• ホーム
  • 健康
  • 自業自得で体をボロボロにしてしまい、生きるのがつらいです

自業自得で体をボロボロにしてしまい、生きるのがつらいです

レス153
(トピ主21
お気に入り185

心や体の悩み

choco

レス

レス数153

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
91120 / 153
次へ 最後尾へ
  • まとめてレス

    > マッサージは、確かフランスでは正統派の治療として
    > 認められている筈

    フランスのことは知らないけど、病院で、あるいは医師の指導の下で行うマッサージは否定しません。
    が、「冬は外に出られず、夏も店や病院へも行けません」と言っているのだから病院でのマッサージではないですよね。

    > 民間療法ということでNOを突き付
    > けておられるのでしょうか。でも、現代医学でも治せ
    > ない病が治っている例はたくさんあるんですよ。

    現代医学で原因究明も治療もできない病気(?)の持ち主ですから、後段は百も承知です。(症状は他者からも観測できる)
    症状が軽いから何年も放置していますけどね。進行も改善もしない不思議。

    で、前段。民間療法だからではありません。科学的実験の結果がそうなっているからです。


    > 「シンシン体に冷えが
    > 残るというのは科学的にありえない」というのは、なぜそう言えるん
    > でしょうか??

    人間は血が巡っているからです。
    全身お風呂に入ってのぼせるくらいなのに手足の温度が30度とかだったら宇宙人ですよ。
    その後、再度冷やしてしまうのが問題なのでしょう。

    ユーザーID:1394492385

  • Fibromyalgia(せんい筋痛症)?

    聞いた事ありますか? 私のもつている資料によると 体の広範囲に強い痛みを起こす原因不明の病気で検査をしてもほとんど異常がないと言われ 日本の医療機関では充分に治療される事がまだ少ない しかしほとんどの患者さんはリウマチなどを心配して受診することが多く 最近はリウマチ科医師の間で関心がもたれている
    原因はまだ解明されていないが なんらかの免疫異常がかかわつていると言われている 外傷やストレスがきつかけとなることもある ほかの病気と重なることもある
    精神的な症状が強い場合は心療内科 精神科と連携して治療することも必要
    今度 病院にいつた時に 知人から聞いたといって聞いてみたらどうでしよう
    素人ですが 

    ユーザーID:7088179220

  • お大事に

    私は30代後半、普通の生活は送れていますが、似たような感じなのでレスします。
    はじめ膝の不調で整形外科に行ったところ、疾患はないのでとにかく動かないように、という指示を守っていたら筋肉がおちかえって悪くなってしまいました。
    その後鍼灸に通う中で、負担をかけすぎない程度に歩くとかはしないと
    かえって悪くなると言われて少しづつ歩いたり、冷え性や胃腸も弱かったので漢方をはじめて持ち直しました。鍼灸も治療中冷えることを伝えれば対処してもらえるのでは?
    漢方は試して効果がなかったとのことですが、漢方は効果を実感するまでに何ヶ月かかりますので、長い目で見たほうがいいです。

    その後スポーツ等で捻挫を繰り返したところ、ほんのちょっとの段差でも
    捻挫を繰り返すようになってしまい、このままでは杖をつくことになるのではと不安を覚え、スポーツ整形で足首強化のリハビリをして、以前よりは捻挫しにくくなりました。

    どこか1つでもよくなってくると他の状態もよくなって、気持ちも前向きなります。
    あとお風呂は絶対に入ってあっためるように言われました。
    諦めず少しづつ健康を取り戻してください。

    ユーザーID:0068734567

  • みなさんどうもです

    みなさんどうもです。

    まず、私は太っているのではないか?というレスがありましたが、
    太ってはいません。
    150cmで40kgくらいです。今は38kgくらいかも。
    色白で昔から筋肉が弱い方です。

    人にかまってほしくてアピールしているわけではなく、
    こんな状況相談しても仕方ないかも・・・と思いつつも
    行き詰っているので、何かいい治療法や考え方、病院などが
    分かるかもしれないと思ってトピ立てました。

