• ホーム
  • 学ぶ
  • ハーフマラソン制限時間130分はきつい??

ハーフマラソン制限時間130分はきつい??

レス16
(トピ主4
お気に入り22

趣味・教育・教養

ちはる

このところ贅肉がついてきて(特に下半身)、このままずるずるぶくぶくと太ったらまずいなーと思っている40代女です。このほど地域紙で秋にハーフマラソン大会が開催されると知り、参加を考えています。

気の向いた時に2〜3kmほどジョギングはしているのですが、レースは約5年前に10kmを走ったのみ、そのときの記録は55分くらいでした。
が、そのレースの制限タイムが130分ということで、これはかなりきついのでは・・・と思うのですが、ハーフマラソンを走った経験がおありの方、ご意見いただきたく思います。

ユーザーID:8454338693

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ちょっときついかも

    例えばですが、頻繁に10Km走って55分ならたぶん大丈夫です。
    基本的にジョギングはペースキープで走りますから、多少の距離は延びても同じペースで走ることはできます。まあ10Kmが20Kmになるくらいなら、体を痛めない限りは後半そんなにペースは落ちないで時間内に走れると思います。
    2〜3kmジョギングだとちょっと読めないですね。
    ただ、2〜3カ月後でしょうから今からなら準備は間に合うのではないでしょうか?チャレンジする価値はあると思いますよ。
    大会の1カ月前には毎日10Km走れるくらいになって55分以内ならおそらくはいけるかと思います。

    なお、私はジョギング好きなだけで専門家ではありません。参考意見にして置いてください。

    ユーザーID:7627386882

  • やっぱりきついでしょうか

    かいさん、レスくださって有難うございます。申し忘れましたが以前10キロを55分で走った時、後半1キロ余りは足(特に太ももと足裏のマメ)が痛くて殆ど動けなくなり、「もうこれ以上は絶対に無理!走るのはもうこりごり!!」・・・・という感じで這うようにしてゴールしました。
    よって、この2倍以上のハーフだとどうか、制限時間に余裕があればよいのですが、130分って・・・単純に55分の2倍+20分、しかも10キロ55分は力振り絞っての結果ですから、私には相当きついかなぁと思ったんです。
    やはりスピードより、長時間走り続ける体にすることが大事なんですね・・・現状態からは大変そうですが、チャレンジし甲斐はありそうです。よく考えてからエントリーするかどうか考えます。貴重なアドバイスありがとうございました。

    ユーザーID:8454338693

  • ひざに来る。

    元陸上部です。

    ハーフマラソンは単に10Kmが延長されたものではありません。
    10Kmが走れても20Kmになるとひざに来ますよ。
    ときどき2〜3Kmのジョギングをしているだけでは、10Km
    は走れても20Kmはきついと思います。

    時間との戦いというより、肉体との戦いですね。心肺より
    関節です。

    ただ、まだ準備期間があるようなので、十分走りこむこと、
    事前にゆっくりでいいから20Km走ってみることをお勧め
    します。

    ユーザーID:8162090376

  • やるだけやって挑戦!

    トレーニング等については他の方にアドバイスをお任せします。

    さて、制限時間内にゴールできなかったらどうなるのですか?

    その時点でレース中断を言い渡されるだけでは?”だけ”と言うと失礼ですが、本来走りきれる体力の人でも何らかのアクシデントでペースを乱す人もいますよ。できなかったから何か罰則がある訳じゃないですよね。ましてや責任を問われる業務じゃないし、誰かが遅れたから困る団体競技でもないですね。

    走りきれなかったら残念でしょうが、できるだけの準備をして挑戦してみるのがいいと思いますよ。ただ、決して無理と怪我だけはなさらないようにお気をつけて頑張ってください。

    ユーザーID:8071601228

  • きついけど参加してみればいいのに!

    秋といっても、どれ程訓練期間があるのでしょうか?

    3、4ヶ月あるのならば、本番1ヶ月前には、週トータルで最低30−40キロは走り込みたい所です。毎日走っては筋肉が休まりませんから、必ず1日は休息日をとってください。そしていつも同じ距離ではなく、たとえば月/3キロ、火/5、水/2、木/5、金/3、土/10・・・というように、メリハリをつけ、週末に長距離を走るのが体の為にベストです。

    本番前に20キロを試しに走る必要は全くありませんが、本番一週間前には、週末の長距離12−15キロは走れなければ、20キロのレースはきついです。

    クッションのいい、しっかりしたジョギングシューズを選び、自分のペースを守って走ること。かつ、ジョギングの前後には柔軟体操で体をほぐし、水分補給を怠りなく。すれたり、水ぶくれなどが出易い箇所は、事前に補強する事。どこか痛くなったら無理をしないこと。

    昔は<途中決して歩いてはいけない>と言われましたが、最近では定期的に歩いたほうが、体の回復もはやく、結果的に記録が短縮されるとも言われています。(オリンピックの選手ではなく素人の話ですよ)

    ユーザーID:4540517107

  • ゆっくりなが〜くがんばってみます

    ニ立さま、通りすがりさま、まらそんびとさま、非常に参考になるレスをありがとうございました。
    通りすがりさま、たしかに制限時間を超過しても罰則があるわけでもないし、まずは軽い気持ちで挑戦してみます。
    ニ立さんのおっしゃる「ひざ」・・・私はそこまで長く走ったことがない(ひざに来る前にやめている)ので経験無いのですが、20kmともなると考えに入れなければならないのですね・・・しっかり心に留めて練習していきたいと思います。
    まらそんびとさま、具体的な練習法を教えてくださりありがとうございました。納得です!130分はとりあえず気にしないことにしました!

