• ホーム
  • 子供
  • 実家に頼って育児をしている人がうらやましい

実家に頼って育児をしている人がうらやましい

レス63
(トピ主2
お気に入り124

妊娠・出産・育児

さびしんぼ

4歳と1歳の育児中の33歳です。去年母親が亡くなりました。

もともと実家は遠く新幹線等を利用して4時間ほどの距離なのであまり帰省はできませんでした。それでも帰省の際は一月単位で帰省して少しはのんびりもできました。しかし母が亡くなり実家に帰省しても慣れない場所・家電での家事・育児を一人でするという状況でより大変になりました。父一人のため家もあまり掃除ができていなくてまず大掃除になるのも辛いです。

最近は上の子が幼稚園に行き実家が遠く頼れない苦労を感じることが多くなってきています(病気や行事などのときなど)最近は実家のそばに住む人が多く同じように年の近い子供がいる人でも何かにつけ実家に頼りのんきな生活をしている人をみて妬ましくなります。それでもママ友と助け合ったりなどして普段はそれなりにやっています。でも夏休みなどになるとさすがに実家に帰り羽伸ばしてくる!というのを聞くと改めてさびしさも感じます。子供が病気などして寝れない日が続くと「ゆっくり休める日は来るのだろうか」とかお友達から子供が入院したので下の子を実家に預けていたという話を聞いたりすると「そうなったらどうなるのだろう」と考えると涙がでてきます。

私は母ととても仲が良く大人になっても些細なことでも相談するような関係だったので精神的にもダメージをぬけきれていません。もちろん母がもういないというこの事実は何より辛いし悲しい。でも辛いときに助けがないと思う恐怖。私は母親でありながら幼すぎるのでしょうか。

夫は激務で家庭のことはあまりできませんが理解はあり手抜きや一時預かり利用などは推奨してくれます。

「実家が近いからやっていけてる」とか「一人でえらいね」とかいう話を聞くたび怒りすらわいている自分が嫌です

ユーザーID:5244963174

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数63

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • なんとかなる

    欲しくて産んだ子どもなんでしょう?
    欲しいけど授からずに悩む女性もいます。
    辛口ですが、そんなに先のこと考えられるんだった、生まれてからのことを考えてそもそも子どもをつくらなければいいじゃんって思いますね。
    親とはいつか離れるもの。子どもを作ると思ったときからそういった覚悟はなかったんですか?

    申し訳ないですが育児のしんどさをわかった上で私が思う本音です。


    先のことを考えることは必要ですが、ネガティブになる程考えるのはやめましょうよ。
    一人でがんばってるねーは褒め言葉。
    いざとなれば、超手抜き&一時保育!!

    なんとかなる!って思って育児頑張ってください。

    子どもさんの手が離れたら、よくやったよなーって笑って振りかえれますよ。

    ユーザーID:4103565944

  • がんばんなよ

    こどもになにかあったら、どうしたらいいんだろうって、わたしも思います。トピ主さんのお子さんがまだ1歳だったら不安なのも尚更でしょう。

    一時預かりなど、もっと預け慣れしてはどうでしょうか。
    実家を頼れるママ友に頼ったりしないで、自分でこどもを預けられる先を見つけて、定期的に預けるようにしてはと思います。慣れたら預けるコツがわかって、気持ちも慣れますよ。
    家事手伝いなどをみてくれるサービスも探して。

    もしお子さんが病気になって困ったとき、入院にでもなったら、入院したほうのお子さんは入院先でなんとかしてもらえます。
    泣いてすごく大変かもしれないけれど、病院にいる以上、なんとかなるものです。そういうお子さんたくさんいますよ。

    うちの下の子が入院したとき、上は小児病棟には入れず、病棟のガラスドア越しに、こどもが二人泣いて、右往左往して、パパは出張で遠くにいて、わたし一人。誰かーなんて泣きましたけれど。

