最悪デート教えてください!

レス37
(トピ主3
お気に入り117

恋愛・結婚・離婚

あちゃこ

私は27歳のOLです。
先日、コンパで出会った男性(34歳 会社員)とのデートが最悪でした(笑)

「できるだけ安いお店がいいと思って」と連れて行かれた飲み&食べ放題のチェーンの焼肉屋さんで、ひたすらお金の話。(会社の先輩のお父様が大企業の役員でお金持ちでうらやましい。自分は趣味のフィギアにあまりお金をかけれない。とか)もちろん割り勘で焼肉屋さんを出たら、スタバでお茶しようと言われ、レジ前で「会計は別で。」と…。彼にとって、これはデートではなかったのかと思っていたら、ひたすら口説かれました。モカフラペチーノを飲みながら。あぁ疲れた。
以上、私の最新の最悪デートです。女同士の酒の肴にはなりましたが。

みなさんの最悪デートネタを教えてください。
男女問わずお待ちしてます!

ユーザーID:1974146934

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • じゃ、焼き肉つながりで…

    いとこの紹介で、断り切れずに2人で食事に行く事になった
    2歳年下の彼。
    お酒が好きで、どこかいいお店を紹介してほしいと言われて
    いたので、私の地元の居酒屋を紹介する事に…。

    前会った時は眼鏡だった彼が、その日はコンタクトでした。
    『一応デートみたいなものだから、頑張って来たのかな』
    と思ってました。
    「和洋中、何系の店がいい?」
    って聞いたら、
    「オレ、焼き肉がいい」
    え?だって、居酒屋に行く話だったでしょ?私は、今日は焼き肉って
    気分じゃないし…まぁ、まだ飲むには時間が早いから、ちょっと
    ぶらぶらしながら考えておいて…と、焼き肉はスルーしました。

    そろそろいい時間になったので、
    『で、何系の店がいいか決まった?』
    『え?焼き肉がいいって言ったでしょ』
    『…』
    彼が言うには、その日は朝から焼き肉を食べるつもりで、眼鏡だと
    油がはねて曇るから、わざわざコンタクトにしたんだと…!(怒)

    私、眼鏡なんですけど?!
    臭い付いたら困る服なんですけど?!

    しょうがなく焼き肉屋に行きましたけど、ヤツとはそれっきりです。

    ユーザーID:3785672055

  • 秋のライトアップ

    もう5年以上前でしょうか。。。
    秋の観光シーズンで、観光名所がライトアップされ、なかなかロマンチックな夜だったのですが、、。

    ひたすら夜の名所を歩き回り、ブーツの足元でスニーカーの男性の後を追うように階段・坂道を歩きまくり、ほとほと疲れ果て、ようやく9時過ぎに食事にありつけた、というデートがありました。

    次の日は筋肉痛で辛かった、という記憶しかありません。

    ユーザーID:6710748303

  • 楽しんでね♪

    「気の利かないケチな男とのデートを聞かせて下さい」ってタイトルの方が合っていると思います。

    「最悪のデート」だと「こんな酷い女とデートした」っていう男性の体験談も書き込まれて、トピが荒れますよ(笑)

    ユーザーID:0259351542

  • デートにもしたくないですが

    某お見合い相談所で出会った方。
    写真と全然違う顔…。
    でも話してみたら違うかもと思ったら、凄い悪臭!口臭い!
    映画見ようと前から計画していたのに、映画時間を調べてなかったらしく、開演ギリギリ数分前で滑り込みセーフ。
    (片道二時間かかる彼の地元に行くので映画館チョイスも彼に任せていました)
    ギリギリで入ったので席は1番前。
    スクリーン見上げるのに首が異常に痛いものの、耐えていると、なんと隣の彼は爆睡!
    しかも開いた口からまた激臭が…。
    あまりに堪えられなくて、途中で帰りました。

    ユーザーID:8665200768

  • 生理的に受け付けない…

    はじめまして。

    私が数年前に付き合った彼は、生理的に無理なタイプでした。
    (1週間で私から別れを告げました)

