過去のことで家族を恨んでしまう

レス14
(トピ主0
お気に入り20

心や体の悩み

misako

私は結婚して数年の主婦です。

私はとても厳しい家で育ち、ただ厳しいだけならまだいいのですが理不尽に縛り付けられ、学生時代などはまったく自由のない生活をしていました。たとえをあげたらきりがありませんが、学校帰りはもちろん、休日に遊びに行くのもだめ、家での勉強を強いられ、部活もやらせてもらえませんでした(勉強がおろそかになるからというのが理由)。そのせいで学校で周りから誘われても一緒に遊びに行くのも一苦労で、当然男性との付き合いなどはご法度で、青春時代の思い出というものもほとんどありません。その上、兄が国立大出身の医師ということもあり、親が兄にお金を渡し私の家庭教師を頼み、兄からも厳しく勉強のことでしかられ、時にはひどい暴力も振るわれ(兄が受験のときはとにかく些細なことで暴力を振るわれ親も助けてくれなかった)、家にいるのがとても嫌でした。

大人になり、私は縁あって20代前半で結婚し家を出ましたが、こうして結婚して何年もたった今でも、昔の苦しかったことが思い出され、どうしても自分の母親や兄弟への恨みの気持ちがわいてきてしまいます。社会に出てからも、周りの人と自分を比べてしまい、‘でもあなたには私ほどのつらい過去はないじゃない’などと思ってしまったり、自分だけなぜこんなにつらい過去をせおわなければいけないのかと恨まれて仕方ないのです。確かに今は新しい家族を築いているしそんな過去のことはもう忘れてしまえばいいと頭ではわかっているのです。でも過去の消せない傷として引きずってしまい、ふととてもつらい気持ちになり、時々涙が止まらなくなることがあるのです。

用事があって実家に帰ったときなどは普通に親とも接していますが、心の中は時々はらわたが煮えくり返りそうになります。こんな経験、気持ちを経験した事のある方はいますか?そしてもしあるならそういう気持ちはもう拭い去れましたか?

ユーザーID:5217129514

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自分が不幸な事のいいわけを探したいのかな?

    トピ主さん、今幸せですか?

    何だか自分が不幸な事を家族のせいにしてる気がしました

    そういう考えをしてるうちは幸せになれないです
    むしろ、そういう過去があったから、今の私があるんだという境地にならないと。

    うちの家も非常に厳しくテレビなんて見せてもらえなかったし、恋も禁止でした。自分の青春は何だったのだろう?と虚しく思う時もあります
    でもね、その分得た物もあります

    遊びたい盛りの高校生に脇目もふらずに勉強したお陰で今の生活があります。
    キツイ事を言うと、トピ主さんは医学部受験を放棄してさっさと結婚した事に原因があるんじゃないのかな?
    だって結婚するんだったら、そこまで勉強することなかったじゃない。

    でもあなたが決断したんでしょ?

    高校の遊びたい盛りに勉強をさせられた恨みは分かります。
    でもそれで医学部に合格出来てればここまで恨みに思わなかったと思いますよ

    結局受からなかったんでしょ?
    だったら自分が悪いのでは?

    人のせいにする癖はやめましょうよ
    でないと幸せになれないよ

    過去の過ちから学ぼうよ

    ユーザーID:4672830339

  • ジャイアニズム

    ジャイアンみたいな親たちに育てられました。「俺の物は俺の物。おまえの物も俺の物」。一事が万事こんな人たちでした。
    他のキョウダイたちもそれぞれ違う次期にジャイアンたちの被害にあっていましたが、彼らはスープの冷めない距離に住んでいます。
    私はそんな近くに住むことすら嫌なので、結婚してさっさと遠方に越し、もうずっと逢っていません。
    憎んでいるし、恨んでいます。
    この気持ちはたぶんずっと変わらないでしょう。今のところ許す気も無いですし。
    でもそれでいいと思っています。

    ユーザーID:2635528902

  • 門限7時

    私の親も厳しかったですよー。
    友達と遊ぶ時間があるなら家の手伝いをせよ!と言われ・・

    大学も親戚に恥ずかしくない国立に何が何でも合格せよ。
    結局国立は受からずに六大学の一校(私立)に通いましたが・・

    大学生の門限が7時!夕飯には家族揃って「いただきます」を言わねばならない家庭でした。

    卒業旅行ももちろん「外泊などもってのほか!」でしたから仲間内で私だけ行けませんでした。

    そういう厳格な家庭で育ったということは決して不幸ではなかったと思います。
    早く家を出たかったので結婚した時は本当に幸せでした。

    でも今がとても幸せなので親にも感謝しています。
    トピさんは今、お幸せではないのかしら?

    ハラワタが煮えくり返るほどの親だとは思えません。
    トピさんの不幸は自分のお考えひとつだと思います。
    青春時代の思い出がなくたって今からご主人とたくさんの思い出を作ればいいだけでしょ?!