    身内は旅行でいなかったんですけどね。いたって、頼れないほうがつらい。

    亡くなったお母さんが見守っています。がんばって。

    ユーザーID:7173950725

  • 全く同感です。

    激しく同意します。
    実家を頼れる人は、育児が大変だとか頑張ってるとか私の前では言ってほしくありません。レベルが違うんです!
    うちは両親健在ですが、訳あって実家に頼れない育児をしています。
    子供2人とももちろん里帰り出産していません。激務の夫とふたりでのりきりました。
    しかたないと思っていましたが、子供の成長と共にまわりとの付き合いが増え、実は自分が少数派だと気づき、寂しさが日々増しています。
    乳幼児期の手間のかかる時期も大変ですが、学童期、反抗期に核家族だけで過ごす子供への弊害も感じています。
    且つ、親の近くに住む姉が全面的に協力してもらっているため、不公平感も強いです。
    人をうらやんでも無駄だし、自分の持っているものに感謝しなきゃと言い聞かせていますが、実家のおかげで仕事が続けられている人や、帰省して親子でリフレッシュしている人たちに会うたびに卑屈になる自分がいます。
    特に今年の夏は体調を崩し、子供達にかまってあげられないので不憫です。

    ユーザーID:2575780368

  • 今甘えている人達もいずれ変わる時が来る

    これが40、50代になると話しは変わります。
    介護が始まる人も出て来ます。
    70代の母は今どき感覚で見かけは若いとはいえ
    本人がまず時間は有限だと思うのと、娘であるこちらも
    そう実感します。
    介護がまだ先の場合でも、母のちょっとしたサインには
    敏感になります。本人より娘の方が。
    「最近、だるくて朝起きれないの」なんて母から言われたら
    即検査を勧め、本人が拒否しても病院には連れて行きます。
    80、90代になってくると娘は「母を庇護する立場」
    要は、トピさんも友人さん達もまだお若いのだと思います。
    お子さんが中学生になる頃は状況変わると思いますし。
    もしその頃になっても「実家で楽ちん」的な発想ならば
    それこそ、母親が倒れたり、先に逝かれたりすれば
    甘えていたツケが来て大変だと思います。

    ユーザーID:2952613494

  • あきらめる

    >怒りすらわいている自分が嫌です

    あきらめることです。
    30年以上生きていればあきらめることにも慣れているはずです。
    人間は生まれながらに不平等です。
    自分の努力ではどうしようもないことはあきらめるしかないのです。

    あなただって「子がほしいのに恵まれない方」から見たら「贅沢な悩み」と殺意を抱かれているかもしれません。

    無いものねだりで悶々とする人間でいるより 
    あるものに感謝する人間となれるように(努力で)変えていくべきです。

    ユーザーID:2516189644

  • 自立してこその自信

    私は海外在住で夫の親族も遠方のため(車で飛ばして3時間)、子どもが12歳になる現在まで基本的にすべて夫とふたりでなんとかやってきました。子どもがまだ幼いときは突発的に熱を出したりするので定期的な仕事に就くことを躊躇し、単発のアルバイトを重ねて乗り越えてきました。

    夫の仕事は学校の教師なので、学校の休み中に何かあればもちろん夫の手も借りられたことは大きいと思います。 けれども、それ以外は当然私ひとりしかいないわけで、子どもと同じ風邪を引き、頭がクラクラしながら、無理に家事をしたり買い物に出たことも数回あります。
    そのたび「親がいてくれれば」とか、頼れる人が羨ましいとも思いました。けれども、病気や怪我も何度かすれば我家なりの対処法ができ上がるし、「ちょっとやそっとのことなら平気」という自信もつきます。そんな親の背中を見て、長男も自分の身の周りのことは率先してやり、簡単な夕飯なら作れるようになりました。親の自立した生活態度をしっかり学んでいると思います。私は自分の苦労は無駄ではないと思っています。今は、かえっていついなくなるかわからない親をあてにして暮らすほうがよほど怖いです。

    ユーザーID:9183942551

  • 与えられた環境を受け入れる

    お母様を亡くされたこと、トピ主さんにとってどんなにかショックだったでしょうね。自分で思う以上にきっとダメージは続いているのだと思います。

    ないものねだりをしても仕方がない、と、きっとトピ主さんもおわかりなのだと思います。小町では、子どもの世話に関して、実家や義母との摩擦・軋轢等、「もーひどいでしょ? どうしたらいい?」というトピックスも結構ありますからね。