    初デートでラーメンを食べたとき、私のラーメンが来たら、まだ私も手をつけていないのに、何も言わずに勝手に私のスープを飲み始めた。

    ある時、自販機でジュースを買いたかったらしく、小銭がなかった彼。
    「小銭もってる?」と聞いてきたので、500円玉を渡しました。
    当時、新500円が使えない自販機が多く、私が渡した500円は自販機から戻ってきました。
    そしたら、彼は戻ってきた500円を平然と自分の財布に…。

    一緒にパスタのお店に行ったときのこと。
    個室に、私達の他にお姉さん達が8人。
    注文した「渡り蟹のパスタ」が来て、食べ始めた彼。
    上に乗っているカニの飾りみたいな足を細かく折って、隅々までチュパチュパ手づかみでしゃぶって食べはじめた…。
    パスタはズズーーっと豪快な音をたてて食べている。
    隣のお姉様方は、冷たい目で彼を見てました。
    逃げ出したい気持ちでいっぱい。
    もちろんその日のうちにサヨナラしました。

    ユーザーID:6579410462

  • ええ

    デートする相手が好きな人じゃないパターンの話しですよね?
    好きな人だったら、チェーン店でもスタバでも楽しいじゃん。と私は思うのですが。
    所詮物欲が勝つという事だろうか?

    ユーザーID:0514871427

  • レスありがとうございます。

    誤解を与えるような書き方をしてしまったようですみません。

    私がケチな人のエピソードを書いたのは、最新の最悪デートがたまたまケチな男性だったというだけのことです。
    他にも時間にルーズな人、「ありがとう」「ごめん」が言えない人、ほとんど無言の人など、遡れば色々とおもしろエピソードがあります。

    どんなデートが最悪なのか最高なのかは、人それぞれです。
    私の「最悪デート」を良いか悪いか議論してほしいためのトピではありません。もちろん荒れることなんて目的としていません。
    世間ではデートで割り勘は是か非かという議論が多く交わされていますが、答えなんてないと思います。自分と相手の考えが合えばどちらでもいいことです。

    多くの方の体験談を聞いて、笑ったり共感したりして自分の今後に活かしていきたいと思っただけです。
    このトピの趣旨をご理解いただける方がまだいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

    ユーザーID:1974146934

  • 怖かった思い出

    友人からの紹介で会った彼。
    初めて会った日、彼の仕事の都合で15分程度しかお話が出来なかったんですが、
    帰り際「また会ってよね。約束を破ったら家に火を点けるよ」と真顔で言われ、恐怖で震えました。
    これはデートとは言えませんが、冗談とはいえ、とんでもない人に会ってしまったなと思いました。

    tokumeiさん
    >デートする相手が好きな人じゃないパターンの話しですよね?
    そうだと思います。ちょっといいなぁ程度で、まだ好きと言えるほど主さんもその彼とデートをしてないでしょうから。

    ユーザーID:7126574203

  • デートなんだろうか?

    自分の鈍感さが招いた最悪デート(?)を披露します。

    一人目は15歳年上の変わり者Aさん。見た目と性格で彼女いない暦=年齢に、社内全員納得の男性。(悪い人ではないんです)
    Aさんから「○○のコンサートのチケットが余ってるんだけど行かない?」と言われ、単純に「頂けるなら喜んで」と返事をしてしまいました。
    その後、二人きりで行くと知り愕然…。コンサート会場で彼はノリノリ踊りまくり。私はドン引き。コンサート後、居酒屋でも・・・と歩き始めるAさんを、目の前にあったパスタ屋に強引に連れて行き、ささっと食べて解散しました。

    二人目は別部署で仕事の話も月イチ程度のBさん。「映画のチケットが余ってるので、行きませんか?」と言われ、ありがたく頂く事に(タダに弱い私)。しかし後からデートのお誘いと知り愕然…。
    帰りの飲み屋で、モテ自慢&家自慢(政治家に近い家だそうで)を散々聞かされ、最後には「僕のブレーンになってくれないか?」と。丁重にお断りしました。

