Dearと思ってなくてもDear? (駄かも)

レス26
(トピ主0
お気に入り14

生活・身近な話題

Sarah

英語圏在住です。
仕事のメールのやり取りの中で疑問に思うことがあります。

メールの最初に Dear ◎◎◎, と書くことです。

Dearと思っている相手ならなんの違和感もないのですが、
初めて連絡を取る相手からもDear Sarah,とかかれていること、
そして、不正行為続きで尊敬できない上司にメールを送る際に
Dear ◎◎◎, と書くことに非常に抵抗を感じます。

上司に対しては、Dearと書かなくてすむよう、
できるだけ朝早めの時間にメールを送るようにしてしまう私。
Good morning◎◎◎, ならいやじゃないんです。(ささやかな抵抗)
もちろん、午後にメールを送らなくてはいけないこともありますから、
そのときはいつも、くだらない、と思いながらもつい真剣に悩んでしまいます。

英語でメールを書かれる環境にいらっしゃる方、
初めての方にでもDearと書きますか?
また、Dearと書きたくない相手へのメール、どうされてますか?

ユーザーID:5328626962

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • つかいません

    相手が嫌いだとか、そういう意味ではないですけど、事務的なメール
    ではDEARは使っていません

    Hi、ではじめてます

    ユーザーID:9846017768

  • このDearは「様」でしょう

    タイトルどおり、初めての方に書くDearは単に「何々様」というくらいの意味ですよ。 あなたが嫌がっているのは、辞書の訳の一番最初に出ている「親愛なる」なんて意味にとっているからではないですか?

    また、私は在米ですが、社内のメールで「Dear」で始まるものなど、この20数年一度も見たことがありませんよ。 当然自分や他部署のボスに対しても、ファースト・ネームだけで書き始めます。 社内のメールでDearなど書かれたら、すごく違和感があります。

    ユーザーID:8014570298

  • そうですね

    Dear Sir/Madam とか使うし、職場でのメールや手書きのメモでも、 Dear + 呼び名になっていることが多いので、私もつけてます。ノン・ネイティブでニュアンスがよくわかってるわけではないから、とりあえずつけられるものはつけとこうと。相手に対する感情は関係ないと思ってます。べつに謹んで申し上げるつもりなんかなくても「拝啓」ではじめるのと同じ感じで。昔の手紙など読むと抵抗なくなるんじゃないでしょうか。大仰な呼びかけがいっぱいあるから、Dearぐらいいくらでもつけたげるよって気になれるかも。

    ユーザーID:8587609485

  • 在米ですが、Dearなんて見たことない

    米国の米企業で仕事をして10年以上になりますが...

    仕事がらみのメールで、Dear◎◎ なんて、見たことありませんよ。
    上司からも社長からも、また、上司へも社長へも Hi,◎◎ です。
    初めてメールを送る相手にも、同様です。

    レジュメを送るときにさえも、Dear Sir/Madam ではなく
    To whom it may concern 程度です。

    トピ主さんが仕事をされている会社では、Dearがデフォルトになっているのですか?

    私だったら、仕事がらみのメールにDearを使われたら、ものすごく違和感を覚えると思うんですよね。
    なんていうか、昔の映画に出てくるダサめのラブレターみたいで...(笑)

    ユーザーID:7984280516

  • お返事ありがとうございます。

    私の職場では、社内、社外を問わず、Dearで始まっているメールが多いです。

    たぶんイギリス式さんのレスまで拝見しましたが、Dearで始まるのは、やはりイギリス式なのかもしれませんね。
    私が住んでいるのはオーストラリアなので。

    拝啓さんのところでは上司に対してでも、ファーストネームで始めても問題なしなんですね。

    私の職場では、それはちょっと怖くてできない感じです。
    背景に、例の不正続きの社長が、社員に対し、「自分への尊敬が足りない」という理由で、解雇権を持っていないのに、解雇前通知のようなものを発行したというような出来事があったりもするのですが。

    北米在住さんの場合は、上司でもHiで大丈夫ですか?

