保険って必要?

レス60
お気に入り173

ひよっこ

話題

はじめまして。27歳独身のひよっこ(♀)です。
今まで生命保険って入っていなかったのですが、知り合いの勧めで1年前に終身を掛け始めました。
月々の支払いは約16,000円です。正直かなりきついです。収入も少なく不安定で、恥ずかしながら貯金もないに等しいので…。
ただ、貯金代わりにと入りました。
医療については、高度医療制度?とかで基本はそんなにかからないから、掛け捨てでわざわざ入ってももったいないと教えられたのですが、国の医療制度って安心して頼れるものなんですか?
やっぱり女性特有の疾病・ガンに対しては不安です。
国の医療制度を使ってよかったことや、生命保険のよかった点、悪かった点など、体験談を教えて頂きたいです。
実際健康ですし、保険のイロハや国の制度も知らずにいたので、いまいち生命保険の必要性、ありがたみがよく分からないのです。

そしてもうひとつ、保険について勉強しなきゃと思い立ったきっかけが、結婚です。
来年春くらいの結婚を予定しているのですが、結婚と同時に一旦私の仕事は辞めることになります。
そうした時に、私の保険料を彼の収入から払う事になるのですが、結構な金額な事もあり、なんだか申し訳なく思ってしまいます。
損を覚悟で一度解約しようか、でも歳を取れば次の保険料が高くなるとか…で悩んでいます。
彼の保険内容はよく分かりませんが、私の保険料に驚いていたので、そこまで掛けていないのかもしれません。
皆さん、配偶者との保険料の割合、掛けてる内容ってどんなものなんですか?
妻の方が手厚く掛けてるなんてありでしょうか?旦那様は自分の給料で相手の高い保険料を払うって嫌ですか?
また、子供が生まれたら、どんなものを皆さん掛けるのでしょうか?

実体験やアドバイスを、書ける範囲で構いませんので、教えて頂きたいです。
宜しくお願いします。

ユーザーID:0532488321

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数60

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 保険好き

    38歳2児の母です。

    24歳で結婚して当初は共済(月1800円)に入りました。
    掛け捨てで入院などの保障がありますから、
    子どもが居ない私にはぴったりでした。

    それからパート働き始め収入の中から払える終身医療保険に入りました。
    月1万で60歳払い終えで保障は一生タイプです。

    今だったらアリコのリターンズがいいですね。
    60〜65歳払い終わると払い込んだ金額が一括で戻ってきます。
    それで保障は一生なので老後の積立てにぴったり。
    探せば他の会社で同じ様な商品があると思います。

    ただし、終身保険は途中で解約すると赤字になるので
    払える金額分は貯蓄で持ってます。

    トピ主さんの年齢で18000円は高いですね。
    子どもを育てながら無理なく支払えますか?
    早めに見直しをして次の保険に入ってから現業の保険を解約しましょう。
    解約直後に病気になると次に入れなくなりますからご注意を!

    ユーザーID:6502830832

  • ん〜

    当方男性。40代。抗癌剤治療中。

    ん〜
    「高度医療制度?」って「高額医療費」の事かな?
    つまり、一ヶ月間に一定以上の医療費を払う場合、上限以上は還付されるってヤツ。

    「一定額以上」となっているから、それ以内の医療費は自己負担になります。
    当然に治療が長引けば、負担額も大きくなる。

    当方はがん治療をしていますが、今年で3年目。
    ちなみに今「UFTユーゼル」という口投抗癌剤を飲んでいますが、これ、2週間分で34000円、つまり1ヶ月で68000円になります。
    当方の高額医療費限度額は44400円。
    つまり、毎月44400円が自己負担として家計から出さなければいけません。
    オマケに加入している保険は入院日額10000円は付いていますが、通院は付けていないので保険金はゼロ。
    既に癌になっていますので、これからの保険加入は無理。組み替えも無理。

    判ります?

