• ホーム
  • 学ぶ
  • 英語しゃべりたがりなのは、どの国も一緒?

英語しゃべりたがりなのは、どの国も一緒?

レス90
(トピ主1
お気に入り81

趣味・教育・教養

わん

レス

レス数90

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 親切心からだと思います

    英語は世界の共通語です。なので何語を話す人かわからなければ、ひとまず英語で話して様子をみるのは普通だと思います。
    まあ、見た目が外国人でも、既に日本語を話している人に英語で応えるのは失礼です。確かにそういう日本人を見た事があります。あれは余計なお世話ですね。

    憧れとかそういう話ではないでしょう。

    ユーザーID:7147855230

  • うーん・・・

    彼氏さんの場合では・・・

    外見が「白人・金髪・碧眼」なら英語で
    話しかけられるって言うのは普通だと思いますよ。

    一般的に、ぱっと見で「何人」かだなんて
    分かりませんよね。。だから、いわゆる「共通語」の
    英語で話しかけるのではないでしょうか?

    トピ主さんだって(身近なところで)
    チャイニーズ系の人達を見て「北京語」
    「広東語」「マレー語」「インドネシア語」etcを
    話すかなんて分かりませんよね。

    電話の件は・・相手につられてと言うのも
    あるかもしれませんよ「Hello」と言われて
    つい「Hello」で答えて、相手が話し始めて
    止められず、そのまま話続けてしまった
    ・・って言うのもあるかもしれませんし。

    因みに私は海外在(英語圏)ですが
    沢山の民族が住んでいるし、皆さん母語を
    大事にしてる人が多いと思いますよ。

    ユーザーID:6629827692

  • 癖ではないか

    エールフランス機内、パリのレストラン等でフランス語で話しているのに相手が英語で返してくることがあります。たいていは途中で相手方がハッと気付いて、謝りつつフランス語にかえてきます。

    別に英語に対する憧れなどではなく、外国人だから英語で対応した方が良いだろうという条件反射、癖みたいなものではないかと思います。

    中には英語を習っていて試したい人もいるかもしれませんが、そういう反応ではないですか? 都心にはとても外国人が多いし、外見だけでは何語を話すのかはわからないですから。

    ユーザーID:4650358993

  • 一口には

     A国はどう、B国はああ、C国は、と国別にひっくるめるわけにはいかないでしょうね。

     日本でも今どき金髪碧眼って珍しくもないし、まあ田舎インテリなら外国語をひけらかすってこともあるでしょうが、

     金髪と英語を結びつけるのも少し単純すぎるのではないでしょうか。私は海外に住んでいますが英語は知っててやっと一人前ってところかな。

    ユーザーID:6209810897

  • ただ単に親切心かと思うのですが。

    多くの日本人は英語、外国人アレルギーというイメージを持っています。
    (英語の得意、不得意、留学の有無などを抜きにして)
    それをあえて、英語で話し掛けるのは「親切」だと思っていましたが、違うのでしょうか?
    私も英語は好きで勉強しましたが、外国人に話し掛けるときは緊張します。
    でも、あえて英語で話し掛けたりするのは、その方がよりわかりやすいのではないかと思うからです。
    ましてや、相手の外国人の日本語の能力なんてわかりませんからね。

    ユーザーID:8962604950

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 憧れ?

    単に英語が国際共通語のデファクトスタンダードみたいに
    なってるから、「取り合えず英語を喋れば通じる可能性が
    大きい」というだけでは?

    電話で受け答えしてる人も、「日本語で喋って通じない方
    がいい」と考えたのではなく「英語で喋って少しでも通じ
    たほうがいい」と考えただけでは?

    海外(たとえば欧州)でも、明らかに現地語を喋れなさそう
    な日本人には、英語で話しかける人が多いと思いますが。

    なんでもかんでも英語コンプレックスに結び付けたがるの
    は何故でしょうか?

    ユーザーID:4674725113

  • ここが変だよ日本人!

     外国で生活していた時のことを考えると、私が東洋人であっても、相手は英語です。たまに日本人を見かけると日本語をしゃべりたいのか、えんえんと日本語を話しまくるネイティブの人はいましたね。
     日本語でいいのにね、別に簡単なことは。 。
     居酒屋だって、日本語でメニューを見せながら、ゆっくり日本語で身振り手振りで説明すればいいのに。
     外国人といっても、バリバリ日本人以上に日本語が話せる方、何年も住んでいるけれど、母国語しか話せない方など色々います。色々な人がいるっていうのを知らないのだと思います。
     でも、もっとひどいのは一部の健常者が身体障害者に話しかける時、赤ちゃん言葉で話しかける方がいるんですよ!相手は大人なのに(涙)
     わんさん!はっきり相手に言える状況なら、はっきり言ったほうがいいですよ。抗議するんじゃなくて、事実ありのまま、「お気づかいありがとうございます。日本語で説明してくださったほうがありがたいです」「彼は仏人なので、英語しゃべれないんです」とか。
     がんばれ、日本人! 

    ユーザーID:4883484034

  • そんなに気になりますか?

    まずは質問。
    トピ主さんは日本人ですか?

    私を含め大方の日本人は、外国の人を見ると条件反射的に「英語をしゃべる人」と思っちゃうんですよ。

    学校で習う外国語は英語の時間が一番長い、という人がほとんどでしょうし・・・。
    外国人を見て、その人の国籍がどこかなんか、看破出来る分けないです。

    コンビニの店員さんだって、居酒屋の店員さんだって、わざわざ英語を使わなくてもいいのに、親切心から使ってくれたのでは?

    会社の後輩の件はよく分かりませんけど、それも親切心から自然と出た応対かもしれませんよ。

    日本人が英語に対する憧れがあるか、と問われれば、個人の価値観になってしまうので、何とも言えません。それは海外でも同じ事。

    ご質問の内容が掴みきれなかったので、この辺で。

    ユーザーID:7388121166

  • 「英語しゃべりたがり」って。。。

    何をお知りになりたいのかイマイチ良く分かりませんが、一つ言えることは、英語は「国際語」であり、「英語を話す」ということはコミュニケーションをスムーズにするための、国際的な最も有効な方法だということです。
    外国人を見たら英語で話しかける、というのは大変親切で、また常識的な行為だと思います。
    コンビ二の店員さんも居酒屋の店員さんも、一般的な国際感覚を身に付けていて、ごく自然な対応(コミュニケーションを計ること)をされたと思います。
    このトピの題といい、「フランス人なのに英語で話しかけるな」というトピ主さんにも彼にも、教養が感じられません。

    ユーザーID:6664816438

  • トピ主です(補足)

    最初のトピにも書きましたが、”英語がしゃべりたがり”とタイトルをつけてしまいましたが、英語で対応すること自体に嫌悪感はありませんし、そこを議論したいわけではないので、どうか誤解なさらないでください。

    コンビニや居酒屋の例をあげましたが、英語・日本語関係なく対応しているというより、なんとなく英語を積極的にしゃべって対応してるように見えましたので例にあげました。(実際、日本語での対応はなかったので・・・)
    ちなみに、別のコンビニでは、中国人(名札の名前より)の女性も、私の彼には英語で金額を伝えて、帰り際にはthank youといっていってました。

    ユーザーID:8033271364

  • 憧れじゃなくて

    単に英語が世界で今のところ一番幅を利かせているからではないでしょうか?
    植民地政策の名残りでもあるので、フランス語、スペイン語、オランダ語も当時はそうだったし。
    私の住んでいる所はスペイン語が第二言語です。
    カナダのケベックなら公用語としては両方でしょうが、実際行ったら違ってました。
    欧州の方も大多数が喋れると思っていましたが、やっぱりそうではないのですね。
    憧れと言うより、単に外国人として喋る確率が大きいと見込んでではないでしょうか?
    何処でも数カ国の人達で集まると一応英語なら皆知っている場面が多いです。

    ユーザーID:8022622624

  • 英語ではないですが、

    私の場合、在米で日系人の多い場所に住んでます。

    ここでは、多くの現地の人が日本人に対し日本語で対応してますよ。もちろん、営業が目的なのもありますが、日本人が英語が苦手なのを知っている為、少しでも心を開いてくれたらという理由で日本語勉強してます。(中には、英語のわからない旅行客を相手に英語でまくしたて、ぼったくる人も居ます。)そういう点で、やっぱり相手の言葉で対応するというのは、親切心だと思いますよ。
    それに、主人(日系アメリカ人)の友人達と遊びに行っても、みんな私に気を使って片言の日本語で話しかけてくれます。
    なので、決して日本だけと言うわけではないと思いますよ。
    この話は英語圏で逆パターンなので、トピ主さんの質問の答えになってませんけど、こんなこともあるということで。

    ユーザーID:8359653331

  • ドイツ語圏ですが、

    こちらの人もやはり英語をしゃべりたがります。
    親友で英国人がいるのですが、いっぱしにドイツ語をしゃべれるのにもかかわらず、
    英国人と知った瞬間に相手が英語に切り替えるそうです。
    なので、ドイツ語が上達しないんだと不平を言っています。

    相手が英語に切り替えてしまう理由としては、

    その1、英国人のドイツ語よりも、彼らの英語の方がまだマシだから。
    その2、英語を練習したいから
    その3、相手の理解し得るレベルに合わせてしゃべるくらいなら英語の方がらくだから。
    その4、普段方言で話していてるので、標準ドイツ語で話すのがつらい、英語の方がらく

    なのだそうです。
    でも一番の理由は英語を使いたいんだと私は思っています。

    お店などでは、自国の言葉をしゃべった方が対応が良い場合と英語の方が丁寧であったりする場合とまちまち。若い人は特に英語をしゃべりたがるような気がします。

    でも、お役所の事務手続き、保険等の加入等は、英語をしゃべってくれません。
    たぶん、自国の言葉でも説明するのが厄介なのでしょう。

    観光客慣れしているところでは、ドイツ語の方が対応は良いです。

    ユーザーID:9277024210

  • 憧れと言うか、

    結局、自分の母国語でない言葉で、普段はあまり使う機会のない言葉ってやっぱり機会があれば使いたいと思うのだと思います。

    憧れというよりも、普段あまり使う機会のない自分のお気に入りの小道具みたいな感じでしょうか。
    とっておきのガジェットなんだけど、あまり出番がない。
    高価なものだから機会があるなら是非使いたい!と思いながら、引き出しの中で埋もれていて、いざ使う機会に恵まれたとおもったら、使い方を忘れていてショック!みたいな・・・

    あと、外国語をしゃべる事ってやはりかなり気持ちのよい事でもあると思うのです。
    楽器を演奏できるような感じかもしれませんね。
    ちょっと人前で披露したくなる事もあるのでしょう。
    ちゃんとしゃべれるのに恥ずかしがって人前では口をつぐんでしまう人もいる。
    流暢にしゃべれると自負している人はなおの事、披露できる機会を伺っているのかもしれませんね。

    外国語はしゃべれる時点で憧れではなくなるのではないでしょうか。
    私はフランス語に憧れます。
    まったくしゃべれませんから。

    ユーザーID:9277024210

  • トピ主です

    早速のご返信ありがとうございます!