    ユーザーID:7133438124

  • Hiです

    アメリカ合衆国資本の会社での社内メール、上司・同僚・部下、相手が誰でもほとんど「Hi」で
    始まっていました。メモ書きだと「to」です。
    社長から従業員への一斉メールは「Dear」でしたね。
    社風もあるかもしれませんが…

    かたや、取引相手(世界各国)や顧客には「Dear」で統一でした。
    初めてだろうが、クレームだろうが。
    「Dear=様」という感覚、確かにそんな感じです。
    取引相手でも、ベンダー/バイヤーの関係で、何度か電話で会話したり、慣れて親しみのある人には
    「Hi+ファストネーム」でした。

    ユーザーID:5142788458

  • 英語圏にいましたが

    社内メールは ***san, で始めてましたね。
    日系企業なので、sanが使われてました。ローカルからのメールも同じでした。

    日本に帰って来て、よく海外とメールのやり取りしますが、
    今度はDear使っています。

    拝啓さんが仰るように〜様くらいの意味しかないと思います。

    ユーザーID:6322492694

  • Mr.とかMs.やMrs.を使ったら?

    初めての相手でも、Dearって書く人は多いですよね。

    単なる通販のお知らせメイルでもDear〜で始まって、
    Warmest Regardsで終わる文章を書く人も居ますしね。

    どうしてもDearって使いたくない人には、男性ならMr.を
    女性ならMrs.あるいはMs.を使えば良いんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:0954616460

  • 拝啓、敬具と同じかと

    別にちっとも尊敬してなくても抵抗なく書きますからね。

    Dearも形式、形式。

    ユーザーID:6666551777

  • 使いません

    OFFICEでのEーMAILではDEARは使いません。
    HI、HELLO、で始めます。
    OFFICEで使うには確かに抵抗ありますね。
    ちなみに、アメリカ在住です。

    ユーザーID:9041660516

  • 習慣

    英語圏といっても、地域・文化・習慣的にそれぞれ違うし、またその会社、業界によっても違うと思います。 
    ビジネス通信の場合ですから、拝啓 さんの書かれたように、Dear は感情のない形式的な書き出しと思います。  
    私も、社外へのメールには、よく使います。 
    Dear を習慣的に社内メールで使う環境で、どうしても使いたくないということであれば、他の方がどのような書き出しをしているか、参考にされてはと思います。

    ちょっとずれますが、電子メール文書は、その量とスピードから、文体がかなりカジュアルになってきていますが、ある程度の配慮が必要と思います。 
    Hi だとか、 Guys,  などで始まるメールも受けますが、ある程度きちんとした文体で整えること、必要と思います。 
    たとえ社内メールでも、業務のレベル、用件の重要性を考えて。メールはその後の展開により、コピーされて、誰に回されるか分かりませんよ。 
    あくまでも個人の資質の問題と思いますが。

    ユーザーID:4919177812

  • Dear so and so

    Dear Sarah,

    いつも書き出しには、初めての人でもDearと書いています。 何かの理由でどうしてもDear と書きたくない時にはビジネス関係ですとGentlemanとか、Dear Madamとも書きます。上司の方ですと、Dear Sirも良いでしょう。 Dearは何々様と同じで、別に意味はありません、書き出しに昔から使われているだけです。

    Sincerely,
    カリフォルニアン

    ユーザーID:7094829269

  • 初めての相手だからこそ

    初めての相手だからこそ「Dear」を使います。 他の方もおっしゃっていますが「○○様」というような感じです。 毎日メールをやり取りするような間柄のビジネスメールでは「Dear」は使いません。 いきなりファーストネームのみです。 ちょっと砕けた内容のメールでは「Hi」を使う事もあります。 朝一のメールで「Good morning」やその日初めてのメールで午後に「Good afternoon」はありです。

    ユーザーID:9705841937

  • 一概には

    ここに住んで何十年、メール歴二十年です。相手構わず(日本式に考えれば上司でも)Hi Sarah です。大体そんなところに引っかからないで読み飛ばし用件だけ読むのが普通です。日本でも「殿」とか「様」でどっちが使ってあったと詮索する人いないでしょう。