    安心して治療を受けるには、それなりの資金が無いと出来ないのです。
    それを補うための保険。

    「お金の心配無しに安心して治療が出来る」為の保険。
    後は本人の考え方次第です。

    注)当方、保険関係職ではありません(笑)

    ユーザーID:7196627879

  • 不幸な事態を想定した保険と、貯蓄を、同一視はできないでしょ

    >終身を掛け始めました。
    >ただ、貯金代わりにと入りました。

    保険は不慮の事態において、大金をもらえる。
    貯金は、不慮の事態がなく、満期になったとき返ってくる。
    全く逆、同一視しているのがおかしいですよ。
    「終身保険=保険部分+貯蓄部分」という構成です。
    保険重視なら目的に見合った保険がいいし、貯蓄重視なら利率の高い貯蓄がいい。

    >医療については、高度医療制度?とかで基本はそんなにかからないから、掛け捨てでわざわざ入ってももったいないと教えられたのですが、国の医療制度って安心して頼れるものなんですか?

    制度自体は安心して頼れます。しかし、どういう病気にどの程度という細かいことは、調べてみないとわかりませんよ。

    >実際健康ですし、保険のイロハや国の制度も知らずにいたので、いまいち生命保険の必要性、ありがたみがよく分からないのです。

    今健康でも、明日重大な病気が見つかるかもしれません。
    生命保険は、あなたの死後に残されるあなたの扶養家族を経済的に支えてくれます。
    扶養家族の居ない人に生命保険は不要です。

    ユーザーID:4912339021

  • まずは

    保険を考える際のポイントは
    まずトピ主様に
    1どういうリスクがあって
    2どういう事態になったときに
    3どれくらい困るのか
    4そのリスクがどのくらいの確率で起こりそうで
    5保険料としてどのくらい負担できるのか
    これをきちっと整理することです。

    また優先順位としては
    保険よりまずは貯金でしょう。
    ある程度貯金が貯まってから保険に入るのが鉄則です。

    貯金は27歳なら当座をしのぐキャッシュとして常に200万円くらいはあるべきだと思います。
    もしそれを下回っているのであれば
    保険を解約して、貯金を優先した方がよいと思います。
    一般に、不測の事態を想定した場合に、保険をかけていないことよりキャッシュがない方が危険です。

    トピ主様の年収がわからないのでなんとも言えませんが
    そんなに多くないのであれば若いですから県民共済レベルでも良いと思いますよ。
    (月々1500円とか3000円とか)

    まあ何より勉強しましょう。
    勉強するならFP3級がオススメです。

    ユーザーID:7299964293

  • 妻は保険入ってない

    うちの場合はタイトルの通り妻は保険に入っていません。
    妻が病気になったら自分の給料、貯金から病院代を払えば良いだけなんで。
    妻が保険に入る意味を見出せません。入るとしたら掛け捨ての安いやつで
    十分だと思いますが。

    一方、私自身が病気になると収入が減ることも考えて、自分の保険はある
    程度のものに入っています。ただ死亡保障はあまり高いものにはしていま
    せん。自分が死んだら妻には頑張って働いてもらいます。
    彼女は資格も持ってるし。

    ユーザーID:3674141261

  • 保険の契約内容による

    私の契約は、月額換算すると¥13000ーくらいです。小学生がいるので死亡保険金を多めにしています。契約書に判を押す迄、1年近くかけて何度も見積書を作成させました。末の子どもが18歳になったら死亡保険金を見直すので、また内容も月額も変わります。

    ひよっこさんは、これからご結婚との事。民間の保険会社でなくとも、共済で良いのでは?と思います。
    ただ、現代の医療を考えると共済では物足りない、って考えならば民間で良いですよ。

