異業種への転職

レス28
(トピ主11
お気に入り11

キャリア・職場

rami

今年で29歳になる求職中の女です。
大学卒業後にデザイン事務所に就職し、あまりの激務で半年で過労のため退職しました。
残業時間が月70〜80時間で残業代も出ず、給料は高卒初任給並みで昇給はなく、自宅に仕事を持ち帰る様な状態でした。

来年に結婚しますが、相手の給料だけでは生活できないため、私も共働きするつもりですが、デザイン会社で働くことは残業を考えてもほぼ不可能と考えています。

そこで会計関係の仕事に就き、出来れば将来は税理士資格を取りたいと考えています。
全くの異業種ですが、父の職業であり、デザイン関係の仕事に就く前に目指していたこともあっての考えです。
出産や育児などで職を離れても、再度正社員で定年まで働ける可能性があるとも考えています。
現在、11月の簿記2級合格を目指して勉強しています。

今後の計画ですが、簿記2級取得後に会計事務所で働き出し、簿記1級取得。
その後に税理試験3科目を子供を生む33〜35歳までに取得できればと考えています。

会計事務所への正社員での就職は、この年齢では厳しいと理解しています。
まして、高校中退、関西中堅私大中退後に芸術系大学の通信卒業という学歴、職歴はデザイン会社半年のみなので、正社員になれる可能性があるのであれば最初はアルバイトでも致し方ないと思います。
税理士資格取得には実務経験が必要なので、会計事務所に絞って考えています。

父は大手でなければ、はるかにデザイン業界より家庭との両立が可能と賛成してくれています。
先述どおり、最初の大学入学時に目指していた職業でもあります。
しかし、自分で決めたことですが、この年齢で再スタートすることや厳しいプランに不安もあります。
可能性はゼロではないと思いますが、無謀と言われても仕方ないと思います。
何かアドバイスがあればお願い致します。

ユーザーID:1946266848

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • とりあえずはあまり目標を高く持たずに

    税理士試験は大変難しく、大学在学中の若い頃から勉強しても合格までに卒業後何年もかかります。30近くなってから仕事と両立して取得するのは至難の業だと思います。あなたは高校も大学も仕事も全て途中でやめていますし、結婚すれば生活スタイルも変わってストレスもたまります。とりあえずはあまり目標を高く持たずに、一般企業の事務か何かで少なくとも3年は続けることを目標にしたらどうでしょう?

    ユーザーID:8581253307

  • 年齢での焦り

    小町私設レスキュー隊さん、レスありがとうございます。

    大学は別の大学に再入学はしましたが一応卒業はしていますし、デザイン職もドクターストップが掛かりながらも受け持ちの仕事は全てを完了させてから退職しています。

    一般企業の事務か何かで少なくとも3年というのは、年齢的に厳しいです。
    将来は出産後もフルタイムで働きたいと考えているので、残業や子供の急病時には母に面倒を見てもらうつもりですが、35歳までに出産しなければ子供の面倒をみることは出来ないと母に言われています。
    もし、一般企業に勤めたとしたら、出産後に社会復帰する際、更に正社員での就職先が厳しい気がします。
    それまでに、正社員での再就職ができるだけの武器を持てるのか不安な気がします。

    税理士に関しては、父を見てきたのでいかに難しいかは理解しています。
    ただ、開業する気はないので、科目合格さえ出来れば良いと考えています。
    実務経験と科目合格があれば、そこそこ求人があるようなので。
    それならば、この年齢からでも可能性があると考えました。

    ユーザーID:1946266848

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 青写真

    アルバイトでもいいから会計事務所へ、とのことですが、この不景気の中、簿記2級程度で会計事務所へ簡単に転職(アルバイト含め)できるのですか?
    トピ本文のみでの印象ですが、その辺の見通しが甘いように思います。
    転職活動だけで短くて数か月、長くて数年かかりそうな気がします。
    トピ主の学歴・職歴では、なおさら時間がかかるでしょう。
    どんな事情があるにせよ、大学中退歴あり、職歴1年未満では、会計事務所以前に採用してくれる企業はほんのわずかです。

    小町私設レスキュー隊さんもおっしゃっていますが、まず雇っていただける企業で職歴を付けたほうがよいと思います。(少なくとも1年以上)
    その間でも転職活動中でもよいので、簿記1級取得した上で会計事務所への転職を考えた方が資格が(2級よりは)武器になるのでは?

