心が汚れていく

レス46
(トピ主16
お気に入り44

心や体の悩み

さる

若い頃は自分で言うのもなんですが、心がきれいでした。
年を重ねるとともに、色んな知恵が付いた分、どす黒くなっています。
結婚し子供を生み、育てる過程でどんどんうす汚れていく自分がいます。いろんな感情が渦巻いています。
何も疑うことの無い、ピュアな心に戻りたいです。

ユーザーID:6634692695

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数46

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 同じ気持ちです

    読んであぁ〜私も同じだぁって、思ってしまいました。
    社会人になりたてまでもピュアそのものの私でした・・。
    思えば、学生時代までお花畑で生きてきたようなもんです。

    そのために社会に出て様々な嫌な思いをしたりしましたね。
    はぁこんな考え方もあったか、とか
    人を疑うってしたことなかったのに、するようになったりとか。

    でもたとえば、ぼうっと道を歩いてて落とし穴に落ちてケガを
    したとしますね、
    そうすると、その後はやっぱりもうケガしないように
    気をつけて歩くようになるもんなんです。
    それを学びとか知恵とかっていうのかな、と。

    でも純粋でピュアな心はなくさずにいたいですね。

    ユーザーID:4482943176

  • 嗚呼!同じ気持っ!

    でも、多分子供の頃にピュアであれたのは周囲のあらゆる責任や危険から解放され、守られていたが故の、言わば周囲の人が作ったピュアさだったのかなとも思います。
    成長して大人になり、自分で造らなければ行けない、自分で守らなければ行けない、手放したら不安になる今持っているもの等、みんな子供の頃、ピュアな心を持っていた時には縁の無かったものばかりです。

    これを踏まえると、心のピュアさ加減は変わっていないけれども、自分の社会的、人間的に自分がしなければいけない範疇が広がり、その分、以前の狭い範囲で良かったが故のピュアのレベルでは対応しきれず、様々なしがらみに怒濤の様に押し寄せられ、結果どす黒いと判断してしまう状態になった。
    こんなところかなという気がしないでもありません。

    ではどうしたらもう一度あの頃の様なピュアな状態に成れるか!?
    執着しない、与える、奉仕する、相手の為に喜んで自己犠牲をする、赦す、許す、愛する、喜ぶ、誠を尽くす、etc、これらを一つ一つこなして行くしかないのでは?とも思います。でももっと楽な方法は?とも思っています(笑)

    ユーザーID:6489667875

  • 子供に少しわけてもらいます。

    子供の発言、行動が素直で純粋で・・・っていうことが度々あって自分の昔を思い出しますよね。
    自分もにごったなと思います。
    最近娘が(5さい)テレビの中に入りたいと言って思い出しました、あーママもそう思ってたー!!と。
    薄型テレビでも考え同じなんだーと(笑)

    知恵のない親でもまずいので、あまり考えすぎずそんなもんでいいんじゃないですか。

    ユーザーID:7995306062

  • とりあえず

    坂口安吾の「堕落論」をお勧めします。

    ユーザーID:7505961526

  • つかの間で良ければ

    サウンドスケープ(音の風景)とか、アロマテラピー、運動やヨガなどのエクササイズ、こうした細々したものでもそれをしている/聞いている/見ている時間に限っては結構ピュアじゃないですか?(笑)

    前回のレスに書いた様な精神の修養的なものは勿論必要ですが、少し汗っぽいですよね。
    勿論、働くという事は汗をかく事ですから、汗臭いのがピュアではない(笑)とは言いませんが、常に汗臭いのは考えものです。

    日々細々とこういうものの中にピュアを思い出して過ごすのも良いかと。

    P.S
    ピュアである事と、事実や現実を認識できない◯◯とは決して同じではありません。
    洞察力があり、鋭い批判などがあったとしてもそれがピュアではないという判断基準にはなりません。
    もしそうであるなら、お釈迦様やイエス・キリストなどはピュアではなかったという事になるでしょう(笑)
    私は彼らをピュア中のピュアだと認識しています。
    ただ、天から下って来た人と地から生え出た人では例え似ていても全く異なるのは言うまでもありませんが。