    ひよっこさんの掛け金が高いか安いかは、貴方の立場や契約内容によります。私の夫の掛け金は月額換算で¥32000ーくらいでした。

    ユーザーID:9625184037

  • お守りですね。はい。

    私の父は49歳でガンで病死。叔父は45歳で突然死しました。会社経営をしていた両親でしたので、保険はなるべく多く、入っていました。保険金があったので、残務処理をする事が出来ましたし、叔父の奥さんは保険金と年金を貰って、内職をして気ままに暮らしています。
    私は、これらの経験から、OL時代はかなり頑張って、保険を払っていました。でも、結婚と同時に、全て切り替えました。やっぱり、専業主婦には”高い”。
    切り替えたのは、共済。死亡時の保証が大きい県民共済と、入院保障が大きいコープの共済。子供も同様に加入。これに加えて、アリコの入院保険(夫婦型)に加入しています。
    病気の時の国の保証なんて、あてになりません。なにしろ、先に払うのです。で、後から払い戻し請求をして、戻ってくる…これだと、現金が無いと話にならない。
    父の件で、県民共済は手続きも簡単で、早かった。共済は怪我・入院がないと掛け金が戻ります。
    私は出産が帝王切開だったので、保険金がおりましたよ。(わずかですが)
    ご主人のお仕事にもよりますが、加入できないものもありますので、検討は慎重になさった方がよいですよ。続きます。

    ユーザーID:6517472146

  • 続きです。

    あと、保険に入る場合の鉄則?と思いますが、ご主人の保証を大きくすること。
    妻が専業主婦の場合は、遺族年金がおりますから(年金加入の場合に限るので確認は必要です)さほど、心配はいりません。多少の厳しさはあるにしろ、働かなくてはならないにしろ、なんとかなると思いますよ。
    知人の社長夫人が事故で急死しました。夫婦ともに必死で頑張って、保険加入も沢山していた。それなのに、1年も過ぎないうちに、女性(夫人と同じくらいの人)と、その家で同棲を始めました。
    …夫人のお気持ちはいかばかりかと、思うと悲しくなります。
    なので、妻に多く保険金を掛けると、夫の人生が狂いますから(笑)辞めといた方が良いですよ。
    ご参考になりましたでしょうか?
    よくご検討されて、解約するとしても熟慮されてくださいね。
    あとになりましたが、ご結婚、おめでとうございます。
    お幸せになられますようお祈り申し上げます。

    ユーザーID:6517472146

  • 若いうちは必要ないかも

    結論から言うと、若い独身のうちは生命保険は必要ありません。
    なぜかというと、若いうちは所得が低いので、生命保険のように長期間(10年以上)お金を据え置かなければならないような金融商品だと、生活が苦しくなる。
    若いうちは比較的短期間(結婚、資格取得、大学院進学等)でまとまったお金が必要になるので、定期預金等の方が自由度が高い。(解約しても元本は戻ってくる)
    生命保険は途中解約すると、払った保険料は全額戻ってきません。(営業社員のコミッションや、保険業務の手数料等を差し引かれます。)
    若いうちは、死亡リスクや病気で入院するリスクも少ない。
    若くても保険が必要なのは、一家の大黒柱で、子供さんがいて奥さんが専業主婦である場合。ご主人が亡くなると収入が途絶えてしまいますから、死亡保障は必要です。
    トピ主さんの場合ですと、16,000円は多すぎますね。医療保険といっても、入院しないと払ってくれませんし、専業主婦になるのなら、所得を保証してもらう必要もありません。

    ユーザーID:7098686658

  • 解約したら?

    終身保険は、あなたが亡くなった時に家族が困らないようにと入る保険です。専業主婦や独身女性には私は不必要だと思います。
    養老保険なら貯蓄の意味はありますが終身にはそれは薄いでしょう。
    それよりも、医療(入院・手術)に重点をおいた掛け捨ての保険が良いですよ。お若いですから月々の掛け金も少なくて済みます。
    掛け始めて一年くらいなら、やめてしまっても、これから支払う保険料に比べれば、まだ諦めがつくのでは?
    必要な金額の医療保険に入り、残った分は、現金で貯金した方が良いです。
    終身保険は、保険会社にとっておいしい保険です。
    あなたの無知さに付け込んでいるのかも知れません。

    結婚を機会に彼と保険の額や種類について話し合いをしたらいかがでしょう?

