5578952475

  • レンゲ荘さんへ

    横ですが、
    ここ数年、日本で言われてきた「勝ち」「負け」の区分では
    独身、子どもなしの女性は「負け組」とされています。
    そのような人たちは、どれだけお金があっても、勝ち組とは言われません。

    お金だけが勝ち負けの判断区分になるとお考えのあなたこそ、
    一番お金に執着してる印象を受けました。

    ユーザーID:1802134276

  • がんばってくださいね。

    人生の勝ち組の定義はとても簡単です。
    どんなときにも心さわやかに生きられる人、それが勝ち組です。
    そのような人は、他人より資産が多かろうが少なかろうが、社会的地位があろうがなかろうが、子供があろうがなかろうが、決して舞い上がったり落ち込んだりはしません。
    このように言葉で定義するのは非常に簡単ですが、これを実践するとなるとなかなか難しい。相応の心のトレーニングが必要になってきます。

    他人と比較して、自分が勝ち組か負け組みかで心を悩ます人・・・それは典型的な負けち組のパターンかと思います。

    ユーザーID:2102715497

  • お金じゃないの?

    一般的に勝ち組=お金持ち、でしょ?

    これは育った家庭環境にかなり影響されると思います。
    お金持ちかそうでないかではなく、お金にどれだけの価値を置くか・・・です。

    うちは幸い?両親とも「お金が一番大事」な人間ではなかったので
    私もお金に対する執着はそんなでもありません。
    兄も同じです。兄はもっと厳しくて、お金お金と言えば「卑しい」と
    言われます。

    私にとってはお金はそこそこあればOK。あとは自由時間が一番
    大事です。

    ユーザーID:3184459935

  • 「勝ち組」「負け組」っていう言葉嫌いですね〜

    米国在住15年目。日本には、もう8年以上帰っていませんが、帰っていない間に、私の知らない日本語が増えてきたようで、勝ち組とか負け組とかっていう言葉を、雑誌で見たとき、正直、びっくりしました。それと同時に、日本人って、よっぽど自分に自信のないひとばかりであふれてるから、こんな言葉がでてくるようになったのかな〜とも思いました。

    アメリカでは、日本という国は、金銭面では豊かな国で、健康なひとが多いという国として有名です。その一方、自殺するひとが世界ではトップ10に入るということでも知られています。そういうのを考えると、なんか、勝ち組とか負け組とかっていう言葉がでてきてもおかしくないのかもしれないって思いました。

    それから、他人と比較することで、自分に自信をつけようと思っている人は、私から言うと「負け組」そこで、もう、自分に負けているんですからね。自分の幸せとはなんなのか、それを追及することのほうが大事。ひとはみんな幸せの感じ方は違います。自分を成長させることこそ、勝ち組のすることなんじゃって私は思います。自分に自信をつけたいのなら、他人と比較しないことです。

    ユーザーID:7121666814

  • 不思議

    女性って、愛情にしろプレゼントにしろもらうもの、受け取るものが多ければ多いほど「私は勝ち組」って思うんじゃないでしょうか。子供も「授かるもの」ですから子供がいることは勝ち組の最低条件でしょうね。
    よく考えたらすごい性(さが)ですよね。自分で手に職つけたり勝ち取ったりするものにはあまり価値を見出さないんでしょうね。

    ユーザーID:4094262789

  • レス

    たくさんのレス有難うございました。
    多くの方たちからの貴重なご意見、非常に興味深く読ませて頂きました。

    自分が劣っているからでしょ?
    と言われた方がいらっしゃいますが、劣っているとは思っていません。
    奥様連中のどんぐりの背比べに、
    くだらない!とはっきり言えるだけの自信が自分にはありませんでした。
    これは例えばお金がたくさんあったらとか、家庭環境がもっと良ければ、とかそういうたぐいのことではない気がするのです。
    自分が何をしているのか、今何を成せているのか。
    そういう事だと感じました。
    同じ奥様として勝ち組!と誇っていた自分が今は恥ずかしいです。
    幸い私には手に職があるので、早々に復帰するか勉強してキャリアアップを目指そうと思いました。
    子供が出来ても復職しやすい環境を作り、子供が、とか夫が、とかで自分を誇示しない生き方をしたい。

    競争の場所を変えて、生産性のあるステージで頑張ってみようと思います。とても勉強になりました。ありがとうございました。

    ユーザーID:5578952475

  • トピ主の本意は。。


    トピ主さんは何が悔しいのかな?
    自分が負け組ってことに気がついちゃったから?