    ユーザーID:6489667875

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • ありがとうございます

    「純少女」様、「通りすがり」様、「くらげ」様、
    レスありがとうございます。トピ主です。

    自分と同じ様な事を感じてらっしゃる方がいるというだけで、なんかホッとしました。この様な気持ちは、周りに打ち明けた所で、軽く流されて終りそうですが、思い切って、トピたてて良かったです。

    レスを読んで思い出しました。
    自分が小学生の時、母がお付き合いでの愚痴をしょっちゅう漏らしていたので、それを聞いていた私は不思議で、母に「そんなに嫌なら、付き合わなきゃ良いじゃん」と言った事があります。母は困っていました。大人になった今、母の気持ちがよーくわかります。単純じゃないんですよね。色々と。
    母も私を守っていてくれたんでしょうね。


    皆さんのおっしゃる通り、知恵や学びがないと、今の世の中危険がいっぱいですよね。家族を守る為、人を疑ったり。。。
    若い頃ピュアでいれたのは、周りの方達のお陰だったんだなーとレス読んで気づきました。ありがとうございます。

    子供は面白い発想をしますよね。『薄型テレビでもかんがえ同じなんだ』
    笑ってしまいました。

    ユーザーID:6634692695

  • トピ主のコメント(16件)全て見る
  • こんにちは

    レスありがとうございます。

    「艸木堂」様、
    坂口安吾、今まで難しそうで敬遠し、触れた事もありませんが
    お勧めということで、読んでみたいと思います。ありがとうございます。

    「通りすがり」様、
    二度目のレス、ありがとうございます。うれしいです。

    アロマテラピーというか、レモングラスの香りをかぐと、
    とても気分が落ち着きスッキリします。
    普段は運動などまったくしませんが、子供に付き合ってプールに行って泳いでる時は、言葉で表現出来ないほど楽しいです。海でボーっとしてるのも
    クリアになる気がします。
    毎朝 かわいい花を咲かせる朝顔を見てるのも、心が洗われます。

    考えはじめたら色々出てきました。まだまだありそうです。
    細々としたピュアはそこらじゅうに溢れているんですね。

    ユーザーID:6634692695

  • トピ主のコメント(16件)全て見る
  • 「汚れ」ではなくて、「肥やし」と思えば…

    何も知らない=ピュア、という見方もあるかもしれません。
    でも、世の暗い部分、醜い部分を知ることは、人生の「肥やし」になるという見方もできると思います。

    世の中の汚れを知っても、自分はそうならないようにしよう、と心に決めていらっしゃれば、汚れずに肥やしにできると思います。
    汚れるか、汚れないかは、自分で選択できるのではないか、と思うのです。
    (ナマイキを申し上げてすみません…)

    どんなものを見ても、いやなことを体験しても、「自分はそういうことをしない人間で、本当に良かった…」と思うようにしています。(これも努力だ〜!と、自分に言い聞かせつつ…。ホントに人生は修行のようですね)

    この習慣は自分で思いついたわけではなく、私がぐちを言うたびに、「ひとはひと、自分は自分」と言い聞かせてくれた両親のおかげではないかと思い、ひそかに感謝してします。

    ユーザーID:9568757904

  • それは汚れではなく知恵

    いい大人が純真で無邪気だとむしろ変です。
    生きてるうちに知恵がつくのですから。

    知恵の回る大人の方が、無邪気な大人よりずっと魅力的です。
    無邪気で可愛いのは子供だけです。
    大人になるとピュアさは、ただの愚鈍さです。

    ユーザーID:5135831528

  • 読んでいただけて嬉しいです

    「れもんばうむ」様、レスありがとうございます。

    何も知らない=ピュア、そうですね。私は何も知りたくないのかも。
    夢見る夢子でいたいんですね。でも世の中 皆が夢子だと、成り立たないですね。私が夢子でフワフワしてる一方で、責任で押しつぶされそうな方が
    沢山がんばってらっしゃるんですね。私の周りだと主人かな。。いつも迷惑かけてます。ごめん。