    私は、3人の子をどちらの親の世話にもならずに育てました。大変なこと、ひやっとしたこと、連れていった先で子どもが走り回ってひどく怒られたこと等々、たくさんあります。子どもが小さいときはお散歩ひもは必須でした。安全のためと、周囲への迷惑を最小限にするため。

    誰もが、自分に与えられた環境でベストを尽くすしかない。
    他の人は親にやってもらっているのにと思うと、自分だけがこんな苦労をして、と思っちゃいますよね。でも、自ら引き受けたものについては、そうは思わない。親になるのは一種の修行じゃないかと今にして思います。親の今までの生き方を変えてしまうのが子ども。しっかり向き合ってがんばってください。

    ユーザーID:9529868845

  • 甘いね

    甘いね、その考え方。

    私の実母は、車で15分の距離ですが、私が育児で大変な時期母は仕事が忙しくて。近くにいながら頼れませんでしたよ。
    長男が入院した時ですら、次男を連れて母子三人で一つのベッドで一週間泊まり込んだほど。夫も休めなかったし。

    最初から「頼りたい」と考えるから辛くなるんです。
    あなたももう人の親なんだから、甘えは捨てるべき。

    ユーザーID:4371123563

  • 千葉在住で実家が九州なので

    私も2児の出産時以外、子育てで親の支援を受けたことはありません。
    夫の実家も遠く、夫も仕事が忙しいと手伝ってくれず、子どもが小さいときはとても辛いでした。
    地元で働き出産した妹は、なにかにつけて母に手伝ってもらっているので、妹をうらやましく思うことがとても多いですが、
    自分で選んだ生活だと割り切るしかありません。
    私は下の子が小学生になってからフルタイムの仕事をはじめて、子どもを学童保育に預けたのですが、ママ友がたくさんできて、子どもを預けあったりすることができました。
    自分の状況を前向きに考えて、子育てしていきましょう。

    ユーザーID:1210685375

  • ご主人に頼りましょ

    支えをなくされて、さびしく、子育ても一番大変なとき、心身ともにお疲れでしょう。理解のあるやさしいご主人でよかったですね。ひとりになられたお父様のこともご心配でしょう。実家が近くて何かと頼って子育てをしている方をうらやましい、また腹立たしいと思ってしまうのは当然です。今は自分ほど苦労している者はいないような気持ちでいらっしゃるかもしれませんが、いまがピークでお子さんの成長とともにすこしずつ楽になってきますよ。私の場合、4歳の娘と1歳の息子を連れて主人がハワイに連れて行ってくれました。そのころは私もとても疲れていて主人が行こうと言い出したときは気が重かったのですが、1週間のホテル暮らしは本当にいい骨休めになりました。三度の炊事もなし、洗濯もなし、掃除もなし、あらゆる家事、雑事からこれほど解放されるのは実家への里帰り以上ですよ。ハワイや海外である必要はないので、ご主人がまとまったお休みがとれれば、ぜひ、国内や近場のリゾートホテルにでも滞在してみてください。

    ユーザーID:1470645270

  • 私もです

    去年卒園しましたが、幼稚園に入ってから、余計にそう思いました。私は関西に住んでいて実家が九州です。
    うちは、病気などの事を考えたら一人っ子です。これでも大変な気がします。(遊び相手が居ない)側に居る人々は、自分か御主人が関西(それも側)に住んでいる人が多く、手伝ってもらっています。

    幼稚園を決めたり、幼稚園でモメごと(園の先生に苦情など)があるたびに最近は祖母が出てくる人が多く、バカにした気持ちと、羨ましくもあります。
    また、3人も子供が居て祖父母に預けてパン教室へなど聞くと、、(習い事は大抵午後なのです。調査済み)、また、上の子の習い事のために下の子を預けるとか、、聞くと、どうしても羨ましいです。先日は祖父母が習い事の送り迎えをしていました(娘は働いているとか、、)。

    小学校に入ったら、学童が終わったら迎えにくるのは祖父母。ご飯も作ってもらっています。「子供に何かあったら、、」(病気などで休むとか)と思うと、私は働けません。

    主人の体調を考えると、家事や育児の手伝いを申し出るのもはばかられるし、最近は寝るのも私と子だけ、、。主人には好き勝手させてあげています。

    ユーザーID:6005311257

  • それで?

