少食過ぎて外食が不安です。

レス24
(トピ主2
お気に入り36

生活・身近な話題

しほ

私は昔から食が細く、すぐ満腹になってしまい、一度の食事で量が食べらません。一人暮らしなので家では自分の好きなように食事が出来るのですが(なるべく自炊し毎日三食はとっています)、外食の場合、一人前が食べられず、残してしまうのも悪いので残さず食べるのですがいつも気持ち悪くなってしまいます。
その翌日には胸やけや胃もたれが起きてしまい、一日中気分が悪いことも多々あります。
残りの量を友達が食べてくれることもあるのですが、毎回毎回だと悪いし、気を遣ってしまい外食が怖いです。
私は現在23歳で、以前消化器系の検査もしたことがあるのですが異常はなしでした。
そんな中、今度彼の上司の方の家に彼と一緒に招待され、夕飯をご馳走していただくことになりました。
目上の方の前で食事を残すわけにはいかないというプレッシャーと、また気持ち悪くなってしまうのではないかという不安で今とても悩んでいます。彼にも「しほがあまり食べないと上司の方に失礼だから頑張って」と言われてしまい、それもプレッシャーです。皆様ならどうしますか。体質って変えられないのでしょうか…食事が楽しく出来ないのは辛いです。ご意見お待ちしております。

ユーザーID:1843415528

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わかります

    私も十数年前、全く同じことで悩んでいました。

    十代半ばに、友人と一緒に入ったラーメン店で一人前が食べきれず、「それしか食べれないの?」と言われたことがきっかけでした。

    それから、「そんなに残すの?」「食べれないの?」と言われることが怖くて、外食はいつも恐怖でした(大袈裟ではなく)。
    冠婚葬祭など、どうしても外食しなければいけない時は、動悸がするほどでした。
    私は、食が細いというだけでなく、そういった身体の異変もあったので、二十代前半で心療内科を受診しました。
    薬をもらって飲むようになってから、恐怖心は全くなくなりました。

    今では外食が楽しいです。

    月に何度か友人と集まって食事をしますが、それが楽しみになっています。

    しほさんとは少し状況が違うかもしれませんが、ご参考まで。

    もし、自分が少食であることで不安や恐怖心があるようなら、心療内科を受診するのも良いかと思います。
    自分がそれで良くなったので。

    ユーザーID:1023390613

  • 「食べる努力」より「食べずに済む工夫」。

    私もとても胃弱で小食、普通の一人前で胸やけ吐き気…辛いですよね(検査では異常無し)。こんな体質の私達に必要なのは「食べる努力」より「食べずに済む工夫」です。具体的には、批判があるかもしれませんが「残す=マナー違反」という固定観念をまず捨てる(おそらく貴女のご友人にご負担なのは、貴女が「残す」ことよりも「残したものを食べてもらう」方です)。

    また、貴女のその体質について、お付き合いされている方はよく理解して下さっていますか?当方既婚ですが、小食を理解してくれ、「無理しなくていいよ」と言ってくれる夫で、本当に心強いです。上司の方とのお食事ですが、食べる量が少ない、口に合わないのか、などと問われたら、彼に「彼女小食でデートでもいつもこんな感じなんです」などとフォローしてもらいましょう。貴女も「私は子供の頃から小食で、いつも驚かれるのですが、美味しく頂いています」などと答えましょう。

    頻繁にお会いする訳でもないなら「夏バテで食欲落ちていて…」などと切り抜け、「そうなんです、彼女最近夏バテで」などと彼に助けてもらえると尚いいですね。嘘も方便です。良心の呵責もおありでしょうが、お互い頑張りましょう!

    ユーザーID:3812143137

  • 食べる前に言う

    私も人より食が細く、通常の1人前は食べきれないことがあります。

    なので、外食なら頼む時に
    「すみませんが量少なめに盛ってください。残しちゃうので。」
    と伝えます。
    外食なら、大盛りは断られても少なめで断られることはまずありません。

    招待されたときも、私ほんとに小食で、量食べられないんですよね〜と前もって会話に出しておきます。
    盛り付け・取り分けのときも「あ、少なめで!」と頼みます。笑顔で頼むのも大切です。

    あとは美味しそうに食べて、笑顔で「美味しいですね!」と言えれば、少食でも問題ないと思います。

    食べきれないなら最初っから減らしてもらえばいいんですよ。

    ユーザーID:9147970804

  • 少食は理解されないからつらいですよね

    ここにわたしと同じ悩みの人がいた、と思わずレスしています。わたしはあなたの倍ほど長生きしていますが、少食を理解してもらえず、小さい頃から「好き嫌いが多いのね」「嫌いなものが多い人は人も嫌いなんですって」など、実は好き嫌いじゃなくて単に量が食べられないから食べないだけなのに、不当な差別と批判にさらされてきました。