    一言「一緒に」と言ってくれれば、ハッキリお断りしたのに…。

    ユーザーID:3044894933

  • 昔の車は、手でハンドルを回して窓を開閉するのが普通でした。

    若かりし頃、私と彼女は、実家のボロ車を公園の広い駐車場に停めて、くつろいでいました。
    すると、我々のすぐ隣にピカピカのスポーツカー(セリカ)が停まりました。 アベックでした。
    「助手席の女の人が、こっちを見てる。」 彼女の声に隣のセリカを見ると、相手の彼女は、
    何度も助手席の窓を上げ下げしながら、こちらを見て笑っていました。
    「私の彼の車には、パワーウィンドウが付いているのよ・・・いいでしょう〜フフフ。」
    「バカにしやがって!!」
    私は、体をドアに寄せ、手の動きを相手に見せない様にして、慎重にハンドルを回しました。
    とてもうまく、相手と同じ様な一定の速度で、窓を上げ下げする事ができました。

    相手の彼女は、ビックリした後怒った様な顔をして、もうこちらを見なくなりました。
    「勝った!」 私は心の中で叫びました。「俺はやったぜ!」得意げに助手席の彼女に振り向くと、
    彼女は・・・・・私を軽蔑する目で半分にらんでいました・・・・。
    「なぜだ・・・?」 私の頭の中で、何かが音をたてて崩れていきました。

    終始無言のまま彼女を自宅に送った後、それっきりになりました。

    ユーザーID:3263432536

  • 最高→のち最悪

    >どんなデートが最悪なのか最高なのかは、人それぞれです

    この言葉に甘えて参加させてください。

    高校3年生のとき、3年間大好きだった男の子とデートしました。
    家から離れた地下鉄の駅で待ち合わせて(クラスメートに見つからないため)、パルコに行って、美術館に行って、池のほとりで缶ジュースを買っておしゃべりしました。
    その後、私から告白しましたが、結局実らず卒業と同時にわかれました。
    それだけなら甘酸っぱい青春の思い出で終わるはずでしたが・・・

    卒業後、私の友達と付き合い始めた彼。
    友達の口から出てきたデートコースは、待ち合わせ場所の地下鉄の駅から、パルコから、美術館から、私が彼と行った場所と全く同じところばかり!
    缶ジュース買って池のほとりでおしゃべりもしたそうで・・・。

    極めつけに、告白のセリフもパクられてました(笑)

    最高のデートの思い出が、一瞬にして最悪の思い出に変わりました。

    ユーザーID:0298856176

  • デート未遂

    コンパで知り合った同い年の彼は、
    落ち着いていて 私にキュンとくるものがありました。

    その後、彼から食事に誘われて
    私はウキウキ気分だったのですが、
    デートの内容を強引に決められてしまい
    結局 そのデートも、彼も、諦めました。

    最初 食事の予定だったのがドライブに変わり・・・
    ここまでは良かったものの「温泉に入ろう!」と言われ
    ちょうど生理に当たっていた私は、
    「体調が優れないので」と言葉を選んでお断りしたのですが、
    それでも気づいてもらえず 次に「身体の関係でお風呂に入れないの」と
    かなり思い切った言葉を遣っても やっぱり無理で。

    はっきり「私生理なのでお風呂に入れないの」と
    初デートの相手に言うべきなのか?と
    色々考えているうちに もういいや〜とお断りしました。

    彼は 単に間が悪かっただけなのですが、
    なんだかな〜と思いました。

    ユーザーID:7601830330

  • 3年前のこと

    合コンで知り合った彼がちょっと気になったので、私から連絡先を聞きやり取りが始まりました。
    彼から告白されて付き合い始め、初めはよかったのですが、彼いの仕事柄、早朝からだったり終わるのが22時ころだったり、私は普通にOLだったのでデートの時間が合わず、合わせるのが大変でした。
    毎度会うのは22時頃から、終電がなくなるので彼の友人に車で来てもらい、途中から3人でした。
    こんなデートが3回くらい続き、翌日普通に仕事だというのに深夜3時頃までつき合わされ、嫌になって2ヶ月くらいで別れました。
    というか、フェードアウト。
    何度も連絡くれてたのに・・・ごめんよ〜。
    なんだかビミョーな思い出です。

    ユーザーID:8616471030

  • デートじゃない!!!