    ええと、親切心からでは?というご意見もあったのですが
    私が親切心ではなくて、英語が話したかったのかな?というのは
    コンビニの店員さんは、私が一人だと何も話しません。
    居酒屋の店員さんも、気がきくかたなら、英語と日本語の両方で(私も同席していたので・・・)対応するかな、と思ったのです。

    またセールスの対応にたいしても、英語だと例にあげた人のように話が長引くことが多く、最終的に、もっと英語が話せる人が出て対応しないといけないようなことにもなるので、「日本語で対応を」ということになっています。

    ただ、英語で対応することに関しては、何度ももうしますが特に感情はなく、
    ただ「このように英語を使うのは、他の国でも一緒かな?」というのがトピの内容ですので、よろしくお願いいたします。

    ユーザーID:4654731651

  • フランス人と英国人の違いが一目でわかれば・・・

    例えば、欧米の人達が、会話無しで、日本人を一目見て「日本人」だと
    判る人ってめったにいないと聞きます。どちらかというと「中国人?」と
    聞かれる事が多いとも。

    それと同じ様に、フランス人を見ても「フランス人」だと
    会話無しで判別つく人がいるでしょうか。

    私でも、金髪&青い目の外国人さんだったら
    まず、全国共通語と言われる「英語」で話しかけると思います。

    英語に対する憧れと言うよりも、その人にわかる言葉で
    話し掛けた方がいいのでは。という親切心なるものだと
    思うのですがね・・・。

    ユーザーID:2866352243

  • フランスでも。

    在仏です。
    ドイツ在住の方が書いてらっしゃるように、こちらでも英語を話したがる人は多いです。
    昔はフランス人は英語を話せてもフランス語しか話さない、なんて言いましたけど、
    頑固なお年寄りならともかく、今は英語=カッコいい、というイメージがありますので、
    フランス語の中にも英語の単語がどんどん入って来ています。
    私が外国人と見ると、英語を話してくる人が多いのですが、
    彼らの強いフランス語なまりの英語より、フランス語の方がよっぽど理解できます!!
    我慢して英語で対応しているんですけれどね…。

    ユーザーID:8925915098

  • 場所柄

    私は仕事の都合でずっと東南アジアの国に住んでいましたが、
    英語で対応する人は、日本は少ない方だと思いますよ。
    チェーン店も多く、接客がマニュアル化されているため、どちらかというと頑なに日本語で対応をする人が多いイメージです。
    英語で対応する人がいても、それは単なる親切心だと思います。

    私が住んでいたエリアは完全な観光地で、町の共通語は英語でした。
    そのエリアは常に現地人よりヨーロピアン&スカンジナビア系観光客の方が多い所。
    町ではどこの店に入っても英語で案内・対応されます。

    逆にその国の田舎町に行くと、当然現地語で話しかけてきます。
    英語に馴染みのない地域の人ですから。

    英語で対応するかどうかというのは、その地が観光地か、外国人の多いエリアかで変わってきます。
    日常的に回りに外国人が来る店舗でしたら英語対応は当然だと思います。
    日本で言えばキャンプ地傍や外国人の多い極都心店舗等。
    他英語への憧れ度は国の発展度・西洋文化の影響度によって変わると思います。
    英語を話せる人が少ない国ほど、英語ができる人は積極的に披露の場を求めていると感じます。

    ユーザーID:4578824906

  • 私も気になっていました

    親切心がかえって笑いのネタになりそうな・・・
    英語以外のヨーロッパに住んでいましたが、英語で質問しても、最初はその国の言葉で答えが返って来ました。分からない顔をすると初めて、英語で説明してくれていました。
    親切心も日本人らしいと思ういますが、もう少し日本人ということを意識してもいいなと最近思います。それよりも、日本にいて日本人同士が会話の中に時々英語の単語を入れて話す事がとても気になります。ヨーロッパから来ていた留学生が「変」だと言い彼は日本語を話す時は徹底して日本語しか話さないと頑なになっていた事もありました。

    ユーザーID:4087772051

  • 便宜上、じゃないですか?

    欧州の非英語圏2カ国に在住経験があります。
    ヨーロッパには様々な言語があるので、共通語として何かメジャー言語を使わざるを得ない場面が多くあります。特に各国の首都などでは、仕事で長期・短期滞在する外国人も多く、彼らが全て現地語を話せるわけではないので。

    英語は小学校から教えている国が多く、現地の人も他の外国語よりは英語を話せる人が多い。英語は話せないけど、ドイツ語やフランス語はできるという人は自分が話せる言語で話しかけてくるし、現地語しか話せない人は現地語で。こっちはわからない言語で話しかけられたら、わかりません、と言うまでです。アジア人は目立ちますが、そもそもヨーロッパ人同士でも相手が何語を話す人かなんて外見じゃわからないでしょうし。

    確かに中には英語しゃべりたがりもいて、こちらが現地語を使っているのに返事は英語、ということも。語学を勉強中だったら機会があれば使ってみたいという気持ちはわからなくもないですよね。
    でも「英語で対応する」のは、ただ単に便宜上ということが圧倒的に多い様に思います。英語がいいからじゃなく、一番通じそうだから。

    ユーザーID:2721593732

  • あります

    私の彼もフランス人ですが、一緒に歩いていて、英語で対応されることはありますよ。
    草の根交流じゃないですけど、私と同じ日本人に彼がフレンドリーにされると嬉しいです。
    やはり、自分の国(=日本)だからこそ、日本(人)に良い印象をもってもらいたいですし、外国(=日本)にいるからこそ、彼には孤独な思いをしてもらいたくないし。

    ちなみに、彼の知り合いのフランス人男性が、英語で話しかけられることに不満をもっていて「日本人は、ヨーロピアンと見ると英語を使って」と話しているのを耳にしたことがありますが、私の彼曰く、「自分達が、日本人、中国人、韓国人の見分けがつかないのと同じように、
    日本人が、アメリカ人、フランス人、ドイツ人等の区別がつかないのは当然だよ」で、嫌な感じは全くもってなくて、逆に、英語の話せる日本人が意外に(ヨーロッパ語圏であるフランスより)多いということに、感心していますね。
    「すごい、外国人である自分にはありがたい」と。

    ユーザーID:5561375447

  • 人は自分が知ってることを試したがる

    英語に憧れているから英語をしゃべりたいのではなく、単に人は、「自分が知っていること」で「日常なかなか使う機会のないもの」を機会あらば試したがる傾向にあるということではないでしょうか。

    たまたまトピ主さんはフランス人彼氏がそばにいるから
    「自分が知っていること=英語」な人によく遭遇するということでは。

    外国に行くと、バーのマスターやらレジのお姉ちゃんやら、我先に知っている日本語で話しかけてくる経験があります。
    「カラテスキ。カラテ。オス!」
    「ニホンイッタコトアル。オオイタ。」
    とか・・・笑
    中国語で話しかけられることもありますけどね。

    さらに、ワインに凝り始めた同僚はレストランでソムリエと「知ってるのよわたし」ってなトークをしたがるし、山梨生まれの父は山梨人を見ると語りたがるし、外国人の友達は皆、レストランで覚えたばかりの日本語を使おうとして店員さんを困惑させてます 笑

    ちなみに私の彼もフランス人ですが、私そっちのけで英語で接客される…なんてことは私はそんなにないですよ。
    ちょっとトピ主さんの思い込みかな?という気がしました。

    ユーザーID:6380586273

  • 台湾で

    スタバに入ったらバイトのにーちゃんに英語で応対されました。当方明らかに日本人ですが…。『外国人=英語』なのかなあ、と思った体験でした。

    ユーザーID:7114050752

  • サービスのつもりもあるかもよ

    外国人の多い米国都市に住んでますが、私が日本人だとわかると「ゲンキデスカ?」「ワッカリマセン」なんて、言われます。

    私も相手がスパニッシュだとわかると「コモ エスタ?」「ムイヴィエン」
    韓国人なら「アニヨンハセーヨ」「カムサハムニタ」
    イタリア人なら「ボンジョルノ」「グラッツェ」「アリバデルチ」
    フランス人なら「ボンジュール」「ボンソワー」
    しってる単語を一応ならべてみます。こちらとしては、サービスのつもりです。

    皆さん、そんな感じじゃないのですか?日本だと金髪&碧眼なら即<欧米人>で、フランス語より英語を知っている人がおおいので、一応使ってみるんだと思います。

    ユーザーID:3850492205

  • 親切心では?