    結論は「少食は理解してもらえない」ということです。「いいえ、結構です」と言えば、「遠慮しないでよ」と勧められ、「もう食べられません」と言えば、「お嫌いですか」と。そして、外食が何より恐怖なのもわかります。みんなで会食なら朝食抜き、でんぷん質はさけて、水物は飲まずに入る余地を広げる努力の数々。

    今回の上司の招きの場合、事前に素直に「大変少食なので、嫌いではないが多くは食べられない」ことをお伝えしておくのはどうでしょうか。理解はしてもらえなくても、少しはいい結果になるでしょう。相手もそれを配慮して準備してくれるかもしれませんから。彼のよけいなプレッシャーはいけませんよね。彼にはわかってほしいですよね。

    でも、他人に理解してもらうのは難しいです・・・

    ユーザーID:0909556302

  • わたしも同じです

    わたしも外食となると残さず食べなければと思い気持ち悪くなります。外食はなるべく一人前のものを頼まずみんなで分け合うものにしています。彼の上司にお誘いを受けて緊張するのはすごいわかりますが、もし食べれそうになかったら食べなきゃいいのです。彼にも行く前にもう一度話しておきましょう。それでわからないようであればパ−トナーとしては???です。

    ユーザーID:3078018705

  • 問題は心の持ち方

    トピ主さん、問題は貴方の身体的なものでなく、心の持ちようです。

    ハッキリと、上司の方に貴方の限度を伝えましょう。今後は外食する際は必ず相手にそのことを伝えましょう。相手は貴方の体のことはまるっきりわかりませんから。

    私も以前は貴方のように「社交」を先取り、「健康」は二の次でした。仕事柄接待などでお酒を良く飲む機会がありましたが、自分はお酒に弱い。でもなかなかそれを言えない。結局体を壊しました。そのときに自覚したことは、私の責任は「アルコールに強くなる」ではなく、「自分の健康は自分で守る」でした。

    少食は全く恥ずかしいこと、もしくは失礼なことではありません。招待された夜に自分の限度をちゃんと相手に伝え、夕食時には自分で食べれるだけ頂いて、最後にそれがとても美味しかったと相手に伝えれば十分です。

    ユーザーID:1575102175

  • 本題からそれますが

    小食を改善したい以前に、彼氏の物言いが気になりました。

    「あまり食べないと上司の方に失礼だから頑張って」
    普段からトピ主さんの小食をわかっていて、もちろんそれが
    例えばか弱さの演出やダイエットなんかではないことも承知の上で言っている。
    「アレルゲンを出されても残すと失礼だから頑張って」と言っているのと
    少し似ていると思います。食品アレルギーの方と同じくくりにするのは乱暴ですが、
    トピ主さんは周りに合わせて食べると具合が悪くなるのに。

    彼氏とその上司との普段の関係にもよりますが、上司宅での手料理ならば
    それとなく、体質でたくさん食べられないので彼女の分は少なめにお願いします、とか
    外食ならば、残して失礼になるかもしれませんが目をつぶってくださいなどと
    ふれておいてこそ彼氏のやさしさのような気もするのですが。

    当日トピ主さんが無理して食べることないです。だまって残すのではなく
    とてもおいしいのですが緊張して胸いっぱいです。とか一言言えばよいと思います。

    ユーザーID:1058317477

  • はっきり言っておけば?

    私の友達にも小食の人がいます。胃下垂だとか。だから外食がつらいとこぼしてました。しほさんのお立場、よく分かります。彼氏の上司に誘われたとのことですが、多分豪勢なもてなしが待っているのでしょうね。しかし、ここは遠慮なく予め彼氏から言っておいて貰った方がいいでしょう。気持ち悪くなるほど無理して食べても苦痛でしょうし、招待した方だって変に気をつかってしまうでしょう。予め言っておけば、大皿料理といった盛りつけも考えてくれるでしょうから。もし万一残ったら、お持ち帰りでもいいのでは。

    ユーザーID:9805298372

  • それは

    たいへんですね…
    無理に食べなきゃ、というのはつらいものです。
    できれば彼に「彼女はふだんから食が細いんです」とフォローしてもらえるといいのですが。
    そのうえで「でも美味しそうなので、いろんな種類をちょっとずつ頂きますね」という流れになれば…

