生活・身近な話題

収入に比べかなり質素な生活をしている方

レス39
お気に入り144

thrifty

話題

世帯収入に比べてずっと質素な生活をしている方にお伺いします。
その理由や目的、削る項目とお金を惜しまない項目、節約は楽しいか辛いか、楽しく節約するコツ、などを教えてください。

ちなみに、我が家の場合は、

節約のきっかけ:
  バブル崩壊(私の実家が投資に失敗、資産激減)
  海外生活(夫の留学先大学が安月給。逆に学生気分で貧乏生活を楽しめた。)

現在も節約している理由:
  この生活レベルで十分。
  子供がいない(老後はお金だけが頼り)

特に支出が少ない項目:
  服飾雑貨(ブランド品に興味がない。夫の職業はスーツ不要)
  車(ドイツ車に乗っていたが手放した)
  旅行(猫がいて二泊が限度)
  美容院(夜会巻きならパーマ不要)

平均的世帯より支出が多い項目:
  パソコン、カメラ関係(夫の趣味。年数十万は使う)
  書籍(可能なら図書館。アマゾンで古本も買う)
  猫の医療費
  寄付(盲導犬協会等、確定申告で寄付金控除の対象になる団体へ。少額でも寄付すれば心にゆとりができる)

心がけているコツ:
  節約の労力対効果を考え、無理はしない。
  「欲しければ百万円のコートでもカードでさっと買える」と思えば、バーゲンのコートなど欲しくならない。

貯蓄の使い道:
  今は単に貯めています。国債、社債、銀行定期、株も少し。
  引退後は田舎に土地を買い、古民家を移築して夏の住まいにしたいのですが、私たちに田舎暮らしはきついかも。

支出を世帯手取り所得の3割に抑えるのが目標ですが、毎年4割ぐらい使ってしまいます。
もっと抑えている方もいらっしゃると思うのですが。

ユーザーID:4242979712

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数39

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です。レスありがとうございます。

    魚食系男子さん、独身でいらっしゃるのですね。
    夢のリタイアメントに向けて順調に貯まっていきそうですね♪

    >物欲もない。モノを持つのが嫌いで、自宅にあるのは必要最低限。
    これが「快適な節約」の極意のようですね。
    私も無駄なものを持たないシンプルでエコな生活が理想なのですが、くだらないものを安いからと買ってしまって、後悔することもあります。

    >衣類も着られなくなったら、次を買うといった感じ。
    どれか捨てるまで、次を買うな!ですね。心がけたいと思います。

    魚食系とおっしゃるのは、肉食でも草食でもなく、別の座標軸で生きていらっしゃるということでしょうか?
    独身にしておくのは惜しい方なので(笑)ぜひ素敵な奥様を見つけて、いずれは楽しい引退生活を送ってください。ありがとうございました。

    ユーザーID:3961170052

  • 特に意識してないけど

    節約は特に意識してないし、簡素にしようと思ってるわけでもないですが、好きなものが安いものなんですよね。
    趣味も何十年続いてるものがありますが、お金がほとんどかからないものだし、食事も、例えばサンマとか鰯が好物だし(笑)、外食も好きでないので、家族ではめったに行かないし。

    その上、夫は機械にやたら強くて何でも直してしまうから、修理代はゼロ。洗濯機は20年以上使いました。電子レンジは25年も。
    だからそういうものの出費も極力少ないわけ。

    さすがに教育費は塾にも行かせたので普通にかかったけれど、今はそれもないし。

    でもね、植木屋さんの支払いとか、固定資産税とか、そういうのにかなりかかるから、この位の質素生活で我が家はちょうどいいと思ってます。

    あ、唯一、贅沢だと思うのは私の眼鏡やサングラス。
    これだけは好きなブランドがいくつかあって、それしか絶対に買いません。
    その日の気分や会う相手に合わせて、いろいろ取り替えるのが好きなんです。

    ユーザーID:8392656709

  • 庶民が横を通りますよ〜

    年収はあまり高くなく、裕福層ではありませんが、
    そんな中少しでも貯金できるように、支出を抑えています。

    特に支出が少ない項目:
    ●野菜・お米は実家からもらえる
    ●家のローンが安い(頭金がんばった)
    ●子どもが一人
    ●あえて軽自動車(母娘2人しか乗らないし小さいほうが便利)
    ●週に一度食べに行くが、ファーストフードかファミレス
    ●嗜好品に興味が無い。(ブランド・酒・タバコ不要)


    心がけているコツ:
    ●大根などの野菜は、皮・葉もきちんと使う(栄養もあるし美味しい)
    ●旬の野菜を賢く冷凍
    ●実家が郵便局に勤めており、月に一回ふるさと小包便が届く。
     あえて冷凍できるハンバーグや餃子をチョイス

    今は子どもが小さく私は専業主婦ですが、大きくなったら働きに出ます。
    そのときお金がたまるように、あえて質素な生活にしています。
    十分ですので。
    収入がなければ、その分散財しなければいいのです!

