• ホーム
  • 学ぶ
  • 上智大学外国語学部か東京外語大で英語を専攻した方!!

上智大学外国語学部か東京外語大で英語を専攻した方!!

レス30
(トピ主3
お気に入り39

趣味・教育・教養

エリザベス

がいらしたら教えていただきたいです。
・1週間の英語の授業数と授業内容
・毎日の予習復習にかかる時間は?
・入学時から卒業時で英語の能力はどのくらい向上したか
・在学中の正規留学に行くのはどのくらいいましたか?
・就職は有利でしたか?
・就職後に企業から派遣されて留学や駐在になる確率はどのくらいでしょうか?女性でも選ばれる確率は高いですか?
・高校生の頃の英語の一日の勉強時間はどのくらいでしたか?
・英語以外に第2外国語はどの程度身につけましたか?
・在学中にとった英語関連の資格は?
・学生時代のアルバイトで英語関連のものはありましたか?
などなど何でもよいのでお教えください。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:2228125219

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数30

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 上智外英2001年卒業です・その1

    (以下は1997年〜2001年当時の内容です。最新の情報は、大学主催のオープンキャンパス等で自ら進んで収集されることが必要だと思います。)

    ・1週間の英語の授業数と授業内容
     → ・必修: 入学試験の成績を元に、A〜Hクラスに分けられ、所属するクラスによって担当教員や内容(担当教員の趣味みたいなもの)が相当異なりました。英米文化(週2)、英語コミュニケーション(週2)では、私はディベートや、プレゼンテーション(ちょうどMSパワーポイントが出たてのころだった)、英語劇などをやりました。英作文(週1)は1年次の先生がとてもよく、結論から書く、結論を導く理由を3つ挙げる、など今でも通用する作文の基礎を教えていただきました。
       ・選択(必修選択): 通訳入門、言語学入門、英国文化研究、日米手話、米国社会学、アメリカ映画論等。英語で行われる授業も多かったです(授業内容についていけるだけの英語力が前提)。他学部の授業も一定数履修できました。

    (続きます)

    ユーザーID:3155772199

  • 上智外英卒業です・その2

    ・毎日の予習復習にかかる時間は?
     → 所属クラスや選択授業によって相当異なりますが、私の場合、たとえばプレゼンテーションの準備に1週間かかる、英作文の宿題に1週間かかる、期末試験に備えてその日の授業のノートはその日のうちに見返しておく、といった感じでした。

    ・入学時から卒業時で英語の能力はどのくらい向上したか
     → よく分かりません。私はいわゆる帰国子女ではなく、高校生全国模試でも英語の点数は取れるほうでしたが、大学4年間のうちに英語がぺッらぺらになった、というわけにはまるでいきませんでした。大学での勉強の興味は、単に英語の習得に血道をあげる、ことにとどまりませんでした。英字新聞を読んで本当に内容が理解できるようになったのも、CNNニュースの英語ならばあらかた聞き取れるようになったのも、就職後も自分で勉強を続け、30歳を過ぎてやっとです。今でも英語の映画を見るときには、日本語字幕の補助がないと、会話の音と意味を完全には聞き取れません。

    (まだ続きます)

    ユーザーID:3155772199

  • 上智外英2001年卒業です・その3

    ・在学中の正規留学に行くのはどのくらいいましたか?
     → 学年で10〜20人?とかだったような…あまり覚えていません。

    ・就職は有利でしたか?
     → あなたが並外れて容姿がよく、はったりのきく、英語ネイティブに順ずるコミュニケーションスキルの持ち主でないかぎり、英語「だけ」でまともな会社に雇ってもらおうという考えは危険です。

    ・就職後に企業から派遣されて留学や駐在になる確率はどのくらいでしょうか?女性でも選ばれる確率は高いですか?
     → ポジションに空きがあり、かつ本人の資質がその需要を満たせるならば、その任は当然与えられるでしょう。