    冷えや痛みを霊的なものとして捉えてはいませんよ・・・。
    ただ、病気で冷えが出ている場合を別として、冷えは科学では
    あまり分からない、ということは、冷え性の多い現代社会、
    結構みなさんご存知ですよね。

    私が「自業自得で体を壊してしまった」と言っているのは、
    始めのきっかけが捻挫だったのにここまで悪くしなくても
    よかったのに・・・という思いと、
    痛いと冷やしすぎて冷え性になってしまったからです。
    それにやはり自己流の治し方で却って筋肉を弱らせてしまった部分も
    あると思いますし。

    つづきます

    ユーザーID:1444715402

  • つづき

    精神科は長く通いましたが、思い込みを解きほぐす、
    というようなことはしてくれませんでしたよ。
    でも、はじめの主治医が良心的で、体を治すための行動、考え方、
    などを色々アドバイスしてくれ、一時期体は快方に向かっていました。
    (ぎっくり腰になり椎間板ヘルニアが再発して、また悪化したのですが)
    その医師は突然辞めてしまい、そこは大きな病院だったので
    何人かの医師にかかりました。森田療法の本も読みました。
    体の症状を「気のせいじゃないの?」と言いガムを噛んでる医師、
    体を治す方法を一緒に考えてくれる医師、いろいろでした。
    でも「精神的に問題はなさそうだし、薬も必要ないと思う」
    とのことで、精神科はやめることになりました。

    家族にはいろいろ文句は言われますが、みんなも疲れているから
    だと思います。
    仲が悪いわけではなく、普段はわりと和やかにしています。
    ただ、ストレスを感じる、ということは母に常日頃言われていますが、
    母も人間ですから、それに体調も良くないので、言われても仕方ないと
    思っています。

    ユーザーID:1444715402

  • >むー太郎さん

    全身お風呂に入るとのぼせるというのは・・・

    下半身が異常に冷えていて、上半身はそこまでではないために、
    いっぺんに全身浴をすると、
    上半身が先に温まって、体が温かい感じがし、
    暑くて入っていられないので上がると、
    血が上半身ばかりに行って、下半身が余計に冷えるという
    状態になる、ということです。
    いわば、「冷えのぼせ」です。
    多分、シャンプーできないのも、頭が温まり過ぎて上の方に
    血液が行き、下半身が冷えるためではないかと思っています。

    こんなこというと、また思い込み、とか頭おかしいとか
    思われそうですが。

    お風呂は39度位のお湯から半身浴をし、
    ぬるく感じたら少しずつ追いだきをしていき、1時間近く温まり、
    最後お風呂から上がる前に全身数分だけ入ります。
    こうすると、のぼせずに温まります。

    進藤義晴先生の冷えの本を読まれれば少しは分かってもらえるかと
    思います。

    最近はサーモグラフィーの検査はしていませんが、
    前にした時は、上半身はオレンジ色でしたが、
    下半身が真っ青でした。
    宇宙人ではないですが、すごい温度差?です。

    ユーザーID:1444715402

  • 「幻肢」を調べてみてください 精神医学をなめるな!

    いやはや、ここまで頑迷だと、ご家族も精神科も根を上げるでしょうねえ。

    「幻肢」という言葉をご存知ですか? 事故などで腕や足を失った患者が、その無いはずの腕や足が「ある」と感じる症状です。往々にして、その無いはずの手足はひどく痛むそうです。もちろん、存在しない手足に麻酔はかけられないし、痛み止めも効かない。でも患者は、腕がまだある感じがして、しかも痛い、等と訴えてくるそうです。

    痛みや冷えは、「脳内の情報」なんですよ。正常な場合は痛みや冷えのある部位からの信号で脳がそう判断していますが、幻肢痛の患者やトピ主さんのような人の場合、脳内に異常な情報が発生してるんです。「思い込み」という軽々しい言葉で片付けないようにね。

    アメリカでは、幻肢痛は、鏡に手足を映して動かさせ、脳に「もうその腕は存在しない」ことを納得させる療法をするそうです。上半身だけ温まるとか、もう、異様としか言いようがないのが分かりませんか? 物理法則を超越しすぎです。それはあなたの脳が異常な信号をやり取りしてしまっているのでそう「感じる」だけなんですよ。