    ユーザーID:8454338693

  • 何キロ走ろう!じゃなくて・・・

    距離はあとから付いてきますからとりあえず1時間、それほど辛くないペースで走ってみましょう。
    10キロなんて走れなくてもいいのです。
    とりあえず60分ゆっくりで良いから走り続けること。
    60分が出来たら65分、70分・・・と
    走る時間を増やしてみましょう。

    毎日60分走らなきゃいけないわけじゃないです。

    お天気の事もありますがとりあえず3日は空けないくらいの
    運動習慣が付くといいかも。

    体が60分走れるようになったら、今度は10キロ走ってみてください。
    55分より早く走れていると思いますよ。
    本当は130分走り続ける感覚が身につけばいいと思いますが
    別に無理することはないです。

    きっとここにレスしている方は走ることが好きな方々だと思いますので
    トピ主さんの場合は「走るという運動習慣をつける」くらいから
    比較的気楽に始められたほうが良いかもしれません。

    レース中に歩くこともそうですが、あくまで自分との戦いですので
    うまく自分の心の、身体の声を聞いてあげてください。

    ユーザーID:1625021785

  • 自分の心の、身体の声を聞く

    逆の発想さま、素敵なアドバイスに感謝いたします。
    『あくまで自分との戦いですので、うまく自分の心の、身体の声を聞いて』・・・マラソンやスポーツのみならず、日常の(仕事以外の)すべてにあてはまりそう。何度もレスを読み返しているうちに心のもやもやが晴れました。気を新たに力まず進んでいきます。ありがとうございました!

    ユーザーID:8454338693

  • LSD走をお勧めします

    LSD(長時間、ゆっくり、長距離)と言う長距離走のトレーニングが有ります。
    このトレーニングの目的は色々ありますが、長距離初心者にとっては、”長時間/長距離走る”ことを実感できる良い方法だと思います。
    ジョギングより抑えたペースで、水を持って、何か違和感を感じたら無理をしないつもりで、先ずは距離は無視して130分間、走ってみてはいかがでしょう。(時間的余裕があれば、時間を無視してハーフの距離)
    身体上の懸念点が顕わになるかもしれないし、靴等の不具合に気付かれるかもしれません。ことによると”案外いけるかも?”となるかもしれません。
    とにかく、課題の難易度を見極めるためにも、一度LSD走をお勧めします。

    また、トピ主さんがもし肥満気味なら、脂肪を落とす事もお勧めします。
    脂肪を1キロ落とす効果は、逆に1キロの重りをつけて走るとどれくらい負担が増えるかを想像すれば解り易いかと思います。

    でも、ハーフ130分なら、ジョギングよりは速いペースが必要なので、制限時間をクリアするには、やはりトレーニングは必要でしょうね。

    ユーザーID:5549253687

  • 別にきつくないですよ。

    日中に時間もあるようですし、マラソンでも挑戦してみるかというのであれば、手始めに10kmとかの
    短距離に挑戦して、自分の体調と相談しながら出てみてはどうです。

    20kmちょっとを130分、2時間10分ということは、平均速度10km/時程度で走れば良いわけです。
    そう考えると、10kmを55分で走ったトピ主さんは、20kmの距離に慣れてしまえば問題ないという
    考え方もできますね。

    ユーザーID:5578544244

  • ちょっときついかも。

    ハーフで、制限時間130分というのは結構厳しいタイムだと思いますよ。普通、ビギナーも対象に設定している大会だと、制限時間は2時間30分から3時間程度の大会が大半ですね。トピ主さんがエントリーされようとされていらっしゃる大会の詳細は分からないのですけど、タイムアウトでコース閉鎖は当然として、5キロ毎の関門通過制限タイムって設定されていませんか?制限時間内に通過出来ないと、失格になりますね。
    ハーフは、ある意味でフル以上にスピードが要求される面もあります。海外のハーフの大会には、ハーフ専門の選手がいたりするくらいです。

    トレーニングとしては毎日5キロの走り込み、週末に20キロのLSDでしょうね。個人差はありますけど、たいていは、17〜18キロ辺りで足がついていかないようになります。制限時間内でゴールする為には、残りを出来るだけ歩かないで済むように鍛える事が重要ですね。ただし、トレーニングのやり過ぎには気をつけてくださいね。腸脛靭帯炎を起こしてしまいトレーニング不可なんてことになならないようにね(私のつまらない経験です、苦笑)。