    ・高校生の頃の英語の一日の勉強時間はどのくらいでしたか?
     → 高校3年生の夏休みは1日9〜10時間程度を受験勉強に当て、そのうち4〜6時間ほどを英語に割いていました。

    ・英語以外に第2外国語はどの程度身につけましたか?
     → 1〜2年次、フランス語の授業が必修で週に2回?あった気がしますが、授業以外に自分で力を入れて勉強しなかったので、卒業までにはあらかた忘れてしまいました。

    (まだ続きます)

    ユーザーID:3155772199

  • 上智外英2001年卒業です・その4(終わり)

    ・在学中にとった英語関連の資格は?
     → TOEIC750点 (就職後970点)

    ・学生時代のアルバイトで英語関連のものはありましたか?
     → 家庭教師、通訳翻訳学校で教室アシスタント …どちらも大学で紹介してもらったアルバイトでした。



    …以上です。長くなって済みません。

    英語学科は、他学科と比べて、英語という隠れ蓑がある分、楽をしようと思えばいくらでも楽ができ、また自分から進んで内容を濃くしようと思えば(時間の制約はあるものの)ある程度濃くもできる、なかなか自由な学科だったと感じます。

    愛校心があるか? と問われると自信がありませんが、好きな学校です。もともと英語が好きで上達したいと思っていました(いまでも思います)し、英語以外の学問分野にも触れるチャンスもそれなりにあったし、受験当時の英語力・通学上の立地条件もろもろも勘案して、上智に入学し卒業したのはまあ間違いではなかった、と思います。

    ユーザーID:3155772199

  • 英米科ではないですが

    僕自身は東京外語大イタリア語科卒なのですが、英米科に何人か友人がいたのでわかる範囲でお答えしたいと思います。
    まず英語の授業のコマ数ですが週6コマです。
    これはどこの語科でも一緒で、1・2年次は主専攻語は週6コマと決まっています。
    予習復習の時間は正直人によりますのでなんとも言えませんが、1日に何時間も予習が必要な授業ではありません。
    せいぜい1〜2時間予習をすれば十分でしょう。
    しかし、それはあくまでも授業をこなすためだけであって、将来本格的に語学に関する仕事をしていきたいと思っていたらさらに勉強の時間は必要でしょう。
    ここら辺はどの学問・学部でも一緒だと思いますが。
    留学に関してですが、短期でしたらおそらく半数以上が留学してると思います。
    1年以上の長期、さらに語学学校ではなく大学への留学となると2〜3割りぐらいに減ると思います。
    就職は全ての語科で言えることなのですが、その専攻語を目的として採用されるというのは非常に稀です。
    ネームバリューは多少あるとは思いますが微々たるものです。
    正直、就職に関して有利だと感じたことは僕自身はありません。
    (続きます)

    ユーザーID:3595517142

  • 続き

    高校時代の英語の学習時間に関しては、僕自身は1日に1時間もやればいい方でした。
    (ちなみに僕が入学した年は英米科よりもイタリア語科の方が入試での偏差値は上でした。←ちょっと自慢)
    副専攻語(外大では第2外国語をこう呼びます)はあまり期待しない方がいいでしょう。
    週に1コマしかありませんし。
    確か英米科の人は副専攻語を2つ取らなければいけなかったと記憶しています。
    僕は副専攻語で英語とスペイン語を取っていましたが、スペイン語はもう挨拶ぐらいしか覚えていません。
    また副専攻語意外にも研究言語という科目があって、その科目ではけっこうマニアックな言語を学ぶことができます。
    それも週1コマしかないので入門の入門程度ではありますが。
    ちなみに僕はラテン語、サンスクリット語、ノルウェー語を研究言語で取っていました。
    資格、バイトに関してはよく覚えていないのでお答えできません。
    すみません。
    最後に、上智か外大で悩んでいらっしゃるようですが、外大生の中には英語を学ぶなら上智の方がいいだろうという共通認識があったことをお伝えしておきます。

