男の子を授かる方法を教えてください。

レス48
(トピ主1
お気に入り82

妊娠・出産・育児

ぴよぴよ

 はじめまして、こんにちは。現在産み分けなどの本も出版されており、私も買って読んでみたりもしたのですが、皆さんの中で男の子を授かる方法を知っている方がいればと思い、投稿してみました。

私自身は健康に生まれてさえきてくれれば性別はどちらでもよいと思っています。むしろ女の子が欲しいとさえ思っていますが、夫の実家は代々受け継いでいく家業を行っており、夫はもちろん義理の父・母ともに必ず男の子は一人は欲しいと言われました。

よい方法や薬などあれば教えていただけないでしょうか?

ユーザーID:4789467832

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数48

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 産み分けなんて・・・

    ちまたではいろいろ産み分けできる、なんてやってますが
    周りの友達は 病院に行った人も、そうじゃない人も結局あまり差がないですね〜。

    どんなにがんばっても女系、男系家族ってあるんじゃないですかね!?

    産み分けって詐欺じゃないの?ってくらい大金かかったりしますよ!
    変なのにだまされないで、元気な赤ちゃんをまず産むのが大事かな。
    今はどっちだってかわいいと言ってくれると思いますし!
    何人か産むつもりで前向きにがんばったらいいじゃないですかね☆

    ユーザーID:6859349008

  • 占いですが

    風水(方位学)では、東、東北、西北方位へ旅行、または引っ越しをすると、男の子を授かる可能性が高くなるそうです。
    反対に、西、西南、東南方位だと女の子を授かりやすいとの事。
    旅行の場合は現地3泊4日以上、距離は100km以上先が理想だそうです。

    私の周りの友人、親戚、職場の同僚など、30名以上の人ほぼ全員が、これらの方位への引っ越しや新婚旅行で男の子を産んでいて、とても驚きでした!(私はまだ独身なので試せていませんが)

    占いなので科学的根拠はありませんが、旅行など気楽にされてみては?
    でも吉方位年や方位の割り出し方など、方位学の本を読んできちんと調べる必要はあります。

    ユーザーID:2489747780

  • 産婦人科で相談してみれば?

    2歳男児と7か月胎児(男子と判明)の母です。

    でも私は二人姉妹です。
    母は四人姉妹です。
    腹の系統で言えば女系でしょうが、
    私の子は男児二人、妹の子は男児一人。

    食べ物の好き嫌いはありますが、肉も魚も野菜も食べます。
    むしろ肉は姉妹揃って好物です。

    要は子宮内のアルカリ度(でいいのかな?)と、
    夫の精子にかかっているわけですから、
    男を産めと言われたら、
    「それって夫さんにかかってるんですよね〜。」
    「私にはどうにもできないですよね。だって性別を決める染色体は男性側が決めるわけですから。夫さんにY染色体を増やせって言ってください。」
    とすべて夫に振ればいいのでは?
    事実ですしね。


    役に立つかどうかはわかりませんし、
    個人的には男がいいだの女が良いだの言う人は大嫌いですが、
    (だって子どもならどっちだって可愛いくて当然じゃないですか)
    女性の子宮内を酸性もしくはアルカリ性に保つ作用のあるジェリーがあるようです。
    市販ではありません。
    なのでどうしても!!というなら産婦人科で相談されてみてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:4851972886

  • 聞いた話によると

    赤ちゃんの遺伝子は父親側のDNAによって決まるらしいです。
    だからトピ主さんの旦那さんが女姉妹ばっかりだったら女の子が生まれる確率が高いし、逆だったら男の子。
    旦那さんが一人っこだったら…分かりません。