    世の中の汚れは、自分はそうならないようにしようっと心に決めてはいるのですが、自分の中から湧き上がってくる黒い感情が止まりません。
    ドラマなどで教育ママなどが、『うちの子に主役を』等、先生に詰め寄るシーンがたまにありますが、以前は そんな人いるの〜?なんて思ってましたが、実際自分の子のクラス劇の時、『なんでチョイ役なのかな』『もっと良い役にして』等、考えてしまいます。
    今までは客観的に見て、おかしいと感じていた事が、その立場に自分が立った時、同じような感情が出てくることにビックリするのです。

    隣の芝生が青く見えすぎて、ブルーになり、そんな自分に又、ブルーになる日々です。

    ユーザーID:6634692695

  • トピ主のコメント(16件)全て見る
  • 自覚があれば

    そういうことを自覚している人に心の汚れた人はいないはずです。世の中のほとんどの人がそういうことについて自覚してませんから…。

    そんなあなたに育てられているお子さんは幸せだと思います。

    今のままで十分ですよ。

    ユーザーID:4587606715

  • 因に

    レスを読んでいて少し思った事があります。
    そのレスを書いた方がそうだという事ではなく、単に雑学程度にお聞き頂けたらと思います。
    ネットという完全匿名の世界なので、誰も傷つく事無く、嫌な思いをする事無く、単にトリビア程度の軽いノリで読んで頂けたらと思います。



    私は以前、聖書にハマって数回通読しました。

    その中にこういう箇所がありました。
    ある善人と悪人が各々神に祈る為に神殿に来ました。
    善人はこう祈りました。
    「神様、私は自分がこの隣に居る悪人の様な人間でなくて感謝します。この悪人は悪さをしたましたが、私はせず、あなたへのお供え物も供えています。」
    悪人はこう祈りました。
    「神様、私は自分の犯した罪の故にあなたに顔を向ける事も出来ません。憐れんで下さい。」
    神様に義と認められ、先に天国に入ったのは悪人でした。

    また、親鸞上人の言葉に「善人なおもて往生す、いわんや悪人をや(善人でさえ昇天するのだから、悪人が昇天できない訳が無い)」という言葉があります。

    この二つが指しているのは、自分の行いや自分の心の純粋さによって救われる/昇天するのではなく、神/仏の救いに寄る。という事です。

    ユーザーID:6489667875

  • 何も知らない=ピュアという考えはどうか

    私はピュアであるという事を高く評価しています。

    多くの人が「ピュア=何も知らない」的な発想を持っていますが、ピュアには2種類あります。
    先ずそのまま「何も知らない」という事。
    もう1つは、全てを知っている上でピュアであるという事です。

    前者と後者は全く異なるステートです。
    ほぼ全人類は前者よりのこれら2者の間に居ます。

    「何も知らない」をピュアと判断する人は問題ありませんが、ピュアな人を見て何も知らないと判断するのは少々浅はかと言わねばなりません。


    トピ主さんは恐らくこういった思想的な事に関してはあまり会話したくない方だと予測しますので、私の今回の2つのレスに対するレスは無用です。
    ただ単に雑学と誰かの思想程度に聞いておいて頂ければ幸いです。

    毎日一刻一刻楽しくお幸せに。

    ユーザーID:6489667875

  • 守るものがあるから

    主さんは苦労を知らず、汚れていないんだな、と感じました。

    私はここ数年で、やさしい笑顔で人を欺き、踏み潰すことができる人間になりました。
    何故でしょうか。

    私は、汚れてなかったからこそ騙され、子供の命を危険に晒したのです。
    無垢が価値を持つのは、守ってくれる人がいるときだけです。
    人を信じることが美徳とは限りません。