    ごく普通の日本人にとっては、下記のような事情があるんじゃないでしょうか。

    1 何とか使える外国語は義務教育で教わった英語のみであることがほとんどである。
    2 英語は世界中で通用する言語であるという思い込みが頭の片隅にある。
    3 日本に来ている外国人が日本語が出来る人ばかりとは限らない。
    4 今目の前にいる外国人が日本語を理解できるかどうかはわからない場合、日本語で話しかけるよりも英語で話しかけたほうが相手にとっては親切であると考える。日本語で話しかけて通じる確率は50%だが(数字には根拠はありません。)、英語ならば(2の思い込みがあるので)100%通じるだろう。

    こんなところじゃありませんかね。外国の方に異国の地で言葉が通じなくて不自由な思いをさせたくないという親切心だと思いますよ。コンビニの店員さんも、日本人の客なら勝手がわかってるだろうから特に話しかけはしないが、勝手がわからないだろう外国人のお客だから、英語で話しかけたんじゃありませんかね。

    日本語に堪能な方や、英語の出来ない方には、下手くそな英語で話しかけられて苦笑されてるのかもしれませんが。

    ユーザーID:2375335403

  • 居酒屋の店員さんはトピ主さんを放置したわけではないと思う

    タイトルに書いたとおりなんですが、
    店員さんは彼氏さんを英語のできる人だと思った。その人と一緒にいるお連れさん(トピ主さん)も英語ができるのだと連想した。英語で案内したほうが2人に理解してもらえる。という思考回路なのでは? 

    話がそれますが、私が疑問に思うことは、日本にいる外国人(外見でそれと分かる人)の中に日本語ぺらぺらの人が増えれば、日本で見かける人には日本語で話しかけるのがデファクトスタンダート(でぃるさんの表現を借りました)になっていくと思うんですよ。

    私はフランス語圏に住んでいるんですが、こちらの人は明らかに現地人じゃない人にもどんどんフランス語で話しかけてますよ。英語で話しかけてくるのは、旅行者相手の商売をしている人くらいです。逆に「フランス語話せますか?」と先に確認するのは、(移民の応対をする回数が多そうな)役所の窓口の人ですね。フランス語で受け答えしていても「読み書きは大丈夫ですか?」と確認されることもあり、そんなちょっとした応対から、話せるが読み書きのできない住民の多さを感じたりします。完全に横ですね。

    ユーザーID:3300370538

  • 相手が日本語を話せないとわかるまでは日本語に

    元海外在住者です。
    住んでいた国は英語圏ではありませんが、英語教育に熱心な国でした。私は外見が明らかに外国人なので、よく道でハローハローと言われたり、当たり前のように英語で話しかけられたりしていました。その国の言葉は、1年もしないうちにほとんど問題なく話せるようになったのですが・・

    最初のうちは、毎日挨拶のように聞かれる、どこから来た?とかここで何してる?という質問にもにっこりと丁寧に返事していましたが、在住して3年くらいたったころから、こちらが現地語で話しているのに英語で返事されるのがイライラするようになってきました。いつまでよそ者扱いされるのかと。ゲラゲラ笑いながら片言の英語を並べる人もいて、バカにされているような気がしたこともありました。

    そういう経験もあり、日本に帰ってから、外国人が日本語が全く話せなくて困っているとわかるまでは、日本語で話すようにしています。こちらでも、日本語は堪能だけれど英語は出来ないロシア人女性と話したとき、彼女もいくら「日本語で話して下さい」と言っても英語で話し続ける人がいていい気持ちはしないといっていたので、間違っていないと思います。

    ユーザーID:5783117264

  • オーストリア(欧州の)も同じです

    まず、オーストリア航空機内。客室乗務員からクセのある英語で尋ねられます。
    「チー?チー?」と耳障りだし逆にわかりづらいです。いっそ「テー」と言ってちょうだい!こちらは汚い英語より生のドイツ語を聞きたいのに・・・。
    ウィーンの街でも。まだこちらが一言も発していないにも関わらず、当たり前のように英語のメニューが置かれたり、英語でオーダー聞き出したり・・・。
    観光地は特に。こちらがドイツ語で話しかけても英語で返されます(実際、ドイツ語苦手で英語が得意な外国人労働者だったりもしますが)。

    英語しゃべりたがりなのは日本に限ったことではないので、ここで「日本人は親切だから〜神話」を持ち出すのはうぬぼれが過ぎると思います。

    確かにオーストリアのドイツ語とドイツのドイツ語は異なっているし、彼奴等が親切心から英語で話しかけているとは到底信じられませんもの。

    ユーザーID:2456554073

  • 僕は日本人、僕の彼女は茶髪のアメリカ人

    僕のお付き合いしてるアメリカ人の彼女のこと。

    東京ですが確かに向こうから先に英語使ってくること度々あります。ついでに僕にも(外見も中身も日本人です)英語使ってきます。彼女が日本語で片言返事をしても英語が続くことあります。でも、彼女日本語まだ余り上手ではないので助かっていますよ。一般にいわゆる外国人が多いところは相手の日本人の方が進んで英語を使ってきます。親切心から、そして場合によってはせっかく学んだ英語を練習したいという気持ちがあるんではないでしょうか?

    逆に僕がフランスへ行った時のこと。

    観光客の多いところで一人でカフェに入り、片言のフランス語で注文しようかと思ったら、ウェイターさんが「What would you like to order?」といきなり英語で言われました。僕の身なりと仕草ですぐ外国人の観光客って読んだんでしょう。僕としてはフランス語でやり取りしたかったのですが、いきなりの英語にこちらもとっさに英語で返事をしました。

    貴方の彼、もし英語が気に障るようでしたら丁寧に「日本語でお願いします」と頼みましょう。

    ユーザーID:7487730844

  • フランスだって同じ

    「フランス人は英語がわかるのに、フランス語でしか答えてくれない」
    って、日本では思われてますよね。(フランスに旅行したことがある方ならわかると思いますが)

    でも、この国の人って、本当に英語話せない人が多いんですよね〜。特に年配の方。
    話せないのが恥ずかしいから、仏語で返してくるんです。
    高校とかの選択でも、スペイン語かイタリア語を選ぶ人が多いらしいし。
    若い人は、英語が話せる人も多いんですけどね。

    私はまだネイティブスピードの仏語はわからないので、買い物やレストランでは
    夫に英語で説明してもらいます。
    そうすると、それを見た店員さんは、私に英語で説明を始めてくれたりします。

    道で声をかけられても、「すいません、仏語わからないんです」って英語で言うと、
    立ち去る人が多いんですが、「え!君、英語話せるの?」って嬉しそうに
    英語で会話を始める人もいます(笑)

    トピ主さんがおっしゃっているコンビニや居酒屋の件は、少しでも相手にわかりやすいように
    っていう気持ちの問題じゃないかと私は思いますが。

    ユーザーID:8321676451

  • 母国語以外の言葉を知っている人は使いたがる傾向はあると思う

    人種のるつぼと呼ばれる都市で暮らしています。
    たまに日本語を勉強しているだろうと思われる人から日本語で話しかけられますが、基本英語ですよ。
    この人は外国人だから英語は話せないだろう…などとは誰も考えていないと思います。
    その国の言葉で対応するのが当たり前のことだと思っていると感じます。

    それを日本に置き換えてみれば、一目瞭然に外国人だと分かっても日本語で
    対応すればいいわけですよね。
    訳も分からず気がついたら日本にいたのではないのですから、日本人が
    海外旅行の際に訪問国の基本の言葉くらい勉強するように、外国人も多少は勉強して来ているはずです。

    それでも英語で対応するというのは、おそらく英語の勉強をしていて機会があれば使いたいという心理なのではないでしょうか。
    それ以外には単純に欧米人=英語という思い込みでしょうね。

    今や英語が世界の共通語になっているとはいえ、まずは日本語で対応して通じないようなら英語を使ってみるくらいでいいのではないかと思います。
    日本語が達者な外国人の方もいれば英語の話せない外国人の方もいるのですからね。

    ユーザーID:4476724943

  • 外国で自分の母国語で話しかけられると嬉しい

    「きっとこの人は英語圏の人だろう」と思って親切心で話しているだけだと思います。
    別に大意は無いと思います。

    私も海外でその国の人から日本語で話されるとちょっと嬉しいです。

    ユーザーID:5827617808

  • まず相手の様子を見てほしいですよね

    なんとなくおっしゃりたいこと分かります。
    非英語圏出身、日本語ペラペラの友人と外出すると、なぜか私のことはいないかのように一切見向きもせず、友人にだけ英語で話しかける店員さんや通りすがりの人が結構います。

    テレビに出て日本語で喋っている人なので、日本語が話せることは分かるはずだし(テレビに出ている人だと知っていて声をかけてくる人が多い)、
    英語が苦手な友人は、彼らとの会話に、私を日本語で巻き込もうと努力するのですが、友人のそんな様子もお構いなしに、友人にだけ英語で話しかけ続ける人たち・・・

    相手の様子を見て、言葉のキャッチボールをして会話を楽しもうというより、自分たちの自己満足のために話しかけているみたいだな、って思うことが度々ありました。

    英語を喋るのも、親切心からだったりするとは思うのですが、まずは相手の様子を(見られる限りは)見ようよ!って思います。それが会話の基本ですよね。

    ユーザーID:6546218132

  • 思った事を書いてみた

    オランダに行ったとき現地の男の子集団に“ニーハオ”と挨拶されました。
    欧米の方は東洋人を見ても国籍までは判断できないから、とりあえず東洋人=中国人と判断してしまうのでしょうか・・
    やっぱりどこの国にもチャイナタウンがあるし中国語が飛び交っているし
    なので私達東洋人が欧米の方をみてもどこの国の人か分からないし共通語の英語は無難かな?って考えだと思います。
    経験上、日本人って日本国内で欧米人をみたら日本語話せるのかなと心配?しますが海外だとなんの悪気もなく普通に現地の言葉で話しかけてきます。
    日本人特有の謙遜では?

