ポスドクの夫が海外へ

レス11
(トピ主0
お気に入り14

家族・友人・人間関係

ゆき

小町のみなさまこんにちは。

私の夫は31歳、生物学のポスドクをしております。
夫が来年から再来年にかけて、海外へ行くことを希望しています。
現在は手取りで月27万程度の収入があります。
私は体操教室の講師をしており、また教室終了後に飲食店でバイト
もしており、手取りで22〜23万の収入があります。
現在妊娠2ヶ月です。
私の講師の仕事は事業収入という形態で、夫婦とも福利厚生は
ありません。

夫が海外へ行くのはまだ決定しておりませんが、決定した際
着いて行くべきか迷っています。

着いて行かないと仮定すると・・・、
産後もなるべく早く復帰し、私の現在の給料がそのまま確保できる、と仮定して、現在夫婦で住んでいるアパートにそのまま子供と2人で
住みたいと思っています。
切り詰めれば何とかなりそうです。
ただ、子供を保育園に預けることを考えていたのですが、
問い合わせたところ、勤務時間が午前から午後をまたがないと
預かることはできない、とのことでした(私の仕事は午後から夜までです)。
託児所もありますが、遠く、料金も収入の割に合わない印象です。
夫は義親と折り合いが悪く、頼るな、と言われています(夫から)。
私の親は「子供は母親が育てるもの」という考えなので預けるのが
難しい状態です。

夫を信じて着いて行く、ということも視野に入れていますが、
やはり不安定なのは否めません。
博士の就職の難しさもそれなりに理解しているつもりです。

ちなみに夫は私(と子供)には、着いて来ても着いて来なくても
どちらでもいいと言っています。

夫がポスドクで海外に着いて行かれた方、着いて行かれ
なかった方(その場合の職業や生活、子供の預け先、世話など)、
経験談をお聞かせください。
お願いいたします。

ユーザーID:4330440366

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 博士の就職

     やはり当事者以外にはわからないようですね。博士の就職。
     生物系の博士は明らかに供給過剰です。海外ポスドクに出て行くのは結構ですが帰って来れるとお考えなんですかねぇ…。
     今までの日本の状況を材料にこれからの状況を推測してみて下さいね。

     生物系の博士をこれ以上国内の企業は必要としていないのは明らかです。

     海外に出ればハクがつくし英語もできるようになる、と甘い妄想を抱いて出て行く人もいるようですが、海外経験なんてあって当たり前、英語もできて当然(…という社会もあります)。

     まぁ、旦那さんは現状ポスドクという事なので海外に行って向こうで細々と高級テクニシャンとして食っていくのも一つの手ですが…。
     私なら家族のために海外どころじゃない。ポスドクなんか今すぐ辞めて死ぬ気で就職活動します。まだ31歳なら技術営業系ならひっかかるチャンスがあるでしょう。

     日本では35歳過ぎた「社会経験のない元ポスドク」には間違いなく仕事ありませんよ。これ、きついけど現実。

    ユーザーID:4658683007

  • いっそのこと家族で海外に移住

    海外と言っても国連加盟国だけで192カ国(2006年現在)ありますよ?その中にはきっと旦那さんの様な方を欲している国や地域があるんじゃないかなあと…

    僕は博士課程まで行くと間違いなく一般企業の就職に不利なのは分かっていたので修士で就職しましたけど、日本ほど博士の扱い(評価)が酷い国を僕は知らない。

    修士如きでも結構業種によってはアドバンテージありますしね。

    博士号取得者にありがちですが就職先は大学か研究所しかないって思っている人が多いですがもう空き席なんて国内では殆ど期待できないですよ。米国は物凄く競争が激しいので一種の狡猾さがないと芽が出ないかもしれません。

