中国語がわかる方、教えて下さい。

レス20
(トピ主2
お気に入り25

旅行・国内外の地域情報

小籠包

先日所用で台湾に行ったときのことですが。

いろいろなところで、中国語の中にアルファベット1文字だけが入っているのをみかけました。

4つあったのですが、「A」「Q」「Y」。
もう1つはどうしても思い出せませんが、「K」か「L」だったような…

Aについては、メニューの中で、「A菜」とありましたので、
想像するに、野菜の名称だと思いますが、中国語表記がされないのはなぜなのでしょうか?

もしかしたら台湾だけでのはやり(?)で、
中国本土では見かけないものなのでしょうか?

何か御存知の方がいらっしゃったら、教えて下さい。

ユーザーID:2854436689

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 台湾すき

    あんまり詳しくないのですが、私も台湾へよく行くので、見た事あります。中国へ行った時はあまり見かけなかった気がします。

    「A菜」はAランクの野菜って意味でつけているみたいですが、実際のところは?です。名前に高級感を持たせているだけかと思います。A肉もあったような。何の食材かは店によって違う気がします。

    「Q」はQQ的××といって、もちもち、キュンキュン?してるっていう擬音語を表記した造語ではないでしょうか。お菓子やジュース、色んなところで見かけます。

    「K」はカラOKとかで見かけます。これは中国でも見たような気がします。

    「Y」は分かりません。年号の後ろについてるのですか?

    ユーザーID:6123372937

  • QQは

    モチモチした食べ物を指します。
    タピオカミルクティーのタピオカとかがQQです。

    ユーザーID:0927108130

  • それは

    台湾語ですよ!
    台湾語は漢字で表記できないものがたくさんあるので、しかたなくアルファベットを使用しているのです。

    ユーザーID:3268454668

  • わかる範囲で

    お答えします。台湾在住の者です。

    「A菜」は野菜の名前です。台湾ではよくレストランなどで出る野菜です。なんでAなのかは知りません。切り口がAの形なのかなぁ?味はおいしいです。

    「Q」は、一文字でも二文字でも(「QQ」)使いますが、どちらも、弾力がある、噛み応えがある、という意味です。ナタデココとか、タピオカ、麺、まんじゅうの皮などの表現に使われます。

    「Y」は、おそらくごらんになったのはアルファベットではなく、台湾の注音記号(台湾での50音のようなもの)のうちのひとつだと思います。「Y頭」(やーとう)と書くと、小娘、娘っ子という意味です。本来の発音は「あー」ですが、発音的に「やー」のほうが言い易いためか、「やー」と読まれてます。

    「K」は、ごらんになったのは「K書」ではないですか?街の看板に「K書」とあれば、それは、受験勉強のために貸しスペースをしてるお店のことです。部屋にこもってお勉強することを「K書」といいます。

    大陸ではどうなんでしょうか。台湾だけなのかな?
    ほかにもいろいろ、台湾ならではのコトバはたくさんあります。

    ユーザーID:4518894016

  • あわわ。失礼しました。

    トピ主です。肝心な1行が抜けていました。

    「Q」「Y」「K」あるいは「L」の意味は、何ですか?

    Aについては、調べたところ「A菜」という野菜であることはわかりましたが、
    中国語名はないのでしょうか?

    あるとしたら、なぜあえて「A菜」と呼ぶのでしょうか?

    なぜか気になります。教えて下さい。

    ユーザーID:2854436689

  • A菜はレタスのことのようです

     台湾へは行ったことがありませんので街の風景を想像できませんが台湾のネット検索の結果次のことがわかりました。

    正式名称は ●苣。 ●はクサカンムリの下に“渦”のツクリの字。

    別名:台湾語の俗称:A菜、生菜、鵞仔菜、媚仔菜、○仔菜。 
              ○は穴カンムリの下に“渦”のツクリの字

    英名:Lettuce, Garden lettuce.
    学名:Lactuca sativa L.