    でも母国語でない言葉で話しかけられたらチョット嫌な気分になりますよね・・
    嫌な気分? 私は対応に困ります。

    ユーザーID:0528203862

  • 万国共通では 1

    私の数少ない経験からお話させてください。

    結論から言うと、私はどの国でもそういう傾向があると思います。ただし、英語に限らず、「自分が勉強している言語」をしゃべりたがるのだと思います。日本人は英語を勉強している人が多いので、日本にいてその語学力を発揮できる場所が欲しくてうずうずしています。以前、美術館でアメリカ人による講義を聞きに行ったことがあったのですが、そのときに最後の質疑応答の時間に通訳の方がいるにもかかわらず、全員が間違いだらけの英語で必死に質問していました。まず通訳の方に失礼なのでは?と思うのですが、自分の英語を披露したくて仕方ないという感じでした。近くに座っていた老夫婦の男性の方が「日本語でいいじゃないか!」とぼやいていました。通訳の方にしてみると、大変説明しにくい状況になってしまうのでちょっと気の毒でした。そんな空気はまったく読まずに得意げに英語で話している日本人。少し恥ずかしかったですが、自分の英語を披露したいという願望も理解できなくはないです。

    (2につづきます)

    ユーザーID:8717821223

  • 万国共通では 2

    私も昔は外国人を見ると英語圏と考えてしまいがちでしたが、最近は国際化で日本にもさまざまな国の人がいるため、その考え方は完全に捨て去りました。また、相手が聞いてこない限りは、こちらから英語で話しかけたりすることはしないようにしています。よほど困っているように見えれば別ですが。

    さて、外国ではどうかと言うと、こちらが英語で話しかけても、答えが日本語のときが何度かありました。それはその人が日本びいきだったり、日本語を勉強している人だったりしたときです。フランスとアメリカでそのような経験をしましたので、本当に数少ない経験からの結論付けですが、やはり語学を勉強していたら自然にそれを試してみたいという欲望が芽生えるのではないでしょうか。

    トピ主さんが言うような英語に対するあこがれというよりは、自分の語学力を試したい、もしくは話せることを披露したいという願望の表れなのだと思います。最近やたら英語をそのままカタカナにして使っている人がいますが、それもその一種だと思います。

    でも他の方が言うように、状況によっては親切心という場合もあるでしょうね。

    ユーザーID:8717821223

  • では日本語で話しかけろと?

    ぱっと見が外国の人に対して 日本語で話しかけて日本語で終わらそうとするって私には考えられません。全く英語ができないなら仕方がありませんが 少しはしゃべれるなら意思疎通を試みるのは国際社会では当然のことでしょ。白人相手に 日本語まくしたててる図ってかなり痛い。トピ主さんの彼がたまたま日本語がしゃべれて英語がダメなフランス人ってだけで なんで国際共通語を話そうとする人を「しゃべりたがり」と呼ぶんでしょう?フランスでは「ここはフランスなんだか 自分は意地でも英語は話さない」という人がいると聞きますが まさかトピ主さんはその彼の影響で「ここは日本なんだから日本語しゃべりなさいよ」って思ってるんじゃないですよね〜
    私は非英語圏に海外赴任中 今年で7年目です。日本に観光旅行に行った現地の友人から「東京は日本の首都なのに全く英語が通じない!どうなってんの!」ってよく文句を言われたものです。でも トピ主さんのお話によると この頃は外国人に対して英語対応しようとする人が結構増えてるんですね。安心しました。東京オリンピック招致の話もでているのだから 日本も真の国際都市を目指せるといいですね。

    ユーザーID:4293287993

  • 補足読みました

    補足読みましたが、やはり意図が掴みにくいです。英語での対応自体に嫌悪感はないけど、積極的に英語をしゃべる人がいることには違和感があって、それは日本人だけなのか外国でも同じなのかという疑問なのですよね。

    私の予想ですが、これはトピ主さん自身の意見ではなくて、フランス人の彼氏さんが日々思っていることではないですか?トピ主と皆さんの意見が噛み合わないのも、トピ主さんにその自覚(自分の考えにフランス人フィルターが入ってしまっているという自覚)がないからだと考えると非常に納得できます。

    ほとんどの店員さんは積極的に英語をしゃべっているのではなく、圧倒的に親切心からの場合が多いのに、英語が分らないフランス人の彼氏さんに取ってはそれが積極的にしゃべっているように見えてしまうしハナについて仕方ない、ということではないでしょうか。

    私はフランス人の自分の国の言葉に対する思いは尊敬すべきと思いますし、日本人も見習うところがあると思っています。でももうちょっと上手に伝えないと共感する人は少ないし、逆にフランス嫌悪になる人が出てきてしまうのではないかと思いました。

    ユーザーID:0665851636

  • ありますが親切にありがとう!と思ってます

    去年アメリカ人の夫を連れ観光旅行を兼ねて帰国した時レストランやその他の施設で英語で接客されたりもしました。 
    本人は日本語はそこそこ話ますが 異国の日本で相手が一生懸命コミュニケーションをとろうとしてくれる事がうれしかったようです。 

    英語と日本語の両方での接客は無かったです(って言うかそんな時間普通ありませんよね)英語の接客時は英語のみ。 

    本人が質問がある時は英語で接客している当事者と話してくれるので私は手間が省け通訳する必要が無いので正直うれしいと思いました。 

    ユーザーID:5622887446

  • 日本はむしろ少ないのでは?そんなに多いですか?

    韓国からです。
    韓国は語学が日本よりも上で、英語や日本語のできる人が多いせいか、相手が外国人とわかると、英語で話していることが多いです。
    私が韓国語が話せるとわかっていてもです。
    日本はむしろ少ないと思うのですが、わんさんの周りには多いのでしょうか?
    ちょっと不思議です。

    ユーザーID:8962604950

  • 他の国の第二言語ってなんなんでしょう。

    日本では、日本語の他に、英語を勉強しますよね。(義務教育の時から)

    ヨーロッパで、母国語が英語ではない人達は、
    第二言語として何語を習うのでしょうか?特にないのかな?

    ご存知の方教えて下さい。

    英語は世界の共用語なのでは。

    トピ主さんの場合は、英語を話したいというより
    その場をスムーズに、か、外国の方とコミニュケーション取りたい
    かどちらかだと思いますよ。

    ユーザーID:3949700148

  • パリでもそうだった

    「フランス人は英語を話したがらない」と聞いていたけど、行ってみたら逆に「ちょっと英語が話せる人はすぐ英語で話したがる」という印象でした。

    こちらがフランス語で話し掛けても英語で答えてくれる。せっかくフランス語で話し掛けているのに、「こいつ、フランス語が苦手だな」とバレバレで「外国人=英語」の発想で「英語で話してやろう」としてくれてるのだろうと思う。
    中にはちょっと得意げに「外国人は、フランス人は英語できないと思ってるだろうけど僕は英語出来るんだよ〜」と見せびらかしたがっているような感じの人もいました。

    例えば観光地で係の人にフランス語で質問したら答えがスラっと英語で返って来て、内容は対応しているから私のフランス語が通じなかったわけではなさそうなのに、なぜ答えが英語なの?って変な気分でした。

    ユーザーID:8350744199

  • タイトルにとげがありますよ。

    日本人の彼女がいるって明らかなのに、英語の勉強になるからってわざわざ必要もないのに英語で話しちゃって。しかも日本人の私は無視されてるのに!同じようにサービスされてないから、ちょっと腹が立つ、っていうニュアンスが伝わってきます。でもこのエピソード、コンビにと居酒屋ですよね。対応した人はたぶんアルバイトのひとで、スピーディーなサービスが要求されている場だから、英語で対応しちゃったほうがあとからゴチャゴチャ質問されるよりいいって、判断したのかもしれません。私も欧州人の主人と東京で付き合ってたとき、なまじ彼がつたない日本語で接客受けると、話が長引いたり複雑になって結局私が話をまとめる、という状況が良くありました。

    流暢な日本語を話す外国人より、きちんと話せない確立のほうがはるかにたかいんだから、この店員さんたちは親切心で英語はなしてくれた、ってもう少し心をおおらかに持ったらどうでしょう。話が大きくなりますが、日本は外国から観光客をもっと増やそうとしているんですから、英語がもっと通じる国になれば、評判もあがりますよ。

    ユーザーID:8154734530

  • 外国だと

    外国って言ってもいろいろありますけれど、欧州とアジアでは、
    だいたい最初から英語で話してきます。
    夫が欧州の人間ですが、彼の国にいると、英語で済まされることも無きにしも非ずです。
    つまり、外国人の私に対してだけでなく、その国の人間である夫に対しても英語で対応するということです。
    逆に、現地の言葉で通されることもあります。(ほとんどが英語が苦手な人ですが)

    アジアにいると、私は現地人と思われがちですが、
    英語が苦手な人の場合は現地の言葉で私に話してくることがあります。
    私が現地人ではないと分かると、英語にしてくれます。
    でも、外国人がたくさんいるようなホテルなどだと、最初っから英語ということが多いです。

    どちらの場合も、「英語が喋りたい」というよりは、
    それが一番無難だという判断なんだと思ってます。
    実際、ネイティブ以外でも英語が喋れる外国人て多いですからね。

    はちみつプラスさん
    私が知る範囲内ですが、公用語が複数ある国では、そのいずれかが第二外国語になっていることが多いと思います。
    公用語がひとつの国でも、欧州なんかだと確か選択肢が多かったように思います。(必ずしも英語ではない)

    ユーザーID:7939673685

  • 「日本では日本語で」でなぜ悪い?