    美味しそうに食べるのがいちばん大切だと思うので、あとは食べる前に胃腸薬を飲んでおくとか。
    箸を置いてゆっくり噛むとか。
    (早食いよりゆっくり食べたほうがエレガントに見えると思うので、かえっていいかもしれません)

    量を食べるのは彼にまかせて、トピ主さんはちょっとずつ味わって食べる、というふうに役割分担ができるといいですね。
    私も胃腸弱めなのでかなり共感してしまいました。

    ユーザーID:5810608703

  • 彼氏の対応が気になる

    これはもう体質だから仕方がない、上手く付き合っていくしかないのではないでしょうか?
    外食のときは、残す場合綺麗に残す、というのはどうでしょう?
    ライスなら半分お皿の片側に寄せておく、おかずは満遍なく食べ残りは皿の端に綺麗に寄せておくなど・・・
    綺麗に固めて置くことで食物や作った人に対する敬意を感じると思います。
    また、可能なら少なめに盛り付けてもらうとか。それが無理なら帰りに「残してごめんなさい」と一言言うとか。
    無理に食べて気持ち悪くなるほうが失礼に当たると思います。

    ところで、彼氏・・・!
    上司にそんな気の使い方をする彼氏・・・ふがいない(ごめんなさい)。
    この場合、「上司にはお前の体質のことを話しておくからそんなに気にするな」といって欲しいところ。
    何度もいいますが無理に食べて気持ち悪くなるほうが失礼!
    前もって「彼女は体質上小食です。通常量食べられませんがご了承ください」と伝えておけばちっとも失礼じゃないのに。

    ユーザーID:8815580575

  • 極度の小食?

    大変でいらっしゃるのですね。 彼に上役の方にちょっと特別の事情のある貴女の事を、前もってお耳に入れて頂き、ご了承を得てからという事は如何でしょう。 上役の方も??と思われるかもしれませんが、お客様に喜んで食べていただけなかったら招いた方はガッカリしますし、それでは失礼になります。

    私だったら体調が悪いからと申し上げて、辞退させて頂きます。

    ユーザーID:0259446637

  • 私も食べたい

    47歳です。私もあまり食べられません。お勤めしていた頃は
    ランチが楽しくありませんでした。残すと悪いと思いながら
    残していました。今は子供の残りを食べています。

    ユーザーID:7692569664

  • あまり気に病まないで

    私も食が細いです。153センチ38キロです。胃もあまり強くないので、あまり親しくない人との食事はつらいです。14さいの娘も食が細く体格も私ぐらい。娘は朝ごはんをたくさん食べると給食が食べられないといって、朝ごはんを少しにして登校します。体質もあるので、頑張るにも限度がありますよね。消化剤などに頼る手もあるし、漢方医に相談すると、体質にあった薬で食欲も出て、わたしはこの方法で体重を増やし、妊娠に備えました。仕事がらみの食事だと緊張もするのでますます胃がたべものをうけつけません。まずはリラックスして食事に臨めるといいですね。それから、お酒のでる席ならお酌をしてまわり、たべてないことをごまかしましょう。外食のときだけ食べられないのなら、緊張を和らげる薬をお医者さんに相談して処方してもらうのもいいかも。私のように生活全般において小食なら御自身の健康のためにも漢方での治療をお勧めします

    ユーザーID:1765371958

  • 楽しく食べる

    私も胃腸が弱く、沢山は食べられません。それでも外食するとき、友人とならバイキングにします。最近は美味しいバイキングのお店も多いので助かります。
    自分は5千円近く払ったとしても、数百円分くらいしか食べられず、圧倒的に損です。でもお皿に上手く盛り付ければ、あまり食べていないことがばれないし、(少しずつ取って何度も行くと、よく食べていると思われる)なにより友人が私の食事量に気を遣わず、気持ちよく食べているのが嬉しいです。

    1人の量が決まっているときは、ご飯はほとんど手をつけません。メインを中心に満遍なく食べる。1人ご飯のときは最初から「ご飯は半分で」と言います。

    招待されたコース料理の場合、食事を抜いていても、メインにたどり着くまで、お腹が一杯になります。でも最初から残していると、失礼なのでメインまで頑張って食べる。炭水化物だけは食べない。残してしまいますが、何を残すかを考えます。炭水化物が一番胃がもたれるからです。