     でも先日 Dear ではじまるメールが来て「おや」と思いました。差出人は会った事の無いアメリカ人です。だから「皆無」とまではいいきれませんがあまり使わないように思います。

    ユーザーID:1745697406

  • オーストラリアからこんにちは

    私もオーストラリアです。

    いくつかの会社、組織で勤務経験有ですが、私の経験上社内メールでDearは使わないし、見たことないです。大体、在米の方々が書かれてるのと同じでHi+ファーストネーム 又はファーストネームのみです。上司に送るメールには必ずHiを付けますが、勿論ファーストネームです。

    外部の方とのメールですが、これもお互い(送るほうも受けるほうも)Hi、Helloが多いですが、この場合はDearも有りです。特に相手がまだつきあいの浅いクライアントで有った場合はDearが多いかな?ただ、これも慣れてくるに従ってHi、Helloに変わっていきます。知らない人に送る時はDearです。

    ユーザーID:2677574936

  • とても参考になります。

    Dear all,
    本当にありがとうございます。
    とても参考になります。

    キャンディさん
    >ピ主さんが仕事をされている会社では、Dearがデフォルトになっているのですか?

    デフォルトというわけではありませんが、
    きちんとした内容のメールほど、Dearが多いように思います。
    気心のしれた同僚や、慣れ親しんでいる取引先だと、Hiが多いかな。

    移民の多い国なので、もしかして英語を第1言語としない人が、
    Dearって使ってたりするのかな?と思って、今日、社内のメールをいろいろ見てみましたが、豪州生まれ、しかも何代も前に移民してきているような人たちでも、やはりDearになっていました。

    海外手配さん、
    確かに手書きのメモは私も、件の上司の場合でもToで始めますね。
    そして一斉メールはうちの会社もDearですね。
    でも上司にHiはやっぱり抵抗あります。

    osuさん、
    日本語がわかる相手だとsanを使うこと、私もあります。
    その場合もDearってつけちゃってる私は、◎◎様様っていってるってことか!(笑)

    to be continued...

    ユーザーID:7133438124

  • 続き1

    sunflowerさん、
    普段、ラストネームで呼ぶ人ならMrとかMrsでもいいかもしれませんね。
    でも普段ファーストネームで呼んでいる上司にいきなりMrラストネームにするのもちょっと抵抗が・・・まぁでも、例の上司にはDearって言うくらいなら、Mrラストネームの方がましかもしれません。

    ベルさん、
    確かに日本語だと、拝啓とかなんの抵抗もなく使いますね。
    自分の母国語でないということで、つい考えすぎてしうのかな。
    皆さんのお返事を見ていて、少しずつ「形式、形式」と思えるようになってきました。(除:例の上司)

    chikaさん、
    やはりDearは使いませんか。
    北米地区:Dearは使わない、にまた一票入りましたね。

    SendIt2Meさん、
    他の人たちのメール見てみましたが、やっぱりDearが多かったです。
    Guysは社内メールでは使いませんね・・・あ、でも社内メールではあるものの、飲み会のお知らせとかだったりすると、Girlsとか、Ladiesとかありますね。

    さらに続く・・・

    ユーザーID:7133438124

  • 続き2

    カリフォルニアンさん、
    Dearを親愛なる、という意味で使ってるのではないとわかっていても、そういう意味がある以上、例の上司には使えません。まして間違ってもGentlemanなんて・・・
    でも、初めての人へのメールの場合には抵抗を感じないで使えるような気がしてきました。

    愛しのエリーさん、
    ちょっと砕けるとHiで、砕けないといきなりファーストネームなんですね。
    なにもつけないのが、一番丁寧度が低い、という私の感覚が間違っているということがだんだんわかってきました。
    件の上司は日本語もぺらぺらな人なだけに、いきなりファーストネームだと「呼び捨てにすんじゃねぇ!」とかいって解雇通知送られそうな気がして・・(いくらなんでもありえませんが)