    私は今息子がいるので、次は女の子だったらないいな〜と思います。
    けど旦那が男3人兄弟なので、きっと男の子だろうと思います。

    ユーザーID:8619456540

  • わかりませーん

    私も、子供の父親も、女系家族で
    私も女の子が欲しかったのですが
    何故か男の子を授かりました。

    肉が大好きですし
    基礎体温もつけてませんでした。

    特に「こうすれば男の子が生まれる」に
    当てはまったことはありません。

    妊婦教室で、病院で産み分けをした、という方がいたので
    そういう病院もあるのかもしれませんね。

    とりあえず1人産んでみたらいかがでしょ。

    女の子なら、一姫二太郎だね、と喜べるし
    男の子なら、プレッシャーから解放されるし。

    ユーザーID:3653260039

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 産み分けしませんでしたが

    産み分け本を読んだことがありません。

    自分は3姉妹、しかし産んだのは男2人。
    私の両親の兄弟・従兄弟の男女比は女>男。
    私の主人の親戚は女=男。

    私&主人もお酒大好き。タバコは2人共吸いません。
    食事内容は好き嫌いなくなんでも食べる。

    不妊治療はしてました。
    と言ってもタイミング法。内服はせず、基礎体温を測り・エコーで排卵日を予測だけでした。

    うーん、治療をしていた者からすると「授かっただけでも奇跡」と思っているので、本当に神のみぞ知ると私は思っています。

    ちなみに私の父も田舎の長男。
    「3人目は男」とかなり期待されたが、生まれでたのが女。
    そんなで祖父母の中では、私・長女が家を継いでくれるものと思っていたようです。
    でも私の両親は「女はいずれ出て行くもの」という考えの元、私にそのことを話してくれたのは結婚後。
    父から祖父母に私の結婚報告をした時、かなりがっかりしてたようです。

    ユーザーID:8879149743

  • 私の周りの話ですが

    私の印象では男の子を持つ家庭はご主人が比較的健康で丈夫な人が多いなぁと思います。
    私の母なんか子供の性別を見極める時はここの主人は丈夫だから子供が産まれるなら男の子だねーなんて言うとほぼ100%当たってます。要は女性で全てが決まるわけじゃないんです。

    私は男の子を妊娠中ですが、主人は体型がメタボなものの健康診断ではどこも異常なしで持病もなく健康そのものなので、男性が健康体であるというのは一理あるかなぁと思ってます。
    こればかりは女性だけの責任じゃないんですから、気を楽にしてくださいね。

    ユーザーID:6904559390

  • うーん

    男児二児の母です。二人目は女の子がほしくて、巷で言われてる事試しましたが男の子でしたねぇ〜。
    肉を食べる・食べない、コーヒーを飲む・飲まない、排卵日当日・少し前など色々な意見があるようですが…結局はなるようにしかなりません!どちらが授かっても大事なお二人のお子さんです。可愛がってあげてくださいね。

    ユーザーID:2826423529

  • 運次第では

    高校で学んだ生物の知識のため記憶があやふやですが参考までに。

    子供の性別を決定づけるのは遺伝子レベルの「性染色体」というものです。
    性染色体がXYの子は男の子、XXの子は女の子になります。
    もちろん大人の場合でもそうで男性の性染色体はXY、女性はXXです。

    赤ちゃんができるには精子と卵子が必要です。
    精子と卵子は「人間になるための遺伝子の情報」を
    それぞれ半分ずつしか持っていないからです。
    性別を決めるための情報も半分。
    男性は「X」という情報を持った精子と、
    「Y」という情報を持った精子を作ることができます。
    女性は「X」という情報を持った卵子しか作れません。

    精子は女性の体内で卵子を目掛けて一斉に競争をします。
    このとき「X」の精子が一番になれば女の子が誕生します。「Y」だと男の子です。
    だから、未来のお母さんとしては「Y」の精子が一番になるよう「祈る」くらいしかできないと思います。

    以上、夢のない説明でスミマセン(汗)
    一番になった子はおなかの中で大切に育てたいものですね。

    ユーザーID:2079322203

  • 昔 女性誌で特集がありました

    ベーキングパウダーかベーキングソーダだったかで事前に女性器を洗うと良いとか、多分 アルカリ成分がどうのこうの記事だったと思う、それと回数を減らせて体力を蓄える、女性の感性が強い程男の子が出来易い、そして事後はうつぶせで寝る(子宮後屈の女性は此の姿勢だと妊娠しやすいそうです。

    ユーザーID:7436059500

  • こう言ってみましょう!

