結婚生活で1番大切な事って何ですか?

レス110
(トピ主1
お気に入り205

恋愛・結婚・離婚

ウィダー

レス

レス数110

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 無関心の意義は?

    >無関心な部分を作るべきだ

    って、思いやりのひとつなんじゃないですかね?

    ユーザーID:1165585065

  • 今は

    向上心と、笑い(ユーモア)かな。

    向上心があると張りが出るし、生き生きしているお互いを見るのもいいと思う。子供にもいいらしいね。浮気するような暇もなくせる。

    幸運もあるが、仕事が順調になる可能性もあり、よって給料も増える。

    結婚4年目です。種をまいたのが徐々に収穫できるようになってきたところです。まだまだ勉強しまーす。

    ユーザーID:2176901718

  • 聞いてみました

    妻「結婚生活で1番大切な事って何?」
    夫「金!」
    妻(金かよ!)「私は思いやりかな〜」
    夫「…現実的だったか。正解じゃなかった?」(クイズだと思ったらしい)
    妻「いや、正解はないけど。人それぞれ?」

    夫は現実的な生活をイメージ(ロマンチックな要素なし)
    妻は現実より気持ちが大事。(実際の生活は二の次)

    この手の話題は昔から意見が一致したことがないですね〜。

    ユーザーID:5505655801

  • 夜の生活

    いろいろ真面目なお堅い話は出尽くしたようなので俗なのをひとつ。
    円満な性生活は重要です。
    もしかすると一番大切なのかもしれません。

    ユーザーID:3597101794

  • 無関心について

    愛の反対語は無関心だそうですよ。もう愛はないのですか?

    ユーザーID:7618768530

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 誤解されちゃうね

    「無関心」はある意味思いやりですよ。
    距離を持つという信頼関係。

    「思いやり」が一番に出るとは
    なんか見返りを期待されてるようで重いね。
    私はこんなに気をつかっているのに・・・
    とか「思いやりの押しつけ」もあるしね。

    自己満足の思いやりもある。
    思いやりは取り扱い注意ですよ。実は。

    この表現は誤解されそうだけど
    一番大事なことを表しています。
    無関心って大事ですよ。

    ユーザーID:5364212324

  • こんぶさんがええこと言いましたよっ

    全面的に同感します。

    夫婦に限らず
    親友でも親子でも兄弟でも

    他人(自分じゃない人)がこんなに親切にしてくれる〜と幸せ感じていたら
    ほとんどトラブルになりませんね

    ユーザーID:9380885719

  • 愛妻弁当です。

    喧嘩しても毎朝愛妻弁当を作り続けていることが
    我が家では大事なことになっています。

    ユーザーID:5756757853

  • 分際を心得てその責任を全うする責任感と覚悟

    女房と連れ添って24年生。振り返って思うのは
    『分を心得てその責任を全うする責任感と覚悟』かな。
    確かに愛情も至極大切なのは当然ですが、長距離ランナの場合それだけでは無理です。
    呉智英先生によると、愛は4種類あり、そのうちの2つが『エロス』『ストルゲ』。
    エロスは男女の愛、ストルゲは家族愛。
    恋愛時代はエロスで、結婚して家庭を持つたらストルゲ。
    エロスは本能的、肉欲的。ストルゲは並行的、団結的な愛。
    恋愛から家族愛への方向転換がうまくできれば、いい家庭を築く事ができる。

    私も過去を振り返ってみると、全くその通りだと思います。
    エロスは本能的肉欲的だからいいのですが、ストルゲは肉欲に依るものではないので努力が必要です。
    つまり、『情』だけではなく『理性』の力も要るのです。
    これについて更に書きたいのですが、文字数制限のため留めておきます。

    お薦めの本は、櫻井よしこ著 『明治人の姿』(小学館)
    特に印象深いのは、

    >言葉がなくても通じ合う武士の夫婦の絆
    >惚れた腫れた‥は、結婚生活の義務を優しく心をこめて遂行することと全く無縁

    ユーザーID:6853018247

  • 私も「思いやり」

    でも旦那様のいうグレーゾーンというのも分かります。
    うちは共働きで休みもすれ違いがちなので自然とそういう部分が出来てしまってますが、かえってそれがいい方に作用してるな、と思うから。