    ユーザーID:3595517142

  • 東京外語大学卒です。

    ごめんなさい。スペイン語専攻ですので質問へのお答えがちょっとずれます。

    上の方もおっしゃってますが英語を学ぶなら上智の方がいいという話しは私も聞きました。

    ただ国立と私大なので学費が全然違います。年間50万強と150万弱。
    この学費の差が留学に出るのか外大の留学率はかなり高いです。
    正規留学者も大学を通したり自分で探したりで私の周りでは半数近かったです。

    就職に関しては外大の強みはかなりあると思います。
    公務員狙いなら女性でも駐在・留学の話しも互角にあります。

    在学中はスペイン語専攻でも英語関連のバイトは沢山ありましたよ。
    私はよく外国人の東京観光案内をしていました。日給がいいので。

    外大は多摩の自然の多い閑静な場所にありソフィアとは趣きも違いますが
    本当に様々な言語が飛び交う学ぶには最適な環境だったと思います。

    受験生ですか?
    オープンスクールで学び舎を肌で感じ有意義な4年間をお過ごしください。

    TOEICは880止まりでなかなか900の壁を越えられない情けない私から心よりエールを送ります。

    ユーザーID:7724195422

  • 他大学卒ですが、商社勤務です

    >就職は有利でしたか?
    >就職後に企業から派遣されて留学や駐在になる確率はどのくらいでしょうか?女性でも選ばれる確率は高いですか?

    だけお答えいたします。

    5大商社勤務ですが、トピに上げられている大学卒の方はほとんどいらっしゃいません。なぜなら、英語だけでは勝負にならないからです。
    (あ、隣に座ってるのは外大ロシア語だ)

    これだけ多くの帰国子女がいる中、英語が出来る出来ないは二の次です。英語を研究されても就職後には生かされないのです。経済や経営を学ばれても実務には不向きですが、経済・会計用語の意味が解れば話は少し早いです。
    (英語を使って会計方法の討論ができるなどなら、OKです)

    企業の留学・駐在は英語圏だけではありません。
    就職の為の英語科選択ならば、お勧めできませんね。
    喋れるようになりたいのなら、海外の大学を選ばれては?

    ユーザーID:2154674710

  • 全く横:パワーポイントは90年からあります。

    MS DOSの時代から仕事でPCを使っています。

    全くの横で申し訳ありませんが、mさん、PowerPointは1990年にはすでに出ています。私は1990 PowerPoint 2.0 for Windows 3.0の頃から使っています。

    失礼いたしました。

    ユーザーID:6905302295

  • すいません、私も英米じゃないんですが

     イタリア語学科の方が出てきていたので私も思わず出てきました。と言っても北区にあったキッタナイ外大でしたので、今の綺麗な東京外国語大学は全く知りません。すみません。

     で、英語の授業のコマ数ですが、全く覚えていません(笑)

     学校の6割が留学、だけではなく、留年の経験をもって卒業します。だから皆さん卒業年で言われてもさっぱり誰だか分かりません。入学年度で同期とかわかります。

     上智大学の方が多分就職にもその先の英語生活にもずーっと有利だと思いますよ。ほんとに。

     高校の時に、英語の「勉強」はほとんどしませんでした。でもセンターでは英語は満点でした。今やっても満点取れます。


     就職には全然有利じゃないと思います。就職活動の説明会の際に、学生が「やっぱり国立は駄目ですね」とか言ってました。学校が就職のサポートをほとんどしてませんので、全部自分で頑張るしかありません。

     外大に入るなら先ず将来の見通しと自分の目標をしっかり持たないとかなり遠回りすることになると思います。

     その遠回りは何物にも代えがたい、素晴らしい経験ですが。

    ユーザーID:6845378917

  • 結構前の英米科卒・その1

    90年代に英米科におりました。基本的には東京外語大卒様の仰ることと同じですが、私もお邪魔させていただきます!