    義理両親や夫に言われたら
    「病院の先生にこう言われました、男児か女児かを決めるのは男性側の精子だそうですよ、なので私に言われても…」
    と言うのはどうでしょう?
    あながち嘘でもないようです

    授かる方法については、何ともわかりませんが。
    何を試したとしても半分の確率ですし…

    ユーザーID:2132597630

  • 科学的には可能だが禁止されてます

    特殊な薬品を使ってX染色体(女)を持っている精子とY染色体(男)のものとを分けることができます。
    もちろんそれは研究用であって、人間で使用することは禁止されています。

    できない産み分けを考えるよりも、
    子供の性別に関する偏った考えを矯正、もしくは排除する方がずっと前向きです。

    ユーザーID:9246833505

  • 排卵日がわかれば

    基礎体温をつけてますか?
    排卵日の直前に行為をすれば、女の子。
    その日ちょっきりか少し遅れると男の子ができるらしいです。

    うちは排卵日とわかってしたので、
    全員男の子でした。

    産婦人科できちんと産み分けすると、ものすごく高額費用らしいですが、
    タイミング(上記で書いたようなこと)を聞くだけなら
    それほど高くないらしいです。
    とりあえず相談だけでも行かれてはどうでしょうか?

    ユーザーID:3586103250

  • 恥ずかしいんですけど・・・

    私の家は女系です。
    第1子は女の子でした。
    夫の家は切実に男児をひとりは…と望んでいましたので、
    やはり嫁としてプレッシャーがありました。

    こればかりは…と思いながらも
    産み分けの本を読んだりして、

    結局、第2子は男の子が無事に誕生しました。

    女の子を産み分けるより、男の子を産む方ができやすい気がします。

    詳しくは産み分けの本を読まれるのが良いと思いますが、

    私が特に気をつけたこと…

    1、排卵日当日にする。(その前はできるだけ溜めておく)
    2、した後、逆立ちして自転車こぎをする


    すいません…
    ほんとにやりました…。
    笑ってください…


    後は、体をアルカリにしておく工夫とか
    食事とかも気を付けました。


    男の子が授かるといいですね。

    でもどっちもかわいいですよ〜

    ユーザーID:6186412994

  • 検索してみてください

    「最初のポイントは"電磁波"」
    「次のポイントは"ライトの明暗"」

    リンク先を張ってレスしてみたら、はじかれてしまいました。ググってみてください。
    ちょっと男性向けのサイトになりますが、記事的にはおもしろかったですよ。

    ユーザーID:8250861796

  • 楽しくじっくり時間をかけて

    楽しくじっくり時間をかけて、奥さんをしっかり満足させてあげましょう。
    そうするとあそこがアルカリ性に傾くのでそのころを見計らって玉を打ち込みましょおう。
    そのためにはお父ちゃんにしっかり我慢してもらいましょう。
    いずれにしても早撃ちはだめです。あそこがアルカリ性になっていませんから。
    これはかなり信憑性が有るようです。
    とにかくお父ちゃんにお漏らしなしで我慢我慢あるのみ。

    これなら万一失敗だったとしても大金払った訳でもなし諦めも付くことでしょう(何でも100%と云う物は少ないのであらかじめ了解しておきましょう)。

    案外言い伝えを冷静に考えると、温泉に入ってゆったりリラックスした気持ちになると自然と体調もこのような傾向になるようですし、長距離を旅行すると・・・、なども現在風に新幹線や高速バスで楽に移動じゃ無くて、昔の長距離移動を想像してみてください。きっと疲れも大きく玉撃ち(種撃ち)までに時間がかかることで上記傾向に傾き安くなるので男児を授かりやすくなると云うわけです。
    これらはかなり理にかなっていると思いませんか? 方角云々などは私も???ですね。

    ユーザーID:9891111839

  • 産み分け

    男女の兄妹の母です。
    特に産み分けをしたわけではありません。
    男女の産み分けはアルカリ性だか酸性でなくてはならないとか、
    いろいろ情報がありましたが、あまりこだわらずにいました。
    男の子を授かった当時の食生活は、魚も食べてましたが、お肉の方が多かったです。
    基礎体温もつけてませんでした。
    女の子を授かった頃は、食生活はあっさりだったかも?とか思います。
    お肉も食べてましたが、お魚や野菜も多く食べてました。
    でも根拠はないみたいです。
    いろいろネットで調べてみたらいかがですか?