    4年前の話です。

    当時付き合っていた彼が大のスロット好きで、デートはいつもスロットで待ち合わせでした。
    もちろん数時間まえから彼は入り浸っていて、その時当たっていたらそのまま何時間でも回し続け、負けてるけど後少し回せば…でも手持ちが無いって時には「お金貸して」と平気で言う。

    なんでこんな人と2年も付き合っていたんだろう…。。。
    私にとってはこれはデートじゃないし最悪体験以外何者でもないですが、
    彼にとっては「彼女とスロットするのが夢。最高のデート」だったそうです。

    あーバカバカしい。

    ユーザーID:6487709996

  • トピ主です。

    みなさん、貴重な体験をされてるんですね〜。
    自分だけではなくてよかったとちょっとほっとしてたりします。

    では、私のエピソードを。
    お見合いパーティーで出会った年上の男性。
    好みの外見ではありませんでしたが、落ち着いていて真面目そうな男性だったので、アドレスを交換しました。
    テンション高めのメールに自分の車や部屋の写メが添付されてくるようになり、見せてなんて言ってないのになーと思っていたら食事に誘われたので行ってみると、ほぼ無言…。
    送ってくれた写メの話をふるものの、それにまつわるエピソードもなくただただ無言…。
    このギャップはなんだろう??と思いその日は別れたのですが、家に着いたら「楽しかったね♪」とキメ顔の写メつきのメールが届きました。
    どん引きでしたね〜。まぁネタになったのでいいのですが(笑)

    引き続き皆様のおもしろエピソードお聞かせください!

    ユーザーID:1974146934

  • バカ殿男

    七つ年上、三十代の男性と付き合う事になり、彼の希望でペアリングを買う事になり出掛けました。
    ジュエリー店で気に入った物が見付かり相手も承諾し買う事を決め、事前にお互いプレゼントし合うと約束をしていたのに、いざ支払いになったら『お金が無い…』と言い出し、志村けんのバカ殿みたいに額から滝の如く汗を垂れ流しだしました…。

    目茶苦茶恥ずかしいのを我慢しながら相手の分も立替て支払いました。

    その後お腹減ったけどお金無いからランチ奢ってと言われ、奢ってあげました…。
    後日ペアリングを彼から受け取ったのですが、『高かったんだから有り難く受け取ってね☆』と言われました、その時まだ彼の分のリング代は返して貰っていませんでした…。
    もうどうでもよくなり、気持ち悪いからリングを受け取らず、貸しているお金もくれてやるとキレ、その場で別れました。

    相手の方はかなり焦っていましたが別れて正解でした。
    ちなみに相手の方はかなりお金に執着を持っておられ、デート代はきっちり割勘もしくはタカってきましたし、話題は彼母話中心で気持ち悪かったです。
    3ヶ月でしたが、何故あんなのと付き合ったのか、人生の汚点です…。

    ユーザーID:2983719069

  • お盆休みにディズニーランド

    私21歳(T県)の時の事です。相手の男性は隣県に住む25歳でした。
    当日はものすごくいい天気で、ものすごく暑い日でした。

    あの炎天下(!)の中、とてもじゃないがアトラクションに並べませんでした。
    日中はほぼ店内で過ごし夜まで待ち、パレードを見て返りましたが。

    しかし彼の本当の目的は、“その後”だったようで...