    ということでレタスということでよいのでしょう。Q,Yは検索難航、わかりませんでした。台湾在住の日本人からレスをいただけるとよいですね。

    ユーザーID:6995570849

  • 台湾独自の言い回しではないでしょうか

    「A菜」は書かれていた通り野菜の名称です。
    中国語表記がされないのは、すでに固有名詞として定着しているためだと思います。

    その他にも、台湾ではアルファベットの文字が動詞・形容詞的に使われたりしています。
    小籠包さんがみかけた文字などは、

       A銭・・・(手をつけるべきでない金を)懐に入れる、ネコババする
       K書・・・勉強する
       口感Q・・食感がぷりぷりしている

    といった使われ方をするようです。

    「Y」に関してはアルファベットではなく注音符号(台湾中国語の発音記号)のひとつではないかと思います。

    ユーザーID:0957423948

  • 確か

    A、B、Cというのは、ランク分けで、A級野菜なら、高級野菜という意味らしいですよ。B肉なら、高級クラスの次にいい肉という意味らしいです。

    ユーザーID:7342440569

  • A菜は台湾語です

    台湾語でエーサイだかエーツァイと呼ぶ野菜ですが
    「えー」と発音する字が北京語にないので
    ローマ字のAを当ててると聞いたことがあります。

    ユーザーID:0074628055

  • Q、他にもこんな使われ方が・・・

    このトピ勉強になりますね。
    A菜とかK書とか知りませんでした。

    Qのその他の使用例

    ●大陸のネットで最もポピュラーなのは、騰訊QQというメッセンジャーソフトを指す場合。転じてチャットのことをQQと言う。派生した使われ方も多い。元は騰訊という中国企業が提供したOpen-ICQというソフトが中国で定番になったが、本家ICQをはばかって、QQという愛称で呼ばれたことが由来(I seek youなどと揶揄された)。今ではQQが正式名称に。
    ●可愛いという意味で使う場合。Q=Cute。
    ●奇瑞QQ。中国の自動車メーカー、奇瑞汽車(Qirui Qiche)を指す。汽車=自動車。
    ●阿Q正伝。魯迅の超有名な作品。 って知ってるか・・・


    Y・・・
    うーん。わかりません・・・
    もう少しヒントないですか?

    >Y頭さんへ
    私もY頭じゃないのかなぁと、ちょっと思いました。
    尚、Y頭のYは注音符号のYじゃなくて、れっきとした漢字ですよ。発音もlY(ya)です。
    ※日本語に無い字なのでローマ字のYで代用。

    ユーザーID:3480904504

  • Q、Y,L は

     前回の私ささりんどうのレスは台湾ネット「Yahoo!奇摩知識+」に掲載されていた問答Q&Aからの引用です。入力漏れいたしました。

     さて、残りのQ、Y、L ですが、その後「維奇百科」(中国語版ウィキペディア)で調べましたところ、推測になりますが次のように理解できるのではないかと思いましたのでご参考までレスします。

    Q → 奇異果 キウイフルーツ
    Y → 柚子、桜桃(さくらんぼ)・・・
    L → 梨、○枝(ライチ)、李(すもも)、栗
        ○はクサカンムリの下に“協”のツクリ。

     上記、Q、Y、L はいずれも上記果物の名称の第1字の中国語発音の最初の子音です。なお、台湾における発音表記はウェード式、注音符号によりますが Q の字に相当する表記はウェード式で ch'i です。これでは商売で品名表示の略号には不便ですので中国本土で使用されているピンイン表記 qi の Q を使用しているのではないかと思います。

