• ホーム
  • ひと
  • 実家が農家で貧乏なことがコンプレックス

実家が農家で貧乏なことがコンプレックス

レス68
(トピ主1
お気に入り104

家族・友人・人間関係

naoko

レス

レス数68

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 横で大変失礼します。

    >赤とんぼさん
    2度も立て続けにレスを返してらっしゃるのは、私のあなたに対するレスが相当腹立たしかったのですね。あなたに失礼な言い方をしてしまった様です。ごめんなさい。でもお金持ちの娘は金目当てコネ目当ての結婚相手ばかりと言うのは乱暴です。別荘についですが、私は両親の別荘に行っても所詮リゾートであって日常生活の場所ではないので『おじいちゃんおばあちゃんの田舎』とは思えません。

    私が言いたかった事は、鬼やんまさんが代わりに言ってくださった様に、トピ主さんが恥じる必要はないという事です。自分自身を『金持ちの娘』と自慢したかった訳ではありません。
    両親の経済力で5年間留学をする人は現地でみても多くないです。それこそ親がかりの留学生よりも社費や奨学金の方達の方が尊敬されます。私にとっては親の経済力で下駄をはかせてもらったと思っています。
    苦労した人もそうでない人も同じラインに立っている限り違いはありませんが、自分の力が多い分誇らしい事だと思います。見栄っ張りさんがおっしゃる様に『親が健康』は一番ありがたい事だと思います。トピ主さん、これからもご両親を労って大切にして頑張ってくださいね。

    ユーザーID:3143152974

  • 為すスベ無し

    或る意味で、人の人格なり人生は其の人の持っているコンプレックスとやらで形成されていきます。 其のコンプレックスの反動が其の人の「ひととなり」なのでしょう。

    誰でもコンプレックスは無意識でも沢山持っております。 ですのでコンプレックス自体がいけない、とは言えないと思います。

    実家が農家だと、途端にロマンを感じて、それを主体に語られても困りますよね! 関係ないっす。

    主さんご自身も時が経つと又今感じているコンプレックスの質が変わっていく、と想像致します。 あせらず、迷わず、其のコンプレックスと感じている現象とお付き合いしていかなくてはならないでしょう。 それが貴方の心の糧になっているはずです。 気落ちするでしょう。 仕方の無い事です。 人は誰でも何かしかのコンプレックスを抱えて生きているのです。 

    私のコンプレックス?  顔が西洋人だったこと。 どうして日本人として生まれてこなかったのか(故)両親を恨み倒したものでした。 

    分からんでしょ、私の其の気持ち?!  そんなもんですよ、コンプレックスとやらは、、、

    ユーザーID:8925282201

  • 私も悩んでいます

    人間誰にでもコンプレックスに感じられるような事ってありますよね。
    naokoさんのコンプレックスは第3者から見ればなんとも無いような
    気がしますが、当人にとっては大きいことなんですよね。

    他の部分が良くなって来れば来る程、、。
    実は私も一つだけ。

    自分磨きを頑張ってある程度の大人になりましたが、
    都会出身の友人ばかりのためか、
    自分の出身県を隠すようになってしまいました。
    誰からも指摘されたことはありませんが自分ではとても嫌なのです。
    周りは気にしないのでしょうが、、。
    両親に申し訳なく、こんな自分が嫌でたまらないのですが、
    どうしても胸を張って言えないのです。私最低ですね。

    だからnaokoさんの気持ちよく分かります。
    解決法は分かりませんが、お互い乗り越えられる時が来るといいですね。

    ユーザーID:0487254385

  • 両親の人生

    両親の人生は両親のもの
    あなたの人生はあなたのもの
    両親は両親、あなたはあなた
    あなたが農家が嫌なら違う職業を選択すればいいだけ
    あなたの両親は農業を営む事でなにか人様に迷惑をかけていますか?
    リストラされても新しい分野(農業)に従事する事で立派に生計を自分達で立てていらっしゃるななんて素敵なご両親です
    同世代で定年になって職にあぶれていく老齢者が多い中、一生涯働いていけるなんて素晴らしい事ではないでしょうか
    両親が仲良く健康でいらっしゃる
    これ以上の幸せがありますか?
    毎日ボロを着て恥ずかしいと思われるなら素敵なお洋服をプレゼントなさってみたらいかがでしょう
    ボロ家(失礼)に住んでいらっしゃると感じるならリフォームしてさしあげたらいかがでしょう
    築50年でも日本古来の民家であれば、最近は古民家として大変貴重なものですので悲観なさる事はないかと思いますが・・・
    お金があるばかりが幸せとは一概にはいえないものです