    それにしても、
    >夫は「ロマンチストだね、現実を見ていない。」と一蹴。
    この答えはないですよね!?これこそ思いやりのない言い方です。
    相手の意見を否定しなくても自分もの意見は言えるだろうに。
    こういう言い方で「グレーゾーン」を言い渡されたらムッとするなぁ。

    ユーザーID:0480102934

  • ダラダラ揉めない

    徹底的にぶつかり合うこと。ものわかりが良いフリをしたり、我慢したりしない。

    不安は不満はキチンと伝えて、喧嘩になっても その晩に抱き合って仲直り。

    相手が素直で可愛い女だから、それが成り立つのかな(笑)

    グレーゾーン??… 意味わからねー。
    そんなこと言うなら独りでいろよ!って感じだね。

    ユーザーID:2305913313

  • 意志、関心、間、話し合い

    私なりの考えを多くの皆さんが代弁して下さっていますので、それを列挙する事でレスとさせて下さい。

    7/29 misaさん:二人とも「家庭を大切にして、守る意志」を持っている事/言い換えれば「結婚の動機」

    7/30 イカオクラさん:「お互いに関心を持ち続ける」こと/会社の同僚と飲みに行って、美味しい焼き鳥を食べたときに「この店に今度連れてきてやりたいな」と思ったり、会社帰りにケーキ屋さんの前で「このケーキ買って帰ったら喜ぶかな」と思ったり

    7/30 ゆりこさん:人間の“間”とは隔たりのことを言います/この間をどのくらいあけるかということも大切ですね。この間が抜ければ“間抜け”になり、間が違ったら“間違い”になります

    7/31 うさぎさん:《話し合い》は、相手に対する本物の愛情なくしては、時として空虚なものに成り下がり得ますが、真摯な態度で行うならば、信頼と絆を深めるための、最強の手段になり得る

    あと、ゆりこさんも指摘していますが「金銭感覚」も重要と思います。お金をどう使うかというのは、人生のどこに価値を置くかという事の表れでもあるし、人間の品性が出るからです。

    ユーザーID:1138499854

  • たくさんのコメントありがとうございます!

    何が1番っていうのはその夫婦の形にもよるし、一概には言えないですよね。

    たくさんの大切な事を読ませて頂いて、どれもうんうんと頷ける内容でした。

    中には私がガッカリと書いた部分に触れられている方もいらっしゃいますが、「グレーゾーン」=「相手のここには突っ込まないでおこう…」という気持ちなら、それって「思いやり」の中に含まれるんじゃないかなぁと思ったんです。
    思いやりという大分類の中で、小分類の一つがグレーゾーンなのに、小分類にこだわっちゃうのかなーって。

    なぜにロマンチスト??
    っていうか否定しなくてもいいじゃん…
    と思ってしまいました(苦笑)

    とても参考になりますので、引き続き秘訣を伝授して頂けたらと思います。
    ご協力お願いします!

    ユーザーID:5691920192

  • こころ

    結婚33年、男です。

    グレーゾーンも含めて相手をそのまま受け容れるこころかな。

    そして大切なことは、そのこころを育む会話だったり関わりだったり・・。

    毎日まいにちの積み重ねだよね。

    ユーザーID:4561507404

  • 新婚ですが

    結婚1年目、子供なし。

    私は
    「ケンカしてまでどちら(自分と配偶者)が正しいかハッキリさせようとしない」、

    「最終的に自分の満足度が得られればそれで良しとする(その過程で相手においおいと思ったりムカつくことがあっても)」
    だと思います。

    もちろん、結婚披露宴で配るプロフィールの紙には「結婚生活で大切にしたいもの」は思いやりだとか書きましたけどね。もちろん思いやりも大切ですが、やっぱり結婚生活を始める前には分からないものがあります。

    結局、「流す」ことができるようにならないとシンドイと思います。

    子供がいるとまた違うと思いますが。

    ユーザーID:7466644240

  • 「好きな人」は「他人」。

    言葉にするときつく感じますが・・・。
    「他人」が、自分の為にお金を稼いできてきてくれたことに感謝する。
    「他人」が、自分の世話(食事・家事等)をしてくれたことに感謝する。
    「他人」に、その感謝を言葉や態度で表現して伝える。
    →私はこれを「思いやり」だと思います。

