女性の皆さんの意見が聞きたい

レス19
(トピ主1
お気に入り20

生活・身近な話題

バイオリンの音

先日、「結局、誰かに依存した女の人生のシアワセはもろいのよねぇ…」という本の帯を見かけました。この帯の言葉の意味について女性の皆さんはどう思われますか?
もしよろしければ、既婚・未婚、年代も書いていただけたらと思います。
よろしくお願い致します。

ユーザーID:8468825417

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 依存は男女関係ない

    当方、既婚40代。
    依存した幸せがもろいのは賛成。
    しかし、それは男女関係無いです。

    相手に依存したら、その相手の気持ちが変わったらどーすんだ?
    って、いつも思います。

    依存する事と愛する事は違いますね。

    ユーザーID:3725186824

  • そうですね・・・

    >結局、誰かに依存した女の人生のシアワセはもろいのよねぇ

    は、かなり限定された人間が感じるんじゃないでしょうか・・
    何不自由ないこれと言って悩みの無い人が頭で妄想するような
    文字じゃないですね・・ 既婚41代♀

    ユーザーID:5166075641

  • 「女」に限らないのでは?

    30代、既婚です。
    誰かに依存〜、は「女」に限らないと思いますが。
    「自分」が無い人、「心」がブレる人には、幸せはやって来にくいでしょうねぇ。
    「幸せ」の尺度は、人それぞれだから。

    ユーザーID:9826142719

  • そうねえ、と思います

    その本の内容を知らないので、本の内容と私の意見が一致するかは分かりませんが、
    「そうねぇ、依存すると脆いかもね」と思います。

    彼、夫、友人や身内、誰かに依存するというのは、
    自分が幸せを感じられるかどうかを他人に丸投げしているということになると思います。

    自分の幸せや進む方向の基準を、自分では持っていない。
    他人にそれを任せてしまうと、
    相手の状況や都合で、自分の状況が全て決まってしまう。
    自分の軸を持たないから、今幸せでも、それは相手次第で簡単に壊れてしまう。

    だから脆いと思います。

    30歳、既婚です。

    ユーザーID:2420760498

  • 依存ですか

    誰かに依存するなんて、ありえないです。
    もちろん病気の時は除きますが。

    今日、彼氏と話してて「私は、ワガママだしお金もかかる。
    両親共そのことを認めているので、再婚相手には経済力と
    包容力を求めているし、そんな相手でないと再婚は認めない」と
    言ったら、僕にはないなぁ〜っと

    依存するのが脆いのは、お互いの求めているのが違いすぎるからだと
    思います。

    ユーザーID:2227682423

  • 自立してないとだめってことかな

    とおもいました。40代独身女性です。

    ユーザーID:8400642451

  • ハイリスク・ハイリターン

    男女問わず、人生、先のことはわからないので、自立していようといまいと、幸せが脆いかどうかは賭けだと思います。

    ただ、誰かに依存というのは、賭けとしても、ハイリスクハイリターンだと感じます。
    他人に主導権、決定権を預ける代わりに、幸せを与えてもらえるということでしょうが、このご時世、リターンよりリスクの方が高いかな。
    だから、もろいという表現なんでしょうね。
    でも、賭けに勝つ人も多いですから、あり得ない賭けじゃないと思います。

    既婚 40歳間近 女性

    ユーザーID:5209091138

  • そんなことは

    男性でも企業でも地域でも同じことではないでしょうか。依存と言うこと自体が脆さ、危うさを表していると思います。

    ユーザーID:2150574984

  • そりゃあ、そうでしょう。

    女限定ではないですけどね。誰かに依存して生きている人は、その「誰か」がいなくなったら
    大変なことになります。下手したら、生きていけなくなるくらいの事態に陥りますので危険です。
    そこまでの危機管理をしながらの依存なら別ですが、それが考えられる程度なら依存とはいわないかも?