    きっとトピ主さんも小柄でしょうし、食事を楽しんでいるように見えれば、完食できなくても、問題ないと思いますよ。食事って楽しむものですものね。

    ユーザーID:6594014597

  • とりあえず笑顔で会話

    ●最初に「体質的にあまりたくさん食べられない」と宣言する。
    ●品数が多そうだったら全種を食べられるようにペース配分を。1人前づつの盛りつけだったら彼に笑顔で「ちょっと量が多いから食べて」と助けを求める。
    ●「おいしい!」という言葉と笑顔を連発。
    たくさん食べなくても「おいしい!」「これはどうやって作るんですか?」とか言ってうれしそうにしていれば「あぁ、この人は量が食べられないけど食事を楽しんでくれているんだな」と悪くは思われないと思います。

    会社の同僚に小食な人がいます。
    彼女は上司との食事の時にさえ、料理を前にするとうんざりした顔でため息をつき“気持ち悪い”“無理”と平気で言います。いつも全力でフォローしますが、せめて笑顔で会話でもしてくれたらいいのに……といつも思います。
    (食べなきゃ、というプレッシャーで会話も侭ならないようです)

    無理して食べなきゃ! と思ってどんよりしないで、嘘でもいいので「その場を楽しんでます」という雰囲気を出してください。
    後は彼に上手にフォローしてもらってがんばって!

    ユーザーID:6200431315

  • わかりますよお〜〜

    ああ〜〜。わかるわかる!

    世間のほとんどは、メタボで痩せる事にやっきになっているけれど、
    そーいう人は食べられる幸せをわかってないですよね。

    ガッツリ食べたい!でも食べられない!
    このジレンマ、どうかわかってほしいですよね。
    私も人様のお宅の食事会に誘われて、あまり食べられなくて、お酒も飲めないので
    「食べないし飲めないなんてつまらないね」なんてひどい事を言われました。

    無理が一番いけませんよ〜。
    私も皆さんと同じように、事前に告知してしまうのが一番だと思います。
    それには彼氏さんの協力も不可欠ですが、いまいちわかってもらってないようですね。
    そこがちょっと心配です。

    気を楽〜にしてその場を楽しめるよう、祈ってます!

    ユーザーID:6486538723

  • その前に・・・

    トピ主さんの体質を理解しているのに、上司に事前に説明のできない彼氏さん・・・
    トピ主さん、そんな彼氏さんで大丈夫ですか??もし彼との結婚を考えているのであれば、これからそのような場面は多々ありますよ?

    私の夫でしたら、事前に相手方に失礼にならないようにその旨をキチンと伝えます。社会人ですから、こういった事前のネゴは当然できると思うのですが、彼氏さんはそういうことができない方なんですよね・・・ また、どうしても上司にお話ができないのであれば、彼女の訪問自体をお断りすると思います。妻でなくて、彼女なのですから、いくらでもお断りする理由はあるかと思います。
    でもきっとそういうこともできないでしょう、その彼氏さんなら。

    トピ主さんが赤の他人にネットでまで相談をもちかけるほど悩んでいるのに、一番身近にいる彼氏さんとそのお話ができないことに、
    もうちょっと危機感をもったほうがよいと思いますよ?

    ユーザーID:3102694157

  • とりあえず

    私だったら、彼の上司のお宅に行くのは断ります。
    招待の趣旨が、お茶じゃなくて夕食でしょ?
    先方は若いカップルを招くのだからと、きっと時間と手をかけたお料理を
    用意して待っていることでしょう。
    そこで本当に少ししか食べられないのなら、行くべきではないと思います。

    もし、どうしても行かなければ彼の昇進や会社の立場に関わるのなら、
    事前に彼に、トピ主さんの事情を先方に話してもらい、ほとんど料理は
    食べられない失礼をお詫びしておく必要があると思います。

    >「しほがあまり食べないと上司の方に失礼だから頑張って」
    これは論外です。頑張っても食べられないのだし、彼はそれをトピ主さんに
    強要するのは筋が違うと思います。トピ主さんは、食べられないことに罪悪感を
    お持ちなのだと思いますが、ここは毅然と彼に訴えなくてはなりませんよ。
    それが、トピ主さんだけでなく、彼にとっても、上司の方にとっても、
    一番いい方法だと思います。

    ユーザーID:9067254158

  • 先に小食と告げ、美味しいと褒めつつ少量食べる

    食事を..という流れになったら、昔から悩んで検査した事もあるほど小食で、それほど量は頂けない体質なのですが食べるのは好きです、と先に言ってしまいましょう。

    ポイントは「悩んで検査した」のを伝えるのと、「食べるのは好き」(=拒食症やダイエットや好き嫌いではない)と言う事です。

    普通の人なら悩んで検査までした人に、無理に勧めたり失礼と見なしたりしない筈です。そんな悩みもあるのね、と思って少なめによそうと思います。

    トピ主さんは食べる量は少なくても「美味しいです!」と言って自分のペースで食べれば、失礼にはあたらないと思います。

    彼にも「彼女小食なんです」と言って貰えるようにフォローをお願いしましょう。それで彼にこそいっぱい食べて貰えば、カップルとして十分食べた事になりますよね。

    ユーザーID:6870935097

  • ひとりじゃないですよ♪

    私も同じような体質で、とても気持ち分かります。
    若い頃はそれで友達づきあいも出来ないほどでした。私はkcさん同様、他の心身症状があり心療内科で薬を飲みだしたのと、「食べられない」仲間をネットで探しオフ会などに参加して「食べられなくてもいいんだ」という気持ちを持つことでかなり改善されました。