    「ここは日本だからまず日本語で話しかける」という態度を「痛い」だとか「むしろ英語で応対すべきだ、それが国際化だ」という意見があるようで正直困惑しました。日本での公用語は法律上も事実上も日本語だけです。それなら、アメリカの片田舎の人間は「国際人」なのですか?普通の日本人は観光ガイドでも国際会議代表でもありません。「国際語」ができなくても問題ありません。

    むしろ私の経験では、日本より「国際的」なヨーロッパの非英語圏でも、明らかに現地人と外見の違う日本人が現地語を使うと対応が急に良くなると思うのですが、錯覚でしょうか?英語で応答するのを奇異に感じる感性は日本独特では決してないと思うのですが。

    ちなみに私の知人の複数のアメリカ人は「日本に興味があるから日本にでいるのに、みんな片言の英語でしか応対してくれない」と不満をしきりに漏らしていますよ。「結局、日本人は外見が違う人間を仲間として受け入れてくれないのか」と、遠回しに「人種差別」だとの非難さえしています。実際、この人達の日本語は非常に立派なもので、並の日本人のカタカナ英語とはわけが違います。妥当な批判と言わざるを得ないのです。

    ユーザーID:6412782359

  • >はちみつプラスさんへ

    今は時代が変わったかもしれませんが、10年位前は、ヨーロッパで一番広く通用する言語はドイツ語でした。あとは特に中欧地域でロシア語ですね。英語は若いインテリ風の人や観光関係の仕事をしている人以外には、北欧やドイツでもあまり通じなかった記憶があります。この2言語を嫌っている人もまた多かったのですが、かといって英語を理解してくれるわけでもないので困りました・・。

    旧ソ連圏で英語を話せるか現地の人に片言のロシア語で聞いたところ、英語なんて話せるわけないだろ!ロシア語も話せないのか!ロシア語は国際的な言葉だろ!と怒られたことがあります。

    ご参考までに・・

    ユーザーID:5783117264

  • ヨーロッパでも同じです

    お店やレストランに行くと、私のへたな現地語に我慢できないようで、特に若い人はすぐ質問が英語にかわります。飛行機や鉄道で移動中でもいきなり英語で話しかけられますから、外国人には英語で話しかけるのがこちらでも一般的なのだと思います。

    はちみつプラスさん、多言語国だと第二言語がその国の使用する他の言語、単一言語の国でも第二言語が近隣の国の言語だったりもするようです。フィンランド人の友人はスウェーヂン語を第二言語として、オランダ人の友人は英語を第二言語として学んだそうです。チェコ人の友人はたしかドイツ語だったような、でも全員30代過ぎですから、変わっているのかもしれません。
    ただ多くのアメリカのテレビ番組が吹き替えではなく字幕だけ放送される国も多いようで、学校で勉強しなくても英語はテレビで覚えたという人も多いようです。

    ユーザーID:2365858709

  • お気持ちわかりますが‥

    私は元日本語教師で日本語を勉強中の外国人が周りに多くいたので、トピ主さんや犬さんの言いたいこともわかります。

    ただ、日本語勉強中や既に話せる人とは日本語で話しますが、道に迷っていそうな外国人には英語で話しかけます。

    もちろん全ての外国人が英語がわかるなんて思っていません。でも、そうした方が通じる可能性が高く合理的です。
    もし相手が日本語ができるなら、できるとわかった時点で日本語に切り替えればいいんです。

    逆の立場で日本人が非英語圏の国でレストランに入った場合、現地語メニューの他に英語メニューがあればたいてい英語メニューを渡されます。それと同じです。

    私も日本語ペラペラの外国人(非英語圏)と秋葉原に行くと英語で商品説明をされることがあります。店員さんからすれば、「外国人と一緒にいる日本人なんだから英語もわかるだろう」ということでしょう。別に放置じゃありません。

    英語を話されたくなければ、先に彼氏が相手に日本語で話かけてあげたらどうですか?

    ユーザーID:9118000767

  • 田舎者さんへ

    「日本では日本語で」ごもっともだと思いますが、田舎者さんの意見も極論かと。

    私の友人の日本語が上手な米国人も「日本語で対応してほしい」と言いますが、それは彼らは彼らで自分の立場でしか考えられなくなっているからでしょう。「人種差別」に至っては言いがかりに近い。それを言うなら、米国ではもっとあからさまな差別が沢山ありますよ。自分がわかるものをわからないと思われることでプライドが傷つくという感覚もあるのでは。特に非漢字圏出身で来日して日が浅い人たちの中は、英語を話す日本人の存在を有難がり、頼りにしている人が多いのも事実です。彼らの母語が英語でなくても、共通語として。そして、外見からは前者と後者、見分けがつきません。接客時に確認するのも手間なのでとりあえず英語で対応、というのが、それほどおかしいことでしょうか。

    欧州の非英語圏で現地語を使うと対応がよくなるのは私も感じます。英語が得意でない人なら特に、母国語で用が済むならその方がいいし、外国人が自分の国の言葉を学んでくれたことを嬉しく思う気持ちもあるだろうし。でも、英語での対応を奇異に感じている様子はないと思いますが。

    ユーザーID:2721593732

  • tex-mexさんへお返事

    お返事ありがとうございます。
    「人種差別ではない」というご意見ですが、そうでしょうか?外見がアジア系の人、特に日本人に比較的外見が近い人になら、外国人とわかっても日本語で話しかける人が多いのではないでしょうか?つまり、白人や黒人には「自分たちと縁の遠い人」という意識で英語を使う人が多いように私は感じるのですが。
    確かにある種極論かもしれませんが、一理あることを否定できないのではないでしょうか。

    私は、向こうが日本語がわからないと確証できる理由がない限り、日本語で話しかけますよ。そもそも、旅行客であろうとも「すみません、日本語わかりません」「英語できますか?」「ありがとう」ぐらいの日本語を覚えることはできるでしょう。それは努力というより礼儀の範囲だと思います。

    あと、英語で話しかけてくる観光客にいい印象がないのは私だけでしょうか?残念ながらそういう人の中には、英語が下手だと怒ったり文句を言ったりする人もいます。「私はお前の観光ガイドではない」が正直な思いです。わざわざ親切心を働かせて嫌な思いをしたくありません。現在、私の英語は下手ではなくなりましたが、その思いは決して変わりません。

    ユーザーID:6412782359

  • 日本人は英語大好き

    こびてるだけだと思いますけどね。
    日本には英語がかっこいいというか、西洋文化がかっこいいみたいなのってあるんじゃないですか。
    同じように日本がかっこいいと思っている国に行くと「ワタシニホンゴワカルヨ」率高いですよね。

    ウェイトレスさんとかが英語を話す理由の第一位は「親切心」ではないと思いますよ。
    もちろん、親切心はあるのだと思いますけど、じゃあ「明日、中国からの団体様で貸切ね!」なんてことになったときに中国語勉強するかと言えば、しないとおもいますけどね。

    英語を話せる、話したい、よく思われたい。
    これ、結構大きい理由だと思いますけど。

    日本のお店で、日本人の店員が「あなたの為に、私があなたの言語を話しますよ」サービスをするのは、その人が西洋から来たと思しき外国人だったとき。
    笑顔も最大限振りまきます。
    アジア圏のほかの国から来た人にはそのサービスはつきません。
    笑顔も小さめです。
    英語は世界共通語、で相手を思ってのサービス なのにねぇ。

    なーーーんで、日本のコンビニで「相手に合わせて」「世界共通語」話さなくちゃいけないの?
    ここは日本だっつの。
    あ、だからか。すごいなぁ、日本。

    ユーザーID:2558479727

  • 「どこの国も」とは思わないけど

    オーストラリアの、日本人観光客が多いリゾート地に住んでいます。
    地元オージーには、日本語を流暢に話す人や、片言なら話せる人がたくさんいます。

    日本語で話しかけられますよー、しょっちゅう。
    相手の日本語が高レベルだったら、日本語でそのまま会話します。
    片言の人だったら、「あら!日本語が上手ですね!」と英語で褒め、その後は英語で会話します。
    どっちにしても、日本語しゃべりたがり、とは思わないです。
    草の根外交、親切心と受け止めてます。

    韓国人もたくさん住んでいるためか、韓国語で(オージーに)話しかけられることもあります。そんな時は英語で「韓国語は話しません」と伝えるだけ。
    韓国と日本人を見分けろとは要求できないです。

    日本で店員さんなどが外国人にとりあえず英語で対応するのも、同じことでは。

    あと、外国人と日本人2人のお客さんに、英語で対応するのは多分、外国人と同行している日本人は英語を話すだろうから、共通語で対応しようという意向です。
    私も、例えば日豪カップルと話す時は英語で話しますよ。
    疎外される人のいない言語を選ぶのは、マナーと思ってます。

    ユーザーID:8587486672

  • 感化されちゃったのね

    フランス人に感化された日本人女性というイメージですね。
    「英語しゃべりたがり」という言葉は初めて聞きましたが、トピ主さんの造語ですか?方言?
    かなり悪意と軽蔑を感じますが、自覚せず書いてしまったのでしょうか。
    私は相手が何人(なにじん)だろうと日本語で話します。
    他の国の言葉は「はい、いいえ」「どうぞ」「おはよう」「ありがとう」程度しかわかりません。

    ユーザーID:0417574217

  • 質問です

    日本人が他の国に観光したときその国の言語で『私は○○語はできません』といえるのでしょうか?
    数カ国の周遊旅行でいくつもの言語のときは?挨拶やありがとうは言えますか?やはり英語で言わないですか?
    英語は世界でコミュニケーションの言語として共通語として使用しますよ。

    ただ外国人が日本に長期滞在するなら、簡単な日本語くらいは覚えるべきだと思います。自分が生活し、いろいろな社会サービスの恩恵を受けている国に対する敬意を示すのは当たり前だと思いますし、ヨーロッパでは長期滞在あるいは永住者に言語の習得を義務にしている国がほとんどです。

    ユーザーID:6901486650

  • いろいろかな

    見た目外国人の人に、英語で対応する人の意図は色々だと思います。

    「英語使うチャーンス!」と思う人もいれば、「英語の方が相手が喜ぶだろう」と思って話す人もいるし、自然に英語が出て来てしまう人もいると思います。

    オランダに日本人が行くと、大抵英語で対応されます。これはオランダ人が英語を普通に使えるからで、英語が使いたいからじゃありません(色黒、顔が濃い人は、インドネシア人だと思われてオランダ語で話しかけられることも)。

    イタリアで、日本人に英語で話しかけてくる人は、トピ主さんが考えるような「英語しゃべりたがり」が多い気がします。時々英語が話せるんだぜーと道行く人に見せびらかしているのでは、と感じることも。

    韓国では、日本人だと分かった時に、英語で話しかけてくる人よりも、日本語で話しかけてくる人が多いと思います。そういう方は大抵とても親切です。

    ユーザーID:4437295869

  • 田舎者さんへ

    >ここは日本だからまず日本語で話しかける」という態度を「痛い」だとか「むしろ英語で応対すべきだ、それが国際化だ」という意見があるようで正直困惑しました。

    田舎者さんのこの発言を見て、正直困惑しました。

    どなたのレスに、こんなことが書かれていましたか? 

