アカラシアの治療について教えて下さい

レス9
(トピ主3
お気に入り4

心や体の悩み

エヴァ

食道アカラシアとは、食道の蠕動運動神経が正常に働かず、胃の入り口が開かないため、食べたものや飲んだものが胃にスムーズに入っていかない病気です。10万人に1人という発症率で、その発病原因もわかっていません。
実は、主人が数年前にアカラシアと診断されました。
治療法は、お医者様に聞いたことと、調べたところ以下の3段階です。
1段階 投薬(あまり効果はないようです)
2段階 バルーンで胃の入り口を広げる(再発のケースが多い)
3段階 手術

昼間は、食後、胸につかえるような不快感、時折起こる胸痛で苦しむ。
夜中は、寝る前に飲んだお茶、飲み込めなかった唾液などが逆流し、熟睡できないなど、傍らで見ているだけでとても心配です。

数年前に市民病院で薬をもらったのですが、本人の自覚が低いため、通院もしていません。曰く「ゆっくり食べればいい」「寝る前は、水などは飲まない」「胸痛もときどきしかこない」と、自己管理で済まそうとしています。手術などは怖いそうです。
今年、人間ドッグで、再度、「食道アカラシア」と診断されました。年齢も50歳を過ぎ、これからの健康状態がますます心配です。
一生懸命に説得をして、専門医にバルーン治療か手術かの診断をしてもらおうというところまでこぎ着けました。

ネットで調べたのですが、アカラシア専門スタッフを持つ東京慈恵医大、新しい手術法を発表した専門医がみえる昭和大学横浜病院などを考えています。
アカラシア経験者やお身内の方に、ぜひ、治療や手術の実際、その後のご体調、アカラシア症例の多い病院、専門医についての情報・アドバイスをいただければ助かります。

なお、私どもは愛知県在住ですが、どの地域の病院情報でもかまいません。
どうか、よろしくお願いいたします。

ユーザーID:2118382377

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • アカラシアです。その1

    数年前に手術をした者です。
    腹腔鏡手術でしたので、傷跡はほとんどありませんし、目立ちません。
    全身麻酔で手術時間は8時間くらいだったでしょうか。
    入院は全部で10日ぐらいだったと思います。
    術中、多少予想外の出血があったようですが、手術の翌々日から歩くように言われました。
    体を大きく切る手術ではない為、体力の消耗はそれ程ではないのだと思います。

    病院は、私の場合は(神奈川県です)アカラシアだと診断された病院の先生が紹介してくださった北里東病院でした。
    おそらく家から一番近い食道専門の先生を紹介してくださったのだと思います。
    主治医の先生はアカラシア専門ではないようですが、
    アカラシアの手術も20例くらい執刀したという事です。
    珍しい病気なのでこの数が多いのか少ないのかはよく分かりません・・・。

    続きます

    ユーザーID:0121996909

  • アカラシアです。その2

    その後の体調は非常に調子が良いです!!
    相変わらず胸痛はありますが、体重も元に戻り、食べたい物を気兼ねなく外で食べ、布団で寝て(逆流するため以前は座椅子に座って寝てました)、幸せです。

    今は、年に一回、術後の経過をみるために胃カメラとバリウムを飲んでいます。
    他の人に比べて食道がんになる可能性が高いので検査はキチンと受けるように言われています。

    私の場合、食道がひどく膨張し、体重も激減、食事も飲み込もうとしても飲み込めず、ひどいときには一気に噴出(汚くてすみません)してしまう位でしたので、この症状が取れるのなら喜んで手術受けます!という状況でしたが、ご主人の場合はそんな感じでもなさそうですね。
    人間ドックで診断された際、何も言われなかったのでしょうか?

    それからトピックに挙げられている病院は外科手術の専門かと思います。
    確かバルーン拡張術は内科の範囲だったと思います(確実ではないです)。
    バルーン拡張術や薬のみでしたら、消化器内科だと思います。まずは一度、消化器内科のある病院で相談してみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:0121996909

  • レス、ありがとうございます

    パナップさん、貴重な体験談、ありがとうございました。

    夫の場合、疲れが溜まっているときや、大食いしたときに戻すことがあります。でも、いつのまにか、(たぶん重力で)胃の中に収まっているので、そんなに重大に考えていないようです。
    胸痛がひどい時期は、心臓系の病気や、肋間神経痛を疑っていたのですが、どうやらアカラシアが原因のようです。胸痛だけは、不意に襲ってきて、横になって休まないと治らないときもあります。
    食べてすぐに横になると逆流することが多いので、仕事で帰宅が遅くなった日は、晩ご飯がしっかり胃の中に収まったと思えるまで眠らないようにしているようです。
    それでも、ほとんど毎日、粘っこい物が逆流してきて、パジャマや布団を汚していますが・・・・

    情けないのが、一番の心配が
    「バルーンを飲んで治療したり、手術したりするのが怖い」
    ということです。

    入院が10日ほどということ、バルーン拡張術は内科で、手術は外科なのだと、教えていただき、消化器専門、とくに食道や胃専門医のいらっしゃる病院で診察をうけさせたいと思います。