    ユーザーID:3494813422

  • 保険の基本的な考え方・・・

    保険は、何に対しリスクヘッジ(危険を回避する)をするか? で決まります。自分の収入で家族を養っているとするなら、死んでしまったとき家族が困ります。
    この場合、死亡したら保険料が支払われる(死亡保険)に入りましょう。逆に誰も養っていないなら、困まる人はおりませんので死亡保険は不要です。
    またある程度すでに資産を持っているとしたら、病気になってもそれを崩せばやりくりがつきます。どうしても医療保険に入る必要はありません。
    逆に今から資産を形成するのであれば、病気になると人生計画がくるってしまいます。この場合には医療保険に入ってリスクヘッジする価値があります。
    保険は、必要に応じて効率よく加入しないと、無駄な支払いばかりが増えて保険貧乏になってしまいます。
    トピ主さんは、保険に入るにあったって、何をリスクヘッジしようと思いましたか?

    ユーザーID:8062489091

  • 貯金の代わりにはならない

    年齢からしてちょっと掛け過ぎではないかと思います。
    たぶん担当の外務員は相当潤っていると思います。
    保険は貯金代わりにはなりません。
    保険を止めて貯金をして、それでも保障が必要なら、県民共済とかの
    割の良い商品を検討してみては。

    ユーザーID:4672983353

  • 知り合いと良く話しましたか?

    私の保険は、死亡は2000万位ですし、医療系は最低限の保障しか無いのですが、掛け捨てではなく生存給付金や解約払戻金が有って、1万4000円程度です。医療系を厚くする為に、共済に別途加入していますが、それでも合計で1万6000円程度ですね。時期が違うとしても掛け捨てなら少し高すぎる気がします。私のばあいには医療系は入院で1日1万以上保障があって、通院や手術もおのおの平均的な保障をつけて有ります(死亡は薄めで医療を厚めにしています)。

    年金は厚生年金で25年以上掛けていますので、こうした部分も考えての契約です。

    保険と言うものは、ちゃんと考えて契約しないと結構無駄が多いもので、無駄に成らないようにする為には、詳しい人のサポートが不可欠なのですが、人任せにしてしまうのは危険です。

    ユーザーID:7808852240

  • 終身保険

    は単体でだったら良いのでは?歳とったら入れないし。

    でもせいぜい一万ではないですか?
    余裕があれば個人年金!

    アリコの終身はわかりませんがガン保険は良性だと手術しても一円もでなかったと何人からも聞いてみんな解約してたのでどーなんでしょう。


    私は郵便局のに入ってます

    保険のくわしい入り方の本が沢山でてるので見たらわかりやすいですよ。

    ユーザーID:5421228539

  • 保険の意味を考える

    月16,000円も払う生命保険に入るのに熟考しなかったのですか?
    生命保険は個人年金型でない場合は貯蓄になりませんよ?

    私の場合は死亡保障が3千万、医療は結構充実させてあります。支払額はトピ主さんとほぼ同じ
    これは世帯主が入る保険としては標準的だと思います
    妻は団体保険の医療保険のみです。死亡保障はありません。必要性を感じていませんから
    独身時ですと、死亡保障を低めにしておく人が多いです。死後親の懐を暖めることが重要ですかね?
    保険を薦める人は「いかに多くの保険料を払わせるか」が重要です
    これはトピ主さんにとって必要かどうかはあまり重要ではないのです

    旦那さんと一度相談されると良いと思います
    私個人としては、旦那さんの保険を充実させてトピ主さんは都道府県の共済で掛け捨てされる方が良いと思います

    ユーザーID:1262227492

  • 保険入っててよかったです

    私は、32才女性です。
    トピ主さんの年齢くらいに医療保険に入りました。
    掛け金は毎月7800円くらいです。

    途中で見直しすることを考えて、年齢的に病気のリスクが少ないということで、死亡時の保険金などは安くして、万が一入院した時には1日1万円くらい+手術給付金が出る保険です。