    ・毎日の予習復習にかかる時間
    予習が週(!)に1、2時間程度で、その日授業で当たりそうなところを読んでいくくらいでした。テキストの和訳が中心になるような授業ですとみんな大概初見で訳せるので予習が必要なかったり…。復習はしませんでした。宿題はたまにエッセイがあったかな…。でもエッセイは2時間もあれば書けますし、試験以外で勉強に追われることはありませんでした。

    ・英語能力はどのくらい向上したか
    私が不勉強だったせいで在学中には英語能力はあまり向上しませんでした。会話力についてはむしろ落ちたかも。英米科(当時)では、「ここは英会話学校ではないので、会話力を向上させたければ自分で語学学校に通ってください」といわれていましたね。あと、必修6コマのうちひとつでも落とすと翌年全コマ取り直しでしたから、1、2年のころはとにかく必修科目を取りきることに神経を使いました。自分で目標を持って語学を向上させるのは3年目以降、でもその頃には就職活動が始まって…あ、完全に言い訳です。

    ユーザーID:1940709269

  • 結構前の英米科卒・その2

    ・留学
    長期は1学年で2〜3名だったと思います。帰国子女や高校留学経験者がかなりいて、経験をつむために留学するというよりは、学びたい学問があって留学するという印象です。また、国立大学ですから経済的に大変裕福な人はそれほどおらず4年できっちり卒業しようという人の方が多かったです。

    ・就職
    私たちの時は中国ブームだったので中国語学科から売れました(笑) 英米科はある意味つぶしがきかない(=みんな英語くらい使える)ので優遇された感じは全くありませんが、不況でもみなそれなりのところに就職しました。

    ・就職後の留学や駐在
    企業の方針にもよりますが、現在の職場は男女問わず駐在・留学が可能です。ただほとんどの人が何かしらの語学が出来るため、英米科だから優先的に派遣される事はありませんし、専攻語外の地域への赴任もあります。就職したら語学力より仕事力の方が重視されるのでは?就職時には希望される企業で女性がどのように活躍しているか十分調べましょう!

    ・高校の頃の勉強時間
    会話学校で週1、2回個人レッスン(1回1時間)、ラジオ(毎日30分)、受験英語は1日1−3時間でしょうか。

    ユーザーID:1940709269

  • 結構前の英米科卒・その3

    ・第2外国語
    私はスペイン語をとりましたが、1~10まで数えるのと挨拶しか出来ません(苦笑) 頑張っていた人は検定2~3級レベルまで上達していました。

    ・英語の資格
    在学中はTOEIC900点、就職後は950点。英検は高校時代に準1級、1級は取るのをやめました(苦笑)

    ・アルバイト
    翻訳(映画、書籍)の下請けや展示会・イベントの通訳などがわりと多かったと思います。

    外語大では実践的な英語力より学問としての英語を学んだので、就職を視野に入れると正直物足りなさも感じました。しかし、語学は与えられた環境には関係なく、自ら目標を持って勉強しなければ上達しないものだと思いますし、外語の小規模大学ならではの良さで、サークルに入らなくても他科にもたくさん友達が出来ましたし、今は近隣大学との単位交換制度もありますから得がたい経験が出来るのではないかと思います。私は外語大でよかったと思っていますよ!

    受験頑張ってくださいね。

    ユーザーID:1940709269

  • 就職つれづれ・前

    上智同期生の友人(女性)のご主人は、他大卒・5大商社勤務ですが、彼は折り紙つきの帰国子女です。彼が何大学何学部のご卒業で何を専攻されたか失念しましたが、英語能力も買われ、トレーダーとして第一線でご活躍とのことです。

    就職にあたっては、自分の興味の分野に加え、根本的な性格・向き不向き、という要素がことさら重大に影響すると思います。
    いくら英語ができても、根が大雑把で細かいところを詰めるのが嫌な人に会計や経理はやはりつとまらないと思います。また、さほど英語ができなくても、度胸千両で海外ビジネスの開拓に辣腕を振るう人もたくさんいます。