    私は、田舎者さんの最初のレス以前に投稿いたしましたので、私自身のレスを含め他の方のレスも何度も読み返しましたが、このような内容のレスをした方はいらっしゃいませんよ。

    日本語読めますか(字を見て発音できるという意味ではなく、内容を理解できるかという意味です)?

    ユーザーID:2375335403

  • 丁寧な接客

    居酒屋やコンビにの店員さんが普段日本人であるトピ主さんには何も喋らないのに、フランス人の彼にはわざわざ英語で話すというのは、勝手が分からないのでは?との親切心だと思います。日本人なら分かるであろうシステムやメニューの内容なども、外国の人には説明したほうが分かりやすいと思っただけだと思います。もちろんコンビニのレジに金額の表示があればわざわざ口で言う必要も無いでしょうが、接客をより丁寧にしたということではないでしょうか。
    その外国の方がどれくらい日本に慣れているのかなんて一見しては分かりません。もしかしたら初めての日本かもしれません、そういう方にはより日本の印象を良くしたいという気持ちにもなります。自然とウエルカムの態度が出ているだけじゃないですか?
    私も外国で親切にされたところはその国自体にいい印象を持ってますよ。

    ユーザーID:9622270113

  • 気遣いとマナーです

    私は英語と日本語のバイリンガルです。 日本にいても外国にいても、もしその場に英語しか理解しない人がいた場合、すぐに英語の会話に切り替えます。 ただしその場に同時に日本語しか理解しない人もいた場合は、日本語で話した後にそれを英語で通訳するようにします。 言葉はわかる人(使える人)がわからない人(使えない人)の事を思いやって切り替えればいいと思います。

    コンビニや居酒屋で店員さんが英語を使ったのは、日本にいる外国人の方が不自由な思いをしないように、という思いやり=サービスだったのだと思います。 見た目だけで何人かを判断しろというのは無謀です。 だったらとりあえず世界共通語の英語で言葉を発した、というあちらの気遣いに感謝こそすれ、気を悪くされる方はほとんどいないのではないでしょうか。

    英語でのセールスに対しても、電話を受けた方は英語を話す方に英語で対応しようとした、ただ単純な人間的な気持ちだったのでは。 余計な仕事を増やして周りに迷惑をかけるのが迷惑だと思う人もいるかもしれませんが、私はそうは思いません。

    ユーザーID:6722567198

  • ヨコですみません

    子供の頃父の転勤でドイツに住んでました。
    たまに家族で食事に行くと、現地の人から中国語で話しかけられて、面食らったことがありました。「日本人です」と伝えると相手は中国語を勉強してるので、ぜひ使ってみたかったとのこと。
    彼らに日本人と中国人の見分けは一見では難しいですからね。
    それよりもフランス人の彼は英語ができないのですか?
    日本語を覚えるよりずっとやさしいと思いますが、あえて覚えないのでしょうか。
    ドイツの友人たちは、ほとんどの人がドイツ語はもちろん英語をしゃべります。
    私は日本で初めて出会う外国人にはまず日本語で挨拶します。

    ユーザーID:3678525828

  • 驚きました

    海外在住者さん:
    >日本人が他の国に観光したときその国の言語で『私は○○語はできません』といえるのでしょうか?

    私は当然言えますし、言えるのが当然だと思っていましたが、違うのでしょうか。

    「こんにちは」「ありがとう」「すみません」「はい」「いいえ」「○○語できません」「○○語できますか」と、1から100までの数字ぐらいは言えなければ、買い物もろくにできないでしょうし、もしもの事態のときに命に関わることとなりかねません。これぐらいは移動中の飛行機や電車の中でも十分覚えられるはずです。

    もし、その程度も言えないような無防備な旅をしている人が多いとしたら寒心に堪えません。交通機関にトラブルがあった場合とか病気になった場合とか、そういうことを考えもしないのでしょうか?

    あと、「英語は世界の共通語」という考え方自体が事実として成立するのか疑問です。現在英語が広く学ばれているのはここ数十年の政治の産物に過ぎませんし、実際中国や中欧・東欧の中高年以上の人は「ロシア語ならともかく英語なんてまったくわからない」という人も多いですよ。

    ユーザーID:6412782359

  • 観光客相手の場合は

    かつてメキシコの国境付近のアメリカの某州に住んでおりました。
    その時は国境を越えてメキシコに行くと、国境付近の観光地では英語を話すメキシコ人が案外多かったです。

    でも英語のレベルは決して高いものではなく、アメリカからの観光客相手ですので、お土産を販売するのに不自由しない程度のものです。
    このようなメキシコ人はあくまでも仕事で役に立つから、英語を話すという程度のものだと思います。

    さて、店員は彼氏に英語で話しかけているとき、同じ店員さんはトピ主さんに対する接客ができていないのも、私にも経験があります。
    正直言うと、その時の店員の深層心理はわかりませんが、想像力を働かせて考えると、恐らくその外国人の彼氏といらした日本人であるので、トピ主さんも当然英語ができるであろうとの考えかもしれません。
    あくまでも憶測ですが。

    ユーザーID:2853276457

  • 勘違いされています

    私の質問は田舎者さんに対する個人的な質問ではありません。

    たくさんの日本人が海外旅行をしていますが、多くの人は英語で現地で会話されているのではないでしょうか?という疑問です。
    だから日本を訪れている外国人旅行者に対しては日本人が英語で話しかけてもいいのではないかという私の考えです。

    また旧ソ連としてロシアに支配されていた国はどんどん独立し、多くの国がEUに加盟したり、加盟を希望しています。
    私は西ヨーロッパにいて中欧東欧からの留学生と現地語や英語で会話していますが、それぞれ違う国ですが学生たちはすでにロシア語が必修ではないと話してます。

    ユーザーID:8014904601

  • 英語が共通語だから

    一番大勢に通じる言葉だからじゃないですか?

    私は父がドイツ人ですが、英語で話しかけてくる人は多いです。
    ドイツ人は頑固なのでちょっと気分を悪くしてますが、こちらが日本語で答えても、なぜか英語でずっと話していたりしますね。
    ヨーロッパの教養のある人たちはたいてい英語を話せるので、理解できるから別に構わないと思います。

    以前、都内の美容院に行ったら、美容師さんとお客さんがフランス語でお話していました。
    そういう風景もステキですね。

    ユーザーID:9686988283

  • なんだか話の趣旨が変わってきているような

    >海外在住者 様
    >日本人が他の国に観光したときその国の言語で『私は○○語はできません』といえるのでしょうか?

    「地球の歩き方」はじめ、たいていのガイドブックの巻末には、その国の基本会話集があり、「英語を話せますか?」「私は○○語はできません」ほか、数の数えかた、挨拶など必ず載っています。発音がわからないのにしゃべるのが恥ずかしいなら、本自体を見せて指差してもいいと思います。私は旅行に行くときには、「英語を話せますか?」と「ありがとう」だけはどこの国でも現地語で覚えていきます。

    この議論の本質は、英語で話すか否かではないように思います。例えば日本に来たばかり、あるいは旅行者の外国人に、Do you speak English?と聞かれたうえで英語で答えるのと、いきなり英語で話しかけられるのではこちらの気持ちが違います。逆に、相手がこちらが英語を話すかどうか聞いていないのに、最初から英語で話してあげる必要があるでしょうか?まして、相手が日本語で話しているのに英語で返すなんて、あなたの日本語は聞くに堪えないといっているようなものではないでしょうか。

    ユーザーID:5783117264

  • 「しゃべりたがり」非常によくわかります!

    よく感じるのは、日本はとかく外国語をしゃべれることに特別意識がある様に思います。
    英語がしゃべれると「しゃべれるの!」とチャンスがあればアピールしたいのかな、と思う事が私もありました。
    昔見たある番組で司会の生島ヒロシさんと西田ひかるさんがゲストのゲーリーリネカ選手を挟んで、競って英語を話し、インタビュー内容なんてちっとも伝わってこなかった、、ゲーリーリネカ選手もお手上げで困ってたのがありありと解るシーンでした。

    以前住んでいた台湾では、現地語もいくつかあり、中国語のほかに台湾語や客家語を普通に話す人は大勢いて、英語が話せる人も日本語が話せる人も(年配の方は統治時代の名残)沢山いらっしゃって、外国語が話せる事も特別意識は無いように感じました。
    日本人だからと英語で話しかけられることやその時英語が理解できないのを不思議に思われる事もありましたが、それはあくまで理解できる言語である可能性が高いからであり、日本で感じるようなしゃべれる事をアピールしたい感じは無かった様に思います。

    でも日本でもすべてではなくあくまで理解できる可能性が高いから、と英語を話す方もいるでしょうね。

    ユーザーID:5851617512

  • 私は最近、英語で話したくて仕方ありません

    私はトピ主さんの書かれているようなサービス業じゃないので、仕事でどこの国の人か分からない状態で英語で話しかけることはありません。
    でも学生時代に本当に苦手だった英語を、数年前に英会話教室で習い始めてから、英語を話したくて仕方なくなりました。
    私のように、英語を習っている人は、機会があったら使ってみたいんだと思います。

    私は現在東京に住んでいるので、日本に住んでいる外国人や、観光客も多いし、街で地図を広げている外国人を見かけると、「お手伝いしましょうか」って声をかけたくなります。でも勇気がなくて、今までまだ何回かしかできていません。フランス語と中国語もかじっているので、彼らが何語を話しているのか、聞き耳を立てて確認してから声をかけています。ただ声をかける時は、はじめは日本語にするようにしています。

    最近友人に誘われて、外国人旅行者が宿泊しているゲストハウスのバーに、たまに飲みに行っています。
    ヨーロッパからのお客さんが多いので、英語圏以外の国からの人も多いのですが、例えば私はドイツ語もフィンランド語も全然話せないし、彼らも日本語は話せないので、どうしても英語で話す事になります。

    ユーザーID:0925172997

  • 親切心からではないですか?