    彼女たちの価値観がどうであれ、あなたはあなたの価値観で生きれば
    良いのだから、それでいいんじゃないですか?

    彼女たちがどう思おうと、資格を取りたかったらとればいいし、、

    最初は自分のこと「勝ち組」って思ってたんでしょ?
    ただ、あなたはその考えが少しづつ変化してきて、
    勝ち組奥様族の中では、家も資産家でなく、子どももいない自分は、
    まったく負け組に入ってしまう、という事実に対して、
    今度は反発を感じるようになった。それだけのことなんですよね。
    だから、悔しいんですよね。

    ユーザーID:1802134276

  • 生きにくい性格かものね

    世の中は競争だと思います。
    そこで暮らしいている以上、競争からは逃げられないような気がします。

    トピ主さんの気持ちには近くないかもしれませんが、地位や名誉や、財産、そういったものに興味をもっている人たちがこわくてたまりません。
    自分がいくら距離を置きたくたって、思わぬしがらみで巻き込まれています。自分とは関係ないのにつらいです。

    世捨て人になるか、山にこもるか、出家するか、もしかしたら本当にそういう手段を選ばない限り、世の中のいろいろいなことから逃げることはできないのかもしれませんよ。

    勝ち組とは、己の心を強くすることが出来る言葉なら、その人が鼓舞するために持っていて何も悪いことはないと思います。

    自分の心情に馴染めないものであれば、トピ主さんには必要ないものだからと遠ざけるしかないと思います。
    それは自分の人生に必要はものを取捨選択するという、シンプルなことだと思います。おかしいことではありません。

    でも競争の只中にいて、学歴や経歴といったものを選択し重視する考えがあっても仕方のないことです。

    ユーザーID:9928284014

  • 勝ち組なんて、と主張する方は・・・

    今までの人生の勝負で勝った事が無い、または問題から逃げてきた人ですか?
    どなたかが、学歴は生まれつきなんて書いていましたが、単なる「逃げ組」ですね。

    人生には競争も、問題(←これが重要)もつきもの。それらから目をそらさずに果敢に取り組んできた人は、勝つなり克服するなりして何かを手に入れる、または、「引き分け」に持ち込んで被害を最小限に抑えます。自分の負けを認められない狭量な人に、勝ちも引き分けもないですよ。スポーツも勉強もそうでしょう?

    高学歴=仕事ができる傾向アリ。
    高収入=上質な暮らしが可能。
    配偶者=人生の重要な要素。見抜く力、出会う努力。
    家事・育児=工夫が上手な人は乗り越えていく。
    義父母=工夫と忍耐で、厄介なものを更に厄介にしない。

    思いつくままに書きましたが、こうした無数の項目に、人によって勝ち負けがありますよ。で、その多くは努力の結果です。トピ主さんの周囲の方は勝ちを大っぴらに誇ったために、嫌悪感を感じるのは分かります。品性の問題として。

    「人生万事塞翁が馬」であると同時に、「なせばなる何事も。ならぬは人のなさぬなりけり」だと思います。

    ユーザーID:9105694588

  • ええと

    難しい問題ですね。
    勝ち組がいれば当然負け組もいる。
    女性同士でお互い利害関係も無いので勝ち負けは発生しません。
    では何に対しての勝ち負けでしょうか?
    その答えはひとつ。相手の男性に対してです。
    勝ち組の女性と結ばれるのが負け組の男性。
    これはむしろ結婚したということでその勝ち負けのレッテルが貼られるのでしょう。
    逆に結婚できなかった女性は負け組と言われるようですが、
    同様に結婚しなかった男性が勝ち組となるのでしょうね。

    ユーザーID:7706691774

  • 格差社会などという、実態のない言葉に踊らされないように・・・

    基本的には各自の定義で勝ち組・負け組を決めてもいいと思いますが、世の中に流布されている一般的な意味ではやはり金持ちを勝ち組というのでしょう。

    「最終的に幸せと思ったら勝ち」と仰る方もいますが、そう思うために多少は必要なのが金や地位であり、そういう意味では負け組よりも勝ち組の方が確率的にはそういう人が多いのだと思います。
    またよく「勝ち組が見下して」と考えている人がいますが、実際のところ大してそういう傾向はないと思います。
    いわゆる勝ち組でないとされる人の過剰な意識かもしれませんしね。