    「他人」とは、育った環境、常識が違って当たり前。自分の常識を押し付けない。違ったら許容範囲内で我慢。
    「他人」は、完璧に自分を理解してはくれない。して欲しい事、嫌な事は言葉で伝える。
    「他人」に干渉しすぎない。
    →旦那様の言う、「グレーゾーン」ってとこでしょうか。

    「好きな人」なので、信頼や関心はもとからあります。

    結婚した途端にいきなり「家族」になってしまって、
    「旦那だから・・妻だから・・して(もらって)当たり前!」
    「普通は〜だ」「言わなくても伝わる」「言わなくても気づいて欲しい」とか、言っている夫婦を見ると、
    そんなの何十年と暮らした親子じゃないんだから無理だよー。と思うことが多いです。

    ユーザーID:7266657468

  • 「合い」と答えるかも

    愛するのも、思いやるのも、労わるのも、信頼するのも、忍耐するのも。
    どれも大切な事だけれど、どっちかだけが頑張っても、結局うまくいかなくなるから、
    愛し合って、
    思いやり合って、
    労わり合って、
    信頼し合って、
    たまには我慢もし合って、
    お互いにうまくやっていこうね。

    とまあ、聞かれたらそんな感じで答えるかな?


    グレーゾーンは、他の方も言うとおり「思いやりの範疇」だと思います。
    相手がちょっと煮詰まってるなと思ったら、ちょっと離れてあげる思いやり。
    だから、「一番大切なことがグレーゾーン」ってのは違うと思う。同じともいえるけど。


    でも、こんな風に聞いてくるのって、
    「自分の自由な時間が欲しい」っていう、彼なりのおねだりと言うか、お願いなんじゃないかな?と思います。
    ちょっとやり方は子供っぽいけれど。
    だから、ウィダーさんの「思いやり」を発揮して、ちょっとだけ手綱を緩めてあげたらどうかな?
    本当に無関心になるんじゃなくて、片目はあけて「見てみぬ振り」をしてあげる。
    そんな風にしてみたらどうでしょうか?

    ユーザーID:9902800250

  • 我が夫の答え

    結婚生活で一番大切なこととは、

    『 一汁六菜の和朝食 』

    やっぱり、だ。

    ナントもピントがズレておりますが、
    26年間、毎朝、作り続けましたよ、六菜も、はい。
    その朝食が、貧乏学生時代からの夫の夢だったものですから。

    これが私たち夫婦を長続きさせている最重要ファクターだったのね、やっぱり。

    何となく予想はしてたけど、面と向って言われると……、明日は洋朝食にしようっと。

    皆さんのレスにあるような答えが言えるような夫でしたらねぇ。
    あ〜あ、嘘でもいいから『お互いの信頼』なんて言われたかったわ。

    ユーザーID:5610753496

  • グレイ・ゾーン?

    今年金婚式で一人息子のある主婦、元気な主人は毎週ゴルフです。

    夫婦で<互いに無関心な部分>なんて考えられません。どうしてもそう云いたい
    なら、それは思いやりの範疇、ソットしておいてあげれば良いことでしょう。根
    ほり、葉ほり何でも聞かずに、話してくれる事をよく聞いて上げるという事も大
    切だと思います。

    グレイゾーンなんてブラックゾーンの臭いがして円満な結婚生活とは程遠い
    ことの様に思います。それは独りよがりの独身時代にどうぞって感じですね。

    口はばったい事を申し上げますが、私達夫婦のモットーは「諍いのあった時、あ
    くる朝起きたら、一夜前のわだかまりは昨日あった事として、絶対持ち越さず、お互い普通に一日の始まりを迎えよう」と云う事です。 初めの内はちょっとぎこちなかったかもしれませんが、すぐそれは普通になりました。当人同士以外、誰もそんな事があったとは知りませんしね。これも思いやりの内に入るのでは?と思いますが如何でしょう。

