• ホーム
  • 健康
  • 親に、好きな物を食べさせるか、体に良い物を食べさせるか

親に、好きな物を食べさせるか、体に良い物を食べさせるか

レス2
(トピ主0
お気に入り2

心や体の悩み

病気を持つ、食欲の無い、高齢の親に対する食事に関して悩んでいます。

少し前に手術をして以降、めっきり食欲が有りません。
その上、食欲が出る好きな物(御寿司など)は制限が有り、食べないよう言われていて
ただでさえ食欲も無いのに、制限も有り、食事に楽しみが除外されたようです。

でも、制限されている物や、体に「然程」良くないとされている物の一部に食欲が出る物が有る様で
体に良いとされる好きでも無い食事を出して、食欲も無く、残したりするよりは
「然程」良くない食べたい物も、少しは出した方が食欲は出るかな?という気がして来ました。

勿論、制限の有る物は論外ですし、制限の理由がはっきりしているので出しませんし、塩分制限もあるので、
限度を越えた物は与えませんが、多少は本人の好きな物を尊重しても良いのでしょうか?

この夏の暑さで食欲が益々無くなり、体重が見るからに落ちて行く様子を見て、痛々しいのです。

ユーザーID:8372258439

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数2

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私が高齢者だったら。

    好きでもない物を少量食べ、やせ細りながら1年生きるより、好きな物を食べて1ヶ月で死んだほうが嬉しいです。

    お寿司が好きなら、1人前ではなく4,5貫お好きなネタ+体にいい食べ物というコンビネーションはいかがでしょうか。

    医者から大好きなコーヒーを止められた祖父に、こっそり缶コーヒーを渡していた事がありますが、その事で寿命がちじんだとも思えず、コーヒーを飲める嬉しさ、楽しさのほうがよっぽど体に良かったのではと思っています。

    主さんがご本人だったら、どうして欲しいですか??

    ユーザーID:7828469488

  • こちら側と向こう側

     ご飯をいただく側と作る側にわけると、僕は前者に属し、トピ主さんの質問は洋の東西を問わず、極めて普遍的なものと思います。

     僕は血圧、年齢、脳梗塞の後遺症などから減塩、減脂肪の食事をするよう医者に言われています。でも"he has to live"(ヨソ人の医者なもんで)と妻に説明していました。直訳すれば「彼(僕のこと)は生きなくてはいけない」となりますが、意訳は「ご主人も生きる楽しみがなくちゃいけませんから」ということになりそです。

     ですから塩分は一日何グラム以下、脂肪は1日何グラム以下、という目安の中で、結構幅のある食事を楽しんでいます。

     お宅の場合も、はじめは食事を決め慣れた親としては、若いものにまずいものを押し付けられると(僕も経験があるので)嫌な感じがなさるのは分かりますがそこを乗り越えたら、しめたものです。

     ご両親にも多少の味気なさは我慢していただき、介護をなさる方も時々は見て見ぬ振りをなさって、そこは親子なんですから折り合いがつくと思います。

     ご大切に。ご両親はいい娘さんをお持ちでお幸せです。

    ユーザーID:6477010104

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