    アメリカ住まいさん、
    私も上司へのメール、Hiで始めるようにしてみようかと心が固まりつつあります。


    ちなみに例の上司は、HiもDearも、受信者の名前もなく、いきなり用件が始まっていることも多々あり。
    これは部下から上司へはご法度なのかなぁ。

    ユーザーID:7133438124

  • あ、オーストラリア。

    AUSさん、
    オーストラリアでも社内メールでDear使わないんですね。
    うちの会社、どっかおかしいのか?!?(たしかにおかしな会社です)

    Helloは学生時代に、授業を休むときにSMSで先生に知らせることになっていたのですが、
    そのときにHello◎◎と書いたつもりが、Hell◎◎と書いていたことに送信後に気づき、
    翌週の授業で先生に会ったときに、「いきなりHellで始まるメールなんか送ってすみません!!」と平謝りしたら、
    「そんなの気づかなかったわ」との事でした。

    やっぱり、メールの書き出しなんて、受け取るほうはあんまり気にしてないんですかね。


    それにしても、今回皆さんのお返事を拝見して、
    上司でもファーストネームのみでOKというのは、かなり目から鱗でした。
    目から鱗は落ちたものの、あの上司相手に実践できる自信がありません・・・

    ユーザーID:7133438124

  • 今日の出来事。

    皆さん、こんにちは。

    今日、うちの会社のHRのエキスパートみたいな先輩社員と、
    私と私の上司とのメールのやり取りをさかのぼりながら、
    情報を確認するという作業をしていたのですが、
    その際に、私が上司に当てたメールの中に、
    一件、何も書かないまま本文が始まっているメールがあり、
    それをみたHRのエキスパートに、
    「あなた、上司へのメールにDear◎◎って書かずにいきなり本題に入るなんてなに考えてるの」
    と注意されました。

    この人、スタッフの教育とかを担当している人です。
    originはどこだか知りませんが、caucasianな系統のオーストラリアで生まれている、オーストラリア人。

    ユーザーID:7133438124

  • 間をとって?Hello

    アジアの元英国領にある米系企業勤務、という少々変則的な立場です。

    米人同僚や本国からのメールは上司でも初メールでもHi +first nameですが、この国の英語はアメリカほどくだけていないし、ローカルの英語ネイティブやUK、オセアニアの人たちからは立場の上下にかかわらずDearでくることも多いです。

    私自身は北米在住期間が多少あるのですが、アメリカ方式を鵜呑みにして押し付けてるみたいな感じになりたくなくて、初めてメールを書く人や目上には、親しくなるまではHiは使いません。

    かといってDearもちょっと堅苦しいよな、と思うときは、勝手に自分で間をとったつもりでHelloを使ってます。

    蛇足ですが、このトピでもそうですけど、在米または日本で米系企業に勤める日本人で「『英語で』そんな言い方見たことない」って断定する人いますよね。英語圏でアメリカ英語が絶対基準じゃない国の方が多いんだけどな、とよく思います。一説では米国人のパスポート保有率は10%未満だとか。巨大な井の中の蛙ですよね。それを絶対視しちゃってる日本人ってのもちょっと恥ずかしくないですか?

    ユーザーID:4846753515

  • >ホッチキスさん

    私もその蛙の一匹で米国在住ですが、私の勤務先はたまたま百数十カ国に支店があり、中南米、ヨーロッパ、アジア、オセアニア、中近東、アフリカと、本当に世界中で四六時中メールが行き交っています。 その中で長年働いていて各国からのメールを今まで何万通と読んできましたが、本当に「社内のビジネスメール」で「Dear」など書いている人はいませんよ。

    多分これも、他の国の支店がアメリカの井の中の蛙方式に合わせているだけ、と反論されてしまうんでしょうね。

    しかし、アメリカ英語を絶対視する日本人が恥ずかしいとか、ずれた事を言う以前に、社内のビジネスメールに「Dear」を付けることがそもそも変だとは思いませんか?