    ちなみに某最大手転職サイトで会計事務所を検索しましたが、本日現在応募しているのはわずか8件でした。

    ユーザーID:0629023766

  • 29歳で職歴が半年しかない理由は?

    税理士の資格を取得するという目標はいいと思うのですが
    大学卒業後半年しか職歴がない理由はなんですか?

    会社が求める人材とは一概には言えないですが
    とりあえず仕事を1年以上続けているかどうか?出来れば小町私設レスキュー隊さんもあげているように3年くらいの継続した職歴があるかどうかって結構重要なポイントになると思うんですよ

    >デザイン職もドクターストップが掛かりながらも受け持ちの仕事は全てを完了させてから退職しています。

    企業側が見るのは残念ながら勤務半年という部分だと思います
    半年しかもたなかったと見られます

    その後の職歴で長く勤務しているのなら問題はなかったのですが、職歴がないのであれば多分一般の事務職でも厳しいかと思います、たとえ簿記2級を取得しても年齢の若い新卒でないのならプラス経験がないのであれば会計事務所はかなり厳しいと思いますよ(今は簿記2級をもっていても職にあぶれている人が沢山います)

    まずは税理士の資格取得(知人に税理士がいるので簡単にはいかないのはわかっていますが)、その後に会計事務所の求人に応募がいいのではないでしょうか?

    ユーザーID:1496103278

  • やってみよう!

    無謀かどうかはやってみなくちゃわかりません。

    税理士は科目合格がメリットですよね。
    その分短期で合格を目指すのではなく長期間かけての取得は
    「勉強するぞ」というモチベーションの維持が大事。

    トピから意気込みは伝わってくけど、しょっぱなから飛ばし過ぎると疲れてしまいますよ。
    うまく調節して勉強に励んでください。

    試験への挑戦ですが・・・

    1.2級⇒1級(働きながら)⇒受験ということですが
    2.2級⇒受験資格を得るまで勤める(3年)⇒受験という方法もあります。
      (簿記1級OR職歴なので)

    2は受験までかなりの年数を要するようですがその3年間みっちり勉強するのです。
    1級にせよ税理士にせよ勉強することに変わりはないので・・・

    それはトピ主さんが実際に勉強して、働いて良いと思われる方法で選択してください。

    なんにせよ長い道のりになるとは思いますが挑戦してみてください
    勉強して得た知識は(こと税務会計関係は)決して無駄にはなりませんからね。

    ユーザーID:3291092511

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 見通しが甘いと思う

    私も夫の稼ぎが少なく共働きですが、そういう相手を選ぶなら
    もっと自分の状況を考えるべきではないですか。

    職歴が半年のみ。あとは何をやっていたのですか?アルバイトも
    してないんですか?
    異業種への転職でこれから資格取得云々というよりは、職歴がないのが
    一番問題だと思います。
    正直、税理士の資格がどれほどのものか良く知らないのですが、
    企業がそんなにブランクのある人間を取りたいと思うでしょうか?
    【職歴なし 税理士】
    などのキーワードでgoogle等で検索してみてください。
    お父様に強力なコネでもあるならよいかもしれませんが…

    逆に、デザインの素質を生かして、自宅でフリーとして仕事するとかは
    考えないんでしょうか?こちらも成功させるには難しいかもしれませんが、
    現状のプランよりは現実的なように思います。

    ユーザーID:7798121100

  • うーん。結構厳しい道ですが…

    不可能なことは、何もない、と思っていますが…、とは言え結構厳しい道だとも思います。

    簿記一級修得がかなり至難の業です。私が通学する講師(会計士)は一級4回受けてるが、まだ受かってない、と言ってます。また、講師の先生方は皆、税理士試験の範囲の広さは会計士より大変だ、と言いますね。なので、簿記2級を一回で90点ぐらいで合格してから、再度考えてもいいと思います。
    大学卒されているのですよね? 
    では、いっそ、通信制の大学とかで経済学科を単位取得されては??よっぽど近道だと思います。

    何事も千里の道は一歩から。まずは簿記一級をつぎの11月に合格してから、考える。全体を見通し、随時修正する柔軟さも合格への武器になると思います。
    私も似たような資格試験挑戦中です。頑張りましょうね。