    自分だけは入院しないでしょ〜と過信していました。
    しかし、今年になって病気が分かり、入院・手術することになりました。

    術前の通院などでも結構費用がかかっているので、保険に入っていてよかったなぁと、安心しています。

    保険会社の担当の方に相談して、内容を見直してみるのはいかがでしょうか。

    ユーザーID:7122923239

  • 掛け捨てで十分

    とりすがり さんの
    ≫私個人としては、旦那さんの保険を充実させてトピ主さんは都道府県の共済で掛け捨てされる方が良いと思います

    に全く同感です。

    結婚したら、夫の保険で妻の病気もある程度カバーできるものを選べばOK。

    ついでに言えば、子供の保険も掛け捨てでOK。こちらは病気よりケガをカバーすべきです。

    ユーザーID:0573962393

  • 共済がおすすめです。

    主人、子供一人と同居の30代です。

    昔と違い、積立部分(生存祝い金が出たりするタイプの)がある保険は、毎月の保険料が1万円以上になって負担が大変ですよね。

    私は結婚して、仕事を辞めて、その後パートで働き始めましたが、月10万円程度の給料。主人も何度か転職をしているので実のところ私とそれほどかわらない収入なんです。

    月1万円を超える支払なんてとてもとても。
    安くて、割戻し金(利益を追求しないため、剰余金が戻る)もある(県民)共済がお勧めです。

    最もお勧めの県民共済は、私の住んでいる静岡だと、2千円か4千円の掛金で3割くらいが割戻として戻ってくるので、実質1400か、2800円程度の負担。

    入院や死亡等が保障されるのですが、旦那さまがメインで働いている家庭の奥様なら2千円のに、初期入院の1000円の特約とか、ガンを心配しているなら、ガン特約1000円あたりを付ければ十分じゃないですか?

    貯金は貯金ですればいいし。
    貯金はいざというとき降ろせるけど、保険はそうはいかないでしょ。

    差額は今後子供が産まれたら?学資保険にでもあてるべし!

    ユーザーID:4985154001

  • う〜ん

    労組役員やってます。
    福利厚生の担当をしたこともあり、この辺は多少心得があります。

    あなたのトピ文だけではなく、証書を見せてほしいのが正直なところ。
    それが見えないと、高いも安いも判断できません。
    貯金と思ってということは年金付きのタイプかな?

    高度医療制度っていうのが「先進医療保険」を指すのか「高額医療費還付制度」を指すのかも知りたいところ。

    ○先進医療保険=量子線治療など、高度で効果が高いが、百万単位でお金がかかるものも対象となる保険。意外に掛け金は少ないものが最近出ているが、あくまで特約。

    ○高額医療還付制度=支払う医療費が高額になりすぎたときに自己負担を抑えられる制度。彗星の尾っぽさんの説明のとおり。

    まず、自分でどんなときにどんな給付がもらえるか?をきちんと把握するところからはじめましょう。
    保険が必要か必要でないかは、それこそ人によりけりです。
    まずあなたが保障内容をしっかりと理解し、入りすぎだと思ったら入りすぎだし、妥当だと思えば妥当。ものさしは人それぞれ。

    約款は難しいけど、読み解く努力をしてみよう。

    ユーザーID:3038310162

  • 今の保険は解約するべし

    27歳独身で、収入少なく不安定なあなたに月16,000円もの終身保険を勧めるお知り合いのかた・・・あなたはいいカモにされました。あなたに必要なのは医療保険重視の掛け捨ての共済保険ていど。月1,000円くらいからありますよ。掛け捨てにして、残りを貯金にまわしたほうがいいです。このまま払い続けて、いったいいくら一生に払うのですか?
    生命保険はあなたが死亡した時経済的に困るひとがいる場合に、あなたの収入に応じてかけるのですが、現段階では必要ないと思います。

    どうか、これを機会にもっと保険について勉強してください。保険には生命保険と障害保険の2つの種類があって、役割が違います。漠然と「保険は入っとかなきゃ・・・」という気持ちだけではいけません。

    ユーザーID:3151302300

  • 保険が必要ない人とはお金持ちのことです

    トピ主さんの保険の内容がどういったものかがはっきりとはわかりませんが
    終身保険に医療保険が付いてるタイプかな?と思います。はじめに申し上げますが保険は貯金ではありません。もしものときの備えです。1千万円欲しければはじめからこつこつ溜めた方が確実です。けれど1週間後に不幸があって1千万円もらえるのが保険なんです。