    (書き出すと長いのです)

    ユーザーID:3155772199

  • 就職つれづれ・後

    周囲の話を聞く限り、上智外英は他学部他学科・また国内他大学と比べて、「英語」にさらされる、ひいては「英語をツールとして使う」機会(時間・量)はやはり圧倒的に多いです。(首都圏で匹敵するのはおそらく外大、ICU、慶応SFC…ぐらい? ああ、あとテンプル大学)
    一方で、「英語でのコミュニケーション」に上達したいだけなら、英会話学校へ通えば、あるいはNHKラジオ英会話でも、本人の素質と努力しだいで十分可能、ということも真実です。

    ご自分がいったい何に一番興味があるのか、何が得意なのか、を正直に量ってみて、その興味の内容が上智外英・外大英語科に通うことで深められそうか・磨かれそうか、という観点から、大学案内のパンフレットを読んだり、ウェブサイトを覗いたり、機会があれば在学生や卒業生にも話を聞いたりしてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:3155772199

  • ご指摘ありがとうございました

    >どこでもペンギンさん

    大変失礼いたしました。

    ユーザーID:3155772199

  • 東京外語は就職は悪くない

    表題の通り。
    商社の方が「外語や上智はいない」と仰ってますが(お隣の方は外語だそうですが)、東京外語の場合、卒業生の数を考えてください。
    年間600人台で、これは例えば早稲田大学の5%にもなりません。
    あと男女比率も。
    どこの大学だろうと、女子はやっぱりハンデがありますが(このレベルの大学だと一般事務職の就職活動は聞きません)、外大は7割近くが女子ということを考えても、母数が全く異なるのを認識してください。
    私の周囲の男子学生は、極端に面接で不利そうなタイプでない限り、殆どがいい企業に入ってます(もちろん5大商社含みます)。

    女子も勿論、難関のマスコミに入っている子もいますし、海外に駐在したり、長期出張が多い人もいます。
    国際公務員などを目指して、退職して現在海外有名大学の院にいる子も複数います。

    ただ、外語大は英語科(私の時代では既に英語科でした)含み、語学だけの学校ではないですし、会話に重点も置かれてません。
    やはりアカデミックな機関です。会話などは自分で訓練して勉強すると思ってください。

    ユーザーID:0638334132

  • reiさま!

    >卒業生の数を考えてください。
    >年間600人台で、これは例えば早稲田大学の5%にもなりません。

    そうですね!おっしゃるとおりです。
    すみません、ミクロで判断してました。


    >このレベルの大学だと一般事務職の就職活動は聞きません

    一般職での応募であれば、イの一番に採用だと思います。でも勿体無いか。
    トピ主さんが留学・駐在とおっしゃっていたので、やはり総合職をご希望ですしね。


    トピ主さん、頑張ってください!

    ユーザーID:2154674710

  • 英語力向上以外にも目を向けて 1

    90年代に東京外国語大学の英米語学科に在籍した者です。
    質問内容から察するに、トピ主さんは、現在高校生で、英語が大好きで、将来は英語力を使って仕事をしたいと考えておられるのでしょうね。
    「留学したり海外駐在員として働いたりもしてみたい」と思っていらっしゃるともお察しします。
    私も、こういうタイプの高校生で、がんばって勉強して大学に入学しました。

    入学後、思ったのは、reiさんも書いていらっしゃるとおり、「大学はアカデミズムの場であって、英語の運用力を向上させるだけの場ではない」ということです。
    東京外国語大学も、上智大学も同様だと思いますが、外国語学部では、該当言語の地域の文化、歴史、経済、社会などについても学びます。
    「英語が使えるようになるかどうか」ということだけに注目しすぎると、入学後、たるい授業に(!)がっかりするかもしれません。