    >最近は実家のそばに住む人が多く同じように年の近い子供がいる人でも何かにつけ実家に頼りのんきな生活をしている人をみて妬ましくなります。
    ⇒自分で嫌と思っていらっしゃるようで、発言を見ていても、確かに性格が歪んできているように見えます。

    相談のためにトピを立てられたのでしょうが、読んでいる人に対して一体どんな意見を求めていらっしゃるのかこの文章では読めないですが、一人親家庭でないのでしたら、そのご主人もしくはご主人の実家にでも頼ればいいじゃないでしょうか。お母様が亡くなられたお気持ちお察ししますが、
    それぞれ家庭の事情はあり、また実家を頼りにして生活している家庭があるということを理解してください。それでもりのんきな生活をしている人をみて妬ましくなりますか。

    ユーザーID:8510937990

  • 他人と比べない

    双方の実家の援助を受けずに、二人の子供を育てました。

    一人目の時は、育児書にふりまわされ、こうあるべき論にどれほど悩んだかわかりません。
    本当に苦しかった。
    周りがご実家に頼っているのを見て、本当にうらやましかった。
    でも自分たちが望んだ、自分たちのこどもです。
    慣れない中、夫婦で試行錯誤してやってきたことは
    家族にとって大きなプラスになると思います。

    親御さん世代の方たちは、うれしさの半面苦労もされています。
    何カ月もご主人を残したまま実家に居座っている奥さんたちを見て、
    「誰の子どもが生まれたのか」と疑問に感じたりもします。

    人を羨んでも、現状は変わりません。
    大変でしょうが、ご主人が、手抜きを奨励してくれていることですので、
    どんどん楽になる方法を考えて、お二人で無理のない育児をされていくことをお勧めします。
    大変なのは、長いようで過ぎてしまえばほんの一瞬です。

    我が家は夫婦二人で育てたことででしょうか、
    娘二人ですが、父親ともずっと仲良しで育ってきましたよ。

    ユーザーID:2375399766

  • お察しします

    お母さんが亡くなられた悲しみが大きすぎるのでしょうね。加えて4歳と1歳の育児では大変です・・。悲しい時や、あまりに大変な時、人を妬んでしまうのもそのせいで、心が幼いということじゃないと思います。
    ちなみに私は、小学生から乳児までの子持ちで共働き。子供が病気して仕事を休めない時、預け先に悩みます。実家は近いですが育児面ではあまり頼れません。母は孫はかわいいですが体力的に子供を預かることがあまりできません。夫の実家は喜んで預かってくださるのですが、うちに手伝いに来るのは遠慮があるようで来ては頂けないです。車で1時間の距離なので仕事の前に預けにいくには遠すぎます。トピ主さんと事情は違うけど近くの実家を頼れる人や、子供が病気の時お姑さんが遠方から新幹線で来てくれるという家はやはり羨ましいです。
    悲しい時に恵まれた境遇の人と接するのは、辛いです。周りには、実家に頼れる人だけではないと思います。しばらくは羨ましい境遇の人とのつきあいは薄めにして、似たような境遇で頑張っている人を見つけて、励ましあったり愚痴をいいあったりできたらいいですね。
    きっとそのうち悲しみを乗り越えられる日がくると思います。

