左(右)に曲がります

レス21
(トピ主1
お気に入り22

生活・身近な話題

求安眠

商用トラックには方向指示器と連動する音声機能付きの車両がありますが、音声を切ることはできるのか、という質問です。

私は、幹線道路とその抜け道の交差点に面している家に住んでいます。私の家の前の交差点を曲がって、幹線道路に出て行く商用車両は当然たくさんあります。実は日曜日の早朝5時頃にとある宅配便のトラックが定常的に通るのですが、件の音声で必ずたたき起こされてしまいます。平日ならあきらめもつき、逆手にとって早起きのツールにしてしまおうかとも思うのですが、休日なのでただただ腹立たしいわけです。結局二度寝してしまい、目覚ましが鳴ったときの寝起きの気分が悪いのが腹立たしさを倍加させています。

音声連動を切ることが出来るのであれば、宅配便会社に早朝は音声を切ってもらうようお願いしたいと思います。でも無理なのであれば申し入れても無駄ですから、皆さんにお聞きする次第です。よろしくお願いします。

ユーザーID:4880793799

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ん〜

    当方男性。40代。

    まあ....何と言いますか....

    トピ主の気持ちも判らないではないですが、あれは「右左折時の歩行者巻き込み防止」の意味で鳴っているのでしょ?

    トピ主の睡眠と事故予防を天秤にかければ、どちらが重要かは判りそうなもんですが...

    ユーザーID:2378642448

  • 常識をわきまえて

    トラックの音声機能は巻き込まれ事故を防止するためのもの、つまり歩行者の安全のために必要不可欠な機能です。
    言うまでもありませんが、あなたの安眠よりも、歩行者の安全のうほうが、はるかに重要ですし、優先します。
    比較の対象にすらなりません。
    したがって、「左へ曲がります」がうるさければ、耳栓をして眠るなり、道路から離れたところへ引っ越すなり、自分なりの対策を立ててください。
    間違っても、宅配便会社に身勝手で筋違いな「お願い」をしないように。

    ユーザーID:5156373953

  • 難しいですねえ。

    あれは会社の方針などもあるし、
    車の機能的な部分もあるから、難しいでしょうね。

    大きなトラックだと真横に立ったた時、
    どちらへ曲がるのか行くのか、解らない事があります。
    「左に曲がります」という音声で「こっちに曲がってくる」
    と判断して、よけたりする事も多いので、便利な機能だとも思いますね。

    特に子供やお年寄りで、ウィンカーに上手く反応できない時は、
    音声だとわかりやすいようです。
    うちの祖母も「あの声でわかる」と言っていました。

    ご自宅が交差点なので迷惑な音声ではありますが、
    1社に言っても、他所から来たトラックはまた音声を流す・・・
    という堂々巡りになりそうな気がしますね。

    ユーザーID:3681185953

  • 難しいと思います

    たしか道交法に定められていると思いますが・・・・
    昔、トラックが曲がるとき(特に左折)巻き込み事故が多発して、たくさんの方が事故がありました。
    その対応として道交法に一部が改正されました。

    ユーザーID:4331726129

  • 安全のための機能なのでご理解を

    「左(右)に曲がります」「バックします」は、トラックの周囲にいる歩行者、自転車、バイクなどに注意喚起し、巻き込まれないようにするために付けている機能です。

    トピの文面からは、トピ主さんはこれを「騒音」と取られているようですが、どちらかというと「安全機能」の一種です。

    特に大型トラックになると、内輪差が大きく、右左折時に前輪より後輪が内側を通過します。
    そのため、前輪をよけた歩行者や自転車でも後輪に巻き込まれるという事故が多っかったため、少しでも事故を少なくするために考えられたものです。

    もちろん、事故の責任はトラックの運転手にあるのですが、できるだけ事故に発展しないようにするためにも必要な機能ではないかと思います。

    最近では、ハイブリットカーの低速走行時に、エンジン音がせず、車が近づいたことに気づかず、歩行者がビックリするという意見が自動車メーカーに寄せられているそうです。
    メーカーは、歩行者が気づかず事故に発展することを防止するため、モーターのみの走行時に『エンジン音』を再生する機能を検討しているそうです。

    ユーザーID:2822788323

  • 現在の家に住まわれている理由は?