    今回の件ですが。
    「彼の言葉」にもプレッシャーを感じてしまうのは辛いですし、これを機会に彼にもう一度良くご自身の気持ちや食べられないことを話し、十分理解を得られたほうがよいと思います。その上で上司の方へのフォローをお願いしたいと思います。

    あと私の経験上ですが、会食の席で、少し頻繁に「とてもおいしい」「何が入っているのかしら?」「どのように作るのかしら?」と出されたものへの興味を見せたり、もしそれも辛いようなら室内装飾やお庭など、食以外に興味の持てることを聞いたり褒めたりするのも良いと思います。
    また、あまりにも食べられなかった場合などは、後日、お礼の手紙を書いて、「体質的に量が食べられないが、大変美味しかった」「勉強になった」など相手への好意を伝えると良いと思います。

    ユーザーID:5870046541

  • 僕は全く食べられません

    私も元々そんなに食べる方ではないのですが、外食中に倒れて救急車で運ばれたことがあり、それ以来精神的に外食や緊張する場所では食事が喉を通って行かなくなってしまいました。
    独身の時は女性を食事に誘っても食べられないので楽しんでないと思われなかなか理解してもらえなかったですね。

    自分の場合は心療内科に通って不安にならないような薬を処方してもらい、今では慣れた人となら普段食べる量の7割程度なら食べられるようになりました。

    トピ主さんの場合は小食なだけだと思うので、全く問題ないですよ。小食なのでとか、緊張で胸がいっぱいでと言えば特に悪く思われないと思います。彼氏のあなたを思いやらない態度の方が心配です。

    外食産業の方にお願いしたいのは、デカ盛りとかメガ盛りとかばかりに目を向けないで、Smallサイズを選べるようにして欲しいですね。(もしくは持ち帰り可にする) 大盛りにされるのは迷惑な場合もあります。残すのはやはり勿体なくて抵抗がありますから。

    ユーザーID:0684695511

  • ずばり

    上司に
    「あんまり量が食べられません」
    って言えばいいです。

    これで全て解決します。失礼になるんじゃないか・・・というのは考えすぎです。

    ユーザーID:2269628526

  • トピ主です。

    レス大変遅れて申し訳ございません。
    持病の治療のため入院しておりました。
    皆様、ご意見ありがとうございます。
    私の周りにはよく食べる、よく飲む人が多いので私のようにあまり食べれない者の気持ちは理解されず、無理に勧められたり、断ると「おいしいのにもったいない」等言われることも多々ありました。申し訳ない気持ちでいっぱいでした。もちろん理解してくれている友人もおります。しかし肩身の狭い思いをすることも多く、気まずい思いもしてきました。
    しかし同じような方々もたくさんいらっしゃるんですね。私だけなのかな…と悩んでいたこともあったので同じような体質の方々のご意見、大切に読ませていただきました。温かいお言葉もとても嬉しかったです。
    今回の上司との食事は、私が入院してしまったため取りやめになりました。
    次回同じような機会があれば、事前に断りを入れておく、おいしそうに楽しそうに食べる、そしてお礼の気持ちを忘れない等の皆様のアドバイスを参考にさせていただきます。

    ユーザーID:1843415528

  • 続きです。

    また、彼の件ですが、彼も上司の自宅での食事が初めてということもあり、緊張していたんだと思います。普段は私が食事を残しても気にせず残りを食べてくれる、「無理に食べなくていいからね」と言ってくれるような人です。
    後で少し聞いた話ですが、上司の方に私が少食なことをさりげなく話しておいてくれたみたいです。
    「体質なのに無理に食べろみたいなことを言ってしまってごめん。」と謝ってもくれました。
    心配していただいた方々、レスをくれた方々、本当にありがとうございました。皆様のおかげで次回同じような機会があれば、心に余裕をもって臨めそうな気がします。
    この体質は仕方ないと割り切り、上手に付き合っていきたいと思います!

    ユーザーID:1843415528

レス求!トピ一覧