    「親孝行したいときに親はなし」といいます
    素敵なお父様、お母様を大切に・・

    ユーザーID:0245663143

  • 分かる気がするなあ

    うちは父の実家(本家)が貧農です。父は三男坊で分家しましたが、田んぼは一切もらえず、唯一陸の孤島のような小さな土地をもらい小さな家を建てました。中卒でブルーカラーで、余所のお父さんの半分くらいの収入だったと思いますし、田んぼがないから近所の家からも見下されるような感じだったと思います。

    それでも一生懸命働いて私たちを養ってくれたことにとても感謝しています。母はそういう環境が嫌だったようでいつも不満たらたらでしたが。

    トピ主さんのところはご両親の仲がよろしいようで羨ましいです。

    私は家が貧相でも、中卒でも父のことが好きです。でも若い頃は正直「この父を結婚式とかで人に見られるのは嫌だなあ」と思ってました。お父さんごめんなさい。

    結局結婚しないまま来てしまいましたが、もしそういう機会があれば、家を見られることより父を見られることより、母を見られることのほうが今は恥ずかしいです。

    生まれる環境は選べないけど、生き方は選ぶことができます。母はいつも周囲のせいにしていました。結局自分の人生に責任を持てなかった人だと思います。

    ユーザーID:5820723898

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • わかります、

    私の実家は農家ではないですが自営業でした。家は小さな平屋、トイレは汲み取り。
    小さい頃は何とも思いませんでしたが、思春期あたりですかね、もしかしたら
    うちは貧乏?と思い始めるようになりました。友達も家に呼べず、友達の家に行けば
    「うちと違って広くてきれいで、階段があって、トイレが臭くない」と子供心にショックでした。
    恋人が出来ても、結婚を決めるまでは一度も家に呼ぶことができず、そういう流れになりそうになると、それはそれは必死で理由を作って止めました。
    結婚を考えたとき、家に呼ぶことは避けて通れないな…と思い、彼の家は比較的新しくきれいなのでよけいに戸惑いましたが、結婚するためには、とおそらく今までで一番勇気をふりしぼって、電話で彼に言いましたよ。
    「うちは小さいし古いからびっくりするかもしれないけど」と。
    両親に紹介するのに、自分の家を恥ずかしく思っちゃいけないな、と無理やりにでも自分に言い聞かせました。
    トイレは、姉が妊娠したのをきっかけに水洗にしてもらいました。
    私は古いものに惹かれます。築50年しかも京都だなんて個人的にはとても魅力を感じます。

    ユーザーID:6959527687

  • 貧乏も魅力にかえるしかない!

    私も貧乏な家庭に育ち、家が狭い、家電製品などが無い、服も古い、何よりお金がない!などなどのコンプレックスをかかえ大人になり、大人になったら気にならなくなる日が来ると思っていたら、一流企業に就職してしまったがために、地元以上にお金持ちの方々がいる世界で、お金持ちの人たちが持つおそらく生活の中で家庭や学生時代に、環境から自然に身に付く知識、音楽であったり、食器であったり、食べ物であったり政治であったり、を知らない自分に劣等感を感じることは多々ある日々。
    この埋めようのない溝と戦うのは疲れますので、現在は降参してます。笑顔で「うちは貧乏でしたね〜〜。」と言っちゃいます。付き合う人にもはじめから、うちは貧乏だと言って楽になります。
    普段こぎれいにしとけばそんな面にギャップを感じて健気だと思ってくれる人もいるし、そんな貧乏でよく頑張ったね・・・みたいな。
    今は男性もいつ社会から干されるかみんな怯えてる時代なので、私は貧乏して育ったし贅沢できなくてもいい!と明るく言えば、男性はかなりホッとするみたいだし、離れなくなります。そうやって貧乏をひとつの魅力にしていきましょう。

    ユーザーID:0736108743

  • 憶測ですみません

    農業従事とか物質面より、お父さんに文句ばかり言われ褒められなかった=愛されなかったという心の飢餓感がネックだと感じました。
    いわゆるお金持ちでデスクワークの父親からたっぷり小遣いを貰っても、愛されていると思えずストレス発散のため他人苛めや特殊交際に走るお嬢様もいます。

    私事で恥ずかしいですが、母方の実家が農家で、二人の孫(私の従兄=長男の子)は娘二人です。そこから嫁いだ娘である母は遠慮もなく「女ばっかりで将来田んぼはどうなるんだろう〜」と、従兄の妻にすれば嫁いびりになることを平気で言います。

    そういう母が結婚した父は会社員ですが長男で、次女である私が生まれたとき父は大変ガッカリしました。
    会社勤めの家庭でさえこうなので、農家では、小町を含む農家の悩みのページと母の言葉からして、余計に長男偏重で女児の蔑視があると思わざるを得ません。

    愛されているという実感があれば、ある程度の質素さは平気です。

    一度お父さんにつらかったと伝えてみてはどうでしょうか?
    親はそういうのを認めないので難しいですが、溜め込むよりはいいです。

    ユーザーID:0699007634

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