    汚れなければ、私は、子供を守れなかったからです。

    大変な時期に、生き抜く知恵を授けてくれたのは
    地獄を見て、悪の底に沈み、辛酸を舐めた人でした。
    それは、ヤクザ式の知恵だったんですが、何より役立ちました。
    (その人はヤクザではないですが)

    現実は弱肉強食です。
    子供を守るためには、汚れることも、悪くなることも必要です。

    二度とピュアな自分には戻れないけど
    私はそれを誇りに思っていますよ。

    ユーザーID:5547364037

  • ビュアでは他人は守れない!

    何も知らない無垢な女の子は「守ってもらう」「他人の手を煩わせる」ものですよね?

    でも、アレコレ知って強くなったおばちゃんは、家族や友人、見知らぬ人のピンチに立ち向かって守ることもできます。

    お姫さまだった頃は他人に話しかけることすらできなくても、おばちゃんになったら、よその子が危ないことをしたら叱ったり、マナーの良くない人にあんた何やってんの」と声をかけて、他の人を救ったりできます。

    それじゃイヤなんでしょうか? 人生経験積めばどうせ汚れるんだから、せめて誰かを守れるヒーローなおばちゃんになりましょう。そしたらただの汚れたおばちゃんよりはかっこいいですよ。

    ユーザーID:5797132357

  • 軽い余談パート2

    「キレイ事じゃ世の中やっていけない」という言葉を口にする人達がいます。
    でも、私はこの言葉を言っている人の中にかなり努力してキレイ事で生きようとした人を見た事がありません。
    皆ちょっとした事に畏れ戦いて(しかも多くは自分自身のネガティブな想像)戦う(チャレンジ)する前から止めてしまった人達です。
    しかもその人達の中には、それをあたかも自分はトライしたのに桁外れの障害にあって考えを改めた的な「経験者面」をする人もまた多いです。
    こうして”挫折”した人達も自分を正当化しなければなりませんから、色々な理屈を言います。

    しかし、彼らが「挫折した事によって今正にしている事(物事の判断基準やそれに対する決断の傾向など)」を自分自身に向けた時、立ち行かなくなるので自分の事には目をつぶり、他人の事だけは責め立てる。これを「守る物があるから」という大義名分の下に行ないます。
    しかし、その人達も大声では戦争反対を訴えます。

    よく見ていれば、恥ずかしい生き方か気高い生き方かは見えて来ると思います。良い悪いの問題ではなく。

    続きます。

    ユーザーID:6489667875

  • 続き

    親に初めから敗者として敗者哲学を吹き込まれてそれを正義だと考え、そのように生きている人は珍しくありませんし、これからどんどん増えて行くかのようにも見えます。
    その人達は詭弁を使いながら隣人を欺き、突き落として行くでしょう。

    そして自分がそういう素行をしているから社会に不信と悪がさらにはびこる事には目をつぶり、すべてを「世の責任にします」。

    勿論、ピュアに生きるという事は簡単ではありません。
    でも、分を弁えさえすれば難しい事でもないのです。
    プライドが煽られれば本来不必要なものまで欲しくなり、その為に争う。
    これら「不毛」が人の間にあり、それに煽られる精神でいる間は前述の様な生き方をするしかないかもしれません。

    己の中にある不安と恐怖に負けて詭弁や安い哲学と友になりつつ殺人をくりかえすか、不安と恐怖の元と戦い、正義と愛と共になりつつ隣人を生かして生きて行くか。
    極端な話しどちらかです。割合の問題とでも言いましょうか。

    ある通りすがりの今日現在の一意見でした。

    ユーザーID:6489667875

  • パート2の最後に

    ついでに言うと、どちらの生き方も良い悪いの話しではありません。
    私だってこれからどういう生き方をするか解らない訳ですし、世の中の大半があまりカッコよくない方の生き方を選択している中、それを悪いと考えていたら正常な人間関係を保つのは至難の業です。