    その本がどういう内容なのかわかりませんが、経済的・心理的に夫に依存しまくっていた妻が
    ある日突然捨てられる・・・みたいな内容につけられた帯っぽいなあと思いました。

    ユーザーID:3657891148

  • トピ主です

    お礼が遅くなり申し訳ありません。レスしていただいた皆様、ありがとうございました。

    40歳既婚女様のレスのように私も思ったのですが、案外そのことに気が付いていない女性が多いのではないかと思いトピをたてた次第です。

    黒にゃんこ様のレスのような考えは私の中にはありませんでしたので、この短い文章からでも人はいろいろな事を考えるものなんだなと、当たり前ですが再認識しました。


    この帯の本は
    久田恵「家族がいてもいなくても」です。

    ユーザーID:8468825417

  • 依存はそんなにいけないでしょうか?

    確かに「自立」は大事です。
    ただ、「依存」も大事だと思います。
    最近の人は「依存」したり、したがらない傾向にあるように感じます。
    人に甘えたり、甘えられたりしてはいけないのかな。

    ユーザーID:9201675453

  • 依存はよくないと思います

    私の実母と義母が対照的です。

    実母・・・父が自営のためサポート程度の仕事は持っています。でも趣味は父のお世話。孫の将来を勝手に想像し心配すること。
    『自分』といものを持っていません。
    いつも家族のだれかに幸せにしてもらうことを願っています。
    自分の思うとおりにならないと機嫌が悪くなるかまってちゃん。

    義母・・・忙しく家庭をかえりみない義父と暮すパート主婦。子ども孫達は元気ならそれでいいというスタンスで趣味が多く、友達も多く、健康に気をつけてりる元気なおば様です。

    精神的に依存しすぎる人って年齢関係なく不幸にみえます。

    ユーザーID:3132549347

  • 気づいてなくても、気づいていても

    30代・既婚女性です。
    トピ主さんの年代や結婚歴は?奥さんやお母さんは専業主婦ですか?

    この前テレビで、40代の女社長が「私達の時代は、総合職で入社してもお茶汲みばかりで、男性の同期とは扱いが全然違った。寿退社するのが常識だった(だから起業した)」と語られてました。上の世代の女性は大変だったのねぇ。私達も少しあったもんなぁ。40代より上だと、団塊の世代とかモーレツ社員とかで、専業主婦が多かったんだよね?と思いました。

    そう考えると、気づいていても、いなくても、時代的に(経済的に)依存せざるを得なかったのでは?と思います。
    というか、気づいてる女性のほうが多いと思いますよ。男性の「いつリストラされるかわからない。でもなるべく考えない(ちょっと麻痺)」と似たようなもんじゃないでしょうか。

    20代30代の既婚女性は、というと、『子供がいるなら』やっぱり依存になるんでしょう(うちは子供がいない共働き)。トピ主さんだって、子供なり病気なり抱えて、転職やパートを経たら、まともに稼げない(経済的に誰かに依存)と思います。

    ユーザーID:5466523347

  • 個として独立

    お坊ちゃまの夫との結婚を悩んでいました。
    すると実母が、「1人で支えられなくて、2人でなら支えられる」と結婚を押しました。

    結局、夫は私にべったり依存。私を第2の母親にしました。
    1人が他方に寄りかかり続ければ、共倒れするというのが私が得た結論です。
    離婚しました。

    双方が、個として自分を支えられないと、相手が困ったときに支えることができません。個人として独立してから結婚すべきでしょう。

    でも、母は父にべったり依存したまま死ぬまで幸せに暮らしました。

    ユーザーID:5778964225

  • 一理あるけど、やや傲慢

    全く自分でやるべきことも自分でやらず、誰かに依存しながらダラダラ暮らしていたら、依存相手次第で自分の生活が一変してしまう可能性に怯えなくてはならないかもしれません。