    他の方のお話もお待ちしています。

    ユーザーID:2118382377

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 再びレスします

    何度も済みません。パナップです。

    胸痛の件ですが、過去にお薬を飲んでいたとの事でご存知かもしれませんが、筋肉を和らげる作用の薬を処方してもらえます。
    また漢方薬で芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)というものも効果があるようです。
    私は飲んでいないので、上記二つが同じものなのかは定かではないのですが。
    ちなみに私は胸痛が起きると熱い飲み物を飲んでます。
    かなり効きます。
    主治医の話では冷たい飲み物を飲むと痛みが和らぐ人が多いとの事でした。

    夜中に逆流してしまうのは、寝ている間の唾液も結構な量だからだと思います。

    病院に行かれるとの事ですが、手術をするかしないかは最終的に決定するのはご主人ですので、気軽に相談しに行く程度の気持ちでいいと思います。
    不安なことは医師に相談してそれから結論を出しても遅くないと思います。

    ユーザーID:0121996909

  • 胸痛と人間ドック

    パナップさま、ありがとうございます。

    主人の場合、胸痛がくると飲み物も摂りたくなくて、ただただ体を休めています。
    そのときで違いますが、2、3分で収まるときが多く、ひどくても横になって10分我慢といったところです。
    私としては、お薬だけでももらってきて欲しいのですが、ほんとうに病院嫌いで(好きで行く方はいらっしゃいませんが)困ります。

    人間ドックの検査結果は、郵送で「アカラシア要精検」とありました。
    主人も年を重ね、夜中の逆流で熟睡できないのが体力的につらくなったようで、
    「どうせ精密検査するのなら、アカラシアに詳しい先生のいるところで」
    「診断結果で手術がいいと言われるのなら、覚悟しよう」
    という気持ちになってきています。

    パナップ様が診ていただいている主治医の先生のように、具体的に対症療法を教えて下さる先生に会えるといいのですが。

    ユーザーID:2118382377

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • アカラシアの治療について教えて下さい

    初めてレスします。
    2年ちょっと前にバルーン拡張を行いました。
    症例数が少ない病気なので 私も色々と調べました。そして慈恵医大で行いました。
    その後は本当に快調でなんら病気の前と変わらない生活を送っております。
    ムリをせずにご主人にも早く処置をして頂いて快適な日々をすごして頂けたらと
    初めてレスしてみました。恐くないといえばウソですがその後の快適な生活が待っています。
    私も食べ物の逆流、(ひどい時は鼻からも!)胸痛ありました。夜は咳と逆流で座椅子で寝るしか
    できない状態でした。体重も10キロ減り、外食ほど辛いものはありませんでした。
    今では13キロ体重も増え(おかしいなぁ。)元気です。ご主人の決心が早くつくといいですね。
    治ったらもっと早くやればよかったと思うと思いますよ☆
    確かに、バルーンは再発の可能性もあるようですが、人によります。なったら、なったでその時にまた考えますくらいの
    気持ちでどーんと構えてます。

    ユーザーID:7474584156

  • いよいよ受診することにしました

    betekoさま、レス、ありがとうございました。
    バルーン拡張をされて、ご快復されたとのこと、よかったですね!
    慈恵医大は、アカラシアの専門スタッフがいらっしゃるので、バルーン拡張技術もきっと優れているのだと思います。

    主人は、相変わらず寝ているときの逆流が多く、枕元にティッシュやタオル、着替えを常備しています。週に1日か2日逆流がない夜があると、朝、体も楽そうだし、とてもうれしそうにします。

    我が家は、主人の希望で、昭和大学の消化器センターを受診することにしました。愛知県からの通院ですので、新横浜から地下鉄で10分という地理的な面も考慮したようです。
    betekoさまや、バナッブさまのように、主人の症状が改善してくれることを祈っています。

    ユーザーID:2118382377

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • よかったですね

    ご主人、ついに決心したんですね!
    よかったです。

    新横浜までの通院は大変だとは思いますが、
    元気になればなんのその。

    夜逆流しないで寝れる。食べ物が普通に飲み込める。
    本当にいい結果が待っています。

    無事、終わって普通の生活に戻れること祈っています。

    愛知からの通院。東京って恵まれているんだなぁと
    改めて思いました。
    慈恵医大まで1時間。正直遠いなぁと悩んでいたのですが
    もっと大変な思いして通院してらっしゃる人もいるんですね。

    手術してよかった〜と思える日が1日も早く訪れますよう!
    お大事になさってください。

    ユーザーID:8895304261

  • トピ主です

    パナップさん、betekoさん、その節はご親切な書き込みをありがとうございました。

    主人ですが、先週、無事に手術を終えました。
    食道の側から内視鏡・電気メスでアプローチする新しい手術法でした。身体表面の切開がないので、全身麻酔の手術にしては、術後が楽だったと思います。翌日、朝から水を飲み、夜は重湯を摂ることができました。術後3日目には全粥になりました。

    今週は普通に勤務しています。
    夜中も普通に眠ることができるので、体調が良いと喜んでいます。
    食事については、まだ食道内にクリップが留まっている状態のため、消化の良いものを、しっかり噛んでゆっくり食べるようにしています。
    お酒や刺激物だけ、退院後2週間は避けるように言われました。早くお祝いの乾杯をしたいです。

    「アカラシア」という病気自体がまれなのですが、幸い、よい先生方に診ていただき、普通の生活が送れるようになりました。主人は、食べ物が”胃にたまる”感覚も新鮮だったそうです。
    入院中は、看護師さんをはじめ、皆さんによくしていただきました。

    手術を後押ししてくださり、ありがとうございました。

    ユーザーID:9457988504

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