    ウィダー様、お二人様お幸せに。

    ユーザーID:7636076816

  • 結婚37年ですが

     私はクリスチャンですが、聖書の「それゆえ、人は父母を離れ、その妻と結ばれ、ふたりの者は一体となるべきである。彼らはもはや、ふたりではなく一体である。だから、神があわせられたものを、人は離してはならない」の言葉が少し理解できるようになりました。

     人間はどうやっても一つにはなれません。旦那様のように「グレーゾンを作る」などとわざわざ言わなくても、男女ともグレーゾンどころかブラックゾーンだらけの生き物です。
     多分旦那様は「グレーゾンを認めよ」といいたいのでしょうね。夫にも妻にもグレーゾンはあります。問題は結婚生活でそのグレーゾンをどのように扱うかです。
     やはり一番大切なものは「思いやり」だと私は考えています。
    「思いやり」があれば「不必要」な「束縛」もしません。しかし結婚生活には「必要な」「束縛」もたくさんあります。結婚当初には互いの間に本当の意味の「愛」や「信頼」は無いに等しいからです。誤解を招く表現ですが「思いやり」を持ちながら一つになろうと努力することで長い時間かけて「愛」や「信頼」というものは育まれ、限りなく二人はひとつに近づけるのだと思います。私は今幸せですよ。

    ユーザーID:7693992756

  • やっぱり、それは

    見た目(外見)ですね。
    昔と変わらぬ容姿でいてくれることが一番大切だと思います。
    メタボなんて論外、問題外、見たくもさわりたくもないですからね。
    近寄られるだけで生理的に拒絶反応を起こします。
    いつまでも手をつないで散歩や買い物を楽しみたいものです。

    ユーザーID:3006371426

  • 【話し合いの精神】

    私たち夫婦は、東京都内にあるカトリック教会で結婚式を挙げるため、結婚講座というものに通いました。

    そこでは5ヶ月の長きにわたり、毎週毎週、様々なトピックスについての話し合い・意見交換をするのですが、
    ここで互いに心を開いて、本音をさらけ出し、価値観・感性を共有できる相手を伴侶に選んだという自信と確信を得たことが、現在の幸せな結婚生活の何よりの土台・基盤となっています。

    もともとは赤の他人同士が、親よりも遥かに長い時間イコール人生を共にするのですから、いつどんなときも、【思いやり・譲り合い・歩み寄りの気持ち】を携えて、日頃から色々な話題について『話し合い』をしておくことは、
    円満な結婚生活を送る上で、何より大事なことではないかと、痛感する毎日です。

    《話し合い》は、相手に対する本物の愛情なくしては、時として空虚なものに成り下がり得ますが、
    真摯な態度で行うならば、信頼と絆を深めるための、最強の手段になり得るのでは、と感じています。

    一番隣にいる伴侶の心を掴めていない結婚生活は、砂を噛むような空疎なものですからね。

    ユーザーID:3809219433

  • 旦那さんにある意味同意

    子供のいない夫婦です。結婚して8年です。

    旦那さんの仰ること、分かります。
    グレーゾーンはあったら嬉しい時もあります。
    自由に使えるお金。自由に使える時間。
    溺愛する実家の犬のために寝具を作ったり、甥っ子のために洋服を買ってやったり・・・
    きっとちょっとあきれているのでしょうが(笑)黙認する夫に感謝です。

    夫にも自由があります。
    趣味の外出、趣味に費やすお金、私の知らないところの人間関係・・・
    日々仕事で頑張っているのですから、そのくらいの自由がなくては。
    家計管理は私ですが、過不足なくお小遣いを渡しています。

    でも、全ては信頼があってこそ。
    多額のお金を使わないと分かっているから、お互いカードでネットショッピングもします。
    相手への愛情があるから、浮気はしません。なびきません。
    一緒にいられるはずだった時間を1人で趣味などに使った場合は、その埋め合わせをしあいます。
    そしてその信頼は、グレーゾーンが全くない時に2人で少しずつ築いたものです。

    なので旦那さんの理想はまだ時期尚早なのでしょう。

    ユーザーID:1020769355

  • 期待しないこと

    この間、友人に同じ質問をされてこう答えました。
    結婚3年目です。
    旦那さんのおっしゃることよく分かります。

    結婚当初は、夫のためにとつくしているつもりでした。
    日々の家事、健康管理、仕事のサポート(自営業)など、それこそ思いやりたっぷりに!
    でも、その分相手にも期待してしまうんですよね。
    栄養のバランスの考えて食事を作っているのに、なんでそんなに間食するの!とか、
    仕事をもっとがんばってほしい!とか。
    自分のこと以上に、心配してやきもき。
    果ては、こんなに尽くしているのに、感謝の言葉もない、とかね。