    とりあえず「幻肢」について調べるのを薦めます。

    ユーザーID:1340877367

  • とりあえず出来そうなこと

    拝見する限り、確かにご両親がご健在のうちはともかく、親も年老いますから、遠い将来を考えると今のうちに手を打たないと大変なことになりそうですね。

    で、動かずに出来ることとして、足の指を手の指でつまんでまわすとかさするとか、伸ばすとかしてみることですかね。
    毛細血管の血流をよくする方法です。
    無理せず、少しずつやってください。ケガすると、長引きそうですので。

    あとは股関節のストレッチですかね。
    おそらくカチカチでしょうから。
    小学校の体育の時間のときにやった柔軟体操(座って足を開いて、上体を前に曲げるとか、胡坐を組んで、上体を前に曲げるとか)を少しずつやってみることぐらいですかね。
    とりあえず血の流れを取り戻さない限り、冷えは治りませんから。

    ちなみに、トピ主さんにとって「歩きすぎ」ってどれぐらいのレベルですか?
    何なら出来て、どれぐらいだと無理があるのかもう少し具体的に書いた方が出来ることをアドバイスしやすいかと。

    ユーザーID:1526650987

  • ご家族の苛立ちは

    あなたに対する心配の裏返しでしょう。
    最初のトピを見たとき、30代前半の女性で家事をし過ぎて
    足に炎症、ご家族に云々・・・とあるのを見て、
    主婦の方だと思っていましたが、ご家族とはご両親のことなのですね・・・
    大変失礼ですが、お仕事やご結婚などしておられるのですか?

    ご両親の世代ならあなたに「こうあって欲しい理想の姿」
    を心の中に思い描いていらっしゃっるのではないかと思います。
    自分の娘には、本来ならば、やりがいのある仕事を持ち、
    信頼できる夫や子供を持ち、何より健康で、活力に溢れて幸せでいて欲しい。
    でも、現実の娘は、10年以上も不定愁訴を訴え続けて
    病院へ連れて行っても直らない何かに悩まされている・・・
    そのジレンマが態度や文句に現れているのでしょう。
    ご両親もそうお若くはないと思いますので、
    あなたにしてあげられることに限界が出て来て、
    尚更イライラが募るのでは。
    全然的外れなら申し訳ありません。

    早くから寝たきりになってしまって、ご両親に介護されるようなことにならないよう、
    治療法、もしくは改善策が見つかることをお祈りしております。

    ユーザーID:1581510441

  • 2回めです

    アロマ・ゼラニウムを入れての半身浴は是非試してみてくださいね。
    私がトピさんの身近な存在だったら、私の持っているゼラニウムを分けてあげたいです。

    あと、トピさん、細すぎじゃないですか?
    もう少しお肉をつけたらいいんじゃないかな。
    筋肉をつけるのがいちばんいいんですけどね。
    加圧トレーニングをしたら冷えが改善されたという話も聞きました。

    ユーザーID:9887874214

  • 冷えがつらいとおっしゃるなら

    まず、漢方薬局行ってみたらいいと思いますよ。
    漢方は、患者さんの体質を診て処方してくれます。
    同じような症状であっても、患者さんのタイプ、体質でお薬は変わってきます。

    わたしが漢方薬局行った時は、症状を聞いてくれてそのあと
    「はい、舌を出してみてください」と・・
    いろいろ質問とかされて、自分に合ったお薬を出してくれました。
    しろうとでは自分がどういうタイプなのかよくわからないので
    ぜひ、行ってみてくださいね。
    お大事に。

    ユーザーID:9372484310

  • >パウラさん

    幻肢痛は知っています。鏡の治療のことも。
    だからそういうことを言われているのかなとは思っていました。

    この痛みや冷えが幻?で脳の勘違いを正してなくなるものなら
    その方がいいです。
    そういう可能性もあるということ、頭に入れておきます。
    実際、思い込みというのもこの症状の何%かは占めているかと
    思います。

    ですが、全部が気のせいではないとおもうのですが。
    それも思い込み?
    パウラさん、ムー太郎さんなんかは私の「思い込み」が全ての
    症状を引き起こしているという「思い込み」が強いですね。

    上半身だけ温まるって、あると思いますけど・・。
    大体人間は2足歩行なので下半身に血が行きにくく、ほとんどの人が
    上半身より下半身の方が冷えているそうです。

    ユーザーID:1444715402

  • 外にでてみれば?〜歩く事のススメ〜

    冷えにこだわり過ぎでは?