    それ位ならいっそのこと国際貢献の意味を含めて開発途上国に行って技術指導者の道を模索するというのも手ですし、間違いなく人々から感謝されると思います。

    知らない土地に行くと色々大変ですが家族で差さえあってがんばって見るというのもいいんじゃないかなあと。

    月並みですけどパイオニアでもない限りフォロワーだとよっぽど何かに秀でてないときついです。国内で厳しいのに海外に行ったとしても打開策にはならないですよ。

    ユーザーID:6956857425

  • 場所と給料によります

    海外というのはアメリカでしょうか。仮にそうだとして、トピ主さんは英語はどの程度おできになるでしょうか?
    私はアメリカでポスドクをする夫についてきて、当時子供が1歳半だったため、仕事はしないつもりでいましたが、夫の研究所に空きがあったため、私もパートタイムとして、雇ってもらえました。労働許可は比較的簡単に取れました。物価の高い都市のため、夫の給料は家賃を払うのがやっと、私の給料は子供の保育園代で消えてしまい、貯金がどんどん目減りしている状況です。こちらの保育園はものすごく高く、日本の2倍以上だと思います。それに、3歳以下の小さい子供が入れる所は少なく、探すのが大変でした。幸いにも良いデイケアハウスが見つかり、預かる子供が4人という小規模な家庭的なところで、子供は楽しく過ごせて、3歳になって、プレスクールという少し大きめの幼稚園にあたる所へスムーズに移行できました。
    都会だと、家賃や物価が高いですが、仕事を探すのは楽かもしれません。

    ユーザーID:7388730389

  • 海外での生活

    お金のことを心配されているようですね。留学には生活費以外のかなりの出費が伴います。旅費も自分もちの場合もあります。寮などに入れればいいですが、借りるとなると日本と同様それなりにお金も要ります。ましてや田舎であれば自動車も必要です。完全に赤字です。そういうことも御主人とお話になりましたか?出産も現地でされるのですか?そうするとそれに伴う費用がかかります。私自身、留学したときは保育園に子供を預けることができず、シッターを雇いましたよ。自分のお給料の3分の1はしたでしょうか。
    海外生活は、お金のことよりだけではなく、あなた御自身が適応できるかどうかにもかかっています。御主人は研究だけも大変なはず。ついていくからには、力になってあげれるようにしないとだめだと思います。

    ユーザーID:5866206600

  • ポスドクを夫に持つ妻ではないのですが。。。

    私自身が在米の生物系の未婚ポスドクです。私は大学院から在米なので、日本から来る既婚のポスドクを何人か見てます。

    大抵の方は奥さんもいらっしゃいます。先にご主人が来る場合もありますが、数年離れてくらす例はまれです。奥さんも研究室での実験補助等の仕事をしている場合も結構ありますが、行き先が北米なら乳児のデイケアは日本と比較にならないぐらい高いです。アメリカなら労働許可証が面倒です。

    ポスドクは一つの場所にどれくらい居るかが事前に分からないのが常なので、一時的に離れて暮らそうと思っても、その期間が予想外に長引く可能性もあります。
    私自身はキャリアを優先して、同じくポスドクの彼とは遠距離なのですが、妥協も必要かなと思い始めています。海外ポスドクはその後の就職に困ることも多いので、将来設計を良く話しあうことを老婆心ながらお勧めします。

    給与や福利厚生が十分なポスドク職もあるので、旦那様お一人で現地で必要な額を余裕を持ってまかなえる額を貰える仕事を(仕事内容で妥協しても)選んだ方が良いと思います。私の現在の職では保険や年金も完備ですし、給与も家族(居ないですが)を養えるだけもらっています。

    ユーザーID:3563313002

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 友人が海外ポスドクです

    例として、私の友人の話を紹介します。

    友人は日本の大学で博士号を取得するとすぐに海外の大学のポスドクになったのですが、その渡航直前に結婚式を挙げて、奥様を連れての渡航になりました。結婚は1年前から決まっていたことで、海外ポスドクが決まったのが渡航3月前くらいだったので、奥様ともよく話し合った上での決定だったと思われます。