    なのにいざとなると、どうもやり方が分からないみたい。
    ・・で結局、未遂で終わっちゃいました!(爆)

    ま、どのみち告白も「付き合って」の一言も無かったし、結果良かったのかも。

    ユーザーID:5927581725

  • いきなり母を迎えに行った

    彼の自宅のある駅周辺で遊んでいた時のこと。
    「あ、母さんを迎えに行かなくちゃ!」って言って私を車に乗せ、駅まで
    お母さんを迎えに行った彼がいました。
    車の中で合流した彼母と私は初対面で、お母さまは「ごめんなさいね、
    デートの最中だなんて。だったらバスで帰ったのに」と恐縮されてました。
    私もそんな先約があったとは知らず、かえって気を遣わせてしまったと
    申し訳ない気持ちでした。

    そんな中、彼一人が「いいんだよーきにしないで!(どっちも)」と
    鼻歌を歌っていました。

    彼のお母さんに会うのなら、もう少しきれいなかっこをしていたかったし
    お母さまにも気を使わせたくなかった。

    配慮のできない彼にがっかりし、ほどなく別れました。

    ユーザーID:6068937230

  • もう時効

    友人の紹介で会った年下の男性は背の高いジャニーズ系、とにかくカッコいい。
    一緒に歩いていると女の子達が皆振り向くからいちいち愛想を振りまく「オレ、カッコいいですから」とのたまう。
    しかし天は人に二物を与えず彼には知性を与えなかった、こっちの方が大事なのに。
    ケチでも悪い人でもないんだけど全然ときめいてこない、当然それっきり。
    「顔はどうでもいい」と悟った貴重な体験ではありました。

    ユーザーID:2827382097

  • らむちゃんさん!!

    同じような事ありました!!
    彼では無かったのですが、ちょっといいなって思っていた方に誘われて駅で待ってたら、私を乗せた後「母親から迎えの連絡来たんだよね」って言ってそのままお母様の待つ美容院へ直行。
    お母様も私が乗ってる事に驚いて「ごめんなさいね。約束あったならバスで帰れたのに!」と恐縮されてました。
    が、その彼が「大丈夫だよ!この後ジャスコだっけ?」と何故かそのまま私ごとジャスコへ。
    何故か3人でジャスコでお買い物。訳が解りません。
    その後お母様を家に送って「じゃあ母さん、音羽ちゃん送って来るから」と言って2人で車で走りながら「なんか今日はいきなりお母さん乱入でごめんね。また今度ゆっくり。」って言ってたんだけど…単に乱入とかじゃ無いよね?なんか初めからお母さんの予定知ってた感じだったよね?
    なんだか母子の買い物にわたしがお邪魔虫な状況だったし、急にお母さんの用事が入っちゃったなら私の方断ってくれた方がよっぽど楽だったかも。
    彼的には私が先約だったから私への義理立てのつもりだったんだろうけど。
    お付き合いにも至らずに終わりました。

    ユーザーID:2460113070

  • こんな人いるんだ、と思った彼。

    大して実害はなかったですが、こんな人もいるのね、と気づかされた彼。彼といっても、お付き合いはなく、大学2年の時のゼミの同級生でした。

    デートをする前までも、彼が私に好意を持ってくれていることは周囲も分かっていました。というのも、何かしら細々したものを私だけにくれるからです。
    私は一度も言った記憶はないし、事実そうでもないのに、「この歌手好きだったよね?MDにコピーしたよ。」「この作家好きだっだよね?これ貸してあげる」とか、”〜だったよね?”と、あたかも私から聞いたような伝聞調でいつも話していた人でした。最初は、誰かと勘違いしているのかなぁと思ってたのです。そして、ゼミの研究発表準備の流れで、一緒に夜ご飯を食べにいくことに。ご飯を食べた後、私はそのまま帰る気満々でしたが、彼が「僕のうちに来たいって言ってたよね?」とおっしゃいました。
    えーーーーーーーーーっ!!!??言ったことない。。。
    彼の家は実家で、ご飯を食べたところが(作為的なのか)彼の家の近くでした。私は悩んだ末、他のゼミの友達に連絡し来てもらい・・・集合後、彼宅でみんなでワイワイして帰りました。