    ですから払った分だけ自分が必ず返してもらえると思うことがそもそも間違いなんです。確かに貯蓄型のものもありますが金利の低い今、それほど効果はありません。提案できることは終身保険を減額して医療保険も日額などを抑えると月払いの金額がおさえられるのでこれをおすすめします。最寄の営業所、もしくはコールセンターに電話をして手続きをされるとスムーズだと思います。

    また、結婚後、ご主人に払ってもらう場合は受け取り人の変更などもありますから電話で相談されるといいですよ。保険は必要ないなーと思ってる人しか(つまり健康だから)入れないんです。必要だと思う人はすでに医者にかかってる、病気をした、などの方なので保険には普通はいれませんし入れたとしても条件付、保険料割り増しになります。

    ユーザーID:3543983772

  • 通りすがり(専門家)からの意見です・・・。

    ちゃんと適した保険ですか?再度確認したほうが良いです。
    常識的に考えて、貯蓄で入るのは終身ではありません。
    ちゃんと説明受けました???ちゃんと説明受けてなければ問題です。
    友達の縁が切れるかもしれませんが、掛けたお金を戻すこともできますよ。
    しかも16000円は高いですね。収入に占める割合が高いのではないですか?
    保険貧乏ってやつです。それ。
    貯蓄代わりで入るなら養老保険ってやつですよ。
    知り合いに聞いてください。ちゃんと貯蓄用の保険を下さい。と。
    女性特有の病気が心配ならそれ専用の商品があるはずです。
    全くの個人的な意見ですが、仮に貴方が病気になって入院したとしても保険会社からもらえるのは1万もしくは、5000円の商品が大半のようです。
    なのに月々の出費が1万円くらいって考えようではありませんか?
    無事一年間病気にならなければ12日入院して得られる金が貯まるのですから・・・。周りに12日間入院した同期っていますか・・・?
    貯金をしたいのであれば、財形貯蓄等の給与天引きのものをお薦めします。
    あくまで保険は万が一のものですから。
    ご参考まで。

    ユーザーID:5333352880

  • 保険はいらない

    私(男)昔、人の命で商売する保険が大嫌いで、何度も勧誘を受けましたが全部断って来ました。自分が死んだ後、家族のこと考えないのですか、と周りから変人扱いされましたが、主義を通しました。現在70歳、孫もいます、もういつ死んでも誰にも迷惑をかけません。結局、保険にまわす額を運用にまわして、結構な額になりました。妻と子供2人には心配をかけたかも知れませんが、健康に心がけるのが第一です。
    独身者で、親を受け取り人にするなどナンセンスです。子の死で保険金を受け取って喜ぶ親がいますか。
     結婚してもパートナーの保険金を当てにするより、自分でその後を何とかしていく意思が大切です。自分が死んだ後のことまで現在を犠牲にして考える必要はありません。

              abさん

    ユーザーID:8101674516

  • 保険より貯金ですよ

    少し調べてるようですね。日本は皆保険ですから、サラリーマンなら勤務先の健康保険、自営業などなら国民健康保険で死んだときいくらの保証が出るのか、など、まずはそこを調べましょう。
    年金問題がありますが、基本的には払うべきです。
    死んだら遺族基礎年金が出ます。
    日本は本当に不思議な国。お金のことは小さいときから何もしらず育ち、大人になっても誰も教えてくれません。そう、自分で聞くしかないんです。知られてしまうと困る人が大勢いるから、ですね。
    保険は基本的に、掛けるほうが負ける、賭けに参加するようなもんです。
    保険会社はアクチュアリーという、数学の専門家で死亡率などを計算し、保険金を決めます。売る会社が負ける賭けをするわけないでしょう?
    マンションを買う人なら、購入時に、もしお父さんが死んだらローンをチャラにする団信に入ると思いますが、これがあればよけいな保険もいりませんね。
    入院なんて、医療の進歩でどんどん短くなっています。
    差額ベッド代、1日から出る、などなら入ってもいいかもね。
    これだけ低金利のときに入る保険て基本いいわけないでしょう?
    保険の運用は主に国債ですからね。

