自分の鬱のことを正直に話したら彼女から距離をおかれました

レス7
お気に入り8
トピ主のみ1

さとし

男女

はじめてトピを立てさせていただきます。
36歳の男で国家資格を活かした仕事をしています。出会いがなく結婚相談所に登録して半年ほどになりますが、気に入った女性が現れました。彼女(33歳)も毎週のデートに応じてくれ、内容は彼女が企画してくれたこともありました。
5回目くらいのデートのときに自分はふられるのを覚悟の上で自分が過去3年間うつ病(正確には軽い躁状態を含むものです)に苦しめられ休職も複数回経験したこと、それにより昇格が遅れたこと、年収が低いままであることを正直に話しました。そして、今は信頼できる主治医についており、自己管理して体調をコントロールできるようになったこと、仕事も一生懸命にやり昇格をあきらめるつもりはないことも話しました。
ですが、それ以来彼女からメールの連絡が減りました。彼女も大変忙しい仕事についておりメールはそれほどマメではないのはわかっているのですが、やはりダメなのかという思いがつのり苦しいです。毎日メールが気になってしまいます。
性急に自分から決断を下そうとはまだ思っていません。今は彼女からのメールを待とうかと思っています。
やはり自分のような人間は結婚の対象としてみるのは難しいのでしょうか?

ユーザーID:6611875959

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 期待しない方がいいです

    >性急に自分から決断を下そうとはまだ思っていません。今は彼女からのメ>ールを待とうかと思っています。
    という姿勢は良いと思います。但し、期待は禁物。

    私も病気とまではいきませんが鬱状態に陥ることが多く、付き合いの前に説明が必要な事があります。
    説明される方にとって、問題はある程度自己管理でクリア出来るとしても、一方でリスクを持っていたり接し方にコツがいることもあるし、距離を置くというのはごく自然な反応だと思います。
    私だって逆の立場なら、相手と付き合っていく気持ちが固まるまでは関係を進めたいとは思わないし、付き合わないにしてもあまり傷つけないようにするにはどうしたらいいのか悩むと思います。

    >やはり自分のような人間は結婚の対象としてみるのは難しいのでしょう
    >か?
    年収も結婚には非常に重要な要素の一つなので、難しくなります。しかもそれを解決する気はあってもいつ悪化するか分からない病気なので、実現される確率は高くはない。

    他の要素、人間性や価値観がきちんとしているとか、年収が低いなりに貯蓄や投資でカバーするとかいう事が必要になると思います。

    ユーザーID:7341066432

  • トピさんのしたことは正しい

     人間一人一人異なる基準を持っています、だから早めにその基準を知ることは大切だと思います。

     例えば、先祖に異人種のいる人、犬好きの人、収入がX万以下の人、顔が大きい人、色が黒い人、酒が飲めない人、などを嫌悪する人がいますが、そう言う偏見は早めに発見すれば婚活期間を有効に使えます。

     その人からのメールを待って空白を作るより、次にお進みになるといいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:7416815986

  • 厳しいかも知れません

    相談所に入会しての出会いであるなら、お相手の方ももちろん、結婚を前提という事だと思います。

    昔からの知り合いや、好きになってから「ウツ病」の事を話されたら、普通に聞けると思いますけど、まだ5回目で、しかも「結婚」という重要な目標がある時、それを聞かされたら、考えると思います。

    「ウツ病」というのは、良くなったり悪くなったり、良くなっても再発があるという認識は、周知だと思います。
    そこで、支えていくという事を考えないといけません。

    まだ、出会って間もない、好きだか嫌いだか模索中、信頼関係を傷ついている段階で、あなたを支えていくと考えるには、無理があるのかも知れません。

    彼女の反応を見て、無理そうなら、あなたも自分の気持ちもまた正直に話してみたらいかがでしょうか?
    もし無理なら、自然消滅やダラダラと付き合うことも、お互いによくないと思います。