    2回目です。

    前回は「安全機能」についてレスしましたが、今回はトピ主さんに質問です。

    トピ主さんは、何故「幹線道路とその抜け道の交差点に面している家」という商用車が多く利用する立地条件にお住まいなのでしょうか?

    (1) 親御さんの代から(あるいはそれ以前から)ずっと住まわれているのですか。

    (2) 新居を立てる際にご自分で選ばれたのでしょうか?

    (3) 借家でしょうか?


    (1)の場合は、どうしようもないので、防音ペアガラスなどで防音対策をなさっては如何でしょうか。

    (2)の場合は、十分騒音があることは予想できる立地条件ですので、選択ミスということで、残念な結果としか言い様がありません。

    (3)の場合は、引越しを検討されては如何でしょうか。

    ユーザーID:2822788323

  • その要求は不当です。

    自動車を運転することは本質的に危険な行為であって、その危険を避ける為に法律によって色々なルールが決められています。
    車が右左折や後退するときに発生する警報は「道路運送車両の保安基準」の第四十三条によって備えることが認められているものです。
    それを備えることによって道路を通行する人の生命を守っているわけです。
    安全を守るためにやっていることを止めるのに簡単に応じられるわけありません。

    それに対して、その音声があなたの安眠を妨げている理由はあなたが交通量の多い道路に面した土地に住んでいるからで、そこに住んでいるのはあなたの自由意志で行っていることです。
    そこから路地裏の交通量が少ないところへ引っ越せば騒音の問題は解決可能です。
    あるいは、家に防音工事を施す事でも解決する事が出来ます。
    これらの代替手段があるのに公共の安全を損なう解決方法を要求することは正当ではありません。

    ユーザーID:8698809682

  • ここまできた

    トラックの音声まで騒音になったんだ〜
    あれは、必要不可欠だからあるんですよ。事故を未然に防げれば、悲しい思いをする人が減るでしょう。

    防音対策をするか、休日も早起きするかじゃないの。

    ユーザーID:0982274438

  • 過剰な安全対策は誰のため?歩行者のためではなく保身のため。

    内輪差のはるかに大きい路線バスや大型トラックはそんな音声出してませんよね。
    音声を出さずとも安全を確保するのはドライバーの責任です。それが基本。

    運送会社が不必要に大きい音声を出しているのは、事故があった時「安全対策はしていた」と言い訳をするためだけのもの。
    私ならクレームの電話を入れます。

    しかし、同様のクレームは多く受けているでしょうから改善はされないでしょうけど。

    ユーザーID:6346269974

  • 同情します

    心より同情いたします.(日曜日の)早朝5時に睡眠を妨げられるのはひどいので,その宅配会社にとにかく言ってみるべきだと思います.電話かメールで丁寧に言えばよいのではないでしょうか.宅配車からその音声機能を切ることは無理かもしれませんが,苦情があれば,もしかしたら会社側で別の何らかの対策を考えてくれるかもしれません.何も言わなければ何も変わらないだろうと思いますので,やってみる価値はあると思います.

    私は「ピロピロリーン,左に曲がります.ご注意ください.」という甲高い音声放送は迷惑ものだと思います.流すなら「左に曲がります.」だけでよいと思います.さらに言えば低い声にしてほしい.まだ「ピーピーピー」という音のみ出すトラックの方にまだ好感が持てます.また,「ピロピロリーン,左に曲がります.ご注意ください.」とテープ放送を流しながら,住宅街をものすごく荒い運転で左折していたゴミ回収車を見て,そのような放送を流すことで運転手自身の注意力が低くなっているため逆効果ではと事故予防効果に疑問を持ったこともあります.実際に注意すべきなのは運転手なのだし.