    自慢はとても出来ないような家庭ですが、20年後・30年後に
    ゆったり生活できるように…  を目指しています。
    勝負は現在でなく、老後ですもの。

    ユーザーID:5528437429

  • 衣服、家具はセカンドハンドやオークションで

    在欧50台半ばです。もともと「衣服にお金をかけない」という主義です。とはいえ、年齢もあり「長」のつく仕事をしているのであまりひどい格好はできません。スーツ、コートなどはオークションやセカンドハンドで。クラシックな趣味なので、もともと上等な品が信じられないような値段であります。あと、家具もアンティーク調が好きなので、これもすごく安い値段で上質なものをそろえています。

    グルメでないので、食事は極めて簡素です。健康にもいいですし。外食もめったにしません。

    街中に引っ越してからは車(ベンツ)も手放しました。

    お金を惜しまないものは、靴。おしゃれというより、健康に良いものを買っていて数万です。あと、趣味のダイビングや乗馬です。
    子供たちの誕生日には株をプレゼントしています。

    ユーザーID:9970731991

  • 考えが似ているので出てきました。

    ドイツ車を持っていたが手放した、というのと夜会巻き、旅行ほぼなし、
    カードがあれば100万円のコートだって…というのが同じで、出てきてしまいました。

    うちは夫婦同じくらいの年収なのですが、私の年収すべてと夫の年収の半分を貯金に回しています(つまり片方の年収の半分で生活)。毎年1千万近く貯金しています。

    バーゲンでそうやすやすとは買いません。ちょこちょこ妥協して買わないほうが結局は節約になります。雑貨でも服飾品でも最高峰の、気に入ったものを買って愛用します。

    それでいて、節約は好きで100円ショップでまかなえるものはそこで買います。100円ショップの品揃えを覚えていて、100円で買えるのにほかのところで買ったりしません。

    私達は実は週末婚の夫婦です。
    互いの勤務地が離れているため。さびしいですが、お互いの住まいを行き来するのが旅行になっていて、旅行にあえて行かないのも節約になっていると思います。交通費は会社支給です。
    また、お互い趣味が仕事なためレジャーやホビーにお金がかかりません。
    書物も経費で出ます。そういう処が大きいかもしれません。

    ユーザーID:8658403101

  • これが普通になりました

    質素にしているつもりはないのですが
    節約はしています。
    と言っても切羽詰まっていることは
    ありませんので、消耗品は広告を見て
    安価に買う、衣類はユニクロが気に入っていますので
    こちらで買う等、自然に支出が少なめに
    なっていると思います。

    1泊2日の旅行は毎月行っています。
    外食は、ファミレスに月に2回ほどです。

    老後に選択肢が増えることは
    不安材料を一つ減らしてくれています。

    ユーザーID:8097218981

  • 私たちの場合

    結構質素なほうです。先々のための資金と、できたら子供たち(成人して久しい)に少し残るように、という感じで節約をこころがけています。(子供たちに援助してもらうなんて問題外で、むしろ、援助してあげなくてはならなくなった場合のために、と考えています) 

    服飾費は多分年に1万か2万円くらい、旅行は特別なケアが必要な犬がいるのでできない、髪は自分で切る(上手です)ので美容院いらず、化粧はたまに口紅だけ、車は必須の地域なので2台あるけど、特に私の車は窓も手動の質素なもので10年目です。加えて、冷暖房費を節約するために、暑いときは薄着、寒いときは厚着をします(当たり前かな?)
    普通より多いのは、パソコン関係、私の趣味の創作活動のための出費(大した額ではない)、夫の趣味のための書籍、犬の医療費、寄付…。
    (トピ主様と結構似てますね、面白いなぁ)

    二人とも物欲があまり無く、内面的な充実に喜びを感じるほうなので、無理しているという感じは別にありません。それでも、たまには一緒にスターバックスに行くとか、おいしい(でも庶民的な値段の)レストランに行くとか、そのくらいの贅沢はしていますよ。

    ユーザーID:6686327517

  • 手取り年収の25%程度で生活しています

    タイトルのとおりです。

    ローンの支払い額が月10万円、保育費や教育費に月10万円、それ以外は月20万円で収まります。トータル40万円/月です。

    住居にあまりこだわりがないため、東京で最も不人気の区のぼろマンションに住んでいます。これがお金がかからない要因だと思っています。なのでその他の生活仕様は節約とは程遠いものです。
    共働きですが、私の区にすんでいる人に夫も私も会社で会った事がありません。そもそも今まで会ったこともないかも。皆さん東京の西側か横浜方面にお住まいです。

    ユーザーID:8011139561

  • 独身ですが・・

    30代半ば、年収は1400万円。毎月の支出は食費3万円。一日2食、ほぼ毎日自炊し、夜はうどん作って1食100円とかよくあります。あとはこまごましたものを少し買うぐらいですね。たまに後輩にどんとおごります。

    別にためようとか思っているわけではないですが、そもそも、食に対する熱意がそれほどなく、物欲もない。モノを持つのが嫌いで、自宅にあるのは必要最低限。衣類も着られなくなったら、次を買うといった感じ。本を読むのが好きですが、買うと邪魔なので図書館で借ります。

    まあ、1億円ぐらい貯まったら、アーリーリタイアしてのんびりすごしたいですね。まだ半分ぐらいですが。あまり参考にならないですね。

    ユーザーID:1266453672

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