    客観的に見れば、普通の生活をおくれていないことの方に問題があると思います。「冷えとヘルニアが原因でそれがムリだから苦しんでる。」と返されそうですが、障害がある人すべてが家に閉じこもっているわけではないです。「外にでてみよう」とか「お友達とおしゃべりしよう」とかいった日常的な欲望はないのでしょうか。ないならば、こちらの方がより大きな問題です。

    また家の中でも杖との事ですが、それほどならばリハビリ科があるようなところにかかって、まずは歩行訓練をしてください。そして歩くのに支障がなくなれば、できるだけ外に出て歩いてみてください。歩くことによって血行が促進されて自然と冷えは解消されるでしょうし、生活に必要な筋肉もつきます。家事での動作は細かい関節の動きが中心になってしまうのでどこかに故障がある人にはあまりよくありません。(かと言って一日中寝ていてもいいというわけではないです)また歩くことで、セロトニンが脳内にたくさん分泌され前向きになれます。

    今日も外はお日様がさんさんと降り注いで、冷えとは無縁の世界です。熱中症に注意してぜひ外に出てみてください。

    ユーザーID:3496112333

  • もう一度、整形以外の科へ

    今まで沢山の整形外科を受診され、それ以外の科はあまり行かれていないようですね。
    トピ主さんの体に病気が潜んでいるのかいないのか、それは分かりませんが、他の角度からの検査や診察は受けられないでしょうか?

    私は単なる一患者で、ずぶの素人なので、そのつもりで聞き流してほしいのですが、例えばヘルニアと誤診されがちな自己免疫疾患の病気があります。
    筋力が衰える病気もあるし、血管炎があって異常に末端が冷たくなる場合もあります。
    他の病気に関しては全く知らないのですが、少なくとも自己免疫疾患の病気だと、診断が難しく、本人の自覚から病院での病名判明までに、何年も何十年も掛かる人もいるようです。病友さん達にも、最初は病院で「異常なし」「気のせい」と言われたり、複数の病院を回ったりした人もいます。
    私も十代でヘルニアを発症し・・・と思って長年生きて来たのですが、結局自己免疫疾患の病気でした。

    少なくとも今の不調はトピ主さんの自業自得なんかじゃありませんよ!絶対に!!
    膠原病内科その他で、もう一度じっくり相談なさってみては如何でしょうか?
    お大事になさって下さいね。

    ユーザーID:1420999489

  • お食事はどのように摂られていますか

    非常に不躾ではありますが、ひとつ質問させてください。
    Q.トピ主様の食事量、内容はどのようなものですか。

    何故このような質問をするかというと、トピ主様は複数の医療機関を回られて、現時点で疾患が確認されていません。(疾患が無いとは断定できません。)
    よって食事を摂取すれば、通常通り栄養が吸収されるはずなのです。それにも係らず体重が軽い。
    骨+臓器のみの重量に近い数値、筋肉と脂肪が僅少。
    →この結果は、極端な食事制限によるものではと考えました。

    食事制限を行っていると

    食事:体内で熱を作りだすエネルギー源。筋肉、脂肪の材料となるもの。不足すれば正に「冷え」の原因。

    筋肉:温かい血液を抹消血管まで送り届けるポンプの役割。メインポンプ心臓がある上半身はともかく、筋肉の補助のない下半身は血流が滞り、冷えを助長させる。

    脂肪:人体における断熱材。脂肪が無いと、気温の変化に極端に影響され易い。また免疫のメカニズムにも関係していて、脂肪の少ないアスリートは風邪をひき易いと云われる。

    さらにトピ主様が記述されている冷やし過ぎによる自律神経の乱れが加われば、トピ主様の症状に近くなるのですが。

    ユーザーID:1436960409

  • 認知の歪み

    うーん。せっかく知識を仕入れても生かせないとなると、もう掲示板で扱える相談ではなくなりますね。

    下半身の体温が上半身より低いのはあたりまえじゃないですか……。それとトピ主さんの描写(お風呂に入っても下半身が温まらない、カイロを貼ったり、汗をかくほど既婚でも温まらない)を何故同一視するのがおかしいと言うことから目をそむけないほうがいいです。そのへんに認知の歪みがあるのでしょう。幻肢痛の知識まであるのに、もったいない。