    ユーザーID:6498308073

  • 英語力向上以外にも目を向けて 2

    私の場合、在学時はあまり英語運用力向上の努力はせず、大学で提供されるアカデミックな授業のほうに力を入れるようにしていました。
    英語力のほうは、卒業して数年後に必要に迫られ、がんばって一人で自宅学習して、向上させました。
    高校生の頃に夢見ていたレベル(読む書く話す聞くがストレスなくできて、高度な議論もできる)に達したのは、やっとその頃ですね〜。
    それまでは、外大英米科卒というには、正直、お粗末な英語力でした。

    私は現在、外国語教育に関わっていますが、外国語を習得するためにやらなければならないことって、結構な部分が、地道で、頭よりも体を使う作業なんですよね。
    音読、単語暗記、書き取り、発音練習、CDを聞いて訓練……。
    こういうのって、大学でやってもらわなくても、一人でできますよね。
    そのほうがお金もかからないし。
    話す練習は、一人ではちょっと難しいですが、大学でしかできないわけではありません。
    どちらの大学に入学なさるにしても、大学では、英語力向上以外の要素にも目を向けられることをおすすめします。

    ユーザーID:6498308073

  • 英語力向上以外にも目を向けて 3

    ちなみに、私は外国語教育に携わっているので(教員ではありませんが)、周囲には、東京外国語大学卒の人が妙に多いです。
    母集団(卒業生数)の少なさを思えば、異様なくらい!
    皆さん、とても魅力的な人ばかりで、私も同じ大学出身であることを嬉しく思っています。
    上智大学やICUの人も多いです。
    これらの大学出身者の特長としては、

    ・日本史、世界史、世界の文化・風習などに詳しい。
    ・海外時事に関心を持っている。
    ・外国人への差別心が少なく、彼らの立場への思いやりや想像力がある。
    ・海外旅行が好きで、海外に好奇心があり、話が面白い。(海外トリビアをよく知ってる)
    ・「世界の中の日本」という位置づけで、日本の政治・経済・文化のことなどを考えている。

    といったことがあります。
    英語運用力も大切なのですが、大学で外国語を学ぶことの利点って、上のような視野の広がりが出てくることじゃないでしょうか。

    受験勉強がんばってくださいね。

    ユーザーID:6498308073

  • ありがとうございます

    m様
    大変詳しくお答えいただきありがとうございました。
    入学試験をもとにクラス分けというのは厳しいですね。自分がどのレベルにいるのか、自分にも同級生にもはっきり分かってしまいますから。
    このクラスは4年間そのままですか?それとも毎年成績順にクラス替えがあるのでしょうか?
    帰国子女で日常会話ができてもアカデミックな点ではいまいちなこともあるようですが、日本でどれだけ懸命にに勉強しても英語力で帰国子女にかなわないのですか?
    就職は大学名と英語力だけでは十分ではないのですね。就職後に抜擢されるかどうかのポイントはなんでしょう??
    mさまの回答を読ませていただくと、ただ大学の授業だけ履修しているだけでは十分ではなく、自分で予習や復習が必須で、さらに英語以外の勉強もしないといけないのだなと感じます。上智の外国語学部はのんびり大学生活を楽しむところではなくて、高校時代と同じように勉強をしなければならないというのは本当なんですね。

    ユーザーID:2228125219

  • ありがとうございます2

    東京外語大卒さま
    ご回答ありがとうございます。
    >>就職は〜その専攻語を目的として採用されることは稀です。
    ここが意外でした。就職後に会社でその言語を生かすために採用されるのかと思っていました。
    >>英語を学ぶなら上智のほうがいい
    東京外語大は入試に文系理系を含めてトータルな理解力が求められるから、中学高校時代から主要全科目をしっかりやった人が合格するのに対して、上智の外国語学部の英語は理系が壊滅的だったり英語以外がいまいちでも英語力に関してはトップレベルの人が合格する、と聞きましたが、やはりそんな感じなんでしょうか?入学後も英語の授業は上智のほうが集中的にレベルアップが望めるのですか?