    わかりやすく簡単に書いてありました。
    http://yamai.biz/umiwake/

    産み分けを指導してる産婦人科もあると思います。
    さりげな〜く頑張って下さいね。

    ユーザーID:9913591086

  • 自分の兄弟姉妹の数はあてになりません・・

    私→姉妹のみ
    夫→姉3人・妹1人の男は自分1人

    でしたが、去年私たちの間に生まれたのは男の子でした・・。
    女の子と思っていましたが。

    夫の妹も3人子供がいますが男2人の女1人でした。

    結局確率は50%づつですものね・・。
    私も1人は女の子が欲しいのですが、コウノトリさんにお任せしようと思います・・・。

    ユーザーID:9061525605

  • リン酸カルシウム(略してリンカル)

     調べてみて下さい。かなり有名な方法ですし、このサプリメントも安価です。危険性も問題ありません。

     知人の産婦人科医は、患者さんにも勧めています。
    (もちろん、相談されればですが…)


     
     

     

    ユーザーID:9742170428

  • 気持ちわかります。

    私の夫は田舎で大地主の総家(?)の長男です。

    今、可愛い2人の女のを授かり幸せなんですが、非常に「男の子を!!!」ってプレッシャー掛けられます。
    きついです。これから先、男の子産むまで何人産めばいいの?
    産めなかったら私はどうなるの?
    どうしたら男の子ができるの?考え出すと気が沈みます。

    義祖父、義父は医者でも「こうすれば産まれる!」ってアドバイスはありません。
    娘たちを可愛がってくれるけど、二言目には「男の子を!!家を絶やしてはいけない!!」って言います。
    彼らの思考は絶対変わりません。

    ほんと誰か助けてって感じです。

    ユーザーID:9354777271

  • 大昔、巫女さんをしていた友人から聞いた話です

    友人が巫女をしていた神社には、妊娠日の妊婦さんの年齢、それと出産予定日で男の子か女の子かを判断する宮司さんがおられたそうです。

    その宮司さんによれば、判断は簡単で、

    ○ 妊娠時、妊婦の年齢が満で偶数の場合 ―→ 出産予定日が翌年の5月5日前なら男の子。翌年の5月5日以降なら女の子。

    ○ 妊娠時、妊婦の年齢が満で奇数の場合 ―→ 出産予定日が翌年の3月3日前なら女の子。翌年の3月3日以降なら男の子。

    ということなのだそうです。

    まさか、そんなこと当たるわけがない、と笑って、わたくしたち自身を含め、身近な人の誕生日とそこから推測できる母親の受胎日、そして、母親のその時の年齢をあてはめて確かめてみました。

    すると、多少のハズレはありましたが、確率的にはかなり高い確率で胎児の性別が出産前に判断できるのだと、非常に驚いたことがありました。

    ちょっと身近な方たちでお確かめになって、もし、おやぁ?当たるのかも、と思われたら、逆算してみたらいかがでしょう。

    お遊びの域で、お楽しみください。

    ユーザーID:0235526280

  • なによりもまず。。。

    お二人が健康で、遺伝子的にも相性がよく(ごくたまに、例えば白血球の型が近すぎたりすると健康でも赤ちゃんを授かることが出来ない場合もあります)、子どもを授かることが出来るのかどうかの方が先ではないでしょうか?

    あまり考えすぎていたら、赤ちゃんが不安になってなかなか来てくれないってこともありますよ。


    あと、男性の精子の中の男性遺伝子が減って来ていると言う話もありますし、性別が決まるのは男性の方のことなので、ぴよぴよさんが悩むより、ご主人に悩んでもらってぴよぴよさんはゆったりとどちらでも受け入れる気持ちでいてくれたらなって、思いました。

    ユーザーID:0103202468

  • どんな産み分け方であっても

    大丈夫ですよ。成功率は5割もあるんですから。

    あやしい疑似科学にトピ主さんが騙されませんように。

    ユーザーID:3044881753

  • 食事。

    友人の話ですが、
    旦那さんに「男の子の兄弟をもつ同僚」っていませんか?

    その友人は、男三人のお父さんです。
    ある日、会社の同僚から言われました。

    「男の子が欲しいので、1週間、昼食につきあってもいいか?」と。

    食生活を真似たいというのです。
    友人は、苦笑しながらも、1週間昼食をともにし、
    また、普段の食生活なども教えたそうです。
    (たぶん、夜の話なんかもしたんでしょうけど、男同士)

    で、それが功を奏したのかわかりませんが、
    同僚は1年後、見事に男児を授かったそうです。

    その友人は、肉食系だったかな。

    まぁ、こんな話もありますよってことで。

    ユーザーID:7703523953

  • 私の統計結果では

    旦那さんは20代ですか?
    夫が若い(20代まで)と男の子が生まれる確立高いです。
    ママさん学級と育児サークル(計50名位)で私が統計をとりました。笑
    そこでは80パーセント以上の確立でしたよ。
    女の年齢は関係ないです。
    その法則をあてはめて私は今のところ100%性別当ててます!