    コンビニの店員やカフェの店員から見て、誰が観光客で誰が日本に住んで○年かなんて判断がつかないし、どこ出身かもわかりませんよね。

    もしかしたら外国人のお客さんで、日本のレジでどこにお金表示が出るかわかっていない人もいるかもしれない。国によってさまざまではないですか?だからわざわざ“とりあえず共通語の英語”で教えたのでは?しゃべりたがりってことではなく、親切心だと思いましたけど。

    メキシコ行ったときは、英語でしゃべりかけられました。
    ホテルの方とかレストランの方は簡単な挨拶程度はスペイン語(オラぐらい)でしたが、あとは英語での対応でしたよ。

    しゃべりたがりというより、観光客や他国から来たように見える人にはそれが一番手っ取り早くて確かだからでは?とくに、東京とか京都のような観光客が多い地域(海外の観光地もしかり)では、英語対応が自然の流れになっていることもありますよ。

    全ての人が何ヶ国語もしゃべれるわけではないですからね。
    そういう親切心を受け取れる人間になりたいですね。

    ユーザーID:4030287891

  • 異文化への好奇心

    何処のお国の方々にもありますでしょう。勿論、人にもよりますが。英語は一応世界的な標準語という事になっていますから、取っ掛りではないでしょうか?

    海外へ旅行に行きますと、現地の方に「日本語で」話しかけられる事もございます。特にパリでは多かったですね。ジャポネズ?と訊かれてウィ。と応えると「ボクハ、ニホンガ、ダイスキ、デス。ユカタ・カタナ・ジュードー・フジヤマ・・・」知っている日本語の単語を並べたて始めたり(笑)面白いし、嬉しくも感じます。

    わたくしも海外では其処の言葉を使いたいと思います。楽しいですもの。主にお店での簡単な会話でしかありませんが、相手の方も片言でもそのお国の言葉で話そうとすると特ににこにこと親切にして下さいますよ。面白がっていろいろ話しかけて下さる茶目っ気のある方もいらっしゃいますし。

    ところで、欧州の英語圏以外では今でも「仏語が標準」的な感覚が残っている事もあるのでしょうか?わたくし、ローマやウィーンで仏語で話しかけられたりした事があるのですが。

    日本で仕事の場面での相手が明らかに外国の方と判る場合の英語対応は、職務上の親切からが多いと思います。

    ユーザーID:5153777812

  • 一概には言えないでしょう

    親切心から英語で話す人もいれば、英語が話せるので自然に出てきてしまう人もいるだろうし(これはこれでOK)。どうしても英語で話したい人もいるでしょう。これが、「しゃべりたがり」なのか、英語を練習するチャンスだと思っているのか、それはわかりませんが。

    行くところに行くと(外国の方が集まるところとか)、「しゃべりたがり」はいっぱいいるでしょうね。

    話は逸れますが・・・私は夫が欧州人で、彼の国の言葉で会話しています(欧州在住)。以前日本に2人で帰省した折、駅のホームで通りすがりに、「日本にいんだから日本語でしゃべれよっ」と言われたことがあります。若い男性でした。何だか悲しくなりましたが、今考えると、これは多分、一種のひがみだったのではないかと思います。外国語アレルギーという言葉で言われるものかもしれませんが、要は、外国語を話すことができないことがコンプレックスだったのかと。でもだからって、口に出すことないのになぁ、とは思いますが。

    外国語を話す日本人を、「しゃべりたがり」とかではなく、もう少し中立的な目で見て欲しいなと思います。

    ユーザーID:0799655311

  • ところで

    私も海外在住ですが、外国人=現地語を話せない人、通じる国際語=英語、という感覚で英語を使ってくれるケースも多いかなと思います。

    私などは、現地語では挨拶くらいしかできないので英語に切り替えて話してくれるととても助かるのです。それでなんとか生活しています。

    どこの国でも、英語を話すのは相手が英語を話す国民だと思うのではなくて、『現地語が流暢でないだろうな』=『相手の母国語は何語かしらんがそれは自分は話せないな』、ということで標準語の英語でとりあえず話しかけるのではないでしょうかね。

    大体、普通の居酒屋で英語が流暢な人もそんなにいないし、英語以外の外国語を複数流暢に話せる人はあまりいないですよ。

    ところで、とぴぬしさんの彼は英語は理解されるのでしょうか?
    理解されないなら、「私はフランス人です。フランス語で説明してもらえか?」といってもらえれば、多分店員さんは即時に日本語でとぴ主さんへ向かって話すことになると思います。

    海外で英語で話しかけられて憤慨する皆様は凄いです。現地語がみなおできになるのですね。。。

    ユーザーID:0527220094

  • 世界語だから

    海外在住の日本人です。

    答えは簡単です。バックグラウンドの分からない人との意思疎通をはかる時、英語が唯一の共通語だからです。英語を"喋りたい"のではなく、英語"なら通じる"んです。

    確かに日本在住で日本語がびっくりするほど流暢な外国の方もたくさんいますよね。だけどそれは例外なんじゃないかな、と思います。どこの国に行こうが、誰とコミュニケーションをとりたかろうが、英語を使うのが一番話が早いのです。

    ユーザーID:2356090969

  • 自意識過剰

    ponponさん御自分がけちをつけられたからといってその若い男性ひがんでいる考えるのは的外れですよ。

    全ての人がそうだとはいいませんがponponさんに限らず海外在住の人って自分たちのことや意見に対してケチをつけられようものなら日本は鎖国してるとか、ひがみだとか言い出しますけどこれは自意識過剰ですよ。

    海外に住んでいて外国語を操っている自分は日本にいる人よりも優れているとでも思っているんですかね。もしそうおもっているとしたらそれは自惚れですね。

    あとこれはトビの趣旨からは外れますが日本では海外にいる人がみんながんばっているというように捉えがちですけど私の知る限りでは日本の現実から逃げなんとなく海外ですごしている人が最近多いように思います。

    まあこんなこと言うとひがんでいるといわれちゃうかな。

    ユーザーID:8963578721

  • けっこうな事じゃないですか

    別に英語しゃべりたがりでもいいじゃないですか。私は日本人は英語しゃべらなすぎだと思います。
    日本でも英語が第二言語になってみんな違和感なく英語をしゃべるようになるといいと思います。世界の共通言語ですから。
    コンビニの店員さんも居酒屋の店員さんも、外国人と思われるお客様に世界共通言語で対応しただけです、あたりまえじゃないですか?
    トピ主さんには日本人に見えたから特に何も言わなかっただけでしょう。
    日本人はいつまでたっても英語コンプレックスなのか、少しでも英語ができたりすると何かとしゃべりたがりとかいろいろ言うのはなぜですかね?

    ユーザーID:0955836005

  • わりとふつうのことだと思う

    私は何度も経験ありますよ。
    欧州某国で、現地の言葉で話しているのに、
    私が外国人だからなのか、英語で返事が返ってきて、
    またそれに対して現地語で返答したのに、相手は英語で…。
    私の現地語能力が不足していたというよりは、
    サービス精神が高じてしまった例だとおもいます。

    トピ主さんのおっしゃるケースも、それと同じだと思います。
    彼が先に日本語を話すチャンスがなければ、店員には、彼が日本語を話せるかどうかは、
    わからないわけですし。母語と英語しか理解できない外国人が多く存在する地域もあるので、
    店によっては、金額を英語で言うのに慣れていることもあるかも。

    日本語ができる仏人の彼が、英語で話しかけられて、プライドに傷がつくのもわかりますが、
    外国人だったら、とりあえずまずは英語で話しかけてみるのは、極めて妥当な判断だと思います。
    ましてや金髪碧眼の方なら、母語が英語でなくても、英語を理解する可能性が高いと考えるのが、
    自然だと思います。欧州内の共通言語は圧倒的に英語が強いです。
    特に若い世代だったら、むしろ英語を話さない人のほうが珍しいのでは?

    電話対応のことはよくわかりませんが。

    ユーザーID:2048998178

  • こういう人がいるから

    トピ主さんみたいな人がいるから、
    シャイな日本人は堂々と「しゃべりたがり」になれないんですよ。
    しゃべりたがり、おおいにけっこうじゃないですか。

    >ふと私のちょっとした疑問なのですが

    これはとってつけたようですね。
    フランス人とお付き合いのある女性なら
    英語が世界の共通語として浸透している現状など
    十分理解しているでしょうに。
    なによりその彼に聞かなかったのですか?

    ユーザーID:7839392155

  • ハレとケ

    日本だけではなくどこにでもあると思います。「勉強したことをこの機会にいかしてみたい」(ドキドキわくわく+タダで練習したい)、「アジア人ではない外国人=英語ペラペラな人」っていうのが重なっていますよね。外国人と話すことが、「非日常」であってハレの場なんです。大げさですが。トピ主さんが一人でコンビニ行って買い物をしているのは日常です。テンションあげる必要もない。
    某東南アジアに住んでいましたが、全く同じ状況でした。英語しゃべりたがり。こっちが現地語で必死で話しても、英語で返事。聞いてもないのに英語。きついなまりの理解不能な英語を延々垂れ流し。私が日本人でもそうですから、欧米人・アフリカ大陸ご出身の人はさぞかしイラつかれると思います。
    「日本だけ?」と思われることが逆に不思議です。
    日本だけしか経験せず、「日本人はこれだから」と日本文化批判は、あまりクレバーではないと思います。
    ちなみに私は明らかに外国人とおぼしき人とのすれ違いざまなコミュニケーションは日本語にしています。日本に旅行している間「ありがとう」をたくさん聞いた、っていうほうが楽しそうですから!若い頃は英語でしたが。

    ユーザーID:5599666512

  • タイは違うかも

    僕はタイ・バンコクに駐在していましたが、タイ人はそうではないと思います。
    明らかにタイ人でない人にもタイ語で話しかけてました。
    英語ができないからだといってしまえばそうかもしれませんが、もしそうだとしても臆せずに自国語で対応するタイ人にプライドを感じました。

    ユーザーID:6170126767

  • それは・・・

    対応された方が日本において住んでいる金髪、碧眼の外国人のかたが流暢に日本語を話しているところをほとんど見たことがなかったのでとりあえず自分も少しながら知っている世界共通語の英語で対応したのでしょう。また日本にいながら英語対応を当然のように求めてくる人も英語圏出身の人には多いのでそういう対応法が形成されていったのでは。