    みゆ様
    ご回答ありがとうございました。
    スペイン語専攻でもTOEICが880点もあるのはすごいですね。

    ぶみ様
    ご回答ありがとうございます。
    商社では英語は出来て当たり前という雰囲気ですか?
    英語は基本でその他にプラスアルファが必要なんですね。

    ユーザーID:2228125219

  • ありがとうございます3

    西ヶ原様
    ご回答ありがとうございます。
    東京外語大が留年率が高いというのは聞いたことがあります。おおらかな校風だからですよね?外国語の勉強だけでなく、島田雅彦さんのようにマルチな才能を持った方がいる大学というイメージがあります。

    外大英米科卒さま
    ありがとうございます。
    >>英米科はある意味つぶしがきかない
    そういう見方もあるんですね。
    >>在学中にTOEIC900点
    素晴らしいですね。これは外大英米科卒様が特にできる方だったからなのですか?それとも平均してこれ位は皆さんとれるのですか?
    >>自ら目標を持って勉強しなければ上達しない
    東京外語大の学生さんでもそうなんですね。厳しいですね。大学はパラダイスのようなイメージですが、皆さんしっかり自覚して勉強しておられるんですね。

    ユーザーID:2228125219

  • 結構前の英米科卒・その4

    TOEICを初めて受けた時は840でしたが、3回くらい連続して受けるとポン!とスコアが上がりますよ。級友のスコアは聞いたことはありませんが、帰国や留学組が多かったので900位取れていたと思います。ちなみに私は出来のよい方ではありませんでした(笑)

    >皆さんしっかり自覚して勉強しておられるんですね。
    専攻が語学という性格上、表面上はともかく!?根は真面目で、りんが様の仰るとおり地道で体を使う作業をこつこつと重ねることが出来る人が多いと思います。
    それでも外大で留年率が高い理由の一つは、英米以外の語科においてアルファベットから文章が読み書きが相当にできるレベルまで2年間で到達するのが大変だということでしょうね。専攻言語への興味よりも偏差値で受かりそうな語科を選んで入学した人に多い傾向でした。

    大学がパラダイス、は、社会人10数年の身から振り返るとその通りだと思います!個性的で面白い級友と過ごす時間、成果に終われない日常、長い休みに海外を放浪することも出来ますし、勉強以外も貪欲に楽しまないともったいないですよ!

    ユーザーID:1940709269

  • 私見ですのでご留意ください・前

    >入学試験をもとにクラス分け
    >このクラスは4年間そのままですか?それとも毎年成績順にクラス替えがあるのでしょうか?

    4年間そのままでした。
    クラス分けが主に履修に関係するのは、1,2年次の必修の英語授業でした。
    が、どのクラスにいるにしろ、自分がことさら気にしてしまえば、4年間頭からは離れないでしょう。
    また、A,Bクラスはほとんどが帰国子女で、バックグラウンドや価値観の類似性から、4年間仲良く居心地よくついつい内輪でかたまりがちなことは事実でした。

    英語学科の授業において、特に外国人教員が英語で行う授業は、教授(という肩書きの神父)の「趣味」の色が濃く、内容ははっきり言って一般教養でした。
    アカデミックな「ゼミ」の分野も数もごく限られ、卒業論文(または卒業翻訳)も必修ではありませんでした。

    ユーザーID:3155772199

  • 私見ですのでご留意ください・中

    >帰国子女で日常会話ができてもアカデミックな点ではいまいち
    >日本でどれだけ懸命にに勉強しても英語力で帰国子女にかなわないのですか?