    ユーザーID:3630946558

  • 人と比べても仕方が無い

    さびしんぼさん、お疲れなんですね。
    でも私からしたらさびしんぼさんの方がずっと恵まれていますよ。
    だって普段はママ友さんと助け合ったりできるんでしょ。
    私なんて近所にママ友さんなんていませんよ、もちろん頼る実家もありません、
    そのうえ義母さんの介護をしています。もちろん子供を抱えてです。
    でも、私は誰も羨ましくも疎ましくも思いません、だってそんなことを思っても何も変化しないし誰も助けてはくれないからです。
    自分のできる範囲で頑張るしかないんですもん。
    だから前を向いて頑張るだけです。
    隣の芝生をみてもキリがないですよ、自分の生活の範囲で楽しみや幸せを見つけるんです、
    子供がいてご主人がいて、楽しい事沢山あるでしょう?
    実家に帰ってのんびりしてダラダラしている人より、自分は頑張っている!私はたくましい!!って自慢しちゃいましょう〜
    ご褒美で何か美味しいものを食べたり、夜中に好きなDVDを見たり、大好きなアーチストのライブに行ったり、私はそうやって日頃の疲れをいやしていますよ!
    自分だけがさびしんぼじゃないです、世界には同じように思っているけど頑張る人はいますよ。

    ユーザーID:5784773987

  • 「故人を悼むこと」と「育児」、切り離して考えてみては?

    お母様を亡くされたのですから、悲しみも喪失感も当然だと思います。つらいですよね、お悔やみ申し上げます

    ただ、悲しみが癒えないことと、育児が大変であることをごっちゃにして考えている様子なのが気になりました。他の人が羨ましいようですが「親が育児を助けてくれて羨ましい」のでなく実は「母が生きていて羨ましい」のではないですか?

    この二つ、一緒くたにしていまうと、なかなかマイナス思考から抜け出せない気がします。

    育児は親の仕事なのですから、お母様は関係ないはずです。実家に頼れない人は世の中いっぱいます。さびしんぼさんもこれに関しては「よそはよそ!うちはうち!」と頭を切り替えたほうがいいと思います。(実は書き込みを読み、一か月も帰省する人がいるのか!ととても驚きました。私も諸事情により実家に頼ることができないのですが、最初からなので、大変だとは思っていませんでした)

    お母様を亡くしたことに関しては、心が癒えるにはまだ時間がかかると思います。私は時間を過ぎるのを待つことぐらいしかしたことがないのでアドバイスはできませんが、一刻も早く喪失感が和らぐことをお祈りいたします。

    ユーザーID:3519011091

  • 大変でしたね

    昨年お母様を亡くされたのは、下のお子さんが産まれたばかりの頃でしょうか。
    上のお子さんもまだ手のかかる頃でしょうし、そんな中で支えになってくれる存在を亡くされたのは大変辛かったでしょうね。私も3人目を妊娠した頃、突然母親を亡くしたのでお気持ちをお察しします。
    さびしんぼさんと同じように、幼稚園の行事で下の子が熱を出した時などには、ご実家が近くにあるご家庭がとても羨ましかったです。「おかあさーん!」って泣ける自分の子供すら羨ましい位!

    でも子供はいつまでも小さくありません。あと数年もすればお世話の面では手がかからなくなります。
    先日、夫が子供たちを連れて遠方の義理の実家へ行った日には、とーっても静かな時間を過ごせました。もう少し大きくなれば、日帰りなら大丈夫かも?

    今はそんな日がずっと先に思えますよね。それはもう、一番大変な時ですから。
    でもこんな時だからこそ、周囲の方も大切に。支えてくれるママ友さんや理解のある旦那さんがいてくれる事は素晴らしい事ですよ!
    お母様を亡くされた穴はそうそう簡単には埋まってはくれないと思いますが、少しづつ時間が心を軽くしてくれる事をお祈りしています。

    ユーザーID:7652010555

  • 35歳・子持ちです。

    さびしんぼ様 はじめまして。

    お母様を亡くされた悲しみ・・お辛いですね。
    私は、両親は健在ですが、兄がハンディキャップがある為に、いまだに両親が兄の世話をしているので、全く実家に頼ることなく子供を育ててきました。(現在も子育て中です)
    夏休みに子供をつれて帰省してもあまり良い顔をされないので、ほとんど帰省していません。
    もともと、転勤族ですので、実家の近くには住んでいませんが、それでも自分が辛いときに親を頼れないというのはきついものがありますよね。
    私の場合は子供がまだまだ幼い時、私が体調が悪くどうしようもない時は、近所のママさんが助けてくれました。一時預かりにお願いしたこともあります。