    自己臭恐怖症の人にとっては、自分の身体の臭さは実在します。それは脳内で生じる「情報」です。だから本質的には、精神科で自己臭恐怖症と同じ方向性の治療をするのが現実的になんですよね……

    トピ主さんは冷えや痛み自体よりも、「自分の考えの正しさ」を認められたい、何か「正しい治療法」が見つかってそれにぴたりと自分が当てはまったらいいな、という願望が強いんですね。確かに、それは万人が持っている「認められたい」気持ちと同じものです。でもみんな、成長の過程で自分の願望と現実を擦り合わせたり、現実の能力を磨いて他人から認められたりしてゆくんですよね。

    ユーザーID:1340877367

  • 認知の歪み2

    でもトピ主さんは若い頃に「身体の不調とその治療」の問題が、「認められたい」気持ちと合体してしまった。精神科での治療の可能性を避けようとするのは、もしかしたら、本当は問題が解決してしまうのが怖いのかもしれませんね。

    自己臭恐怖症だった知り合いは、どうやらそうらしかったです。

    身体の異常という問題から解放されてしまうと、就職や社会人としての責任の問題に直面しないといけない。でも病人でいる限りはそうしなくて済むし、周りの人からも煙たがられながらも同情されたり、かまったりしてもらえる。そして、医学的権威を持ったすごい人が現われて、自分の言い分を正しいと認めて、素晴らしい解決法を授けてくれるかもしれないという、一種のシンデレラ・ストーリーを夢見続けることができる。

    たかがネット掲示板で医学的権威も無いくせにあれこれ言ってくる、あなたたち程度の人間には、どうせ私のことなど分かりはしないのよ、そう上から見ていることもできる。

    トピ主さんが言うような冷えが本当にあるのなら、医師が身体に触っただけで異常だとわかるはずです。病院で「異常なし」と言われたのことの意味を再考してみては。

    ユーザーID:1340877367

  • 答えは出てるような…

    >精神科は長く通いましたが、思い込みを解きほぐす、
    >というようなことはしてくれませんでしたよ。
    >でも、はじめの主治医が良心的で、体を治すための行動、考え方、
    >などを色々アドバイスしてくれ、一時期体は快方に向かっていました。

    少なくとも最初の主治医の治療は有効だったとのこと。
    それが「思い込みを解きほぐす」直接的な治療じゃなかったとしても、精神的な原因があることは確かですよね。
    その事実を受け入れることから始められては?

    ユーザーID:8506828883

  • 大変ですね

    原因がわからない体調不良は心まで辛くなりますよね。
    レスを読んでいて気になったのですが「婦人科」は受診なさってないのでしょうか。
    女性の体はホルモンバランスの影響をとても受けると言います。
    婦人科は漢方を扱っている病院も多いので、一度受診してみてはどうでしょうか。

    ユーザーID:7804337478

  • 外温と体温

    > 大体人間は2足歩行なので下半身に血が行きにくく、ほとんどの人が
    > 上半身より下半身の方が冷えているそうです。

    いや、いろいろな要因があってそういう観測がなされますが。
    「2足歩行なので下半身に血が行きにくいから」ではありませんよ。

    通常、外気温は体温より低いから。
    そして、手足の方が体積に対して表面積が大きいから。
    また、内臓は温度が低下すると機能しなくなる=生命の維持に支障をきたすから。

    発汗による気化熱冷却が全く機能しないお風呂の中では、手足の末端の方が先に温まります。
    よほどの巨デブでない限り。


    繰り返しますが、「冷えが残っている」のではなく、「再度冷やしてしまっている」のでしょう。

    ユーザーID:1394492385

  • きっとなにかの病気

    私はトピ主さんの思い込みだとは思いません。
    きっとなにかの病気です。
    神経の何かがやられているか、血管かな、と思いました。

    自己免疫疾患かもしれないし、血管が詰まっているのかも?

