質のよい服の見分け方

レス18
(トピ主0
お気に入り55

生活・身近な話題

れも

前々から思っていたのですが、みなさんは服を選ぶとき、デザイン以外はどうやって判断しているのでしょう?

毛玉ができにくい生地、型くずれがしにくい生地、色あせがしにくい生地、
の選び方が今ひとつわからず、ワンシーズンで着られなくなる服を買ってしまう事がたびたびあります。

極端に安い服でそうなるならまだしも、1万円くらいの服でもへたります。

それから、「自分の体のラインにあう服」もみなさんはどうやって判断されているのでしょう??

ご教示のほど、よろしくお願いいたします。

ユーザーID:3946571732

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 場数

    ・品質表示チェック(ウール・綿・ポリエステル・レーヨン・麻などの配合)

    ・可能な限りの試着

    ・過去に気に入ったブランドを追い買い

    ですかねぇ。
    それでも失敗は、私もしょっちゅうですよ。

    買い物の際に小さいメジャーを持っていくのもおすすめです。
    試着できない時、着丈などを計るのに便利です。

    ユーザーID:0872480013

  • 縫製の良し悪し

    裏地がある場合は表地としっくり合わさっているか、変なだぶつきや皺が寄っていないかなどを見ます。
    単物は縫いシロの端をきちんとヘムを取っているか。仕立ての良い物はヘムが取ってありますから、分かり易いです。
    ボタンつけも分かり易い。裏ボタンの有る無しを見ます。安物には裏ボタンはないでしょうね。

    ・・・以上は幼少時より母親から教えられましたことで、今だにそれに従って判断しております。大体は当たっているかと思いますが。
    型崩れはやはり、縫製の良し悪しで違うものだと思います。生地の弱い物でも、生地の特徴に合わせて縫製がしっかりしていれば、それ程型崩れはしないかと思います。

    セーターはネック周りの裏にテープを張ってある物もあります。伸びを防いでくれるので、長持ちしますよ。柔らかい細番手の製品に多いですね。

    「体のラインに合う服」は、試着してみれば宜しいかと。

    生地の特徴やお手入れ方法などは、お店の方に訊くのが一番です。販売員さんと仲良くなりましょう(笑)

    ユーザーID:7399579810

  • 手触り

    いい生地かどうかは、厚みやコシ、織りの具合など、手触りでおおよそ分かります(特にウールなどの天然素材)。型くずれは、裁断や縫製の良し悪しや購入後のお手入れや収納方法にも左右されるので、生地だけの問題ではないように思いますがいかがでしょうか。

    自分の体のラインにあう服かどうかは着てみないと分からないので、とにかく試着だと思います。お手持ちの服で「これは似合う」と自信のあるものを見直して、「似合う」ポイントを分析してみるのもいいかもしれません。

    ユーザーID:3792751312

  • ファー。

    時期外れですが…。
    私はダウンジャケットやコートに付いている、ファーでしたっけ?あのモサモサの「毛」。あれがどんなに高級なお店でもあの毛がちぢれていたり、量が少なかったりと、手触りよくないのなら却下です。
    さぁっと撫でてみてツヤツヤで柔らかく、それなりにボリュームもあればOKです。
    意外に安いお店にもあるんです。
    型遅れでなければ、クリーニングにだし翌年も翌々年も着ます☆

    ユーザーID:3076538281

  • もの凄く単純です

    高価なブランドでもすぐダメになる服ありますね。
    気に入ってたデザインのものだと余計にガックリ。
    長持ちする服を選びたい気持ちはあるけど、生地や縫製のことは
    なかなか素人では判断が難しいですね。
    そこで僕は単純に、生地の厚さでなんとなく判断します。
    ペラッペラの生地は着たり洗ったりすれば早くヘタるはず。
    コストを削るなら生地を安くするのだろうという想像からです。
    あとはネット通販等絶対利用しません。高価でダメな物を何度か掴まされました。
    自分でよく見て、試着して、ちょっと動いてみるのが確実です。
     自分の体のラインにあう服というのは、人それぞれですよね。
    ややガッチリ型の僕は体がシュッとスマートに見える服を選びます。

    ユーザーID:6800443778

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • こんにちは

    ラインにあうかどうかは試着しかないですね、着てみるとイメージ違ったりしますしね。
    縫製はあちこちみます、ボタンの付け方や裏地、左右対称かミシン目が曲がってないかロックミシンはどうか、後は裁断も曲がってないかみます。
    生地に関しては大きな問屋さんへ行っていろいろ見てみるとよくわかりますね、すぐ色あせる生地ってなんとなく後から染めたような不自然な色してませんか?