    私は、こう思います。子供って、お母さんを見てるんですよね。最高の子育ては、お母さんが子供にお手本を見せることだと思っています。実家に頼って、楽ばかりしているのも見ています。さびしんぼさんが、誰にも頼らないで、一生懸命子育てをしている姿も見ていると思います。

    真の母の姿をお子様達に見せてあげてください。きっと、将来お子様の財産になると思います。

    少しだけ子育て先輩より

    ユーザーID:3317906717

  • 判ります。

    同じ年の者です。
    お母様がお亡くなりになったとのこと、本当にお辛いですね。
    幼すぎるなんてこと、決してないと思います。当然の感情かと。

    私はまだ子供は居ませんが、新婚旅行のツアーで熟年のおばちゃまたち数名に「子供産んでも仕事は続けなさいよ!うちの娘も続けたわよ!」と言われました。よくよく話を聞くとその方たちは娘と家が近く、夕ご飯などかなり協力しているんですよね。
    私は実の両親・夫の両親とも遠方です。今子供を産んで仕事と両立させる自信が全くなく、産みたいという気持ちになりません。

    人は自分でも気づかぬうちに、ぺらぺらと勝手なことを喋って、自分の知らないところで他の方に不快感を与えてしまうのでしょうね。(自分も気をつけないと・・)産まずに逃げている私から見て一生懸命育児なさっている主さんは尊敬です。
    羨ましい。私もよく思います。あの人は○○だから羨ましい。でもきっと自分の生活が満たされてないからそう思うのかも。本当の自分のモヤモヤは何だろうって思います。それに実親、義親から育児に干渉されている方の中には、鬱陶しくて自分たちだけで子育てしたい方もいるかもしれませんね。

    ユーザーID:3959184664

  • わかります

    そして、がんばってるね、と抱きしめてあげたいです。
    私自身、海外で子育てをして頼るは夫だけ、なにもわからないところでひとりきりで心細い思いをして暮らしていました。
    日本から母親が手伝いに来てくれる、という人がうらやましくて泣いた事も何度もあります。

    そばに親がいない状態で歯を食いしばって育児をしている人はたくさんいるはずです。
    まずは、ちょっとの時間からインターネットのSNSを利用して、悩みをわかちあったり相互扶助のサークルを作るのはどうですか?
    ご主人も協力的なようですし、お母様を思い出して悲しくなる気持ちを封じ込める必要はないですが、太陽の様な母を目指して一歩を踏み出してみましょうよ。

    でもね、さびしんぼさん。
    私自身の若いころの心細くてひとりぼっちになったようなあの切ない気持ちを今あなたが抱えていると思うと、本当にたくさん助けてあげたい気持ちですよ。

    おかあさんさみしいーって、娘の気持ちで泣いて、そして次の日はおかあさん君たちが大好きだよって母の気持ちで笑う。
    繰り返していくうちに、きっと太陽の様な人になれますよ。
    きっと今が財産になります。
    えらいですね!

    ユーザーID:0306622347

  • そりゃ〜、羨ましいですよ。

    子どもは3歳と0歳(先月生まれたばかり)です。
    私も実家を頼れません。
    元々両親がいわゆる毒親な上、東京と札幌と離れていて、しかも父は認知症なので
    母は家を空けられないし、危険なことばかりする父のいる実家には絶対に帰れません。
    夫は優しい人で、協力的ではありますが激務なので頼れません。
    私も、醜いとは思いつつ、何かにつけて実家の協力がある人を見るたび、
    羨ましくて泣きたくなります…。
    私も、「偉いね、すごいね!」と言われるたびに、表向きは「いや〜、そんなことないよ」と
    へらへらしつつ、「偉くなんてない、やるしかないからやってるだけだ!」と内心叫んでます。
    しかもしかも!私なんて、二人とも帝王切開ですよ〜。
    一人目の時はまだしも、先月二人目を出産したのですが、
    超手のかかる暴れん坊の上の娘の世話をしつつ、手術の傷をかばいつつ、
    下の子の世話ですよ!
    もう泣きたいです…。

    何の解決策にもなっていなくてすみません、ただ仲間がいるってことを伝えたくて。
    本当に、肉体的にも精神的にもしんどいですが…、お互い頑張りましょう。
    それしか言えなくて、すみません。