    また、最近よく「上から目線」という言葉が出てきて、それを厭う人が多いように感じます。
    他人に上に立たれたくないというか、無意識に比較していることの反映ではないでしょうか?
    おそらく、「勝ち組、負け組」という言葉がはやる背景には、このトピでレスしている人も含め、無意識に他人と比べている人達が醸し出す空気というのがあるのでしょうね。

    他人との小さな差異を殊更に気にしないようにしたいものですね。

    ユーザーID:1243312563

  • 我が国は資本主義なんだから

    勿論、競争する事が前提です。
    しかし、競争するためには公平な競争というものが前提です。

    つまり能力があってやる気があれば、誰でも、いつからでも評価される、というシステムです。
    しかし実際には、既得権益にあぐらをかいている人が勝ち組と呼ばれる人達で、そうでない人は、どんなに努力しても報われないという人が負け組と呼ばれる人達になっている、というのが現状なわけです。

    勿論社会に矛盾はつきものです。
    しかし、勝ち組と呼ばれる恵まれた、あるいは運のいい人達が、もう少しその事を謙虚に受け止めてもいいのではないでしょうか。
    昔は、わが国にはそういう節度があったような気がします。

    それを、勝ち組負け組という言葉で弱い人達を簡単に切り捨てて、自分達の優位さをただ誇示しているだけ人というのは、私には頭が悪過ぎるとしか思えません。
    地獄に堕ちろって感じです。

    もしもこのまま格差社会を容認し、それを加速させていくならば、犯罪率が増加して、社会全体が不安定になっていくでしょう。
    そしてそれはいずれ、勝ち組と呼ばれている人達(あるはその子供達)もそのツケを払う事になります。

    ユーザーID:4175290128

  • 人生の勝ち組とは

    「勝ち組」「負け組」って言葉が使われる前からある問題とは思いますが、
    人生の勝ち負けなんて最後にならないと分からないのではないでしょうか?
    「万事塞翁が馬」って言葉もありますし。何がどうなるかわからないのが人生ですから。

    人生の最終時に「私は幸せだった」と言い切れる人生をおくった人間が勝ち組だと思います。

    なので私の場合は、「後悔しない人生=勝ち組」だと思っています。

    その奥様仲間の人達は「井の中の蛙」なだけですよ。

    主様は井から飛び出したんだから、そんな人達ほっといたらいいんですよ。

    ユーザーID:0127958044

  • バカバカしい

    トピ主さんの行動、正しいです。

    そんな集団に居たら私はきっとストレスで死んじゃいますよ...


    勝ってるか負けてるかなんてどーでもいいし、学歴とかしか頭になくて個人の中身を見ない他人にあれこれ言われる筋合いなんて1mmもないですよね。


    一瞬、その奥様集団に言い返せと書こうと思いましたが、あっちは多分勝手にトピ主が負けてると決めつけているでしょうから、負け惜しみととられてしまうでしょう。


    資格の勉強は良いと思います。
    何なら夫さんくらい稼いでみては?笑

    頑張って下さい!

    ユーザーID:2703687899

  • 経済至上主義の世の中では

    勝ち組、負け組みは、18日15:50の、元勝ち組さんの仰る通り既得権益の大小だと思います。
    経済的な豊かさを成立させる単純なファクターの有無、大小、かと。
    ですから、世の中で言われる『勝ち組』が、決して『人としての幸福度の高さ』を言うのではないと認識しております。

    この時代に反発を抱く場合に求められるのは、まず『人の口や目に左右されないご自身を確立すること』かも知れませんね。

    海外のあるリゾート地で出会った老夫婦の話です。
    ご主人様がホテルのカウンターでチェックインされている間、ロビーのソファで待っていた奥様が居眠りをしてました。チェックインが終ったご主人様が奥様の所に来て、そっと、おでこに「チュッ」。奥様はお目覚めになって、お二人、手を繋いでお部屋に向われました。
    後で知ったところ、ご夫婦にとって、これが人生最初で最後の旅行なのだそうです。それほど貧しかったそうです。
    でも、もう一度生まれ変わってまた経済的に貧しい人生になっても、再び夫婦になりたいと。お互いがいれば、貧困なんて乗り越えて幸せになれるからと。

    勝ち負けの先にあるもの、しっかり見極めたいですね。

    ユーザーID:9782493326

レス求!トピ一覧