    私の経験では、
    Dearが仕事で使われている場合
    1.セールスや勧誘などの社外へのメール
    2.付き合いの浅い取引先などへの社外に出すビジネスメール

    Dearを使わない場合
    1.社内のビジネスメール
    2.数度やり取りして気心が知れてきた取引先などへの社外宛てのビジネスメール

    ユーザーID:9103664851

  • >MGDさん

    MGDさんが今まで一度も、世界中からの何万通の中にひとつもDearで始まる社内メールを見たことがない、とおっしゃるのであれば、それが御社のやり方なのでしょう。

    とはいえ私の勤務先も一応グローバルと呼ばれる米国企業ですが、Dearで始まる社内メールを何度も見てますし(ですから企業間でも違うわけですよね、当然ながら)、このトピをざざっと見ただけでも、トピ主さん始め他にもそういう方は文字通り世界中に、MGDさんの会社がいかに巨大だとしてもその総社員数よりも多く働いているであろうことは容易に想像つくわけで、なのに

    >社内のビジネスメールに「Dear」を付けることがそもそも変だとは思いませんか?
    >私の経験では、…

    と力説されても、私の経験からは変じゃないですとしかいいようがありません。それにやっぱりそのおっしゃりようは、米国式どころか、ご自分のお勤め先だけを絶対視されているようで、なんだかそちらの方がずれてるし、ちょっと恥ずかしいかなと感じざるを得ません。

    これ以上争っても(争うようなことじゃないし)トピ主さんのご参考にはならないと思うので、このへんにしますね。

    ユーザーID:4846753515

  • ホッチキスさんと同じ感覚です

    私の勤める会社は、グローバル組織のメンバーファームであり、様々な国のメンバーと連絡を取り合って仕事をしています。割と堅苦しい業界であり、本社が英国にあるからか、たまにですけどDearと書いてくる人がいますよ。Firm全体の共通語はUS語って事になっていますが、それを守っているのは何故かUSとUKだけで、それ以外の国はUK語上位の傾向があります。カナダやオーストラリアは自分たちの英語を貫いていますが、書き言葉に置いて彼らの言語はUK英語に近いです。
    日本にいるとUS語が世界標準のように思えるけど、中米、南米以外の大陸ではUK語がスタンダードだなと感じる事が多いですね。
    また業界によって社内メールの書き方にも大きな違いがあると思います。私の勤め先でもらうメールでは、"I'm 〜"などの短縮形は見かけない、"but"ではなくせめて"however"、それ以上になるべく相手を否定するような書き方はしない、感謝やねぎらいの言葉は十分すぎるほど尽くさなければならない、等など上品である事が重要です。

    一方、私の夫は米国系IT企業に勤めていますが、そこではもっとラフで単刀直入な傾向があるようです。

    ユーザーID:1618324009

  • 気にしてなかったですが

    ウチもDear Sarah と書きます。
    正確には Dear Sarah san です。和洋折衷でしょうか。おかしいですけど、社内ではそれです。社外には当然sanはつけません。
    日本人同士の場合は普通に ○○さん ですね。
    オーストラリアに支社があります。
    本当にくだけた内容のときはhiとかohayooooh!とか。
    ローカルルールでしょうね。日本語の○○さんに値するものだと思って普通につけています。

    ユーザーID:1919341243

  • アメリカ式はHiなんですね!

    イギリスで学生しています。
    学校で、「手紙(メール)は、ビジネスでもプライベートでも「Dear」で始めること」と習ったので、そのまま何も疑問を持たずに使っていました。
    でも、地元企業でアルバイトをしているのですが、時々「Hi+名前」で始まるビジネスメールが来るので、「Hiって、仕事なのに、どうして友だち感覚なのかな?」と、ちょっと不思議に思っていました。
    確かに、アメリカ支店からのメールにHiが頻繁に使われています。
    なんとなく「アメリカ人はフレンドリーだからHiなのかな?」って思っていました(笑)
    皆さんのレスを読んで「なるほど〜!」と、目から鱗の納得です。
    そういえば、「イギリス人は見知らぬ人にまでダーリンとか、スウィーティとか使うよね」って、アメリカから来た友人が言っていました。
    (例;お客さんが店員さんに「ダーリン、この商品は在庫がある?」とか、逆に店員さんが「ダーリン、その商品は在庫切れなの」とか。)
    Dearも、そんな流れなのかな???

    ただの感想で、ごめんなさい。

    ユーザーID:2719224468

レス求!トピ一覧