    抹消血管疾患でググッてみてください。

    1)手足のしびれ、あるいは冷たい感覚(これがトピ主さんの言う冷えなのでは?)

    2)間歇性跛行
     ある程度の距離を歩くと下肢、多くはふくらはぎの筋肉痛が起こり、歩行不能となるが歩行を中止すればほんの二・三分間で再び歩くことが出来るようになる症状(トピ主さんが歩けないのは筋肉の低下だけではないのかも?)

    3)安静時疼痛
     なにもしていない安静時でも手足の痛みが強く、特に夜間になると増強する(これってもしかしてトピ主さん?冷えだけではなくて痛いのではないですか?)

    これらの症状でググッて専門医にかかる方がいいかも。もう普通の病院では診断できないような病気なんじゃないですか?

    ユーザーID:6009163693

  • お辛いですね

    どなたかも触れられていましたが、内科か内分泌科で甲状腺機能の検査をしたことはありませんか?
    甲状腺機能低下で見られる症状に一部似ているように思うのですが……。

    ユーザーID:4546659557

  • 三度目

    反論のように感じる書き込みも、別の見方を勧めたいから出てきているものとおもいます。トピ主さんの当初望んでいた「助言」です。

    極端な書き方をしないと、お互いに気持ちが伝わらない空気になってるので、
    トピ全体がそういう感じになっていますが、悪いことではないと思います。

    ご自身の体調については「伝わらないかもしれないな」と弱腰のわりに、
    主観を120%信じつづけているところに芯の強さを感じます。

    が、それで快方に向かっていない以上、その感覚をすこしでも「ずらす」ことが
    効果的なのではないかと、ずっと見ていておもいますよ。

    その芯の強さが、いい面で発揮されればいいのですが・・・

    お医者さん、別の意見を言う人とも結果的に「対立」しているだけで有効な情報を受け取れて居ない、せっかく意を決してアクションをおこしても裏切られてばかりだ、という負の繰り返しを生んでいるようでなりません。

    医療と民間療法は、対立するものではないですし、言い合いをしているような時間はないとおもいます。

    ユーザーID:0054023377

  • 四度目

    「冷え」について

    いま、自分は素足で軽装です、
    部屋の窓は開いていて、扇風機にあたっています。
    部屋の気温はたぶん、30度くらいです。

    つまさきは冷たいですが、頭はなんとなく暑さを感じています。
    肩も凝っていて、血流が悪いかな・・痺れているかんじです。

    そろそろPCから離れて昼食を採ろう、
    そのまえに肩のストレッチをしておこう・・・

    と、そういう流れで、

    足がひんやりしていても、さほど心配ではないんですが、
    主さんは日常をどのようにおくられているのでしょうか。

    「判らない人には、わからないですよね・・・」
    「あるとおもうんですけど・・・」はナシで、
    ここに書いてみていただけませんか?

    解決はもちろんできないけれど、だれかが助けられるヒントがあるのかもしれないです。

    ユーザーID:0054023377

  • 自業自得と分かっているんですよね!?

    原因は自分と分かっていながら、それにたいして根本的な改善策を行わない以上、何も改善しないでしょうね。
    何人かの方の冷静なレスにもありましたが、自己流自己分析自己判断がことごとく誤っているのではないでしょうか。
    そもそも、病歴の認識から言ってずれている気がします。
    皆さんのアドバイスが何を意識して言っておられるか理解してません。貴方は貴方自身のやり方だけが正しいと思っている思考回路自体が一番の問題です。
    もう一度聞きますが、自業自得でここまで悪化したという認識はありますか?