     台湾での目撃、果物も陳列してあれば思い当たる節はありませんか。以上は、私の推測に基づく結論、台湾発行の俗語辞典でもあれば裏付けられるかも知れませんね。

    ユーザーID:6995570849

  • レス、じっくり読ませていただきました。

    レスを下さった方々、ありがとうございました。

    「A」はやはり「A菜」で、ポピュラーな野菜のようですね。

    「K」書。面白い表現ですね。
    びっくりしました。

    「Q」は、みなさんのレスを読んで、たしかジュース屋さんで見たような気がしました。
    モチモチ、キュッキュッ、プルプル。
    そう言えば、そういう甘味が台湾には多いですものね。

    「Y」は、注音符号では?とありましたので、調べてみたところ、たしかにそのようでした。

    …というより恥ずかしいです。
    実は25年ほど前中国語を少し習ったことがあり、そのとき注音符号も勉強しましたが、
    あまりの難しさと、己の語学の才能のなさにめげてしまい、
    やめてしまいました。

    今回注音符号と聞いても「それなんだろ?」と思い調べたら、
    「あー、あれだ!ボポモフォ!」とかすかな記憶が蘇ってきて。

    てっきりアルファベットの「Y」だと思ってました。

    10月にまた台湾に行くので、またなにか発見があったらこちらにトピをあげます。その時はまたよろしくお願いします。

    本当に教えてくださってありがとうございました。

    ユーザーID:2854436689

  • Yですが。

    辺城浪子さんの言われるとおり、Yは注音符号ではなくれっきとした中国語の漢字です。なので、台湾式注音符号を使わない大陸でも、この文字は使われています。尤も『Y頭』以外には、使用頻度の低い字ではありますが。他には香港の『南Y島』という地名にも使われています。

    この字は一見アルファベットのYとそっくりですが、よーく見ると一画目の\と二画目(/と|が繋がって一画分)の間には少し隙間があいていて、三本線が中央で全てくっついているアルファベットのYとは違います。字の形状どおり、『一つのものが二つに分かれているところ、ふたまた』という意味の漢字です。


    Qは、今では大陸でも使われるようになってます。お菓子のパッケージに『很Q〜(すっごくモチモチ〜)』なんて書かれているのをたまに見かけます。
    A菜はネット検索してみてください。画像でどんな野菜かも分かりますよ。

    ユーザーID:6667263671

  • なぜ A菜というのか

     最初のレスで引用しました「Yahoo! 奇摩知識+」には、A菜の含有成分について次のように書いてあります。

    「レタスには、ビタミンA、B1、B2、C、カルシウム、燐、鉄、繊維質などの栄養素が含まれており、・・・」

     栄養素の筆頭にビタミンAをもってきておりますので多分その A を強調、使っているのではないでしょうか。

    以上は、私の推測です。

     いずれかの機会にまた台湾にいらっしゃったらお店の人に、

    「チェイゴツァイ ウェイシェンマ チアオ エイ(A)ツァイ?」

    と聞いてみたらいかがですか。

    「ウエイションス(維生素)A・・・」

    とかの返事が返ってきたら私の推測が正解となるでしょう。

     台湾の俗語辞典、流行語辞典を身近に見られるとよいのですが残念ながら所蔵している公共図書館はおそらくないでしょう。アジアの資料ももっと備えていただきたいものですね。

    ユーザーID:6995570849

  • それは

    ABCはやはりランクや格付けだそうです。台湾の友人が言ってました。つまり、他の人も言ってるように、A菜は高級野菜なんですって!

    ユーザーID:4002404835

  • 訂正です

    今日、外国人に中国語を教えている先生に聞くことができました。

    「A菜」…「エーツァイ」という発音の「エー」は、台湾語で「あひる」(がちょう??)のことを指すみたいで(台湾語くわしいかた教えてください!先生も純粋な台湾人ではないので)、昔はあひるに食べさせていたことがあるので、そう呼ばれていたのですが、中国語の漢字では当て字ができないので、便宜上アルファベットを使ったのが始まりだそうです。