    ユーザーID:7232451064

  • 職歴

    いなさん、レスありがとうございます。

    いなさんの仰るとおりだと、会計事務所はアルバイトでも難しいようですね。
    所属する会計の専門学校の求人だと、そこそこの数があったので、勘違いしていたようです。

    いなさんの仰るとおり、とりあえず簿記2級取得後、一般事務も含めて考えてみたいと思います。
    その後、取り敢えず就職し、在職期間中に簿記1級を取得し、転職を考えます。
    転職回数が増えることは少しネックになる気がしますが、職歴を増やす方が良いのだと思いました。

    ユーザーID:1946266848

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 職歴が半年の理由

    アルバイトも落ちる今さん、レスを有難うございます。

    職歴が半年の理由ですが、大学を変えたことが理由で卒業が遅かったためです。
    まずは税理士の資格取得とありますが、現在の私では受験資格がなく、簿記1級取得が受験資格となります。
    年齢と職歴で、求人先を選べないことはよくわかりました。
    取り敢えず、働き口を探し、継続して職務経験を伸ばそうと思います。

    ユーザーID:1946266848

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 長期戦

    モンさん、レスをありがとうございます。

    モンさんの仰るとおり、少し計画に関しても飛ばしすぎみたいです。
    周囲からも、心配されています。

    資格勉強に専念したいのは山々なのですが、金銭的に出来るだけ早く就職する必要があります。

    モンさんの仰るとおり、勉強で得た知識は無駄にならないと思いますので、一ずつクリアしていきたいと思います。

    ユーザーID:1946266848

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 税理士について

    ニコさん、レスを有難うございます。

    大学卒業後にデザイン会社に就職したので、職歴が半年になっています。

    税理士とデザイン業についてですが、税理士を薦めたのは経験者の父でもあります。
    この不景気でも、資格さえあれば何とか働き口はあると言われました。

    デザイン業についてですが、フリーで収入を得る方が、税理士資格取得よりも難しいです。
    不況もあって、企業が広告費削減を行っているため、大手でも驚くような安価、小さな仕事でも受けています。
    とても、今の景気でフリーで仕事を請けることはできない状況です。

    ユーザーID:1946266848

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 税理士と簿記1級

    匿名双子係長さん、レス有難うございます。

    簿記1級は本当に難しいと思うのですが、税理士の必修科目にある財務諸表論と簿記論の内容と多くの点で被るそうです。
    逆に言うと、簿記1級を取得できないと税理士試験合格も不可能に近いのではと考えています。

    匿名双子係長さんも資格試験の勉強中なのですね。
    応援有難うございます。
    匿名双子係長さんも勉強の方を頑張ってください。

    ユーザーID:1946266848

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • トピ主です

    多くの方にレスを頂き、誠にありがとうございました。
    個別にレスをさせていただきましたが、伝えきれない点がありましたので追記で書かせていただきます。

    まず、デザイン業界についてですが、この先に環境が改善される気がせずに業界を辞めることにしました。
    賞与、時間外・休日手当て、退職金、昇給もなく、日に20時間ほど酷使される環境でした。
    会社で仕事をしながら簿記の取得も考えましたが、上記のような勤務時間では勉強する時間もありません。
    更に、いくら実務経験があっても、35歳を超えるとなかなか転職先もないような状況です。

    次に会計事務所ではなく、一般企業についてですが、現在会計の専門学校に通っており、夜に授業があります。
    会計事務所では学校の時間も考慮してもらえるような会社もありますが、一般の企業では難しい気がしました。
    まして、業務と関係のない税理士の資格となると、言い出すことすら憚られます。

    当初は出産まではデザイン業界で何とか仕事を続けようかと考えていましたが、異業種への転職となると更に年齢がネックになると言われ、デザイン会社を退職した今に決断しました。

    ユーザーID:1946266848

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • トピ主です

    続きです。

    職歴や年齢、実務経験もない状態での会計事務所の転職は相当可能性が低いとは自覚しています。
    もしかすると、税理士試験合格よりも難しいかもしれないと思います。
    この点はかなり悩みました。
    職歴がない20代と、職歴と資格はある30代とではどちらが厳しいのか。
    ただ、年齢だけは戻すことが出来ません。
    皆さんの意見を聞き、会計事務所への就職活動の後、内定が貰えなければ一般の企業への就職を目指そうと思います。

    本当に有難うございました。

    ユーザーID:1946266848

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • あれ?