    なんだか怖かった・・・

    ユーザーID:5274884723

  • ミレニアムの夜

    あれは世間がミレニアムに浮かれていた2000年12月31日のこと、年越しを一緒にしようと誘われて神戸の某遊園地へ。
    カウントダウンの花火に間に合えばよかっただけなのに妙に早く着いてしまって、小さい遊園地なので乗り物も早々に乗り尽くし、夜の0時までのつらかったこと。とにかく寒かった…。
    カウントダウンまで車の中にいたかったけど私からは言い出せず、向こうは気がきかず、何時間も凍えそうな中をウロウロして拷問のようでした。
    花火が終わった瞬間涙が出るほど嬉しかったなぁ。
    その後その人とはもう会いませんでした。

    ユーザーID:1444439735

  • 淡い思い出(皆さんの足下にも及びません)

    中学時代、友達カップルと初彼氏とこれまた初めてのWデート中(皆同じ部活で仲良しです)…

    中学生思考なものでとりあえずゲーセンに直行。男の子ってUFOキャッチャー好きですよね…
    自信家な彼と控え目な友彼。


    とれた!
    いけ!頑張れ!
    すごーい!またとれたー♪
    ↑友彼絶好調(笑)しかも私、自分の彼氏ほっといて友達と友彼を褒めまくる始末。

    い、いつもはとれるんだよ?なんでだよー(泣)

    結局ひとつも取れず小さなプライドずたボロな彼に最高の笑顔を向け一言。
    ふふ♪カッコ悪♪
    彼(現在友達)はいまだに根に持っております(笑)

    ユーザーID:8331700876

  • 花火大会のあとで

    学生の頃、知り合った男性Aさん(大学生)に「花火大会に行こう」と誘われました。
    花火ということは、当然、夜のデート。極度の心配性&まだお子ちゃまだった私は友人を誘い、Aさんにも「ダブルデートなら」とOKしました。

    当日Aさんが車で迎えに来てくれたのですが、社用車みたいなライトバンで、中がものすごいホコリと臭い!汚いタオルもころがってる!とても女性を乗せる車じゃない!

    まぁ何とか我慢して、とある湖の花火大会に着いたはいいけれど…明かりがまったくなく辺りは真っ暗。
    ドーン!と1発上がっては暗闇状態が数分続く、という何とも寂しい花火大会。
    デートなんてロマンチックなものとは程遠い感じでがっかりしてしまい、そのうち会話もなくなりました。

    しかし本当の悲劇はそのあと。
    帰り道で山道を通ったせいか、私は車酔いし、あろうことか吐いてしまったんです!(車は汚してませんが)

    その後Aさんに何度か顔を合わせる機会がありましたが、バツが悪くてそれっきり。
    私にとっての汚点なので記憶の底から消し去っていましたが、久しぶりに思い出しました(笑)

    ユーザーID:0798389171

  • 海水浴に行った時

    まだ、車のシートベルトが義務化される前のお話です。
    当時付き合ってた彼女と海に行こうということになり、
    彼女の車で行くことになりました。
    以前から彼女の趣味が車だと聞いてました。
    彼女は「あたし、運転自信あるんだ!」と話してました。

    当日、待ち合わせに現れた車は、シャコタン&ハデハデなお車。
    車の趣味ってこういう事だったんだ〜。

    彼女は助手席に座った私に「シートベルトしてね。」と優しく言いました。
    運転は、確かに私にはできない技術を持ってました。
    交差点にあまり減速せず突っ込み、急ハンドル、タイヤ鳴らして曲がり切る。
    「ねっ、凄いでしょ!」と彼女。
    シートベルト勧めた理由はこれかよ〜。

    そして私は完全に車酔い。
    海に着いても、泳げない、昼は食べられない。
    彼女もつまらなそうな顔してるし、最悪の1日でした。

    ユーザーID:2224504120

  • 20年たった今でも忘れない

    付き合い始めて2ヶ月目、初めての旅行に行こうと当時の彼は誘ってくれた。
    行き当たりばったりの無計画な小旅行で、車で8時間かけて人気の温泉地に行った時の事。

    知らない場所で土地勘もないくせに、道に迷ってしまったくせに
    彼はかっこつけようとして、さも「ここらへんよく知ってるぜ」というようなそぶりで
    どんどん山中の真っ暗な道をひた走る。月も星もでておらず本当に真っ暗で、
    舗装もされていない道路を対向車とすれ違うことなくずっと走るから、さすがに不安になりかけた頃・・・