    キーは「赦し」だと思います。
    目の前の人間が弱いが故に誤った選択を繰り返すのに気づかないのはピュアではなくただの見落としです。それに気づくピュア、そしてそれを見て許し、引き続き隣人として愛する。これがピュアだと思います。
    しかし、和しても混ざらない様芯はしっかり持つべきだと思いますが。

    勉強して良い大学に入り、社会で良いポジションにつく。
    社会人として成功しても、人間として敗者哲学の崇拝者であれば、結局は役不足の大統領の頚がすげ変わるだけの政治と同じ事です。
    国民の不平不満は絶えないでしょう。

    できないかもしれない。
    守る物もあるし、自分にはそれに十分な信念がないかもしれない。
    それは悪い事じゃない。感心する事でもないけど。
    だけど、できるだけチャレンジし続ける努力はアリかなと思います。

    あまり追いつめず、緩まずって感じです。

    ユーザーID:6489667875

  • ごめんなさい。今度こそ最後(笑)

    私の母はすごく良い人です。
    私の「ピュア」の定義は多分みなさんと異なっているので脇に置いておいて、私の予想する皆さんのピュアの定義では「ピュア」だと思います。

    子供の頃からそりゃー大変な迷惑を被りました。
    学生結婚で夫は医学博士ですから、あらゆるものから守られてそのまま還暦になったような人です。
    だから世間知らずですし、色々な面で子供です。正直、母以外の父や兄弟達はみな母のために部分的に大変な苦労をしています。

    でも、よく言う「大変な子供を育てるということ」を4回繰り返しましたし、みな良い子に育ちました。
    また、夫のバックがあっての事とは言え、人助けも沢山してきました。

    生き残り競争(その中にもプライドを持つ)的な世界感がビッチリ染み付いている人からみればくだらない人生を歩んでいるかもしれません。
    でも、彼女のお陰で私は世界感が広がりました。
    人間、大切なのは能力でもなく生きる力でもなく、心の善良さなんだと。
    これがあれば多くの場合なんとかなるものです。
    ちょっとした試練に対する度胸があれば良いのです(笑)

    ユーザーID:6489667875

  • 私は逆かも。

    私は、年を重ねるほどに、心の持ちようが良くなってるな〜と思います。

    それは幼いころ家庭環境がとっても乱れていて、普通の子供がうける恩恵をほとんどうけてこられなかったというせいもあると思います。

    若い頃は、視野がせまかったり、独善的だったり、自分とあまりに違う考えを許容できなかったりしましたが、年を重ねるとだんだん「そういうこともある」「他人と自分はちがうんだから、考え方が相容れなくてもあたりまえ」「もしかしたら自分も誤解させたのかも」・・・などなどと考えられるようになりました。
    若い頃よりはずっと思いやり深くなったし、器も(ちょっとだけど)大きくなった気がします


    子供の頃はどんな理不尽な目にあっても我慢するしかありませんでしたが、いまなら拳を握って立ち上がることも出来ますし。

    知恵がつくっていうのは、汚れるってこととは違うと思いますよ!

    ユーザーID:1958717121

  • ありがとうございます

    「inu」様私の言葉、足りないですよね。すみません。
    私の理想とする方は、所ジョージさんです。知恵も回り、社会的地位も確立しており、かつ、楽しそうに見えます。憧れです。ああなりたいです。

    「cross」様、自覚してるつもりですが、自覚してるのに、直せないのは、たちが悪いと以前人から、言われたことがあります。その通りです。私は汚れています。子供幸せだと良いけど。あたたかいお言葉心にしみました。ありがとうございます。