    上記2点についてはこれはまったくの個人差、個性の違いということにしかならないと思います。
    勉強熱心で才能あふれる帰国子女は、在学中も就職活動時も、大変手ごわい競争相手となるでしょう、勉強熱心で才能あふれる非帰国子女に加えて。

    本人の性格、向き不向き、そして勉強の興味の対象が、見た目華やかで目先の待遇も良い就職につながりやすい人と、そうでない人の差も歴然としてあります。

    たとえばデーブ・スペクター、アグネス・チャン、ダニエル・カール、パックンマックンのパックン、セイン・カミュ、CWニコル、諸氏の違いを思い浮かべたら分かりやすいでしょうか。(日本語を使い仕事をする外国人として思いついた例で、とりあえずテレビに出る人ばかりでごめんなさい)

    できるところからできるだけ努力して、気力と体力が続くように適当に休憩も取って、最後は自分を正直に受け入れることになると思います。

    ユーザーID:3155772199

  • 私見ですのでご留意ください・後

    >就職は大学名と英語力だけでは十分ではないのですね。

    上智大学外国語学部英語学科、のネームバリューはもはや、かつてのような? 輝き・勢いはないと早めに覚悟しておいたほうが、入学後も卒業後も一生を通じて楽です。
    英語を操れることは確かに付加価値のひとつではありますが、「当たり前」ととらえられる場面が、特に企業活動において圧倒的に増えています。
    中身も下世話なブロークン英語は、観光旅行の値引き交渉には大活躍しても、良識(と教養)の求められる国際ビジネス・社交の場では残念なことに何段も低く見られてしまいます。

    >就職後に抜擢されるかどうかのポイントはなんでしょう??

    まず与えられたポジション・仕事で、求められる結果をコンスタントに出す、責任感と能力、ではないでしょうか。

    以上です。
    ご不明な点がありましたらお知らせください。

    ユーザーID:3155772199

  • 外語大=教養学部+語学

    みたいなものだと思います。
    社会科学・人文科学のほぼ全分野を網羅してますから。
    ちなみに私はゼミは経済系でした。ゼミ以外でも開発経済学などスピードが速く、3年以降はこちらばかり勉強していました。
    外務専門職や将来国際公務員を目指す人は、3年以降は法学系か経済系にしていたと思います。
    実は私は前期で東大に落ちて仕方なく後期で外大に入りましたが、東大(文科3類)に入っても、希望の教養学部に進めなかったかもしれないので、外大で選択肢を多く持てて良かったと思ってます。

    あと、私は英語科ではなかったのですが、TOEICは最終的に970点です。在学中は900に到達しませんでした(専攻語が大変でしたので)。
    TOEICは試験慣れすれば上がる試験ですので、本来の英語力(の定義は難しいですが)を正確にはかれるものとは思いません。
    あと、外語の留年率が高いのは英語科以外では1〜2年次の専攻語課程でアルファベットから始めて、ニュースの聴き取りや新聞記事、文学、歴史文献などが読めるところまでやるので大学受験どころではない厳しさでした。
    正直、英語科の人が羨ましかったです(笑)

    ユーザーID:0638334132

  • 横レスかもしれませんが。。

    外大に行こうと海外留学しようと英語能力の向上は自分の勉強次第ではないですか?

    どのくらい向上したか、なんて質問が少しおかしいかも。

    私はアメリカの大学を卒業しましたが、卒業時に英語はほとんどできない。。っていうひとも沢山いました。
    (高校3年までの最低限の英語能力は必要でしたけど)
    私は努力しました。でも専攻の勉強するために必要なツールの一つが英語だっただけです。英語をしに留学したわけでないので。

    専攻している勉強がきちんと分かっていれば英語に自信なくても何とかなってしまいます。

    今は日本企業の駐在員としてパリに在住しています。

    フランス語は独学です。仕事で必要だからです。

    女性でも選ばれる確率ありますか。。って、自分の仕事の能力とその時の会社のニーズがあっていれば可能性はあるんじゃないでしょうか。

    英語もその他言語もプラスα。仕事が出来ない人は、言葉できても意味ないです。
    大学をネームバリューで選ぶのは将来何がしたいかはっきりしてないからでしょうか?勉強がんばってください。

    ユーザーID:8339558101

レス求!トピ一覧