    ユーザーID:6357660383

  • 待つ

    貴兄の告白は正解です。それで彼女が離れるならそれまでの
    ご縁です。何故ならどの道、彼女は知るのですから。

    鬱が悪いとかハンデイとかマイナスとか一切考える必要も
    ありません。人生、誰でも何かしらハンデイを負うのです。

    1)離婚したら=バツ一 (犯罪者でもないのに)
    2)転職したら=あの人はコロコロ会社を替わる人だ
    3)鬱病 = あの人は病気だ(言ってる人が余程病気です)
    4)子供の教育=(しつけが駄目だ)
    5)借金=(お金の管理が出来ていない)
    6)失業=(能力が足りないから)
    7)背が低い=(見てくれが悪いから)
    8)肥満=(外見が良くない)
    9)事故=(先祖の祟り?)
    10)家族の自殺=(先祖の悪行の報い?)

    こういう噂や迷信、世間とか口にする人は無視です。
    根拠も信仰もない、無学で噂話や人の目ばかりキョロキョロ
    見る人、計算高く相手ばかり注文する人、金の亡者、こういう
    輩はうじゃうじゃおります。絶対に幸福になれない連中です。

    貴兄は自信を持ってありのままの自分を受け入れてくれる人を
    探せば良いだけの事です。います。

    ユーザーID:3574186949

  • 時期尚早だった?

    結婚相談所なら年収なども公開していると思うので、
    それだけで条件から外れたとは思えません。
    5回のデートでどのくらいお付き合いしたのかわからないのですが、
    元うつのあなたを受け入れる心理的な下地が
    できていなかったのかもしれませんね。

    私もネットお見合いの出会いでしたが、
    彼は、1〜2ヶ月お付き合いしてから自分の問題点を話してくれました。
    本格的に付き合う前に話さなきゃという責任感と、
    私の性格をある程度つかんだという手ごたえが背中を押したようです。
    私も、それまでに彼の良さを十分感じていたので問題なしと判断しました。

    これがもう少し遅かったら(親に紹介する直前とか)
    彼のやり方に不信感を持ってしまったかもしれません。
    通常のお見合いはもっと展開が早いと思うので、見極めが難しいですね。

    病気を克服して一生懸命仕事をしているとのこと、立派だと思います。
    今回のことが万が一うまくいかなくても、
    やはりだめかという萎縮した気持ちにならず、
    堂々ときっぱりと女性に接したほうが良いと思います。

    ユーザーID:3345698045

  • 残念ながら

    私も3年ほどかなり重症の躁うつ病を経験しました。
    当時私は結婚していましたが、離婚してしまいました。
    でも、正直今振り返ると当時の自分を支えられる男性はいなかったと思います。
    家事もできず、生きた屍のように転がる私を一切責めるようなこともせず、
    元夫は相当な努力をしてくれましたが、それでもお互い苦しみ、元夫の
    優しささえも当時の私には負担になり結果として別れることになりました。

    躁うつ病を経験した私でも、もし相手がうつ病になったら支える自信は
    ありません。確実に共倒れしてしまうと思います。
    なので、トピ主さんの彼女は特に冷たいとは思いません。

    ですが、こんな私でも再婚して今は幸せです。
    条件から入るお見合い等では難しいと思いますが、最初に相手を好きになって、
    後から実は過去にうつ病になった経験があると知った場合受け入れられる可能性は
    高いと思います。

    ちなみに、うつ状態よりも躁状態の方が危険なようです。
    私は躁状態の時に手当たり次第に買い物を繰り返し、ブラックリストに
    載ったことがあります。

    ユーザーID:4898079655

  • レスありがとうございました

    みなさん、ご意見ありがとうございました。その後彼女からメールがあり3年ほど前に別れた彼氏(×1で子供が1人あり)がやはり忘れられずもう一度彼と会ってみるとのことでした。彼女はその彼のことが気になり今まで何度も同じパターンで別れることを繰り返してきたそうです。私も以前に彼女の口からその彼のことを聞いていたので、了解してさよならをしました。もしかしたらやはり自分の病気のことを話したのが原因だったのかもしれません。やはり好きかどうかさえ確認できない相手に話すのは時期尚早だったのかもしれないとも思います。
    残念な結果となりましたが、またこれから頑張ろうという気になってきました。レスいただいたみなさん、ありがとうございました。

    ユーザーID:6611875959

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