    「通りすがり」様、いつもありがとうございます。
    おっしゃる通り、思想的な事と言うか、難しい言葉が苦手です。学がありませんので。ブッタとシッタカブッタなる本は大切にしておりますが。
    古典的なものは誰かが解り易く噛み砕いて書いて下さった物でないと、触手が動きません。さるでも解るお勧めはございますか?本を読むことは好きです。ちなみに坂口安吾、本日 図書館にて借りてきましたが、チラッと見た限り難しそうで、どきどきしております。
    <続きます>

    ユーザーID:6634692695

  • トピ主のコメント(16件)全て見る
  • 続きです

    「めぐ」様、苦労は知りません。いつも逃げてますから。でも、汚れています。なので、トピ立ててます。苦しくて。
    私も優しい笑顔で、人を欺いてますよ。子供がいると、それは必要かと。。
    いろんな人がいますから。生き抜く知恵がどんな知恵かは解りませんが、
    今クールのドラマの 任侠ヘルパー みたいなものでしょうか?あのドラマ
    好きなのですが。
    二度とピュアな自分には戻れないとおっしゃってますが、戻れるのではないでしょうか?私の立てたこのような駄トピを気にかけて下さってるので。レスまで下さって。
    子供を守るのは、パワー必要ですよね。だからこそ世のお母様方は強いのかも、です。

    「パウラ」様、私からしても、おばあちゃん、ピュアです。あこがれますよ。かっこいいですよね。」私もかっこいいおばあちゃんになりたいです。



    私もそろそろ40です。トピ立ててる場合じゃないですよね。皆様、
    ありがとうございました。カウンセリングを受けてる様で、楽しかったです。

    ユーザーID:6634692695

  • トピ主のコメント(16件)全て見る
  • 坂口安吾、お読みになりました?

    古い文章でなんだか小難しくて読みづらいですが、最後の2段落だけでも読んでみてください。
    私は何か救われた気がします。

    善人尚もて往生を遂ぐ、いはんや悪人をや。

    私もちゃんと堕落しようと思います。

    よかったら同じく坂口の「風と光と二十の私と」も読んでみてください。(同じ本のなかに収録されていませんかね?)
    「堕落論」よりこちらのほうが読みやすいかもしれないです。

    かく言う私もなんだか心の中がどろどろして苦しいです。
    どうして人はお互い受け入れ合い、援け合うことができないのでしょう。
    偏狭さと頑迷さ、この二つだけでもなくなればどんなにか風通しのよい、住みやすい世界になるでしょうに。

    ユーザーID:7505961526

  • 結婚してから

    今思うと、子供の頃から親に守られ何不自由なく育ててもらいましたが、子供の頃は私ほど苦労した子供はいないと信じていました。大学までやはり親に守られ、結婚した後くらいから世の中がはっきり見え始めてきました。世の中は嫉妬や憎悪が渦巻いていて、何不自由なく生きて来た私に嫌みを言う人はもうたくさんいました。今でも時々嫌みな事を言われます。でもこの年になり、恵まれていればいるほど、そのくらいは覚悟しなくててはいけないのかと思っています。でもどんなに嫌みや意地悪を言われ意地悪をされようとも自分は決して腐らないと決めました。いつもニコニコほがらかにいたいものです。意地悪を言う人は人を不幸にしたい為に言うのでしょう。だったらその手には乗りません。いつも幸せな気持ちでいる事ですよね。私はこんなふうに心がけています。

    ユーザーID:4653678993

  • もう閉められたのでしょうか?

    水をさす様なレスばかりで申し訳ありませんが、再度余談パート3です。

    坂口安吾さんという方は存じません(勉強不足で恐縮です)が、世間では
    「善人尚もて往生と遂ぐ、いはんや悪人をや」という部分だけが声に出され、その後に続く部分があまり持上げられません。
    これは、善人(品行方正なので神仏の救いの手を必要としないと考えている人)でさえ昇天するのであるから、悪人(行いが悪く神仏の助けを求める気持の強い人)が昇天できない訳が無い。しかし、世の人は「悪人(行いの悪い人)でさえ昇天するのだから、善人(品行方正な人)が昇天できない訳が無い」と考える。これには一理あるけれども、他力本願の仏の教えには当たらない。
    という物です。
    決して堕落しているから救われる等と言う事ではなく、改善しようとしても出来ない辛さの中で自己嫌悪などに苛まれている人=悪人と捉えるのがメインストリートだと考えます。