    ユーザーID:1199848365

  • 全く同感

    同じことで悩んで苦しんでいます。

    心療内科通うこと10年です。

    鈍感な親は、そのことに気がつかず、娘がこんなのは、お前が精神が弱いからだといいます。


    強くなる、小学、中学、高校、大学時代に家の中で、殺してやる、包丁をもってこいと叫んでいた父を思い出すと、はらわた煮えくり返ります。

    どれだけ娘の気持ちが弱くなったことか、育つときに、縛られ、脅され 実の姉には、脅迫されて こんな父親に、同じ性格の姉を持った私は、今は、ちょっとボロボロ。

    恨んだりしますよ、帰りたくないですよ でも、今 老後がといって泣きついてくる勝手さに 甘えるなと言い返したい気持ちをこらえています。

    辛いですね。

    いつか雲が晴れたらいいですよね。

    ユーザーID:6668037443

  • 私も同じような心境です

    事情は少し違いますが、うちは機能不全家族でした。
    人の話しに耳を貸さない、身勝手な母親で何度も裏切られ傷つきました。

    最後実家を後にするとき、「私は子育てに失敗した。私を反面教師にしなさい。」と豪語。あきれました。

    自分自身を省みることは決してせず、どこまでも要求を突きつけてくる人からは離れるしかないと思います。

    今は心穏やかに生活できるようになりましたが、時折、積年の恨みが心によみがえってくることがあります。
    そんな心の状態では、側に居る人を幸せにできないと思い直し、あれだけ人に要求し続ける人物の周りにはやはり誰も居ない、人が寄り付かない事実があるので見習ってはいけない。そのことに感謝するよう心がける努力を現在も続けています。

    恨みを持ち続け、自分が歪んでしまうのが怖いです。そしてそういう心に巣食っているものはいつか何らかの形で出てしまうものだと思います。
    あなたの事情もあると思いますが、一緒に頑張りましょう。

    ユーザーID:5625772415

  • アダルトチルドレン(AC)

    40代女性の躁うつ病患者です。私も自分の家族、特に母に対し、怒りを抑えきれずにいます。

    実は長いこと、DVの多かった父を恨んでいました。うつ病を発症し、カウンセリングに行くようになって、実は母に対して怒りを持っいたことに気がつきました。母や姉に対する怒りはまだ完全に消化できていません。

    色々学習しているうちに自分がアダルトチルドレンであることがわかりました。他にも他人との境界線があいまいだったり、様々な障害を持っていることがわかりました。本を読む、カウンセリングに行く、ACの自助グループに参加するなどで対策を練っています。すぐには治りませんが、少しずつ生きづらさが減ってきました。

    加藤諦三さんの「『五歳児の大人』とそのまわりの人のための心理学」はなかなかよかったです。西尾和美さんの「アダルトチルドレンと癒し」とそのワークブックもお勧めです。

    ユーザーID:1700464051

  • 一読をオススメします。

    お気持ち分かります…と、簡単に言ってはいけないことは百も承知ですが、私と同じような部分を感じましたので、レスさせていただきます。

    『ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない』
    ジェラルド・G. ジャンポルスキー著

    という本をご存知でしょうか。
    もし良かったら、一読されることをおすすめします。

    ユーザーID:3748943124

  • 機能不全家庭で育ちました

    この事については自分ですでに折り合いをつけ、微調整してきたつもりでした。

    ところが、ある時から、走馬灯のように睡眠前に毎晩、幼少時や学生時代などの、普段は全く記憶になかったようなことが次から次へと思い出されて、涙が止まらなくなりました。

    まるで、今までの人生を何度も何度も繰り返しているようでした。

    そんな時、幼少時の自分を想像し、「よく頑張ったね」と声をかけて、頭をなでる、あるいは抱きしめるようにしています。

    トピ主さんも試してみてください。過去のつらかった時期の自分に、「よく頑張ったね、えらいね」と声をかけて、抱きしめるのです。少しはいやされるかもしれません。

    ユーザーID:9552218785

  • もうすぐ40代

    misakoさんのご家族が100%misakoさんのことを思い、厳しいことを言われたのであれば恨むのは筋違いでしょう。

    でも違いますよね?ご両親の育て方の中にはmisakoさんのためではないご両親の思いも多々あったのでは?だからこの歳になっても泣いたり恨んだりするんですよね。
    親の気持ちが自分だけに向けられていれば、最後にはどんな事も納得できるのに。

    私の親は常に人より上に立とうと考えていました。すごい人と言われたい、でも自分たちは努力したくない。
    だから私に「勉強しろ」。

    また、親はプライドだけが高く上手く人間関係を構築できませんでした。
    いつも被害妄想まみれ。
    だから私に「早く帰って来い(友達と遊ぶな。信用するな)」。