    ユーザーID:5387673026

  • 色々な人がいますよ

    今は元気な60代世代の方も多いので、私達と同世代のそういう人達多いですよね。私にもそういうお友達多いです。さびしんぼさんは、特にお母様と仲がよかったとのことですから、よけいにそう思われるのでしょう。

    うちには6歳の子供がいて実家は近いですが殆ど接触していません。理由は二つ。

    (1)主人が心の病の為か私の実家を異常に嫌っており、自分だけでなく私や子供すら絶対に逢わせたくないという為(主人は長期休職中で家にいて、気が向いている時は家事育児をします。特に私の母を嫌いで、声を聞くだけで心臓が止まりそうになるそうです。)
    (2)それでなくても、私の実家の両親は基本的に、自分の子供は自分で育てろ、今迄は自分は子育てに専念してきた(母は専業主婦でした)、今後は自分たちの人生を生きさせてくれ、という態度でいる為(私も、主人の気持ちも少しは分かります)。

    見えているだけが全てではないと思います。こんなことなら、心理的には実家から遠くに住んでいる方が私的にはずっとマシです。
    私からすれば、理解がありちゃんと稼いで下さるご主人がいらっしゃるさびしんぼさんは羨ましいですよ。

    ユーザーID:8411833221

  • 大丈夫、がんばって

    私も10数年前、子供たちがそれぞれ幼かった時代に母を亡くしました。
    それ以前も母は私が嫁いだ後に結婚した弟夫婦(母と同居でした)に気兼ねをして、たまに里帰りをしても日帰りするようにそれとなく言われたりしました。下の子のお産の時も実家にいられたのは5日間ほどで、その間も実家の掃除や布団干しなども頼まれて大出血を起こし、主人に「俺も出来る限り手伝うから家に帰ろう」と言われた時の惨めな気持ち・・・今思い出しても涙が出ます。しっかりした実家と手助けしてくれるお母さんがいる人をどれだけ羨んだか知れません。しかしこんな経験のおかげで夫婦の絆は固いものになりました。主人はあの時の言葉通り、様々な面で子育てに協力してくれました。お母さんとのお別れは本当に辛いものだったと思います。悲しい気持ちは封印せず、しかしこれからはご主人との長い人生に気持ちをシフトしていってください。

    ユーザーID:9231893283

  • お気持ち分かります

    トピ主さん、こんにちは。
    私は昨年父を、今年母を亡くした32歳・1歳になったばかりの娘がいる者です。父は妊娠中に他界、母は娘の誕生日目前に他界しました。

    ここ数日、ある光景を見かけるたびに泣いています。・・・お盆で帰省して来ただろうお孫さんを連れて、買物に来ている老夫婦。孫のおねだりに目を細めて・・・という、何でも無い光景。今まで気にもとめていませんでした。
    そんな光景を見て、「うちのお父さん、お母さんだったら、この子(娘)をどんな風に抱っこしてくれたんだろう。その時、どんな笑顔を見せてくれたんだろう」と思うと、悲しくて悲しくて泣けて来ます。
    そんな幸せな光景、見たかったな・・・。もうどんなに望んでも見られないけど。

    すみません、愚痴みたいになってしまいました。
    トピ主さんのお母様も、私の両親も、絶対に見守ってくれているはずです。
    実生活を送っていると、ささいなことで悲しくなってしまいますが、これだけ悲しい思いをしたうえで日々を精一杯生きていれば、絶対に幸せがふりそそいでくれるはずと思っています。お互い頑張りましょうね。何だか上手く言えなくてすみません。

    ユーザーID:1946437111

  • 比べるから辛い

    恵まれてる(ように見える)人と自分を比べて辛くなるんですよね。
    私も経験ありますが、人は自分が過酷な環境にあるとき「私が一番大変」「私は恵まれていないけど頑張ってる」と被害者意識に陶酔することで自分を守ろうとします。

    それでも辛さが軽減しないとき、更に陶酔は進み、より恵まれている(ように見える)人に対して攻撃的になる傾向があるようです。
    今の主さんはまさしくその状況ではないでしょうか。

    冷静に周りを見回してください。あなたよりもっと恵まれない環境で育児をする母親は身近にもいるはずです。でも今の主さんはその方たちのマイナス面(子供を預けている実母と育児の方針の食い違いでもめている、旦那さんが非協力的だ、経済的に苦しいとか)には目をつむって、自分より恵まれている部分だけ見て妬ましく思っていませんか?