    従いまして、「堕落しよう」と意図的に堕落した人とこの言葉は何ら関係のない物かとも思います。
    仏教徒ではないので詳しい事は解りかねますが。

    ユーザーID:6489667875

  • そのとおりです。

    それが大人の世界を知ると言うことではないでしょうか。
    ピュアな心は、自分の心の中だけで。
    もうほとんど宗教の世界になりますね。

    ユーザーID:1181979173

  • こんばんは

    トピ閉めようと思ったのですが、まだ、お付き合いくださる方がおられるので、レス付かなくなるまで続けたいと思います。

    「ぴよっこ」様、私もぴよっこ様のように段々と成長するものだと思っていました。現実は、心が曇っていく一方です。どうしたらよいですか?

    「艸木堂」様、図書館で本、借りたのはいいのですが、なかなかスイッチがはいりません。九月九日まで借りれるので、それまでにはちゃんと読みます。ちなみに私の借りたのは、角川文庫から出ている物で、お勧めの、
    「風と光と二十の私と」は、掲載されてはいないようです。
    どろどろ苦しいですね。ネットの世界だと分かり合える方が、沢山いると言う錯覚に陥りますが、現実世界は、難しいですよね。ネットの世界のように、本音を話そうものなら、引かれてしまいますから。残念!

    ユーザーID:6634692695

  • トピ主のコメント(16件)全て見る
  • 続きです

    「驚きもものき」さま、何不自由なく、育ててもらったとはいえ、私には想像できない様なご苦労があったのですね。今で言う世襲議員の様なものでしょうか?(違うか)

    『意地悪を言う人は人を不幸にしたい為に言うのでしょう』。違うと思います。

       傷つけたのは憎いからじゃない
              僕には羽根が無く
                   あの空が高すぎたから

      ピンクスパイダー/hide  より。。。            です。


    「通りすがり」様、
    勉強不足だなんて、とんでもない。勉強しすぎです。
    さるには難しすぎて、気の利いたお返事を、と思うのですが、何も浮かびません。なんとなくは解るのですが。回線が足りないようです。すみません。
    でも、素敵なお母様ですね。女優の朝丘雪路さんのお顔が浮かびました。

    ユーザーID:6634692695

  • トピ主のコメント(16件)全て見る
  • 周りに左右されない強さが欲しい

    どうにも受け付けない人、環境にいる時間が長くなると心が汚れたような、皮膚に厚く垢がたまるような、たまらない気持ちになります。

    ずるいけど上手に立ち回っている人ばかりだな…という環境の中で、自分を信じて律していくのは非常に難しく、何も考えずに罪悪感も感じずにいれたらいいのにと思ったりもします。自分は清く正しい人間だと言いたいのではなく、環境次第で気分を左右される自分の弱さが問題なんです。

    ただ、ごくごくまれに、「この人は天然記念物並だなぁ…」と心がじんわりする尊敬できる人物との出会いがあり、そうすると「この人には恥ずかしくない自分でありたい」と、向上心を持たせてくれるので、その事に感謝し、その気持ちをながく胸に刻んで頑張ろうという感じです。

    このトピ興味深いので、参考にさせてもらいます。

    ユーザーID:0421429381

  • ありがとうございます

    「コイン大杉」様、「朱に染まりやすい人」様、レスありがとうございます。

    尊敬できる人物との出会い、うらやましいです。身近にそういう方がいると言うのは、心強いですね。人との出会いで人生って、良い風にも悪い風にも、変わりますものね。ホントに感謝ですね。大事になさってくださいね。

    ユーザーID:6634692695

  • トピ主のコメント(16件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