    突然車が止まった。止まったというか、泥にはまった。勿論車は立ち往生。
    月がやっとでてあたりがぼんやり確認できた時、そこはどこかの山中の工事現場だった。
    すごいぬかるみで車はどんどんはまっていった。泥まみれになりながら私は車を押したりしたけど動くはずもない。

    そのまま泥まみれの車の中で車中泊。どこぞの山かもわからない真っ暗な所で、
    得体の知れない生き物の鳴き声に怯えながら震えて眠り、
    翌朝、真っ黒になりながら近くのスタンドまで2時間歩いてJAFを呼びに行った。

    二度と忘れん。

    ユーザーID:4533784150

  • あるある

    当時付き合ってた人は忙しくて土日もほとんど会えない人でした。

    そんな彼が突然「日帰りで温泉旅行行こう」と言ってくれて喜んでいきました。

    すると、コソコソと本来なら宿泊客しか入れない温泉へ暗くなったホテルの中を走らされ案内されました。

    最低!っと思いながら温泉につかり、翌日には別れました。

    ユーザーID:0565109391

  • 1ヶ月前の事、これ、ありですか?

    知り合いの人から、会うだけあってみないと言われ会ってみたのですが…。服装が会社の制服(上下作業服)・今どき携帯電話は持っていない・愛車は軽トラ(ど田舎なので車は必要で軽トラしかなく、相手の勤めている会社の軽ボンゴでドライブ)、知り合いの人は50歳と聞いていたけどなんか老け顔で年齢を聞くと59歳でした。私は38歳なので条件・こだわりは無いですが、服装と話をしていて最初から会社や知らない人の愚痴聞かされ、お付き合いご遠慮させていただきました。

    ユーザーID:4206771690

  • 最悪でした

    独身、30代。男性の多い職場です。

    同僚に社内メールで予定を聞かれ「今日は一人でカラオケに行く」と告げたら、「かわいそうだから、ついていく」と言われ、唖然。
    やんわり断ったが、あまり邪険にできないので一緒にいくことに。
    カラオケ後、ご飯に誘われ、適当に近くの店に。

    後日「あの店でおいしかったっていってたけど、本当に?」と聞かれ、
    「おいしいというのは、言い過ぎかもしれないが、まずくなかった。」と告げると
    「リベンジしておいしい店に行きたい」と言う。
    仕事帰りにご飯を食べに行き、カラオケに誘われてOKすると
    なんと『ラブホテル』の入り口で腕をつかまれ、連れ込まれた。

    「何もしないから!」
    と必死に彼は部屋を選ぼうとしていたが、少々酔っぱらっていたので、腕を振り払って逃げました。
    泣きながら謝るのがみっともなくて、近くの飲み屋で更に飲ませて真意を聞くと
    『本当にカラオケするつもりだけだった。酔ってるから、セックスはできないと最初から思ってた。その時に告白する予定だった 』と言い訳だらけ。
    事前に近くのラブホテルも調べていたことも自白。

    順番、間違ってるし!
    手段も最低!!!

    ユーザーID:7601552348

  • 誕生日に彼に連れていかれたのは

    私の23歳の誕生日、当時付き合って2年の3歳年下の彼のデートプランは

    1.私に5万借りる←まずここでアウト
    2.そのお金でスロットへ行き、増やす←減りました
    3.増えたお金で食事とプレゼント←2でほぼ無くなっていたので、ゲーセン行ってそのまま帰りました
    (番外)4.その5万は半年ほどしつこく返済を求めて、文句を言われながらやっと返ってきました

    私の誕生日とか関係なく、彼のプランは彼が行きたいところ、やりたいこと優先でした。
    お金にもルーズで、付き合ってた2年半(←当時の私を張り倒して止めてやりたい)でトータル20万ほど貸し、別れて1年間分割で返済させました。

    ユーザーID:9225144260

レス求!トピ一覧