    受験資格を勘違いされていませんか?

    http://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishishiken/shikaku/shikaku.htm

    ramiさんは大卒とのことですので、一般教養で構わないので法律・経済に関する科目を取得していませんか?
    それなら十分税理士試験の受験資格はありますよ。
    3年の勤務も簿記1級も不要です。

    日商2級・・・商業簿記、工業簿記、連結決算
    日商1級・・・コンツェルン会計
    ですから、町中の税理士事務所では1級レベルの簿記は殆ど使わないかと思います。

    コンツェルンのような企業体は監査が必要なので税理士ではなく公認会計士(実際は監査法人)を使いますから。

    税理士は1科目1科目積み上げていけるところがいいと思います。
    公認会計士は複数科目を1発合格しなくてはならないのでかなり難関ですが。

    今年の秋に日商2級を取得し、来年春は税理士試験のどれかの科目を申し込むといいと思います。(試験は夏)

    アルバイトからでもと仰っているのであれば地道に探すしかないと思います。
    頑張って!

    ユーザーID:7526634319

  • 受験資格について

    はなみさん、レスを有難うございます。

    受験資格についてですが、卒業した大学が芸術系だったため、一般教養でも法律・経済の授業は受けていませんでした。

    実務経験は父に相談したところ、アルバイトでも会社に証明書を書いてもらえるかは会社によるということらしいです。
    税理士試験の財務諸表論・簿記論より簿記1級の方が難しいらしく、簿記1級取得もまた専門学校の学費が掛かるので、出来れば実務経験で受験資格を得られることが希望なのです。
    ただ、先述したとおり就職先を選べる立場ではないので、こればかりは運になるかと思います。

    はなみさんの仰るとおり、税理士試験は難関ですが、1科目ずつでも可能な点で選びました。
    会計士のように1発合格だと可能性が限りなくゼロに近いと思います。
    険しい道のりですが、頑張りたいと思います。
    応援、ありがとうございました。

    ユーザーID:1946266848

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • そうでしたか

    それなら匿名双子係長さんの仰るように、通信制の大学に入学し、法律か経済の単位を取得してはいかがでしょうか。
    入学は書類を送るだけでOKですし、学費もかなり安めです。(一番安いのは放送大学かも)
    大卒資格は持っているので、取得単位の証明さえ出来れば。
    これなら来春入学して1年あれば受験資格OKになるのでは?
    実務経験3年と言っているより、早く受験資格を取って、どんどん受験する方が近道な気がします。5科目受かるのは時間がかかりますからね。

    後はこれは運と実力と経済力にもよりますが、経済系の修士課程に入れるなら2年間みっちり勉強するのもアリだと思います。
    税法科目、会計学科目等の研究により学位を取得できれば、
    受験資格だけでなく、免除科目もあります。
    (これが一番近道かも)
    大学院の試験は大学の試験よりずっと早いので、早急に情報収集が必要かと思います。

    私の周囲には20代後半から税理士資格を目指して30過ぎて税理士になった方もいますし、
    40過ぎてから司法試験を目指して弁護士になった人もいます。
    いくつになっても遅すぎるということはないと思います。

    ユーザーID:7526634319

  • 会計事務所に勤めたいなら

    現在の会計事務所業界も不況のため採用がかなり減っているようです
    どちらかにアテはあるのでしょうか?
    簿記二級のみ、実務経験なしでの就職はかなり望みが薄いと言わざるを得ません

    簿記一級を受験資格になさる考えのようですが、一級を持っている人でも落ちるのが税理士試験です
    現在、受験専念でない方の簿財合格に掛かる平均年数が5年とも10年とも言われています
    受験専念の大学生でも3年やっても受からない人もゴロゴロ居ます
    そういった意味ではトピ主さんのプランは凄いと思ってしまいます

    会計事務所にお勤めを考えているなら、簿財合格で、法人税、所得税、消費税の勉強経験ありか、いずれか一個の合格くらいがちょうど良いです
    一番戦力になると見込まれる人材が簿財法持ちですから
    有資格者(税理士)の求人があるのは大手監査法人などです
    市中の税理士事務所ではまず募集はありません。理由は客を取られてしまう、給料が高くつくからです