    ユーザーID:0335966758

  • ひざは気をつけるべし

    ハーフ主体の市民ランナーです。
    私も一年目はひざに悩まされました。

    10kmが普通に何度も走れるようになり、
    大会も近いので20kmを走ってみたのですが。。。
    疲れてヘロヘロになり、次の日からひざの関節が
    痛み歩くのも辛いほど。

    こうなると、練習できなくなってしまうんですよ。
    幸い、この時は大会までには回復しましたが、
    大会前の一番大事な時期に十分練習できないのは辛いです。

    気をつけることは、以下のような感じでしょうか?
    ・出来るだけクッション性の高い靴を使う
    ・練習距離は急に伸ばさない。
    ・少しでも膝や足首の関節が痛んだら無理しない。

    ハーフ130分は、初めてとしては易しくないと思いますが、
    秋まで準備期間があるなら、不可能ではないと思います。

    ユーザーID:7386346257

  • 足の裏に激痛が

    皆様から頂いたアドバイスを参考に、涼しくて走りやすい早朝と夕方に(毎日ではありませんが)各々3キロくらい走り、先週末はジョギングシュミレーターを利用して15キロのコースを2時間近くかけて(途中で歩いたけど)こなしてきました。ところがその2日後から、朝起きた時に立ち上がると足の裏が痛いのです(立たないで寝転がっている時は何ともないですが)。ふくらはぎや太ももの筋肉、腰や膝ではなく、あしの『裏』。最初は鈍痛で、少し疲れたかと思って青竹踏みやマッサージをしていたのですが、日を追うごとに痛みが増し、今朝は立てないくらいで、もう泣きたくなりました。走るなんてとんでもない感じで、歩いても痛いです(存在しているだけで痛い!)。
    やっぱり体重オーバーなのに調子に乗って走ったのがいけなかったんだと思います。とほほ。

    ユーザーID:8454338693

  • 足底筋膜炎かもよ

    足の裏が痛いんですか?しかも朝起きたときが一番激痛がおこる?
    それはたぶん足底筋膜炎の疑いがあります。

    初心者と上級者になりやすいと言われているそうです。(本情報)

    私は全治3週間と言われました。歩くのも走るのも駄目。つま先で蹴る動作が駄目なのです。ネットとかだと3ヶ月くらいはかかると言う話しもあります。。

    たぶん察するに、ハーフを130分で走りきらなきゃという高い目標をもって頑張りすぎたのだと思います。違うかな?

    私の考えですけどね、マラソン(ジョギングも)ってその練習の過程を楽しむのが大事だと思うんですよ。高い目標を短期間に実行して仮に走れたとしたら、練習する努力の過程が短くなって面白みが半減しません??

    私も最初は怪我で苦しみました。(今もですが)で、ジョギング歴長い人に怪我しないで長い距離・長い時間を走るのはどうしたらいいか相談したらね、「走るのは年取ってもずーっと出来るんだよ。焦らなくてもいいんじゃないの?」って言われました。

    今怪我ってことは、きっとなにか今の走り方(考え方)を見つめなおすサインではないでしょうか?

    ユーザーID:0191904113

  • 大会エントリー諦めました

    レス頂いてからだいぶ経ってしまいましたが、ゆう様、アドバイスありがとうございました。ゆう様がおっしゃる通り(恐ろしくそのまま)で、今の自分を顧みず少々無理しすぎました。3週間ほど休んで、ようやく今週から軽く歩いたり走ったり(いわゆるスロージョギング?)する気になっています。
    ・・・というわけで大会へのエントリーはキャンセルしました。ゲストランナーとして高岡寿成選手がいらっしゃるらしいので、当日は一目見に行きたいと思います。
    ゆう様のお言葉【マラソン(ジョギングも)ってその練習の過程を楽しむのが大事】【「走るのは年取ってもずーっと出来るんだよ。焦らなくてもいいんじゃないの?」って】【今怪我ってことは、きっとなにか今の走り方(考え方)を見つめなおすサイン】・・・心に留めてゆるゆるやっていきたいと思います(人生長いんですよね!)ありがとうございました。

    ユーザーID:8379946337

  • 大丈夫、頑張って

    私は、ハーフマラソン80分で走りますが、130分なら大丈夫です。
    ただし、週3回は60分走を行ってください。現状が2〜3キロなら、20分歩く→20分ジョギング(呼吸が苦しくない程度)→20分ジョギングを週5くらいで初めて、2週間後に30分歩く→30分ジョギング→30分歩くに挑戦してみてください。
    ただし、関節が痛くなったり、ひどい筋肉痛になったら、2〜3日休んで下さい。
    1ヶ月ぐらい続けてから、ジョギングの時間をふやし、歩行の時間を減らして行けば、20キロはいけます。
    レース2週間前からは楽な練習(30分ジョグなど)をおすすめします。
    レース時はキロ6分を維持して行けば、130分は大丈夫です。
    頑張ってください。

    ユーザーID:5072018537

レス求!トピ一覧