    産み分けの本で調べた所、精子の量や動きが性別に関係するらしく、量が多く動きがいいと男が生まれやすいそうで、やっぱり男性も若いうちの方が量も動きもいいそうです。もちろん個人差があるので30代でも動きがよく量も多い人もいます。ただ老化はあります。

    あと、今男を産み分けしようとしている友達は男を産むには排卵日ばっちりに性交すると男が生まれやすいと産科医に言われたそうです。
    だから不妊でタイミング療法をしている人も結構男の子が多く生まれているそうです。

    旦那さんがお若いといいのですが。家業を継ぐとなるとほんと切実ですよね。うちの叔母も跡継ぎを産むまでは死ねないと言っていて、上4人が女でしたが、5人目が男の子でした!叔母もその夫も40代でした。こういう例外もありますから頑張ってください!

    ユーザーID:4479756011

  • お酒をあまり飲まない父親からは、、、男!

    うちの祖母や姉が言うのは、、、

    「酒飲みの男(父親)からは女の子が産まれやすい!」
    ということです。
    そう言われて周りを見渡すとなかなかどうして当たっています。

    ただ、男の子と女の子がいる家庭は参考にはならないんですが、
    男だけ、とか女だけ、の兄弟、姉妹のいる家庭だけを
    考えると、あらあら、すごくあたっているのです。

    ただし、母親もあまり飲まない(たまには飲むし、
    飲めない体質ではないけれど、毎日晩酌とかはしない)
    人の方が男の子が産まれています。

    毎日ビール大好き、毎日晩酌、それが人生の楽しみ!
    って男の方のところは、女の子が多いです。

    産み分けの本や、病院で指導を受けながら、
    あまり気にせずリラックスして望まれることをおすすめします。

    ちなみに私は男二人、何も気にせず、(そろそろできてもいいなあ)
    と思ったら、どちらもイッパツでできました。

    うちも、主人、私とも晩酌は全然しません。飲めない訳ではありませんが
    なんとなく、そういう習慣がないんです。時々つきあいや、
    週末映画DVDを観るとき、くらいです。ですので、うちもこのジンクスに
    ばっちりあてハマッテいます!

    ユーザーID:2242034948

  • グリーンゼリー。

    一度細かく書いて投稿しましたが、採用されませんでした…。
    ので、もう一度。
    ちょっとネットで検索してみてください。産婦人科に相談すると、もらえるそうですよ。
    ちなみに、女の子が欲しい時はピンクゼリーだそうです。
    確実ではないけど、可能性を上げるには有用だと思います。

    ユーザーID:3036166469

  • トピ主です。

     みなさんたくさんのご意見ありがとうございます。とても参考になりました。実はすでに子供は一人おり女の子です。次こそは男の子を・・と望まれているのがひしひしと伝わってくる日々を過ごしており投稿してみました。私自身姉妹にあこがれていましたので次も女の子でもうれしいくらいなのですが・・・。でも実際健康に産まれてきてくれることが一番ですものね。一応できる限りのことはして第2子の妊娠を待つことにします。ありがとうございました。

    ユーザーID:4789467832

  • 私も知りたいです。

     以前、タイミング法とXとYの精子の性質の違いを利用して
    産み分けをする方法をなにかで聞いたような気がします。
     どなたか、ご自身か知り合いの方でうまくいった方
    詳しく教えていただきたいです。
     のんこさんのグリーンゼリーとはどのようなものですか
    あまり薬などは使いたくないのですが・・・・

    ユーザーID:2484966230

  • コパンダさんへ。

    私もそれほど詳しくはないのですが、要するに潤滑剤です。
    ただ、膣内をゼリーによってアルカリ性もしくは酸性に傾けることによって、Y遺伝子が生き残りやすくなる環境にしたり、または逆の環境にするわけです。

    これで少しわかりますか?

    ユーザーID:3036166469

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