    ユーザーID:2433564157

  • 時間がもったいない気が・・・

    会計事務所勤務しています。
    ひととおり読ませていただきましたが、簿記1級をとってから税理士試験というのは現実的でない気がします。
    実務的には1級まで取る必要はないんですよね。
    試験で勉強することと実務で必要な知識はまた別物ですから。
    税理士試験を目指している人にはトピ主さん同様に受験資格のない人もいましたが、大学の単位をとり、簿財の勉強をするという選択をしていました。
    会計事務所に勤めている人には税理士試験の勉強をしながら働いている人が多いですが、本気で資格を取るつもりならとにかく一番楽な方法を選択すべきだと思います。
    それでも十分辛いですよ、税理士試験の勉強は。
    簿記1級に時間を費やすよりは、簿財や他の科目の勉強に時間を使うべきだと思います。

    ユーザーID:3148280037

  • 一般企業の経理事務で職歴を作る

    もう数年前になりますが、司法書士事務所に勤めておりまして、会計士さんやその卵さん達と知り合う機会を持ちました。
    そのときの話では、

    「資格がなくても経理事務の経験がしっかりとあるなら採用されやすい」

    ということでした。
    資格があっても実践(=即戦力)できなければ意味がない、と。
    会計士は年齢じゃないですよ。かなりの年配の方でも勤めておられます。
    30代(どこかの企業で数年の経験を積んだとして)なら若い方じゃないでしょうか。
    実際、そういう経歴を経て資格を取られた先生方が少なからずいらっしゃいました。

    子供ができたときのために遅い時間の勤務は避けたい、ということでしたが、昨今、経理や一般事務で正社員登用はむしろ少ないのではないでしょうか。私が勤めている会社も事務方は殆ど年契かパート契約に切り替えられましたし。
    雇用形態は多少不安定ですが、その分、時間の都合はつけやすいですよ。
    時間給なら残業は避けたがるでしょうし。

    先ずは、3年程度の職歴と実践力を身につけてはいかがですか?

    ユーザーID:3688743243

  • 時間とお金

    はなみさん、再度レスを有難うございます。

    通信大学は気づきませんでした。
    ただ、調べてみると幾つか問題がありました。
    放送大学の場合は法律・経済系の学部がないため利用することができません(受験資格は法律・経済の学部の卒業生に限られます)
    その他の大学の通信は、全く異なる分野の芸術系の大学を卒業したため、認定科目が相当少なく、3年次編入は厳しいと思われます。
    2年次編入となると、そこから3年も掛かってしまうため、受験が遅れてしまいます。

    結婚の予定があるため、時間的にも金銭的にもあまり余裕がありません。
    親身になって考えて下さったのに、申し訳ございません。

    父も、4科目合格後、20年経ってようやく最後の科目を合格しました。
    私も諦めずに頑張りたいと思います。

    ユーザーID:1946266848

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 可能性がないわけではない気がしてきました。

    とりすがりさん、レスを有難うございます。

    簿記2級・未経験での就職は難しいことも覚悟しています。
    その点は会計事務所アルバイト、さらには一般のアルバイトでも致し方ないと考えています。

    会計事務所の求人に関しては、一般事務の求人よりは多いそうです。
    理由はかなり安い給与にあり、離職率も高く、入れ替わりの激しい業界だからだそうです。
    また、資格のレベルが低くても、女性開業思考が低いことが一般的であり、長期間働く人が多いため採用されやすいそうです。
    私が男性なら父も止めていたと言っていました。

    科目についてですが、一般的に財簿より簿記1級の方が難易度は高いです。
    正直、開業する気はありませんので、財簿と法人、出来れば消費税まで合格できれば御の字だと考えています。
    父は仕事をしながら財簿、翌年には法人、更に翌年に所得を取得しました。
    この業界は何より実務経験を尊重されるので、資格より何とか業界に入って実務経験を積む必要があると思います。

