40代夫が食生活を改善しない

レス8
(トピ主0
お気に入り10

生活・身近な話題

緑黄色野菜

こんにちは。43歳の結婚18年目の主婦です。
夫と息子の3人家族です。

夫は、働き者で几帳面、精神も安定しており、
夫としても父親としても言う事ないのですが・・・

ただ、食生活が自分の好きなものしか食べようとしないのです。
健康診断では、異常なしと出るので、油断しているのでしょうが、
もう、45歳です。健康には留意してもらいたいです。


・お刺身、焼き魚の時、お醤油をたくさん使う。
(関西のメーカーの淡口醤油にこっそり変えると気づかれ、又、普通のお醤油です)

・生野菜サラダ(レタス、キャベツ、きゅうり)と、ニラ、もやし炒め以外の
 野菜が嫌い。

・特に、にんじんは、カレーなどに入れて、元の味が分からないほど
 煮込んでいるのに、ご丁寧に残す。

・酢の物が嫌い。ただし、お鍋の時はポン酢を使う。

・おひたし類、煮物類は、一切ダメ

・鶏肉が嫌い

・全てにおいて、味付けが濃い

良いところは

・アルコールを受け付けない体質

・納豆は大好き

・揚げ物は好まない

息子の方が、野菜好きで大人な食生活です。
このままでは、塩分採り過ぎで、生活習慣病になるのではと心配です。
夫に危機感を持ってもらいたいのですが、どうすればよいでしょうか?

ユーザーID:0925357476

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 淡口醤油は塩分は強いのでは?

    >関西のメーカーの淡口醤油にこっそり変えると気づかれ、又、普通のお醤油です

    淡口は濃口より色は薄いですが、塩分の濃度は濃いですよ?
    基本的に色味を気にする料理の時のみ使う方がいいのでは?
    その関西メーカーの淡口醤油が特に減塩に関して考えている特別なものだったらすみません。

    減塩醤油にする
    醤油をかけすぎないようにお皿にトピ主さんが少なめに取る。
    ポン酢はOKならば、ポン酢の野菜料理を増やす
    塩分を排出するカリウム製品を多量に取るetc

    などを考えてはいかがでしょう。
    塩分を減らすための工夫レシピはネットにたくさんあると思います。

    ユーザーID:5753036368

  • ヨコですみません

    淡口醤油って、ふつうの濃口醤油より塩分は高いことが多いんですよ。薄いのは色と香りです。トピ主さんが言いたかったのは、減塩醤油の間違いですか?
    もし、本気で淡口醤油=塩分が少ない醤油 と誤解されているなら、勉強されたほうがいいと思います。ご主人の食を云々言っても、説得力がありません。

    ユーザーID:9714290228

  • すりおろす

    ご主人の性格の根本に「頑固さ」があるのだと思います。柔軟性が無い。
    こういう人は、その形が見えていると、おれはこれが嫌いなのだというこだわりゆえに、食べようとしません。
    それが嫌いなものに対する彼のプライドなのです。

    ですから、味がしなければ、入れてもいいだろうではなく、見えないようにすることです。

    にんじんはすりおろしてカレーに入れるとわかりません。

    しょうゆは淡口ではなく、減塩しょうゆだと、味がそんなに変わりませんよ。

    好き嫌いが激しい人は子供のときの食生活がすごく影響してます。
    あとは性格ですね。なんでも楽しもうという柔軟性が無い。

    形を見えないようにしてうまくごまかして料理作るしかなさそうです。
    餃子の皮を野菜すりこんで作るとか。

    ユーザーID:4540505031

  • 生活習慣病になる前に

    もっと額の大きい保険に入ってもらう。
    旦那さんに理由を聞かれたら、
    「だってあなた塩分過多で早死にするつもりなんでしょう?」
    と返しましょう。

    40代で食生活を改善するには荒療治が必要です。
    これで改めてくれないようなら、諦めるか離婚するかせっせと塩を盛るか、ですね。

    ユーザーID:6025671902

  • 大人だから好きな物だけ美味しく食べたい

    ボクに比べれば仙人の様な食生活。
    しかも定期健康診断で「異常無し」とは!貴種ですね!

    それでいて油断していると評されるのは御気の毒です。

    人生75年として残り30年。
    老齢になると好みも変わるし、体も受け付けなくなるでしょう。
    旨いものが食べられるのは残り15年くらいではないでしょうか?

    ちょっと醤油が多くたって、
    にんじん残したって、
    酢の物を嫌ったって、いいと思うのだけど・・・

    ユーザーID:8082358827

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 急がない

     それほど問題の多い食生活だとは思えません。

     ニラともやし炒めが食べられるなら、ほかの野菜を全く食べられなくても、栄養学的に大きな問題は起こりません。
     ましてや鶏肉なんて、一生食べなくても問題は起こりません。捕鯨が禁止になっても栄養的には問題がなかったように、獣肉はほかの肉で補えます。
     好き嫌いがあることと、健康とは別問題です。抵抗のない食品でバランスをとってあげましょう。

     唯一問題なのは、塩分のとりすぎですが。
     好き嫌いのあるような方は、目新しい味になじむのに時間がかかります。いきなりの切り替えはできないので、数年かけるくらいにゆっくり味付けを変えていきましょう。
     急ぐと、お醤油を変えたときのようにばれます。ゆっくり。

     焼き魚にお醤油をたくさんかけるなら、魚はお塩をせずに焼きましょう。煮物も薄味にしあげ、あとから醤油やたれをかけてもらいます。
     表面の塩分さえ濃くなれば、実際の塩分は濃くなくても満足できるからです。
     鷹の爪などの香辛料を加えるのも良いですね。

    ユーザーID:6009146164

  • 太陽と北風作戦

    うちの夫も、無自覚な食生活という意味では似ています。
    まだ30代ですがメタボで、高血圧・高脂血症気味と健診で注意されていますから気をつけてほしいのですが。
    北関東出身なので何でも濃い味付けだし、醤油やソースはたっぷり、揚げ物大好き、お酒大好きで週3回は仕事柄飲み会。
    「今日お酒しか飲んでなくて何も食べてないから(ちなみに酒量はかなり多め)」
    と深夜に帰ってきてどんぶり一杯のお茶漬け食べて寝るような生活ですから、太って当然です。

    私は「太陽と北風作戦」を実行してます。
    食べ過ぎの夫を寂しげに見つめ、「そんな食生活じゃ(あなたが早死にするから)長く一緒にいられないね、寂しいな」とポツリ。
    一方ではいろいろデータを突きつけて、「あなたの食生活を続けたら何歳くらいでこんな病気になって
    このくらいお金がかかる」と伝え、保険に生活習慣病特約を付けて小遣いから天引きしています。

    ちょっと堪えてきたのか、半年で2キロくらいは何とか痩せました。
    この調子で陰に陽にコントロールしようと思っています。

    ユーザーID:8981081054

  • 果物

    トピ主さんはご主人にもっといろいろな野菜を食べてもらいたいのでしょうけど、頑固な人はなかなか食べないものですよね。
    ところで果物はどうですか?
    マンゴーやスイカに等にはビタミンAが含まれています。ご主人が果物がOKな人なら、朝果物をたくさん取ってもらうのはいかがでしょう?
    あと、にんじんとオレンジ、りんごのミックスジュースをつくるとか。このジュースはにんじん臭さがまったくないです。
    一度ぜひ試してください。
    作るときはミキサーではなくジューサーで作ると良いです。

    ユーザーID:6703082874

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