    今イギリスに住んでいて欧州の数カ国に行ったことがありますが日本人らしき風貌の私を見るといきなり英語対応のことも多いです。こちらがつたない現地語で話し始めると英語で返されることもあります。

    また逆に現地語で話すと喜んで色々話しかけてくれることも何度もありました。英米人の旅行者などは英語で対応が当たり前のような態度のことも多いですからね・・・日本の店員は丁寧でも事務的なことが多いので外国人が日本語で話しかけてもめずらしいと会話を弾ませてくれたりはしなさそうですが・・・


    どちらにしても外国人が現地語で話しかけているのならばちゃんとその言葉で返して欲しいものですが語学力が足りないと英語で返されてしまうのも仕方ないかもしれません。

    ユーザーID:6749742026

  • 二つの軸

    これまでの書き込みをみると、おおよそ二つの軸によってタイプをわけることができるようです。

    一つ目は「言葉は単なるコミュニケーションのツールだみなすかどうか」です。ツールだとみなさない人は、言葉にそれ以上の意義(アイデンティティーや、民族または国民としての自尊心)を見出します。

    二つ目は「その言葉(ここでは英語)が得意かどうか」です。

    トピ主さんの彼氏さんを分析してみると、両方とも×なので、英語に対して最も反発を感じるタイプとなります。余計な推測ですが、そんなトピ主さんの彼氏さんは日本語をとても大切に思ってくれていることとおもいます。

    私が友人として付き合うなら、トピ主さんの彼氏さんのような方がいいです。

    ただし、仕事をする仲間としては、残念ながら厳しいと思います。

    ユーザーID:8413599168

  • 相手の英語より、彼氏の日本語を考える。

    私は一応生活するのに困らない程度には英語が使えます。
    去年ドイツに観光で行ったのですが、ドイツ語は挨拶程度しか解らなかったので、お店や駅では英語を使ってました。日本語を使うよりは遥かに会話が成り立つので。私が先に英語を話せば、相手もそれぞれ使えるレベルの英語を話し始めますから。

    トピ主さんの彼氏の場合は、自分から相手に日本語を話すようにするか、それが出来ないのならビジネス共通語の英語で話すか(店員さんがフランス語を理解する可能性は低いですから)、それもできないのなら、相手の好意にすがるしかないですよね。皆さん好意的に英語を話してくれてる訳ですから。

    相手は100%好意と責任感で英語を話し、彼氏はそれに甘えてるだけです。英語を話されるのが嫌なら、率先して相手に通じるレベルの日本語を話してください。

    会社で英語対応をしてしまう社員さんは、「日本語対応でお断りしてよい」だったら、英語で断っても良いんですよね。所詮5分程度が月に数回なんでしょうし。適切かどうかは彼女の上司が決める事です。

    ユーザーID:5159800429

  • 見た目で対応を変えるのは普通のことでは

    英語が出来る人は英語で対応するでしょうし、出来ない人はしないでしょう。

    相手が金髪・碧眼であれば、どの国の人でもまずは英語で話すことを考えるでしょう。英語が少しでもできるのであれば。

    韓国でも、皆が英語にびびっていることをネタにした映画があったようですね。
    英語の学習熱は、世界中でピークを迎えていますし、コミュニケーションコストが安くなったことで、これからも年々強くなっていくでしょう。アジアを見ても、インドでもマレーでも中国でも。
    日本は最近まで、知識層がみな中国語で読み書きを出来る時代が長く続いたので、外国語の地位は他より高いかもしれないですが、
    世界で考えても、英語圏が世界を席巻している時代がもう200年近く続いて、形の違いはあれ、どの国でも英語を話すことが、魅力的な特殊能力であることには違いは無いと思います。

    逆に恥ずかしがって話さない場合もありますが、これも日本だけでもないでしょう。白人の日本語教師たちが、日本人相手に日本語を話すのは、誰でも恥ずかしがると言っているのを聞いたことがあります。外国語に触れたものは、みなそのハザマで揺れているんでしょう。

    ユーザーID:1650009524

  • >英語対応の是非について問いたいわけではなく

    >英語対応の是非について問いたいわけではなく

    と書いてありますが、その前の文を見るに、英語対応に言いたいことがずいぶん有るようですね。
    みなさんの回答は、それが見えるから出てくる反応だと思います。

    英語対応で明らかにおかしい場面としては、たまーに、外国人が日本語で話しているのに、英語ですべて返すのを見ることがありますね。あれは、変ですが。ご本人の視点で言えば、慣れていないから、ああいうコミュニケーションになるんでしょう。

    お互いに取り決めがあって、日本語を勉強している外国人と、外国語を勉強している日本人が、お互いの勉強している言語同士で話すというルールを決めている場合も聞くので、全部がそうではないのでしょうが。

    >日本にいて英語をわざわざ使う方にたまに出会います。

    数的には、英語しか出来なくて、日本人の店員と一緒に困り果てている人の方が圧倒的に多いと思いますよ。
    非英語圏で英語も日本語が出来ない人は、もっと困っています。

    多少不必要な場面で英語になるかもしれないですが、それでいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:1650009524

  • 相手の日本語のレベル次第

     ネイティブレベルの日本語が話せる外国人だったら、日本語で対応します。
     しかし、そんな方、めったにお会いしたことありません。
     変な日本語で話されるのなら私としては最初から英語で会話したほうが楽なんです。

    ユーザーID:7293272776

  • 暇な時は日本語で対応、急いでる時は英語

    英語圏帰国子女なので英語は話せます。
    でも、日本に居る限りは「日本」なので基本的には日本語で対応だと思ってます。

    ただ、急いでる時とか
    相手の日本語(大抵は微妙)に付き合っていられない場合は英語でしゃべってしまいますが・・・

    祖父が英語圏でない国の人で、その国にもたまに行きます。
    (だいたい皆英語はしゃべれる)
    私のつたない言葉に対してと〜〜〜ってもゆっくり
    その国の言葉をしゃべってくれるので、
    そういうのを私は「親切だな〜」と思います。

    外国人=とりあえず英語は、面倒だからかなと個人的には思っています。

    友人(外国籍ですが日本語ぺらぺら)は、こちらが日本語で話しても英語で返されると、ものすごくバカにされているみたいでとても嫌だと言ってます=あなたの日本語は聞くに堪えないって意味でしょ、って。
    これは話しかけてくる方には関係無い話かもですが彼はアメリカ人ではないので。

    海外行って日本人が、旅先の言葉で話しかけているのに中国語なりで対応される気分ですかね。

    ユーザーID:8713721337

  • 話しかける気持ちは解かるのでは?

    そうですねぇ。
    英語は単なる手段でしょう。
    一番通じ易そうな気がしますもん。

    でも、
    「外国人に話しかけたいな。ワクワク♪」
    って思っちゃう人の気持ちは、
    トピ主さんが一番解かるのでは?

    ユーザーID:2816299911

  • パリに行った時の経験

    私がパリに行った時、地元の人に、フランス語で話したら、英語で答えが返ってきました。もしかしたら、私のフランス語が下手なせいかもしれませんが、パリだったら、だいたい、私の顔を見たら、英語で話してくるようです。英語は一応世界の共通語になっているので、そういうのがみんな身についてしまっているのかもしれませんね。

    ユーザーID:3562509373

  • 英語は世界の共通語

    英語しゃべりたがりじゃなくて、どんな外国人でも英語ならきっとわかるだろうってな所じゃないかな?実際にヨーロッパでは(ドイツや主に北欧)たいていの人が英語話せますよね。学校で早いうちから勉強して、結構皆流暢に話せると聞きました。私、ステレオタイプですか?それとも少数の国だけでしょうか?

    日本人がいらないときでもわざわざ英語で対応してるって言うのはちょっと不思議な光景ですけどね。

    実は私の主人はアメリカ人ですが、奈良へ行った時にお土産やさんのお姉ちゃんがしきりに英語で対応するのでちょっとあきれました。私がすぐ横にいて、私なんかどこから見ても日本人ですから日本語でいいのよ〜というとこなのに。英語の練習でもしたいんかィ?と思っていましたが。

    逆にアメリカ人に言わせるとフランスなどへ行った際に、下手にフランス語を話そうとすると英語が返ってくると聞きました。アメリカ人=↓ということかもしれませんが。(アメリカとフランスの歴史から、アメリカに限って。)

    日本人の場合はきっと親切心からだと思うのですが、海外では英語に対する憧れではなくそれが通じるからだと、単に思います。

    ユーザーID:6807780198

  • イタリアも

    イタリア人(都市部の店員さんなど)も、そういえば、私(日本人)に答えるときは英語が多いですね。イタリア語で質問しても、そんな感じです。
    (イタリアは、英語を話す人は少ないと思います。)

    きれいな英語発音の方も時折いらっしゃいますが、
    「R」の巻き舌がすごい方の場合(イタリア語なまりの英語)ちょっと聴き取りにくいです。このタイプは、英語は訥々、という人がおおいかなあ。とりあえず、オレは英語も知ってる!とのアピール型。

    話せなくても、そこに拘っていない。明るくていいな〜と思います。

    ユーザーID:7631540082

  • あたりまえだよ。英語は世界共通語なんだから。

    英語しゃべりたがりとか変な憧れ、ではなくて、この国際化の時代、英語で対応すべきなんだよ

    それを若い人たちはちゃんと感じ取ってるんでしょ

    良いことじゃん。何の問題があるの?

    コミュニケーション能力を高めたい人にダメ出しするんじゃなくて、そういう人を応援するのが
    いい年こいた大人の役目だね

    英語を勉強する気のない人は僻むだろうけどね

    この国際化の中で日本国内では日本語でって言っているようじゃ、いつまでたっても不景気から
    抜け出せないね

    ユーザーID:8674065236

  • すっごい横ですが>フランス人

    金髪で青い目は、フランス人では少数派ですよ。

    いますけどね。

    金髪碧眼は、どっちかというと、もっとヨーロッパの東か北じゃないですかね。

    「フランスに金髪の女性はほとんどいない。ほとんどが染めている」と故ミッテラン大統領もいいましたとさ。

    ユーザーID:2561086315

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