    人間は「誰かに幸せにしてもらう」生き物ではなく「自分で幸せになる」生き物です。

    自分ではどうにもならない事柄を他人と比べていてもいつまでも不幸なまま。不幸な母親に育てられる子どもはもっと不幸。
    あなたの家族は目の前にいる夫と子どもです。その中で幸せが感じられればそれで良しとしませんか?

    ユーザーID:2195481782

  • 子育てが辛いのではなく、お母様が亡くなられた事が辛いのでは?

    もっと辛い状況の人がいると思いましょう。みんな同じ気持ちで頑張ってますよ。

    ユーザーID:8377517383

  • ね。ほーんとうらやましい。

    さびしんぼさんのお気持ちとっても分かりますよ。
    実家は頼れず、気心が知れた友達もそばにいない状況で、イヤイヤ2歳児の娘がひとりいて、年内に出産予定です。

    どんなに正論で言われたって、うらやましいものはうらやましいです。
    ちょっと体調が悪いなぁ…とか、ちょっと嫌なことがあって…なんて落ち気味の時は悪態つきまくりです。
    誰に迷惑をかけるわけでもなし、何が悪い!?

    一通り真黒い気分を味わったら、ほどほどのところで復活します。
    あまり長い間落ちていると、不細工になりますからね…。
    (三十路を迎えて、眉間のしわとかお肌とか…復活する力が弱くなりました…涙)

    頑張れる時は頑張って、頑張れないときはほどほどで良いじゃないですか。
    時間が経てば、いろいろなことを受け入れられるようになるのかも知れません。
    その頃には、子供は成人してるかな〜

    ユーザーID:5019152395

  • 自立

    自立というのは、こういうものだと思います。
    頼るところ・甘えるところを確保している限り、自立はできないと思います。
    トピ主様が強くなることを願っております。

    ユーザーID:3495630731

  • わたしも同じです。

    私は一人目妊娠中に母が末期のがんでなくなりました。母にぎりぎり孫を見せれるかも。。となやみ母の入院している病院で里帰り出産する事も考えたくらいでしたので亡くなった時孫を見せてやれなかった無念さで非常につらかったです。母親に甘えて何かをしてもらいたわけではないんですよ。母になった事で感じる感謝や子育てに悩んでいる時、母ならどうしただろう?と考えてしまうのがつらいのですよね。母に話せない分、外との交流をもたざるえません。児童館や公園にでむきママ友もできたのもいないからこそかも。
    心配なさっている入院したらですが実際に経験済です。下の子が去年1週間入院しました。完全看護なので3時から8時まで面会できるのですが子供は入室禁止のため上の子ははいれず幼稚園と一時保育のはしご。夫は連日深夜まで仕事なのですべて一人でやりました。上の子も赤ちゃん帰りする、下の子もかわいそうだったし、つらかった、いっぱいいっぱい夫の前で泣きました。みんな夫婦で乗り越えてきました。夫婦の絆はもの凄く強くなるとおもいます。 母は見ていてくれると信じてます。やんちゃな4歳と2歳の男の子振り回される私をほほえみながら。

    ユーザーID:8872082296

  • 妬んじゃダメですよ〜

    別トピで、ママになった友達から「実家最高」と自慢されてるトピを立てたmikiです。「結婚して子どもいても実家大好きに違和感」http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0812/256681.htm

    私は、実家が遠いので、簡単に帰ることはできません。
    それをわかってて、ママになった友達から「実家が近所にあるといいよね」としょっちゅう自慢されてますよ。私の場合、実母とそんなに仲よくないんで、実家帰っても、あまり育児の助けにはあまりならないんですが。実母も仕事してるし。

    いろんな人がいる、幸せも人それぞれ・・・としか言いようがありません。解答になってませんね。

    ユーザーID:0315805393

レス求!トピ一覧