    ユーザーID:6630678943

  • 私も冷え性です。

    つらいですよねえ。
    湯船につかっても上半身は温まるんですが、下半身が冷えてます。
    サウナや岩盤浴も上半身から汗がだらだらでるんですが、下半身からは汗があまりでません。
    夏でも腹巻・靴下はかかせません。でも、最近は少しいいです。カレーと自力整体を実践しています。
    よかったら、この本を読んでください。おすすめです。

    カレーな薬膳 渡辺 玲 南インド料理の本です。冷え性に効くレシピや腰痛が改善したレシピなどものっています。インドの方は毎日カレーですが、風邪気味や腰痛など日々の体調によってスパイスの量を調整したりしてなるべく食事で体調を整えようとしているようです。

    女性のための自力整体 矢上 裕 DVD付きでとてもわかりやすいです。ストレッチの延長のような感じで、簡単です。骨格を整えて体温と排泄力をアップできます。

    漢方薬をまたはじめるのであれば、大学病院の専門外来などがおすすめです。西洋医学の検査もできますのでね。お住まいの地域がわかりませんが、
    東京女子医大の東洋医学研究所などいかかでしょうか?
    地方からでも一度受診されてみては?

    ユーザーID:1082305396

  • ありがとうございます

    触って分からない深部の冷えもあるんです。
    「寒さを吸収する」という言い方は間違っていたと思いますが、
    寒い所にいると体の芯が冷えてその後いつまでも温まらない、ということです。
    まだ強情を張っていると思われますか?
    なんだかんだ言っても、冷えを経験したことない人には
    通じないんだと思います。
    家族や知人でも冷えて初めて分かったと言います。

    とはいえ、私はやはり一直線に思い込みの激しい方かもしれません
    ので、みなさんの言ってくれた治療法、考え方、病気の可能性も否定せずに、
    受け止めて色んな可能性を考えようと思います。
    自助努力で治らないのだから、他の方面から考えることも必要ですね。

    何度も書き込んで下さったり、励ましたりして下さった方も
    本当ありがとうございました。

    ユーザーID:1444715402

  • 既出かもしれませんが

    理学療法士やリハビリの専門家がいる整形外科や病院はお近くにありませんか?

    私の家の近所にそういう大きな整形外科があり、
    理学療法士さんやリハビリトレーナーが10人ほどいて、
    怪我をした人やお年寄りが筋力をつけたり、
    歩けるようになるために通っています。
    私も骨折した後に通いました。

    筋力をつけるには、やはり専門家の意見を聞きながら、
    正しい運動をするべきだと思います。

    お探しになってはみては。

    ユーザーID:8288890310

  • なんだか

    トピ主さんのことを認識がズレているとか、頑なだと書いている方たちの文章って、かなり頑なな感じがします…。

    アドバイスというのはよきタイミングで、内容を厳選して、言葉を選んでして、初めて相手に受け入れられるものです。
    自分のアドバイスをトピ主さんが受け入れないからとレス投稿しつづける執拗さは、ちょっとどうでしょう…。

    私だったら、アドバイスが相手に受け入れられない時は、「タイミングか言葉か内容のどれかが悪かったんだな」と思いそれ以上深追いしませんが。
    それとアドバイスの内容は、経験に基づいた内容にし、机上の空論にならないよう気をつけています。

    深追いアドバイスの方々、もう少し柔軟に引いてみてはどうですか。

    ユーザーID:7092018611

  • 進藤義晴先生

    chocoさん こんばんは
    進藤義晴先生から「私の本に書いてある通りに頑張ってください」と言われたということは、少なくとも冷え取りをなさっているということですよね?

    本文中に”体が冷えて沢山服を着て汗をかき、洗濯物が異常に多く大変で、”とありますが、洗濯物が多いのは靴下重ねばきのせいでしょうか?
    でも沢山服を着て、というのは、冷え取りの方法として少々間違っているのではないでしょうか?
    冷え取りの服装は、確かに下半身は靴下も含め重ね着していますが、上半身は半袖一枚など薄着が推奨されているはずです。

    あと睡眠時の湯たんぽは推奨されていますが、カイロ20個、羽毛は余計ではないでしょうか?たしか下半身は靴下+湯たんぽ+布団ですが、上半身は布団なし、裸でもいいくらいの薄着が推奨されているはずです。

    ”病気は治すものではなく治るもの”今一度冷え取りについて再考なさってもよいのではないかと思いました。

    ユーザーID:2272987070

先頭へ 前へ
91120 / 153
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