    ユーザーID:2581113257

  • 本を読みましょう。

    ブックオフに行けば、この疑問に答える本が100円で売っています。
    読んで自分で考えましょう。

    とはいっても、ちょっとだけ。

    若く働けるうちは、生命医療保険は必要ありません。
    中年以降になって、その必要性がわかります。
    ただ、若いうちに入っていたほうが、保険料が安く得になります。

    20代のうちは、掛け捨てなどで数千円にとどめましょう。
    30代半ばになって、自分の状況(結婚など)をかんがみて、再考すればいいでしょう。

    ユーザーID:2007451759

  • 共働きなら妻も。専業なら医療だけとか

    こんにちは、30代女性です。
    我が家は共働き・子ども1人の3人家族、年収はほぼ同等、家のローンを払い始めて1年ちょっとです。家のローンは夫名義で借りておりますので、私が今死ぬと家族は大変生活が苦しくなります。
    よって今年から生命保険に入りました。あと医療保険も。それまでは30年間保険なんてかけてませんでした(笑)

    私が死んだり高度障害で働けなくなった場合は、2千万ちょっとだったかな?入りますので家のローンは返せるかなと。
    そうすれば月々11万のローンがなくなるので、何とか家族もやっていけると思っています。

    夫も生命保険に入っていますが、もし亡くなってもローンは団信で0になるので、我が家の場合死んで困るのはどっちかというと私です(笑)

    保険=貯蓄とは考えない方がいいと思います。
    残された家族への保障、と考えた方が。

    トピ主さんは、専業主婦になられるのでしたら、生命保険は必要ないのではないでしょうか。
    もし入るとしたら、医療保険かな?でもまだお若いし、そんなに高額を保険に払わなくてもいいんじゃないかな〜と思ってしまいます。

    ユーザーID:5581460296

  • 解約しました

    保険レディをしていた祖母が長年かけていた保険がありましたが
    祖母が亡くなった時に払われた金額の小額さにビックリ!
    まぁ保険は入院時のリスク対策も含めてなのかもしれませんが
    貯金としては機能しないことを実感しました。

    毎月かかる金額を貯金していれば、入院費用も捻出できそうだなーと思い
    解約しちゃいました。

    入るのだったら、死亡保障なし(低額)の入院1日からのものにしようと思っていますが・・正直必要ないと思っています。

    ユーザーID:6239200797

  • むう殿の言うとおりだ

     終身保険が一番です。いろいろ特典がある保険は、結局は損です。ガンが心配なら、掛け捨ての安い保険に入ることです。精々、合計1万未満です。不景気な世の中ですから、保険の見直しをしている家庭も多い。

     個人の体験など役に立ちません。病気は確率の問題ですから、高い保険をかけてよかった人もいれば失敗だった人もいます。保険の勧誘員的な意見は信用しないように。

    ユーザーID:2086136266

  • 解約しました

    大学入学と同時に保険を1万円弱払っていました。それから20年ほどかけましたが、幸い大病にもかからず、手術も日帰りのため保険金はありませんでした。数ヶ月ごとに外務員さんの勧誘の電話や文書がわずらわしくなりました。

    もし高額医療費がかかっても全額ではないですが還付金がありますし、もう保険はいいかなと思い解約しました。

    解約時に始めて外務員さんと会いましたが、高級車にブランドバッグで外務員さんは潤っているのだなと思いました。保険を解約することにとまどいがありましたが、もう少し自分の納得できる範囲での保険にしようと思いました。

    ユーザーID:7289130623

  • おすすめは・・・

    まったく入らないより、少しは入っていた方が安心かと思います。
    入院などすると、どうしても健康保険外の部分で足がでます。
    あなたの年齢で、その金額は多いですね。
    減額していただいたらいかがですか?

    将来は、健康保険制度もどうなるか分りませんし、高度な医療を受けたくても、あれはよほど経済的余裕のある方か、先進医療つきの保険に入っている方です。
    死亡保障は、ほんの少しのお葬式代だけでよいですよ。あなたが、サラリーマンの奥様であれば・・ですけど。

    ユーザーID:5688743267

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