    渡航後の奥様の生活ですが、専業主婦になって、語学学校に通ったりしていたそうです。アパートメントには同じように他国からのポスドクの家族が集まっていたそうですが、ポスドクは世界各国からやってくるので、残念ながら日本人は他にはいなかったそうです。でも、日本在住経験のある家族はいたとか。あと、他国の人も当然、現地の言葉が話せないので、語学学校を通じて仲良くなったそうです。

    そうやって少しずつ友達もできて、また、日本の友達が遊びに来たり、同じように海外出張中の友達のところに遊びに行ったりしながら過ごしたそうです。

    驚いたことに、そのまま現地で初子の出産までしました。
    いくら語学学校に通っていたとはいえ、言葉は中途半端。
    不安はもちろんあったそうです。すごい度胸です。

    ユーザーID:1129364341

  • 友人が海外ポスドク・2

    奥様はそのまま現地で育児をしながら過ごしています。
    実父母、義父母ともに全く頼っていません。むしろ、あまりに頼られないせいで、孫に会いたい一心で一週間単位で遊びに来てくれるそうです。

    お金についてですが、奥様が専業主婦なので、旦那の給料が全てです。ポスドクの給料は高くはないですが、安くもないので、普通に生活する分には問題無いようです。将来への貯蓄ができているかどうかは分かりません。年2回の帰国費用は大学に出してもらえるそうです。

    将来についてですが、奥様は常に帰国を希望しているそうです。旦那の方は就職先があれば帰国してもいいという考えですが、ご存知のようにそうそう就職先が無いので、海外ポスドクを渡り歩く気でいます。奥様の苦労は続きます、が、仲良くやっている様子です。

    ユーザーID:1129364341

  • 友人が海外ポスドク・3

    将来の就職についてですが、ポスドクはただの繋ぎではなく、キャリアを積むための手段です。ポスドクを渡り歩きながら論文数、発表数を増やしてアカポスや研究職を目指すものです。だからある意味、これが就職活動であり、出世街道でもあります。

    ただ、日本の場合はポスドクという身分だけ真似てポスドクが渡り歩く道を作っていないのが欠点なので、ポスドクとしてキャリアを積もうとすると海外も視野に入れないと難しいのが現状です。日本ではポスドクの空きを見つけることすら大変ですが、海外ならポスドクが渡り歩く道はあって当たり前なのです。

    おそらく、トピ主さんのご主人が海外に目を向けたのも、そういう事情からだと思われます。将来の就職については、ご主人がどういう方向を目指しているか聞けば、不安が少しは解消すると思われます。

    ユーザーID:1129364341

  • 経験談

    海外ポスドク妻です。子供はいませんが、仕事を辞め数年前にアメリカに来ました。
    確かに金銭面でものすごく不安でしたし今も不安です。これは、自分自身の収入の心配であって日本に戻った時に仕事があるかなどです。しかし夫が生活できるまた旅行もたまに出来るくらいの給料は貰えているので、特に深刻になる必要はないです。こちらに来て私の収入はありませんが、語学学校やボランティアを通してたくさんの外国人と知り合い、貴重な経験が出来たと思います。お子さんの環境を考えてもお父さんと一緒の方がよいと思うし、英語に抵抗がなければぜひ一緒に行かれることをおすすめします。

    ユーザーID:5243154145

  • 今決めなくても

    ポスドクと言っても、給与額や福利厚生の内容、研究室の雰囲気、当地の気候、生活環境、物価、税金など、同じ国、場合によっては同じ大学でも千差万別です。まだ行き先の当ても特にないようなら、そもそも希望するポスドク先が見つかるかどうかも確かではありません。

    今からあるかどうかもわからない海外渡航に気を揉むよりも、具体的な留学の話が出てきてから考えれば良いのではないでしょうか?

    ユーザーID:3639676614

  • 帰れないと思うよ

    海外ポスドクして、結局日本に帰れずずるずるしてる人一杯います。
    旦那さん、あまくない?
    その国で仕事探すくらいの根性ないと、問題先送りしてるだけだと思います。

    ユーザーID:7139706910

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