    ユーザーID:4211842427

  • どんなに気に入ったデザインでも

    品質表示をチェックして、合わないとなると買いません。
    化学繊維が苦手、特に、肌にじかに触れるものの場合、
    トラブルが起きやすいからです。

    お値段が張ってもへたりやすかったり、雨に弱いという
    もの。結構ありますよね。化繊に多いかも。

    一番良いのは、名の通ったメーカーの製品を選ぶこと。
    型崩れなどは、型紙の置き方ひとつで発生します。一流
    のメーカーなら安心だと思います。

    自分の体のラインに合うかどうか。
    こればかりは試着してみないと分かりません。いいな、と
    思っても微妙なところで合わなかったりします。くぐって
    着るものは、きちんとスカーフを使用して、大切に扱う。
    購入するまではお店のもの、ですので。面倒なようでも、
    これをしないと。後で返しに行くのはもっと大変ですし。

    色褪せですが。
    コットンや麻など、天然繊維100パーセントのものは褪せ
    ます。化繊は褪せません。私は色褪は気になりません。
    ひどく褪色したら、自分で染め直します。

    買うときは億劫でも、値の張るベーシックなデザインを。
    そうでない物より、何倍も長持ちします。

    ユーザーID:8996131952

  • 手触り

    私は専門知識はないので、自分の目と手で直接判断してます。

    今まで持っていた服の中で、持ちがいい服と悪かった服の手触りを覚えておいて、持ちがいい服と同じ手触りのものを選んでます。
    また、見た目的に、なんか繊維の目?が粗そうなものはやめます。
    それから、少しだけ縦横に引っ張ってみて、嫌な感じに伸びる服もやめます。(何の説明にもなってなくてすみません。

    ラインに合う服の判断は、試着できるものは試着するのが一番ですが、試着しないなら体に合わせてみてます。肩と胸にピタっと当てて、極力着ている状態に近くして自分で見下ろしてみます。肩の位置が合わない服や、胸の辺りが変に伸びてしまう服は絶対ラインがキレイに見えないので買いません。

    何十枚も失敗して、やっと最近わかってきました。何かの参考になれば。

    ユーザーID:1832388424

  • 私の場合

    質の良いという定義として、着やすく長持ちするかということであれば、適度な伸縮性があり人間の体の微細な動きに沿ったパターンになっているか、手に取って重すぎず軽すぎず生地がしっかりしているか値段に釣り合ってるかで判断します。ニットでも匂いを嗅いでみて石油の匂いの強い物は購入しません。安物でデザインがそこそこ気にいった物は遊び感覚で買います。流行り物で、カジュアルな材質の物は着る前に一度洗濯して柔らかくしてから袖を通し自分の体のラインに早く馴染むようにして着てますが。夏のよく洗濯する時期は綿百%などより少し化繊が入ってるとヨレヨレしないかな?

    ユーザーID:2008937687

  • 迷った時は

    迷った時、裏地が「キュプラ」だったら,まあ安心かなと思ってます。

    ハンガーに掛っている時「いいな」と思っても、試着するとガッカリすることがよくあるので、面倒でも必ず試着はします。

    ユーザーID:6903977118

  • 店員に聞く

     お店選びから始まります。その場限りで品物を売る店でなくて、リピーターを作る努力をしているショップにします。
     デパートが安心ですが、当たり外れはあります。

     定番のオーソドックスな品物中心のショップは、頑丈で長く着る服をおいている傾向があると思います。

     逆に流行を大事にしているショップは、質は良いですが、長く着る服ではないです。服の質は良くても、長く着ることを想定していないので。

     自分の身体のラインにあう服は、自分では、見つけにくいので、着てみて、第3者にアドバイスをもらうのが良いと思います。
     あと、写真を沢山とっていると、このスタイルやラインが自分をよくみせてくれるなと客観的に見れて参考になります。

    ユーザーID:4448907493

  • ぶれないポイントを決める

    服のお買物は失敗したことがない人ってかなりまれじゃないでしょうか

    私もたくさんの失敗をして、今も時々失敗をしてしまい、その度に振り返りと反省をして次に反映するようにしています。
    この辺りのポイントを抑えるとよいと思う点を記載します。
    参考にして頂けると嬉しいです。

    1有名メーカーのものを選ぶ。
    無名メーカーに良いものもありますがそれを見つけ出すのは上級者編になるので今はまず基本に忠実に。
    2有名メーカーだからと言っても手触りなど、納得のいかないものは避ける。
    3単に値段が高い品と質が良いから結果として高い品を区別し同じ高いなら後者を買う
    4シルエットが綺麗かどうか、サイズが本当に合っているか冷静に判断する(店員が頼りない場合、その言葉は聞き流す)
    具体的には
    丈が長すぎないか。
    スリットが深すぎないか
    胸元があき過ぎていないか
    着心地が悪くないか
    このまま人前に出ても大丈夫か?
    こういう事をクリアするとそこそこ大丈夫です。
    失敗するときというのはどこかでつい妥協してしまっています。