    ユーザーID:3237578854

  • ちなみに

    「左に曲がります」はあっても「右に曲がります」はなかったりする。

    ユーザーID:3781698598

  • 安全のためです

    トラックの音声機能は、事故時に運転手の責任逃れに利用するためだ、などと言う方がおられますが、とんでもないことです。

    勘違いしないでください。
    音声機能には、明らかに歩行者に注意を促す、事故を未然に防ぐという機能があり、それが主たる目的であることには疑問の余地がありません。
    仮に、それによって、運転手の責任が軽減されるという事態が生じたとしても、それは単なる反射的効果に過ぎません。
    要は、事故が減るかどうか、犠牲者が減るかどうかということです。
    また、確かに、内輪差のより大きい路線バスや大型トラックには音声機能は付いていませんが、私は、それらについても当然付けるべきだと考えます。音声機能の付いた車両が一台でも多いほうが、より安全だと考えますから。

    ところで、音のしない電気自動車に、歩行者に注意を促すための音を出す機能を付けることになるそうですが、この機能に関しても、運転手の責任逃れのための機能に過ぎない、うるさいからはずすべきだと言う人が、やはり出てくるのでしょうかね。
    それにしても、変に神経質で、病的に自分勝手な人が多い世の中になりましたね。

    ユーザーID:5156373953

  • 若干補足すると

    左折巻き込み事故が起こる要因の一つとしては内輪差がありますが、事故が起こる要因はそれだけではなくて、車体の大きさ・構造からミラーでは確認出来ない・しにくい死角が生じるからです。
    サイドミラーをいくつも付けてその死角を無くしたりドアの下部に窓を設けて視野を広げたりする工夫もしていますが、ミラーを追加するような方法では運転者が歩行者等を確認するには限界があり(左側のミラーだけを注視してしまうと今度は右側の注意がおろそかになりますから)それで音声による警告が事故防止に有効な手段であると考えられています。
    つまり、運転者の注意だけでは事故を防げないので、保安基準も変えて音声警告装置を取り付けられるようにしています。
    実際に保安基準を変えてから左折巻き込み事故は激減したという統計もあります。

    もう一つハイブリッドカー・電気自動車への音声警告については視覚障害者団体からの要望ということもあり、そういう側面も考慮しなければなりません。

    ユーザーID:8698809682

  • どうもありがとうございました

    まとめレスになりますが、どうもありがとうございました。

    交差点での巻き込み防止のためであることは十分存じておりましたが、赤信号での停止時にもずっと発声している必要があるのか疑問に思っておりましたが、必要だとの意見が多数でした。非常識とのことですので、我慢することにします。

    これ以外には特に現在の住居に不満はないので、引っ越すことは考えていません。

    重ねてご意見ありがとうございました。

    ユーザーID:4880793799

  • 自己中心的なトピ主

    自己中心的な考えもここまで徹底するとすごいです。

    内輪差による左折巻き込みや、バック中に子供に気づかなかったり・・悲惨な交通事故の実態をご存じないのですか!?

    全ての車にアナウンスをつけるべきです。

    「左へ曲がります・・」「左へ曲がります・・」「バックします・・」「バックします・・」

    壮観だろうな・・。

    ユーザーID:6346269974

  • 非常識

    トピ主さんの苦悩、よくわかります。
    これを非常識だとは、とても思えませんが。

    非常識なのは、トピ主さんを叩くレスをする方々の様です。
    さぞや閑静な高級住宅街の、立派な御屋敷にお住まいなのでしょう。
    その分、十分な躾を身に付けておられない様で。
    育ちの悪さが、目に余ります。

    ユーザーID:0886404026

  • 音声を切ることはできます

    ただし「機械的(電気的)には切ることは可能」という意味です。

    会社の規則で、または道交法的に切れるかどうかは、トピ主さんがお願いしようとしている宅配会社に問い合わせる必要があります。

    しかし、トピと8月16日のトピ主さんのレスでは、同じ人?と思うほど文面が違いますね。
    よほどトピ主さんの期待するレスがなかったのですね。

    私もトピ主さんが巻き込み防止のことに精通されているとは思わなかったので、知ったかぶりでレスしてしまい申し訳ないと思います。

    ただ、トピ主さんが「赤信号での停止時にもずっと発声している」ことに疑問を持たれているとは、予想だにしていませんでした。
    トピ中に記述するか、補足レスをしていただければ、よりよいアドバイスができたかも知れませんね。