    人として筋の通らない何かにが元で発せられた言葉や態度は恨みしかのこりません。

    すぐに解決はしませんが、たくさん泣いて、似た環境の人限定で気持ちを発して。

    新しい家族との間に小さいことでも1つ信頼関係を感じることができれば、古い家庭の辛い思いは少し薄まります。
    ちょっとづつ積み上げていきましょう。

    ユーザーID:3704107022

  • 問題なのは

    「子供が○○することこそが幸せだ」という、思い込みの激しさ、柔軟性のなさ、視野の狭さ、です。幸せは人それぞれだし、おしつけられても受け入れられるものではありません。でも、受け入れざるをえなかった。ある意味、自分だけではなく、親もかわいそうな人です。そう思いたくはないですが…。

    同じ厳しさでも、納得して従うのと、おしつけられるのは大違いです。

    私達の親の世代は、一般的に、兄弟の人数が多く、また、実家から独立する年齢も低かったと思います。今と時代背景が全然違います。当たり前ですが。

    昔だったら、何かあっても兄弟が間にはいったり、人数が多いだけに親の目も行き届かず、ちょうどよかったのではないかと思います。

    ユーザーID:9552218785

  • ヒーリング

    今の感情にふたをするのはよくないので、泣きたいときは人知れず泣くようにしています。泣くことでストレス発散できるそうです。

    また、過去と現在は芋づる式につながっていて、過去を切り離して現在がある、なんていうことはないです。因果というものを強く感じています。過去をかえることもできません。そういうときにおすすめなのは、想像することです。「もし、あのときに、○○せず、△△していたらどうなっていたか」などと。劇的に人生がかわっていたかもしれません。

    それと、ヒーリングもおすすめです。ヒーリングといっても別にお金のかかるものばかりではないです。癒されるのは人それぞれなので、探してみてはどうでしょうか。ペットとか、アロマとか、散歩とか…。趣味ともいいかえられるかもしれませんが。

    自分の魂を心地よい温泉に入れてリラックスさせてあげるつもりになってみてください、と柏木みすずさん著のスピリチュアル ヒーリングブックには書いてあります。機会があったら目をとおしてみてください。

    ユーザーID:9552218785

  • 半世紀生きていますが

     トピ主様のお気持ち、多分わかる、と思います。私の親もバインド(拘束)や禁止が多かったです。失敗は許されないことが多かったですね。また、「お金がない」とあれだけ頻繁に口に出されていては、お金のかかる部活なんて言えませんでした。

     この年になっても、ふとした時に怒りや失望、悲しみを感じます。仕事で忙しい時は忘れているのですが。

     30代までを振り返ってみると、親にプレゼントをしたり、いい子ぶってみたりといろいろなことをしていました。今思うと、親の関心を引きたかったのだと思います。でも、親の関心はいつも弟。姉の私はカウントされていなかった。
     親に自分の気持ちを訴えてみても、「忘れた」「そんなことあったか」で、流されます。挙句「親が子どもに謝るなんて」と切れていましたね。なんだか空しくなり、それからは距離を空けるようにしています。会うとまだ期待してしまう自分がいますので。

     まだまだ難しいのですが、「私は私の人生を生きていかなければ」「世代間連鎖はしない」と考えるようにしています。

     お互い心安らかに過ごせるようになりたいですね。

    ユーザーID:1039216147

  • わかります

    同じように幼少期に家族から受けたトラウマを忘れられない人がいると知って安心しました。普通の友達にはわかってもらえないし、口にもだしにくいのでつらいですよね。他の人にとって家族は味方なのに、私にとってはマイナスの存在で、家族に甘えることができる人たちがうらやましくなることもあります。
    思いっきり自分が受けたしうちをぶちまけたい、それだけでなく取り返したいと思います。でもそんな事は不可能ですね。

    結局、親を忘れられるくらい、幸せになるしかないのだと思っています。
    ハンデはありますが、幸せになることは自己責任です。

    考え込みすぎないようにしましょう。
    と、自分にもいいきかせてます。

    ユーザーID:9221031176

  • 苦しいですね

    母が私だけ差別、兄弟が母とつるんで意地悪、父は母の言いなり、基本この体制の中で18年くらして来ました。精神的肉体的暴力がありました。

    今40代ですが、摂食障害が治りません。

    でも、精神的には随分楽になりました。
    わけのわからない不安やパニック障害は40代になって起こっていません。
    というのも、元家族と縁を切っているからです。
    また「本当の自分はどうか?」「何が原因でこうなのか」というような自分探しはやめました。
    長らくカウンセリングを受け、自分をみつめる機会を設けていましたが私にとっては良い手段ではなかったです。苦しいことが多すぎました。

    自分の夫、子供達を大事にして、一日一日をできるだけ穏やかに過ごす、心理的ストレスが増えそうな他人との関わりは最低限でいいと割り切って過ごしています。
    また仕事関係でイヤなことがあっても、昔より上手に昇華できるようになりました。

    日常では楽しくなること、人が見たらくだらなくても笑いが生まれることが好きです。
    人間の深部をえぐるような本や映画は、いろいろ思い出して苦しくなるので避けています。

    ユーザーID:6159679118

レス求!トピ一覧