    ユーザーID:5275963256

  • 服は消耗品

    タイトルの通り、服は消耗品だと思います。

    高いものでも毛玉ができたり、生地自体が長持ちしても、
    時がたつとデザインが古臭くなったり。

    なので、各バーゲン時に、中程度の質の服を安く仕入れ、
    時期が来たら「さよなら」することにしています。

    ユーザーID:4846547277

  • 経験かな

    生地の厚さ、縫製、生地の種類、感触いろいろあります。

    でも総合的にすべて経験から見てるような・・・

    自分の体に合う服も経験です。

    とはいえ、チャレンジ精神も持っていたいから試着する。

    買うとき商品を平置きして形がシッカリ作れるものは良い物ではないかと思います。どこかに皺が必ず寄るとかは、縫製がずれてる可能性もあるし。

    それから仕舞う方法も重要です。ハンガーはクリーニング店のを使っていませんか?しっかりしたお店なら質問したら、全般的にアドバイスをしてくれるところもあります。ハンガーなり、たたみ方や洗濯方法なり。

    オススメは百貨店の店員(販売員歴が長い人や、コンシェルジュみたいな人)に相談することをオススメします。
    服飾全般を扱う百貨店のベテランさんは知識豊富ですし、選ぶ際のポイント(流行や組み合わせ以外の話)を教えてくれます。

    いい人が見つかったらその人をいつも指名しましょう。

    ご贔屓になると流行り云々以外にも、情報がたっぷりいただけますし、
    その中で自分の考えがまとまると思います。

    困ったときはプロに相談が一番です。

    ユーザーID:3086663285

  • どこのメーカーがいいですか?

    便乗質問になって申し訳ありません。

    こちらでレスされていらっしゃる皆様はどこのメーカー、ブランドの洋服が質が良いと思われますか?

    よろしかったら教えて下さい。

    ユーザーID:9191675983

  • 私がいいと思ったブランド

    仕事柄スーツが多いので参考になるか分かりませんが、いろいろ購入した結果、費用対効果がよくて信頼できると思ったものとそうでないブランドがあります。
    有名なのに「え、これが?どうして・・?」と不思議になる程、価格と質が釣り合わない(と私が感じてしまう)ブランドもあります。
    でもブランドを支持する人がいるという事なのでしょうね。

    型崩れも無く、生地の寿命まで着ることが出来たり、デザインに飽きるまでみすぼらしく痛まなかったものはアンタイトルの服です。
    あと、アンクライン(こちらの場合デザインが気に入ればという前提で)着心地が良くて、ついつい出番が多くフル活用し、生地が擦り切れるまで(不可抗力というレベルまで)長持ちしました。

    靴であればメダ、カリーノです。
    残念ですが服のメーカーの靴は納得できるものがなく結果、同じブランドをリピート買いです。
    革のヒールはすぐに伸びてブカブカになるものがある中、これらは大丈夫でした。

    ユーザーID:5275963256

  • 裏地がキュプラ

    のものは間違いないですよ
    バーゲン用の服か本当に高いものが安くなってるのか見極められます
    キュプラというのは一番静電気を防ぐ生地で裏地で使う素材としては最高級品です

    そのキュプラを裏地に使う洋服はやっぱり品がいいものになりますね

    高校の制服でもデザイナーが作ったものはキュプラらしいですよ

    ユーザーID:0059180014

  • プレス効いてるからわかりにくい。不思議ですよね

    母がアパレル製造関係で、布地を見て触る一瞬で、埃がつきやすい 洗うとすぐ弱る、ケバ立つ、プレスがおちたら安っぽくなる …など鑑定します。反物〜製品になるまでは知っていても、母自身は着道楽ではないのに使用後の行く末まで占い師のように言い当てる姿はちょっと面白いです。が、そこまで見る目がない娘は私物選びでいつも叱られます。プロの目は厳しいです。

    安物の外国産の綿100%表示のノーブランドTシャツ
    「これが綿100なわけないじゃないのバカッタレ。手触りで解りなさい」
    結構前ですが、品質表示をうのみにせず自分で確かめなさいとのこと

    百貨店セール イタリアスーツの上下
    「色味が微妙に違う、違う反物の半端同士(布が染色ロット違い)私がいたら買わせなかったのに」目をこらすと光の反射加減がうっすらかすかに違う

    もういいや…と、興ざめし、娘はアンチオシャレに。紺屋の白袴、ですかね。ごめん母…それでも半端に目が肥えたか、店では無意味に高いものに自然に手が伸びます。お財布と折り合いがつかないのに困ったことに目だけ…。で、結局ワードローブ増えませんね。

    ユーザーID:6876517967

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