    お力になれなくて残念です。

    ユーザーID:2822788323

  • 保身も必要です

    >事故があった時「安全対策をしていた」と言い訳するためだけのもの

    違います。
    事故にならないように、事故を未然に防ぐ為のものです。保身という意味では【事後の保身】ではなく【事前の保身】です。

    警告音を鳴らしていても、事故になればドライバーはかなりの割合を自分の責任として処分を受けなければなりません。警告音を鳴らしていてもいなくても処分の重さは変わりません。

    ウィンカーを出しているにも関わらず、強引に左側を直進しようとしたりするバイクや自転車が後を絶たないから、バックランプを点灯させて後退しようしているのに強引に後ろを横切ろうとする人が多いから、悲惨な事故にならない様に、又自らの職を失わない様に対策しているのです。そしてそもそもは大型トラックに装着されたものです。

    ちなみにあの警告音はウィンカーのスイッチに連動しています。
    交差点で信号待ちしている間、左折の為にウィンカーを出せば当然鳴り続けます。

    ユーザーID:9796144763

  • 歩行者の安全のためやむを得ない処置です。

    もし私が自家用車に音声機能を付けて「左に曲がります」だの「バックします」だのとうるさく警告音を
    出して走行していたとしたら、「事故にならないように、事故を未然に防ぐ為に対策して偉いね♪」
    って誉められるでしょうか?・・そんなことないですよね。
    もうはっきりしたようですね。
    「左へ曲がります!」=「歩行者よ。そこのけそこのけお馬が通る」ってことなんですよ。
    要するに、「歩行者じゃまだどけ」ってことです。クラクションを鳴らすのと同じ。

    もしひいたとしても「ちゃんと警告音出して注意を促して事故対策はしていた」って言い訳するんです。
    もちろん、ドライバーは業務上過失致傷なりの処分は免れませんが、運送会社への社会的非難が大きくならないようにと。
    責任をドライバーに擦り付け、業界が非難されないようにという、いわばトカゲのしっぽ切りですよ。
    警告音など鳴らさなくてもドライバーには歩行者の安全を確保して走行する義務があるはずです。
    「右へ曲がる」だのピッピコ言う警告音は、要するにクラクションを鳴らし続けて走る不届きなドライバーと同じ。
    安全対策だのとかなんとか必死に擁護してもねぇ

    ユーザーID:6993253890

  • 他の方法が

    遅ればせですが、興味深く拝見しました。

    社会のルールにうかつに触れると、直ちに社会の敵にされてしまうことが分かりました。ささやかな悩みを解決するには割に合いません。

    我慢はいけません。個人の犠牲を前提とした全体の幸福はありえません。別に、誰かにババを引かせようというわけではありませんから。

    休日の経路や時間の変更など、その会社と話し合えば何とかなる選択肢もありそうです。

    まだご覧になるか分かりませんが、当事者同士での決着を、ぜひ試みてください。

    ユーザーID:2581347973

  • 宅配トラックと路線バスとの違い

    宅配便のトラックより、路線バスの方がずっと大型で内輪差も大きいのに、
    路線バスは左へ曲がります等の音声機能を付けてませんよね?なぜだと思いますか?

    それは、路線バスはつぎのバス停に行く時間が決まっていますので、とくにものすごく急ぐ必要がないからです。

    一方、宅配便など運送のトラックは、時間が勝負なので、早く目的地に行く必要があるわけです。

    つまり、トラックの音声機能は
    「俺たちは早く目的地に行かなければならないんだ。歩行者はノロノロ歩いてないで早くどけ!」
    ってことですよ。

    ユーザーID:9359591856

レス求!トピ一覧