    けんかを重ねて、私なりに至った結婚生活をうまくやっていくコツは、期待しない、諦める、ある程度無関心になる、です。
    間食が過ぎても「メタボになっても知ーらない」と思うようにする。
    仕事のことでもどかしく思っても「ま、夫の人生だし」と突き放して考える。

    これで、夫も息苦しくないし、私もイライラせずに済むようになりました。
    思いやりが現実を見ていないとは思いませんが、思いやりにもいろんなかたちがありますからね。
    無関心も思いやりのうちかも。

    ユーザーID:9005652399

  • 親から貰ったいいつけ

    結婚直後に母親から言われました。
    「長い結婚生活で絶対喧嘩も起きるけど、前の晩に喧嘩しても朝はきちんとご飯を用意して笑顔で挨拶して仕事に送り出しなさい、喧嘩したまま朝から仕事に送り出したら絶対にダメ!」と。

    喧嘩の翌朝にすっきり朝ごはんとか作りにくい時もありましたが「母親からの宝珠」だと思うと簡単でも朝食を用意して。。。
    結婚生活25年を超えましたが最近夫が言ってくれましたよ、「けんかして寝付けないでイライラしたまま起きたことも何回もあったけどきちんと食事と笑顔で起こしてくれたからあれは一番の抗生物質だ、自分の器と精進を考えさせられた。。」と。

    偉そうに惚気ているようですが、最初はわたしも難しかったです。
    でも何回かやっていると簡単なんです。ははは。

    母曰く「男は外に7人の敵が居るから奥さんが8人目なんてばからしいでしょ、奥さんは1番目の要にこなきゃ、そのために逆愛情で鉄拳よ」といってました。古すぎる例えですみません。

    ユーザーID:3256442167

  • 理想は『相手への愛情』

    現実は『妥協』。

    ユーザーID:3823078611

  • 思いやり

    結婚10年のオットですが、一言。

    家がいちばんくつろげる、と思っている人。
    家が自分の空間だと思っている人。

    そのわがままが配偶者を徐々に壊します。
    他人の空間でもあるのです。

    親しき仲にも礼儀あり。夫婦にも礼儀あり。

    これがあれば楽しく生活できます。

    ユーザーID:8912437287

  • 即座に頭に浮かんだのが

    「諦め」でした…(悲!)
    それから、「無我」。

    境地としては、こういったことなんですが、その目指す先にあるものは
    「和」ですね。

    何より大切にしたいのが「和」であって、そのために必要なスキルが
    「諦め」であり「無我」なんだなぁ、というのが21年目の実感です。
    「思いやり」や「無関心」とも相通じるところあると思いますよ。

    ユーザーID:5620062601

  • 結婚生活二十年以上

    妥協、あきらめ、忍耐、打算でしょうか。

    「思いやり」とか、ご主人の言われるような「グレーゾーン」は普通に知り合いや友人、時には見知らぬ人とのお付き合いの中でも必要な事だと思いますけれど。

    ユーザーID:6410774605

  • グレーゾーンというと

    冷たく感じるけど、それは日本語でいうと、いわゆる間というものでしょう。

    「人間の“間”とは隔たりのことを言います。間がなければ衝突をします。間があれば衝突しません。この間をとって、衝突しないように考えて生きていかなければなりません。夫婦でも、あまり間がひっつきすぎるとしんどくなるし、逆に間があきすぎると水臭くなります。この間をどのくらいあけるかということも大切ですね。
    この間が抜ければ“間抜け”になり、間が違ったら“間違い”になります。人間は「人の間」です。これは親子の間、夫婦の間、友達の間、兄弟の間、上司との間などなど、その間をお互いに仲良くして助け合って生きていくこと。これを“間”というのです。
    (鷲林寺HPより)」

    ちなみに私なら、「金銭感覚の一致」と答えます。

    ユーザーID:1562373823

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