    ユーザーID:1946266848

  • トピ主のコメント(11件)全て見る
  • 覚悟した方が

    仮に会計事務所に入れたとしても、社員ならば最初は月100時間は残業を覚悟して下さい。

    会計の実務経験がないと仕事が回せません。
    パートでも就業時間内に終わらせる必要がありますので、うちの未経験パートさんは皆さん数ヶ月で辞めていきました。

    また正社員でも、勉強する時間がなくてやっぱり辞めていきました。

    もちろん残業代なんか出ないので、トピ主さんの前職と大差ない条件ではないかと思います。

    資格取得で確実なのは、仕事しないで専念することですよ。知り合いの先生達は、3〜5年は専念してきた人ばかりです。

    ユーザーID:7064055344

  • 通信大学は卒業する必要ありませんよ

    だってもう大卒ですもの。

    何年次に編入でも構いません。
    一般教養の経済か法律に関する科目を合格すればいいだけなので、
    何学部でも構いません。

    1科目合格すればいいだけですよ。
    早ければ半年でOKです。(取得単位の証明さえ取れればよい)
    これで税理士試験の受験資格が得られるなら早いし安いと思います。

    ・短大もしくは大学を卒業している
    ・経済か法律に関する科目に合格している

    この2つが同じ大学である必要はありません。

    ユーザーID:7526634319

  • 何のアドバイスを求めているのだろう?

    夢と理想ばかりが膨らんでしまっているようですね。

    着実に進む方法も中にはあると思います。
    しかし、トピ主さんの言い回しはやわらかいですが
    聞く耳もちゃしない。という印象が強いですね。

    >科目についてですが、一般的に財簿より簿記1級の方が難易度は高いです。

    これは?
    実際に勉強に手をつけていない段階でこの言い切りは何なんだろう
    少なくとも働きながら勉強を選択した側からみると
    「やったこともないくせに」となってしまいます。

    きっと税理士であるお父様のお言葉であるとは思いますが
    同じ税理士といってもいろいろな考え方で仕事をします。

    その度に「父はこう言った」「父はこうやっている」では
    資格云々の前につぶれてしまうような気がします。

    頭をやわらかくして、人の意見を取り入れ噛み砕くようにしないと
    この仕事はつらいですよ。

    ユーザーID:3843594283

  • 通信課程についての誤解

    …があるようですので、フォローさせて下さい。
    (某大学通信教育部3年次編入→現在在籍中です)

    >その他の大学の通信は、全く異なる分野の芸術系の大学を卒業したため、認定科目が相当少なく、3年次編入は厳しいと思われます。

    まず、編入時に認定される一般教養単位、これはどの分野の学科を出ていようと、ほぼすべて認定されることが多いです(ただ、外国語や体育については個別認定が主流です)。

    そして専門科目。これについて「認定科目が少ない」とおっしゃっていると思うのですが、全く同じ分野の学科を出ていても認定される科目は少ないです。
    私は同じ分野ですが、認定されたのは2科目4単位のみです。

    また、3年次編入可能な受験者(学士)の2年次編入は認めていない大学がほとんどです。
    「2年次だと時間がかかる」とおっしゃっていますが、3年次編入でも相当な努力がない限り2年で卒業は不可能です。はっきり言いますが、通学制大学より卒業は難しいです(ただ、卒業は必要ないらしいので、勉強だけですね)

    万が一通信制での勉強を希望するのであれば、既に今年度後期生募集は開始されていますのですぐに動いた方がよいと思います。

    ユーザーID:0629023766

  • 簿記2級の勉強は進んでいますか?

    現在会計の学校に通っていらっしゃるとのことですが、勉強との相性はいかがでしょうか?
    3級は独学で一発合格。2級は独学で1回目は不合格だったため予備校に通って何とか合格しました。
    簿記2級合格後、税理士試験の消費税を勉強しましたが、簿記2級の100倍大変で挫折しました。

    ちなみに自分は公務員で地方税の仕事をしてます。
    条文とか読むのは慣れているし、理論は理解出来るんですけど暗記が多すぎたのがネックでした。
    毎週テキスト2ページを暗記しないといけないとかね。
    実務と離れた内容も多いので、仕事しながら勉強するのは却って大変かもしれないと思いました。

    それと簿記1級と税理士の簿財は若干処理が違います。
    税金の仕事を何年かやって、確かに企業会計や普通の会計と税務会計は違うから、その影響もあるようです。

    簿記2級で苦しいようでしたら、先は相当厳しいとお考え下さい。

    ユーザーID:0904414960

  • あと1ヶ月と10日

    簿記2級の勉強は進んでいますでしょうか。
    私も独学で2級を取得しました。
    学生の頃なのでもう20年も前のことです。
    (当時は理系学生でしたので、全くの専門外)
    基礎の積み上げで合格できる資格だと思います。
    頑張ってください。

    ユーザーID:7526634319

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