    だけど、この世に誰にも依存しないで生きている人っているでしょうか?
    自分一人で生きてるつもりでも、誰だって誰かに助けられて生きていますし、お互い様な関係があると思います。

    そして、完全に自立出来ていると思いこんでいる人の人生だって明日のことは分からない脆いもです。
    今は家庭に入って家事だけをしている女性だって、いざとなれば働いて強く生きていけるのかもしれません。

    起こってもいないことでむやみに心配して暗くなっても仕方ないですし、安定した生活が脆く崩れ去ってしまった場合、その後に何が出来るかだと思います。

    ユーザーID:7873274965

  • 意味不明

    著書について、ちょっと見てみました。
    ネット書店各社にあったのは「子育てに奮戦し、長期にわたり両親の介護に追われた作家の想うところは?
    きっとアナタにも心当たりのあることが・・」って紹介文。
    「介護・家族・地域・育児・仕事・女性の一人暮らしなどについて」興味のある世代がターゲットでしょ?
    財布の紐が固い人たちばっかりですからね。

    「結局、誰かに依存した女の人生のシアワセはもろいのよねぇ…」

    目に付く文字で、手にとってもらおうって意図が見えすぎてる。果たしてこの帯と本の内容は一致してるの?って興味持ちましたよ(笑)
    センセーショナルな言葉で目に付くように宣伝してるだけな気がするんですけどねー。

    んで、言葉の意味について私が思うことは「余計なお世話」って事ですね。
    依存してもしなくても、脆いシアワセだった人もいれば、死ぬまでずっと幸せでいる人もいる。人生色々。十人十色ですよ。

    ユーザーID:3976597992

  • そのとおり

    そのとおりだと思います。
    既婚30代前半の者です。

    「そこそこ稼ぎのある夫を持つ専業主婦に向けた言葉」という印象ですね。

    でも、作者や帯タイトルを書いた人が狙っている「該当者」からは、
    「余計なお世話」「依存して何が悪い」というキレ気味の文句や、「病気や出産で依存してもいけないのか」「備えがあっても明日のことはわからない」というずれた批判しか返ってこないのではないでしょうか。
    当人にとっては耳の痛い言葉ですから。

    自覚がある人は行動にうつしていたり、現状専業主婦でもいざというときには自分が何とかするという心構えが出来ていると思います。でも実際に依存している本人はまず「そうだよなー」なんて思わないですよ。

    ユーザーID:7671398223

  • 依存と共存の違い

    確かに「依存」はもろい関係だと思います.
    相手がそれに耐えられる人なのか?依存しても大丈夫な人物なのか?など相手の許容量と「依存」のタイプでかなり異なるように思います.(精神的なものなのか?生活力の問題なのか?などです)

    なので,私は言葉で書くとしたら「共存」ではないのか?と思うのです.
    例えば,夫婦生活だったら,どんなに女性ががんばっても妊娠・出産があったら誰かの助けが必要だと思います.男性も家族を形成するのですから,やはりそれなりの協力が必要です.(それが極端な話,お給料を持ってくるだけとしても)なので、どちらかにもたれかかりすぎない必要な時に頼り合うという関係がいいのではないかと考えます.

    ユーザーID:8039215383

  • 考え方と行動次第

    かなり重度の依存人間(全く自分が無い人)はよりかかっている人が全てなのでその人と一心同体。
    その人といれれば安定してるからその人と一緒にいる限りは幸せだと思う。
    別れることになっても次によりかかる人をすぐに見つけるし。


    で、自分が無いから自分が寄生虫のように人にくっついて生きていることには気付かない。


    逆に幸せが脆いと思える依存人間は多少自我があるのだと思うから、
    「自分で自分を幸せにすれば良い」
    と思うことが出来たら良い方向に進むと思う。

    不満ばかり言って行動に移さない人はいつまでも幸せは脆いままだと思う。

    20代独身

    ユーザーID:3943018912

レス求!トピ一覧