    「Y頭」…これは、ほかのかたもおっしゃっているとおり、れっきとした漢字でした。失礼しました。「やー」という発音ですよね。台湾の注音記号は漢字から作られているため、私はずっと勘違いしてました。なぜ「やーとう」が小娘という意味になるかというと、昔、中国の風習で左右の耳の上にお団子を作る髪形があったのですが(ちょうどパンダのような感じで)、その髪型をすると、後から見た場合、髪の分け目がちょうど「Y字」のようになります。そこからきているそうです。

    これは追記ですが、
    「QQ」…「キューキュー」はれっきとした台湾語だそうです。これも当て字としてアルファベットが使われているそうです。

    ユーザーID:4518894016

  • A菜はレタスですか?

    台湾に住んでいるとき中国語教室で教科書に「猛K」と言う単語がありました。
    一生懸命勉強すると言う意味でした。
    日本語でもCDのことシーディーと書く人はあんまりいないですよね。中国語にもアルファベットが浸透しているんだなあ、と思いました。

    A菜はスーパーや市場でよく見かけました。青菜でした。買ったことはないけれど・・。

    また台湾に行かれるんですね。
    山蘇という野菜、美味しいですよ。

    ユーザーID:0034901120

  • Q、Y、L について  その2

     前回の私のレス、小籠包さんのトピの主旨を読み違えてA菜に引きずられて野菜、果物などの分野にしぼって当たってしまいました。
     みなさんのレスを読んで自分のうかつさに気付きました。そこで遅まきながら改めてネット、図書などで調べましたところを記します。



    in a merry Q →“快快活活地”(お健やかに、快適に)
      という用例がありました。

    KとQについては『新新人類酷語言』(福建少年児童出版社)に紹介されておりました。

    K → COOL
    Q → CUTE  

     由来はいずれもトランプの全称(フル表記)?とのことのようですが COOL は音訳、漢字化され“酷”(ku)に、CUTE は発音が似ていることから Q に。

     “酷”(クール、K)は、かっこいい、
     Qは可愛い、きれい、

    といった意味(辞典)だそうです。

    その本には、牛仔○(衣へん+庫)、髪型、唇膏、手表、指甲油、飾物、瞼部表情の7項目について K装束(ファッション)、Q装束(ファッション)別に両者の特徴を一覧表の形でまとめております。  − 続く −

    ユーザーID:6995570849

  • Q,Y,L について  その3

    Kについてその他:

    「台湾将“読書”○(○は拐のツクリ)称“K書”」

    また

    「在香港俚語中、去唱 K 即去“○(○は峠のツクリ)拉OK”(日文“karaoke”的訳音、台湾称為KTV)消遣。」

    という一文がありました。通りすがりさん、Y頭さんの見方の通り出ておりました。 なお、KTVというと日本人にはテレビ局といイメージがありますがカラオケのことなのですね。略して もし“K”という看板が街に
    見られたらカラオケとみてよいのでしょう。

    Yについて:

    He stays at the Y (他住宿在YMCA)。という一文がみつかりました。
    街角で “Y”という交通標識があればYMCAへの案内と見なせますね。

    ユーザーID:6995570849

  • Y について、 追加です

     さきのレスで Y は YMCA のことのようだ、と記述しましたがもうひとつその事例が出てきました。

    「台湾 Y」でネット検索しましたところ“Yホテル台北”というサイトがありました。その中で、日本人旅行者が、

    「YホテルとはYMCAホテルのことなんだ」

    という感想をの述べておりました。そういうわけで Y は YMCA のことで間違いなさそうですね。

     中国語は、日常使われる言葉(語言)とは別に特殊な表現法が8種類あるようです。トピ主さんが提起されたのはそのうちの“字母語言”に当たるようです。

    それでは、

     3166 再見了。(日語“沙揚○拉”的諧音) * ○は女へん+那。

    これは、“数字語言”です。

    どうもお邪魔いたしました。

    ユーザーID:6995570849

レス求!トピ一覧